2019年08月28日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」6






  ≪ Τι λέει εδώ; ≫ ρώτησε.
  Ο Δημητράκης πήρε το τετράδιο και του διάβασε αυτά τα λόγια, που ο Λάμπρος τα είχε γράψει μόνος του με γράμματα μεγάλα ίσαμε φασόλια.
  ≪ Την Κυριακή παντρέψαμε την Αφρόδω μας με τραγούδια και βιολιά. Και τη δώσαμε του Γιάννη απ’ το Περιστέρι. Και μας φίλησε κι έφυγε ≫.





 「ここは、何と書いてあるんだい?」とおじいさんは尋ねたのです。 
 ディミトラキスは、帳面を取って、文章をおじいさんに読んであげました。文章は、ラブロスがインゲン豆くらいの大きな文字で一人で書いたものなのです。 
 「日曜日、ぼくたちは、歌とヴァイオリンでぼくらのアフロドゥをお嫁にだした。ぼくらは、アフロトゥをペリステーリのヤニスへ上げた。姉さんは僕たちにキスしてくれた、そして行ってしまった。」   

posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。