2020年04月13日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 11-3

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 11-3   





Ο λογός ήταν ότι φοβόντουσαν με τη σειρά τους τον βάρβαρο βασιλιά, πώς, δηλαδή, δεν θα τους συμπεριφερθεί με εντιμότητα, αλλά θα τους έρχνε πάλι στη φυλακή. Φεύγοντας λοιπόν αμαδικά και με όλη τους τη δύναμη, είχαν διατρέξει το μεγαλύτερο μέρος της χώρας των Ασσυρίων, όταν έγινε φανερή η δραπέτευσή τους στον βάρβαρο βασιλιά.    





それは、打って変わって今度は、蛮族の王を恐れたと言うのがその理由だった。つまり、王は自分たちに礼節を以って接することはなく、再び、牢に放り込むだろうからだった。そうして、一段となって全速力でアッシリアの広大な領土の大部分を通り抜けたのだが、その時になって、蛮族の王に、彼らの逃亡がはっきりと分かったのだった。 





posted by kyotakaba at 09:16| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。