2019年11月29日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 3-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス 3-1   





  Μόλις, λοιπόν, ο Βασίλειος ανέλαβε τη ρωμαϊκή εξουσία, δεν ήθελε να μοιράζεται με κανέναν τα σχέδιά του και αρνιόταν κάθε συμβουλή για τις κρατικές υποθέσεις. Δεν μπορπύσε, ωστόσο, να είναι απόλυτα βέβαιος για τον εαυτό τον, εφόσον δεν είχε προγενέστερη πείρα μήτε των στρατιωτικών ζητημάτων μήτε της δημόστας ευνομίας・ ήταν, λοιπόν αναγκασμένος να προστρέχει για βοήθεια στον παρακοιμώμενο Βασίλιο.





 そうして、バシリオスはローマの権力の座に就くと、自分の計画を誰とも共有しようとはしなかった。そして、国家的事柄についてのどんな忠告も拒否したのだった。しかしながら、先立つ経験が軍事の事にも国政の事にもないのであるから、完全に彼一人の専制君主にはなれなかった。それ故、パラキモメノス[ 寝室管理長官 ]であるバシリオスに助力を求める他はなかったのだった。
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。