2019年09月18日

79. Έπειτα από χρόνια 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十九章「何年か経って」3





  Τον δάσκαλο αυτό τον έλεγαν Λάμπρο.
  Όσο για τον Γκέκα, δεν ξέρουμε τι απόγινε. Σπάνια μαθαίνουν οι άνθρωποι την ιστορία των σκύλων.





 その教師は、ラブロスと言ったのです。 
 犬のゲカスについては、どうなったのか、私たちは知らないのです。人間は、犬たちの話しについては、知ることが稀なのです。   


 



『高い山々』、全巻の終わり。 

posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。