2018年01月17日

撰集抄の播磨の国のある僧 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 村人は、それを本当にはしなかった。翌朝、夜明けに、東の空に不思議な雲が立った。村人が、僧の庵に行ってみると、僧は西に向いて合掌したまま死んでいた。 





  Οι χωριάτοι δεν πείστηκαν για τον λόγο του, νομίζοντας ότι δεν θα αληθεύει. Το επόμενο ξημέρωμα, στον ανατολικό ουρανό ένα μυστηριώδες σύννεφο υψώθηκε. Όταν οι χωριάτοι πήγαν στο καλύβι του, ο μοναχός είχε πεθάνει, βλέποντας στην δύση και κάνοντας κόμπο με χέρια του.  


おわり
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

撰集抄の播磨の国のある僧 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 僧は、只々、祈りを挙げていた。数ヶ月経った頃、僧は初めて村に現れて、「私は明朝死ぬ。皆様には大変親切にして頂いた。」と言った。 


  Ο μοναχός απορροφούσε να προσευχηθεί, μόνο προσευχύταν. Όταν δυο ή τρεις μηνές πέρασαν, ο μοναχός εμφανίστηκε στο χωρίο για πρωτή φορά. Και είπε : ≪ Θα πεθάνω το επόμενο πρωί, πολύ ευγενοκό εκ μέρους σας ≫.
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

撰集抄の播磨の国のある僧 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??



 「自分には深く愛し合った妻があったのだけれど、果無くなってしまった。もしや妻が獄に落ちて呵責を受けているのではないかと思うと、自分が心苦しくてならなくなった。それで、一心に祈りを上げて、弔うことにしたのだ。」  





  Έιχα την σύζυγος, ετσί αυτή κι εγώ αγαπιόμαστε σταθερά, αλλά αυτή είχε σβύσει. Υποθέτοντας ότι η σύζυγος μου έπεσε στην κόλαση και δεχόταν την μομφή, βάραινα και εαυτός μου. Λόγω του, αποφάσισα να προσεύχομαι και πενθήσει.

posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

撰集抄の播磨の国のある僧 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 





 村人の一人が、僧になった分けを聞くとこの様に語った。  





  Ένας χωριάτης τον ρωτήσε για την αιτιά που έγινε μονάχος, έτσι ο μονάχος διηγήθηκε ως εξής :
posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

撰集抄の播磨の国のある僧 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、播磨の国にいた僧の事。麓がそのまま海に面している山があった。その麓で渚である場所に、粗末な庵を建て、一人の僧が住み着いた。  





   Άκουσα την ιστορία για ένα μοναχό που ζούσε στην χώρα του Χάριμα. :  
  Υπήρχε ένα βουνό που οι πρόποδες του έβλεπαν στην θάλασσα κατευθείαν. Και στο αυτό χώρο που ήταν οι πρόποδες και εξάλλου η παραλία, έφτιαξε το φτωχό καλύβι, έτσι εγκαταστάθηκε ένας μοναχός.
posted by kyotakaba at 16:10| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 7

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  


5 で抜けていた文: 
筆跡はとても美しかった。  
ο γραφικός χαρακτήρας του ήταν πολύ όμορφος.  


7 :
 眞譽は、帝の子供だった。七歳の時、母が亡くなると、仏門に入った。類い稀な深い知恵を持つ僧に成長していた。けれど、十八歳の時、どこへともなく、姿を消していたのだ。  





Ο Σήνγιο ήταν ο γιος του αυτοκράτορου. Όταν ήταν επτά ετών, έχασε την μητέρα και μπήκε στο μοναοτήρι. Αυτός έγινε ο καλόγερος με την άφθαστη και βαθιά φρόνηση. Αλλά, όταν έφτασε δεκαοκτώ ετών, εξαφνίστηκε και κανένας δεν ήξερε που αυτός βρέθηκε.   


posted by kyotakaba at 08:32| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 6

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 


「實」の文字を、「眞」の文字に訂正。  



と語って、悲しんだ。その人は青蓮院眞譽だと、私は思う。   



και πένθησε.
Λοιπόν, υποθέτω ότι ήταν Σήνγιο που ανήκα στο μοναστήρι του Σειρέν.
posted by kyotakaba at 08:51| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 


心からくらはし山の 世をわたり 問はんともせず 法の道をば 

この歌を訳そうと思うのですが、歌の意味もよく分からないので、次の様に作り替えて訳します: 

願いを持って、人の世界と野生の世界の境の橋を渡り、暗い森の中に住み着いた、
山奥で暮らしているけれど、自然の法を追求することはない。 





Κρατώντας την ελπίδα,
διέσχισα την γέφυρα που
χωρίζει τον κόσμο της ανθρωπότητας
από τον κόσμο της αγριότητας,
και εγκατέστησα στην σκοτεινή καρδιά του δάσος,
ύστερα ζούσα στο βάσπ βουνού, αλλά
δεν μελετώ το νόμος του φύσης.   


日本語をそのまま現代ギリシャ語読みにしたもの: 
Κοκολο-καρα / Κουραχασυ・γιαμα-νο / Γιο-ωο ωαταλι / Τοωανν・τομο-σεζου / Χου-νο-μητσι-ωο・βα.
posted by kyotakaba at 09:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





そうして、山の中に入り、森の奥深くに座って、そこから動かなくなった。一年が経って、様子を見に行くと、僧の姿はなく、一枚の板に歌が書かれていた。 





Τότε, αυτός βάδισε μέσα στα βουνά, και κάθισε στην καρδιά του δάσους, και κατέληξε να ήταν ακίνητος. Ένας χρόνος πέρασε. Έτσι, πήγαμε να είδαμε την κατάσταση. Αλλά δεν υπήρχε η εμφάνηση του, και ένας στίχος έχε καταγροφτεί στον πίνακα.


posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





いつも物思いに沈んでいた。時々、念仏を唱え、屢々、泣いていた。猟をする者、漁をする者を見ると、ひどく苦しんで、「きっと、念仏する様に」と言っていた。  


Συνήθως συλλογιζόταν. Και κάπου-κάπου έψαλλε την προσευχή για τον Βουδά. Αρκετές φορές έκλαιγε. Όταν είδε τους κυνηγούς και τους ψαράδες, αγωνιούσε τρελά, και τους ψυνβούλεθσε να προσευχηθούν.   


posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





それほど前でないのだが、どこから来たとも知れない僧が住着いた。卑しいものではない様だったが、とても窶れていた。髪も髭も茫茫だった。ほとんど食べなかった。   





Πριν από όχι πολύ καιρό, ένας καλόγερος εγκατέστησε. Δεν μπορούσαμε να ξέρουμε ότι αυτός ήρθε από πού. Δεν φαινόταν ταπεινός, αλλά ήταν τόσο κάτισχνος. Και τα μαλλιά του και τα γένια του ήταν αχτένιστα. Έτρωγε πολύ λίγο.
posted by kyotakaba at 08:57| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、筑前の国に行った。そこの人が、「・・・」と語って、  


Πριν από πολύ χρόνια, πήγα στη χώρα του Τσίκουζεν. Ένα πρόσωπο που έμενε εκεί διηγήθηκε, ≪ ≫
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

『撰集抄』の一和僧都 4-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





すると、神が現れて言った。「思いは何で包んでも隠せない。お前は恨みを抱いて寺を出た。それは果まで行っても晴れはしない。本寺に戻って精進するんだ。」 
 千鳥の落とす涙の様な滴が一和を洗った。  





Τότε ο θεός εμφανίστηκε και είπε. ≪ Κανείς δεν μπορεί να κρύψει την προσδοκία του, την τυλίγοντας με κανένα. Εσύ έφυγες από τον ναόυ νιώθοντας την μνησικακία μέσα στην καρδιά σου. Και αν φτάνεις στην άκρη του κόσμου, η καρδιά σου θα δεν καθαρίσει. Επίστρεψε στο ναό σου, και αφιερώσου ≫.  
  Το βροχοπούλι έριξε μια σταγόνα. Αυτή ήταν σαν το δάκρο. Και η σταγόνα έλυνε αυτόν.  


おわり τέλος
posted by kyotakaba at 15:16| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

『撰集抄』の一和僧都 4-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 一和は、浜千鳥の後を追って、尾張の鳴海潟と言う所に着いた。そこにあった社で祈りを上げた。 



  Ο Ύτσιβα καταδίωξε ένα βροχοπούλι. Έτσι έφτασε το Ναρουμεί της πολιτείας Όβαρης. Το Ναρουμεί ήταν λασπότοπος. " Ναρου-μεί " σημαίνει " η θάλασσα που ηχεί ". Όπου υπήρε ένας ναός. Ο Ύτσιβα προσευχήθηκε εκεί.
posted by kyotakaba at 15:32| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

『撰集抄』の一和僧都 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 これも運命だと納得しようとしたのだけれど、一和は、やはり、心残りがあった。それで、持経だけを持って、都を出て行った。     






  Ο Ύτσιβα προσπαθούσε να θεωρήσει ότι το θέλησε η τύχη, και να συγκατανεύσει. Αλλά αυτός λυπόταν ακόμα. Και έφυγε από την πολή κρατώντας ένα μικρό κανόνα του.
posted by kyotakaba at 16:08| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

『撰集抄』の一和僧都 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 ところが、一和には驚くことが起こった。当時、奈良の都には、全国から秀才が集まる学校があった。その主任講師が新しく選ばれた。一和は自分が選ばれると思っていたのだけれど、選ばれたのは別の人だったのだ。 





  Αλλά, ο Ύτσιβα έτυχε την έκπληξη. Εκείνο τον καιρό, στο Νάρα, που ήταν μητρόπολη, βρισκόταν ενα σχολείο που οι ικανοί καλόγεροι συγκεντρωνόνταν από την ολόκληρη χώρα. Και το σχολείο ανανέωσε τον κύριο λέκτορα. Ένω Ύτσιβα είχε αναμείνει ότι θα διαλεχτεί ο ίδιος, στην πραγματικότητα, ο άλλος διαλέχτηκε.
posted by kyotakaba at 15:22| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

『撰集抄』の一和僧都 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、奈良に一和と言う人がいた。一途に仏教を学んだ人だった。研鑽の末、僧都の位まで進んだ。彼の博学な知識と深遠な智慧には、寺の僧侶たちだけでなく、世間の人々も賞讃を与えていた。  





  Τον παλιό καιρο στο Νάρα στεκόταν ενάς καλόγερος. Τον έλεγαν Ύτσιβα. Ο Ύτσιβα αφοσιωνόταν την μελέτη του. Εκέινος μάθαινε τον Βουδισμό. Με΄τα την εμβριθής μελέτη, ο Ύτσιβα προάχθηκε στην θέση του δεσπότη. Γιά την πολυμάθεια και βαθιά σοφία του, όχι μόνο οι καλόγεροι, αλλά και οι άνθρωποι του κόσμου του έδιναν τον θαυμασμό.
posted by kyotakaba at 18:18| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

『撰集抄』の行賀僧都 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 何年か後、行賀はある荒れ果てた寺を訪れた。そこには、観音像があった。それを拝むと、行賀の左耳は元通りになった。像の背中には、新しく修繕された跡があった。 





  Αφού πέρασε μερικά χρόνια, ο Γιόγα επισκέφτηκε στον έρημο ναό. Στον αυτό ναό στάθηκε ένα άγαλμα του Κάννον. Ο επίσκοπος προσευχήθηκε προς το άγαλμα, έτσι το αριστερό αυτί του αποκατέστησε. Στη πλάτη του άγαλματος βρήκε ένα σημάδι που φάνηκε επιδιορθωθέν τελευταία.  




おわり  
posted by kyotakaba at 14:56| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

『撰集抄』の行賀僧都 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 泣きながら僧都に語った。「叶うとは思わないけれど、それでも、お助け下さるかとの一縷の望みを持って来ました。背中に悪い瘡が出来ているのです。それで、もう死んでしまいそうなのです。高名な医師は、もし徳の高い僧の左の耳を取って来たら治るだろう、と言うのです。」 





  Κλαίγοντας, ο ιερεύς διγήθηκε στον επίσκοπο. ≪ Δεν αναμένω το κατόρθωμα, αλλά έχω έρθει με τη χιμαιρική ελπίδα. Μήπως μπορείς να με σώσεις. Στη πλάτη μου ένας όγκος συνέβηκε. Έτσι φαίνεται ότι πεθαίνω τώρα. Ο διάσμος γιατρός συμβούλεψε να καταλάβω το αριστερό αυτί του ενάρετο ιερέως. Και είπε ότι άν το έφερα, θα συνέλθω≫.
posted by kyotakaba at 14:57| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

『撰集抄』の行賀僧都 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??   





 昔、奈良に行賀僧都と言う人がいた。人々に、世界に現れている仏の法を示していた。
 ある夕方、一人の男が人目を忍んで行賀を訪ねて来た。四十歳ばかりに見える、見窄らしい身なりの法師だった。  





  Τον παλιό καίρο, στο Νάρα, βρισκόταν ένας επίσκοπος που έλεγαν Γιόγα. Αυτός έδειχνε στο λαό το νόμο του Βούδα που εμφανιζόταν στον Κόσμο. 
  Ένα βράδυ, ένας άνθρωπος τον ζήτησε κρυφά. Ήταν ο ιερεύς με τη φτωχική όψη και φαινόταν σαραντάρης.
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする