2019年08月26日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」4





  ≪ Κοίταξε, παππούλη ≫, είπε, ≪ πως έμαθε και γράφει. Εικοσιπέντε μέρες έχει που άρχισε την άλφα. Κι όμως, να που έφτασε ≫.
  ≪ Τι είν’ αυτά ≫, είπε ο παππούς. ≪ Γράμματα; ≫
  ≪ Ναι, είναι γράψιμο του Λάμπρου. Αυτά εδώ στο τέλος τα έχει γράψει μοναχός του, με το χέρι του και με τον νου του ≫.





 「おじいさん、どんなふうにラブロスが勉強して書いているかを、見て下さい。」と、ディミトラキスは言いました。「アルファビータを初めて二十五日です。でも、ほら、ここまで来ているのですよ。」 
 「それは何だい? 文字なのかい?」とおじいさんは言ったのです。 
 「ええ、ラブロスが書いたものです。この最後のところは、ラブロスが自分だけで、自分の手と頭で書いた文字なのですよ。」   



posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。