2019年08月06日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」7





  Ο κυρ-Στέφανος πέρασε το σκοινί από τα πίσω πόδια της αλεπούς και, καθώς την κρατούσε ο σκύλος από τον λαιμό, προσπάθησε να τη δέσει σφιχτά. Μα ο Γκέκας είχε τελειώσει τη δουλειά του. Τόσο σφιχτά την είχε πιάσει από τον λάρυγγα την αλεπού και τόσο βαθιά έμπηξε τα μεγάλα δόντια του, που την έπνιξε.
  Η αλεπού δεν μπόρεσε να ζήσει στο στόμα τέτοιου εχθρού.





 ステファノスさんは、狐の足の後ろから縄を通しました。犬がしっかりと首を抑えていましたよ。その間に、ステファノスさんは、狐をきつく縛ろうとしたのです。でも、外科巣は、もう自分の仕事は終えていたのですね。狐の喉にそれはきつく噛みついていましたから、それに、それは深く自分の大きな牙を食い込ませていたのですから、それで、狐を絞め殺したのです。 
 こんな敵の口では、狐は生きてはいけなかったのです。   





posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。