2019年09月09日

78. Ο γυρισμός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」1





Ο γυρισμός




  Ήρθε η ώρα του γυρισμού.
  Στρογγυλά σύννεφα στέκουν επάνω από τα βουνά. Από τη γη ανεβαίνει φθινοπωρινή ευωδιά. Σε λίγο θα έρθουν οι βροχές.
  Από χτες ετοιμάζονται. Φτιάχνουν δέματα, ράβουν με τις σακοράφες τα πράγματα μέσα σε μεγάλους σάκους, συγυρίζονται. Οι αγωγιάτες με τα μουλάρια ήρθαν από χτες το βράδυ και περιμένουν.





 帰還



 帰る時が来たのです。 
 山々の上に、丸い雲があります。地面からは、秋の匂いが上がって来ていますよ。もうすぐに、雨の季節がやって来るでしょう。 
 子供たちは、昨日から準備をしています。荷造りをしているのです。大きな袋の中にいろんな品物を入れて、大きな縫い針で袋を縫ってきちんとしまうのです。昨日の夜に、荷役人たちがロバと一緒に来ているのです。彼らは待っているのです。    

posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。