2020年06月28日

Λογοτεχνική απόδοση της Αντιγόνης του Σοφοκλή

 『 Λογοτεχνική απόδοση της Αντιγόνης του Σοφοκλή 』。
ソフォクレスの『アンティゴネ』の文学的解釈(?)。 

 1965年6月にリカビトスの劇場で、ヨルゴス・セバスティコロウ Γιώργος Σεβαστίκογλου の演出、アンナ・シノディノウ Άννα Συνοδινού 主演で助演された『アンディゴネ』の脚本、と言うことなのかしら?? 
 タソス・リグナディス Τάσος Λιγνάδης の現代語訳をもとに、ヤニス・リッツオスが当時の政治状況を反映しつつ書いたものだと言うこと。 

Γιώργος Σεβαστίκογλου - Βικιπαίδεια 
Άννα Συνοδινού - Βικιπαίδεια 
.:BiblioNet : Λιγνάδης, Τάσος 


 出版は、ΚΕΔΡΟΣ 社。2020年出版。 
.:BiblioNet : Λογοτεχνική απόδοση της Αντιγόνης του Σοφοκλή    





posted by kyotakaba at 17:59| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

Ο συγγραφέας του Ζαά

 『 Ο συγγραφέας του Ζαά 』。Γιώργης Γιατρομανωλάκης ヨルギス・ヤトロマノラキスの編集、翻訳。 

 パピルス研究家 Stephan Markevil によって『 Ο συγγραφέας του Ζαά 』と名付けられた文書の現代ギリシャ語訳と言うこと。『ザアの著者』。オクシリンコス・パピルスの中の一つと言うこと。Stephan Markevil ( 1938-2012 )によれば、この著者は、3世紀ごろにオクシリンコスの郊外に住んでいただろう人物と言うこと。内容は、日常的なことと、文学のこと、政治的、宗教的な記載はないと言うこと。

2019年、Άγρα の出版。 
.:BiblioNet : Ο συγγραφέας του Ζαά / 


オクシリンコス・パピルス - Wikipedia


だた、ヨルギス・ヤトロマノラキスのフィクションかもしれない??? 
posted by kyotakaba at 15:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

Να είχεν ο έρωτας σαΐτες!

 アレクサンドロス・パパディオマンディスの短編をグラフィックノヴェル化して集めたものだと思う。 

『 Να είχεν ο έρωτας σαΐτες! 』  
2011年の出版。
.:BiblioNet : Να είχεν ο έρωτας σαΐτες! / Παπαδιαμάντης, Αλέξανδρος, 1851-1911

収められているのは、 
Λόγια αρχής, λόγια αγάπης
Σημείωμα του Κώστα Ακρίβου
Ο έρωτας στα χιόνια
Η Νοσταλγός
Όνειρο στο κύμα
Θέρος - έρος
Η Φαρμακολύτρια
Η Βλαχοπούλα
Έρως - ήρως
Βιογραφικά στοιχεία του επιμελητή και του ζωγράφου 
posted by kyotakaba at 00:00| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

Με μολύβι φάμπερ νούμερο δύο

 児童文学者のアルキー・ゼイの、自分と姉を描いた自伝的小説の様、 
『 Με μολύβι φάμπερ νούμερο δύο 』 2番の鉛筆で 

φάμπερ νούμερο δύο. と言うのは、日本で、2B の鉛筆のこと?? 


.:BiblioNet : Με μολύβι φάμπερ νούμερο δύο / Ζέη, Άλκη, 1923-2020  



posted by kyotakaba at 10:58| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名画で味わうギリシャ神話の世界

 『名画で味わうギリシャ神話の世界』 
有地京子  
大修館書店   2020年3月刊 

名画で味わうギリシャ神話の世界 | 出版書誌データベース 



posted by kyotakaba at 10:35| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

Γιόσα Μπουσόν

 漱石の夢十夜の第二夜を訳そうかと思って、与謝野蕪村のギリシャ語表記を探していたら、下の様なブログを見つけました、 
Γιόσα Μπουσόν (1716-1783) | Ἀέρα Πατέρα 
2009年の記事ですけれど、ブログはまだ続けられている様。 

与謝野蕪村の俳句三首のギリシャ語訳: 
蕪村の句は、 
春雨やものがたりゆく簑と傘 

春雨にぬれつつ屋根の毬哉 

春雨や人住ミて煙壁を洩る 


ついでだから、ローマ字表記: 
Harusame-ya / monogatari-yuku / mino to kasa.

Harusame-ni / nuretutu yane-no / temari-kana.

Harusame-ya / hito sumite keburi / kabe-wo moru.


最初の句を自分でも訳してみました: 

Τώρα έαρ. Να αδύνατη βροχή.
Ακούω το κελάηδημα των ομπρελών
επάνω στους ώμους των διαβατών.   



posted by kyotakaba at 19:40| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

アレクシアス

 『アレクシアス』 
アンナ=コムニニ著  
相野洋三訳   
悠書館   2019年12月刊  

アレクシアス - Webcat Plus 

アレクシアス - 【悠書館】人文書、自然科学書、レファレンスなどを出版しております  


相野洋三さんは、関西大学大学院を出た後、高校の教師をされていた方みたい。 
CiNii Articles 著者検索 - 相野 洋三

Αλεξιάδα - Βικιπαίδεια

.:BiblioNet : Αλεξιάς / Κομνηνή, Άννα
posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

Μιλώντας στην κόρη μου για την οικονομία

 朝日新聞のオピニオン&フォーラム欄に、ヤニス・バルファキスのインタビューが掲載されていて、彼の著作『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』が紹介されていたので。 

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』
関美和 訳 
ダイアモンド社、2019年9月刊 
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。  


Γιάνης Βαρουφάκης - Βικιπαίδεια 


原書:『 Μιλώντας στην κόρη μου για την οικονομία 』( 2014 )
.:BiblioNet : Μιλώντας στην κόρη μου για την οικονομία / Βαρουφάκης, Γιάνης

関美和さんの翻訳は、英訳『 Talking to my daughter about the economy : a brief history of capitalism 』からかも知れない。
https://www.worldcat.org/title/talking-to-my-daughter-about-the-economy-a-brief-history-of-capitalism/oclc/968166531&referer=brief_results
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

アリストテレス生物学の創造

 レスボス島で生物を観察したアリストテレス。 
『アリストテレス生物学の創造』 
アルマン・マリー・ルロワ  
森夏樹訳  
みすず書房  2019年9月刊 

アリストテレス生物学の創造 - Webcat Plus

原書『 The lagoon : how Aristotle invented science 』 Armand Marie Leroi
The lagoon : how Aristotle invented science (書籍, 2015) [WorldCat.org]


Armand Marie Leroi - Wikipedia


ギリシャ語版: 
.:BiblioNet : Η Λιμνοθάλασσα / Leroi, Armand Marie


posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης

 『 Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης 』
Φωτεινή Ζαμουζαρίδου - Νάκκα
Εμπειρία Εκδοτική 2015年刊 

.:BiblioNet : Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης / Ζαμουζαρίδου - Νάκκα, Φωτεινή 


 レロス島を舞台にした短編小説集。
posted by kyotakaba at 21:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

Ερασιτέχνης επαναστάτης

 『 Ερασιτέχνης επαναστάτης 』、 
『ペトロス伯父と「ゴールドバッハ予想」』『 Logicomix 』のアポストロス・ドキアディス の新作。 
 数学の話ではなく、政治的なストーリーの様。 

Ίκαρος 出版から、2018年に刊行。 

.:BiblioNet : Ερασιτέχνης επαναστάτης / Δοξιάδης, Απόστολος Κ.  


作家本人が語る: 
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ΑΓΙΟΣ ΠΑΙΣΙΟΣ

 Πατλάκουτζα Μάρθα の20世紀ギリシャの聖人、の伝記。 

ΑΓΙΟΣ ΠΑΙΣΙΟΣ | ΕΞΗ ΕΚΔΟΣΕΙΣ
2015年、ΕΞΗ 出版社。 



Άγιος Παΐσιος - Βικιπαίδεια
1924年カッパドキアのファルサ生まれ、1994年没。

伝記は他にも、 
Γεώργιος Ν. Φουκαδάκης が書いたもの: 
.:BiblioNet : Άγιος Παΐσιος ο Αγιορείτης / Φουκαδάκης, Γεώργιος Ν.
posted by kyotakaba at 18:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

世界の国境を歩いてみたら・・・

 BS11の番組『世界の国境を歩いてみたら・・・』、4月5日の放送は、「ギリシャ×北マケドニア 『国名変更に揺れる国境を歩いてみたら』」。
国境を歩くのは、小説家の羽田圭介さん。

https://www.bs11.jp/education/sp/national-border/
posted by kyotakaba at 22:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

Καζαμία Ελλήνων

 Μιχάλης Κατσαρός ミハリス・カツァロスの詩集『 Καζαμία Ελλήνων 』。 
Καζαμία は、天文暦、農事暦のような意味だと言うこと。 ギリシャの天文暦。
1996年出版。
 内容はわからないのだけど、表紙の絵がとても興味を引くので。 

b116609.jpg


.:BiblioNet : Καζαμία Ελλήνων / Κατσαρός, Μιχάλης, 1919-1998

 ミハリス・カツァロスは、1916年キパラシア生まれ、1998年没の詩人。 
.:BiblioNet : Κατσαρός, Μιχάλης, 1919-1998

Μιχάλης Κατσαρός - Βικιπαίδεια


posted by kyotakaba at 17:52| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

Μάτση Χατζηλαζάρου 「Αντίστροφη αφιέρωση 」

 詩人アンドレアス・エンベリコスの妻だったマチィー・ハジラザロウ Μάτση Χατζηλαζάρου の自作の詩「Αντίστροφη αφιέρωση 」の朗読。 
あべこべの献身

.:BiblioNet : Χατζηλαζάρου, Μάτση, 1914-1987


posted by kyotakaba at 11:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

Η δική μου ελληνική κουζίνα

 『Η δική μου ελληνική κουζίνα 』( 書籍 )   ぼくのギリシャ料理 
Άκης Πετρετζίκης   アーキス・ペトレジーキス 

.:BiblioNet : Η δική μου ελληνική κουζίνα / Πετρετζίκης, Άκης 

 アーキス・ペトレジーキスは、セサロニキ出身の人。
posted by kyotakaba at 20:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

Τα πέτρινα γεφύρια της Ελλάδας

 ギリシャの石造りの橋の写真集: 
『 Τα πέτρινα γεφύρια της Ελλάδας 』
写真:Δημητράκης Αργύρης Δ.
出版社:Αδάμ - Πέργαμος 1999年初版 

.:BiblioNet : Τα πέτρινα γεφύρια της Ελλάδας / Δημητράκης, Αργύρης Δ.



 ギリシャの高速道路、エグナティア道の写真集: 
『 Εγνατία οδός 』
写真:Αργύρης Δημητράκης
著述:Αντώνης Ιορδάνογλου
出版社:出版社:Αδάμ - Πέργαμος 2008年初版 

.:BiblioNet : Εγνατία οδός / Ιορδάνογλου, Αντώνης

Εγνατία οδός: 
Εγνατία Οδός - Βικιπαίδεια
ギリシャで最長670キロの高速道路。2009年開通。ギリシャの西端のイグメニツァ Ηγουμενίτσα から東端のキポイ Κήποι まで。  

http://www.egnatia.eu/page/


posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

2018年12月14日

トラブゾンの猫

 作家 小田実さんと妻で画家の玄順恵さんの旅行記。小田実さんが亡くなる直前の、ギリシャ・トルコ旅行の思い出。 

トラブゾンの猫 : 小田実との最後の旅 - Webcat Plus

posted by kyotakaba at 21:25| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου

 『 Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου 』 
Ιτσίρο Κισίμι
出版社:Ψυχογιό 2018年6月刊 

.:BiblioNet : Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου / Kishimi, Ichiro


 日本の哲学者、アドラー心理学研究者、岸見一郎教授と古賀史健の共著の翻訳。
『嫌われる勇気』だろうか? 
嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え - Webcat Plus
ギリシャ語の題名をそのまま訳すと、「敢えてあなた自身でいる」。
岸見一郎のギリシャ語表記は:Ιτσίρο Κισίμι
古賀史健のギリシャ語表記は:Φουμιτακέ Κόγκα

posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする