2020年04月23日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 12-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 12-1  





  Τότε, ο Σκληρός πίστεψε πώς ήταν η κατάλληλη περίσταση για να επαναδιεκδικήσει την εξουσία και να υπερισχύσει πάνω σε όλες τις στρατιωτικές δυνάμεις, αφού ο Φωκάς είχε επιστρέψει πίσω και όλα τα αυτοκρατορικά στρατεύματα είχαν διασκορπιστεί. Μόλις όμως έφθασε στα Ρωμαϊκά σύνορα και έμαθε ότι ο ίδιος ο Φωκάς πλέον διεκδικούσε τον θράνο, αντιλήφθηκε πώς του ήταν αδύνατο να πολεμήσει εναντίον αμφοτέρων・ τότε λοιπόν, αφού αυθαδίασε και πάλι πρός τον αυτοκράτορα, παρουσιάστηκε στον Φωκά σαν κατώτερος υποτακτικός του.    





 その時、スキリロスは全軍に対して優位を得る、権力を再度奪取出来る好機だと確信したのだった。それは、フォカスが既に帰郷して、帝国の軍隊は各地に散らばっていたからだった。けれども、ローマとの国境に着くと、直ぐに、その当のフォカスが既に王座を要求しているのを知り、自分にはその両方と戦うことは無理だと分かったのだった。そうして、皇帝に対しては、再び、不遜な態度をとり、フォカスに対しては、従順な格下の者の振りをしたのだ。  




posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。