2019年12月26日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 4-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス 4-1   





  Στους περισσότερους ανθρώπους της γενιάς μας, που γνώρισαν τον αυτοκράτορα Βασίλειο, ο βασιλιάς αυτός έδινε την εντύπωση ενός στρυφνού και άξεστου στη συμπεριφορά ανθρώπου, οξύθυμου, επίμονου, λιτοδίαιτου, που αποστρεφόταν κάθε είδους μαλθακότητα. Όπως όμως εγώ ο ίδιος συμπέρανα από τους ιστορικούς που έγραψαν γι’ αυτόν, δεν ήταν καθόλου τέτοιος κατ’ αρχάς, αλλά από μιά ζωή φιλήδονη και τρυφηλή, μεταβλήθηκε σε άνθροπο ενεργητικότατο, σαν να εστύφισαν τον χαρακτήρα του και αποδυνάμωσαν τη χαυνότητα, μεταμορφώνοντας όλη του τη ζωή.    





 私達の世代の殆どの者は、皇帝バシリオスを、気難しくて振る舞いが粗野で短気で頑固であり、それがどんな物であっても奪い取るのに容赦は殆どないといった印象を与える王として認識している。けれども、例えば私自身は、王について書かれた歴史書から、王は初めからそうであったのではなく、贅沢で快楽的な生活から並外れて活動的な人物へと変わっていったのだと、結論付けるのだ。それは、様々な状況が、彼の性格に苦味を加え、そして、彼の活力を強くさせ、怠惰さを弱めていったからだった。そうして、彼の人生の全てを変えたのだった。   



posted by kyotakaba at 08:56| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。