2020年01月28日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 5-2

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 5-2  





Στην αρχή, οι σύμβουλοι του βασιλιά είχαν χάσει κάθε τους ελπίδα, γνωρίζοντας πώς όλες οι βαριά οπλισμένες δυνάμεις είχαν προσχωρήσει στον Σκληρό. Στη συνέχεια όμως, συνήλθαν και επανεξέτασαν την τροπή των γεγονότων και πίστεψαν πως ανακάλυψαν μια έξοδο από το αδιέξοδό τους. Έκριναν, λοιπόν, πως ένας Βάρδας, άνδρας ευγενικής καταγωγής, γενναιότατος και ανιψιός του αυτοκράτορα Νικηφόρου, ήταν ο μόνος που μπορούσε να πολεμήσει κατά του στασιαστή Σκληρού. Έτσι, αφού συγκέντρωσαν τις δυνάμεις που απέμεναν, τις εμπιστεύθηκαν σε αυτόν και, αφού τον αναγόρευσαν αρχηγό όλου του στρατεύματος, τον εξαπέστειλαν να αντιμετωπίσει τον Σκληρό.    





当初は、重武装の軍隊の全てがスキリロスに加担してしまったと知った王の評議会の者たちは、どんな希望も断たれたと思ったのだった。けれども直ぐに、意気を取り戻し、事態の変り目を再度委細に検討して、窮地からの出口を発見したと確信したのだった。その確信から、バルダスこそが反逆者スキリロスと戦える人物と判断したのだった。バルダスは、皇帝ニキフォロスの甥という、高貴な出身の者であり、誰よりも勇敢な人物であった。こうして、残っていた部隊を集めると、それをバルダスに任せたのだ。そして、全軍の指揮官に任命すると、至急に派遣して、スキリロスと対決させたのだった。   


posted by kyotakaba at 09:45| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。