2019年09月10日

78. Ο γυρισμός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」2





  Σήμερα το πρωί τα παιδιά φόρτωσαν. Όταν είδαν τις καλύβες άδειες ένιωσαν κάποια λύπη. Έρχονταν στην πόρτα, τις κοίταζαν και συλλογίζονταν πως εκεί μέσα έζησαν πολύν καιρό. Έφτασε η ώρα που θα χωριστούν από τις φτωχικές τους κατοικίες. Τους κοίταζαν θαρρείς κι εκείνες σαν άνθρωποι. Να ‘τους τώρα με τα ραβδιά τους, με τα παγούρια τους, μετα σακούλια τους, όπως είχαν έρθει.





 今日の朝、子供たちは荷物を積み込んだのです。小屋が空なのを見ると、子供たちはなんだか悲しく感じたのです。戸口まで来ると、小屋をじっと見つめて、その中でどれほど長く暮らしたのだったかを考えてしまいました。時間が来ました、もう、彼らの粗末な家と別れなければならないのです。皆さんは、子供たちが家を人間の様に見ている、と思うでしょう。ほら、今の彼らを見てご覧なさい、杖を持って、水筒を持って、小袋を背負って、ちょうど来た時の様ですよ。   




posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。