2019年09月04日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」9





  Και το γαλανό μάτι του φάνηκε σαν να θόλωσε.
Ο Γεροθανάσης συνηθίζει να λέει πως ο άντρας πρέπει ν’ αρπάζει τη λύπη του καθώς το αγριεμένο άλογο. Από το γκέμι. Λοιπόν τώρα δα τινάχτηκε λίγο, από φόβο μην πάρει την ντροπή και δακρύσει.





 おじいさんの青い目の片方が、ぼやけている様に見えました。 
 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ] は、いつも、男は猛り狂った馬の様に悲しみを奪い去らなければならない、と言っています。手綱から。そうして、まさにその時、おじいさんはちょっと飛び起きたのです。それは、泣いてしまって、恥ずかしいことにならないかと心配したからなのです。 


第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。