2016年02月23日

Μάγχη

 アポストロス ドキアディス / クリストス・H・パパディミトゥリウの『 Logicomix 』、ギリシャ語版237ページのナレーションから、


Η Ευρώπη είχε αρρωστήσει βαριά από οξύ εθνικισμό... ... Και τα άκρως μεταδοτικά μικρόβια διέσχιζαν ταχύτατα τη Μάγχη.  





ヨーロッパは、民族主義の酸の為に、重篤になっている。非常に強い感染力を持つ細菌が、急速にマーグキ[ イギリス海峡 ]を分断してしまった。 


Μάγχη - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

Ο Ονειροπόλος 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Τώρα αυτα έχουν πια τελειώσει.
Στο κελί του άσυλου οπου βρίσκεται,
μέρα και νύχτα είναι το ίδιο αδιάφορες.


Βλέπει μονο το φωτεινό μαύρο τετράγωνο ν'
αλλάζει χρώματα προτίμα το μαύρο όταν νυχτώνει.


Έτσι περνούν οι ώρες και οι μέρες του ευτυχισμένου ονειροπόλου.
Ολομόναχος, ακίνητος, πιστεύει ότι πραγματοποίησε
το μεγάλο σκοπό της ζωής του.



Τίποτα γύρω του δεν αλλάζει.
Και ο χρόνος δεν υπάρχει.
  



ことは、これだけで終わった。 
彼は施設の独り部屋にいて、 
夜も昼も同じで、関心がない。

彼は、黒い四角の影を見ているだけだ。
彼は、夜になった時の、黒に色を変えた影が好きなのだ。 

そうして、彼は、満足げな夢想の時間を、日々を過ごしている。 
完全に同じで、動かない。彼は、
自分の人生の最大の目的は実現された、と信じている。

彼の周囲は変わらない。 
時間は存在しないのだ。  






おわり
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

Ο Ονειροπόλος 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Μελέτησε.
Αγόρασε χημικά όργανα. Κλεισμένος στο υπόγειο του.


Έκανε πειράματα, ανέλυε ουσίες, έλεγχε τύπους...

Παρακολουθούσε τη ζωή από την εφημερίδα...
Χαμογελούσε με τις ασημαντότητες που απασχολούσαν τους άλλους.


Όταν θα περιόριζε τον χρόνο σ' ένα σωλήνα του εργαστηριού του...


... να δούμε τι θα έκαναν οι μεγαλόσχημοι κύριοι που
γέμιζαν τον κόσμο με σαπουνόφουσκες...


Τι θα γίνονταν οι τόκοι των τοκογλύφων,
με ποια ημερομηνία θα έβγαζαν τις εφημερίδες τους.
  






5-35p
彼は研究した。 
化学用具を買った。自分の地下室に閉じ籠った。

実験をした。物質を分析し、痕跡を検査して…。 

新聞で日々の出来事を追って、 
他の人々を手一杯にさせる瑣事を見て笑った。 


実験室の試験管に時間を閉じ込めたならば、… 


無駄話で世界をいっぱいにしているお偉方々が何をするのか見ることが出来るだろう。… 

高利貸しの利子がどれだけになるか、
何時の日付けの新聞に、お偉方が出ることになるのか、見ることが出来るだろう。
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

Ο Ονειροπόλος 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Άλλοτε πάλι συνέβαινε κάτι περίεργο.
Ακούγοντας ή βλέποντας κάτι ασήμαντο...


... Είχε την εντύπωση ότι το πράγμα αυτό έγινε προηγουμένως,
άγνωστο πού και πότε.

Συνέβαινε κι όταν μιλούσε πιό κοινά θέματα.

Μηπώς ξέρετε που βρίσκεται η οδός αναπαύσεως;


Τώρα θα μου απαντήσει :
'' Δεν ξέρω, αλλά νομίζω μετά τις γραμμές του τραμ
που θα συναντήσετε ''


δεν ξερω, αλλά νομιζω μετά τις γραμμές του τραμ
που θα συ συναντήσετε.


Κι ο περαστικός έφευγε βιαστικά, σκυμμένος, πνίγοντας ένα γέλιο.
  






それから、また、奇妙なことが起こった。 
些細なことを見たり聴いたりして…、 

…、その事は、前にあった事だと言う印象があるのだ。
何時だったか、何処でだったかは分からないのだけれど。 

それは、まるでよくある事を話した時に起こった。 


「すみません、墓地へ行く道をご存知ないですか?」 


さあ、この人はこう答えるだろう、
[ 知りません。けれど、トラムで行けば、行けるだろうと思いますよ。 ] 


「知りません。けれど、トラムで行けば、行けるだろうと思いますよ。」 

そして、年老いた通行人は、身を屈め笑いを押し殺しながら、急いで行ってしまった。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

Ο Ονειροπόλος 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ύστερα θυμόταν ένα χορό μεταμφιεσμένων.

Δύο τρείς νότες που επαναλαμβάνονταν σε κάθε φράση.
Δημιουργούσαν ατμόσφαιρα περασμένης εποχής.

Κι έπειτα έγινε κάτι απροσδόκητο :
Οι χορευτές δεν μπορέσαν να υπολογίσιυν
ακριβώς πόσο είχαν υποχωρήσει στο παρελθόν...

Κι ετσί προσπαθώντας να γυρίσουν στην εποχή τους,
έφυγαν δίχως να το υποπτευθούν πολύ μπροστά στο χρόνο.

ΑΠΟΚΡΕΩ 2027
 






 それから、彼は、ある仮装舞踏会を思い出す。 

節ごとに、二三の音が繰り返されている。 
過ぎ去った時代の雰囲気を醸し出している。 

それから、予期していなかった事が起こった。 
踊り手たちは、過去にどれほど遡るのか正確に計算出来なかったのだ。 

それだから、自分たちの時代に戻ろうとして、
ずっと前の時間だと疑うことなしに、行ってしまった。 

2027年カーニバル
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

Ο Ονειροπόλος 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ήταν Κυριακή. Η μπάντα έπαιζε,
ο κοσμος εκανε βολτες, ή καθόταν στα καφενεία.

Είδα το πατρικό του, τον κήπο, την ταράτσα του...

Τίποτε δεν είχε αλλάξει, όλα όμως είχαν μικρύνει.
Είχαν χάσει το ένα τρίτο του όγκου τους.

Εκείνοι δεν είχαν αντιληφτεί τίποτα.
Ο χρόνος όμως δούλευε ασταμάτητα, τρώγοντας κάθε στιγμή κάτι από τη φτωχή τους ύπαρξη.
 





 日曜日だった。楽団が演奏していた。 
人々は散歩をしている。あるいは、カフェネイオに座っている。 

私は、父の家、庭、テラスを見た。 

何も変わっていなかった。だが、何もかもが小さくなっていた。 
人々は、嵩の三分の一を失っていた。 

人々は、それを少しも知覚していなかった。 
けれども、時間は、留まることなく動いている。どの瞬間でも、人々のそれでなくても不十分な存在を浸食している。  




ここまでで、Βικιθήκη の『 Ονειροπόλος 』の1が終わり。 
Ονειροπόλος - Βικιθήκη
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

Ο Ονειροπόλος 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 

Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキスは、1896年トリポリ生まれ、1928年自死した詩人、作家。今年は、生誕120年。

Κώστας Καρυωτάκης - Βικιπαίδεια 
.:BiblioNet : Καρυωτάκης, Κώστας Γ., 1896-1928 





Δεν ήξερε άν ήταν μικρόβιο...

Η αόρατος κακοποιός.

Πίστευε όμως ότι ο χρόνος ύπηρχε στο διάστημα.
Είχε αρκετές απόδειξεις.


Κάποτε, σ'ένα μακρινό ταξίδι, το βαπόρι σταμάτησε στο λιμάνι της πόλης οπου είχε ζήσει μικρός.






夢想家 


 微生物がいるなどと言うことも知らなかった。 

目に見えない悪漢。 

 時間は間隔にあるのだと信じていた。十分な証拠があった。 

 いつだったか、遠い旅の途中、汽船が、少しの間住んだことのある都市の港に停泊した。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

κανείς δε θα πληρώσει για να τα διαβάσει

 アポストロス・ドキアディスの『 Logicomix 』の中の、ホワイトヘッドの台詞から、 


  Δεν μπόρεσαν να βρουν ούτε έναν ανάγνωστη να το αξιολογήσει, κατά συνέπεια είπαν : ≪ Αφού κανείς δε δέχεται να διαβάσει τα "Πρίνκιπια" και να πληρώθει... Τότε, βέβαια, και κανείς δε θα πληρώσει για να τα διαβάσει! ≫ 





 中身を吟味する書物を見つけることが出来ないのだ。従って、人々はこう言う。「誰も『プリンピキア』を読むことを容認しないで、買いもしない…。だから、確かに、誰も、それを読もうと買いはしないのだ。」
posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 7

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、七段落目: 





  Ποιός εἶναι ὁ ἐξαίσιος τεχνίτης τέτοιων ἄκρων; Εἶναι, ὅπως νομίζεται, ὁ Πυθαγόρας ἐκ Ρηγίου, ποὺ ἔκαμε τὸ ἔργο; Ἦταν Ἀθηναῖος ἢ χαλκοπλάστης τῆς Αἰγίνης; Ἴσως αὐτὸ θὰ μείνη ἄγνωστο. Ἀλλὰ θὰ ξέρωμε πάντοτε, πὼς καὶ τὸ ἔργο τοῦτο τὸ ἔδωσε ἡ ἀόριστη ἐποχή, ποὺ εἶναι τέλος τοῦ ἀρχαϊσμοῦ, ἡ στιγμὴ ποὺ προαισθάνεται τὸ Φειδία. ῞Οπως τὸ δέντρο, ὅταν νιώθη τὴν παρακμή του, πετᾶ ὁρμητικὴ καὶ ἄφθονη ἂνθηση, ἡ ἀρχαϊκὴ τέχνη ἑτοίμασε τὸν ἀποχαιρετισμό της σὲ λίγα ἔργα, στὰ ὁποῖα τὰ ἀρχαϊκὰ στοιχεῖα συγκεντρώθηκαν κι ἔδωσαν τὸ ἀπροχώρητο τοῦ θελγήτρου τους, ἀφήνοντας στὴν ψυχὴ τῶν φίλων τῆς τέχνης συναίσθημα, ποὺ ἂν δὲν εἶναι θαυμασμὸς εἶναι χαρμόσυνη ταραχὴ κι εὐδαιμονία.   





 この四肢の優れた職人は誰なのでしょう? 今そう看做されている様に、リーヨのピタゴラスなのでしょうか、ピタゴラスが作品を作ったのでしょうか? アテネ人なのか、あるいは、エギナの銅職人なのでしょうか? おそらくは、それは不明のままに置かれるのでしょう。けれども、時期は曖昧のままだけれど、フェイデアス[ ペイディアス ]を予感させる古代の終わりの瞬間が、この作品を生んだのだと言うことは、私たちは間違いなく分かっているのです。自らの衰えに打ち克った樹木が勢いよく有り余る程に花を吹き出す様に、前古典的特徴が凝縮している幾つかの作品に於いて、前古典期の技術は、自らの告別を用意していたのです。そして、魂が技術を好む、驚異的でない限り喜び返りも至福を感じさせもしないと言う感性はそのままに、前古典期の魅力は限界を迎えていたのです。    

おわり



 上の様に訳しましたけれど、実際は分かりません。何方かご教示下さると助かります。
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 6

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、六段落目: 





  Εἶναι νιάτα στὴν ἀρχαία γλυπτική, ποὺ δείχνουν τὸ χάδι τοῦ φωτὸς ἐπάνω τους. Εἶναι νιάτα μὲ τὴ σταθερὴ γραμμή τους, ποὺ δοξάζουν τὴν παλαίστρα καὶ τὴ δωρικὴ πολιτεία. Μὰ νιὰτα συμπυκνωμένα ἔτσι στὴν αὐστηρότητα μιᾶς λεπτῆς στήλης, τόσο δυνατὰ στὴν ἀκινησία, τόσο δροσερὰ ἔπειτα ἀπὸ τὸ ἄσθμα τῶν ἀγώνων δὲν ξανάγιναν. Ποτὲ ἀπὸ χιτώνα δὲν εἶδαμε βραχίονα νὰ προβάλη τόσο δυνατὸς καὶ γραμμένος. Ποτὲ χέρι σὰν τὸ δεξὶ τοῦ Ἡνιόχου, ποὺ κρατᾶ ἐλαφρὰ τὰ χαλαρὰ ἠνία, δὲν ἔδειξε γραμμὴ τόσο μουσική. 





 それは、自らの上に光の愛撫を受けている、古代彫刻が表す若さなのです。そして、競技場とドーリア式生活を信奉している、確固とした形象を持った若さなのです。細い円柱上の厳格さに集約された若さなのです。不動の中でとても力強く、涼しげになっていて、試合の喘ぎは治まってもう起こらないのです。私たちは、キトンから力強く美しく出た片方の二の腕を見ることができません。弛んだ手綱を柔らく握っている、馭者の右手の様に、音楽的な美しさを見せてないのです。   



 上の様に訳したのですけれど、実はさっぱりわかりません。何方かご教示下さると助かります。
νιάτα は、この馭者の像のことなのか、一般的な若者たちのことなのか、抽象的な若さなのか、分からないのが一つ。後半の Ποτὲ の文章は、実際の像は、左手がないのだけれど、そのことを言っているのだろうか、どうなのだろうか?
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 5

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、五段落目: 





  ῾Η μία εἶναι ἡ ἀκαμψία του, ποὺ δείχνει τὸ σῶμα ἀπὸ τὴ μέση καὶ κάτω ἴσιο καὶ ἀτάραχο, μὲ τὶς πτυχὲς τοῦ μακρύτατου χιτώνα βαριὲς καὶ ἀτρικύμιστες. Ἡ δεύτερη κίνηση εἶναι τὸ γέρμα τοῦ κορμιοῦ πρὸς τὰ δεξιὰ καὶ ἀκόμα ἐντονώτερα τῆς κεφαλῆς, ἡ ὁποία γέρνει κι αὐτὴ πρὸς τὸ ἴδιο μέρος. Ἡ κεφαλὴ εἶναι βυθισμένη, σ’ ἐλαφρὸ ὄνειρο εὐτυχίας. Ἀκούει τὴ μουσικὴ τοῦ πλήθους. Βλέπει τὸ μεγάλο παλμό του καὶ τὴ γραφικὴ ἀνωμαλία του. Τὸ στόμα του μισανοιγμένο. Τὰ χείλη μικρὰ καὶ σαρκωμένα. Στόμα λουλουδένιο. ῾Η ἴσια μύτη καταλήγει σὲ χαριτωμένο λέπτυσμα. Τὰ ρουθούνια ρουφοῦν ἀπολαυστικὰ τὸν ἀέρα, ποὺ χρειάζεται τὸ κουρασμένο σῶμα. Βλέπεις σ’ αὐτὰ τὸ λαχάνιασμα. Τρέμουν. Τὰ μαλλιὰ περιγραμμένα μὲ θαυμαστὴ λιτότητα, ἀφηνουν τοὺς λιτούς τους βοστρύχους νὰ ξεφεύγουν ἀπὸ τὴν ταινία τῆς νίκης, ποὺ τὰ δένει. Τὰ τόξα τῶν φρυδιῶν γράφουν τὴν καθαρὴ καμπύλη τους ἐπάνω ἀπὸ τὴ λαμπρὴ ματιά. Ἀλλὰ τὰ μάτια! Στὴν ἀσπράδα κάποιου σμάλτου ὁ τεχνίτης ἔμπηξε δυὸ κύκλους διαφορετικῶν μετάλλων μὲ ρεαλισμό*, ποὺ ἂν δὲν μποροῦμε νὰ τὸν συλλάβωμε, τοῦ χρεωστοῦμε τὸ θαυμασμὸ καὶ τὴν εὐγνωμοσύνη μας. Τὸ φῶς βυθίζεται καὶ παίζει σ’ αὐτὰ τὰ πετράδια. Τὰ μάτια χαίρονται καὶ σκέπτονται. Καθρεφτίζουν τὸ θρίαμβο.  





 その一つは、長いキトンの重々しく乱れのない襞で作られている剛直な動きなのですが、それは、腰から下の真直ぐな静かな身体を作っているのです。二つ目の動きは、胴体の右への傾きで、同じ方向へ傾いている頭は、もっと緊張しています。頭は儚い幸福な夢に浸っています。群衆が発する音楽を聴いているのです。大きな鼓動と絵に描いたような困惑を見ているのです。口は半開きです。小さくて肉感的な唇。花の様な口。真直ぐな耳は可愛らしい動物の様になっています。鼻の穴は風から美味しそうに息を吸い込むのですが、それは、疲れた身体に必要なのです。人々は、その鼻に、喘ぎを見るのです。震えているのです。髪の毛は驚く程に簡略に表現されているのですが、髪を束ねている勝利の帯から、その簡略な巻き毛が食み出るままにされています。眉のアーチは、輝く瞳の上にきれいな曲線を描いています。ところが、その瞳はと言えば! 純白の何かエナメルのようなものに、職人が二つの異なった金属の円を嵌め込んでいるのですが、そのリアルな感触については、私たちはそれがどういうものか知ることは出来ないのですけれど、私たちの驚嘆と感謝はそれに負っているのです。光はその宝石に深く差し込んで揺らめいています。瞳は喜ばしげで熟考している様です。大勝利を映しているのです。
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 4

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、四段落目: 




  Ὁ ῾Ηνίοχος αὐτός, ποὺ ἔδωσε τὴ νίκη, ὑψώνεται χυτός μέσα στὸν ποδήρη χιτώνα του. Οἱ πτυχὲς πέφτουν ἴσιες καὶ βαριές. Πατεῖ καὶ στὰ δυὸ πέλματα. Εἶναι αὐστηρὴ στήλη στημὲνη στὴ δόξα. Οἱ φυσικὲς καὶ ἠθικές του δυνάμεις πειθαρχοῦν. Ἡ στάση του συγκρατεῖ τὸ θρίαμβο. Δὲν τοῦ ἐπιτρέπει καμιὰ κίνηση ἔξω ἀπὸ τὴ γαλήνη καὶ τὴν εὐπρέπεια. Δυὸ κινήσεις σχηματίζουν τὴ δωρικὴ αὐτὴν ἀρμονία. 





 この、勝利を齎した馭者は、長いキトンの中に屹立しています。襞は真直ぐに重々しげに落ちています。二つの足裏で踏みしめています。栄光に立てられた堅牢な柱なのです。馭者の物理上のそして倫理上の力は律されています。その静まりは大勝利を湛えているのです。この静けさ、慎み深さを一歩でも踏み外すことは、馭者には許されていません。二つの動きがドーリア式の調和を作り出しているのです。 
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 3

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、三段落目: 





  Στὴν ἀκινησία τοῦ ῾Ηνιόχου βλέπομε τὸν φρενιτιώδη ἀγώνα, ποὺ ἔχει προηγηθῆ. Πλούσια ἠρεμία. Εἶναι ἡ στιγμὴ ποὺ ἡ τρικυμία τῶν μυώνων ἡσύχασε. Τὸ σῶμα ἡρεμεῖ. Χαϊδεύεται ἀπὸ τὸ θρίαμβο. Ἦρθε ὁ ρόλος τοῦ πλήθους. Εἶναι ἡ ἀμοιβὴ τοῦ νικητοῦ. ῾Η παρέλαση. Ὁ νικητὴς μετὰ τὸ ἀποτέλεσμα περνᾶ σὲ ἀργὴ περιφορὰ μπροστὰ στὰ πλήθη καὶ δέχεται τὴ χαρμόσυνη βοὴ τῆς ἐπευφημίας, ἀκίνητος ἐπάνω στὸ ἅρμα του, τὸ ὁποῖο ἕνας πεζὸς ὁδηγεῖ κρατώντας τὰ χαλινάρια τῶν ἀλόγων. Ἀπὸ τὸ παιδί, ποὺ παράστησε στὴ θέση τοῦ πεζού γλύπτης, βρεθηκε ἕνα χέρι.  





 馭者の不動の中に、私たちは、熱狂的な試合、昔行われた試合を見るのです。贅沢な静寂です。それは、筋肉の嵐が静まった瞬間なのです。身体は落ち着きを取り戻しています。大勝利でもて栄やされているのです。群衆の番なのです。勝利者への報酬なのです。パレードです。試合の結果が出た後、勝利者はゆっくりとした歩調で群衆の前を通り過ぎると喜ばしい喝采の唸りを受けるのですが、一人の歩兵が馬の手綱をとって導いて行く戦車の上で、不動でいるのです。彫刻家が歩兵のものとして表現した手は、子供の手を見て作られたのです。 


歩兵の手と馬の断片: 
Cherioteer_Fragments : wikipedia
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 2

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、二段落目:  





  Τοῦ ἡνιόχου τὸ λαμπρὸ μέρος εἶναι τὰ κάτω ἄκρα, ποὺ δὲν ἐπρόκειτο νὰ φανοῦν. Τὰ γυμνὰ πόδια. Χωρὶς νὰ λογαριάση, πὼς θὰ ἦταν κρυμμένα πίσω ἀπὸ τὸ ἅρμα, ὁ τεχνίτης ἔκαμε τὸ καθῆκον του πρὸς τὰ νιάτα. Στήριξε τὴν ὁλόρθη στήλη τοῦ νεανικοῦ αὐτοῦ κορμιοῦ στὸ ὡραιότερο ζευγάρι γυμνῶν ποδιῶν, ποὺ βγῆκαν ποτὲ ἀπὸ τὴν γλυπτικὴ στὴν ἀρχαία Ἑλλάδα καὶ κατόπιν. Τὰ γραμμένα δάχτυλα ξεχωρίζοντας ἕνα ἕνα, ἁπλώνονται στὸ δεξὶ μὲ κάποιο ριπιδωτὸ ἄνοιγμα. Οἱ κόμποι τῶν ἀστραγάλων καθαρὰ πεταγμένοι, τὸ λεπτὸ ἀνέβασμα τῆς κνήμης, τὰ πέλματα, ποὺ πατοῦν ὁλόκληρα καὶ κρατοῦν τὸ σῶμα ἀναπαυμένο καὶ βέβαιο, σχηματίζουν μιὰν ἑνότητα ξεχωριστή, ὅσο κι ἂν τὸ σύνολο ἦταν ἕνα καὶ ἀδιαχώριστο.  





 この馭者の華やかな部分は、見えない筈の下肢です。両足とも裸足です。戦車の後ろで隠れてしまうだろうことを考慮もせずに、職人は、若者に対しての自分の義務を果たしたのです。古代ギリシャの時代でもその後の時代でも、彫像から一歩も踏み出したことのない、最も美しい一組の裸足の上に、若者の真直ぐな胴柱は支えられているのです。指は、一本一本作り出されていて、右足では、ある生物の端の一本だけ離れて開いている扇状の触覚の様に、一本の指が伸び出しています。踝の瘤はきれいに飛び出していて、脛はほっそりと伸び上がっていて、全体的に踏みしめられて身体を安らかにけれどしっかりとさせている足の裏は、恰も全体が一つで不可分なものであるかのように、特別な一貫性を作り出しています。  




「 ριπιδωτὸ 」、flabellate 
flabellate - Wiktionary
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 1

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。

Άρθρα ( 記事 ) でデルフォイの馭者についてのもの。
Ο Ηνίοχος των Δελφών - Βικιθήκη 

792語、七段落の文章。

その一段落目: 

Ο Ηνίοχος των Δελφών

  Ὁ Πολύζαλος, τύραννος τῆς Γέλας, ἀδελφὸς τοῦ Ἱέρωνος τῶν Συρακουσῶν, νικητὴς στὴν ἁρματοδρομία, ἔστησε στοὺς Δελφοὺς ἀνάθημα, ἕνα τέθριππο ἅρμα μὲ ἐπιβάτη τὸν ἴδιο τὸν τύραννο καὶ δίπλα τὸν ἡνίοχό του. Στὰ 373 π. Χ. βράχοι ἀπὸ τίς Φαιδριάδες πέτρες κύλισαν ἐπάνω στὸ ἱερὸ καὶ μαζί μὲ ἄλλα ἀναθήματα ἔκαμαν συντρίμματα τὸ χάλκινο ἀναβάτη, τὸ ἄλογο, τὸ ἅρμα. Σώθηκε ὁ ἡνίοχος. Χάσαμε βέβαια μεγάλο καὶ ἐνδιαφέρον σύμπλεγμα, ἔργο τῶν χαλκοπλαστικῶν ἐργαστηρίων, τὰ ὁποῖα ἔδιναν στὴν ῎Ηλιδα καὶ στοὺς Δελφοὺς τὴν ὑστεροφημία τῶν ἀθλητῶν. ῾Ο νέος ὅμως, ποὺ ἔμεινε ὁλομόναχος, χωρὶς τ’ ἄλογά του, χωρὶς τὸ ἅρμα, ποὺ τὸν ἔκρυβε ὡς τὴ ζώνη, χωρὶς τὸν ἡγεμόνα στὸ πλευρό του, κεντρίζοντας τὴ φαντασία τῶν ἀνθρώπων γιὰ τοὺς συντρόφους του, ποὺ λείπουν καὶ γιὰ τὸ γλύπτη ποὺ εἶναι ἄγνωστος, ἔγινε ἡ πλὲον περίεργη καὶ θελκτικὴ μορφὴ τῆς ἀρχαίας γλυπτικῆς - αὐτῆς ποὺ μᾶς εἶναι γνωστή.   




デルフォイの馭者

 ゲラの僭主であり、シラクセスのヒエロン1世の兄であり、戦車競争の優勝者である、ポリザロスは、自分自身が乗り手で隣りに御者が乗った四頭立て二輪戦車の像をデルフォイに奉納しました。紀元前373年、フィダリアデス岩山の岩が聖域に転落しました。そして、他の奉納品と共に、銅製の乗り手と馬と戦車を粉々にしました。馭者は助かりました。ただ、私たちは、イリダやデルフォイで競技者の後世の評価を保たさせる、ブロンズ工房の作品、偉大で興味深い一組を失ったことは、確実なのです。けれども、馬を失い、腰まで覆っていた戦車を失い、側に居た主人を失い、ただ一人残った、若者は、不明の彫刻家について知りたがっている人々の、若者の同時代人をめぐる想像力を刺激し、私たちによく知られている、好奇心をそそる魅力的な古代彫刻の典型となったのです。
posted by kyotakaba at 15:57| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

Προσευχή του μικρού κοριτσιού

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。

Προσευχή του μικρού κοριτσιού - Βικιθήκη 




Προσευχή του μικρού κοριτσιού 幼い少女の祈り



Θεέ, ποὺ βλέπεις τὰ σπιτάκια

τὰ φτωχὰ σὰν τὸ δικό μου, 

στεῖλε στὸ παράθυρό μου 

μιὰ φωλιὰ χελιδονάκια. 




Θέ μου, πού ῾χεις ὅλα τ᾿ ἄστρα, Θέ μου, 

πού ῾χεις τ᾿ ἀγγελούδια, 

κᾶμε τὴ φτωχή μου γλάστρα 

νὰ γεμίσει ἀπὸ λουλούδια.




Θέ μου, δῶσε μου τὴ χάρη 

νά ῾χω δυὸ ἄσπρα περιστέρια, 

νὰ τοὺς δίνω ἐδῶ στὰ χέρια 

τὸ νερὸ καὶ τὸ σιτάρι!
  


神様、ご覧になっているのですね、
わたしのおうちと一緒の貧しい家々を。 
わたしのおうちの窓におくって下さった、
つばめの巣をひとつ。 

なんてすてきな、お星をぜんぶ持ってらっしゃる、ああ神様、 
小天使たちをつれてらっしゃる、 
わたしのみすぼらしい花鉢を 
お花でいっぱいにして下さる。 

なんてすてき、わたしを喜ばせて下さるの、 
わたしの掌に水をひとしずく、小麦をひとつぶ 
のせて下さって、
二羽のまっしろな鳩を持たせて下さるの。
posted by kyotakaba at 18:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

Το κυπαρίσσι

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Το κυπαρίσσι 」、やはり、分からないのですが、第三連も推測してみました。けれど、その推測は、私の頭の中にある概念に依っての推測で、ザハリアス・パパンドニオウの言葉に基づいての推測ではないので。 




Το κυπαρίσσι   糸杉

Εἶμαι τὸ δέντρο ποὺ ἀκολουθεῖ τὴ γραμμὴ τῆς προσευχῆς ὅταν ἀνεβαίνει

ἀπὸ ἥσυχη ψυχή.




Εἶμαι ἡ λόγχη ποὺ κοκκίνισε στὸ αἷμα τῆς δύσης καὶ φρουρεῖ τὸ Ἀόρατο

ἀπ᾿ τὴν ἄρνηση καὶ τὴν εἰρωνεία. 




Εἶμαι στὶς γιορτὲς τοῦ τοπίου τὸ μαῦρο ράσο ποὺ δὲν τελείωσεν ἀκόμα

τὴ δοκιμασία του. 




Εἶμαι τὸ καμπαναριὸ στὸ ναὸ τοῦ πόνου καὶ γιὰ τὶς ψυχὲς ποὺ ἔχουν σκοπὸ

σημαίνει τοὺς ὄρθρους καὶ τοὺς ἑσπερινοὺς ἡ σιωπή μου.
  





静かな魂から祈禱の一節が立ち昇る、そんなことを信奉している、
樹なのです、私は。 

日没の血に赤く染まり、否認や皮肉からアオラトを守っている、
槍なのです、私は。 

眺望の華やぎの中にあって、まだ試練を終えていない、黒い
被衣なのです、私は。

目的のある魂と苦しみの神殿に立ち、私の沈黙で早祷と晩祷を鳴らす、
鐘楼なのです、私は。  
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

Ο πλάτανος

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ Ζαχαρίας Παπαντωνίου、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。でも、とても難しい。 


Ο πλάτανος   プラタナス


Ἐνῶ σάλευε ἀκόμα τὴ δύναμή του ὁ πλάτανος καὶ τὸ πράσινό του ἦταν σὰν καμπάνα τῆς χαρᾶς, ποὺ χτυπᾶ στὸ διάστημα, τὰ στρογγυλὰ σύννεφα τοῦ φθινοπώρου ὑψώθηκαν ἀκίνητα στὸν ὁρίζοντα - καὶ τὸν κοίταξαν.

Τότε ἄρχισε νά ἑτοιμάζεται γιὰ τὸ θάνατο.

Τὰ πρῶτα φύλλα του, ποὺ κιτρίνισαν, σὰ μάτια ποὺ ἄνοιξαν στὸ φῶς τῆς ἀλήθειας, εἶδαν τὸ ἄπειρο, ποὺ τὸν περίμενε - κι ὁ πλάτανος ἀνατρίχιασε στὴ σκέψη, πὼς θὰ γνωρίση τὸ σκοπό του.
Ἀπ’ τὸ ρυάκι, ποὺ τὸν ποτίζει, δὲν παίρνει πλέον τίποτε ὑλικό. Ἀκούει μονάχα τὸ τραγούδι τοῦ νεροῦ στὸ φεγγάρι.


Λίγο λίγο κιτρίνιζε. Λίγο λίγο ἔφταναν στὰ κλαριά του χρυσοὶ στοχασμοί. Ὥσπου μιὰ μέρα κρατώντας ὁλάκερο τὸ θησαυρό του, ἄστραψε μὲς στὸ σκοτεινὸ Δεκέμβρη κι ἔστησε μὲς στὸ πάρκο τὸ χρυσὸ πολυέλαιο τοῦ μαρασμοῦ του ἀκίνητο.Οὔτε ἕνα φύλλο δὲν τοῦ ἔμεινε πράσινο - τίποτε πιὰ δὲν τοῦ θυμίζει τὸν κόσμο.

Σὰν ἄγγιξε ἔτσι τὴν τελειότητα, ἔριξε τὸ πρῶτο του μαραμένο φύλλο - μήνυμα, πὼς εἶν’ ἕτοιμος.

Καὶ τ’ ἄλλα φύλλα, βλέποντας ἐκεῖνο μὲ ποιά γαλήνη ξεκίνησε, φρόντισαν νὰ πεθάνουν σύμφωνα μὲ τὴν ἐνθύμησή του. Δίχως τὴ βοήθεια τοῦ ἀνέμου, ἀποχαιρετώντας τὸ κλαδὶ καὶ σταματώντας γιὰ μιὰ στιγμὴ στὸν ἀέρα, σὰν πουλί, ποὺ ζυγιάζει τὰ φτερά του, ἔπεφταν μὲ κίνημα ἄξιο τῶν ψυχῶν, ποὺ γνώρισαν τὸ Μοιραῖο καὶ δὲν ἔχουν γελαστῆ.




辺りに響く喜びの鐘の様な緑の、そして、まだ盛りの、プラタナスが揺れているのだけれど、秋の丸いいくつもの雲は、地平線の上に高く上がり動かない、そして、プラタナスを見詰めている。

それから、プラタナスは、死の準備を始めた。 

魁けて黄色になりだす葉、まるで、真実の光に開いた瞳のよう、その瞳は無限を見ている、自分を待ち構えている無限を見ている、そして、プラタナスは、無限がどうやって自分の意志を知るのだろうかと考えて、身震いをした。プラタナスを潤していた小川から、もう、何も得られない。月の上で、水の歌が聞こえるだけだ。 

少しずつ、少しずつ黄色くなる。少しずつ少しずつ枝々に黄金の思いが行き渡る。そして遂に、ある日、プラタナスの丸い樹冠はすべて金に捉われて、暗い十二月、公園の中で、枯れた樹は不動の金の燭台として直立し、輝き出す。緑のままの葉は一枚もない、もうプラタナスは、緑を思い出しもしない。 

そして、完成したかのように、プラタナスは、最初の枯葉を落とす、それは、準備が出来たと言う、知らせ。 

他の葉は、その最初の葉が静かに旅立つのを見て、その面影に重なって死ぬ様に合わせようとする。風の助けもなしに、枝に別れを告げて、ほんの一瞬を空に留まる、その様子は、翼で均衡を取る鳥の様、そして、落ちて行く、その様子は、死を知り笑うことのなかった蝶がする動きの様。  


posted by kyotakaba at 18:42| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

Ο ύπνος της βαρκούλας

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。でも、とても難しい。 

Ο ύπνος της βαρκούλας  小舟での眠り 

Αγεράκι τα φτερά σου για λίγο κόψε...

Φόβον έχω το γιαλό μην ανασάνει,

τι εδώ πα στο φεγγαρόλουστο λιμάνι

μια βαρκούλα αποκοιμήθηκεν απόψε.
 



Λαγαρή και φωτερή η θωριά της πέφτει

στων νερών τον ολοκάθαρο καθρέφτη

και θαρρείς πως είδεν όνειρο η καϋμένη

από ανέμους κι από κύμα αποσταμένη.
 



Να γελούν οι φαντασίες εμάς μονάχα!

Νά που αράζει σε νησάκια διαμαντένια,

σε ουρανούς φωτοχυμένους λάμνει ― τάχα.

Μην ξυπνήσει απ’ το ταξίδι έχω έννια...
 


Κόσμε, αλάργευε από δω, λεφούσι, πέρνα.

Μην ταράξεις το υπνοφάντασμα, διαβάτη.

Στων νεράιδων τη σπηλιά κοιμήσου, μπάτη,

πίνε ακόμα συ, βαρκάρη, στην ταβέρνα!






風よ、すこしの間、おまえの翼をやすませてお呉れ…、 
わたしは、渚が一息つけないのではと心配しているのだ。 
月明かりの港に、おまえが置いたのは、 
昨日の夜、うたた寝をした、一艘の小舟。 

港の清々しく明るい風景が 
曇りのない水の鏡に落ちている。 
カイメニーの花が、風と波に疲れて、
どんな夢を見ると、おまえは思うのだろうか。 

わたしたちの幻想を、笑うのにまかせよう、それだけだ! 
見るがいい、小舟はダイヤモンドを鏤めた小島に停まる、
小舟は光が降り注ぐ空を漕いで行く。 まるでそう見える。 
この夢の旅から目覚めさせないでお呉れ、わたしは、九つの… 

世界よ、ここから遠ざかって行くんだ、人々よ、通り過ぎろ。 
通行人よ、夢に見る幻想を掻き乱すな。 
妖精の洞窟で眠るのだ、潮風よ。
それから、小舟よ、おまえは、タベルナでまた飲むのだ。   



死後、アンソロジーに入れられた詩の様で、書かれた年月は分かりません。
posted by kyotakaba at 15:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

Το Γιούσουρι 13

Το θηρίο;
ποιο θηρίο;



Αλίμονο.... σχοινί κομματιασμένο
κρατούσα μόνο στα χέρια μου!

Τι έγινε το γιούσουρι;



Ακόμα βρίσκεται στον κόρφο του Βόλου,
τρομαχτικό, μεγαλόπρεπο, σα στοιχειό.



Πάντα λένε γι' αυτο οι ναύτες
και το παραδίδουν από γενιά σε γενιά,
από παιδί σ' αγγόν!



Κι εγώ, ο Γιάννης Γκαμάρος, εβδομηντάρης κι
ετοιμόρροπος, δεν θαλασσοδέρνομαι πια
παρά μόνο για το καρβέλι.






怪物は?
怪物はどうしたのだ?


悲しい哉、私は手の中に、
ちぎれた綱だけを握っていた!


黒珊瑚はどうしたんだ?


物凄い荘厳な黒珊瑚は、まだ、
ボロスの湾に、まるでその一部のようにある。


船乗りは、いつも黒珊瑚のことを話す。
そして、世代から世代へと受け継がれて行く。
子供から孫に!


私、ヤニス・ガマロスは、七十代になり、
老い耄れになった。もう、食べるため以外には、
海に揉まれることはない。







おわり
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする