2020年02月06日

平泉の法華経を授かった女 3-3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??    




驚いた娘は、「これは、一体、どなた様なのですか?」と尋ねました。髑髏はこう答えました。「これは延暦寺の僧、慈恵大師の頭なのだ。お前の志しに感心してここに来たのだ。教え終わった今、直ぐに、柴山に埋めなさい」。そこで、ここに埋葬して、塔などを建てたのです。」   





Η κόρη ξαφνιάστηκε και ρώτησε, ≪ Για όνομα του Θεού! Ποίος είσαστε; ≫. Το κρανίο αοάντησε, ≪ Ήταν το κεφάλι του Γιε που ήταν ο αρχιερέας του ναού Ένργιακου. Ήρθα εδώ, επειδή ευτυπωστάτηκα δυνατά με τη λαχτάρα σου. Τώρα, έχω τέλειωσε την ανάγνωση, θάψτε το κρανίο στο βουνό Σήβα ≫. Λοιπόν, το έθαψε εδώ, και έφτιαξε την παγόδα ≫.    






「平泉の法華経を授かった女」、おわり  


posted by kyotakaba at 15:12| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。