2019年09月11日

78. Ο γυρισμός 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」3





  ≪ Έτοιμοι, παιδιά; ≫ φωνάζει ι κυρ-Στέφανος.
  ≪ Έτοιμοι ≫.
  ≪ Έχε γεια και πάλι, Μπαρμπαθανάση! ≫
  Ο Γεροθανάσης σηκώνει το χέρι του, κάνει τρεις μεγάλους σταυρούς και λέει: ≪ Να πάτε στο καλό, να πάτε στην ευχή του Θεού και των Αγίων Αποστόλων ≫. Έπειτα σκύβει στον Λάμπρο, ≪ Λάμπρο, έχε την ευχή μου κι άκου τι θα σου πω. Να γίνεις καλός άνθροπος. Να ‘χεις τιμή και να κρατάς τον λόγο σου ≫.
  Ο Λάμπρος φίλησε το χέρι του παππού και ξεκίνησε με τ’ άλλα παιδιά βιαστικός, για να μη χάσει καιρό. Ο παπούς γύρισε και κοίταξε αλλού. Το μάτι του αυτή τη στιγμή δεν ξέρουμε αν έμεινε στεγνό.





 「用意は出来ているかい、みんな」と、ステファノスさんが大きな声で言います。 
 「用意出来てます。」 
 「お元気で、また会いましょう、サナシスおじさん!」 
 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ]は、片手をあげました。大きな十字架を三つ作りました。そしてこう言いました。「元気で行きなさい、神と聖使徒の祝福の下に行きないさい」。それから、ラブラスの方へ向き直りました。「ラブロス、おめでとう、それで、私の言うことをちゃんと聞きなさい。善良な男になるんだよ。堂々としてなさい、それから約束は守りなさい。」 
 ラブロスは、おじいさんの手にキスをしました。それから、他の子供たちと一緒に、時間を無駄にしない様にあわただしく出発したのです。おじいさんは、体を回して、他所の方を見つめたのです。ですから、その時、おじいさんの目が濡れてなかったかどうかは、私たちには分からなかったのです。   


posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。