2018年01月18日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」3   





  Κίνησε να πάει στα Δυο Χωριά, να βρει τους μαστόρους να τους πει πως έχει ξύλο για πούλημα. Πέρασε ένα μερόνυχτο, δεν έφτασε. Πέρασαν τρεις μέρες, δεν έφτασε. Πέρασε ένας μήνας κι ήταν ακόμα στον δρόμο.  
  Ο πεύκος, λένε, την ώρα που έπεφτε τον καταράστηκε. Και σαν είχε την κατάρα του πεύκου, δεν μπορούσε ο Γιάννης να βγει ποτέ από τον κάμπο. Γιαί τα δέντρα, βλέποντάς τον, περπατούσαν κι έφευγαν. Κι ο λόγγος όλο τραβούσε μακριά. Κι ο Γιάννης όλο απόμενε στα ξερολίβαδα.  





 ヤニスは、二つ村に出発しました。職人たちに会って、自分は売り物の材木を持っていると言うつもりだったのです。一昼夜が過ぎました、でも、二つ村に着かなかったのですよ。三日が過ぎました、着かなかったのです。一ヶ月が過ぎました、ヤニスは、まだ、路に居たのです。 
 松は倒れる時にヤニスに呪いを掛けたのだ、と言われています。松の呪いで、ヤニスは原野から出られなかったのです。樹々が彼を見ると、歩き出して逃げて行ったからなのです。それに、薮は遠くに退いて行くのです。そうして、ヤニスは、ずっと、枯野に残されていたのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」2   






  Ώσπου ήρθε μια χρονιά ο Γιάννης από το Πουρνάρι και τον πελέκησε με το τσεκούρι για ρετσίνι. Και την άλλη χρονιά πάλι τον πελέκησε. Κι άμα έβγαλε δυο χρόνια το ρετσίνι, ο Γιάννης άρχισε να μετρά τα κούτσουρα που θα είχε, αν τον έκοβε ολότελα. Την τρίτη χρονιά τον γκρέμισε. Και πήγε στη μάνα του και της είπε : ≪ Μάνα, καλόν χειμώνα θα περάσουμε. Τον μισό πεύκο θα τον κάψουμε εμείς στο τζάκι, τον άλλο μισό θα τον πουλήσουμε στα Δυο Χωριά ≫.  





 そこに、ある年、プウルナリのヤニスがやって来たのです。そして、松脂を採ろうとこの松を斧で切りつけたのです。次の年も、また切りつけました。二年もこの松は松脂を出したものですから、ヤニスは、この松を全部切り倒したら、幹には松脂が何れ程あるのだろうかと測り始めたのです。三年目に、ヤニスは、この松を切り倒したのです。そして、お母さんのところに行って、こう言ったのです。「母さん、僕たちは、良い冬が過ごせそうですよ。松の半分を切って暖炉に使いましょう。後の半分は、二つ村に売りましょう。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」1   





Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι



  ≪ Βλέπετε κει κάτω μακριά ≫, είπε η Αφρόδω, ≪ κάτι χωράφια που κιτρινίζουν; ≫  
  Εκεί ήταν ένας πεύκος, μα τι πεύκος! Έκρουμε στα ουράνια, που λέει ο λόγος. Ο ίσκιος που έριχνε μαύριζε σαν το χράμι που είναι από τράγιο μαλλί. Από κάτω μπορούσε να σταλίσει ένα κοπάδι. Πουλί πετούμενο δεν περνούσε από μακριά δίχως να 'ρθει ν' αγγίξει την κορυφή του. Οι σταλαματιές από το ρετσίνι του σαν κεχριμπάρια, το φύσημά του ποτάμι, η δροσιά του γιάτρευε λαβωμένο. Λένε πως μέσα στο κορμί του κοιμόταν μια νεράιδα. Έτσι λένε. Μεγαλύτερος πεύκος δεν φάνηκε πουθενά. Τον θυμούνται δα εκείνοι που γέρασαν. Κι ο παππούλης κάθισε στον ίσκιο του.     





      プウルナリのヤニスの話し 

 「あなたたち、ずっと下の黄色になった畑の様なところが分かる?」と、アフロドウは言いました。 
 そこに、一本の松がありました。でも、なんて松なのでしょう! 空に触れているのです、言葉通りそうなのです。その松が投げ掛ける影が、山羊の毛で出来た柔らかい布の様に、辺りを暗くしているのです。その下で、群れが一つ休むことが出来るくらいです。空飛ぶ鳥は、遠くから来てこの松の梢に止まらずに通り過ぎることはないのです。その松から出た松脂の滴は、まるで琥珀のようですし、まるで川から吹く風の様なのですけれど、その爽やかさが、傷ついた人を治すのです。幹の中には、ひとりの妖精が寝ていると言われているのです。それに。これより大きな松は何所にも見られません。歳を取った人たちはこの松を思い出すのです。一人のおじいさんがその陰に座っていました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」3  





  Τόσο την έχουν αδερφή, που σήμερα την έβαλαν σε ράψιμο.  
  ≪ Ράψε, Αφρόδω, τούτο το κουμπί ≫.  
  ≪ Ράψε μου τον αγκώνα που σκίστηκε ≫.  
  Όσο κι αν είχαν μάθει στην ερημιά να ράβονται μόνοι τους, ήθελαν το ράψιμο της Αφρόδως. Πάντα πιο καλά ράβουν οι γυναίκες.  
  Η Αφρόδω κάθισε και μπάλωσε δυο-τρεις. Αν μπορεί να μπαλωθούν οι δασοφύλακες. Ύστερα πήρε τη ρόκα κι άρχισε να γνέθει.  
  ≪ Τώρα θα μας πει κανένα παραμύθι! ≫ συλλογίστηκαν τα παιδιά.  
  Όχι δεν τους είπε παραμύθι. Τους είπε την ιστορία του Γιάννη από το Πουρνάρι. Μια ιστορία που την ξέρουν όλοι, μεγάλοι και μικροί.    





 それに、今日は、子供たちはアフロドウにお姉さんになって貰っているのですよ。今日は、裁縫をして貰っているのです。 
 「アフロドウ、このボタンを縫って下さい。」 
 「僕には、裂けた肘を縫って下さいな。」 
 この人里離れた場所で、自分たちの服を新調するとしても、子供たちは、アフロドウの縫ったものを欲しがったでしょうね。ここの女性たちは、いつも、とても上手に縫うのです。 
 アフロドウは座って、ふたつ、みっつを繕いました。もしかしたら、森林警備官たちも繕いをするかも知れませんね。それから、アフロドウは糸巻きを取り上げて、糸紡ぎを始めたのです。 
 「さあ、彼女は、きっと、何かお伽噺をしてくれるよ!」と、子供たちは思ったのです。 
 違いました、お伽噺をしてくれなかったのです。プウルナリのヤニスの話しをしたのです。大人も子供も、皆んなが知っているお話しなのです。   





第四十一章「アフロドウの歌」、おわり   

posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」2  





  Προχτές τραγούδησε στον Φάνη και στον Δημητράκη ένα τραγούδι που άρχιζε με τα λόγια : Απόψε νειρευόμουνα. Το είπε χαμηλοβλέποντας και κοιτάζοντας τη ρόκα.

Απόψε νειρευόμουνα
-μητέρα, μητερίτσα μου-
ψηλόν πύργον ανέβαινα,
σε περιβόλι έμπαινα
και δυο ποτάμια με νερό
-ξήγα, μητέρα μ', τ' όνειρο!...


  Να είχε δει και κείνη τέτοιο όνειρο; Ήταν κάτι λυπητερό σ' αυτό το τραγούδι. Μα όταν το τελείωσε, χαμογέλασε. Κι άμα η Αφρόδω χαμογελάσει, όλα είναι καλά.   





 一昨日、アフロドウは、ファニスとディミトラキスに、ある歌を歌って聞かせたのです。歌は、こんな言葉で始まるのですよ。「」 この言葉を、下の方を見ながら、糸巻きを見詰めながら、口に出したのです。 

きのうのよる、こんなゆめみたの、 
母さん、わたしのおかあさん、 
高い塔に登ったの、 
お庭に入ったの、 
二本の川にお水が流れていたの、 
どんな意味なの、お母さん、この夢は!

 でも、彼女はそんな夢を見たのか知ら? その歌には、何か哀しいところがあります。けれど、アフロドウは、歌い終わると笑ったのです。アフロドウが笑うと、みんながご機嫌になりますよ。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」1   




Το τραγούδι της Αφρόδως



  Η Αφρόδω ήρθε σήμερα μαζί με τον Λάμπρο να δει τ' αδέρφια της. Έναν αδερφό είχε, τον Λάμπρο, και τώρα έγιναν εικοσιέξι. Μα και τα παιδιά ποτέ δεν έλεγαν πως θα έβρισκαν εκεί επάνω τόσο καλή αδερφή.  
  Εδώ και τρεις μέρες τους είπε το πιο καλό παραμύθι. Είπε για ένα κάστρο που είχε πόρτες ατσαλένιες και κλειδιά αργυρά. Για της Ωριάς το κάστρο.





     アフロドウの歌  

 アフロドウは、今日、ラブロスと一緒にお兄さんに会いに行ったのです。ラブロスの上にお兄さんがいるのです。もう、二十六歳でした。でも、このふたり、上にそんな立派なお兄さんがいるなんて、全く言いませんでしたよ。 
 さて、この三日間、アフロドウは、子供たちにとても楽しいお話を語っていたのです。銀の鍵の鋼鉄の扉があるお城のお話を話したのです。オリアのお城です。
posted by kyotakaba at 16:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

40. Το μαύρο τραγάκι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」4  





  Έτσι είπε και τ' απόλυσε να πάει μαζί με τ' άλλα.  
  Όχι, δεν θα το σφάξει ούτε γάμο της Αφρόδως. Ας είναι άτακτο. Ξέρει όμως να κυνηγά τις ευωδιές. Ξέρει να βρίσκει το άγγιχτο κλαρί.  
  Ο Γεροθανάσης το έχει στην καρδιά του. Μια μέρα φαίνεται πως θα το κάνει κεσέμι!    





 そう言うと、ゲロサナシスさんは子山羊を放して、他の山羊と一緒に行かせたのです。 
 いいえ。ゲロサナシスさんは子山羊を屠ふりはしませんよ、アフロドウの結婚式もないのです。お行儀の悪いままにさせましょう。子山羊は、いい匂いを探して歩く仕方を知っているのです、まだ誰も口を付けてない小枝を見つける仕方を知っているのですから。 
 ゲロサナシスさんは、それを心に留めました。いつの日か、この子山羊は群れの先頭に立つ日が来るでしょう。   




第四十章「黒い子山羊」、おわり。
posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

40. Το μαύρο τραγάκι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」3   





  Όταν το είδε ο Γεροθανάσης χάρηκε, μ' όλες τις έξι χιλιάδες τα ζωντανά του. Αφού το άρπαξε από τα μικρά του κέρατα και το έφερε στα γόνατά του, φώναξε τάχα σαν θυμωμένος. ≪ Φέρτε γρήγορα το μαχαίρι να το σφάξω ≫.  
  Το τραγάκι βέλαξε: ≪ Μέε...μ΄εεεε... ≫ Και το χνότο του, καθώς άνοιξε το στόμα, μοσχοβόλησε από το άγριο κλαρί.  
  ≪ Τι είπες; ≫ φώναξε ο Γεροθανάσης σηκώνοντας το χέρι σαν να κρατούσε μαχαίρι. ≪ Να μη σε σφάξω, είπες; Όχι, θα σε σφάξω, τώρα κιόλας! Στις μυρουδιές μου ξεχάστηκες, ε; Άγγιχτη κουμαριά μου 'θελες! Ας είναι, ας έχεις χάρη σήμερα Ξέρω 'γω! Θα σε σφάξω στον γάμο της Αφρόδως ≫.    





 ゲロサナシスさんはそれを見ると喜んだのです、おじいさんの六千匹の家畜もぜんぶ一緒に喜んだのです。子山羊の小さな角を両方掴むと、自分の膝に持っていって、恰も怒っている風にして、大きな声でこう言ったのです。「直ぐにナイフを持って来なさい。これを殺すのだ。」 
 鳴き声は哀しい歌の様です。「メエエ、メエエエエエ、… 」 それに、子山羊の口が開くと、その口臭がします、野生の小枝のいい香りがするのです。 
 「何と言ったのだ?」とゲロサナシスさんは叫びました。そして、ナイフを持っているかの様に手を振り挙げたのです。「殺さないで、と言っているのか? 駄目だ。殺すのだ、もう、今だ! 良い小枝の香りで、私を忘れたのだな、そうだろう? 口を付けてない私の小杯を欲しがったのだ! ままよ、今日お前は恩寵を受けるのだ、私はそうだと分かっている! アフロドウの結婚式でお前を屠るのだ。」
posted by kyotakaba at 10:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

40. Το μαύρο τραγάκι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」2   





  Ο Λάμπρος την άλλη μέρα πρωί-πρωί πήγε πίσω κι άρχισε ν' ανεβαίνει πάλι όλους τους γκρεμούς. Έψαξε στους θάμνους, έριξε πέτρες παντού, σφύριξε, φώναξε ≪ τσεπ! τσεπ! τσεπ΄! ≫. Τίποτα. Είχε απελπιστεί.  
  Τη στιγμή που κίνησε να φύγει το τραγάκι πρόβαλε από μια πράσινη τούφα. Ούτε κινήθηκε ούτε βέλαξε. Μόνο τον κοίταξε. Ήταν ξεχασμένο μέσα στο άγριο κλαρί. Μια νύχτα έζησε στο πουρνάρι και στην κουμαριά, και ξέχασε και κοπάδι και βοσκό. Ο Λάμπρος το κυνήγησε λίγο, το τσάκωσε από το πίσω πόδι με τη γκλίτσα του, το πήρε στον ώμο και το έφερε πίσω.





 ラブロスは、次の日、朝まだ早い時間に、戻って、全部の断崖に登って見たのです。薮を探しました。至る所に石を投げました。口笛を吹きました。叫びました、「ツエップ ツエップ! ツエップ!」。全然です。絶望してしまいました。 
 ラブロスが立ち去ろうとしたその時に、一頭の子山羊が緑の繁みから現れたのです。動きもしないし、メェーと鳴きもしませんでした。ただ、ラブロスを見詰めていたのです。野生の樹の中に忘れられていたのです。一晩、柊とイゴノキの下で過ごしたのです。そして、群れの事も山羊飼いの事も忘れたのです。ラブロスは直ぐに捕まえに行きました。そして、曲がった杖で、後ろ足を捕まえたのです。そして、肩に載せて、連れて帰ったのです。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

40. Το μαύρο τραγάκι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」1   





Το μαύρο τραγάκι



  Ο Λάμπρος ήρθε στο μάθημα και προχτές και χτες και σήμερα.  
  Κοιτάζει το ρολόι του κι έρχεται ταχτικά την ίδια ώρα. Το ρόλοι του Λάμπρου είναι μια ξερή αγριαχλαδιά. Στις δέκα το πρωί πέφτει ο ίσκιος της επάνω στο σημάδι. Τότε ξεκινά ο μαθητής τρέχοντας κι έρχεται στον Δημητράκη. Δόξα σοι ο Θεός, τα γίδια την άλλη φορά τα μάζεψε, εκτός από ένα. Ένα τραγάκι, ένα μαύρο τραγάκι, δεν μπόρεσε να το βρει πουθενά.  
  Όταν το είπε του παπππού, τον έπιασε μεγάλος θυμός.  
  ≪ Να πας πίσω να μου βρεις το τραγάκι. Ό,τι έχω κείνο το μικρό, δεν έχω όλο το κοπάδι!≫     





       黒い子山羊  

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。山羊は他の時間に集めたのです。山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」 

10月26日、訂正: 
山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。  
→ 
ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」3   





  Επάνω στον φόβο αυτό ήρθε κι ο φόβος της εξουσίας. Οι Πουρναρίτες είδαν τους δυο χωριανούς τους, που είχαν χτυπήσει τον Κώστα τον Κορφολόγο, να πηγαίνουν στη φυλακή δεμένοι, ανάμεσα σε τέσσερις χωροφύλακες. Την τιμωρία τους τη χρωστάμε στα παιδιά που είχαν τρέξει στο Μικρό Χωριό και ειδοποίησαν τους χωροφύλακες.  
  Στην κορφή ενός πεύκου, σε ψηλό μέρος, τα παιδιά έχουν δέσει κι ένα άσπρο πανί για σημαία. Αυτή φαίνεται κάμποσο μακριά και δείχνει πως υπάρχουν εκεί φύλακες. Η μικρή δασοφυλακή μας έκανε το χρέος της. Δεν ησύχασε όμως μ' αυτό. Εξακολουθεί τις βάρδιες.  
  Πάντα είναι έτοιμη.   





 こうした幽霊への怖さの上に、官憲への恐さが来たのです。プウルナリの人たちは、四人の警官に囲まれて、縛られて牢獄に行った、二人の村人を知っていました。二人は、コースタス・コルフォロゴスさんを殴ったのです。彼らが罰せられたのは、子供たちのお陰なのですよ。子供たちは、ミクロ・ホリオに駆け付けて、警官たちに知らせたのです。 
 松の梢、高い所には、子供たちが白い布を結んで旗にしていました。旗は、相当遠くからでも見えたのです。警備艦がここに居ると示しているのです。私たちの小さな森林警備官は、任務を遂行するのです。任務には休みはないのですけれど。見張り番は休まずに続けるのです。 
 子供たちは、いつでも、準備出来ているのです。    





第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」、おわり。
posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」2   





  Οι γριές εξήγησαν τις σφυριξιές εκείνες σαν γριές. Είπαν πως είναι από στοιχειά. Τα μεγαλύτερα στοιχειά, καθώς λένε οι γριές, είναι μέσα στον λόγγο.   Οι Πουρναρίτες, αν κι έχουν περπατήσει νύχτα πολλές φορές, πίστεψαν τις γυναίκες. Το ξαφνικό εκείνο, που το διηγήθηκαν οι φοβισμένοι δεντροκόποι, από στόμα σε στόμα μεγάλωσε. Και καθώς μέσα στο άγριο αυτό χωριό έμειναν οι άνθρωποι αγράμματοι, η ιστορία γύριζε μέρα και νύχτα. Κι όσο γύριζε τόσο πιο φιβερή γινόταν.    Στο τέλος μερικοί από τους χωριάτες πίστεψαν πως ο Χλωρός είχε στοιχειώσει.    





 老婆たちは、如何にも老婆らしく、その呼び笛の音を説明したのです。あれは幽霊の出す音だと言うのですよ。老婆たちが言うには、とっても大きな幽霊たちが薮の中にいるのですって。 
 プウルナリの人たちは、何度も夜に出歩いたことはあるのですが、女の人たちが言うことを信じたのです。恐怖に震えた伐採者たちが語った、突然起こったその音のことは、口から口へ伝わり、その度に大きくなっていったのです。こうした未開の村に文盲の人たちが住んでいるのですから、この話しは昼も夜も繰り返されるのです。そして、繰り返される度に、もっと恐ろしい出来事になるのです。 
 最後には、村人の何人かは、ハロロ村の住人全部が幽霊になってしまったと思い込んだのです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」1   





Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά



  Την πρώτη βραδιά δεν ήρθε ο εχθρός. Ήρθε όμως τη δεύτερη.  
  Εκεί κάπου ακούστηκαν τρεις τσεκουριές. Εκείνος που χτυπούσε σταμάτησε λίγα λεπτά, για ν' αφουγκραστεί φαίνεται γύρω. Έπειτα ξανάδωσε άλλες τρεις. Τότε σφύριξαν έξαφνα στο σκοτάδι δεκαπέντε σφυρίχτρες. Πρώτα καθεμιά χωριστά, έπειτα κι οι δεκαπέντε μαζί, δυνατά, πολύ δυνατά. 
  Σ' αυτό το ξαφνικό οι δεντροκόποι τα έχασαν. Πού πήγαν, από πού, δεν κατάλαβε κανείς. Χάθηκαν. Στο δάσος ξανάγινε σιωπή.  
  Την άλλη μέρα βρέθηκε εκεί ένα τσεκούρι κι ένα σκοινί. Δεν θα 'ρθουν να το ζητήσουν. Οι Πουρναρίτες από κείνη την ώρα έχουν καταλάβει πως δεν μπορούν πια να γυμνώσουν τα δάσος. Καθώς έχουν μείνει άγριοι και αγράμματοι χωριάτες, ο φόβος τους τα μεγαλώνει όλα. Και πιστεύουν όλα όσα φοβούνται.    





     伐採者たちは上手くいかなかった

 最初の夜、敵は来ませんでした。けれども、二日目の夜に来たのです。 
 どこかで、斧が三度鳴ったのです。斧を打った者は、しばらく打つのを止めました。当たりの様子に聞き耳を立てる為なのです。その後、もう三度打ちました。すると、突然に、暗闇の中で、十五個の呼び笛が吹き鳴らされたのです。最初は、それぞれ別々に。その次には、十五個が一緒にです。強い音です、とっても強い音だったのです。 
 それで、伐採者たちは慌てたのです。伐採者たちはどこから来てどこへ行ったのか、誰にも分かりません。いなくなったのです。森には、再び、静かさが戻って来ました。 
 翌日、一振りの斧と一本の綱がありました。それを探しには来ないでしょう。プウルナリの人たちは、この時から、もう森を裸にすることは出来ないと分かったのです。村人たちは、野蛮で文字が読めないままだったのです、それで、彼らの恐怖は、呼び笛の音を何もかもまでに大きくしてしまったのです。怖いものは何でも信じてしまうのです。   
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

38. Δασοφύλακες, γρηγορείτε

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十八章「森林警備官たち、不寝番をするんだ」   





Δασοφύλακες, γρηγορείτε



  Φάνη, προσοχή. Σκοπός είσαι.  
  Μη φοβάσαι τη νύχτα, μη σε τρομάζουν οι ίσκιοι. Όποιος κάνει εκείνο που πρέπει, δεν έχει να φοβηθεί κανέναν.  
  Εσύ κι οι συμμαθητές σου απόψε φυλάτε το δάσος από τους εχθρούς του.  
  Η σφυρίχτρα σου να είναι έτοιμη.  
  Με τη βάρδια που φυλάτε, προστατεύετε τα δέντρα. Κι όλους τους ανθρώπους, όσους θα δροσιστούν απ' αυτά τα δέντρα, είτε τώρα είτε σε πενήντα κι εκατό και διακόσια χρόνια.  
  Όταν βρύσκονται γενναία παιδιά σαν εσάς, ένα δάσος γίνεται αιώνιο. Και οι άνθρωποι ζουν καλύτερα τη ζωή τους.







   森林警備官たち、不寝番をするんだ  

「  
 ファニス君、注意するんだ。君が歩哨だ。 
 夜を恐がってはいけない。影に怯えてはいけない。すべきことをする人は、誰にも怯えないものだ。 
 君と君の級友たちは、今夜、森を敵から守るんだ。 
 君の呼び笛はもう用意が出来ている。 
 見張り番をすることで、君たちは森を守るんだ。全ての人間は、今だけでなく、五十年、百年、二百年経っても、この樹に涼ませられるのだ。 
 君たちの様な勇敢な子供たちがいれば、森は永遠になる。人間は自分たちの生涯をより良く送れるのだ。 
  」  




森林警備官たち、不寝番をするんだ、おわり
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

37. Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十七章「子供たちが森林警備官になる」2   





  ≪ Αυτό θα είναι μια καλή δουλειά ≫, είπε ο δασοφύλακας.  
  ≪ Και βάρδια θα φυλάξουμε ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Μη μας βλέπεις μικρούς. Είμαστε εικοσιέξι ≫.  
  Ο δασοφύλακας κοίταξε τα παιδιά με περιέργεια. Τα είδε ηλιοκαμένα. Φαίνονταν παιδιά με θάρρος. Ο Αντρέας έμοιαζε παιδί που ξέρει να οδηγεί.
  ≪ Ποιον έχετε μαζί σας εδώ; ≫ ρώτησε. ≪ Ποιος σας συντροφεύει; ≫  
  ≪ Κανένας ≫.  
  ≪ Μονάχοι σας είστε; ≫  
  ≪ Μονάχοι ≫.  
  ≪ Από πότε; ≫  
  ≪ Από μια βδομάδα ≫.  
  ≪ Παιδιά που μπορούν να μείνουν εδώ μόνα. μπορπούν να βοηθούν και τον δασοφύλακα. Ελάτε μαζί μου ≫.  
  Τους πήρε και τους πήγε σ' ένα μέρος με πυκνά δέντρα. Εκεί τους όρισε πώς θα φυλάξουν τη νύχτα και τι θα κάνουν, αν τύχει και ακούσουν τσεκούρι στα δέντρα.





 「良い勉強になるよ。」と森林警備官が言いました。 
 「僕たちはしっかり用心します。僕たちを幼い子供だと思わないで下さい。僕たちは26です。」とアンドレアスが言いました。 
 森林警備官は好奇心を持って子供たちを見詰めましたよ。子供たちは日に灼けているのが分かりました。勇気のある子供たちに思えました。アンドレアスは、人を指導する方法を知っている子供に見えたのです。 
 「ここには、誰と一緒にいるのかい? 誰が君たちと同行して来たのかい?」と尋ねました。 
 「誰も。」 
 「君たちだけでかい?」 
 「僕たちだけ。」 
 「何時から?」 
 「一週間前から。」 
 「自分たちだけで此処に住むことが出来る子供たちなんだね。それなら、森林警備官を手助けすることも出来るね。さあ、私と一緒に来なさい。」 
 森林警備官は、子供たちを連れて、樹が密集したところに行った。そこで、子供たちが夜に見張りをすると決めたのです。そして、万が一に樹に斧が入れられる音が聞こえたら、どうするかを指示したのです。 




第三十七章「子供たちが森林警備官になる」、おわり
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

37. Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十七章「子供たちが森林警備官になる」1   





Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες




  ≪ Από αύριο θα φέρω το φυλακείο μου εδώ πέρα ≫, είπε ο δασοφύλακας. ≪ Μου χρειάζεται όμως βοήθεια. Πρώτα μια καλύβα. Έπειτα πρέπει να μπορώ να ειδοποιήσω τους χωροφύλακες που είναι στο Μικρό Χωριό ή τον σταθμάρχη της Πέτρας, κάθως και τον δεύτερο δασοφύλακα, που είναι στους λοτόμους. Πρέπει ακόμα να έχω μια δεύτερη βάρδια, στην ανάγκη και τρίτη ≫.  
  Ο Αντρέας, όταν άκουσε αυτά, έβγαλε από την τσέπη του μια σφυρίχτρα. Ύστερα έκανε νόημα στ' άλλα παιδιά να βγάλουν τη σφυρίχτρα τους και να σφυρίξουν μονομιάς όλοι μόλις κουνήσει το χέρι.  
  Μια βροντερή σφυριξιά ακούστηκε από δέκα σφυρίχτρες. Μπορούσε ν' ακουστεί αρκετά μακριά.  
  ≪ Αν εμείς τα παιδιά χρειαζόμαστε ≫, είπε ο Αντρέας, ≪ είμαστε εδώ. Έχουμε τη σφυρίχτρα μας, το ραβδί μας και το σακούλι μας. Μπορούμε να πάμε στο Μικρό Χωριό και στην Πέτρα και στους λατόμους ≫.    





    子供たちが森林警備官になる   

 森林警備官はこう言ったのです。「明日からこちらに駐屯所を持って来よう。私には助けが必要だ。まずは小屋だ。それから、地方警察官たちに知らせることが出来る様にしないといけない。警察官たちは、ミクロ・ホリオかペトラの駐在所に居るのだ。同様に、伐採所に居る副森林警備官にもだ。それに、次更の見張りも必要だ、三更の見張りもどうしても要るだろう。」 
 それを聞くと、アンドレアスは、自分のポケットから呼び笛を取り出したのです。そうして、ほかの子たちに、それぞれ自分の呼び笛を出す様に、そして、手を動かすと直ぐに皆が一斉にそれを吹く様に、目配せしたのです。 
 十個の呼び笛から出た音は、まるで雷鳴の様に聞こえました。かなり遠くからでも聞こえたでしょう。 
 アンドレスはこう言いましたよ。「僕たち子供でも役に立つのなら、僕たちが、ここに居ますよ。自分たちの呼び笛を持っています。杖も袋も持ってます。ミクロ・ホリオにもペトラにも伐採所にも行くことが出来ますよ。」
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

36. Το πληγωμένο πεύκο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」3   





  Τα πληγωμένα πεύκα θα πεθάνουν σε λίγον καιρό. Θα πέσουν από τον πρώτο δυνατό αέρα ή θα ξεραθούν, γιατί δεν θα έχουν πια χυμό. Το τέλος τους το έχουν νιώσει, και όμως τραγουδούν, σαλεύουν και φυσούν όπως τα άλλα, τα γερά πεύκα. Με το κομμάτι κορμό που τους έμεινε πίνουν από τη γη όσον χυμό μπορούν ακόμα. Πρασινίζουν, έχουν ίσκιο. Έτσι σακατεμένα μπορούν και δροσίζουν τους ανθρώπους. Το φυσικό τους είναι να κάνουν το καλό, δεν αλλάζει.  
  Δέντρα, περήφανα δέντρα!   




 傷ついた松は、僅かの日数で死んでしまうでしょう。強い風が当たれば直ぐに倒れるでしょうし、あるいは、枯れてしまうでしょう。樹液がないのですから。自分たちの最後は、松も分かっているのです。けれども、他の元気な松と同じ様に、枝を揺らし、枝を鳴らし、歌うのです。松たちに残っている一部の幹を通して、地面から、松たちは、出来る限りの樹液を吸い上げているのです。緑の葉を着け、影を作るのです。障碍を持っても出来るのです。人間たちに涼しさを与えるのです。人に優しいと言うのが、松の性質なのです、それは変わらないのです。 
 松は、なんて堂々とした樹なのでしょう!     




第三十五章「傷ついた松」、おわり
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

36. Το πληγωμένο πεύκο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」2   





   Μερικά πεύκα σχεδόν τα είχαν γδύσει. Δεν είχαν αφήσει στο κορμί παρά λίγη φλούδα. Φαίνονταν σαν το κρεμασμένο σφαχτό. Απ' αυτές τις πληγές έτρεχε άσπρο ρετσίνι. Το ρετσίνι ακολουθούσε την τσεκουριά και στάλαζε κάτω σε μια λακκούβα, που την είχαν ανοίξει προς τη ρίζα των πεύκων, επίτηδες γι' αυτό. Όλη αυτή η σφαγή ήταν για το ρετσίνι. Για λίγες δραχμές που θα έβαζαν οι Πουρναρίτες στο σελάχι τους, αν το πουλούσαν.  





 何本かの松は、ほとんど裸にされていました。幹には、皮はほとんど残されてなかったのです。その松は、吊り下げられた食肉の様に見えたのです。その傷からは、白い松脂が流れ出ていました。松脂は、斧を伝って、下の穴に滴っています。その穴は、彼らが、意図して、松の根の前に開けておいたのです。この殺戮は、すべて、松脂の為だったのです。プウルナリの人々は、この松脂を売ると、自分たちの帯にほんの僅かの数ドラクマを入れることになるのです。  

posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

36. Το πληγωμένο πεύκο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」1   





Το πληγωμένο πεύκο



  Το απόγευμα ήρθε ο δασοφύλακας.  
  Η πρώτη του δουλειά ήταν να κατεβεί στο μέρος που του έδειξε ο Μπαρμπακώστας. Εκεί τον ακολούθησαν τα παιδιά. Για πρώτη φορά είδαν πληγωμένα πεύκα. Μια τσεκουριά κατέβαινε από πάνω από τη μέση τους κι έφτανε ως τη ρίζα. Ήταν μια πληγή ανοιχτή, η μεγαλύτερη πληγή που μπορούσε να δει κανένας. Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.   





     
傷ついた松
   

 午後には、一人の森林警備官が来ました。 
 最初の仕事は、バルバコースタスが彼に教えた場所に降りて行くことでした。そこには、子供たちが警備官を連れて行ったのです。皆んなは、傷ついた松を見るのは初めてだったのです。斧の一振りが松の中程から根元まで振り下ろされていました。開いた傷口でした。誰も見たことが無いようなとても大きな傷だったのです。傷が閉じることは決してないでしょう。もしも閉じさせたいのなら、もう何振りかの斧を開いた傷に受けなければならないでしょう。    





 Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.  のところ、意味が分からない。 
ήθελε は、三人称単数。パラタティコス。主格は、πληγή か? 
κρατούσαν は三人称複数。主格はάλλες τσεκουριές か? 
この動詞の対格になっているのは、代名詞 την 。女性代名詞単数。これは、πληγή のことか? 
ανοιχτή、形容詞女性対格単数形。これは、πληγήを形容しているのか? 
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」3 





  Πουρναρίτης είναι κι ο Μπαρμπακώστας. Αν ζούσε κι αυτός με λαθραία ξυλεία, τι θα κέρδιζε; Θα ήταν κλέφτης, χωρίς να είναι ούτε πιο ήσυχος ούτε πιο πλούσιος. Εικοσιπέντε χρόνια ζει από το δάσος χωρίς να το βλάψει ο Μπαρμπακώστας. Έγινε κορφολόγος. Μαζεύει και πουλάει ρίγανη, λεβάντα, θυμάρια και βότανα σπάνια για τα φαρμακεία και τα σπίτια. Όταν περνάει από την πόλη, τι ευωδιά που χύνει το σακί του!   





 バルバコースタスはプウルナリの人でした。彼が盗伐で暮らしているとしたら、どういう利益を得るのが当然なのでしょう? それは泥棒でしょう。平穏でいることも豊かになることもないのです。バルバコースタスは、二十五年間、森を傷付けることなく、森に頼って生活しているのです。彼は樹々の先を摘んで歩く人になったのです。オリガニやラベンダーやタイム、それに珍しい薬草を集めて薬屋や普通の家庭に売るのです。彼が街を通る時、彼の袋から流れ出る香りは何て好い香りなのでしょう! 



「子供たちが地方警察官に通報する」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする