2017年09月21日

38. Δασοφύλακες, γρηγορείτε

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十八章「森林警備官たち、不寝番をするんだ」   





Δασοφύλακες, γρηγορείτε



  Φάνη, προσοχή. Σκοπός είσαι.  
  Μη φοβάσαι τη νύχτα, μη σε τρομάζουν οι ίσκιοι. Όποιος κάνει εκείνο που πρέπει, δεν έχει να φοβηθεί κανέναν.  
  Εσύ κι οι συμμαθητές σου απόψε φυλάτε το δάσος από τους εχθρούς του.  
  Η σφυρίχτρα σου να είναι έτοιμη.  
  Με τη βάρδια που φυλάτε, προστατεύετε τα δέντρα. Κι όλους τους ανθρώπους, όσους θα δροσιστούν απ' αυτά τα δέντρα, είτε τώρα είτε σε πενήντα κι εκατό και διακόσια χρόνια.  
  Όταν βρύσκονται γενναία παιδιά σαν εσάς, ένα δάσος γίνεται αιώνιο. Και οι άνθρωποι ζουν καλύτερα τη ζωή τους.







   森林警備官たち、不寝番をするんだ  

「  
 ファニス君、注意するんだ。君が歩哨だ。 
 夜を恐がってはいけない。影に怯えてはいけない。すべきことをする人は、誰にも怯えないものだ。 
 君と君の級友たちは、今夜、森を敵から守るんだ。 
 君の呼び笛はもう用意が出来ている。 
 見張り番をすることで、君たちは森を守るんだ。全ての人間は、今だけでなく、五十年、百年、二百年経っても、この樹に涼ませられるのだ。 
 君たちの様な勇敢な子供たちがいれば、森は永遠になる。人間は自分たちの生涯をより良く送れるのだ。 
  」  




森林警備官たち、不寝番をするんだ、おわり
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

37. Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十七章「子供たちが森林警備官になる」2   





  ≪ Αυτό θα είναι μια καλή δουλειά ≫, είπε ο δασοφύλακας.  
  ≪ Και βάρδια θα φυλάξουμε ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Μη μας βλέπεις μικρούς. Είμαστε εικοσιέξι ≫.  
  Ο δασοφύλακας κοίταξε τα παιδιά με περιέργεια. Τα είδε ηλιοκαμένα. Φαίνονταν παιδιά με θάρρος. Ο Αντρέας έμοιαζε παιδί που ξέρει να οδηγεί.
  ≪ Ποιον έχετε μαζί σας εδώ; ≫ ρώτησε. ≪ Ποιος σας συντροφεύει; ≫  
  ≪ Κανένας ≫.  
  ≪ Μονάχοι σας είστε; ≫  
  ≪ Μονάχοι ≫.  
  ≪ Από πότε; ≫  
  ≪ Από μια βδομάδα ≫.  
  ≪ Παιδιά που μπορούν να μείνουν εδώ μόνα. μπορπούν να βοηθούν και τον δασοφύλακα. Ελάτε μαζί μου ≫.  
  Τους πήρε και τους πήγε σ' ένα μέρος με πυκνά δέντρα. Εκεί τους όρισε πώς θα φυλάξουν τη νύχτα και τι θα κάνουν, αν τύχει και ακούσουν τσεκούρι στα δέντρα.





 「良い勉強になるよ。」と森林警備官が言いました。 
 「僕たちはしっかり用心します。僕たちを幼い子供だと思わないで下さい。僕たちは26です。」とアンドレアスが言いました。 
 森林警備官は好奇心を持って子供たちを見詰めましたよ。子供たちは日に灼けているのが分かりました。勇気のある子供たちに思えました。アンドレアスは、人を指導する方法を知っている子供に見えたのです。 
 「ここには、誰と一緒にいるのかい? 誰が君たちと同行して来たのかい?」と尋ねました。 
 「誰も。」 
 「君たちだけでかい?」 
 「僕たちだけ。」 
 「何時から?」 
 「一週間前から。」 
 「自分たちだけで此処に住むことが出来る子供たちなんだね。それなら、森林警備官を手助けすることも出来るね。さあ、私と一緒に来なさい。」 
 森林警備官は、子供たちを連れて、樹が密集したところに行った。そこで、子供たちが夜に見張りをすると決めたのです。そして、万が一に樹に斧が入れられる音が聞こえたら、どうするかを指示したのです。 




第三十七章「子供たちが森林警備官になる」、おわり
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

37. Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十七章「子供たちが森林警備官になる」1   





Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες




  ≪ Από αύριο θα φέρω το φυλακείο μου εδώ πέρα ≫, είπε ο δασοφύλακας. ≪ Μου χρειάζεται όμως βοήθεια. Πρώτα μια καλύβα. Έπειτα πρέπει να μπορώ να ειδοποιήσω τους χωροφύλακες που είναι στο Μικρό Χωριό ή τον σταθμάρχη της Πέτρας, κάθως και τον δεύτερο δασοφύλακα, που είναι στους λοτόμους. Πρέπει ακόμα να έχω μια δεύτερη βάρδια, στην ανάγκη και τρίτη ≫.  
  Ο Αντρέας, όταν άκουσε αυτά, έβγαλε από την τσέπη του μια σφυρίχτρα. Ύστερα έκανε νόημα στ' άλλα παιδιά να βγάλουν τη σφυρίχτρα τους και να σφυρίξουν μονομιάς όλοι μόλις κουνήσει το χέρι.  
  Μια βροντερή σφυριξιά ακούστηκε από δέκα σφυρίχτρες. Μπορούσε ν' ακουστεί αρκετά μακριά.  
  ≪ Αν εμείς τα παιδιά χρειαζόμαστε ≫, είπε ο Αντρέας, ≪ είμαστε εδώ. Έχουμε τη σφυρίχτρα μας, το ραβδί μας και το σακούλι μας. Μπορούμε να πάμε στο Μικρό Χωριό και στην Πέτρα και στους λατόμους ≫.    





    子供たちが森林警備官になる   

 森林警備官はこう言ったのです。「明日からこちらに駐屯所を持って来よう。私には助けが必要だ。まずは小屋だ。それから、地方警察官たちに知らせることが出来る様にしないといけない。警察官たちは、ミクロ・ホリオかペトラの駐在所に居るのだ。同様に、伐採所に居る副森林警備官にもだ。それに、次更の見張りも必要だ、三更の見張りもどうしても要るだろう。」 
 それを聞くと、アンドレアスは、自分のポケットから呼び笛を取り出したのです。そうして、ほかの子たちに、それぞれ自分の呼び笛を出す様に、そして、手を動かすと直ぐに皆が一斉にそれを吹く様に、目配せしたのです。 
 十個の呼び笛から出た音は、まるで雷鳴の様に聞こえました。かなり遠くからでも聞こえたでしょう。 
 アンドレスはこう言いましたよ。「僕たち子供でも役に立つのなら、僕たちが、ここに居ますよ。自分たちの呼び笛を持っています。杖も袋も持ってます。ミクロ・ホリオにもペトラにも伐採所にも行くことが出来ますよ。」
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

36. Το πληγωμένο πεύκο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」3   





  Τα πληγωμένα πεύκα θα πεθάνουν σε λίγον καιρό. Θα πέσουν από τον πρώτο δυνατό αέρα ή θα ξεραθούν, γιατί δεν θα έχουν πια χυμό. Το τέλος τους το έχουν νιώσει, και όμως τραγουδούν, σαλεύουν και φυσούν όπως τα άλλα, τα γερά πεύκα. Με το κομμάτι κορμό που τους έμεινε πίνουν από τη γη όσον χυμό μπορούν ακόμα. Πρασινίζουν, έχουν ίσκιο. Έτσι σακατεμένα μπορούν και δροσίζουν τους ανθρώπους. Το φυσικό τους είναι να κάνουν το καλό, δεν αλλάζει.  
  Δέντρα, περήφανα δέντρα!   




 傷ついた松は、僅かの日数で死んでしまうでしょう。強い風が当たれば直ぐに倒れるでしょうし、あるいは、枯れてしまうでしょう。樹液がないのですから。自分たちの最後は、松も分かっているのです。けれども、他の元気な松と同じ様に、枝を揺らし、枝を鳴らし、歌うのです。松たちに残っている一部の幹を通して、地面から、松たちは、出来る限りの樹液を吸い上げているのです。緑の葉を着け、影を作るのです。障碍を持っても出来るのです。人間たちに涼しさを与えるのです。人に優しいと言うのが、松の性質なのです、それは変わらないのです。 
 松は、なんて堂々とした樹なのでしょう!     




第三十五章「傷ついた松」、おわり
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

36. Το πληγωμένο πεύκο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」2   





   Μερικά πεύκα σχεδόν τα είχαν γδύσει. Δεν είχαν αφήσει στο κορμί παρά λίγη φλούδα. Φαίνονταν σαν το κρεμασμένο σφαχτό. Απ' αυτές τις πληγές έτρεχε άσπρο ρετσίνι. Το ρετσίνι ακολουθούσε την τσεκουριά και στάλαζε κάτω σε μια λακκούβα, που την είχαν ανοίξει προς τη ρίζα των πεύκων, επίτηδες γι' αυτό. Όλη αυτή η σφαγή ήταν για το ρετσίνι. Για λίγες δραχμές που θα έβαζαν οι Πουρναρίτες στο σελάχι τους, αν το πουλούσαν.  





 何本かの松は、ほとんど裸にされていました。幹には、皮はほとんど残されてなかったのです。その松は、吊り下げられた食肉の様に見えたのです。その傷からは、白い松脂が流れ出ていました。松脂は、斧を伝って、下の穴に滴っています。その穴は、彼らが、意図して、松の根の前に開けておいたのです。この殺戮は、すべて、松脂の為だったのです。プウルナリの人々は、この松脂を売ると、自分たちの帯にほんの僅かの数ドラクマを入れることになるのです。  

posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

36. Το πληγωμένο πεύκο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」1   





Το πληγωμένο πεύκο



  Το απόγευμα ήρθε ο δασοφύλακας.  
  Η πρώτη του δουλειά ήταν να κατεβεί στο μέρος που του έδειξε ο Μπαρμπακώστας. Εκεί τον ακολούθησαν τα παιδιά. Για πρώτη φορά είδαν πληγωμένα πεύκα. Μια τσεκουριά κατέβαινε από πάνω από τη μέση τους κι έφτανε ως τη ρίζα. Ήταν μια πληγή ανοιχτή, η μεγαλύτερη πληγή που μπορούσε να δει κανένας. Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.   





     
傷ついた松
   

 午後には、一人の森林警備官が来ました。 
 最初の仕事は、バルバコースタスが彼に教えた場所に降りて行くことでした。そこには、子供たちが警備官を連れて行ったのです。皆んなは、傷ついた松を見るのは初めてだったのです。斧の一振りが松の中程から根元まで振り下ろされていました。開いた傷口でした。誰も見たことが無いようなとても大きな傷だったのです。傷が閉じることは決してないでしょう。もしも閉じさせたいのなら、もう何振りかの斧を開いた傷に受けなければならないでしょう。    





 Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.  のところ、意味が分からない。 
ήθελε は、三人称単数。パラタティコス。主格は、πληγή か? 
κρατούσαν は三人称複数。主格はάλλες τσεκουριές か? 
この動詞の対格になっているのは、代名詞 την 。女性代名詞単数。これは、πληγή のことか? 
ανοιχτή、形容詞女性対格単数形。これは、πληγήを形容しているのか? 
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」3 





  Πουρναρίτης είναι κι ο Μπαρμπακώστας. Αν ζούσε κι αυτός με λαθραία ξυλεία, τι θα κέρδιζε; Θα ήταν κλέφτης, χωρίς να είναι ούτε πιο ήσυχος ούτε πιο πλούσιος. Εικοσιπέντε χρόνια ζει από το δάσος χωρίς να το βλάψει ο Μπαρμπακώστας. Έγινε κορφολόγος. Μαζεύει και πουλάει ρίγανη, λεβάντα, θυμάρια και βότανα σπάνια για τα φαρμακεία και τα σπίτια. Όταν περνάει από την πόλη, τι ευωδιά που χύνει το σακί του!   





 バルバコースタスはプウルナリの人でした。彼が盗伐で暮らしているとしたら、どういう利益を得るのが当然なのでしょう? それは泥棒でしょう。平穏でいることも豊かになることもないのです。バルバコースタスは、二十五年間、森を傷付けることなく、森に頼って生活しているのです。彼は樹々の先を摘んで歩く人になったのです。オリガニやラベンダーやタイム、それに珍しい薬草を集めて薬屋や普通の家庭に売るのです。彼が街を通る時、彼の袋から流れ出る香りは何て好い香りなのでしょう! 



「子供たちが地方警察官に通報する」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」3    





  Ο Αντρέας τους είπε το άλλο πρωί ποιο είναι το χρέος τους.  
  Πέντε παιδιά έτρεξαν στο Μικρό Χωριό και ειδοποίησαν τους δύο χωροφύλακες που είναι εκεί, πως πλήγωσαν τον Μπαρμπακώστα. Άλλα πέντε πήγαν στους λατόμους και ειδοποίησαν τον δασοφύλακα για την καταστροφή που γίνεται στα πεύκα του Χλωρού.  
  Ο Μπαρμπακώστας ξύπνησε σήμερα καλύτερα. Τη νύχτα είχε πόνους, μα το δέσιμο της πληγής του με καθαρό επίδεσμο και το αντισηπτικό έφεραν αποτέλεσμα.    





 アンドレアスは、翌朝、ほかの子たちに自分たちの義務は何なのかを話したのです。 
 五人の子供がミクロ・ホリオに急いで行くのです、そして、そこに居る二人の村の警官に、バルバコースタスが怪我をさせられた、と報告するのです、と言うものでした。けれど、五人は、石切場に行って、ハロロの松に起こった壊滅について報告したのです。 
 バルバコースタスは、今日、少し良くなって目を覚ましました。夜には、ずっと痛みがあったのです、でも、彼の傷を清潔な包帯で巻いていたのと、化膿止めが功を奏したのです。 
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」2   





  ≪ Και τι, από τον δασοφύλακα πρέπει να τα περιμένουμε όλα; ≫ είπε ο Μπαρμπακώστας. ≪ Εμείς τι είμαστε; Καθένας που περνάει από 'δώ μέσα πρέπει να φυλάξει το δάσος. Κάθε άνθρωπος, όπου βρίσκεται, πρέπει να το προστατεύει όπως μπορεί. Εγώ έκανα το χρέος μου ≫.  
  Αφού ένας άνθρωπος αγράμματος κινδύνεψε για να σώσει τα δέντρα, αξίζει δα να κοπιάσουν γι' αυτά και τα παιδιά.      





 バルバコースタスはこう言ったのですよ。「それで、僕たちは、何もかもを森林護衛官に期待するのが好いの? 僕たちはどうなの? ここから森の中を通る人は誰もが、森を守らなくてはならないよ。ここにいる人間は、それぞれが、自分が出来る様に森を見守らなくてはならないよ。僕は、僕の義務を果たすんだ。」 
 一人の無学な人が、森を残すことにとっては、危険になるのです。それだから、そのことに子供たちが苦労することは、価値があるのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」1   






Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες






  Το πρώτο που ρώτησαν τα παιδιά, όταν άκουσαν αυτά, ήταν αν έχει φύλακες το δάσος. Τους είπαν πως υπάρχουν δύο δασοφύλακες. Μα το δάσος είναι τόσο μεγάλο, που δεν μπορούν να βρίσκονται παντού αυτοί οι δυο. Θέλουν ώρες να περάσουν. Έπειτα, ένας απ' αυτούς πρέπει να βρίσκεται στους λοτόμους, μην τύχει και κόψουν δέντρα που δεν επιτρέπεται να κοπούν.  
  Μένει ένας δασοφύλακας, κι αυτός πρέπει να φυλάξει όλο το δάσος.    








      子供たちが地方警察官に通報する   


 それを聞いて、子供たちが質問した最初のものは、森には番人がいないのか、と言うことでした。ゲロサナシスさんたちは、子供たちに、二人の森林警備官が居ると、言いました。でも、森は、とても広いのです。二人が森の至る所に、居ることは出来ないのです。森を通り抜けるのには時間が掛かるのです。それに、二人のうちの一人は、切ることを許可されてない樹を間違って切らない様に、伐採の現場に居なければならないのです。 
 もう一人が、森林警備に残るのです。彼一人が、森全体を監視しなければならないのです。
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

34. Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十四章「森を食い尽す人間」3   





  Εδώ και δυο χρόνια έχουν αρχίσει να βγάζουν κρυφά ρετσίνι. Πολλά από τα πιο όμορφα πεύκα του Χλωρού είναι πελεκημένα και γδαρμένα.  
  Έτσι οι Πουρναρίτες μπήκαν στο δάσος, όπως το σκουλήκι μπαίνει στον κάμπο και το σαράκι στο ξύλο.      





 彼等が、こっそりと松脂を採る様になって二年です。ハロロの美しい松の中の多くが、今は、斧で切られ、皮が剥がれているのです。 
 そうして、プウルナリ村の人々は森に入りました。まるで、毛虫が樹の幹に入る様です、また、木喰い虫が材木に入り込む様にです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

34. Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十四章「森を食い尽す人間」2    





  Άλλοι πάλι ξεφλουδίζουν λίγο τον έλατο γύρω-γύρω για να ξεραθεί. Ύστερα από καιρό πηγαίνουν και τον κόβουν. Πολλοί απ' αυτούς στην άκρη του δάσους καίνε τους θάμνους και τα δέντρα για να κάνουν χωράφια. Κι ύστερα προχωρούν μέσα στο δάσος. Έτσι με τον καιρό γυμνώνουν ράχες ολόκληρες.   





 また、何人かの人たちは、少しだけだけどぐるりと一周、樅の樹の皮を剥ぐのです。枯らせる為です。そうして、時間が経ってから、また行って、それを切るのです。プウルナリ村の多くの人は、森の端で、薮と樹々を燃やすのです。畑を作る為でなのです。そうして、次には、森の真ん中に進んで行くのです。ですから、時間が経つと共に、尾根全体が禿げてしまうのです。 
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

34. Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十四章「森を食い尽す人間」1    




Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος




  Οι Πουρναρίτες, έλεγε ο κυρ-Στέφανος, είναι από το χωριό Πουρνάρι, που βρίσκεται χαμηλά, κάπου δυόμισι ώρες από το Χλωρό.  
  Πολλοί απ' αυτούς το είχαν επάγγελμα να ζουν ρημάζοντας το δάσος. Πάνε μια νύχτα και δίνουν τσεκουριές σ' έναν μεγάλο έλατο, που μπορεί να δώσει πολύ και γερό ξύλο. Γκρεμίζουν τον έλατο και τον κομματιάζουν. Ύστερα φορτώνουν τα κούτσουρα στο μουλάρι και τα πηγαίνουν λίγα-λίγα στο χωριό.   





      森を食い尽す人間  

 ステファノスさんはこう言います。その人々はプウルナリ村の人々なのです。プウルナリ村はハロロから二時間かかる低地にあるのです。 
 プウルナリ村のほとんどの人たちも生きる為に職業を持っているのですが、それは、森を荒らすことになってしまうのです。夜に出かけて、大きな樅の樹に斧を呉れるのです。頑丈な材木をたくさん、彼等にもたらすのです。樅の樹を引き倒して、それを小さく切り分けるのです。それから、ラバに丸太を積むのです。そして、少しずつ、少しずつ、村に運ぶのです。
posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

33. Ένα ξαφνικό επεισόδιο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十三章「出し抜けの一悶着」3   




  Τώρα κατάλαβαν ποιος είναι. Είναι εκείνος που γυρίζει κάτω στην πόλη και πουλάει ρίγανη, κάπαρη, βότανα κι ελατόπισσα. Είτε από την ταραχή τους είτε από το λίγο φως, τα παιδιά δεν είχαν γνωρίσει αμέσως τον καημένο τον Κώστα τον Κορφολόγο.  
  ≪ Τ' είναι, Κώστα, ποιος το 'καμε; ≫ ρώτησε ο Γεροθανάσης.  
  ≪ Να, αυτά τα θηρία, οι Πουρναρίτες. Ήταν και πάλι δυο απ' αυτούς και χτυπούσαν με το τσεκούρι ένα θεόρατο πεύκο. " Γιατί, πατριώτη; " του λέω. " Τι σου φταίει το πεύκο; " " Τα βότανά σου να κοιτάζεις εσύ ", μου απάντησε. " Μα καλά ", του λέω, " καταστρέφετε ένα πράμα του Θεού, που θέλει πενήντα χρόνια να ξαναγίνει. Εσείς οι Πουρναρίτες θα φάτε το δάσος. Δεν λογαριάζετε τουλάχιστον την εξουσία; " " Εξουσία ", απάντησε, " είναι εκείνο που μας αρέσει. Να πας από 'δω και συ κι αυτή ". Λέγοντας αυτά ο ένας με φοβέριζε με το τσεκούρι. Ο άλλος σήκωσε από κάτω ένα ξύλο και με χτύπησε. Όταν ξεζαλίστηκα και κοίταξα γύρω μου, είχαν γίνει και οι δυο άφαντοι. Έτσι μου 'μελλε να πάθω ≫.  
  ≪ Τα θηρία ≫, φώναξε ο Γεροθανάσης. ≪ Ως τώρα χτυπούσαν το κλαρί, τώρα θα μας φάνε και τους ανθρώπους ≫.






 もう、子供たちは、この人が誰なのか分かったのです。街を回って、オレガノ、カッパー、ハーブ、樅の樹の樹脂を売っている人なのです。子供たちは、動揺していることもあり、光りが少ないこともあり、怪我人が直ぐに誰だか分からなかったのですけれど、コースタス・コルフォロゴスさんだったのです。 
 「どうしたんだ、コースタス、誰がこんなことをしたんだ?」 
 「獣だよ、プウルナリの奴らだ。また、奴らのうちの二人が居たんだ。斧で大きな松を打っていたんだ。僕は一人に言ったんだ「同朋のあんた、どうしてそんなことをしてるんだ? 松が何か悪いのか?」。そいつは僕に答えたよ「あんたは、ハーブを探してな」。僕は言ったよ「それはどうも。あんたたちは神が創られたものを壊すのかい。そこまで成るのに五十年はかかるんだよ。あんたたち、プウルなりの人たちは、森を食い潰してしまうよ。少なくても権利と言うものも考えないのかい?」 奴はこう答えたんだ「権利、権利は俺たちを気に入ってるよ。お前は何処かへ行けよ。」 そう言うと、一人が、斧で僕を脅したんだ。もう一人が、下から材木を取り上げて、それで僕を殴ったんだ。気を取り戻すと、自分の周りを見たよ。二人は居なかった。奴は僕を酷い目に会わすつもりだったんだ。 」 
  「獣だ。」とゲロサナシスさんは叫びました。「今までは、樹の枝を打っていた。とうとう、私たちを、人間を苛んだ。」
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

33. Ένα ξαφνικό επεισόδιο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十三章「出し抜けの一悶着」2   





  ≪ Εγώ ≫, είπε εκείνος αδύναμα. ≪ Βάλ' τε μου κανένα πανί ≫. Κι έγειρε κι ακούμπησε στο δέντρο.  
  ≪ Όχι εδώ ≫, είπε ο Γεροθανάσης, ≪ στην καλύβα πάμε ≫. Και ζήτησε γρήγορα νερό και πανί.  
  Τα παιδιά είχαν δειλιάσει και πολλά χλόμιασαν. Δεν είχαν δει άλλη φορά πληγωμένον. Όλη τους η σημερινή χαρά χάθηκε ξαφνικά.  
  Ο Αντρέας όμως δεν έχασε καιρό. Σε τέτοιες στιγμές ενεργούν αμέσως. Άρπαξε το φανάρι κι έφεξε στον Γεροθανάση και στον πληγωμένο για να μπουν στην καλύβα. Παράγγειλε στους άλλους να τρέξουν στη βρύση για νερό. Έπειτα πήρε δεύτερο φανάρι αναμμένο, έτρεξε στην καλύβα με τα τρόφιμα, έσκισε ένα δέμα κι έβγαλε από 'κει μέσα μερικά πράγματα. Ήταν επίδεσμοι, μπαμπάκι και αντισηπτικό, τα πρώτα που πρέπει να έχουν όσοι πάνε να ζήσουν στην ερημιά. Με αυτά γύρισε στην καλύβα του αρρώστου.  
  Ο Αντρέας κι ο Δημητράκης είχαν μάθει να δένουν επιδέσμος. Ο Γεροθανάσης το ήξερε πρακτικά, μόνο αντισηπτικό δεν καταλάβαινε τι θα πει. Οι τρεις τους, βοηθώντας ο ένας τον άλλο, έδεσαν καλά το κεφάλι του χτυπημένου. Ο Γεροθανάσης του έδωσε λιγό νερό να πιει και τον πλάγιασε στο στρώμα.       



τε = και



 その人は、「私だ。何か布を当ててくれ。」と弱々しく言いました。そして、屈み込んで樹に凭れ掛かったのです。 
 ゲロサナシスさんは言いました。「そこではない。小屋に行こう。」 直ぐに、水と布を探したのです。 
 子供たちは、怖じ気づきました。ひどく蒼褪めたのです。こんな怪我を見たことがなかったのです。きょうの楽しかったことは、瞬く間に、無くなってしまいました。 
 けれども、アンドレアスは、時間を無駄にしませんでしたよ。そんな瞬間でも、直ぐに、時間は経つものなのですから。ランプを引っ掴むと、小屋に入れる様に、ゲロサナシスさんと怪我人を照らしました。他の子供たちに、水を取りに泉へ急ぐ様に命令しました。それから、灯の点いた二つ目のランプを手に取って、食料の小屋に走って行ったのです。包みの一つを裂きました。その中から、幾つかの物を取り出したのです。包帯と綿と化膿止めでした。それらは、人里離れたところに住み人なら誰でも、まず持つべき物なのです。それらを持って、病人の小屋に戻りました。 
 アンドレアスとディミトラキスは、包帯の結び方を学んでいました。ゲロサナシスさんは、化膿止めを何と言うのかは分からなかったのですけれど、実際の使い方は知っていたのです。三人は、お互いに助け合いました。そして、傷付いた頭に、上手に包帯を結んだのです。ゲロサナシスさんは、男の人に、少しの水を与えて飲ませました。そして、マットレスにその人を寝かせたのです。
posted by kyotakaba at 17:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

33. Ένα ξαφνικό επεισόδιο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十三章「出し抜けの一悶着」1  





Ένα ξαφνικό επεισόδιο




  Ο Γεροθανάσης φεύγοντας από τα παιδιά πήγε στους λατόμους. Το βράδυ, όταν γύριζε από 'κει πέρασε πάλι από τις καλύβες των παιδιών. Στάθηκε, άναψε την ίσκα του, το τσιγάρο του, και μάλωσε τον σκύλο που τον άφησε κι έφυγε. Αυτό στ' αστεία. Γιατί είπε στα παιδιά πως τους χάριζε τον Γκέκα. Ένας σκύλος, λέει πάντα τους χρειάζεται.
  Κατά τις εννιά το βράδυ ακούστηκαν βήματα ενός ανθρώπου. Ο άνθρωπος πλησίασε και καλησπέρισε. Μα φαινόταν ανήμπορος. Όταν ήρθε στο φως, τον είδαν ματωμένο. Αίματα είχαν τρέξει από το κεφάλι του στο ανοιχτό του στήθος, στο ρούχο του, κι έτρεχαν ακόμα.
  Ο Γεροθανάσης τινάχτηκε επάνω. ≪ Εσύ 'σαι, Κώστα; ≫ φώναξε.      





      出し抜けの一悶着   

 ゲロサナシスさんは、子供たちの所から立ち去って、石切り場へ行ったのです。夕方、石切り場から戻る時、ゲロサナシスさんは、もう一度、子供たちの小屋の前を通ったのです。ゲロサナシスは立ち止まって、イスカに火を点けたのです。[ 茸の一種。乾燥させて火を点けて、燈火に使う。 ] それから、煙草に火を点けました。それから、自分を置いて行った犬を叱ったのです。それは、冗談だったのです。だって、ゲロサナシスさんは、ゲガスを子供たちにあげるって、言っていたのですから。犬が、子供たちには、いつでも役に立つだろう、と言うのです。 
 宵の九時頃、子供たちは、一人の人間の足音を聞いたのです。その人間は近づいて、こんばんわ、と言ったのです。でも、具合が悪そうなのです。その人が明りの下に出ると、子供たちは、その人が血だらけなのに気がついたのです。血は、その人の頭から、開けた胸へ流れていました。まだ、流れ続けていました。 
 ゲロサナシスさんは、飛び上がったのです。「お前、コースタスか?」と叫びました。 
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」3  





  Αφού πήδησε κάμποσες φορές χωρίς να τον κυνηγήσουν, ξαναγύρισε και κουνιόταν πότε στο ένα, πότε στο άλλο παιδί. Ήταν σαν να 'λεγε : ≪ Δεν θα μου μάθετε κανένα παιχνίδι; ≫  
  Στο τέλος άρπαξε την πετσέτα του Φουντούλη στα δόντια του και την έφερνε με μανία βόλτες στον αέρα. Τότε όλα τα παιδιά με γέλια και φωνές τον κυνήγησαν γύρω στις καλύβες. Τρέχοντας γλιστρούσε, έπεφτε, γαύγιζε, φυσούσε και σιγομούγκριζε, σαν να έγινε κάτι σπουδαίο. Μα κι αλήθεια, κάτι σοβαρό γινόταν. Κατόρθωσε ο Γκέκας να τον κυνηγήσουν. Αυτό ήθελε. Πού να γυρίσει τώρα στον Γεριθανάση!  
  Τα παιδιά πάνε με τα παιδιά.     





 ゲガスは、どれだけ跳ねても、子供たちが後を追って来ないものだから、戻って来ました。そして、ある子に尻尾を振っては、また、別の子のところに行って、尻尾を振ったのです。それはまるで、こう言っている様でしたよ。「ねえ、ぼくに、なにかあそびをおしえてよ。」 
 最後には、ゲガスは、フォンドリスのタオルに噛み付いてひったくったのです。そして、夢中になって、タオルを空中で振り回したのです。そうすると、子供たちも、笑いながら、叫びながら、小屋のを回って、ゲガスを追い掛けたのです。ゲガスは、走っては滑り、転んで、吠え、ハァハァ言って、小声で唸るのです。まるで、偉くなったみたいにです。でも、実際、ゲガスは真面目だったのです。ゲガスは、子供たちに自分を追わせると言う目的を達成したのです。そうしたかったのです。そして、やっと、ゲロサナシスさんのところへ帰りました。 
 子供たちには、子供たちが合っているのです。     





第三十ニ章「対狐の義勇警察官」、おわり   

posted by kyotakaba at 15:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」2 





  Ο Γκέκας γεννήθηκε κι αυτός τσοπανόσκυλο. Έχει αυτιά όρθια και μυτερά, και το μαλλί μεγάλο και δασύ. Είναι άσπρος μ' ένα σταχτί μπάλωμα στη ράχη, στα πόδια και στο πρόσωπο. Φαίνεται ενός χρόνου σκύλος και είναι κουτάβι.  
  Α, μα δεν υποφέρεται η ζωή στα βλάχικα. Σαν πολύ βαρύς είναι ο Γεροθανάσης. Προχτές που του δάγκωσε λιγάκι ο Γκέκας τη φουστανέλα, έφαγε μια με την αγκλίτσα. Δεν παίζει ο γέρος. Μα ούτε και τα μικρά παιδιά παίζουν. Πάνε με το κοπάδι. Ο Λάμπρος, που ήταν μικρός, βόσκει διακόσια γίδια. Δεν έφτανε αυτό, διαβάζει τώρα και μια φυλλάδα. Να παίξει με τα πρόβατα : Αυτά δεν παίζουν, μόνο βόσκουν. Λοιπόν σηκώθηκε ο Γκέκας κι ήρθε στα παιδιά. Και να τον διώξουν, δεν φεύγει από 'δώ.    





 ゲカスは牧羊犬として産まれたのです。直立して尖った耳を持ってます。毛は長くて詰んでいます。白色で、背中と足と顔に灰色のぽっちがあるのです。一歳になったばかりの様に見えます。子犬なのです。 
 でも、山岳での生活は辛くないのです。ゲロサナシスさんは、とっても厳格ですから。一昨日、ゲカスは、ほんのちょっと、フスタネーラを齧ったのです。すると、杖でぶたれました。老人は遊ばないのです。でも、小さな子供のラブロスも遊ばないのです。山羊の群れと一緒に行ってしまいますから。ラブロスは、幼いです。でも、二百頭の山羊を放牧させているのです。それに、ラブロスは来ていません。今は、冊子を読んでいるのです。では、羊たちと遊びましょうか? 羊たちは遊ばないのです。ただ、草をもしゃもしゃ食べるだけなのです。そうして、ゲカスは立ち上がったのです、そして、子供たちの所へ来たのです。子供たちは、ゲカスを追い返したけれど、ゲカスは、ここから帰らないのです。
posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」 




Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού




  Φεύγοντας ο Γεροθανάσης άφησε κι άλλο δώρο : τον μικρό του σκύλο, τον Γκέκα.  
  Ο Γκέκας είχε έρθει μαζί του, μα τώρα δεν έφευγε. Ήθελε να μείνει με τα παιδιά. Ακολούθησε τον Γεροθανάση ως τα δέντρα, έπειτα ξαναγύρισε. Ο Γεροθανάσης του φώναξε, πάλι ο Γκέκας πήγε ως εκεί, μα πάλι ξαναγύρισε. Αφού γύρισε δυο-τρεις καλύβες και τις μύρισε καλά, στάθηκε μπροστά στον Δημητράκη και στον Κωστάκη, και τους κοίταξε κουνώντας την ουρά, σαν να τους έλεγε : ≪ Παίζουμε; ≫ Πριν του απαντήσουν, άρχισε αυτός τα πηδήματα. Έτρεχε χωρίς να τον κυνηγάει κανείς. Δηλαδή : ≪ Αν δεν παίζετε εσείς, παίζω εγώ ≫.  
  Τα παιδιά έβαλαν τα γέλια. Να ένας εθελοντής !





        対狐の義勇警察官   

 ゲロサナシスさんは、もう一つの贈り物を置いて、帰って行ったのです。小さい犬だったのです。ゲカスです。 
 ゲガスはゲロサナシスさんと一緒に来たのです。でも、帰らなかったのです。子供たちと残りたがったのです。木立まで、ゲロサナシスさんに付いて行きました。それから、ぐるっと戻って来たのです。ゲロサナシスさんは、ゲガスを呼びました。ゲガスはそこまで行きました。でも、また、戻って来たのです。二、三棟の小屋を回って、それをよく嗅いだのです。それから、ディミトラキスとコスタキスの前で止まりました。そして、二人を見詰めると、尻尾を振ったのです。まるで、ふたりにこう言っている様でしたよ。「あそびましょ、」 ふたりがゲガスに答える前に、ぴょんぴょんし始めました。誰も追っかけないのに、走り出したのです。こうです。「ふたりがあそばないなら、ぼくあそぶから。」 
 子供たちは、笑い出しました。そう、有志なのです。 
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

Ο Γεροθανάσης 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





  Μ' αυτή την υπογραφή πουλάει, αγοράζει, ξέρει που βρίσκεται η περιουσία του.  
  ≪ Ξέρω κι εγώ ≫, λέει, ≪ δεκάξι γράμματα ≫.  
  Και λέει αλήθεια. Τα μέτρησε μια φορά όσα κάνουν την υπογραφή του και τα βρήκε δεκαέξι. Μια ζωή τώρα δεν έγιναν δεκαεφτά.  
  Ό,τι του λείπει σε γράμματα, το έχει ο Γεροθανάσης σε νου. Δεν τον γέλασε κανείς, μα ούτε και γέλασε κανέναν. Λόγο δεύτερο δεν έχει. Έναν και σωστό. Όταν κατεβαίνει στην πολιτεία - γιατί πηγαίνει και στην πολιτεία μια φορά τον χρόνο, τη Λαμπρή - πιάνει όλο τον δρόμο και γυρίζουν και τον κοιτάζουν αυτόν και την αγκλίτσα του. Τότε κουνούν το κεφάλι και λένε : ≪ Τι γάλα να τρώει! Τι γιαούρτια! Τι μυζήθρες! ≫  
  Είναι ογδόντα χρόνων, μα την αγκλίτσα δεν την πάτησε χάμω. Πόσες φορές είδε ν' ανθίζει ο γάβρος κι η οξιά! Πόσοι χειμώνες έριξαν επάνω του τη βροχή και το χαλάζι! Και πάλι ολόισιος είναι.  
  Να 'χουμε τα καλά σου γεράματα, Γεροθανάση!    





 その署名で、彼は、物を売り、物を買うのです。自分の財産が何所にあるのか、分かっているのです。 
 「文字を十六も知っておる、私は。」とゲロサナシスさんは言いました。 
 本当のことを言っているのです。ある時、署名をして、文字を数えたのです。すると、文字は十六あったのです。一生かかって、十七文字にはならなかったのです。 
 ゲロサナシスさんは、文章に無いものは全部、頭の中に入れていたのです。誰も、ゲロサナシスさんを騙しませんでしたし、ゲロサナシスさんは誰も騙さなかったのです。二番目の言葉はなかったのです。一言、「よし」だけなのです。街に降りると、と言うのも、ゲロサナシスさんは一年に一度、復活祭の時に、街に降りていたのですから、通りを独り占めにするのです。皆んながゲロサナシスさんを取り巻いて、彼の羊飼いの曲がった杖をじっと見詰めるのです。そうして、頭をゆっくり振って、言うのです。「すばらしい食用のミルク! すばらしいヨーグルト! すばらしいミジスラ! ( 山羊の乳のチーズ )」 
 ゲロサナシスさんは、八十歳です。でも、杖を地面に押し立てないのです。野生のイラクサやブナが花を着けるのを、一体何回見たことでしょう! 何回の冬が、彼の上に、雨や霰を降らせたでしょう! それでも、背筋がしゃんとしているのです。 
 私たちは、あなたの年齢をお祝いしましょう、ゲロサナシスさん!    





第三十一章「ゲロサナシス」、終り   
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする