2020年01月23日

平泉の法華経を授かった女 3-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??   





「昔、ここに居た豪族に娘が一人ありました。その娘は、法華経を学びたいと思っていました。けれども、教えて呉れる僧もいません。嘆き暮らしていると、ある日、天井から「教えて遣ろう」と声がしたのです。不思議に思ったのですが、声の言う通り、下に座って教わりました。  





  ≪ Πριν από δεκαετίες, ένας φεουδάρχης εγκαταστάθηκε εδώ, και αυτός είχε μια θυγατέρα. Αυτή ήθελε να μάθει το Κείμενο του λωτού. Όμως, δεν μπόρεσε να βρει κανένα μοναχό για να την διδάξει το. Ώστε, έμενε θλιμμένη, τότε μια μέρα, άκουσε ένα λόγο από το ταβάνι : ≪ Άφησε με να σε διδάξω ≫. Το προξενούσε αμηχανία σε αυτή. Αλλά αυτή υπάκουσε στη την φωνή, και καθόταν κάτω από το ταβάνι και άρχισε να μάθει.    





posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。