2020年02月07日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 7-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 7-1   





  Όπως μας παραδίδουν οι ιστορικοί, ο άνδρας αυτός θύμιζε στον χαρακτήρα τον θείο του, τον αυτοκράτορα Μικηφόρο γιατί ήταν πάντα κατηφής και άγρυπνος, ικανός να προβλέπει τα πάντα και τα πάντα να καταλαβαίνει με μια ματιά. Δεν ήταν άπειρος καμιάς πολεμικής τακτικής, αλλά είχε βαθιά πείρα κάθε είδους πολιορκητικής ενέργειας, κάθε είδους ενέδρας και κάθε είδους μάχης εκ παρατάξεως.    





 歴史家たちが私たちに教えるのは、彼は、その性格が彼の叔父肯定ニキフォロスを彷彿とさせると言うことだ。詰まり、いつも物憂げで眠ることがないと言うのだった。そして、すべてのことを予見することが出来、また、すべてのものを一見しただけで理解する能力を持っていたと言うのだった。彼には未経験の戦術はまったく無かったのだが、特に、あらゆる種類の包囲網戦、あらゆる種類の待ち伏せ、あらゆる種類の隊形の戦闘に深い経験があった。  





posted by kyotakaba at 09:02| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。