2020年02月03日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 6

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 6  





  Εφόσον όμως και αυτός τύχαινε να κατάγεται από βασιλική γενιά, δεν τον φοβόντουσαν λιγότερο από τον επαναστάτη・ επειδή μάλιστα ο ίδιος δεν είχε καθόλου μικρή ιδέα για τον εαυτό του, του αφαιρούν το κοσμικό σχήμα και κάθε εξωτερική προϋπόθεση σφετερισμού της εξοσίας και τον συγκαταλέγουν στον εκκλησιαστικό κλήρο. Ύστερα, τον δεσμεύουν με τους φρικτότερους όρκους να μη γίνει ποτέ ένοχος αποστασίας ή να παραβεί τις υποσχέσεις του. Αφού πήραν, λοιπόν, τέτοιος εγγυήσεις εκ μέρους του, τον αποστέλλουν στη μάχη με όλες τις αυτοκρατορικές δυνάμεις.    





 けれども、バルダスが王家の血脈に生まれついている限り、評議会は彼を反乱者スキリロスに劣ることなく恐れたのだ。ちょうど、バルダス自身は自分のことを少しも考えない人物であったので、権力を奪い取るのに必要となる様なあらゆる世俗的外観、粧いを取り去り、教会の聖職者の一人にしたのだった。そうして、最も厳しい誓いを彼に課して、どんな犯罪者にもならない、あるいは、約束を破らない様にしたのだった。彼の側から、その保証を取ると、評議会は、皇帝の軍隊のすべてを付けて彼を戦いへ送り出したのだった。    



posted by kyotakaba at 08:47| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。