2019年09月18日

79. Έπειτα από χρόνια 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十九章「何年か経って」3





  Τον δάσκαλο αυτό τον έλεγαν Λάμπρο.
  Όσο για τον Γκέκα, δεν ξέρουμε τι απόγινε. Σπάνια μαθαίνουν οι άνθρωποι την ιστορία των σκύλων.





 その教師は、ラブロスと言ったのです。 
 犬のゲカスについては、どうなったのか、私たちは知らないのです。人間は、犬たちの話しについては、知ることが稀なのです。   


 



『高い山々』、全巻の終わり。 

posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

79. Έπειτα από χρόνια 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十九章「何年か経って」2





  Από εκεί τους έδειχνε τους γύρω τόπους, τη γη, τον ουρανό, τα πλάσματα όλα. Τους πήγαινε κοντά στις αγελάδες, στα πρόβατα, στα γίδια, στις κότες, για να μάθουν πώς ζουν. Τους μάθαινε τη ζωή των δέντρων, των πουλιών και των εντόμων. Όταν ήταν καθαρή αστροφεγγιά, τους έδειχνε από ένα ύψωμα και τους ονόμαζε τα άστρα. Τους μάθαινε να γράφουν όσα έβλεπαν στον κόσμο κι όσα είχαν στον νου και στην ψυχή τους.





 そこから、その教師は、周囲の様々な場所のことを子供たちに説明したのです。大地のこと、空のこと、全ての生き物のことを説明したのです。乳牛、羊、山羊、鶏のそばに子供たちを連れて行ったのです。そうして、それらの動物がどの様に生活しているかを子供たちは学んだのです。また、樹々や鳥たち、昆虫たちの生活も子供たちに教えたのです。よく晴れた星空の時には、ある高台から星々を子供たちに指差して見せて、その星々の名前を挙げていったのです。その教師は、子供たちに、この世界で自分たちが見たものを全て、頭の中に、心の中にあるものを全て、文字に書くことを教えたのです。   




posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

79. Έπειτα από χρόνια 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十九章「何年か経って」1





Έπειτα από χρόνια



  Όσοι από τους παλιούς θυμούνται αυτή την ιστορία, μας είπαν πως εκεί στη χώρα φάνηκε έπειτα από χρόνια ένας δάσκαλος που άφησε όνομα.
  Έπαιρνε τα παιδιά και τα δίδασκε κάτω από τα δέντρα. Όταν δεν είχε βαρυχειωνιά, είχαν για σχολείο πότε ένα πεύκο και πότε έναν πλάτανο. Έπαιρναν τα βιβλία τους και διάβαζαν μαζί του επάνω στους λόφους, στον ήλιο και στον αέρα.




何年か経って

 この話しを覚えている先輩たちの誰もが、私たちに、何年も後と思われるけれど、大きな地方都市に名前を残した一人の教師がいる、と教えてくれます。 
 その教師は、生徒を連れて出て、樹の下で教えていたのです。厳しい冬でなければ、ある時は、松の樹の下、ある時は、プラタナスの樹の下が学校になったのです。子供たちは本を手にとって、丘の麓で、陽に当たって、風に当たって、その教師と一緒に、本を読んだのです。   


posted by kyotakaba at 11:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

78. Ο γυρισμός 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」4





  Οι μικροί ταξιδιώτες που κατεβαίνουν από το Χλωρό δεν είναι ίδιοι που είχαν ανεβεί εδώ κι ενάμισι μήνα. Αυτοί εδώ έχουν ωραίο χρώμα στο πρόσωπο και είναι πολύ πιο δυνατοί από εκείνους. Είδαν τη μεγάλη πλάση, που εκείνοι δεν την ήξεραν και μέσα σ’ αυτή έζησαν μοναχοί τους μέρες και νύχτες. Είδαν το βουνό, βράχηκαν στα ποτάμια που βροντούν, πάτησαν τους στοιχειωμένους βράχους κι έμαθαν να κινδυνεύουν ο ένας για τον άλλο.
  Ο Φάνης που είχε έρθει τότε ήταν λυπημένος και λιγόψυχος. Ο Φάνης που γύριζε τώρα έχει γερή και άφοβη ψυχή.
  Ο Αντρέας στο σχολείο ήταν ένα παιδί. Στο βουνό νίκησε τις δυσκολίες και κυβέρνησε τους άλλους.





 ハロロから降っているこの幼い旅行者たちは、一月半前にここへ登ってきた時の彼らとは、同じではないのです。彼らは、ここで、いい顔色になっているのです。登ってきた時の彼らよりもずっと逞しいのです。子供たちは、ここで、偉大な神の創造物を見たのです。それはそれまで知らなかったものなのです。そして、その創造物の中で、子供たちは、日々も夜々も、自分たちだけで過ごしたのです。山を見ました。川でびしょ濡れになりました。その川は轟々と轟いていたのですよ。幽霊の出そうな岩の上を踏んで歩いたのです。そこで、ひとりが他の子のために、危険を冒してもやってみることを学んだのです。 
 ここに来た時のファニスは、悲しそうにしていましたし、臆病でした。今帰って行くファニスは、逞しくて怖じ気ない精神を持っているのです。 
 学校にいた時のアンドレアスは、一人の子供でした。山の中で、困難に打ち勝って、他の子供たちの指揮を執ったのです。   


第七十八章「帰還」、おわり。   




訂正: 
そこで、ひとりひとりそれぞれが、危険を冒してもやってみることを学んだのです。 

そこで、ひとりが他の子のために、危険を冒してもやってみることを学んだのです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

78. Ο γυρισμός 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」3





  ≪ Έτοιμοι, παιδιά; ≫ φωνάζει ι κυρ-Στέφανος.
  ≪ Έτοιμοι ≫.
  ≪ Έχε γεια και πάλι, Μπαρμπαθανάση! ≫
  Ο Γεροθανάσης σηκώνει το χέρι του, κάνει τρεις μεγάλους σταυρούς και λέει: ≪ Να πάτε στο καλό, να πάτε στην ευχή του Θεού και των Αγίων Αποστόλων ≫. Έπειτα σκύβει στον Λάμπρο, ≪ Λάμπρο, έχε την ευχή μου κι άκου τι θα σου πω. Να γίνεις καλός άνθροπος. Να ‘χεις τιμή και να κρατάς τον λόγο σου ≫.
  Ο Λάμπρος φίλησε το χέρι του παππού και ξεκίνησε με τ’ άλλα παιδιά βιαστικός, για να μη χάσει καιρό. Ο παπούς γύρισε και κοίταξε αλλού. Το μάτι του αυτή τη στιγμή δεν ξέρουμε αν έμεινε στεγνό.





 「用意は出来ているかい、みんな」と、ステファノスさんが大きな声で言います。 
 「用意出来てます。」 
 「お元気で、また会いましょう、サナシスおじさん!」 
 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ]は、片手をあげました。大きな十字架を三つ作りました。そしてこう言いました。「元気で行きなさい、神と聖使徒の祝福の下に行きないさい」。それから、ラブラスの方へ向き直りました。「ラブロス、おめでとう、それで、私の言うことをちゃんと聞きなさい。善良な男になるんだよ。堂々としてなさい、それから約束は守りなさい。」 
 ラブロスは、おじいさんの手にキスをしました。それから、他の子供たちと一緒に、時間を無駄にしない様にあわただしく出発したのです。おじいさんは、体を回して、他所の方を見つめたのです。ですから、その時、おじいさんの目が濡れてなかったかどうかは、私たちには分からなかったのです。   


posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

78. Ο γυρισμός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」2





  Σήμερα το πρωί τα παιδιά φόρτωσαν. Όταν είδαν τις καλύβες άδειες ένιωσαν κάποια λύπη. Έρχονταν στην πόρτα, τις κοίταζαν και συλλογίζονταν πως εκεί μέσα έζησαν πολύν καιρό. Έφτασε η ώρα που θα χωριστούν από τις φτωχικές τους κατοικίες. Τους κοίταζαν θαρρείς κι εκείνες σαν άνθρωποι. Να ‘τους τώρα με τα ραβδιά τους, με τα παγούρια τους, μετα σακούλια τους, όπως είχαν έρθει.





 今日の朝、子供たちは荷物を積み込んだのです。小屋が空なのを見ると、子供たちはなんだか悲しく感じたのです。戸口まで来ると、小屋をじっと見つめて、その中でどれほど長く暮らしたのだったかを考えてしまいました。時間が来ました、もう、彼らの粗末な家と別れなければならないのです。皆さんは、子供たちが家を人間の様に見ている、と思うでしょう。ほら、今の彼らを見てご覧なさい、杖を持って、水筒を持って、小袋を背負って、ちょうど来た時の様ですよ。   




posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

78. Ο γυρισμός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十八章「帰還」1





Ο γυρισμός




  Ήρθε η ώρα του γυρισμού.
  Στρογγυλά σύννεφα στέκουν επάνω από τα βουνά. Από τη γη ανεβαίνει φθινοπωρινή ευωδιά. Σε λίγο θα έρθουν οι βροχές.
  Από χτες ετοιμάζονται. Φτιάχνουν δέματα, ράβουν με τις σακοράφες τα πράγματα μέσα σε μεγάλους σάκους, συγυρίζονται. Οι αγωγιάτες με τα μουλάρια ήρθαν από χτες το βράδυ και περιμένουν.





 帰還



 帰る時が来たのです。 
 山々の上に、丸い雲があります。地面からは、秋の匂いが上がって来ていますよ。もうすぐに、雨の季節がやって来るでしょう。 
 子供たちは、昨日から準備をしています。荷造りをしているのです。大きな袋の中にいろんな品物を入れて、大きな縫い針で袋を縫ってきちんとしまうのです。昨日の夜に、荷役人たちがロバと一緒に来ているのです。彼らは待っているのです。    

posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」9





  Και το γαλανό μάτι του φάνηκε σαν να θόλωσε.
Ο Γεροθανάσης συνηθίζει να λέει πως ο άντρας πρέπει ν’ αρπάζει τη λύπη του καθώς το αγριεμένο άλογο. Από το γκέμι. Λοιπόν τώρα δα τινάχτηκε λίγο, από φόβο μην πάρει την ντροπή και δακρύσει.





 おじいさんの青い目の片方が、ぼやけている様に見えました。 
 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ] は、いつも、男は猛り狂った馬の様に悲しみを奪い去らなければならない、と言っています。手綱から。そうして、まさにその時、おじいさんはちょっと飛び起きたのです。それは、泣いてしまって、恥ずかしいことにならないかと心配したからなのです。 


第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」8





  ≪ Μια που το εγγόνι σου παίρνει έτσι τα γράμματα ≫, είπε, ≪ κι έχει όρεξη γι’ αυτά, πρέπει να το αποφασίσεις. Εκεί κάτω θα τον προσέχουμε όλοι τον Λάμπρο. Στείλε τον στο σχολείο, πέντε, δέκα χρόνια, να μάθει να γράφει, να λογαριάζει, να διαβάζει τα βιβλία. Τι θα κερδίσεις μ’ έναν τσοπάνη παραπάνω; ≫
  ≪ Το σωστό είναι σωστό ≫, είπε ο Γεροθανάσης. ≪ Εδώ πάνω θα μείνει βλάχος σαν εμάς. Καλό ήταν να βγάλουν και τα θανασαίικα έναν γραμματικό… Μα το βρίσκεις πάλι σωστό, κυρ-Στέφανε, να μου φύγουν δυο εγγόνια σε μια βδομάδα; ≫





 「あなたの孫は、こうして、読み書きを覚えたのだから、」と、ステファノスさんは話し始めました。「それに、彼は勉強に熱意を持っているのだから、今度はあなたが決める必要があります。下では、みんながラブロスの面倒を見ますよ。あの子を学校に遣りなさい。五年、十年ほど、書くこと、計算すること、本を読むことを学ぶためにです。高地の羊飼いでいて、何が得られるのですか?」 
 「正しいことは正しい。」とサナシスおじいさん{ ゲロサナシス } は言いました。「ここでは、あの子は、私の様な羊飼いのままでしょう。あの子たちがラブロスを連れて村を出て、サナシイカ訛りから抜けさせるのがいいでしょう。けれど、一週間で二人の孫が私の元を去ると言うことをあなたが分かって下さってもいいでしょう。」    

posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」7





  Ο Γεροθανάσης δεν ήθελε να μιλήσει άλλο.
  ≪ Να πάτε τώρα στο καλό, παιδιά ≫, είπε, ≪ θα τα πω με τον κυρ-Στέφανο. Να ‘τος, έρχεται ≫.
  Τα τρία παιδιά έφυγαν. Ο κυρ-Στέφανος που ήρθε, είχε κι αυτός την ίδια ιδέα.





 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ]は、もう話そうとしませんでした。 
 「さあ、友達のところへ行きなさい。私は、ステファノスさんと話すから。ほら、あの人だ、来たよ。」 
 三人の子供たちは立ち去りました。ステファノスさんがやって来ました。彼も、子供たちと同じ考えを持っていたのでした。   





posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」6






  ≪ Τι λέει εδώ; ≫ ρώτησε.
  Ο Δημητράκης πήρε το τετράδιο και του διάβασε αυτά τα λόγια, που ο Λάμπρος τα είχε γράψει μόνος του με γράμματα μεγάλα ίσαμε φασόλια.
  ≪ Την Κυριακή παντρέψαμε την Αφρόδω μας με τραγούδια και βιολιά. Και τη δώσαμε του Γιάννη απ’ το Περιστέρι. Και μας φίλησε κι έφυγε ≫.





 「ここは、何と書いてあるんだい?」とおじいさんは尋ねたのです。 
 ディミトラキスは、帳面を取って、文章をおじいさんに読んであげました。文章は、ラブロスがインゲン豆くらいの大きな文字で一人で書いたものなのです。 
 「日曜日、ぼくたちは、歌とヴァイオリンでぼくらのアフロドゥをお嫁にだした。ぼくらは、アフロトゥをペリステーリのヤニスへ上げた。姉さんは僕たちにキスしてくれた、そして行ってしまった。」   

posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」5





  Ο Γεροθανάσης σήκωσε το κεφάλι, διόρθωσε τ’ άσπρα φρύδια του και πήρε το τετράδιο στα χέρια. Το κοίταξε ανάποδα. Από σεβασμό όμως τα παιδιά έκαναν πως δεν το κατάλαβαν. Ώρα πολλή το κοίταζε. Και θαύμαζε από μέσα του πως έχει εγγόνι που κατόρθωσε να βάλει όλα εκείνα τα γράμματα στη γραμμή.





 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ]は、頭を挙げて、白い眉毛を真っ直ぐにして、帳面を手に取ったのです。帳面を逆さまに見ていますよ。でも、子供たちは、敬意から、それが分からない振りをしたのでした。サナシスさんは、とても長い間、帳面を見つめていました。そうして、罫線に文字を全部きれいに置くことが出来る孫が自分にいることに、心の底から驚いたのです。   





posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」4





  ≪ Κοίταξε, παππούλη ≫, είπε, ≪ πως έμαθε και γράφει. Εικοσιπέντε μέρες έχει που άρχισε την άλφα. Κι όμως, να που έφτασε ≫.
  ≪ Τι είν’ αυτά ≫, είπε ο παππούς. ≪ Γράμματα; ≫
  ≪ Ναι, είναι γράψιμο του Λάμπρου. Αυτά εδώ στο τέλος τα έχει γράψει μοναχός του, με το χέρι του και με τον νου του ≫.





 「おじいさん、どんなふうにラブロスが勉強して書いているかを、見て下さい。」と、ディミトラキスは言いました。「アルファビータを初めて二十五日です。でも、ほら、ここまで来ているのですよ。」 
 「それは何だい? 文字なのかい?」とおじいさんは言ったのです。 
 「ええ、ラブロスが書いたものです。この最後のところは、ラブロスが自分だけで、自分の手と頭で書いた文字なのですよ。」   



posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」3





  Για τον Λάμπρο βέβαια μιλούν. Τα παιδιά θέλουν να τον πάρουν μαζί τους στο σχολείο, να καθίσει χρόνια και να μάθει τα γράμματα καλά. Γιατί να μείνει τσοπάνης; Ήρθαν και παρακάλεσαν τον παππού του να τον αφήσει. Μα ο παππούς αγρίεψε. Τότε ο Δημητράκης ξετύλιξε το τετράδιο του Λάμπρου.





 皆んなは、正に、ラブロスのことについて話しているのでした。子供たちは、ラブロスを自分たちと一緒に学校に連れていきたいと思っているのです。何年も学校に通って、文字をもっとよく学んで欲しいと思っているのです。どうして、羊飼いのままでいるのでしょうか? 子供たちは、ラブロスのおじいさんのところに、彼を行かせてくれる様に頼みに来たのでした。でも、おじいさんはカンカンに怒ったのです。それで、ディミトラキスは、ラブロスの帳面を開きました。   




posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」2






  ≪ Τι λέτε, παιδιά μου; ≫ φωνάζει. ≪ Τι είν’ αυτά που λέτε; ≫
  ≪ Μα είναι καμωμένος για γράμματα, Μπαρμπαθανάση. Αφησέ τον ≫.
  ≪ Να πάρει τα μάτια του δηλαδή και να φύγει από ‘δώ το παιδί; ≫
  ≪ Ναι, να πάει σ’ όλο το δημοτικό ≫.
  ≪ Σ’ όλο το δημοτικό; Μα τι; Σοφό θα τον κάνω; ≫





 「何を言ってるんだい、子どもたち」と大きな声で言います、「君らが言っていることは、何なんだい?」 
 「サナシスおじさん、文字は習得しているんです。あの子を行かせて下さい。」 
 「つまり、この子に、ここに落胆して去っていくままにさせろと?」 
 「ええ。小学校の全過程に通わせるのです。」 
 「小学校の全過程? だが、それは何だ? 私はこの子を学者にするのかい?」  






παίρνω τα μάτια μου (ή τον ομματιών μου) και φεύγω と言う表現は、αποχωρώ απογοητευμένος. 失望して引き退る、と言う意味だけれど。 
ここでは、少し意味が違っている様に思えます。  


posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Γεροθανάσης と Μπαρμπαθανάσης

 これまで、ラブロスのおじいさん Γεροθανάσης をそのまま名前と思っていたのだけれど。ゲロサナシス。77章には、子供達の台詞の中に、Μπαρμπαθανάσης と出てくる。これは、名前は、θανάσης なのだろうと気がついた。 

 Γεροθανάσης は、年寄りサナシス、とか、サナシス爺さん、と言う意味だったのだろう。
 Μπαρμπαθανάσης は、サナシスおじさん、だから。  

posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」1





  Ο Γεροθανάσης περπατάει έξω από την καλύβα του μιλώντας με τον Αντρέα, τον Φάνη και τον Δήμο. Φαίνεται πως έχουν σοβαρή κουβέντα. Ο Γεροθανάσης έχει κατεβάσει τα κάτασπρα χοντρά φρύδια του. Το γαλανό μάτι του φαίνεται αγριεμένο.





 ゲロサナシスさんは、アンドレアスとファニスとディミトラキスとお喋りしながら、小屋から歩いて出てきました。深刻な話しをしている様です。ゲロサナシスさんは、真っ白な太い両方の眉を下げています。青い目は、ピクピクしています。   







posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」9





  Ο Γκέκας δεν ησύχασε ούτε στιγμή. Όλο φυσούσε, όλο έσκυβε και τη μύριζε, σαν να μην πίστευε πως ψόφησε. Έχει ακούσει από τους γέρους σκύλους πως η αλεπού κάνει κάποτε τον ψόφιο κι ύστερα σηκώνεται και γίνεται άφαντη. Αν θέλει και τούτη εδώ ας σηκωθεί. Μα όχι, αυτό δεν θα γίνει. Ο Γκέκας έχει κάνει σωστά τη δουλειά του.
  ≪ Μπράβο, μπράβο Γκέκα! ≫ του φωνάζπυν όλοι και τον χαϊδεύουν.
  Πηδάει μπροστά τους, τους κοιτάζει στα μάτια και είναι περήφανος όσο κανένας άλλος σκύλος.





 ゲカスは、一時も大人しくしていませんでした。ずっと、ハァハァしています、ずっと、身を乗り出していて、狐をクンクン嗅いでいたのです。まるで、狐が死んだとは信じていない様でしたよ。ゲカスは、年寄り犬から、狐は、時々、死んだふりをして、それから、立ち上がってどこかへいなくなってしまう、と聞いていたのです。狐は、今起き上がろうか知らと思っているかもしれません。でも、違います。そんなことは起こらないのです。ゲカスは、自分の仕事をちゃんとしたのです。 
 「すばらしい、すばらしいよ、ゲカス!」と皆んなはゲカスに向かって叫びました。そして、撫でたのです。 
 ゲカスは、皆んなの前で飛び跳ねました。そして、目を見開いて皆んなを見つめました。他のどんな犬よりも胸を張っているのです。  

posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」8





  Έτσι, αφού πάλεψε άδικα, έμεινε ξαπλωμένη και ακίνητη. Τα παιδιά μαζεύτηκαν γύρω της και την κοίταξαν καλά στο φως του φεγγαριού. Κοίταξαν τα μυτερά της αυτιά, το μυτερό της στόμα, τη μεγάλη της ουρά, που ήταν μακριά όσο το μισό της σώμα. Αυτό λοιπόν είναι το αγρίμι που τρώι τους λαγούς, που τρώει τα πουλιά στις φωλιές και τις κότες στα κοτέτσια; Να το τέλος του!
  ≪ Την κακομοίρα ≫, λέει ο Δήμος. ≪ Που να το ‘ξερε πως δεν θα γυρίσει πίσω στη φωλιά της ≫.
  ≪ Ποιος της είπε να μας φάει τόσο μεγάλες κότες; ≫ είπε ο Κωστάκης.





 戦ったけど駄目でした。横たわったままで、動かないのです。子供たちは、狐の周りに集まって、月の光の下で、しっかりと見ました。尖った耳を見ました。尖った口を見ました。長い尻尾も。尻尾は体の半分ほどあるのです。さても、でもこれが、兎を食べる獣なのですか? 巣の中にいる鳥を食べる獣なのですか? それに、鶏小屋にいる鶏を食べる獣なのでしょうか? これが、その獣の最後なのです! 
 「かわいそう、巣に帰れないなんて、思いもしなかったよね。」とディモスは言いました。 
 「誰がこの狐に、ぼくたちのところでこんなに大きな鶏を食べな、と言ったのだろうね?」とコスタキスは言ったのです。  


posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」7





  Ο κυρ-Στέφανος πέρασε το σκοινί από τα πίσω πόδια της αλεπούς και, καθώς την κρατούσε ο σκύλος από τον λαιμό, προσπάθησε να τη δέσει σφιχτά. Μα ο Γκέκας είχε τελειώσει τη δουλειά του. Τόσο σφιχτά την είχε πιάσει από τον λάρυγγα την αλεπού και τόσο βαθιά έμπηξε τα μεγάλα δόντια του, που την έπνιξε.
  Η αλεπού δεν μπόρεσε να ζήσει στο στόμα τέτοιου εχθρού.





 ステファノスさんは、狐の足の後ろから縄を通しました。犬がしっかりと首を抑えていましたよ。その間に、ステファノスさんは、狐をきつく縛ろうとしたのです。でも、外科巣は、もう自分の仕事は終えていたのですね。狐の喉にそれはきつく噛みついていましたから、それに、それは深く自分の大きな牙を食い込ませていたのですから、それで、狐を絞め殺したのです。 
 こんな敵の口では、狐は生きてはいけなかったのです。   





posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする