2018年01月05日

よみかた

 エティオピア物語が終わってしまったので、次は何を読んでみようかと思っている。『エペソス物語り』とか『レウキッペとクリトフォン』とか『ダフニスとクロエ』とかもあるけど。 
 エティオピア物語の現代語訳を出版している ΑΓΡΑ 社からは、古典シリーズがいろいろあるけれど、私が興味を持っているのは、Ιπποκρατής の『 Το γέλο και η τρέλα 』、それに、Μιχαήλ Ψελλός の『 Χρονογραφία 』。  
 ああ、そうだ、エウクレイデスの『 Στοιχεία 』とかも。
 それに、現代と言うか20世紀の小説、Ανδρέας Εμπειρίκος の『 Ο Μέγας Ανατολικός 』。 
 私に読めるものがあるか知ら、、、
posted by kyotakaba at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

エティオピア物語

 2009年4月21日から、読み始めた『エティオピア物語』が終わった。自分でも驚いた。最初は、最後まで読むつもりでもなかった様に思う。それに、読通せるとも思ってなかった、と。 
 紙のノートに書いて行く、と言う方法もあったのだけれど。それに、読み始めた頃は、紙のノートに書く方が文の構成を着実に読み取れると感じていたし、訂正や書き込みも自由に入れられるので、自身の思考/試行の跡も目に見えるし、日本語の場合、変換が煩わしくて思考が途切れることもあったし、ギリシャ語/日本語の切り替えもまどろこく感じていたしで、パソコンを使うのに抵抗もあったのだけれど。結局は、パソコンだけで、書き残していた。 
 それに、自分のパソコン内の書類だけではなくて、ブログにして、公開したのは、それ程の意図があったのでもなかったのだけれど。ただ、誰かが間違いを訂正してくれるのでは、と期待はしていたのだけれど。 
 まあでも、ブログ・サービスを利用していたお陰で、パソコンがクラッシュして自分のパソコン内のファイルを失った時も、ブログにあるファイルをコピーすれば良かったので助かった。 
 それより何より、公開していて人目を受けていると言う意識が、最後まで読通せさせたのかもしれないし。 

 最初は、叙述体だったのに、途中から会話体になってしまった。訳の内容は、間違いが多くあるだろうけれど、また読み返したら、自分でそれが分かるかどうかは分からない。最初の頃は、インターネット上にある英訳を参考にしていたのだけれど、いつの間にか、それがある事も忘れていた。 
 ほんの少しずつでも、読み続けて、最後まで読通せたのは、何より、物語りが面白かっただろうけれど。途中何度も、もうわからない!とヒステリーを起こして、それを書き付けたりもしたけど。不思議なもので、そう書くと、文が分かったりして、、、でも、そんな醜態をも人目を受けていたので、読通せたのかも??? 

 何処かで読んで下さっていた方には、深く感謝。ブログ・サービスを提供してくれているシーサー社にも感謝。

 で、少しは現代ギリシャ語を身に着けたかと言えば、大いに疑問、、、、それは、一つには、パソコンだけになった理由でもあるけど、電子辞書はとても便利で、変化している語をボタンを押すだけで検索出来るので、つい頼ってしまって、、、でも、やはりそれ以前の自分の能力と言うことなのだろうけど、、、
posted by kyotakaba at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

訂正

 『エティオピア物語』第十巻37-3 と39-1 で、シシミシリスをシシミリスと間違えていたので訂正します。
posted by kyotakaba at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

高い山々 40 黒い子山羊 1の訂正

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」




 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」
posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Elfinspell

 きょうは、「 Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 」の部分が分からなくて、Elfinspell の英訳を久しぶりに見た。でも、それは、Wikipediaから初めて検索して見つけてのこと。「これは見たことがある。」と直ぐに思ったのだけど。Book 1 をブックマークに入れていたのも、すっかり忘れていた。 

 「 Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 」は、これで一文で、ディオ・テレイエスの前後は同じ内容だと考えるべきなので、、、 
 でも、ディオ・テレイエスでなくて、不通のテレイエスの方が分かりやすくないかなあ、、、それとも、「 Πρόσθεσέ ότι ούτε θα γίνει ποτέ 」とか。あるいは、「 πρόσθεσέ το κι αυτό : ούτε θα γίνει ποτέ 」の方が読み進みやすい様に思うのは、ギリシャ語を理解してないからだろうか?  
posted by kyotakaba at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2 note

 第十巻 33-2 の分からないところ: 
Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 。
ここのディオ・テレイエス δυο τελείες の前後の文章の繋がり方。 
ディオ・テレイエスは、引用符の様な感じだと思っていたのだけれど、ここの文章ではそうでもない様。

Δύο τελείες ( : )
Οι δύο τελείες δηλώνουν ότι θ' ακολουθήσει παράθεμα από ξένο κείμενο, απόφθεγμα, παροιμία ή ευθύς λόγος. Χρησιμοποιείται ακόμη στις περιπτώσεις που αναλύομε ή ερμηνεύομε κάτι που έχομε καταγράψει, π.χ.: Σκεπτόμουν καθαρά τούτο: θα εκτελέσω όσο μπορώ καλύτερα το χρέος μου.
Η λέξη ύστερ' από τις δύο τελείες γράφεται με αρχικό γράμμα κεφαλαίο όταν οι δύο τελείες έχουν τη θέση τελείας. 

それから、ここの αυτό が何を指すのかが分からない。το だから、物ではなくて、ある事なのだと思うけれど。

そして、この文章の後の、άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ …、とどう繋がっていくのかも、分からない。
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2 d

≪ Αυτά είναι ανοησίες ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όντως μελλοθάνατου λόγια. Η εσχάρα απέδειξε ότι η κόρη αυτή δεν έχει γνωρίσει γάμο ούτε έχει έλθει σε επαφή με άνδρα・ εκτός άν, άγνωστο πώς, έμαθες κάτι για τον Μερόηβο από δώ κι εκείνον θεωρείς άνδρα της・ αλλ’ αυτός δεν είναι ακόμα σύζυγος, μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει ≫. ≪ Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ και μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία ≫.



Google翻訳: 
「これはナンセンスです」とHypapis氏は言います。「本当に致命的な言葉です。 グリッドは、この娘が結婚しておらず、男性にも連絡していないことを証明しています。あなたに知られていない限り、あなたはMeroeibosについて何かを学んできました。あなたは彼女の夫を考慮しています。 私は名前をつけた。 「それは決して起こらないだろう:それを加えて、私がHaricleiaの感情を正しく読めば、Theogeneを言った、むしろあなたは犠牲のための男のマナーを信じなければならない」


worldlingo 翻訳: 
「これらはfooleries」、言ったYdaspisを、「全くmellothanatoy理由である。 グリルは結婚がどちらも人と接触しなかったことをこの女の子が知らなかったと証明した・ 、私からのMeroiboのための何かを彼女の人を考慮するためにいかに学んだか、未知数それ見れば・ allはまだこれmnistiraだけが彼女彼を」名前を挙げた、配偶者ではない。 「それは決してならないし、: それは加え、私が私Charikleiasの感じを正しく読んだらこれは」、Theagenisを、「言った・ そしてむしろそれは犠牲のために」意図されている人のclairvoyancesを信じるべきである。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

エティオピア物語 第十巻 31-1 d

Κι όταν ο αθλητής έφτασε κοντά στο βάθρο των συνέδρων, στράφηκε ο Υδάσπης προς τον Θεαγένη και ≪ ξένε ≫, του είπε ελληνικά, ≪ μ’ αυτόν πρέπει να μετρηθείς・ ο δήμος το απαιτεί ≫. ≪ Άς γίνει το θέλημα του ≫ αποκρίθηκε ο Θεαγένης. ≪ Αλλά τί λογής θα είναι ο αγώνας; ≫ ≪ Πάλη ≫, είπε ο Υδάσηπς. Κι εκείνος, ≪ και γιατί να μην αγωνιστούμε ένοπλοι, με το ξίφος, ώστε, με τη νίκη ή με το θάνατό μου, να συγκινήσω τη Χαρίκλεια που ώς τώρα αντέχει να μένει σιωπηλή μπροστά σε όσα με απειλούν και, καντά τα φαινόμενα, έχει χάσει κάθε ελπίδα; ≫




Google翻訳: 
選手団が代表団の表彰台に近づくと、HypadisはTheageneに向かい、「滞在した」と彼はギリシャ語で「彼と一緒に測定しなければならず、自治体はそれを要求する」と述べた。 "彼はやってみましょう"と、Theageneは答えました。 "しかし、戦いは何ですか? ""レスリング、 "Waterspeakは言った。 そして、彼は "剣で武装して戦ってはどうでしょう。なぜなら、勝利や死によって、私はチャリクレアを扇動することができます。それは現在、私を脅かすものの前に静かなままであり、 どんな希望ですか? ≫
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

エティオピア物語 第十巻 30-3-d

 エティオピア物語第十巻30−3、分からない。 

Και μόλις το ένιωσε να ασθμαίνει από τον όγκο που σήκωνε και να χαλαρώνει κάπως την ένταση των μυώνων του, τη στιγμή ακριβώς που περνούσε μπροστά στο θρόνο του Υδάσπη, ρίχνει το σώμα του πρός τα εμπρός, βάζει τα πόδια του μπροστά από τα σκέλη του ταύρου και χτυπώντας τον συνεχώς στις χηλές, ανακόπτει το βάδισμά του.  


που σήκωνε και να χαλαρώνει κάπως την ένταση των μυώνων του 
のところがまるで分からない。
σήκωνε の主格は何なのか? テアゲニスなのか、雄牛なのか? 
σήκωνε の意味は、「起こす」なのか?これは他動詞なのか? 自動詞なのか? 

Google翻訳 ; 
かつて彼が持ち上げたボリュームに驚かされ、何とか彼の筋肉の強さを緩和したように感じると、彼はHydaspipの王位の前を通り過ぎていて、彼の体を前方に落とし、足を牛の脚の前に置きます 彼はいつも足ひれで彼に当たって、彼の歩きを止めます。

World Lingo 翻訳 : 
そしてそれは感じた彼とすぐYdaspiの王位の前部を渡したところで上げた強度のmyononを彼のどうかして緩める容積、正確に時から前部に、それ投げる彼の体を喘ぎ、前部雄牛の足からの足を置き、chilesの彼を絶えず打って、badismaを彼の停止する。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

エティオピア物語 第十巻 26-2 d

Κατόπιν παρουσιάστηκαν οι πρεσβευτές της Τρωγλοδυτικής προσφέροντας χρυσάφι εξορυγμένο από μυρμήγκια και ένα ζευγάρι γρύπες ζεμένους με χρυσές αλυσίδες. Μετά από αυτούς προσήλθε η πρεσβεία των Βλεμμύων. φέρνοντας τόξα και αιχμές βελών από οστά τεράστιων ερπετών πλεγμένα σε στεφάνι. ≪ Αυτά είναι τα δικά μας δώρα, βασιλιά ≫, είπαν προσφέροντας τα・ ≪ υστερούν βέβαια σε πλούτο από των άλλων, αλλά εσύ ο ίδιος είσαι μάρτυρας ότι έχουν ευδοκιμήσει στη μάχη κατά των Περσών πλάι στο ποτάμι ≫.



Google翻訳 : 
そして、troglodytic募集アリで採掘された金と金の鎖とグリフィンZemenoのペアの大使を提示しました。それらの後、大使館Vlemmyonが来ました。花輪を編組巨大な爬虫類の骨から弓と矢印を運びます。「これらは、王の私たち自身の贈り物です、」提供すると、「確かに他の人からの富に欠けているが、あなた自身は、彼らが川のペルシャ側との戦いに成功した証人です。」



WorldLingo 翻訳: 
それからTroglodytikisの金鎖と結び付いた蟻および組のgrypesからの提供のchrysafiのexorygmenoの大使を示された。 それら大使館はの後でBlemmyonの着いた。 たがで編まれる巨大なハ虫類の骨からの矢のアークそしてピークを持って来る。 「これらは私達の自身のギフト、王」、言った彼を提供することをである・ 「それらは他からの富のコースに及ばないが、彼自身川の隣で人で戦いでによって」活気づいた証人である。
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 2 d

≪ Και τι, από τον δασοφύλακα πρέπει να τα περιμένουμε όλα; ≫ είπε ο Μπαρμπακώστας. ≪ Εμείς τι είμαστε; Καθένας που περνάει από 'δώ μέσα πρέπει να φυλάξει το δάσος. Κάθε άνθρωπος, όπου βρίσκεται, πρέπει να το προστατεύει όπως μπορεί. Εγώ έκανα το χρέος μου ≫.
Αφού ένας άνθρωπος αγράμματος κινδύνεψε για να σώσει τα δέντρα, αξίζει δα να κοπιάσουν γι' αυτά και τα παιδιά.


「そして、何、レンジャーはそれらすべてを期待できますか?「Barmpakostasは語りました。「私たちは、私たちが何をすべきか?森を守るために必要を通じてここから行く人。彼らができるよう、それは保護されなければならないすべての人、。私は私の義務をしました。」
   文盲男の後、彼らと子供たちのために労苦するダ価値は、木を救うために危険にさらしました。


「すべてを待ち、森林官からのそれは何、彼私達か。 」 Mparmpakostasを言った。 「私達がである何私達か。 「私から渡る各自はそれでべきであるそれ守る森林を見る。 彼がある各人は彼ができるように彼を保護するべきである。 私は私私の負債を」作った。
人の無学者が危険にあった後彼は木を救う、彼はdaのkopiasoynのgiにこれらおよび子供値する。
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

LivePedia

 もう暫く前からだけど、LivePedia が繋がりにくくなってて、この最近では、「このドメインを購入する」と言う表示が出る様になっている。( 表示は日本語で ) 
 一番頼りにしていた辞書・辞典サイトだったのに。無くなってしまったのだろうか? 


ウィキペディアでの説明 
LivePedia - Βικιπαίδεια 

posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

わからない

エティオピア物語 第十巻 20-2、 
έχει σωθεί の主格は何なのか? 
θα έπρεπε να σώσει και την ψυχή μου, の主格はη ίδια χάρηなのか?
μου έχουν προορίσει とは、どういうことなのか? 何が決まっていたのか? 
να τιμηθούν τα θειά με τη σφαγή του ξένουの主格は何なのか? 
μιά μόνο χάρη στέρξε να μου κάμεις はどういうことか?
σαν κειμήλιο παίρνοντας το ξίφος, は? κειμήλιοは、ξίφοςを形容しているのか? 
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 20-2 d

≪ Βασιλιά μου ≫, είπε τότε η Χαρίκλεια, ≪ γιατί δεν μπορώ πιά να σε αποκαλώ πατέρα, άν με τη χάρη των θεών έχει σωθεί το σώμα μου, η ίδια χάρη θα έπρεπε να σώσει και την ψυχή μου, εκείνη την αληθινή ψυχή που οι ίδιοι οι θεοί ξέρουν ότι μου έχουν προορίσει. Άν όμως δεν είναι αυτή η θέληση της μοίρας, άν χρειαστεί οπωσδήποτε να τιμηθούν τα θειά με τη σφαγή του ξένου, μιά μόνο χάρη στέρξε να μου κάμεις : πρόσταξε εμένα να τον σφάξω με το χέρι μου και σαν κειμήλιο παίρνοντας το ξίφος, να γίνω με το θάρρος μου ξακουστή ανάμεσα στους Αιθίοπες ≫.   


Google翻訳: 
その真の魂はその、私はもはや、彼女の父親を呼び出すことができ神の恵みによって、私の体を保存している場合、同じ恵みを保存する必要があると私の魂ので、「私の王は、」その後、Harikliaは」、言っていません神々自身は、彼らが私を運命づけられている知っています。見知らぬ人を殺すことで叔母を称えるために絶対に必要であれば、しかし、これは、運命の意志ではない場合、唯一のおかげで、私はkameis sterxe:遺物になる剣を取って私の手で彼を殺すために私を命じました私の勇気は、エチオピア人の間で有名な。」 

WorldLingo 翻訳: 
「神の魅力と私のボディ救われたら私が呼出し父、彼自身魅力想定されている彼また救う私の精神、私意図したことを彼自身を神が知っているその本物の精神もうできないので王私に」は、そしてCharikleia、「言った。 しかしそれがこれ運命の意志でなければ、確実に必要とすれば彼らは外国人、1つの私を作る魅力のsterxeだけの虐殺の名誉を与えられた叔母さんである: prostaxeのemena彼私の手を搭載するそして剣を取る家宝としてIの虐殺私はt oのys Aithiopes間の私の勇気のxakoystiと」なる。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

エティオピア物語 第十巻 16-7 d

Κι αυτήν που ως εχθρά μου δεν θανάτωσα και ως αιχμάλωτη δεν έβλαψα, αυτήν την ίδια, τώρα που αποδείχτηκε ότι είναι θυγατέρα μου, δεν θα διστάσω να τη θυσιάσω, εφόσον είναι αυτή και η δική σας θέληση, δεν θα υποχωρήσω στην οδύνη ― πράγμα που και σε κάθε άλλον πάσχοντα πατέρα ίσως θα συγχωρούνταν ― ούτε θα προσπέσω γονατιστός παρακαλώντας σας, προσαρμοζόμενοι στη φύση και στα πάθη που κινεί, να με συγχωρήσετε άν παραβώ αυτή τη φορά το νόμο, με το αιτιολογικό ότι υπάρχουν και άλλοι τρόποι να τιμήσουμε τα θεία.


Google翻訳: 
そして、私の敵として1を殺さないと囚人を傷つけない、この同じことが今では私の娘であることが証明されたことと、あなた自身の意志は、悲しみに引き下がるない場合、私が犠牲になることを躊躇しないだろう - どのそして、他の被害者の父は許されるかもしれない - 私は神を称えるために、他の方法があることを地面に今回、法律に違反した場合どちらの物乞いあなたの膝に衝突し、移動し、自然と情熱で適応、私を許して。 

WorldLingo 翻訳: 
そして彼女は私の娘であること1つこの証明された私が今害を与えた捕虜ように私がまた殺さなかった私の憎悪心ように彼自身、私はまた苦しむ父の互いで多分許される悲しみ-事-で今回に法律違反すれば叔母さんに名誉を与える他の方法またある原因となるとこれおよびあなた専有物意志なら、要求している私退かないどちらのprospesoのgonatistos性質と動かす情熱で合わせられて、許すべき私彼を犠牲にすることを躊躇しない。  


自分、途中まで、 
 「私が敵として殺しはしなかった、また、捕虜として傷付けることもしなかった、この娘、それが今は、私の娘であることを明らかにされた、この娘を、生贄にすることを、それが皆さんの意志である限り、私は躊躇いはしないでしょう。悲しみの為に退き下がったりはしないつもりです。 − 他の同じ様に苦しんでいる父親達にであったら、おそらく、許されるだろうと言うことが、現実でしょうけれど − 跪いて皆さんにお願いしたりもしません。」 

προσαρμοζόμενοι この分詞複数形が皆さん達なのか、他の父親達なのか分からない。 
κινεί この三人称単数動詞の主格が何なのか分からない。 
με το αιτιολογικό ότι υπάρχουν και άλλοι τρόποι να τιμήσουμε τα θεία この節がどこに繋がっているのか分からない。 

私は馬鹿だから、大馬鹿だから、考える頭が無いから、
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

エティオピア物語 第十巻 14-4 r

Google翻訳 : 
「ホワイトは、」Sisimithrisは言った、「私はそれを見つけたpaidoulaは自分自身との時間が現在の年齢に沿ったもので過ごしました:17年の合計は、それが今のように放棄された閉鎖されています。しかし、その時に見て、彼女の顔やekpagli美しさのすべての機能は、すべてのは、現在のように私には思えます。」 

World Lingo 翻訳 : 
「白」は、Sisimithrisを言った、「のはまた渡される彼女の実際の年齢と一致すること私が私および時間を見つけたpaidoylaだった: 合計で17年は今として彼女の放棄から閉まった。 しかし彼女の人および彼女のekpagliの美のすべての特徴持っていたまた一見は、すべて実際と」類似している私に現われ。
posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない

 エティオピア物語 第十巻 14-4
≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.

 まったく分からない。 
συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、
ώς τα τώρα の τα は、何なのか? τώρα に付く冠詞である筈はないし、中性代名詞複数形の弱形なのか? 
では、何故、この位置にあるのか? 
όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά のところも同様に、
τα τωρινά と。ただ、この τα は、中性複数の冠詞に思える。τωρινά は形容詞で、その前の όλα に対応しているのかと。ただその時の όλα は、過去のハリクレアの諸表情を言うのだろうけれど。  

また、
κλείσει の意味が分からない。 
εγκατάλειψή της の意味が分からない。 
το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της の意味が分からない。 είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της はβλέμμα を形容するのだろうけれど、その関係が理解出来ない。  



 これ程に、理解力に欠け、現代ギリシャ語の語彙に乏しい、私が、ギリシャ語を勉強する意味がない。今直ぐに止めるべきだ。 
 証明されたのは、私があまりに馬鹿だと言うことだけだった。
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

訂正

 エティオピア物語 第十巻 13-5 :
けれども、ここに居るこの娘がその娘だと、どうやって証明するのだ? いったい、誰が、捨てられた子が死んでいない、と確かめることが出来るのだ? それに、この独特の品物が他人の手には落ちなかった、そして、不正に使われなかった、と確かめることが出来るのだ? あるいは、何かの悪魔が、酷い遊びで私たちを弄んでいるのではないのか?  


それに、この独特の品物が他人の手には落ちなかった、  の部分  
→ 
この印しの品物が他人の手には落ちなかった、 
に訂正。
posted by kyotakaba at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

エティオピア物語 第十巻 12-4 d

Κάθε δίκη, βασιλιά μου, δυό μέγιστες αποδείξεις αναγνωρίζει, τα γραπτά πειστήρια και τις καταθέσεις των μαρτύρων・ και τα δυό θα σού τα παρουσιάσω για να αποδείξω ότι είμαι κόρη σου・ και ως μάρτυρα δεν θα καλέσω τον πρώτο τυχόντα, αλλά τον ίδιο το δικαστή ( γιατί η εγκυρότερη πιστοποίηση των λεγομένων είναι όσα ξέρει ο δικαστής ) και ως γραπτό πειστήριο προσάγω το γράμμα αυτό στο οποίο εκτίθεται η δική μου και η δική σας τύχη ≫.


Google翻訳:
各試験では、私の王は、2つの最大の証明は書かれた証拠や証人の証言を認識し、そして二人はあなた、私はあなたの娘だ証明するために表示されます、と目撃者は彼女が出会う最初の男を呼び出すことはありませんが、裁判官は、同じように証明敗走はこの地雷が露出されている文字と、あなた自身の運命書かれた(のために最も権威の認定はとても裁判官が何であるかを知っています)。」 


私はとても馬鹿だからまるで分からない。
posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

エティオピア物語 第十巻 12-2

 私は、まるで、分からない。 

Τότε πλέον ο βασιλιάς έδειξε όχι μόνο να αδιαφορεί για τα λεγόμενα, αλλά και να αγανακτεί・ και θεωρώντας το πράγμα χλεύη και προσβολή, ≪ Ώ Σισιμίθρη και όλοι οι άλλοι ≫, είπε, ≪ βλέπετε που οδηγεί η ανεξικακία; Πέστε μου, δεν είναι ολωσδιόλου τρελή αυτή η κόρη που, με παράτολμα ψέματα, επιχειρεί να σώσει τη ζωή της εμφανίζοντας επί σκηνής και εκ του μη όντας σαν από μηχανής την κόρη μου, εμένα που ποτέ, όπως ξέρετε, δεν ευτύχησα να γίνω πατέρας και μόνο μιά φορά απόχτησα μιά κόρη και, την ίδια στιγμή που έμαθα τη γέννηση, έμαθα και το χαμό της;   

Google翻訳 
そして、今、王は言葉に無関心でなく、憤慨していないだけを示したとの事の冷笑と侮辱を考慮すると、「ああ、そうでないSisimithriの誰もが、」彼はあなたがそれは忍耐をリードしてご覧ください」と言いましたか?無謀に嘘をついたことで、あなたが知っているように父親になるには十分に幸運ではない、ステージ上で、これまでmachinaの娘として自分自身をされていない中での表示の命を救おうと、この娘は完全に狂っていない、教えてくださいと一度だけ私たちは娘を持って、私は出産のことを学んだと同時に、私は損失を学んだと?  

Worldlingo 翻訳 
それから既に王は彼だけ前述、しかしまたaganakteiにindeferentであることを示した・ そして事contumelyおよび違反を考えると、「O Sisimithriは、anexikakiaを導くことを他のすべての」 「見るか。 知っているように私達をない私が、olosdioloy異常、敢えてすることが場面でそして機械からのようにないことからうそと、試み示す彼女の生命を私の女の子救うこの女の子、決して、eytychisaが私父に似合わない時間のapochtisaが女の子および、だけ私が生れを学んだ同じ時、私chamoを彼女また学んだemena落ちることを許可すればか。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする