2019年08月21日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」3





  Για τον Λάμπρο βέβαια μιλούν. Τα παιδιά θέλουν να τον πάρουν μαζί τους στο σχολείο, να καθίσει χρόνια και να μάθει τα γράμματα καλά. Γιατί να μείνει τσοπάνης; Ήρθαν και παρακάλεσαν τον παππού του να τον αφήσει. Μα ο παππούς αγρίεψε. Τότε ο Δημητράκης ξετύλιξε το τετράδιο του Λάμπρου.





 皆んなは、正に、ラブロスのことについて話しているのでした。子供たちは、ラブロスを自分たちと一緒に学校に連れていきたいと思っているのです。何年も学校に通って、文字をもっとよく学んで欲しいと思っているのです。どうして、羊飼いのままでいるのでしょうか? 子供たちは、ラブロスのおじいさんのところに、彼を行かせてくれる様に頼みに来たのでした。でも、おじいさんはカンカンに怒ったのです。それで、ディミトラキスは、ラブロスの帳面を開きました。   




posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。