2020年04月30日

夢十夜 第二夜の3-1-3

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
δεύτερο όνειρο 3-1-3   





自分はこの鋭い刃が、無念にも針の頭のように縮められて、九寸五分の先へ来てやむをえず尖ってるのを見て、たちまちぐさりとやりたくなった。   





Εγώ παρατηρούσα πώς η οξεία λεπίδα περιοριζόταν ως το βελόνι στην άκρη, δηλαδή, η λεπίδα όξυνε την δικά της κεφαλή που απείχε εννέα δάκτυλοι από την λαβή ούτως ή άλλως και ένιωθε την ταπείνωση. Αμέσως, ποθούσα ένα πλήγμα.    






posted by kyotakaba at 08:36| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。