2017年04月15日

Όταν το ρήμα γίνεται όνομα

 『 Όταν το ρήμα γίνεται όνομα 』。 
Παντελής Μπουκάλας 

『動詞が名詞になる時』 
パンテリス・ボウカロス 

古い民謡の研究なのか知ら??? 

出版は、Άγρα 社、 2016年刊。 

.:BiblioNet : Όταν το ρήμα γίνεται όνομα / Μπουκάλας, Παντελής Σ. 

posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας

 『 Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας 』 
Θωμάς Σιταράς 
出版社: Ωκεανίδα  2016年出版 

『昔のアテネの語録』 
ソマス・シタラス 

1,900年代のアテネの資料集の様、 

.:BiblioNet : Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας / Σιταράς, Θωμάς 

posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

Το λαϊκό μας δίστιχο σε ανθογυάλι

 το δίστιχο と言う、二行詩があるのだそう。それのアンソロジー。 

『 Το λαϊκό μας δίστιχο σε ανθογυάλι 』
花瓶に差した大衆的二行詩 
Θρασύβουλος Μπέλλας 編 
出版社 Μακρή

.:BiblioNet : Το λαϊκό μας δίστιχο σε ανθογυάλι / Μπέλλας, Θρασύβουλος
posted by kyotakaba at 08:27| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της

 『 Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της 』 
Bente Kiilerich 
出版社: Καπόν

 セサロニキのロトンダのモザイク画についての書籍。
 Bente Kiilerich は、ノルウェーの Bergen 大学の研究者。 

.:BiblioNet : Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της / Kiilerich, Bente 

 言語は、ギリシャ語と英語で。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門

 『 Logicomx 』、邦訳は、どうなったのか、知らないままだったのですが、なんと、昨年に、出版されていました。 

ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門   

松本剛史 訳  
村夏輝 監修

筑摩書房  2015年7月刊
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

Άγιον Όρος

 『 Άγιον Όρος 』。
Αλέξανδρος Μωραϊτίδης   アレクサンドロス・モライティディス 

 アレクサンドロス・モライティディスは、1850年生まれ、1929年没の人。母はアレクサンドロス・パパディオマンディスの従姉妹になるらしい。 

 アトス山に旅行した時の、旅行記。 

.:BiblioNet : Άγιον Όρος / Μωραϊτίδης, Αλέξανδρος, 1850-1929
posted by kyotakaba at 09:46| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων

 『 Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων 』 
アレクサンドロス・パパディオマンディスの短編集。クリスマス、新年、神現祭の頃に関係するものを集めたものと。 

.:BiblioNet : Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων / Παπαδιαμάντης, Αλέξανδρος, 1851-1911  

出版社は、Πατάκη 。
posted by kyotakaba at 09:41| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

Η ελληνική παράδοση

 ギリシャの伝統文化の辞書のような本。   

.:BiblioNet : Η ελληνική παράδοση / Τσιαμήτρος, Ιωάννης Κ. 
一年の風習と習慣

著者:Ιωάννης Κ. Τσιαμήτρος  ヤニス・K・チィアミトロス 
出版社: iWrite.gr
posted by kyotakaba at 08:12| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

Ένας αιώνας δράση

 『 Ένας αιώνας δράση 』  ある百年・生きて 
Γιάννης Ανδρόπουλος 

 1926年リバルティ生まれで建築業で成功した、ヤニス・アンドロプウロスの自伝。 

.:BiblioNet : Ένας αιώνας δράση / Ανδρόπουλος, Γιάννης 

b209145.jpg
posted by kyotakaba at 16:33| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

Σφαιρικά κάτοπτρα, επίπεδοι φόνοι

 『 Σφαιρικά κάτοπτρα, επίπεδοι φόνοι 』 球面の鏡、平面の殺人。 
Τεύκρος Μιχαηλίδης  テフクロス・ミハイリディス

1950年代、キプロスに、イギリス人ビザンチン研究家、フランス人古文書学者、若いギリシャ人数学者が、緊急に呼ばれる。第三回十字軍の時代の写本を鑑定するために。それには、プトレマイオス時代の難解な数学の問題が書かれていて。そして、謎の殺人事件が。 

.:BiblioNet : Σφαιρικά κάτοπτρα, επίπεδοι φόνοι / Μιχαηλίδης, Τεύκρος 

 作者のテフクロス・ミハイリディスは、数学で博士号を取った人で、数学を扱った推理小説を書いている様。1954年アテネ生まれ。
posted by kyotakaba at 21:59| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

Βυζαντίου γεύσεις

 『 Βυζαντίου γεύσεις 』。
イギリスの言語学者、Andrew Dalby が著した、ビザンチン帝国時代の料理の本。 

2015年、Πατάκη 社出版。 
.:BiblioNet : Βυζαντίου γεύσεις / Dalby, Andrew 

原書は、『 Tastes of Byzantium : the cuisine of a legendary empire 』(?)
Tastes of Byzantium : the cuisine of a legendary empire (電子書籍, 2010) [WorldCat.org] 

b203009.jpg
posted by kyotakaba at 09:02| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

ギリシャ人への報告

 カザンザキスの詩、中々読めないので、国会図書館で検索していたら、レファレンスのデーターベースに、カザンザキスの『ギリシャ人への報告』を探していると言うものがあった。 
「ギリシャ人への報告」(ニコス・カザンザキス:Nikos,Kazantzakis)を探している。 (埼玉県立久喜図書館) |書誌詳細|国立国会図書館サーチ 

 原書は、『 Report to Greco 』と言うものらしい。 
Report to Greco (書籍, 1965) [WorldCat.org] 

これは、カザンザキスの Παντελής Πρεβελάκης パンデリス・プレベラキスへの手紙をまとめた書籍『 Τετρακόσια Γράμματα του Καζαντζάκη στον Πρεβελάκη 』から、その中に、カザンザキスが計画中の小説について書いている部分があるのを、Peter Bien と言う人が編集して、作ったものらしい。 
ΙΔΡΥΜΑ 'ΜΟΥΣΕΙΟ ΝΙΚΟΥ ΚΑΖΑΝΤΖΑΚΗ' 
2014年に、ギリシャ語版も出版されている。( それ以前に、出版されていたかどうかは分からない。 ) 
.:BiblioNet : Αναφορά στον Γκρέκο / Καζαντζάκης, Νίκος, 1883-1957 

『 Τετρακόσια Γράμματα του Καζαντζάκη στον Πρεβελάκη 』は、1964年に出版されて、1984年に再版。
.:BiblioNet : Τετρακόσια γράμματα του Καζαντζάκη στον Πρεβελάκη / Καζαντζάκης, Νίκος, 1883-1957
posted by kyotakaba at 17:56| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

Πειραιώτες

 『 Πειραιώτες 』 ピレアス人 
Διονύσης Χαριτόπουλος ディオニスティス・ハリトプウロス 

 50年代、60年代、世界中から港町ピレウスに遣って来た人たちの人生。 

.:BiblioNet : Πειραιώτες / Χαριτόπουλος, Διονύσης 

Πειραιώτες / Topos Books 

b208282.jpg
posted by kyotakaba at 15:49| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

Τα κακομαθημένα παιδιά της ιστορίας

 『 Τα κακομαθημένα παιδιά της ιστορίας 』、歴史を学び損なった子供たち
Κώστας Κωστής  コースタス・コースティス 
出版社;Εκδόσεις Πατάκη パタキー 

18世から21世紀、オスマン・トルコ帝国の周辺部から、独立をし国歌を作って来た、近代ギリシャの自己認識の形成を辿り、検証している本。( らしい ) 

 2013年にΠόλις 社から出版されていたものの最出版の様。 

.:BiblioNet : Τα κακομαθημένα παιδιά της ιστορίας / Κωστής, Κώστας Π., 1957-
posted by kyotakaba at 14:48| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

Γιάννης Ρίτσος - Μέλπω Αξιώτη, Καταραμένα κι ευλογημένα χαρτιά

 『 Γιάννης Ρίτσος - Μέλπω Αξιώτη, Καταραμένα κι ευλογημένα χαρτιά 』 
ヤニス・リッツォス、メルポウ・アクシオティ往復書簡。呪われた、そして、祝福された手紙。 
出版社: Άγρα

.:BiblioNet : Γιάννης Ρίτσος - Μέλπω Αξιώτη, Καταραμένα κι ευλογημένα χαρτιά / Ρίτσος, Γιάννης, 1909-1990
posted by kyotakaba at 14:09| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

Σούδα λεξικόν

 10世紀頃、ビザンチン帝国マケドニア王朝のコンスタンティノス7世の頃に編纂されたと思われる辞書。当時は、マケドニア朝ルネサンスと呼ばれる時期で、古代ギリシャ文化の復興が行われていた。 
 『 Σούδα λεξικόν 』もその一つで、古代文献の収集と整理の結果、編纂されたもの。 

スーダ辞典 - Wikipedia 

現代語訳、Φιλολογική Ομάδα Κάκτου 訳: 
.:BiblioNet : Σούδα λεξικόν /
posted by kyotakaba at 16:02| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

Ο γύρος της Ελλάδος

 1935年に、初版が出た、『 Ο γύρος της Ελλάδος 』。ギリシャ周遊記。
 ギリシャ国内の見聞記。著者は、Κώστας Χωρικός ( Κωνσταντίνος Ελευθερουδάκης ) ??? 著者についてはよく分からない。 

.:BiblioNet : Ο γύρος της Ελλάδος / Ελευθερουδάκης, Κωνσταντίνος

.:BiblioNet : Ελευθερουδάκης, Κωνσταντίνος 



b161815.jpg
posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

Η μαρτυρία του ποιητή

 イギリスの作家、研究家 Philip Sherrard のエッセイ集『 Η μαρτυρία του ποιητή 』。 詩人の証言。 

 Philip Sherrard Φίλιππος Σέρραρντ フィリップ・セラランド は、1922年生まれ1995年没のイギリスの人。現代ギリシャの詩の翻訳、東方教会の研究で知られている。 

出版社は、Εκδόσεις "Ίνδικτος"
Η ΜΑΡΤΥΡΙΑ ΤΟΥ ΠΟΙΗΤΗ 



Philip Sherrard - Wikipedia, the free encyclopedia 
.:BiblioNet : Sherrard, Philip, 1922-1995  


posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする