2020年02月12日

Γιόσα Μπουσόν

 漱石の夢十夜の第二夜を訳そうかと思って、与謝野蕪村のギリシャ語表記を探していたら、下の様なブログを見つけました、 
Γιόσα Μπουσόν (1716-1783) | Ἀέρα Πατέρα 
2009年の記事ですけれど、ブログはまだ続けられている様。 

与謝野蕪村の俳句三首のギリシャ語訳: 
蕪村の句は、 
春雨やものがたりゆく簑と傘 

春雨にぬれつつ屋根の毬哉 

春雨や人住ミて煙壁を洩る 


ついでだから、ローマ字表記: 
Harusame-ya / monogatari-yuku / mino to kasa.

Harusame-ni / nuretutu yane-no / temari-kana.

Harusame-ya / hito sumite keburi / kabe-wo moru.


最初の句を自分でも訳してみました: 

Τώρα έαρ. Να αδύνατη βροχή.
Ακούω το κελάηδημα των ομπρελών
επάνω στους ώμους των διαβατών.   



posted by kyotakaba at 19:40| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。