2019年12月11日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 3-3

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス 3-3





Αυτός υπέμεινε, λοιπόν, τη μοίρα του και έμενε κοντά στη βασλική οικογένεια, που ήταν άλλωστε συγγενείς του. Έδειχνε μάλιστα ιδιαίτερη συμπάθεια στον ανιψιό του Βασίλειο και τον αγκάλιαζε στοργικά και τον περιποιούνταν σαν καλόγνωμος γονιός. Εξαιτίας αυτών, ο Βασίλειος του είχε αναθέσει το βάρος της εξουσίας και μαθήτευε αυτός ο ίδιος κοντά του μελετώντας εκείον τον άνθρωπο.





彼は自分の運命に耐えた。そして、自分の親族でもある王の住まいの近くに住んだ。彼は、甥のバシリオス王に殊更の愛情を示し、親子の愛情を持って彼を受け入れていた。そして、何でも言うことを聞く本当の親の様に世話を焼いていた。その様な幾つかの理由から、バシリオス王は権力の重責を彼に任せたのだ。そうして、宦官バシリオスの近くで、その人格をつぶさに見ながら学んだのだった。   





posted by kyotakaba at 09:43| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。