2019年08月20日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」2






  ≪ Τι λέτε, παιδιά μου; ≫ φωνάζει. ≪ Τι είν’ αυτά που λέτε; ≫
  ≪ Μα είναι καμωμένος για γράμματα, Μπαρμπαθανάση. Αφησέ τον ≫.
  ≪ Να πάρει τα μάτια του δηλαδή και να φύγει από ‘δώ το παιδί; ≫
  ≪ Ναι, να πάει σ’ όλο το δημοτικό ≫.
  ≪ Σ’ όλο το δημοτικό; Μα τι; Σοφό θα τον κάνω; ≫





 「何を言ってるんだい、子どもたち」と大きな声で言います、「君らが言っていることは、何なんだい?」 
 「サナシスおじさん、文字は習得しているんです。あの子を行かせて下さい。」 
 「つまり、この子に、ここに落胆して去っていくままにさせろと?」 
 「ええ。小学校の全過程に通わせるのです。」 
 「小学校の全過程? だが、それは何だ? 私はこの子を学者にするのかい?」  






παίρνω τα μάτια μου (ή τον ομματιών μου) και φεύγω と言う表現は、αποχωρώ απογοητευμένος. 失望して引き退る、と言う意味だけれど。 
ここでは、少し意味が違っている様に思えます。  


posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。