2019年08月12日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」9





  Ο Γκέκας δεν ησύχασε ούτε στιγμή. Όλο φυσούσε, όλο έσκυβε και τη μύριζε, σαν να μην πίστευε πως ψόφησε. Έχει ακούσει από τους γέρους σκύλους πως η αλεπού κάνει κάποτε τον ψόφιο κι ύστερα σηκώνεται και γίνεται άφαντη. Αν θέλει και τούτη εδώ ας σηκωθεί. Μα όχι, αυτό δεν θα γίνει. Ο Γκέκας έχει κάνει σωστά τη δουλειά του.
  ≪ Μπράβο, μπράβο Γκέκα! ≫ του φωνάζπυν όλοι και τον χαϊδεύουν.
  Πηδάει μπροστά τους, τους κοιτάζει στα μάτια και είναι περήφανος όσο κανένας άλλος σκύλος.





 ゲカスは、一時も大人しくしていませんでした。ずっと、ハァハァしています、ずっと、身を乗り出していて、狐をクンクン嗅いでいたのです。まるで、狐が死んだとは信じていない様でしたよ。ゲカスは、年寄り犬から、狐は、時々、死んだふりをして、それから、立ち上がってどこかへいなくなってしまう、と聞いていたのです。狐は、今起き上がろうか知らと思っているかもしれません。でも、違います。そんなことは起こらないのです。ゲカスは、自分の仕事をちゃんとしたのです。 
 「すばらしい、すばらしいよ、ゲカス!」と皆んなはゲカスに向かって叫びました。そして、撫でたのです。 
 ゲカスは、皆んなの前で飛び跳ねました。そして、目を見開いて皆んなを見つめました。他のどんな犬よりも胸を張っているのです。  

posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。