2019年09月12日

78. Ο γυρισμός 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」4





  Οι μικροί ταξιδιώτες που κατεβαίνουν από το Χλωρό δεν είναι ίδιοι που είχαν ανεβεί εδώ κι ενάμισι μήνα. Αυτοί εδώ έχουν ωραίο χρώμα στο πρόσωπο και είναι πολύ πιο δυνατοί από εκείνους. Είδαν τη μεγάλη πλάση, που εκείνοι δεν την ήξεραν και μέσα σ’ αυτή έζησαν μοναχοί τους μέρες και νύχτες. Είδαν το βουνό, βράχηκαν στα ποτάμια που βροντούν, πάτησαν τους στοιχειωμένους βράχους κι έμαθαν να κινδυνεύουν ο ένας για τον άλλο.
  Ο Φάνης που είχε έρθει τότε ήταν λυπημένος και λιγόψυχος. Ο Φάνης που γύριζε τώρα έχει γερή και άφοβη ψυχή.
  Ο Αντρέας στο σχολείο ήταν ένα παιδί. Στο βουνό νίκησε τις δυσκολίες και κυβέρνησε τους άλλους.





 ハロロから降っているこの幼い旅行者たちは、一月半前にここへ登ってきた時の彼らとは、同じではないのです。彼らは、ここで、いい顔色になっているのです。登ってきた時の彼らよりもずっと逞しいのです。子供たちは、ここで、偉大な神の創造物を見たのです。それはそれまで知らなかったものなのです。そして、その創造物の中で、子供たちは、日々も夜々も、自分たちだけで過ごしたのです。山を見ました。川でびしょ濡れになりました。その川は轟々と轟いていたのですよ。幽霊の出そうな岩の上を踏んで歩いたのです。そこで、ひとりが他の子のために、危険を冒してもやってみることを学んだのです。 
 ここに来た時のファニスは、悲しそうにしていましたし、臆病でした。今帰って行くファニスは、逞しくて怖じ気ない精神を持っているのです。 
 学校にいた時のアンドレアスは、一人の子供でした。山の中で、困難に打ち勝って、他の子供たちの指揮を執ったのです。   


第七十八章「帰還」、おわり。   




訂正: 
そこで、ひとりひとりそれぞれが、危険を冒してもやってみることを学んだのです。 

そこで、ひとりが他の子のために、危険を冒してもやってみることを学んだのです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。