2019年12月18日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 3-4

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス 3-4




Έτσι, ο Βασίλειος, ο παρακοιμώμενος, έμοιαζε με αθλητή και δρομέα, ενώ ο Βασίλειος, ο αντοκράτορας, με θεατή, όχι όμως για να του δώσει το στεφάνι της νίκης αλλά για να μπορέσει και αυτός σε λίγο να τρέξει και να διαγωνιστεί, ακολουθώντας το παράδειγμα της δικής του αθλήσεως. Για τον λόγο αυτό, οι πάντες υπάκουαν στο Βασίλειο : σε αυτόν προσέβλεπαν οι πολίτες, σε αυτόν στρέφονταν οι στρατιωτικοί και αυτός πρώτος και εντελώς μόνος, διαχειριζόταν τη δημόσια οικονιμία και την ανόρθωση του κρατικού ταμείου. Ο αυτοκράτορας προσέφερε σε κάθε ζήτημα την υποστήριξή του, λόγω και έργω, άλλοτε συνηγορώντας κι άλλοτε επιβεβαιώνοντας γραπτώς τις ενέργειες τον παρακοκοιμωμένου του.      






それであるので、パラキモメノスのバシリオスは競技走者の様に、皇帝のバシリオスは観客の様に見えた。そうは言っても、それはバシリオス王が長官バシリオスに勝利の冠を与えるからではなく、王が競技のお手本を見た後すぐに、走り出していたからだ。その様にして、すべての人々がバシリオスに従ったのだった。市民たちは彼を待ち望んだのだし、軍人たちは彼の方を向いていたのだった。即ち、彼が第一人者であったし、彼ただ一人が、国の財政を取り仕切り、国庫の立て直しを図ったのだ。皇帝はどの問題でも、言葉や行為で、支援をした。ある時には、代弁をし、ある時には、文書でパラキモメノスの行為にお墨付きを与えた。 
posted by kyotakaba at 09:37| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。