2020年05月25日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 14

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 14   





  Επικεφαλής του Ρωμαϊκού στρατεύματος ήταν ο ίδιος ο αυτοκράτορας Βασίλειος, που μόλις έβγαζε γένι και αποκτούσε έτσι γνώση αληθινού πολέμου. Αλλά ούτε και ο αδελφός του Κωνσταντίνος απουσίαζε από το στρατόπεδό τους・ αυτός μάλιστα, φορώντας θώρακα πολεμικό και κραδαίνοντας δόρυ μακρύ, συμπαρατάχθηκε με την υπόλοιπη στρατιωτική φάλαγγα.    





 ローマ軍の先頭は、皇帝バシリオス自身だった。彼は、髭が生え、本物の戦争の知識を得たばかりだった。また、弟のコンスタンティノスも、自身の陣営の席を空けはしなかった。本当に、甲冑を身に着け、長槍を振り回したのだ。他の者たちと一緒に方陣に並んだのだった。   






posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。