2017年06月29日

34. Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十四章「森を食い尽す人間」2    





  Άλλοι πάλι ξεφλουδίζουν λίγο τον έλατο γύρω-γύρω για να ξεραθεί. Ύστερα από καιρό πηγαίνουν και τον κόβουν. Πολλοί απ' αυτούς στην άκρη του δάσους καίνε τους θάμνους και τα δέντρα για να κάνουν χωράφια. Κι ύστερα προχωρούν μέσα στο δάσος. Έτσι με τον καιρό γυμνώνουν ράχες ολόκληρες.   





 また、何人かの人たちは、少しだけだけどぐるりと一周、樅の樹の皮を剥ぐのです。枯らせる為です。そうして、時間が経ってから、また行って、それを切るのです。プウルナリ村の多くの人は、森の端で、薮と樹々を燃やすのです。畑を作る為でなのです。そうして、次には、森の真ん中に進んで行くのです。ですから、時間が経つと共に、尾根全体が禿げてしまうのです。 
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

34. Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十四章「森を食い尽す人間」1    




Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος




  Οι Πουρναρίτες, έλεγε ο κυρ-Στέφανος, είναι από το χωριό Πουρνάρι, που βρίσκεται χαμηλά, κάπου δυόμισι ώρες από το Χλωρό.  
  Πολλοί απ' αυτούς το είχαν επάγγελμα να ζουν ρημάζοντας το δάσος. Πάνε μια νύχτα και δίνουν τσεκουριές σ' έναν μεγάλο έλατο, που μπορεί να δώσει πολύ και γερό ξύλο. Γκρεμίζουν τον έλατο και τον κομματιάζουν. Ύστερα φορτώνουν τα κούτσουρα στο μουλάρι και τα πηγαίνουν λίγα-λίγα στο χωριό.   





      森を食い尽す人間  

 ステファノスさんはこう言います。その人々はプウルナリ村の人々なのです。プウルナリ村はハロロから二時間かかる低地にあるのです。 
 プウルナリ村のほとんどの人たちも生きる為に職業を持っているのですが、それは、森を荒らすことになってしまうのです。夜に出かけて、大きな樅の樹に斧を呉れるのです。頑丈な材木をたくさん、彼等にもたらすのです。樅の樹を引き倒して、それを小さく切り分けるのです。それから、ラバに丸太を積むのです。そして、少しずつ、少しずつ、村に運ぶのです。
posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

33. Ένα ξαφνικό επεισόδιο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十三章「出し抜けの一悶着」3   




  Τώρα κατάλαβαν ποιος είναι. Είναι εκείνος που γυρίζει κάτω στην πόλη και πουλάει ρίγανη, κάπαρη, βότανα κι ελατόπισσα. Είτε από την ταραχή τους είτε από το λίγο φως, τα παιδιά δεν είχαν γνωρίσει αμέσως τον καημένο τον Κώστα τον Κορφολόγο.  
  ≪ Τ' είναι, Κώστα, ποιος το 'καμε; ≫ ρώτησε ο Γεροθανάσης.  
  ≪ Να, αυτά τα θηρία, οι Πουρναρίτες. Ήταν και πάλι δυο απ' αυτούς και χτυπούσαν με το τσεκούρι ένα θεόρατο πεύκο. " Γιατί, πατριώτη; " του λέω. " Τι σου φταίει το πεύκο; " " Τα βότανά σου να κοιτάζεις εσύ ", μου απάντησε. " Μα καλά ", του λέω, " καταστρέφετε ένα πράμα του Θεού, που θέλει πενήντα χρόνια να ξαναγίνει. Εσείς οι Πουρναρίτες θα φάτε το δάσος. Δεν λογαριάζετε τουλάχιστον την εξουσία; " " Εξουσία ", απάντησε, " είναι εκείνο που μας αρέσει. Να πας από 'δω και συ κι αυτή ". Λέγοντας αυτά ο ένας με φοβέριζε με το τσεκούρι. Ο άλλος σήκωσε από κάτω ένα ξύλο και με χτύπησε. Όταν ξεζαλίστηκα και κοίταξα γύρω μου, είχαν γίνει και οι δυο άφαντοι. Έτσι μου 'μελλε να πάθω ≫.  
  ≪ Τα θηρία ≫, φώναξε ο Γεροθανάσης. ≪ Ως τώρα χτυπούσαν το κλαρί, τώρα θα μας φάνε και τους ανθρώπους ≫.






 もう、子供たちは、この人が誰なのか分かったのです。街を回って、オレガノ、カッパー、ハーブ、樅の樹の樹脂を売っている人なのです。子供たちは、動揺していることもあり、光りが少ないこともあり、怪我人が直ぐに誰だか分からなかったのですけれど、コースタス・コルフォロゴスさんだったのです。 
 「どうしたんだ、コースタス、誰がこんなことをしたんだ?」 
 「獣だよ、プウルナリの奴らだ。また、奴らのうちの二人が居たんだ。斧で大きな松を打っていたんだ。僕は一人に言ったんだ「同朋のあんた、どうしてそんなことをしてるんだ? 松が何か悪いのか?」。そいつは僕に答えたよ「あんたは、ハーブを探してな」。僕は言ったよ「それはどうも。あんたたちは神が創られたものを壊すのかい。そこまで成るのに五十年はかかるんだよ。あんたたち、プウルなりの人たちは、森を食い潰してしまうよ。少なくても権利と言うものも考えないのかい?」 奴はこう答えたんだ「権利、権利は俺たちを気に入ってるよ。お前は何処かへ行けよ。」 そう言うと、一人が、斧で僕を脅したんだ。もう一人が、下から材木を取り上げて、それで僕を殴ったんだ。気を取り戻すと、自分の周りを見たよ。二人は居なかった。奴は僕を酷い目に会わすつもりだったんだ。 」 
  「獣だ。」とゲロサナシスさんは叫びました。「今までは、樹の枝を打っていた。とうとう、私たちを、人間を苛んだ。」
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

33. Ένα ξαφνικό επεισόδιο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十三章「出し抜けの一悶着」2   





  ≪ Εγώ ≫, είπε εκείνος αδύναμα. ≪ Βάλ' τε μου κανένα πανί ≫. Κι έγειρε κι ακούμπησε στο δέντρο.  
  ≪ Όχι εδώ ≫, είπε ο Γεροθανάσης, ≪ στην καλύβα πάμε ≫. Και ζήτησε γρήγορα νερό και πανί.  
  Τα παιδιά είχαν δειλιάσει και πολλά χλόμιασαν. Δεν είχαν δει άλλη φορά πληγωμένον. Όλη τους η σημερινή χαρά χάθηκε ξαφνικά.  
  Ο Αντρέας όμως δεν έχασε καιρό. Σε τέτοιες στιγμές ενεργούν αμέσως. Άρπαξε το φανάρι κι έφεξε στον Γεροθανάση και στον πληγωμένο για να μπουν στην καλύβα. Παράγγειλε στους άλλους να τρέξουν στη βρύση για νερό. Έπειτα πήρε δεύτερο φανάρι αναμμένο, έτρεξε στην καλύβα με τα τρόφιμα, έσκισε ένα δέμα κι έβγαλε από 'κει μέσα μερικά πράγματα. Ήταν επίδεσμοι, μπαμπάκι και αντισηπτικό, τα πρώτα που πρέπει να έχουν όσοι πάνε να ζήσουν στην ερημιά. Με αυτά γύρισε στην καλύβα του αρρώστου.  
  Ο Αντρέας κι ο Δημητράκης είχαν μάθει να δένουν επιδέσμος. Ο Γεροθανάσης το ήξερε πρακτικά, μόνο αντισηπτικό δεν καταλάβαινε τι θα πει. Οι τρεις τους, βοηθώντας ο ένας τον άλλο, έδεσαν καλά το κεφάλι του χτυπημένου. Ο Γεροθανάσης του έδωσε λιγό νερό να πιει και τον πλάγιασε στο στρώμα.       



τε = και



 その人は、「私だ。何か布を当ててくれ。」と弱々しく言いました。そして、屈み込んで樹に凭れ掛かったのです。 
 ゲロサナシスさんは言いました。「そこではない。小屋に行こう。」 直ぐに、水と布を探したのです。 
 子供たちは、怖じ気づきました。ひどく蒼褪めたのです。こんな怪我を見たことがなかったのです。きょうの楽しかったことは、瞬く間に、無くなってしまいました。 
 けれども、アンドレアスは、時間を無駄にしませんでしたよ。そんな瞬間でも、直ぐに、時間は経つものなのですから。ランプを引っ掴むと、小屋に入れる様に、ゲロサナシスさんと怪我人を照らしました。他の子供たちに、水を取りに泉へ急ぐ様に命令しました。それから、灯の点いた二つ目のランプを手に取って、食料の小屋に走って行ったのです。包みの一つを裂きました。その中から、幾つかの物を取り出したのです。包帯と綿と化膿止めでした。それらは、人里離れたところに住み人なら誰でも、まず持つべき物なのです。それらを持って、病人の小屋に戻りました。 
 アンドレアスとディミトラキスは、包帯の結び方を学んでいました。ゲロサナシスさんは、化膿止めを何と言うのかは分からなかったのですけれど、実際の使い方は知っていたのです。三人は、お互いに助け合いました。そして、傷付いた頭に、上手に包帯を結んだのです。ゲロサナシスさんは、男の人に、少しの水を与えて飲ませました。そして、マットレスにその人を寝かせたのです。
posted by kyotakaba at 17:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

33. Ένα ξαφνικό επεισόδιο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十三章「出し抜けの一悶着」1  





Ένα ξαφνικό επεισόδιο




  Ο Γεροθανάσης φεύγοντας από τα παιδιά πήγε στους λατόμους. Το βράδυ, όταν γύριζε από 'κει πέρασε πάλι από τις καλύβες των παιδιών. Στάθηκε, άναψε την ίσκα του, το τσιγάρο του, και μάλωσε τον σκύλο που τον άφησε κι έφυγε. Αυτό στ' αστεία. Γιατί είπε στα παιδιά πως τους χάριζε τον Γκέκα. Ένας σκύλος, λέει πάντα τους χρειάζεται.
  Κατά τις εννιά το βράδυ ακούστηκαν βήματα ενός ανθρώπου. Ο άνθρωπος πλησίασε και καλησπέρισε. Μα φαινόταν ανήμπορος. Όταν ήρθε στο φως, τον είδαν ματωμένο. Αίματα είχαν τρέξει από το κεφάλι του στο ανοιχτό του στήθος, στο ρούχο του, κι έτρεχαν ακόμα.
  Ο Γεροθανάσης τινάχτηκε επάνω. ≪ Εσύ 'σαι, Κώστα; ≫ φώναξε.      





      出し抜けの一悶着   

 ゲロサナシスさんは、子供たちの所から立ち去って、石切り場へ行ったのです。夕方、石切り場から戻る時、ゲロサナシスさんは、もう一度、子供たちの小屋の前を通ったのです。ゲロサナシスは立ち止まって、イスカに火を点けたのです。[ 茸の一種。乾燥させて火を点けて、燈火に使う。 ] それから、煙草に火を点けました。それから、自分を置いて行った犬を叱ったのです。それは、冗談だったのです。だって、ゲロサナシスさんは、ゲガスを子供たちにあげるって、言っていたのですから。犬が、子供たちには、いつでも役に立つだろう、と言うのです。 
 宵の九時頃、子供たちは、一人の人間の足音を聞いたのです。その人間は近づいて、こんばんわ、と言ったのです。でも、具合が悪そうなのです。その人が明りの下に出ると、子供たちは、その人が血だらけなのに気がついたのです。血は、その人の頭から、開けた胸へ流れていました。まだ、流れ続けていました。 
 ゲロサナシスさんは、飛び上がったのです。「お前、コースタスか?」と叫びました。 
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」3  





  Αφού πήδησε κάμποσες φορές χωρίς να τον κυνηγήσουν, ξαναγύρισε και κουνιόταν πότε στο ένα, πότε στο άλλο παιδί. Ήταν σαν να 'λεγε : ≪ Δεν θα μου μάθετε κανένα παιχνίδι; ≫  
  Στο τέλος άρπαξε την πετσέτα του Φουντούλη στα δόντια του και την έφερνε με μανία βόλτες στον αέρα. Τότε όλα τα παιδιά με γέλια και φωνές τον κυνήγησαν γύρω στις καλύβες. Τρέχοντας γλιστρούσε, έπεφτε, γαύγιζε, φυσούσε και σιγομούγκριζε, σαν να έγινε κάτι σπουδαίο. Μα κι αλήθεια, κάτι σοβαρό γινόταν. Κατόρθωσε ο Γκέκας να τον κυνηγήσουν. Αυτό ήθελε. Πού να γυρίσει τώρα στον Γεριθανάση!  
  Τα παιδιά πάνε με τα παιδιά.     





 ゲガスは、どれだけ跳ねても、子供たちが後を追って来ないものだから、戻って来ました。そして、ある子に尻尾を振っては、また、別の子のところに行って、尻尾を振ったのです。それはまるで、こう言っている様でしたよ。「ねえ、ぼくに、なにかあそびをおしえてよ。」 
 最後には、ゲガスは、フォンドリスのタオルに噛み付いてひったくったのです。そして、夢中になって、タオルを空中で振り回したのです。そうすると、子供たちも、笑いながら、叫びながら、小屋のを回って、ゲガスを追い掛けたのです。ゲガスは、走っては滑り、転んで、吠え、ハァハァ言って、小声で唸るのです。まるで、偉くなったみたいにです。でも、実際、ゲガスは真面目だったのです。ゲガスは、子供たちに自分を追わせると言う目的を達成したのです。そうしたかったのです。そして、やっと、ゲロサナシスさんのところへ帰りました。 
 子供たちには、子供たちが合っているのです。     





第三十ニ章「対狐の義勇警察官」、おわり   

posted by kyotakaba at 15:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」2 





  Ο Γκέκας γεννήθηκε κι αυτός τσοπανόσκυλο. Έχει αυτιά όρθια και μυτερά, και το μαλλί μεγάλο και δασύ. Είναι άσπρος μ' ένα σταχτί μπάλωμα στη ράχη, στα πόδια και στο πρόσωπο. Φαίνεται ενός χρόνου σκύλος και είναι κουτάβι.  
  Α, μα δεν υποφέρεται η ζωή στα βλάχικα. Σαν πολύ βαρύς είναι ο Γεροθανάσης. Προχτές που του δάγκωσε λιγάκι ο Γκέκας τη φουστανέλα, έφαγε μια με την αγκλίτσα. Δεν παίζει ο γέρος. Μα ούτε και τα μικρά παιδιά παίζουν. Πάνε με το κοπάδι. Ο Λάμπρος, που ήταν μικρός, βόσκει διακόσια γίδια. Δεν έφτανε αυτό, διαβάζει τώρα και μια φυλλάδα. Να παίξει με τα πρόβατα : Αυτά δεν παίζουν, μόνο βόσκουν. Λοιπόν σηκώθηκε ο Γκέκας κι ήρθε στα παιδιά. Και να τον διώξουν, δεν φεύγει από 'δώ.    





 ゲカスは牧羊犬として産まれたのです。直立して尖った耳を持ってます。毛は長くて詰んでいます。白色で、背中と足と顔に灰色のぽっちがあるのです。一歳になったばかりの様に見えます。子犬なのです。 
 でも、山岳での生活は辛くないのです。ゲロサナシスさんは、とっても厳格ですから。一昨日、ゲカスは、ほんのちょっと、フスタネーラを齧ったのです。すると、杖でぶたれました。老人は遊ばないのです。でも、小さな子供のラブロスも遊ばないのです。山羊の群れと一緒に行ってしまいますから。ラブロスは、幼いです。でも、二百頭の山羊を放牧させているのです。それに、ラブロスは来ていません。今は、冊子を読んでいるのです。では、羊たちと遊びましょうか? 羊たちは遊ばないのです。ただ、草をもしゃもしゃ食べるだけなのです。そうして、ゲカスは立ち上がったのです、そして、子供たちの所へ来たのです。子供たちは、ゲカスを追い返したけれど、ゲカスは、ここから帰らないのです。
posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」 




Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού




  Φεύγοντας ο Γεροθανάσης άφησε κι άλλο δώρο : τον μικρό του σκύλο, τον Γκέκα.  
  Ο Γκέκας είχε έρθει μαζί του, μα τώρα δεν έφευγε. Ήθελε να μείνει με τα παιδιά. Ακολούθησε τον Γεροθανάση ως τα δέντρα, έπειτα ξαναγύρισε. Ο Γεροθανάσης του φώναξε, πάλι ο Γκέκας πήγε ως εκεί, μα πάλι ξαναγύρισε. Αφού γύρισε δυο-τρεις καλύβες και τις μύρισε καλά, στάθηκε μπροστά στον Δημητράκη και στον Κωστάκη, και τους κοίταξε κουνώντας την ουρά, σαν να τους έλεγε : ≪ Παίζουμε; ≫ Πριν του απαντήσουν, άρχισε αυτός τα πηδήματα. Έτρεχε χωρίς να τον κυνηγάει κανείς. Δηλαδή : ≪ Αν δεν παίζετε εσείς, παίζω εγώ ≫.  
  Τα παιδιά έβαλαν τα γέλια. Να ένας εθελοντής !





        対狐の義勇警察官   

 ゲロサナシスさんは、もう一つの贈り物を置いて、帰って行ったのです。小さい犬だったのです。ゲカスです。 
 ゲガスはゲロサナシスさんと一緒に来たのです。でも、帰らなかったのです。子供たちと残りたがったのです。木立まで、ゲロサナシスさんに付いて行きました。それから、ぐるっと戻って来たのです。ゲロサナシスさんは、ゲガスを呼びました。ゲガスはそこまで行きました。でも、また、戻って来たのです。二、三棟の小屋を回って、それをよく嗅いだのです。それから、ディミトラキスとコスタキスの前で止まりました。そして、二人を見詰めると、尻尾を振ったのです。まるで、ふたりにこう言っている様でしたよ。「あそびましょ、」 ふたりがゲガスに答える前に、ぴょんぴょんし始めました。誰も追っかけないのに、走り出したのです。こうです。「ふたりがあそばないなら、ぼくあそぶから。」 
 子供たちは、笑い出しました。そう、有志なのです。 
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

Ο Γεροθανάσης 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





  Μ' αυτή την υπογραφή πουλάει, αγοράζει, ξέρει που βρίσκεται η περιουσία του.  
  ≪ Ξέρω κι εγώ ≫, λέει, ≪ δεκάξι γράμματα ≫.  
  Και λέει αλήθεια. Τα μέτρησε μια φορά όσα κάνουν την υπογραφή του και τα βρήκε δεκαέξι. Μια ζωή τώρα δεν έγιναν δεκαεφτά.  
  Ό,τι του λείπει σε γράμματα, το έχει ο Γεροθανάσης σε νου. Δεν τον γέλασε κανείς, μα ούτε και γέλασε κανέναν. Λόγο δεύτερο δεν έχει. Έναν και σωστό. Όταν κατεβαίνει στην πολιτεία - γιατί πηγαίνει και στην πολιτεία μια φορά τον χρόνο, τη Λαμπρή - πιάνει όλο τον δρόμο και γυρίζουν και τον κοιτάζουν αυτόν και την αγκλίτσα του. Τότε κουνούν το κεφάλι και λένε : ≪ Τι γάλα να τρώει! Τι γιαούρτια! Τι μυζήθρες! ≫  
  Είναι ογδόντα χρόνων, μα την αγκλίτσα δεν την πάτησε χάμω. Πόσες φορές είδε ν' ανθίζει ο γάβρος κι η οξιά! Πόσοι χειμώνες έριξαν επάνω του τη βροχή και το χαλάζι! Και πάλι ολόισιος είναι.  
  Να 'χουμε τα καλά σου γεράματα, Γεροθανάση!    





 その署名で、彼は、物を売り、物を買うのです。自分の財産が何所にあるのか、分かっているのです。 
 「文字を十六も知っておる、私は。」とゲロサナシスさんは言いました。 
 本当のことを言っているのです。ある時、署名をして、文字を数えたのです。すると、文字は十六あったのです。一生かかって、十七文字にはならなかったのです。 
 ゲロサナシスさんは、文章に無いものは全部、頭の中に入れていたのです。誰も、ゲロサナシスさんを騙しませんでしたし、ゲロサナシスさんは誰も騙さなかったのです。二番目の言葉はなかったのです。一言、「よし」だけなのです。街に降りると、と言うのも、ゲロサナシスさんは一年に一度、復活祭の時に、街に降りていたのですから、通りを独り占めにするのです。皆んながゲロサナシスさんを取り巻いて、彼の羊飼いの曲がった杖をじっと見詰めるのです。そうして、頭をゆっくり振って、言うのです。「すばらしい食用のミルク! すばらしいヨーグルト! すばらしいミジスラ! ( 山羊の乳のチーズ )」 
 ゲロサナシスさんは、八十歳です。でも、杖を地面に押し立てないのです。野生のイラクサやブナが花を着けるのを、一体何回見たことでしょう! 何回の冬が、彼の上に、雨や霰を降らせたでしょう! それでも、背筋がしゃんとしているのです。 
 私たちは、あなたの年齢をお祝いしましょう、ゲロサナシスさん!    





第三十一章「ゲロサナシス」、終り   
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

Ο Γεροθανάσης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





Ο Γεροθανάσης






  Σήμερα ήρθαν δυο τσοπάνηδές κι έφεραν γάλα. Δεν είναι πολύ, γιατί τώρα τα πρόβατα και τα γίδια στέρφεψαν, μα είναι δώρο του Γεροθανάση. Τους έφεραν και μια γαλατόπιτα, καμωμένη από τα χέρια της Αφρόδως. Κι αυτή δώρο του Γεροθανάση.    Τέλος τούς ήρθε κι ο ίδιος ο Γεροθανάσης.  
  Ο Γεροθανάσης φοράει άσπρη φουστανέλα, άσπρες κάλτσες, άσπρο σκούφο. Κι είναι τα γένια του και τα μαλλιά του άσπρα. Είναι χιονισμένος χειμώνα-καλοκαίρι. Κατακάθαρος. Η Ρούμελη θα τον λευκαίνει τον γέρο! Είναι ο πρώτος τσέλιγκας σε κείνα τα βουνά. Από έξι χιλιάδες τα ζωντανά του δεν έπεσαν ποτέ κάτω. Είναι ο παππούς της γενιάς. Έδωσε κόρες κι εγγονές στις γύρω καλύβες. Έχει δοσμένες κι άλλες σε βουνά μακριά, που δεν φαίνονται. Όλες τις προίκισε και το βιος του δεν σώνεται.  
  Γράμματα δεν ξέρει, έμαθε όμως και βάζει την υπογραφή του, σιγά-σιγά και γερά, με μια αγκλίτσα στο τέλος.  





     ゲロサナシス  

 今日は、二人の羊飼いが来ました。ミルクを持って来てくれたのです。あまりたくさんではありません。今は、山羊も羊もいないからです。だから、それは、ゲロサナシスさんの贈り物だったのです。それに、アフロドウのお手製のミルクパイもひとつ、子供たちに持って来たのです。それもゲロサナシスさんの贈り物でした。 
 そうして、その後、ゲロサナシスさん本人が、子供たちの所へやって来ました。 
 ゲロサナシスさんは、白いフスタネーラを履いていました。白いソックスを履いていました。白い帽子を被っていました。顎髭と髪の毛も白いのです。冬も夏も雪に覆われているのです。とても清潔です。ルウメリは、老人を白くするものなのです。ゲロサナシスさんが、この山の最初の牧人なのです。彼の六千頭の家畜の中で、下に落ちたものはありません。彼は一族の祖先です。自分の側の小屋に娘たちと孫たちを住まわせています。遠くの山にも、それは見えもしないのですけれどね、子供がいます。娘たち全員に持参金を持たせました。彼の人生は、もう残っていないのです。 
 ゲロサナシスさんは、文字を知りません。けれども、署名をすることは覚えたのです。杖で、ゆっくりゆっくり、でも、最後までしっかりと書くのです。
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

Στους ίσκιος των πεύκων

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十章「松の樹蔭」 


Στους ίσκιος των πεύκων






  Σήμερα είναι Κυριακή. Κάτι ξεχωριστό έχει τούτο το πρωί. Τα παιδιά είναι ξαπλωμένα στους ίσκιος. Είναι σαν ξεχασμένα κάτω από τα δέντρα. Ξεκουράζονται.  
  Πεύκο, ευλογημένο πεύκο!  
  Από τις χαραμάδες των κλαδιών του βλέπουν τον ουρανό. Τα κλαδιά του σκίζονται σε πολλά κλαδιά μικρότερα, κι αυτά πάλι σε άλλα μικρά-μικρά παρακλάδια, που μοιάζουν με αμέτρητα ψιλά σκοινιά, κομποδεμένα σαν τα δίχτυα. Τα φύλλα του, που είναι σαν βελόνες, γίνονται κρόσια και κει μέσα παίζει ο αέρας κι ο γαλάζιος ουρανός.  
  Σαλεύει το πεύκο κι η άκρη του ίσκιου του σαλεύει μαζί. Φυσάει σαν μακρινή θάλασσα. Να μπορούσαν ν' ακούνε ξαπλωμένοι ώρες πολλές αυτό το νανούρισμα. Μόνο η μάνα τους θα έλεγε τόσο καλό τραγούδι, όταν τα είχε στην κούνια.  
  Δεν είπε η βοσκοπούλα την άλλη φορά πως τα δέντρα έχουν χάδι και χαϊδεύουν; Όλα τα παιδιά νιώθουν αυτό το χάδι.  
  Πεύκο ευλογημένο!






      松の樹蔭  

 今日は日曜日です。何か特別のことがあるのです。子供たちは、樹蔭に寝そべっていますよ。樹の下で、何の用もなさそうにしてます。休んでいるのです。 
 松、幸せな松! 
 子供たちには、枝々の間から、空が見えます。松の枝は、別れて、小さな枝になっています。その小さな枝は、また別れて、もっともっと小さな枝になっているのです。まるで、測れない程細かな綱に似ている枝です。網の様に、結び目で結ばれています。葉は、針の様です。ふさ飾りになっています。その中で、空気、青い空が戦いでいるのです。 
 松が揺れます。すると、影の先も一緒に揺れるのです。遠くの海の様に鳴ります。ほら、子供たちは、寝転がって、何時間も、この子守り歌を聞くことが出来るのですよ。こんなに素敵な歌は、子供たちが揺り籠にいた時に、歌ってくれた歌ぐらいでしょう。 
 前に、山羊飼いの娘は、樹々がやさしい手を持っていて、撫でてくれる、と教えてくれなかったでしょうか? 子供たちは皆んな、やさしく撫でられていると感じているのです。 
 幸せな松!    



第三十章「松の樹蔭」、全。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十九章「村の教師」 





Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα






  Καλά, του έμαθαν ας πούμε την άλφα. Τον έμαθαν να συλλάβίζει. Μα ύστερα; Κι Φάνης κι ο Δήμος νιώθουν πως δεν θα μπορέσουν να διαβάσουν το παιδί παραπέρα. Πρέπει να το πάρει κάποιος καλύτερος απ' αυτούς.  
  Φτάνοντας στις καλύβες διηγήθηκαν τι είχε γίνει.  
  ≪ Να, ένα τόσο δα μικρό είναι ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Και να δείτε πώς τα κοίταζε τα γράμματα, και πώς τα 'παιρνε ≫.  
  Όλα τα παιδιά συγκινήθηκαν μ' αυτή την ιστορία. Θέλουν να έρχεται ο Λάμπρος εκεί, να τον διαβάζει πότε ο ένας πότε άλλος.  
  ≪ Όχι, ένας να τον διαβάζει ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ποιος θα είναι αυτός; Στην στιγμή συλλογίστηκαν ποιος ξέρι τα περισσότερα γράμματα και διάλεξαν τον Δημητράκη. Αυτός θα διαβάσει το βλαχόπουλο.  
  Λοιπόν γίνεται στην κοινότητα και σχολείο.





           村の教師   

 二人が、アルファを言ってラブラスに教えたのは良かったですね。一音、一音、読むことも教えました。でも、それからは? ファニスもディモスも、自分たちは、この子にこれ以上勉強を教えることは出来ない、と思っていたのです。自分たちの中から、もっと良い人を連れて来なければならなかったのです。 
 ファニスとディモスは、小屋に着くと、何が起こったか、話したのです。 
 「ね、とても幼い子なんだよ。その子が文字をじっと見つめている様子を、文字を拾う様子を、見てごらんよ。」と、ファニスは言いました。 
 子供たちは、みんな、その話しにほろりとしました。ラブロスをここに連れて来ようと思ったのです。ここでなら、ある時には、この子、ある時には、他の子が、ラブロスに教えられるのですから。
 アンドレアスがこう言ったのです。「いや、ある一人が、ラブロスに教えよう。」 
 それは誰がいいのか知ら? 直に、子供たちは、誰が一番に文を知っているのかを、じっくり考えたのです。そして、ディミトラキスを選んだのです。彼なら、山羊飼いに教えられるでしょう。 
 こうして、村に学校が出来たのです。  





第二十九章「村の教師」、全。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十八章「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」 





Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα







  Ο Λάμπρος υπάκουσε σαν καλός μαθητής. Μα όταν σήκωσε το κεφάλι του από το χαρτί και κοίταξε γύρω, πήδησε σαν να τον κέντρισαν σφήκες.  
  Τα γίδια είχαν φύγει! Μόλις κατάλαβαν πως ο τσοπάνης είχε τον νου του αλλού, σκόρπισαν στους ψηλούς γκρεμούς. Πολύ λίγα είχαν μείνει κάτω. Τα πιο πολλά προχώρησαν επάνω στον μεγάλο βράχο. Άλλα είχαν χαθεί στις σκισμάδες του, άλλα είχαν σκαρφαλώσει στα κοτρώνια. Πεντ-έξι, τα τρελότερα, τα είδε ο Λάμπρος ανεβασμένα ψηλά στην κορυφή.  
  Στο ηλιοβασίλεμα, καθώς λιγόστευε το φως, φαίνονταν ίσκιοι μαύροι επάνω στον ουρανό, καθώς η μαύρη μελάνη επάνω στο χαρτί. Από κει επάνω ατάραχα κοίταζαν τον Λάμπρο, σαν να του έλεγαν : ≪ Τι καλά που κάνεις να διαβάζεις την άλφα! ≫
  Τότε ο τσοπάνης άρχισε τρελό τρέξιμο, σφύριγμα και πετροβόλημα.




     授業が終わったとき、ラブロスが見たものは   


 ラブロスは、優等生の様に、素直に聞きました。でも、冊子から頭を上げて辺りを見ると、胡蜂に刺された様に、飛び上がったのです。 
 山羊たちは、行ってしまってました! 山羊たちは、山羊飼いが他のことに心を奪われていると分かると直ぐに、高い崖の上で、てんでんに散って行ったのです。ほんの僅かの山羊が、下に残っていました。ほとんどの山羊は、大きな岩の上に、行っていたのです。あるものは、岩の割れ目に隠れていました。あるものは、離れ岩によじ登っていました。五六頭、ひどく夢中になった山羊が、頂上の高みへ登っているのを、ラブロスは見たのです。 
 日没でした。光りが少なくなるに従って、空の高い所は、黒い影の様になります。まるで、冊子の上の黒いインクの様でした。上の方から、山羊たちは、落着いて、ラブロスを眺めていました。まるで、こう言っている様でしたよ。「アルファが読めて、よかったねえ!」 
 そうして、山羊飼いは、猛然と走り始めたのです。口笛を吹きました、石を投げました。   







「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」全。
posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」3  





  
  ≪ Τούτο είναι το μικρό άλφα. Τούτο είναι το βήτα... Τούτο είναι το έψιλον... δδδ ... μμμμμμμ... δε... ο... με... θα... σου ≫.  
  Έτσι έγινε το πρώτο μάθημα. Ο Λάμπρος κοίταζε να τ' αρπάξει όλα τα γράμματα εκείνη την ώρα.  
  Όχι λοιπόν, δεν ήταν αγρίμι. Αν φάνηκε έτσι την πρώτη φορά στην καλύβα, ήταν από τη στενοχώρια του, που είδε παιδιά του σχολείου. Μήνες τώρα έχει τα γράμματα κρυφό καημό. Άκουσε πως πολλοί πιάνουν μια φυλλάδα και τη διαβάζουν από πάνω ως κάτω νερό και πως άλλοι μπορούν και μετρούν ως τα χίλια.  
  Να 'ξερε κι αυτός να μετρήσει τα γίδια του! Λέει στην τύχη πως είναι καμιά διακοσαριά, μα δεν το ξέρει. Να γιατί βλέποντας τα παιδιά πρώτη φορά ντράπηκε. Να 'ξερε να βουτήξει στο μελάνι και να βάλει τ' όνομά του, έτσι σαν τον παππούλι του τον Γεροθανάση.  
  Τι είναι αυτός τι είναι εκείνα; Τούτος δεν ξέρει άλλο από τα γίδια και τον σουγιά του, ενώ εκείνα μπορούν να βάλουν όλα τα γράμματα στη γραμμή, να τα εξηγήσουν και να πούνε και τον Απόστολο. Να τον μάθαιναν και τον Λάμπρο! Να η ώρα. Αν τα μάθει, τα 'μαθε. Τώρα, τούτο το βράδυ.  
  ≪ Φτάνει γι' απόψε, Λάμπρο ≫, του λέει ο Φάνης. ≪ Δεν μαθαίνονται όλα μαζί. Τώρα να διαβάσεις το χαρτί μοναχός σου κι αύριο πάλι θα δούμε τι έμαθες ≫.      





 「これは、小文字のアルファ。これは、ベータ。…、これは、エプシロン…、ディディディ…、ムムムムムム…、デ…、オ…、メ…、サ・スウ。」 
 最初の授業になったのです。ラブロスは、その一時間で、すべての文字を覚えようと見詰めていたのです。 
 それですから、ラブロスは、はにかみ屋ではなかったのです。小屋で最初に会ったときは、学校に通う子供たちを見て、狼狽していたからなのです。この何ヶ月間、文字は、ラブロスの密かな望みになっていたのです。多くの人が小冊子が分かり、水の様に上から下まで読んでいると聞いたのです。それに、他の人たちは、千まで数えられると聞いたのです。 
 ほら、でも、ラブロスは、山羊を数えるのを知ってましたよ! 当てずっぽうで、二百とか何とか言うのです。でも、ラブロスは、それが分かってないのです。最初に、子供たちに会った時は、恥ずかしかったから、そう言ったのです。おじいさんのゲロサナシスの様に、インクを浸す事、名前を書く事を知っていればなあ、と思ったのです。 
 それは何で、あれは何なのでしょう? ラブロスは、山羊と自分のナイフのこと以外は、知らないのです。一方、学校に通うこの子たちは、すべての文字を行の上に置く事が出来るし、説明することが出来るし、『使徒行伝』と言えるのです。二人が、ラブロスに教えてくれたら! それならいいのに。さあ、今ですよ。ラブロスは、学ぶことが出来れば、学んでいたでしょう。今なのです、この夕方なのです。 
 ファニスは、「今晩は、もう十分だよ、ラブロス。ずっと一緒に勉強はできないよ。今度は、君がひとりで文章を読むんだ。それで、明日、僕たちは、君が何を覚えたかを見ようね。」と言いました。 
 






第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」 、終り。 

posted by kyotakaba at 14:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」2  





  ≪ Τώρα κιόλας ≫, είπε ο Λάμπρος.  
  ≪ Τώρα δα; Μα δεν έχουμε βιβλίο ≫.  
  ≪ Έχω 'γώ ≫.  
  Και βάζοντας τα δάχτυλα στο σελάχι του, τράβηξε από μέσα ένα φύλλο χαρτί με τυπωμένα γράμματα μαύρα και κόκκινα.  
  Ήταν ένα φύλλο από τα ιερά βιβλία της εκκλησίας.  
  ≪ Ιλάσθητί μου των αμαρτιών... ≫ διάβασε ο Δήμος. Το φύλλο είχε και σταλάματα κεριών από εσπερινό ή αγρυπνία. Ποιος ξέρει που το είχε βρει ο Λάμπρος και το μάζεψε. Απ' αυτό κοίταζε ο καημένος να μάθει γράμματα, μοναχός του!  
  Τάχα πόσοι παλιοί παππούληδες και προσπάπποι μας δεν έμαθαν να διαβάζουν από τον Απόστολο;  
  ≪ Να το άλφα! ≫ είπε ο Λάμπρος κι έδειξε με το δάχτυλό του στο φύλλο ένα άλφα κεφαλαίο.  
  ≪ Α, μπράβο! Τώρα να μας δείξεις και το βήτα ≫.  
  ≪ Αμ, αν ήξερα το βήτα! ≫ είπε ο Λάμπρος.  
  Τότε του είπαν να καθίσει και να βλέπει τι του δείχνουν στο χαρτί, κι ό,τι λένε να το λέει κι αυτός. Ο Λάμπρος, φράπ! Κάθισε σταυροπόδι με μοναδική ευκολία. Εκεί άρχισε το μάθημα.     






 「今にでも、」とラブロスは言いました。 
 「今の今? でも、ぼくたち、本を持ってないよ。」 
 「もってるよ、ぼくは。」 
 こう言って、ラブロスは、小さな革袋に指を入れました。そして、中から、黒と赤で文字が印刷された一枚の紙を引き出したのです。 
 それは、教会の聖書の一頁だったのですよ。 
 ディモスはそれを読みました。「罪に塗れた私にご慈悲を下さい…」 頁には、宵か終夜のお祈りの時に滴り落ちた蝋燭の粒がたくさんついていました。ラブロスがそれをどこで見つけて、どこで拾ったかを、誰が知っているでしょう。この一枚の頁から、可哀想なラブロスは、たったひとりで、文字を学ぼうと、じっと見詰めているのです! 
 いったい、何人の私たちのおじいさんやひいおじいさんが、使徒行伝で読むことを覚えられなかったでしょうか? 
 「ほら、アルファだ。」とラブロスは言って、一つの大文字のアルファを指で差しました。 
 「ええ、素晴らしい! では、ビータを差して見せて。」 
 「ああ、ぼくが、ビータを知ってたらなあ。」、ラブロスはそう言ったのです。 
 そうすると、二人は、ラブロスに座る様に言ったのです。そうして、自分たちが指すものを見て、自分たちが言うことを、彼が言う様に、と言ったのです。ラブロスは、ペタンと、座りました。独特な足の組み方です。でも、簡単に組んだのです。そうして、授業が始まったのです。
posted by kyotakaba at 15:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」1  



Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας







  Ύστερα από λίγες στιγμές ο Λάμπρος, όρθιος καθώς ήταν, ρώτησε : ≪ Πού το 'χετε χαρτί; ≫  
  ≪ Ποιο χαρτί; ≫ ρώτησαν τα παιδιά.  
  ≪ Να, το χαρτί που σας μαθαίνει τα γράματα ≫.  
  ≪ Το βιβλίο θέλεις να πεις; Το έχουμε στο σπίτι. Τι να το κάνουμε εδώ; Έχουμε, βλέπεις, διακοπές ≫.  
  ≪ Τ' είν' αυτές οι διακοπές; Πράματα; ≫  
  ≪ Όχι, Λάμπρο. Θέλουμε να πούμε πως το καλοκαίρι δεν έχουμε σχολείο. Λοιπόν δεν έχουμε και χαρτιά μαζί μας. Το θέλεις τίποτα το βιβλίο; ≫  
  Δεν μίλησε. Μα σαν έσκαψε πάλι το χώμα δυο-τρεις φορές με την πατούσα του και ξεροκατάπιε, είπε ξαφνικά και δυνατά : ≪ Με μαθαίνετε την άλφα; ≫  
  ≪ Ποιος, εμείς ≫  
  ≪ Αμ, ποιος! Εσείς που ξέρετε τα γράμματα ≫.  
  Τα δυο παιδιά κοιτάχτηκαν και, σαν να συνεννοήθηκαν μονομιάς, απάντησαν και τα δυο : ≪ Ακούς, λέει, Λάμπρο! ≫   





      そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。  

 それから、直ぐに、ラブロスは、立ったままでしたけれど、尋ねたのです。「どこで、紙を手に入れたの?」 
 「どの紙?」と、二人は尋ねました。 
 「ほら、きみたちに字を教える紙さ。」
 「本のことを言いたいの? 僕たち、家に置いているよ。ここで本をどうするの? ねえ、休みなんだよ。」 
 「やすみって何さ? ものなの?」 
 「違うよ、ラブロス。夏は、学校がないって、て言いたいんだ。それでね、紙は一緒に持って来てないんだ。何か本が欲しいの?」 
 ラブロスは喋りませんでした。でも、足の裏で、二度三度、地面を掘って、また言葉を呑み込みました。そして、突然、大きな声で言ったのです。「ぼくに、アルファをおしえてよ。」 
 「誰が、僕たち?」 
 「ああ、だれって! 文字をしってる、きみたちだよ。」 
 ファニスとディモスの二人は、見つめ合いましたよ。二人は、同時に、意志が通じ合いました。そして、二人は答えたのです。「ラブロスが言ったの、聞いた!」
posted by kyotakaba at 15:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」3  





  Ο Δήμος κι ο Φάνης προχώρησαν κατά τον Λάμπρο, καθώς στεκόταν με την αγκλίτσα του όρθια και στημένη. Τώρα το μικρό αυτό βλαχόπουλο με τα μαύρα μάτια το έβλεπαν σαν άντρα.  
  ≪ Γεια σου, Λάμπρό! ≫ του είπαν.  
  Ο Λάμπρος αφού τους κοίταξε από το κεφάλι ως τα πόδια, απάντησε : ≪ Γεια σ' ! ≫  
  Καλά πάμε. Είπε μια λέξη.  
  ≪ Τί κάνει η Αφρόδω, καλά είναι; Ο παππούλης; ≫  
  ≪ Καλά, κι σι χαιρετάν! ≫  
  Τέσσερις λέξεις κιόλας. Ο Δήμος κι ο Φάνης κάθισαν.   





 ディモスとファニスは、ラブロスの方へ進みました。その時、ラブロスは、彼の真っ直ぐな杖を地面に立てて立っていたのです。二人は、この子供の山羊飼いを大人の男の様に感じたのですよ。 
 「こんにちわ、ラブロス、」と、二人は彼に言いました。 
 ラブロスは、二人を、頭から足までじっと見てから、「こんちわ、」と答えたのです。 
 おや、上手くいきました。ラブロスは、言葉を一つ話したのです。 
 「アフロドウはどうですか、お元気ですか? それに、おじいさまは?」 
 「元気。あんたに、よろしく」 
 もう、四つの言葉ですよ。ディモスとファニスは座りました。  





第二十六章「ラブロスは群れを率いる」、おわり 
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」2  





  ≪ Για δες, καημένε Δήμο ≫, είπε ο Φάνης, ≪ Δέκα χρόνων παιδί να κυβερνά τόσο μεγάλο κοπάδι! Μπορούσες εσύ να κάνεις το ίδιο; Εγώ δεν μπορούσα ≫.  
  ≪ Ούτε 'γώ ≫, είπε ο Δήμος.  
  Σωστά έλεγαν. Εύκολο είναι να ορίζεις διακόσια γίδια; Μόνο το πετροβόλημα που κάνει ο Λάμπρος δώθε-κείθε, η φωνή, το σφύριγμα, το τρέξιμο για να συμμαζεύει τόσο άταχτα ζωντανά, θα κούραζε κι έναν μεγάλο. Έπειτα ο Λάμπρος περπατάει τη νύχτα στις ερημές. Θα μπορούσε να κάνει το ίδιο κι ο Φάνης; Να μείνει έτσι ώρες μοναχός με ίσκιους από δέντρα κι από πέτρες μέσα στο σκοτάδι; Να που ένα βλαχόπουλο ξέρει πολλά πράγματα.





 ファニスは言いました。「見てご覧よ、可哀想なディモス君。十歳の子供が、あんなに大きな群れを操っているよ。君に同じことが出来るかい? 僕は出来ないよ。」 
 「僕も出来ない。」と、ディモスは言いました。 
 二人の言うのはもっともなのですよ。皆さん、二百頭の山羊を統べるのは、簡単ですか? ラブロスのすることと言ったら、ただ、あちらからこちらからの投石、声、口笛、走り回る、と言うことだけなのです。そうして、無秩序な家畜を集めるのです。大人でも、疲れますよ、きっと。それから、ラブロスは、夜に、人気のないところを、歩くのです。ファニスに、同じことが出来るでしょうか? 樹々と岩の影で暗い中、一人でいられますか? ほらね、この小さな山羊飼いは、たくさんのことを知っているのですよ。
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」1  





Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι



  Μαύρο που είναι τα γίδια!  
  Πώς περπατάει το κοπάδι, όλο μαζί γρήγορα πολύ, σαν να βιάζεται. Μαυρίζει και γυαλίζει στον ήλιο. Όλα τα γίδια του είναι μαύρα, πίσσα. Μόνο το μαλλί του σκύλου και το ρούχο του τσοπάνη ξεχωρίζουν σ' αυτή τη μαυρίλα.  
  Μα τι μικρός τσοπάνης που οδηγεί τόσο μεγάλο κοπάδι. Να 'ναι ο Λάμπρος; Αυτός είναι.  
  ≪ Α, το αγριοκάτσικο ≫, λέει ο Φάνης. ≪ Για πάμε να του βγούμε μπροστά ≫.  
  Δεν ήταν κοντά το κοπάδι. Ο Φάνης όμως κι ο Δήμος θέλουν να δουν το βλαχόπουλο, τον αδερφό της Αφρόδως. Θα του μιλήσουν. Τάχα θα τους απαντήσει, η πάλι θα έχουμε ≪ χα ≫ και ≪ τς ≫;  
  Τράβηξαν γρήγορα και του βγήκαν μπροστά. Το κοπάδι εκείνη την ώρα είχε σκορπίσει κι έβοσκε. Από θυμάρι, αγκάθι, χορτάρι και κλαράκι κάτι μισοδάγκωναν τα γίδια. Ο Λάμπρος φώναζε ≪ τσεπ, τσεπ! έι! ≫, πετούσε πέτρες και τα συμμάζευε.    





      ラブロスは群れを率いる     

 真っ黒なのは、子山羊たちでした! 
 その群れの進んでいる様子と言ったら、急いでいるかの様に、みんなが一緒にとても速く進んでいたのです。日に灼けて、陽光に輝いていました。群れの子山羊は、みんな、黒いのです。漆黒なのです。ただ、犬の毛と、山羊飼いの服だけが、黒とは違う色をしているのです。 
 でも、大きな群れを率いているのは、なんて、小さな山羊飼いなのでしょう。おや、ラブロスではないですか? そう、彼なのです。 
 ファニスは言います。「ああ、ぶっきらぼう君だ。行って、彼の前に出ようよ。」 
 群れは、近くではないのです。でも、ファニスとディモスは、アフロドウの弟の、山羊飼いに会いたいのです。二人は、ラブロスに話し掛けるでしょうね。もしかしたら、ラブラスは、二人に、また、「は」と「チィ」と答えるかしらね? 
 二人は、道を進んで、彼の前に出ました。その時、群れは、散っていたのです。草を食べていたのです。 
 子山羊たちは、たちじゃこう草、いばら、草、小枝、あれを少し、これを少し齧っていたのです。ラブロスは叫んでいました。「ツェップ、ツェップ、イー!」 小石を投げて、集めていました。
posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

Η γριά Χάρμαινα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」4  





  ≪ Για πες μας, κυρούλα ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ ανάβει καμιά φωτιά τη νύχτα; ≫  
  ≪ Ανάβει και φωτιά πολλές φορές ≫.  
  ≪ Ακούς, Μαθιέ! ≫ λέει ο Κωστάτης.  
  ≪ Ναίσκε, σ' αυτή τη φωτιά ο ξορκισμένος καίει τα δαχτυλίδια και τα σκουλαρίκια και τα χρυσά μαλλιά των νυφάδων που άρπαξε. Φαίνονταν δα στην ανηφοριά τα πετρωμένα τους συμπεθερικά. Μόνο ας πούμε το Κύρι' ελέησαν τρεις φορές: Κύρι' ελέησον! Κύρ' ελέησον! Κύρι' ελέησον! Βοηθήσε με, παιδιά μου, να φορτωθώ, γιατί νύχτωσα. Αχ! ≫  
  Τη βοήθησαν να φορτωθεί το δεμάτι τα ξύλα και τράβηξε σιγά τον κατήφορο.      





 「おばあさま、教えて下さい。夜に、魔物は何か灯を点すのですか?」と、コスタキスは言いました。 
 「なんども、灯を点すよ。」 
 「マシオス、聞いて!」、コスタキスは言いました。 
 「そうなんだよ。魔物はね、その灯で、指輪や耳飾りや、攫って来た花嫁の金髪を燃やすんだよ。登り坂に、石になった、あれらの親戚たちが見えるよ。「主よ、憐れみ給え」とだけ、三回言うんだよ。「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」だよ。さて、ぼうやたち、荷を背負うのを手伝っておくれ。夜になるからね。ああ!」 
 子供たちは、おばあさんが木の束を背負うのを手伝いました。それから、おばあさんは、下り坂をゆっくり進んで行きました。    




第二十五章「ハルミナおばあちゃん」、おわり
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする