2020年03月16日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 10-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 10-1   





  Στο μεταξύ, ο Βάρδας Φωκάς επιστρέφει πίσω στον αυτοκράτορα. Εκεί, του απονεμήθηκε το προνόμιο της τροπαιοφόρου πομπής και συναριθμήθηκε στους στενούς συνεργάτες του βασιλιά. Έτσι, λοιπόν, τελείωσε η πρώτη επανάσταση. Τώρα, ο αυτοκράτορας Βασίλειος φαινόταν πώς είχε απαλλαγεί από κάθε πρόβλημα・ αλλά πολύ σύντρομα, η αδράνεια αυτή έγινε αιτία αμέτρητων συμφορών. Γιατί ο Φωκάς, αφού αξιώθηκε στην αρχή τις μέγιστες των τιμών, ένιωσε στη συνέχεια παραγκωνισμένος. Έβλεπε τις φιλοδοξίες του να γλιστρούν από τα χέρια του και ταυτόχρονα πίστευε ότι, τουλάχιστον αυτός, δεν είχε προδώσει την εμπιστοσύνη που απέρρεε από τους συγκεκριμένους όρους μιάς συμφωνίας, την οποία είχε τηρήσει απαραβίστη.    





 その間に、バルダス・フォカスは皇帝の元へ帰った。そして、凱旋行進をする特権を与えられ、王のごく身近にある者だと認められたのだった。こうして、最初の反乱は終わったのだった。その時には、皇帝バシリオスは、あらゆる問題を処理し終わったと思ったのだ。しかし、直ぐ様、その弛緩が数え切れない程の災難の原因になったのだった。と言うのも、フォカスは、最初の内は、最大に称賛されていたのだが、次第に、無視されていると感じて来たのだ。フォカスの両の手からは野心が抜け落ちているのが見て取れて、同時に、彼に限っては、合意していくつかの特定の条件を定めて生じた信頼、それも、それまで彼は破ることなく守っていた信頼を、裏切ることはないと信じされていた。   

posted by kyotakaba at 09:15| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。