2019年08月07日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」8





  Έτσι, αφού πάλεψε άδικα, έμεινε ξαπλωμένη και ακίνητη. Τα παιδιά μαζεύτηκαν γύρω της και την κοίταξαν καλά στο φως του φεγγαριού. Κοίταξαν τα μυτερά της αυτιά, το μυτερό της στόμα, τη μεγάλη της ουρά, που ήταν μακριά όσο το μισό της σώμα. Αυτό λοιπόν είναι το αγρίμι που τρώι τους λαγούς, που τρώει τα πουλιά στις φωλιές και τις κότες στα κοτέτσια; Να το τέλος του!
  ≪ Την κακομοίρα ≫, λέει ο Δήμος. ≪ Που να το ‘ξερε πως δεν θα γυρίσει πίσω στη φωλιά της ≫.
  ≪ Ποιος της είπε να μας φάει τόσο μεγάλες κότες; ≫ είπε ο Κωστάκης.





 戦ったけど駄目でした。横たわったままで、動かないのです。子供たちは、狐の周りに集まって、月の光の下で、しっかりと見ました。尖った耳を見ました。尖った口を見ました。長い尻尾も。尻尾は体の半分ほどあるのです。さても、でもこれが、兎を食べる獣なのですか? 巣の中にいる鳥を食べる獣なのですか? それに、鶏小屋にいる鶏を食べる獣なのでしょうか? これが、その獣の最後なのです! 
 「かわいそう、巣に帰れないなんて、思いもしなかったよね。」とディモスは言いました。 
 「誰がこの狐に、ぼくたちのところでこんなに大きな鶏を食べな、と言ったのだろうね?」とコスタキスは言ったのです。  


posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。