2019年09月17日

79. Έπειτα από χρόνια 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十九章「何年か経って」2





  Από εκεί τους έδειχνε τους γύρω τόπους, τη γη, τον ουρανό, τα πλάσματα όλα. Τους πήγαινε κοντά στις αγελάδες, στα πρόβατα, στα γίδια, στις κότες, για να μάθουν πώς ζουν. Τους μάθαινε τη ζωή των δέντρων, των πουλιών και των εντόμων. Όταν ήταν καθαρή αστροφεγγιά, τους έδειχνε από ένα ύψωμα και τους ονόμαζε τα άστρα. Τους μάθαινε να γράφουν όσα έβλεπαν στον κόσμο κι όσα είχαν στον νου και στην ψυχή τους.





 そこから、その教師は、周囲の様々な場所のことを子供たちに説明したのです。大地のこと、空のこと、全ての生き物のことを説明したのです。乳牛、羊、山羊、鶏のそばに子供たちを連れて行ったのです。そうして、それらの動物がどの様に生活しているかを子供たちは学んだのです。また、樹々や鳥たち、昆虫たちの生活も子供たちに教えたのです。よく晴れた星空の時には、ある高台から星々を子供たちに指差して見せて、その星々の名前を挙げていったのです。その教師は、子供たちに、この世界で自分たちが見たものを全て、頭の中に、心の中にあるものを全て、文字に書くことを教えたのです。   




posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。