2020年03月31日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 11-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 11-1   





  Στη συνέχεια συνέβη κάτι απροσδόκητο. Μια επίθεση αλλοφύλων αιφνιδιάζει τον βασιλιά της Βαβυλώνας Χοσρόη, στον οποίο είχαν καταφύγει ο Σκληρός και οι συνεργοί του, όπως έχω ήδη αναφέρει, άν και δεν είχαν βρεί τη βοήθεια που προσδοκούσαν. Ο πόλεμος αυτός, λοιπόν, ήταν φοβερός και κατστρεπτικός και απαιτούσε αμέτρητα χέρια και πολυνάριθμες στρατιωτικές δυνάμεις. Επειδή όμως ο Χοσρόης δεν μπορούσε να στηριχθεί μόνο στα δικά του στρατεύματα, στρέφεται στους εξόριστους Ρωμαίους. Και αφού τους απελευθερώνει αμέσως από τα δεσμά και τους βγάζει από τη φυλακή, τους παρέχει όπλα πανίσχυρα και τους αναπτύσσει αμέσως απέναντι από τις εχθρικές φάλαγγες.    





 それに引き続いて、思いがけないことが起こった。外国勢からの不意の攻撃が、バビロニアの王ホスロイスに行われたのだ。私が既に触れた様に、その王に、スキリロスとその追従者たちは保護を求めていたのだが、期待した助けは得られていなかったのだ。ところが、その外国勢との戦争は酷く壊滅的なものだった。そこで、数え切れない程の手と膨大な数の軍隊が必要になったのだった。必要ではあったのだが、ホスロイスは自身の軍隊だけに頼ることは出来なかたので、亡命ローマ人に目を向けたのだ。そして直ぐに、拘束を解き、牢から出し、重装備の武装を認めると、そのまま、敵の陣に対して展開させたのだった。 

posted by kyotakaba at 09:24| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。