2019年08月27日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」5





  Ο Γεροθανάσης σήκωσε το κεφάλι, διόρθωσε τ’ άσπρα φρύδια του και πήρε το τετράδιο στα χέρια. Το κοίταξε ανάποδα. Από σεβασμό όμως τα παιδιά έκαναν πως δεν το κατάλαβαν. Ώρα πολλή το κοίταζε. Και θαύμαζε από μέσα του πως έχει εγγόνι που κατόρθωσε να βάλει όλα εκείνα τα γράμματα στη γραμμή.





 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ]は、頭を挙げて、白い眉毛を真っ直ぐにして、帳面を手に取ったのです。帳面を逆さまに見ていますよ。でも、子供たちは、敬意から、それが分からない振りをしたのでした。サナシスさんは、とても長い間、帳面を見つめていました。そうして、罫線に文字を全部きれいに置くことが出来る孫が自分にいることに、心の底から驚いたのです。   





posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。