2018年01月19日

Γιατί το Βυζάντιο

 『 Γιατί το Βυζάντιο 』:ビザンチン学者の Ελένη Γλύκατζη - Αρβελέρ エレニー・グリカチジー・アルベレル のエッセイ集。 

.:BiblioNet : Γιατί το Βυζάντιο / Γλύκατζη - Ahrweiler, Ελένη, 1926- 

b184520.jpg

 エレニー・グリカチジー・アルベレルは、1926年アテネ生まれの学者。 
Ελένη Γλύκατζη - Αρβελέρ - Βικιπαίδεια 

他にも、『 Σας μιλώ για το Βυζάντιο 』
.:BiblioNet : Σας μιλώ για το Βυζάντιο / Γλύκατζη - Ahrweiler, Ελένη, 1926- 

b194294.jpg
posted by kyotakaba at 17:53| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

Γρα-Γρου

 『 Γρα-Γρου 』。2017年11月にイカロス社から出版された、グラフィック・ノヴェル。
作者は、Τάσος Ζαφειριάδης タソス・ザフィリアデシスと Γιάννης Παλαβός ヤニス・パラボス。 
作画は、Θανάσης Πέτρου サナシィス・ペトルウ。 
作曲は、Μιχάλης Σιγανίδης ミハリス・シガニディス。 ( 作曲って? ) 

.:BiblioNet : Γρα-Γρου / Ζαφειριάδης, Τάσος  


posted by kyotakaba at 18:10| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Γιώργης Παυλόπουλος 『 Ποιήματα 1943-2008 』

 詩人 Γιώργης Παυλόπουλος ヨルギス・パウロプウロスの詩集。 
表紙が印象的だったから。 
Κίχλη 社出版、2017年。 

.:BiblioNet : Ποιήματα 1943-2008 / Παυλόπουλος, Γιώργης, 1924-2008 

 ヨルギス・パウロプウロスは、イリア県ピルゴス出身、1924年生まれ2008年没の人。ギリシャ以外ではあまり知られていないけれど、国内では、セフィリス等に絶賛された詩人。   



b220207.jpg
posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

Εγώ, ο Σίμος Σιμεών

 『 Εγώ, ο Σίμος Σιμεών 』 ( 小説 ) 
Γιάννης Ξανθούλης  
出版社: Διόπτρα 2017年刊 

.:BiblioNet : Εγώ, ο Σίμος Σιμεών / Ξανθούλης, Γιάννης
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

チョイ住み

 NHK、BSプレミアムの番組『チョイ住み』、第14弾は、アテネ。 
12月2日午後10時放送。 
posted by kyotakaba at 18:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

Εγκώμιο των πουλιών

 『 Εγκώμιο των πουλιών 』 ( 書籍 ) 
19世紀のイタリアの古典主義の詩人ジャコモ・レオパルディの詩集なのだと。現代ギリシャ語訳。 

.:BiblioNet : Εγκώμιο των πουλιών / Leopardi, Giacomo, 1798-1837  

鳥の称賛  
翻訳は、Χρήστος Μπιντούδης ハリストス・ビディウディス。 
出版社は、Άγρα 。  


12月9日追記: 
「 Elogio degli uccelli 」は、『 Operette morali 』の中の一編。1824年10月29日から11月に書かれたもの。
野上彌生子の訳がある。( 英語からの重訳だと思う。 ) 野上彌生子全集 第二期 第18巻所収。 

Operette morali - Wikisource 
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

Χάτσικο, ο σκύλος που περίμενε

 『 Χάτσικο, ο σκύλος που περίμενε 』 ハーチコ 待つ犬 
2017年出版、Εκδόσεις Παπαδόπουλος から。 

 スペイン( カタロニアのタラサ Τεράσα 出身 )の作家、Lluís Prats の作品のギリシャ語訳。『 Hachiko. El gos que esperava 』 これもカタロニア語。 

.:BiblioNet : Χάτσικο, ο σκύλος που περίμενε / Prats, Lluís  

b221690.jpg 

Lluís Prats Martínez 

 ハチ公の話しだろうけど、
posted by kyotakaba at 18:21| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ヤマネコは見ていた

 アルキ・ゼイの『 Το καπλάνι της βιτρίνας 』、邦訳は『ヤマネコは見ていた』なのだと。 
ヤマネコは見ていた - Webcat Plus 

掛川恭子 訳、荻太郎 絵で岩波書店から。絶版の様。
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

Το μυθιστόρημα του Ξενοφώντα

 クセノポンを主題にした歴史小説? 
『 Το μυθιστόρημα του Ξενοφώντα 』 クセノポンの小説 
Τάκης Θεοδωρόπουλος タキィス・セオドロプウロス 
出版社 : Μεταίχμιο 2017年刊 

.:BiblioNet : Το μυθιστόρημα του Ξενοφώντα / Θεοδωρόπουλος, Τάκης, 1954-
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

ギリシャ語の時間

 『ギリシャ語の時間』 
ハン・ガン 著、小説。 
ギリシャ語の時間 (晶文社): 2017-10-11|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 

『희랍어 시간』2011年。

韓江 (小説家) - Wikipedia
posted by kyotakaba at 16:06| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

Αστραφτερά πεδία

 『 Αστραφτερά πεδία 』、小説。 
若さの領域 
 作者、Σώτη Τριανταφύλλου ゾティ・トリアンダフィリオ 1957年生まれ。 

 彼女の生活したパリやニューヨークやアテネを描いているのか知ら??? 

.:BiblioNet : Αστραφτερά πεδία / Τριανταφύλλου, Σώτη, 1957-  


表紙の写真の花は何? アーモンドではない様な? 
posted by kyotakaba at 09:57| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

Τρελαντώνης

 ギリシャの有名な児童文学者 Πηνελόπη Δέλτα ピネロピィ・デルタの1932年の『 Τρελαντώνης 』。
「アレキサンドリアから、夏休みに、ピレウスの叔母さんの家に来て、、、」 
Τρελαντώνης は名前。

.:BiblioNet : Τρελαντώνης / Δέλτα, Πηνελόπη Σ., 1874-1941  


Πηνελόπη Δέλτα - Βικιπαίδεια 

ウィキソースでも読めます。 
Τρελαντώνης - Βικιθήκη 


posted by kyotakaba at 11:11| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

Όταν το ρήμα γίνεται όνομα

 『 Όταν το ρήμα γίνεται όνομα 』。 
Παντελής Μπουκάλας 

『動詞が名詞になる時』 
パンテリス・ボウカロス 

古い民謡の研究なのか知ら??? 

出版は、Άγρα 社、 2016年刊。 

.:BiblioNet : Όταν το ρήμα γίνεται όνομα / Μπουκάλας, Παντελής Σ. 

posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας

 『 Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας 』 
Θωμάς Σιταράς 
出版社: Ωκεανίδα  2016年出版 

『昔のアテネの語録』 
ソマス・シタラス 

1,900年代のアテネの資料集の様、 

.:BiblioNet : Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας / Σιταράς, Θωμάς 

posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

Το λαϊκό μας δίστιχο σε ανθογυάλι

 το δίστιχο と言う、二行詩があるのだそう。それのアンソロジー。 

『 Το λαϊκό μας δίστιχο σε ανθογυάλι 』
花瓶に差した大衆的二行詩 
Θρασύβουλος Μπέλλας 編 
出版社 Μακρή

.:BiblioNet : Το λαϊκό μας δίστιχο σε ανθογυάλι / Μπέλλας, Θρασύβουλος
posted by kyotakaba at 08:27| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της

 『 Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της 』 
Bente Kiilerich 
出版社: Καπόν

 セサロニキのロトンダのモザイク画についての書籍。
 Bente Kiilerich は、ノルウェーの Bergen 大学の研究者。 

.:BiblioNet : Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της / Kiilerich, Bente 

 言語は、ギリシャ語と英語で。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門

 『 Logicomx 』、邦訳は、どうなったのか、知らないままだったのですが、なんと、昨年に、出版されていました。 

ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門   

松本剛史 訳  
村夏輝 監修

筑摩書房  2015年7月刊
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

Άγιον Όρος

 『 Άγιον Όρος 』。
Αλέξανδρος Μωραϊτίδης   アレクサンドロス・モライティディス 

 アレクサンドロス・モライティディスは、1850年生まれ、1929年没の人。母はアレクサンドロス・パパディオマンディスの従姉妹になるらしい。 

 アトス山に旅行した時の、旅行記。 

.:BiblioNet : Άγιον Όρος / Μωραϊτίδης, Αλέξανδρος, 1850-1929
posted by kyotakaba at 09:46| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων

 『 Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων 』 
アレクサンドロス・パパディオマンディスの短編集。クリスマス、新年、神現祭の頃に関係するものを集めたものと。 

.:BiblioNet : Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων / Παπαδιαμάντης, Αλέξανδρος, 1851-1911  

出版社は、Πατάκη 。
posted by kyotakaba at 09:41| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする