2019年09月03日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」8





  ≪ Μια που το εγγόνι σου παίρνει έτσι τα γράμματα ≫, είπε, ≪ κι έχει όρεξη γι’ αυτά, πρέπει να το αποφασίσεις. Εκεί κάτω θα τον προσέχουμε όλοι τον Λάμπρο. Στείλε τον στο σχολείο, πέντε, δέκα χρόνια, να μάθει να γράφει, να λογαριάζει, να διαβάζει τα βιβλία. Τι θα κερδίσεις μ’ έναν τσοπάνη παραπάνω; ≫
  ≪ Το σωστό είναι σωστό ≫, είπε ο Γεροθανάσης. ≪ Εδώ πάνω θα μείνει βλάχος σαν εμάς. Καλό ήταν να βγάλουν και τα θανασαίικα έναν γραμματικό… Μα το βρίσκεις πάλι σωστό, κυρ-Στέφανε, να μου φύγουν δυο εγγόνια σε μια βδομάδα; ≫





 「あなたの孫は、こうして、読み書きを覚えたのだから、」と、ステファノスさんは話し始めました。「それに、彼は勉強に熱意を持っているのだから、今度はあなたが決める必要があります。下では、みんながラブロスの面倒を見ますよ。あの子を学校に遣りなさい。五年、十年ほど、書くこと、計算すること、本を読むことを学ぶためにです。高地の羊飼いでいて、何が得られるのですか?」 
 「正しいことは正しい。」とサナシスおじいさん{ ゲロサナシス } は言いました。「ここでは、あの子は、私の様な羊飼いのままでしょう。あの子たちがラブロスを連れて村を出て、サナシイカ訛りから抜けさせるのがいいでしょう。けれど、一週間で二人の孫が私の元を去ると言うことをあなたが分かって下さってもいいでしょう。」    

posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。