2019年12月27日

平泉の法華経を授かった女 1-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





すくっと上がる樹々の立ち姿、岩々が見せる形、走る水流の線の具合、それらの美しさは、絵に描こうとしても、どう筆を置いたら良いのかも分からない程だった。   




Η φιγούσα που έδιναν τα δέντρα που στέκουνταν όρθια, η μόρφη που εξέθεταν οι βλάχοι, η γραμμή που τραβούσε το ρεύμα που ανάβλυζε, και το θέαμα που τούτες όλες μαζί σχημάτιζαν ήταν τόσο όμοροφο, ώστε δεν είχα καμιά ιδέα για να βάλω το πρώτο πινέλο, όταν ήθελα να εικονίζω.    







posted by kyotakaba at 08:50| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。