2018年03月01日

44. Το λουτρό 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」7  





  Το φαράγγι αντιλαλούσε τα γέλια τους και τις φωνές. Δυο κοτσύφια που είχαν τρομάξει στην αρχή, ξαναήρθαν εκεί και βρέχονταν. Τα πλατάνια έπλεκαν τους κλώνους τους από πάνω και έκαναν πράσινα τόξα. Το νερό ήταν καθαρό σαν διαμάντι. Έβγαινε από την καρδιά του βουνού.  
  Ρούμελη, κρύα Ρούμελη!  
  ≪ Και τώρα πώς θα στεγνώσουμε; ≫ ρωτά ο Κωστάκης, άμα βγήκαν από το νερό.   





 渓谷は子供たちの笑い声と叫び声を谺させていましたよ。初めは恐がっていたもう二羽のクロウタドリも、やっぱりやって来てびしょ濡れになりました。何本もあるプラタナスは、上の方で小枝を編んで、緑の丸天井を作っていました。水はダイアモンドの様に透明でした。水は、山の中心から出ているのです。 
 ルウメリ、冷たいルウメリ! 
 そして、水からあがって直ぐに、「それでだけど、どうすれば乾かせるの?」とコスタキスが尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

44. Το λουτρό 6  

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」6  





  Ο Κωστάκης έβαλε το πόδι του στο νερό, μα σταμάτησε φοβισμένος. Το βρήκε κρύο. Θέλησε να φύγει, μα ο Πάνος αρπάζοντάς τον από το χέρι τον τράβηξε μέσα και τον βούτηξε όλον. Ο Κωστάκης με την πρώτη βουτιά ξαφνιάστηκε. Του φάνηκε πως πούντιασε και χάθηκε! Αμέσως όμως κατάλαβε πως τον κρύωνε ο φόβος του, όχι το νερό. Στην αρχή ένιωσε ψύχρα, τώρα αισθάνεται δροσιά και ευτυχία. Πετούσε νερό στους άλλους.
  ≪ Ορίστε, τώρα μας πετάει νερό κι ο Κωστάκης! ≫ συλλογίστηκαν οι άλλοι τρεις. Γδύθηκαν κι αυτοί και έπεσαν μέσα.  





 コスタキスは水に片足を付けて見たのですけれど、でも、恐くて止まってしまったのです。冷たいと思ったのです。コスタキスは戻りたかったのです。でも、片手を乱暴につかまれて水の中に引っ張られたのです。そして、身体全部が水に浸かってしまいました。彼は、はじめての飛び込みで驚きました。風邪を引いて死んでしまう様に思えたのです! でも直ぐに、自分を冷たくしているのは、彼の恐怖だと分かったのです、水ではないと分かったのです。最初は寒さを覚えたのです、でも今は、涼しさと楽しさを感じているのです。他の子たちに水を掛け始めました。 
 「ごらんよ、今度は、コスタキスが僕たちに水を掛けてるよ!」 他の三人も考えました。裸になって水の中に飛び込みました。
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

44. Το λουτρό 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」5   





  ≪ Μη, μη! ≫ του φώναξαν. ≪ Θα κρυώσεις. Έβγα έξω! ≫
  Ο Πάνος έμπαινε παραμέσα. Χτυπούσε τα χέρια του στο νερό, έλουζε το κορμί του, βουτούσε και το πρόσωπό του. Γελούσε και τίναζε στάλες στον αέρα.
  ≪ Φοβάστε! Ου, φοβάστε! ≫ φώναζε και τους πετούσε νερό.
  Ο Κωστάκης άρχισε να βγάζει τα ρούχα του. Στάθηκε γυμνός στην όχθη.
  ≪ Θα πέσεις, Κωστάκη; Πέσε! Εμπρός, θάρρος! Αμ δεν θα πέσεις! ≫ του φώναξαν.





 「だめ、だめ!」と子供たちはパノスに叫びました。「冷えちゃうよ、水から出て!」 
 パノスはもっと中に入りました。両手で水を打って、胴を洗うのです、それに、顔を水に浸けるのです。笑って、滴を空中に跳ね飛ばすのです。 
 「こわいぞ! おお、こわいぞ!」とパノスは叫んで、皆んなに水を投げつけるのです。 
 コスタキスは、服を脱ぎ始めましたよ。裸になって、岸に立ったのです。 
 「コスタキス、飛ぶのか? 飛べ! 前へ、勇気だ! それとも、飛ばないの!」とパノスは、コスタキスに叫びました。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

44. Το λουτρό 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」4   





  Περήφανη κατέβαινε και βροντούσε τα νερά της. Τα πλατάνια στη μια και στην άλλη όχθη της χαίρονταν το νερό. Άλλα δέντρα έσκυβαν από τις πλαγιές να πιούν. Το ρέμα εκεί κοντά πλάταινε και σχημάτιζε μια δεξαμενή, που έβλεπες και το τελευταίο λιθαράκι μέσα. Αλλού είχε σκαλοπάτια από γυαλιστερά λιθάρια. Το νερό κατέβαινε τα σκαλοπάτια και σχημάτιζε άσπρους καταρράκτες.  
   Ώσπου να καλοκοιτάξουν τα παιδιά, είδαν τον Πάνο γδυτό να μπαίνει στο νερό.   





 堂々と落ちています、ルウメリの水は轟いているのです。ルウメリのこちらあちらの岸に幾本もあるプラタナスは水を喜んでいますよ。他の樹々は、水を飲む為に脇の所で曲がっているのです。流れはこの近くで幅を広げて、淵を作っているのです。その中に最後の小さな岩が見えるのです。他の場所では、きらきら光る石で出来た階段がありました。水はその階段を下りて来るのです。そして、何段かの真っ白な滝を作るのです。 
 子供たちがしっかりとその様子を見る前に、パノスが裸になって水の中に入るのに気がついたのです。
posted by kyotakaba at 14:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

44. Το λουτρό 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」3   





  Τι ωραία που αντιλαλεί το κυπρί του στα φαράγγια!  
  Είχαν ταξιδέψει κάπου μια ώρα.  
  ≪ Ακούτε, παιδιά; ≫, είπε ο Κωστάκης και στάθηκε. Στάθηκαν κι οι άλλοι και άκουγαν. Ερχόταν μια βοή.  
  ≪ Νερό! ≫ είπαν τα παιδιά.  
  Ο Κωστάκης στάθηκε πάλι, έβαλε το αυτί του και, καθώς άκουσε πολύ νερό, φώναξε χαρούμενος. ≪ Η Ρούμελη! ≫  
  Σαν ν' ακούστηκε τ' όνομα καλού φίλου που έρχεται, έτρεξαν τον κατήφορο για τη δουν μια ώρα πρωτύτερα.
  Ήταν η Ρούμελη.  





 なんて素敵な時間でしょう、渓谷に大鈴が谺しているのですよ! 
 子供たちは一時間くらいを旅したのです。 
 「みんな、聞こえる?」とコスタキスは言って立ち止まりました。他の子たちも立ち止まって、耳を傾けました。ざわざわと言う音が聞こえました。 
 「水!」、子供たちは言いました。 
 コスタキスは、また、立ち止まりました。耳を澄ますと、もっとたくさんの水が聞こえたのです、それと同時に、うれしそうに叫びました、「ルウメリだ!」。 
 まるで、大親友の名前が耳に届いて聞こえたかの様に、子供たち坂を走り出して、少しでも早く素晴らしい光景を見ようとしたのです。 
 ルウメリです。 
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

44. Το λουτρό 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」2   





  Το ψωμί των παιδιών το ετοίμαζαν με πληρωμή οι γυναίκες των λατόμων. Το σιτάρι όμως το πήγαιναν μόνα τους για να το αλέσουν στον μύλο. Έστειλαν και πήραν από τους λατόμους το μουλάρι. Το πρωί ξεκίνησε ο Πάνος, ο Καλογιάννης, ο Μαθιός, ο Κωστάκης κι ο Φάνης. Πέντε μυλωνάδες.  
  Όσο για τον δρόμο είχαν ρωτήσει από χτες και ξέρουν που είναι. Πήραν τα σημάδια καλά. Έπειτα δεν μπορεί να γελαστούν, αφού έχουν μαζί τους έναν πολύτιμο οδηγό, το μουλάρι. Αυτό πηγαίνει μόνο του στον μύλο. Καταλαβαίνει σαν άνθρωπος. Ξέρει τώρα για που κίνησαν τα παιδιά. Είναι το ζώο που πατάει στερεά στους γκρεμούς. Βλέπει τη νύχτα και θυμάται όλους τους δρόμους που πέρασε στο σκοτάδι.  





 子供たちのパンは、石切場の奥さんたちがいっぱいに用意してくれたのです。けれども、小麦は、挽いてもらいに自分たちで水車小屋に持って行きました。使いを出して、石切り職人たちから、ロバを一頭借りたのです。朝、パノス、カロヤニス、マシオス、コスタキス、それにファニスは出発したのです。五人の粉挽き職人です。 
 道のことは昨日聞いていたのですから、どこだかは分かっていました。目印しを上手に取ったのです。それに、思い違いをする筈はありません、だって、有能な道案内、ロバと一緒なのですから。ロバは、ひとりで水車小屋まで行くのです。人間の様に分かっているのです。そうです、子供たちがどこへ行くのか知っているのです。断崖をしっかりと歩く動物なのです。夜でも見えるし、暗闇の中を通っている道を全部覚えているのです。 
posted by kyotakaba at 16:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

44. Το λουτρό 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」1   





Το λουτρό



  Απ' όλα τα παιδιά ο Πάνος χαίρεται περισσότερο το νερό. Αυτός κάθεται στη βρύση αποκάτω με το κορμί γδυτό και λούζεται. Αν βρει καμιά στέρνα στον δρόμο, μπορεί να γδυθεί και να βουτήξει.
  Ο κυρ-Στέφανος τον έβγαλε Κοτσυφοπάνο.
  Ο κότσυφας δεν είναι το πουλί που τρελαίνεται για το νερό; Όταν ακούσει νερό να τρέχει, κελαηδάει μέσα στο κλουβί. Κι ο Πάνος αν ακούσει νερό, πηδάει και χαίρεται. Μόλις άκουσε πως θα πάνε στον μύλο ν' αλέσουν, τι χαρές έκανε!
  ≪ Εγώ ≫, είπε, ≪ δηλώνω για μυλωνάς, Εγώ ≫.
  Συλλογίζεται από τώρα να καθίσει γδυτός στη βροχή του μύλου, εκεί που τινάζονται οι στάλες. Άλλη μια φορά το είχε κάνει και δεν ξεχνάει αυτή τη δροσιά.   






     水浴  

 子供たちみんなのうちでパノスが一番に水を喜んでいました。彼は裸で泉の底に座って水浴びをしているのですよ。パノスは道で貯水槽を見つけたら、裸になって飛び込み潜ってしまいかねないのです。 
 ステファノスさんは、彼をクロウタドリと呼んだのです。 
 クロウタドリは、水を大好きな鳥ではないのではなかったか知ら? 水が流れているのを聞くと、鳥かごの中でさえずるのです。それで、パノスは、水の音を聞くと、飛び上がって喜ぶのです。水が、粉挽きをしに水車小屋に流れ込んでいる音を聞くと、なんて喜ぶのでしょう! 
 「ぼくはね、」、とパノスは言うのです。「粉挽き職人のつもり、ぼくはね。」 
 彼は、今、水車小屋の雨の中に裸で座っていることを思っているのです。水車小屋では、滴が飛び跳ねているのです。そんなことがあったのです。パノスはその時の涼しさを忘れていないのです。 
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

43. Η κατάρα του πεύκου

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十三章「松の呪い」   





Η κατάρα του πεύκου



≪ Γιάνη, γιατί έκοψες τον πεύκο;
γιατί; γιατί; ≫
≪ Αγέρας θα' ναι ≫, λέει ο Γιάννης
και περπατεί.

Ανάβει η πέτρα, το λιβάδι
βγάνει φωτιά
Να 'βρισκε ο Γιάννης μια βρυσούλα,
μια ρεματιά!

Μες στο λιοπύρι, μες στον κάμπο
να ένα δεντρί...
Ξαπλώθη ο Γιάννης αποκάτου
δροσιά να βρει.

Το δέντρο παίρνει τα κλαδιά του
και περπατεί!
≪ Δε θ' ανασάνω ≫, λέει ο Γιάννης
≪ Γιατί; Γιατί; ≫

≪ Γιάννη, που κίνησες να φτάσεις; ≫
≪ Στα Δυο Χωριά ≫.
≪ Κι ακόμα βρίσκεσαι 'δω κάτου;
Πολύ μακριά! ≫

≪ Εγώ πηγαίνω, όλο πηγαίνω.
Τι έφταιξα 'γώ;
Σκιάζεται ο λόγγος και με φεύγει,
Γι' αυτό είμαι 'δώ.

Πότε ξεκίνησα; Είναι μέρες...
για δυο, για τρεις...
Ο νους μου σήμερα δεν ξέρω
τ' είναι βαρύς ≫.

≪ Να μια βρυσούλα, πιέ νεράκι,
να δροσιστείς ≫.
Σκύβει να πιέι νερό στη βρύση,
στερεύει ευθύς.

Οι μέρες πέρασαν κι οι μήνες
φεύγει ο καιρός.
Στον ίδιο τόπο είν' ο Γιάννης
κι ας τρέχει εμπρός...

Να το χινόπωρο, να οι μπόρες!
Μα πού κλαρί;
Χτυπιέται ορθός με το χαλάζι,
με τη βροχή.

≪ Γιάννη, γιατί έσφαξες το δέντρο
το σπλαχνικό,
που 'ριχνεν ίσκιο στο κοπάδι
και στο βοσκό;

Ο πεύκος μίλαε στον αέρα
-τ' ακούς τ' ακούς;-
και τραγουδούσε σα φλογέρα
στους μπιστικούς.

≪ Φρύγανο και κλαρί του πήρες,
και τις δροσιές,
και το ρετσίνι του ποτάμι
απ' τις πληγές.

Σακάτης ήτανε κι ολόρθος,
ως τη χρονιά
που τον εγκρέμισες για ξύλα,
Γιάννη φονιά! ≫

≪ Τη χάρη σου, ερημοκλησάκι,
την προσκυνώ.
Βόηθα να φτάσω κάποιαν ώρα
και να σταθώ...

Η μάνα μου θα περιμένει
κι έχω βοσκή... κι είχα και τρύγο...
Τι ώρα να 'ναι και τι εποχή;

Ξεκίνησα το καλοκαίρι
-να στοχαστείς-
κι ήρθε και μ' ήβρεν ο χειμώνας
μεσοστρατίς.

Πάλι Αλωνάρης και λιοπύρι!
Πότε ήρθε; Πώς;
Άγιε, σταμάτησε το λόγγο
που τρέχει εμπρός.

Άγιε το δρόμο δεν τον βγάνω
-με τι καρδιά;-
Θέλω να πέσω να πεθάνω,
εδώ κοντά ≫.

Πέφτει σα δέντρο απ' το πελέκι...
Βογκάει βαριά.
Μακριά του στάθηκε το δάσος,
πολύ μακριά.

Εκεί τριγύρω ούτε χορτάρι.
Φωνή καμιά.
Στ' αγκάθια πέθανε, στον κάμπο,
στην ερημιά.








      松の呪い 

「ヤニス、どうして、お前は松を切ったの? 
どうして? どうして?」 
ヤニスは言った、「お恵みになるのさ」、 
と、歩いて行った。 

石は燃え、草原は 
炎を出した、 
ほら、ヤニスは小さな泉を見つけた、 
それに谷川! 

灼熱の太陽の中、原っぱの中、 
ほら、一本の樹、、、 
ヤニスはその下に横たわり、 
涼もうと思った。 

その樹は、自分の枝を取り外し、 
それに、歩き出した! 
「僕は休めない」と、ヤニスは言った、 
「どうして? どうして?」 

「ヤニス、どこに行こうと出掛けたの?」 
「二つ村に。」 
「まだ、この下にいるの? 
ずっと遠くだよ!」 

「僕は歩いている、ずっと歩いている。 
何を間違ったのだろう、僕は? 
薮は影を作る、でも、僕を避けるんだ、 
だから、僕はここにいる。 

僕はいつ出発したんだろう? 何日も… 
二日、三日、… 
今日のぼくの頭は、
何の重刑かわからない。」 

「ほら、小さな泉だ、水を飲みなさい、 
喉をうるおすのです。」 
身を屈めて泉の水を飲もうとすると、 
直ぐに干上がった。 

何日も過ぎ、何か月も過ぎて、 
時間が去って行った。 
同じ所に、ヤニスはいる、 
さあ、前へ走れ、… 

さあ、秋だ、ほら、急に降り出す強い雨! 
でも、枝はどこに? 
雨と一緒に、 
霰が真っ直ぐ打ちつけられる。 

「ヤニス、慈悲深いあの樹を 
どうして斬り殺した、 
あの、羊飼いと羊の群れに 
影を投げ落していた樹を? 

松は風に話しかける、 
― 何が聞こえる、何が聞こえる? ― 
そして、懇意な友人たちに 
笛の様に歌い出した。  

「松の枯れ枝も、小枝も、取り去って、 
それに、露も、 
それに、傷口からは、
川程の松脂を取り去った。 

片端になっても、一年も、 
真っ直ぐ立ってた、 
あの松を、お前は切り倒した、 
ヤニス、殺し屋!」

「人里離れた小さな祠、あなたのお慈悲にすがります、 
お祈りします。 
助けてください、いつか着ける様に、 
立って…、 

僕の母は待っているだろう、 
牧場があるんだ…、葡萄の収穫があった・、 
ねえ、何時だろう、何の季節だろう? 

僕は夏に出発した、 
― よく考えてみて ―  
それから、冬が来て、僕を道の真ん中で 
見つけた。 

また七月、また暑い日! 
何時来たのか? どうやって? 
聖者よ、先へ逃げて行く 
薮を止めて下さい! 

聖者よ、僕は道に出られない 
― どんな気持? ― 
僕はもう死んでしまいたい、 
貴方の側で。」 

樹の様に、斧で切り倒され…、 
苦しげに呻いた。 
彼からずっと遠くに森はあった、 
とても遠くに。 

彼の周りには、草もない。 
何の声もしない。 
原っぱの茨の薮で、彼は死んだ、 
誰もいないところで。   



posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」4   




  Δίψα είχε, σταλιά δεν είχε να δροσιστεί. Και περνούσαν τα καλοκαίρια και τον έκαιγαν, κι οι χειμώνες και τον πάγωναν. Κι ο Γιάννης περπατούσε, κι ήταν πάντα στον ίδιο τόπο. Ώσπου σωριάστηκε.  
  Και του έβγαλαν ένα τραγούδι, που λέει όλη αυτή την ιστορία. Έχει και σκοπό. Μα όσο για τα λόγια, εγώ δεν τα ξέρω. Στα χαρτιά θα τα βρείτε, γιατί πέρασε στα χαρτιά αυτή η ιστορία.  
  Το τραγούδι του Γιάννη από το Πουρνάρι έτσι το λένε τα χαρτιά.  





 ヤニスは喉が渇きました、喉を潤すほんの小さな滴もなかったのです。いくつもの夏が過ぎて行きました、彼を焼いたのです。そして、いくつもの冬が過ぎて行きました、彼を凍えさせたのです。それでも、ヤニスは歩いていました、同じ所にいたのです。そしてとうとう、ばったりと倒れたのです。 
 そうして、彼を歌う歌が出来たのです。歌の中に、話しが全部歌われています。曲が付いたのです。歌詞のことは、わたしは知らないです。紙に歌詞が書いてあるのが、あなたたちにはわかるでしょう。お話しは紙の上で進んでいます。 
 だから、紙がプウルナリのヤニスの話しを語るのです。


  第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」3   





  Κίνησε να πάει στα Δυο Χωριά, να βρει τους μαστόρους να τους πει πως έχει ξύλο για πούλημα. Πέρασε ένα μερόνυχτο, δεν έφτασε. Πέρασαν τρεις μέρες, δεν έφτασε. Πέρασε ένας μήνας κι ήταν ακόμα στον δρόμο.  
  Ο πεύκος, λένε, την ώρα που έπεφτε τον καταράστηκε. Και σαν είχε την κατάρα του πεύκου, δεν μπορούσε ο Γιάννης να βγει ποτέ από τον κάμπο. Γιαί τα δέντρα, βλέποντάς τον, περπατούσαν κι έφευγαν. Κι ο λόγγος όλο τραβούσε μακριά. Κι ο Γιάννης όλο απόμενε στα ξερολίβαδα.  





 ヤニスは、二つ村に出発しました。職人たちに会って、自分は売り物の材木を持っていると言うつもりだったのです。一昼夜が過ぎました、でも、二つ村に着かなかったのですよ。三日が過ぎました、着かなかったのです。一ヶ月が過ぎました、ヤニスは、まだ、路に居たのです。 
 松は倒れる時にヤニスに呪いを掛けたのだ、と言われています。松の呪いで、ヤニスは原野から出られなかったのです。樹々が彼を見ると、歩き出して逃げて行ったからなのです。それに、薮は遠くに退いて行くのです。そうして、ヤニスは、ずっと、枯野に残されていたのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」2   






  Ώσπου ήρθε μια χρονιά ο Γιάννης από το Πουρνάρι και τον πελέκησε με το τσεκούρι για ρετσίνι. Και την άλλη χρονιά πάλι τον πελέκησε. Κι άμα έβγαλε δυο χρόνια το ρετσίνι, ο Γιάννης άρχισε να μετρά τα κούτσουρα που θα είχε, αν τον έκοβε ολότελα. Την τρίτη χρονιά τον γκρέμισε. Και πήγε στη μάνα του και της είπε : ≪ Μάνα, καλόν χειμώνα θα περάσουμε. Τον μισό πεύκο θα τον κάψουμε εμείς στο τζάκι, τον άλλο μισό θα τον πουλήσουμε στα Δυο Χωριά ≫.  





 そこに、ある年、プウルナリのヤニスがやって来たのです。そして、松脂を採ろうとこの松を斧で切りつけたのです。次の年も、また切りつけました。二年もこの松は松脂を出したものですから、ヤニスは、この松を全部切り倒したら、幹には松脂が何れ程あるのだろうかと測り始めたのです。三年目に、ヤニスは、この松を切り倒したのです。そして、お母さんのところに行って、こう言ったのです。「母さん、僕たちは、良い冬が過ごせそうですよ。松の半分を切って暖炉に使いましょう。後の半分は、二つ村に売りましょう。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」1   





Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι



  ≪ Βλέπετε κει κάτω μακριά ≫, είπε η Αφρόδω, ≪ κάτι χωράφια που κιτρινίζουν; ≫  
  Εκεί ήταν ένας πεύκος, μα τι πεύκος! Έκρουμε στα ουράνια, που λέει ο λόγος. Ο ίσκιος που έριχνε μαύριζε σαν το χράμι που είναι από τράγιο μαλλί. Από κάτω μπορούσε να σταλίσει ένα κοπάδι. Πουλί πετούμενο δεν περνούσε από μακριά δίχως να 'ρθει ν' αγγίξει την κορυφή του. Οι σταλαματιές από το ρετσίνι του σαν κεχριμπάρια, το φύσημά του ποτάμι, η δροσιά του γιάτρευε λαβωμένο. Λένε πως μέσα στο κορμί του κοιμόταν μια νεράιδα. Έτσι λένε. Μεγαλύτερος πεύκος δεν φάνηκε πουθενά. Τον θυμούνται δα εκείνοι που γέρασαν. Κι ο παππούλης κάθισε στον ίσκιο του.     





      プウルナリのヤニスの話し 

 「あなたたち、ずっと下の黄色になった畑の様なところが分かる?」と、アフロドウは言いました。 
 そこに、一本の松がありました。でも、なんて松なのでしょう! 空に触れているのです、言葉通りそうなのです。その松が投げ掛ける影が、山羊の毛で出来た柔らかい布の様に、辺りを暗くしているのです。その下で、群れが一つ休むことが出来るくらいです。空飛ぶ鳥は、遠くから来てこの松の梢に止まらずに通り過ぎることはないのです。その松から出た松脂の滴は、まるで琥珀のようですし、まるで川から吹く風の様なのですけれど、その爽やかさが、傷ついた人を治すのです。幹の中には、ひとりの妖精が寝ていると言われているのです。それに。これより大きな松は何所にも見られません。歳を取った人たちはこの松を思い出すのです。一人のおじいさんがその陰に座っていました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」3  





  Τόσο την έχουν αδερφή, που σήμερα την έβαλαν σε ράψιμο.  
  ≪ Ράψε, Αφρόδω, τούτο το κουμπί ≫.  
  ≪ Ράψε μου τον αγκώνα που σκίστηκε ≫.  
  Όσο κι αν είχαν μάθει στην ερημιά να ράβονται μόνοι τους, ήθελαν το ράψιμο της Αφρόδως. Πάντα πιο καλά ράβουν οι γυναίκες.  
  Η Αφρόδω κάθισε και μπάλωσε δυο-τρεις. Αν μπορεί να μπαλωθούν οι δασοφύλακες. Ύστερα πήρε τη ρόκα κι άρχισε να γνέθει.  
  ≪ Τώρα θα μας πει κανένα παραμύθι! ≫ συλλογίστηκαν τα παιδιά.  
  Όχι δεν τους είπε παραμύθι. Τους είπε την ιστορία του Γιάννη από το Πουρνάρι. Μια ιστορία που την ξέρουν όλοι, μεγάλοι και μικροί.    





 それに、今日は、子供たちはアフロドウにお姉さんになって貰っているのですよ。今日は、裁縫をして貰っているのです。 
 「アフロドウ、このボタンを縫って下さい。」 
 「僕には、裂けた肘を縫って下さいな。」 
 この人里離れた場所で、自分たちの服を新調するとしても、子供たちは、アフロドウの縫ったものを欲しがったでしょうね。ここの女性たちは、いつも、とても上手に縫うのです。 
 アフロドウは座って、ふたつ、みっつを繕いました。もしかしたら、森林警備官たちも繕いをするかも知れませんね。それから、アフロドウは糸巻きを取り上げて、糸紡ぎを始めたのです。 
 「さあ、彼女は、きっと、何かお伽噺をしてくれるよ!」と、子供たちは思ったのです。 
 違いました、お伽噺をしてくれなかったのです。プウルナリのヤニスの話しをしたのです。大人も子供も、皆んなが知っているお話しなのです。   





第四十一章「アフロドウの歌」、おわり   

posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」2  





  Προχτές τραγούδησε στον Φάνη και στον Δημητράκη ένα τραγούδι που άρχιζε με τα λόγια : Απόψε νειρευόμουνα. Το είπε χαμηλοβλέποντας και κοιτάζοντας τη ρόκα.

Απόψε νειρευόμουνα
-μητέρα, μητερίτσα μου-
ψηλόν πύργον ανέβαινα,
σε περιβόλι έμπαινα
και δυο ποτάμια με νερό
-ξήγα, μητέρα μ', τ' όνειρο!...


  Να είχε δει και κείνη τέτοιο όνειρο; Ήταν κάτι λυπητερό σ' αυτό το τραγούδι. Μα όταν το τελείωσε, χαμογέλασε. Κι άμα η Αφρόδω χαμογελάσει, όλα είναι καλά.   





 一昨日、アフロドウは、ファニスとディミトラキスに、ある歌を歌って聞かせたのです。歌は、こんな言葉で始まるのですよ。「」 この言葉を、下の方を見ながら、糸巻きを見詰めながら、口に出したのです。 

きのうのよる、こんなゆめみたの、 
母さん、わたしのおかあさん、 
高い塔に登ったの、 
お庭に入ったの、 
二本の川にお水が流れていたの、 
どんな意味なの、お母さん、この夢は!

 でも、彼女はそんな夢を見たのか知ら? その歌には、何か哀しいところがあります。けれど、アフロドウは、歌い終わると笑ったのです。アフロドウが笑うと、みんながご機嫌になりますよ。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」1   




Το τραγούδι της Αφρόδως



  Η Αφρόδω ήρθε σήμερα μαζί με τον Λάμπρο να δει τ' αδέρφια της. Έναν αδερφό είχε, τον Λάμπρο, και τώρα έγιναν εικοσιέξι. Μα και τα παιδιά ποτέ δεν έλεγαν πως θα έβρισκαν εκεί επάνω τόσο καλή αδερφή.  
  Εδώ και τρεις μέρες τους είπε το πιο καλό παραμύθι. Είπε για ένα κάστρο που είχε πόρτες ατσαλένιες και κλειδιά αργυρά. Για της Ωριάς το κάστρο.





     アフロドウの歌  

 アフロドウは、今日、ラブロスと一緒にお兄さんに会いに行ったのです。ラブロスの上にお兄さんがいるのです。もう、二十六歳でした。でも、このふたり、上にそんな立派なお兄さんがいるなんて、全く言いませんでしたよ。 
 さて、この三日間、アフロドウは、子供たちにとても楽しいお話を語っていたのです。銀の鍵の鋼鉄の扉があるお城のお話を話したのです。オリアのお城です。
posted by kyotakaba at 16:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

40. Το μαύρο τραγάκι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」4  





  Έτσι είπε και τ' απόλυσε να πάει μαζί με τ' άλλα.  
  Όχι, δεν θα το σφάξει ούτε γάμο της Αφρόδως. Ας είναι άτακτο. Ξέρει όμως να κυνηγά τις ευωδιές. Ξέρει να βρίσκει το άγγιχτο κλαρί.  
  Ο Γεροθανάσης το έχει στην καρδιά του. Μια μέρα φαίνεται πως θα το κάνει κεσέμι!    





 そう言うと、ゲロサナシスさんは子山羊を放して、他の山羊と一緒に行かせたのです。 
 いいえ。ゲロサナシスさんは子山羊を屠ふりはしませんよ、アフロドウの結婚式もないのです。お行儀の悪いままにさせましょう。子山羊は、いい匂いを探して歩く仕方を知っているのです、まだ誰も口を付けてない小枝を見つける仕方を知っているのですから。 
 ゲロサナシスさんは、それを心に留めました。いつの日か、この子山羊は群れの先頭に立つ日が来るでしょう。   




第四十章「黒い子山羊」、おわり。
posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

40. Το μαύρο τραγάκι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」3   





  Όταν το είδε ο Γεροθανάσης χάρηκε, μ' όλες τις έξι χιλιάδες τα ζωντανά του. Αφού το άρπαξε από τα μικρά του κέρατα και το έφερε στα γόνατά του, φώναξε τάχα σαν θυμωμένος. ≪ Φέρτε γρήγορα το μαχαίρι να το σφάξω ≫.  
  Το τραγάκι βέλαξε: ≪ Μέε...μ΄εεεε... ≫ Και το χνότο του, καθώς άνοιξε το στόμα, μοσχοβόλησε από το άγριο κλαρί.  
  ≪ Τι είπες; ≫ φώναξε ο Γεροθανάσης σηκώνοντας το χέρι σαν να κρατούσε μαχαίρι. ≪ Να μη σε σφάξω, είπες; Όχι, θα σε σφάξω, τώρα κιόλας! Στις μυρουδιές μου ξεχάστηκες, ε; Άγγιχτη κουμαριά μου 'θελες! Ας είναι, ας έχεις χάρη σήμερα Ξέρω 'γω! Θα σε σφάξω στον γάμο της Αφρόδως ≫.    





 ゲロサナシスさんはそれを見ると喜んだのです、おじいさんの六千匹の家畜もぜんぶ一緒に喜んだのです。子山羊の小さな角を両方掴むと、自分の膝に持っていって、恰も怒っている風にして、大きな声でこう言ったのです。「直ぐにナイフを持って来なさい。これを殺すのだ。」 
 鳴き声は哀しい歌の様です。「メエエ、メエエエエエ、… 」 それに、子山羊の口が開くと、その口臭がします、野生の小枝のいい香りがするのです。 
 「何と言ったのだ?」とゲロサナシスさんは叫びました。そして、ナイフを持っているかの様に手を振り挙げたのです。「殺さないで、と言っているのか? 駄目だ。殺すのだ、もう、今だ! 良い小枝の香りで、私を忘れたのだな、そうだろう? 口を付けてない私の小杯を欲しがったのだ! ままよ、今日お前は恩寵を受けるのだ、私はそうだと分かっている! アフロドウの結婚式でお前を屠るのだ。」
posted by kyotakaba at 10:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

40. Το μαύρο τραγάκι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」2   





  Ο Λάμπρος την άλλη μέρα πρωί-πρωί πήγε πίσω κι άρχισε ν' ανεβαίνει πάλι όλους τους γκρεμούς. Έψαξε στους θάμνους, έριξε πέτρες παντού, σφύριξε, φώναξε ≪ τσεπ! τσεπ! τσεπ΄! ≫. Τίποτα. Είχε απελπιστεί.  
  Τη στιγμή που κίνησε να φύγει το τραγάκι πρόβαλε από μια πράσινη τούφα. Ούτε κινήθηκε ούτε βέλαξε. Μόνο τον κοίταξε. Ήταν ξεχασμένο μέσα στο άγριο κλαρί. Μια νύχτα έζησε στο πουρνάρι και στην κουμαριά, και ξέχασε και κοπάδι και βοσκό. Ο Λάμπρος το κυνήγησε λίγο, το τσάκωσε από το πίσω πόδι με τη γκλίτσα του, το πήρε στον ώμο και το έφερε πίσω.





 ラブロスは、次の日、朝まだ早い時間に、戻って、全部の断崖に登って見たのです。薮を探しました。至る所に石を投げました。口笛を吹きました。叫びました、「ツエップ ツエップ! ツエップ!」。全然です。絶望してしまいました。 
 ラブロスが立ち去ろうとしたその時に、一頭の子山羊が緑の繁みから現れたのです。動きもしないし、メェーと鳴きもしませんでした。ただ、ラブロスを見詰めていたのです。野生の樹の中に忘れられていたのです。一晩、柊とイゴノキの下で過ごしたのです。そして、群れの事も山羊飼いの事も忘れたのです。ラブロスは直ぐに捕まえに行きました。そして、曲がった杖で、後ろ足を捕まえたのです。そして、肩に載せて、連れて帰ったのです。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

40. Το μαύρο τραγάκι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」1   





Το μαύρο τραγάκι



  Ο Λάμπρος ήρθε στο μάθημα και προχτές και χτες και σήμερα.  
  Κοιτάζει το ρολόι του κι έρχεται ταχτικά την ίδια ώρα. Το ρόλοι του Λάμπρου είναι μια ξερή αγριαχλαδιά. Στις δέκα το πρωί πέφτει ο ίσκιος της επάνω στο σημάδι. Τότε ξεκινά ο μαθητής τρέχοντας κι έρχεται στον Δημητράκη. Δόξα σοι ο Θεός, τα γίδια την άλλη φορά τα μάζεψε, εκτός από ένα. Ένα τραγάκι, ένα μαύρο τραγάκι, δεν μπόρεσε να το βρει πουθενά.  
  Όταν το είπε του παπππού, τον έπιασε μεγάλος θυμός.  
  ≪ Να πας πίσω να μου βρεις το τραγάκι. Ό,τι έχω κείνο το μικρό, δεν έχω όλο το κοπάδι!≫     





       黒い子山羊  

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。山羊は他の時間に集めたのです。山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」 

10月26日、訂正: 
山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。  
→ 
ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」3   





  Επάνω στον φόβο αυτό ήρθε κι ο φόβος της εξουσίας. Οι Πουρναρίτες είδαν τους δυο χωριανούς τους, που είχαν χτυπήσει τον Κώστα τον Κορφολόγο, να πηγαίνουν στη φυλακή δεμένοι, ανάμεσα σε τέσσερις χωροφύλακες. Την τιμωρία τους τη χρωστάμε στα παιδιά που είχαν τρέξει στο Μικρό Χωριό και ειδοποίησαν τους χωροφύλακες.  
  Στην κορφή ενός πεύκου, σε ψηλό μέρος, τα παιδιά έχουν δέσει κι ένα άσπρο πανί για σημαία. Αυτή φαίνεται κάμποσο μακριά και δείχνει πως υπάρχουν εκεί φύλακες. Η μικρή δασοφυλακή μας έκανε το χρέος της. Δεν ησύχασε όμως μ' αυτό. Εξακολουθεί τις βάρδιες.  
  Πάντα είναι έτοιμη.   





 こうした幽霊への怖さの上に、官憲への恐さが来たのです。プウルナリの人たちは、四人の警官に囲まれて、縛られて牢獄に行った、二人の村人を知っていました。二人は、コースタス・コルフォロゴスさんを殴ったのです。彼らが罰せられたのは、子供たちのお陰なのですよ。子供たちは、ミクロ・ホリオに駆け付けて、警官たちに知らせたのです。 
 松の梢、高い所には、子供たちが白い布を結んで旗にしていました。旗は、相当遠くからでも見えたのです。警備艦がここに居ると示しているのです。私たちの小さな森林警備官は、任務を遂行するのです。任務には休みはないのですけれど。見張り番は休まずに続けるのです。 
 子供たちは、いつでも、準備出来ているのです。    





第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」、おわり。
posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする