2019年12月02日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 3-2

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス 3-2





Ο άνδρος αυτός υπήρξε, κατ’ εκείνη την εποχή, μια σημαντικότατη προσωπικότηρα της Ρωμαϊκής Αυτοκρατορίας, για τη μεγαλοφροσύνη, τη σωματική του διάπλαση και την παρουσία του, πού ταίριαζε σε ένα διεκδικητή του θρόνου. Είχε τον ίδιο πατέρα με τον Βασίλειο και τον Κωνσταντίνο, αλλά διαφορετική μητέρα. Για τον λόγο αυτό, από την παιδική του ηλικία ευνουχίστηκε, ούτως ώστε να μην μπορεί το παιδί μιάς παλλακίδος να υφαρπάξει τα πρωτεία από τους νόμιμους κληρονόμους της εξουσίας.





この男は、その時期、ローマ帝国の最重要人物であったのだ。それは、バシリオスに高潔さと恵まれた体格とそれに王座を望む者として相応わしい風貌があったからだった。彼は、バシリオス王、コンスタンティノス王と父親は同じだった。けれども、母親は違っていた。それだから、子供時代に去勢手術を受けた。そうすれば、妾の子は正当な相続人たちを差し置いて王権を奪うことは出来ないからだった。   





posted by kyotakaba at 08:47| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。