2019年09月16日

79. Έπειτα από χρόνια 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十九章「何年か経って」1





Έπειτα από χρόνια



  Όσοι από τους παλιούς θυμούνται αυτή την ιστορία, μας είπαν πως εκεί στη χώρα φάνηκε έπειτα από χρόνια ένας δάσκαλος που άφησε όνομα.
  Έπαιρνε τα παιδιά και τα δίδασκε κάτω από τα δέντρα. Όταν δεν είχε βαρυχειωνιά, είχαν για σχολείο πότε ένα πεύκο και πότε έναν πλάτανο. Έπαιρναν τα βιβλία τους και διάβαζαν μαζί του επάνω στους λόφους, στον ήλιο και στον αέρα.




何年か経って

 この話しを覚えている先輩たちの誰もが、私たちに、何年も後と思われるけれど、大きな地方都市に名前を残した一人の教師がいる、と教えてくれます。 
 その教師は、生徒を連れて出て、樹の下で教えていたのです。厳しい冬でなければ、ある時は、松の樹の下、ある時は、プラタナスの樹の下が学校になったのです。子供たちは本を手にとって、丘の麓で、陽に当たって、風に当たって、その教師と一緒に、本を読んだのです。   


posted by kyotakaba at 11:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。