2017年04月21日

Ο Γεροθανάσης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





Ο Γεροθανάσης






  Σήμερα ήρθαν δυο τσοπάνηδές κι έφεραν γάλα. Δεν είναι πολύ, γιατί τώρα τα πρόβατα και τα γίδια στέρφεψαν, μα είναι δώρο του Γεροθανάση. Τους έφεραν και μια γαλατόπιτα, καμωμένη από τα χέρια της Αφρόδως. Κι αυτή δώρο του Γεροθανάση.    Τέλος τούς ήρθε κι ο ίδιος ο Γεροθανάσης.  
  Ο Γεροθανάσης φοράει άσπρη φουστανέλα, άσπρες κάλτσες, άσπρο σκούφο. Κι είναι τα γένια του και τα μαλλιά του άσπρα. Είναι χιονισμένος χειμώνα-καλοκαίρι. Κατακάθαρος. Η Ρούμελη θα τον λευκαίνει τον γέρο! Είναι ο πρώτος τσέλιγκας σε κείνα τα βουνά. Από έξι χιλιάδες τα ζωντανά του δεν έπεσαν ποτέ κάτω. Είναι ο παππούς της γενιάς. Έδωσε κόρες κι εγγονές στις γύρω καλύβες. Έχει δοσμένες κι άλλες σε βουνά μακριά, που δεν φαίνονται. Όλες τις προίκισε και το βιος του δεν σώνεται.  
  Γράμματα δεν ξέρει, έμαθε όμως και βάζει την υπογραφή του, σιγά-σιγά και γερά, με μια αγκλίτσα στο τέλος.  





     ゲロサナシス  

 今日は、二人の羊飼いが来ました。ミルクを持って来てくれたのです。あまりたくさんではありません。今は、山羊も羊もいないからです。だから、それは、ゲロサナシスさんの贈り物だったのです。それに、アフロドウのお手製のミルクパイもひとつ、子供たちに持って来たのです。それもゲロサナシスさんの贈り物でした。 
 そうして、その後、ゲロサナシスさん本人が、子供たちの所へやって来ました。 
 ゲロサナシスさんは、白いフスタネーラを履いていました。白いソックスを履いていました。白い帽子を被っていました。顎髭と髪の毛も白いのです。冬も夏も雪に覆われているのです。とても清潔です。ルウメリは、老人を白くするものなのです。ゲロサナシスさんが、この山の最初の牧人なのです。彼の六千頭の家畜の中で、下に落ちたものはありません。彼は一族の祖先です。自分の側の小屋に娘たちと孫たちを住まわせています。遠くの山にも、それは見えもしないのですけれどね、子供がいます。娘たち全員に持参金を持たせました。彼の人生は、もう残っていないのです。 
 ゲロサナシスさんは、文字を知りません。けれども、署名をすることは覚えたのです。杖で、ゆっくりゆっくり、でも、最後までしっかりと書くのです。
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

Στους ίσκιος των πεύκων

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十章「松の樹蔭」 


Στους ίσκιος των πεύκων






  Σήμερα είναι Κυριακή. Κάτι ξεχωριστό έχει τούτο το πρωί. Τα παιδιά είναι ξαπλωμένα στους ίσκιος. Είναι σαν ξεχασμένα κάτω από τα δέντρα. Ξεκουράζονται.  
  Πεύκο, ευλογημένο πεύκο!  
  Από τις χαραμάδες των κλαδιών του βλέπουν τον ουρανό. Τα κλαδιά του σκίζονται σε πολλά κλαδιά μικρότερα, κι αυτά πάλι σε άλλα μικρά-μικρά παρακλάδια, που μοιάζουν με αμέτρητα ψιλά σκοινιά, κομποδεμένα σαν τα δίχτυα. Τα φύλλα του, που είναι σαν βελόνες, γίνονται κρόσια και κει μέσα παίζει ο αέρας κι ο γαλάζιος ουρανός.  
  Σαλεύει το πεύκο κι η άκρη του ίσκιου του σαλεύει μαζί. Φυσάει σαν μακρινή θάλασσα. Να μπορούσαν ν' ακούνε ξαπλωμένοι ώρες πολλές αυτό το νανούρισμα. Μόνο η μάνα τους θα έλεγε τόσο καλό τραγούδι, όταν τα είχε στην κούνια.  
  Δεν είπε η βοσκοπούλα την άλλη φορά πως τα δέντρα έχουν χάδι και χαϊδεύουν; Όλα τα παιδιά νιώθουν αυτό το χάδι.  
  Πεύκο ευλογημένο!






      松の樹蔭  

 今日は日曜日です。何か特別のことがあるのです。子供たちは、樹蔭に寝そべっていますよ。樹の下で、何の用もなさそうにしてます。休んでいるのです。 
 松、幸せな松! 
 子供たちには、枝々の間から、空が見えます。松の枝は、別れて、小さな枝になっています。その小さな枝は、また別れて、もっともっと小さな枝になっているのです。まるで、測れない程細かな綱に似ている枝です。網の様に、結び目で結ばれています。葉は、針の様です。ふさ飾りになっています。その中で、空気、青い空が戦いでいるのです。 
 松が揺れます。すると、影の先も一緒に揺れるのです。遠くの海の様に鳴ります。ほら、子供たちは、寝転がって、何時間も、この子守り歌を聞くことが出来るのですよ。こんなに素敵な歌は、子供たちが揺り籠にいた時に、歌ってくれた歌ぐらいでしょう。 
 前に、山羊飼いの娘は、樹々がやさしい手を持っていて、撫でてくれる、と教えてくれなかったでしょうか? 子供たちは皆んな、やさしく撫でられていると感じているのです。 
 幸せな松!    



第三十章「松の樹蔭」、全。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十九章「村の教師」 





Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα






  Καλά, του έμαθαν ας πούμε την άλφα. Τον έμαθαν να συλλάβίζει. Μα ύστερα; Κι Φάνης κι ο Δήμος νιώθουν πως δεν θα μπορέσουν να διαβάσουν το παιδί παραπέρα. Πρέπει να το πάρει κάποιος καλύτερος απ' αυτούς.  
  Φτάνοντας στις καλύβες διηγήθηκαν τι είχε γίνει.  
  ≪ Να, ένα τόσο δα μικρό είναι ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Και να δείτε πώς τα κοίταζε τα γράμματα, και πώς τα 'παιρνε ≫.  
  Όλα τα παιδιά συγκινήθηκαν μ' αυτή την ιστορία. Θέλουν να έρχεται ο Λάμπρος εκεί, να τον διαβάζει πότε ο ένας πότε άλλος.  
  ≪ Όχι, ένας να τον διαβάζει ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ποιος θα είναι αυτός; Στην στιγμή συλλογίστηκαν ποιος ξέρι τα περισσότερα γράμματα και διάλεξαν τον Δημητράκη. Αυτός θα διαβάσει το βλαχόπουλο.  
  Λοιπόν γίνεται στην κοινότητα και σχολείο.





           村の教師   

 二人が、アルファを言ってラブラスに教えたのは良かったですね。一音、一音、読むことも教えました。でも、それからは? ファニスもディモスも、自分たちは、この子にこれ以上勉強を教えることは出来ない、と思っていたのです。自分たちの中から、もっと良い人を連れて来なければならなかったのです。 
 ファニスとディモスは、小屋に着くと、何が起こったか、話したのです。 
 「ね、とても幼い子なんだよ。その子が文字をじっと見つめている様子を、文字を拾う様子を、見てごらんよ。」と、ファニスは言いました。 
 子供たちは、みんな、その話しにほろりとしました。ラブロスをここに連れて来ようと思ったのです。ここでなら、ある時には、この子、ある時には、他の子が、ラブロスに教えられるのですから。
 アンドレアスがこう言ったのです。「いや、ある一人が、ラブロスに教えよう。」 
 それは誰がいいのか知ら? 直に、子供たちは、誰が一番に文を知っているのかを、じっくり考えたのです。そして、ディミトラキスを選んだのです。彼なら、山羊飼いに教えられるでしょう。 
 こうして、村に学校が出来たのです。  





第二十九章「村の教師」、全。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十八章「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」 





Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα







  Ο Λάμπρος υπάκουσε σαν καλός μαθητής. Μα όταν σήκωσε το κεφάλι του από το χαρτί και κοίταξε γύρω, πήδησε σαν να τον κέντρισαν σφήκες.  
  Τα γίδια είχαν φύγει! Μόλις κατάλαβαν πως ο τσοπάνης είχε τον νου του αλλού, σκόρπισαν στους ψηλούς γκρεμούς. Πολύ λίγα είχαν μείνει κάτω. Τα πιο πολλά προχώρησαν επάνω στον μεγάλο βράχο. Άλλα είχαν χαθεί στις σκισμάδες του, άλλα είχαν σκαρφαλώσει στα κοτρώνια. Πεντ-έξι, τα τρελότερα, τα είδε ο Λάμπρος ανεβασμένα ψηλά στην κορυφή.  
  Στο ηλιοβασίλεμα, καθώς λιγόστευε το φως, φαίνονταν ίσκιοι μαύροι επάνω στον ουρανό, καθώς η μαύρη μελάνη επάνω στο χαρτί. Από κει επάνω ατάραχα κοίταζαν τον Λάμπρο, σαν να του έλεγαν : ≪ Τι καλά που κάνεις να διαβάζεις την άλφα! ≫
  Τότε ο τσοπάνης άρχισε τρελό τρέξιμο, σφύριγμα και πετροβόλημα.




     授業が終わったとき、ラブロスが見たものは   


 ラブロスは、優等生の様に、素直に聞きました。でも、冊子から頭を上げて辺りを見ると、胡蜂に刺された様に、飛び上がったのです。 
 山羊たちは、行ってしまってました! 山羊たちは、山羊飼いが他のことに心を奪われていると分かると直ぐに、高い崖の上で、てんでんに散って行ったのです。ほんの僅かの山羊が、下に残っていました。ほとんどの山羊は、大きな岩の上に、行っていたのです。あるものは、岩の割れ目に隠れていました。あるものは、離れ岩によじ登っていました。五六頭、ひどく夢中になった山羊が、頂上の高みへ登っているのを、ラブロスは見たのです。 
 日没でした。光りが少なくなるに従って、空の高い所は、黒い影の様になります。まるで、冊子の上の黒いインクの様でした。上の方から、山羊たちは、落着いて、ラブロスを眺めていました。まるで、こう言っている様でしたよ。「アルファが読めて、よかったねえ!」 
 そうして、山羊飼いは、猛然と走り始めたのです。口笛を吹きました、石を投げました。   







「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」全。
posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」3  





  
  ≪ Τούτο είναι το μικρό άλφα. Τούτο είναι το βήτα... Τούτο είναι το έψιλον... δδδ ... μμμμμμμ... δε... ο... με... θα... σου ≫.  
  Έτσι έγινε το πρώτο μάθημα. Ο Λάμπρος κοίταζε να τ' αρπάξει όλα τα γράμματα εκείνη την ώρα.  
  Όχι λοιπόν, δεν ήταν αγρίμι. Αν φάνηκε έτσι την πρώτη φορά στην καλύβα, ήταν από τη στενοχώρια του, που είδε παιδιά του σχολείου. Μήνες τώρα έχει τα γράμματα κρυφό καημό. Άκουσε πως πολλοί πιάνουν μια φυλλάδα και τη διαβάζουν από πάνω ως κάτω νερό και πως άλλοι μπορούν και μετρούν ως τα χίλια.  
  Να 'ξερε κι αυτός να μετρήσει τα γίδια του! Λέει στην τύχη πως είναι καμιά διακοσαριά, μα δεν το ξέρει. Να γιατί βλέποντας τα παιδιά πρώτη φορά ντράπηκε. Να 'ξερε να βουτήξει στο μελάνι και να βάλει τ' όνομά του, έτσι σαν τον παππούλι του τον Γεροθανάση.  
  Τι είναι αυτός τι είναι εκείνα; Τούτος δεν ξέρει άλλο από τα γίδια και τον σουγιά του, ενώ εκείνα μπορούν να βάλουν όλα τα γράμματα στη γραμμή, να τα εξηγήσουν και να πούνε και τον Απόστολο. Να τον μάθαιναν και τον Λάμπρο! Να η ώρα. Αν τα μάθει, τα 'μαθε. Τώρα, τούτο το βράδυ.  
  ≪ Φτάνει γι' απόψε, Λάμπρο ≫, του λέει ο Φάνης. ≪ Δεν μαθαίνονται όλα μαζί. Τώρα να διαβάσεις το χαρτί μοναχός σου κι αύριο πάλι θα δούμε τι έμαθες ≫.      





 「これは、小文字のアルファ。これは、ベータ。…、これは、エプシロン…、ディディディ…、ムムムムムム…、デ…、オ…、メ…、サ・スウ。」 
 最初の授業になったのです。ラブロスは、その一時間で、すべての文字を覚えようと見詰めていたのです。 
 それですから、ラブロスは、はにかみ屋ではなかったのです。小屋で最初に会ったときは、学校に通う子供たちを見て、狼狽していたからなのです。この何ヶ月間、文字は、ラブロスの密かな望みになっていたのです。多くの人が小冊子が分かり、水の様に上から下まで読んでいると聞いたのです。それに、他の人たちは、千まで数えられると聞いたのです。 
 ほら、でも、ラブロスは、山羊を数えるのを知ってましたよ! 当てずっぽうで、二百とか何とか言うのです。でも、ラブロスは、それが分かってないのです。最初に、子供たちに会った時は、恥ずかしかったから、そう言ったのです。おじいさんのゲロサナシスの様に、インクを浸す事、名前を書く事を知っていればなあ、と思ったのです。 
 それは何で、あれは何なのでしょう? ラブロスは、山羊と自分のナイフのこと以外は、知らないのです。一方、学校に通うこの子たちは、すべての文字を行の上に置く事が出来るし、説明することが出来るし、『使徒行伝』と言えるのです。二人が、ラブロスに教えてくれたら! それならいいのに。さあ、今ですよ。ラブロスは、学ぶことが出来れば、学んでいたでしょう。今なのです、この夕方なのです。 
 ファニスは、「今晩は、もう十分だよ、ラブロス。ずっと一緒に勉強はできないよ。今度は、君がひとりで文章を読むんだ。それで、明日、僕たちは、君が何を覚えたかを見ようね。」と言いました。 
 






第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」 、終り。 

posted by kyotakaba at 14:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」2  





  ≪ Τώρα κιόλας ≫, είπε ο Λάμπρος.  
  ≪ Τώρα δα; Μα δεν έχουμε βιβλίο ≫.  
  ≪ Έχω 'γώ ≫.  
  Και βάζοντας τα δάχτυλα στο σελάχι του, τράβηξε από μέσα ένα φύλλο χαρτί με τυπωμένα γράμματα μαύρα και κόκκινα.  
  Ήταν ένα φύλλο από τα ιερά βιβλία της εκκλησίας.  
  ≪ Ιλάσθητί μου των αμαρτιών... ≫ διάβασε ο Δήμος. Το φύλλο είχε και σταλάματα κεριών από εσπερινό ή αγρυπνία. Ποιος ξέρει που το είχε βρει ο Λάμπρος και το μάζεψε. Απ' αυτό κοίταζε ο καημένος να μάθει γράμματα, μοναχός του!  
  Τάχα πόσοι παλιοί παππούληδες και προσπάπποι μας δεν έμαθαν να διαβάζουν από τον Απόστολο;  
  ≪ Να το άλφα! ≫ είπε ο Λάμπρος κι έδειξε με το δάχτυλό του στο φύλλο ένα άλφα κεφαλαίο.  
  ≪ Α, μπράβο! Τώρα να μας δείξεις και το βήτα ≫.  
  ≪ Αμ, αν ήξερα το βήτα! ≫ είπε ο Λάμπρος.  
  Τότε του είπαν να καθίσει και να βλέπει τι του δείχνουν στο χαρτί, κι ό,τι λένε να το λέει κι αυτός. Ο Λάμπρος, φράπ! Κάθισε σταυροπόδι με μοναδική ευκολία. Εκεί άρχισε το μάθημα.     






 「今にでも、」とラブロスは言いました。 
 「今の今? でも、ぼくたち、本を持ってないよ。」 
 「もってるよ、ぼくは。」 
 こう言って、ラブロスは、小さな革袋に指を入れました。そして、中から、黒と赤で文字が印刷された一枚の紙を引き出したのです。 
 それは、教会の聖書の一頁だったのですよ。 
 ディモスはそれを読みました。「罪に塗れた私にご慈悲を下さい…」 頁には、宵か終夜のお祈りの時に滴り落ちた蝋燭の粒がたくさんついていました。ラブロスがそれをどこで見つけて、どこで拾ったかを、誰が知っているでしょう。この一枚の頁から、可哀想なラブロスは、たったひとりで、文字を学ぼうと、じっと見詰めているのです! 
 いったい、何人の私たちのおじいさんやひいおじいさんが、使徒行伝で読むことを覚えられなかったでしょうか? 
 「ほら、アルファだ。」とラブロスは言って、一つの大文字のアルファを指で差しました。 
 「ええ、素晴らしい! では、ビータを差して見せて。」 
 「ああ、ぼくが、ビータを知ってたらなあ。」、ラブロスはそう言ったのです。 
 そうすると、二人は、ラブロスに座る様に言ったのです。そうして、自分たちが指すものを見て、自分たちが言うことを、彼が言う様に、と言ったのです。ラブロスは、ペタンと、座りました。独特な足の組み方です。でも、簡単に組んだのです。そうして、授業が始まったのです。
posted by kyotakaba at 15:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」1  



Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας







  Ύστερα από λίγες στιγμές ο Λάμπρος, όρθιος καθώς ήταν, ρώτησε : ≪ Πού το 'χετε χαρτί; ≫  
  ≪ Ποιο χαρτί; ≫ ρώτησαν τα παιδιά.  
  ≪ Να, το χαρτί που σας μαθαίνει τα γράματα ≫.  
  ≪ Το βιβλίο θέλεις να πεις; Το έχουμε στο σπίτι. Τι να το κάνουμε εδώ; Έχουμε, βλέπεις, διακοπές ≫.  
  ≪ Τ' είν' αυτές οι διακοπές; Πράματα; ≫  
  ≪ Όχι, Λάμπρο. Θέλουμε να πούμε πως το καλοκαίρι δεν έχουμε σχολείο. Λοιπόν δεν έχουμε και χαρτιά μαζί μας. Το θέλεις τίποτα το βιβλίο; ≫  
  Δεν μίλησε. Μα σαν έσκαψε πάλι το χώμα δυο-τρεις φορές με την πατούσα του και ξεροκατάπιε, είπε ξαφνικά και δυνατά : ≪ Με μαθαίνετε την άλφα; ≫  
  ≪ Ποιος, εμείς ≫  
  ≪ Αμ, ποιος! Εσείς που ξέρετε τα γράμματα ≫.  
  Τα δυο παιδιά κοιτάχτηκαν και, σαν να συνεννοήθηκαν μονομιάς, απάντησαν και τα δυο : ≪ Ακούς, λέει, Λάμπρο! ≫   





      そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。  

 それから、直ぐに、ラブロスは、立ったままでしたけれど、尋ねたのです。「どこで、紙を手に入れたの?」 
 「どの紙?」と、二人は尋ねました。 
 「ほら、きみたちに字を教える紙さ。」
 「本のことを言いたいの? 僕たち、家に置いているよ。ここで本をどうするの? ねえ、休みなんだよ。」 
 「やすみって何さ? ものなの?」 
 「違うよ、ラブロス。夏は、学校がないって、て言いたいんだ。それでね、紙は一緒に持って来てないんだ。何か本が欲しいの?」 
 ラブロスは喋りませんでした。でも、足の裏で、二度三度、地面を掘って、また言葉を呑み込みました。そして、突然、大きな声で言ったのです。「ぼくに、アルファをおしえてよ。」 
 「誰が、僕たち?」 
 「ああ、だれって! 文字をしってる、きみたちだよ。」 
 ファニスとディモスの二人は、見つめ合いましたよ。二人は、同時に、意志が通じ合いました。そして、二人は答えたのです。「ラブロスが言ったの、聞いた!」
posted by kyotakaba at 15:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」3  





  Ο Δήμος κι ο Φάνης προχώρησαν κατά τον Λάμπρο, καθώς στεκόταν με την αγκλίτσα του όρθια και στημένη. Τώρα το μικρό αυτό βλαχόπουλο με τα μαύρα μάτια το έβλεπαν σαν άντρα.  
  ≪ Γεια σου, Λάμπρό! ≫ του είπαν.  
  Ο Λάμπρος αφού τους κοίταξε από το κεφάλι ως τα πόδια, απάντησε : ≪ Γεια σ' ! ≫  
  Καλά πάμε. Είπε μια λέξη.  
  ≪ Τί κάνει η Αφρόδω, καλά είναι; Ο παππούλης; ≫  
  ≪ Καλά, κι σι χαιρετάν! ≫  
  Τέσσερις λέξεις κιόλας. Ο Δήμος κι ο Φάνης κάθισαν.   





 ディモスとファニスは、ラブロスの方へ進みました。その時、ラブロスは、彼の真っ直ぐな杖を地面に立てて立っていたのです。二人は、この子供の山羊飼いを大人の男の様に感じたのですよ。 
 「こんにちわ、ラブロス、」と、二人は彼に言いました。 
 ラブロスは、二人を、頭から足までじっと見てから、「こんちわ、」と答えたのです。 
 おや、上手くいきました。ラブロスは、言葉を一つ話したのです。 
 「アフロドウはどうですか、お元気ですか? それに、おじいさまは?」 
 「元気。あんたに、よろしく」 
 もう、四つの言葉ですよ。ディモスとファニスは座りました。  





第二十六章「ラブロスは群れを率いる」、おわり 
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」2  





  ≪ Για δες, καημένε Δήμο ≫, είπε ο Φάνης, ≪ Δέκα χρόνων παιδί να κυβερνά τόσο μεγάλο κοπάδι! Μπορούσες εσύ να κάνεις το ίδιο; Εγώ δεν μπορούσα ≫.  
  ≪ Ούτε 'γώ ≫, είπε ο Δήμος.  
  Σωστά έλεγαν. Εύκολο είναι να ορίζεις διακόσια γίδια; Μόνο το πετροβόλημα που κάνει ο Λάμπρος δώθε-κείθε, η φωνή, το σφύριγμα, το τρέξιμο για να συμμαζεύει τόσο άταχτα ζωντανά, θα κούραζε κι έναν μεγάλο. Έπειτα ο Λάμπρος περπατάει τη νύχτα στις ερημές. Θα μπορούσε να κάνει το ίδιο κι ο Φάνης; Να μείνει έτσι ώρες μοναχός με ίσκιους από δέντρα κι από πέτρες μέσα στο σκοτάδι; Να που ένα βλαχόπουλο ξέρει πολλά πράγματα.





 ファニスは言いました。「見てご覧よ、可哀想なディモス君。十歳の子供が、あんなに大きな群れを操っているよ。君に同じことが出来るかい? 僕は出来ないよ。」 
 「僕も出来ない。」と、ディモスは言いました。 
 二人の言うのはもっともなのですよ。皆さん、二百頭の山羊を統べるのは、簡単ですか? ラブロスのすることと言ったら、ただ、あちらからこちらからの投石、声、口笛、走り回る、と言うことだけなのです。そうして、無秩序な家畜を集めるのです。大人でも、疲れますよ、きっと。それから、ラブロスは、夜に、人気のないところを、歩くのです。ファニスに、同じことが出来るでしょうか? 樹々と岩の影で暗い中、一人でいられますか? ほらね、この小さな山羊飼いは、たくさんのことを知っているのですよ。
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」1  





Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι



  Μαύρο που είναι τα γίδια!  
  Πώς περπατάει το κοπάδι, όλο μαζί γρήγορα πολύ, σαν να βιάζεται. Μαυρίζει και γυαλίζει στον ήλιο. Όλα τα γίδια του είναι μαύρα, πίσσα. Μόνο το μαλλί του σκύλου και το ρούχο του τσοπάνη ξεχωρίζουν σ' αυτή τη μαυρίλα.  
  Μα τι μικρός τσοπάνης που οδηγεί τόσο μεγάλο κοπάδι. Να 'ναι ο Λάμπρος; Αυτός είναι.  
  ≪ Α, το αγριοκάτσικο ≫, λέει ο Φάνης. ≪ Για πάμε να του βγούμε μπροστά ≫.  
  Δεν ήταν κοντά το κοπάδι. Ο Φάνης όμως κι ο Δήμος θέλουν να δουν το βλαχόπουλο, τον αδερφό της Αφρόδως. Θα του μιλήσουν. Τάχα θα τους απαντήσει, η πάλι θα έχουμε ≪ χα ≫ και ≪ τς ≫;  
  Τράβηξαν γρήγορα και του βγήκαν μπροστά. Το κοπάδι εκείνη την ώρα είχε σκορπίσει κι έβοσκε. Από θυμάρι, αγκάθι, χορτάρι και κλαράκι κάτι μισοδάγκωναν τα γίδια. Ο Λάμπρος φώναζε ≪ τσεπ, τσεπ! έι! ≫, πετούσε πέτρες και τα συμμάζευε.    





      ラブロスは群れを率いる     

 真っ黒なのは、子山羊たちでした! 
 その群れの進んでいる様子と言ったら、急いでいるかの様に、みんなが一緒にとても速く進んでいたのです。日に灼けて、陽光に輝いていました。群れの子山羊は、みんな、黒いのです。漆黒なのです。ただ、犬の毛と、山羊飼いの服だけが、黒とは違う色をしているのです。 
 でも、大きな群れを率いているのは、なんて、小さな山羊飼いなのでしょう。おや、ラブロスではないですか? そう、彼なのです。 
 ファニスは言います。「ああ、ぶっきらぼう君だ。行って、彼の前に出ようよ。」 
 群れは、近くではないのです。でも、ファニスとディモスは、アフロドウの弟の、山羊飼いに会いたいのです。二人は、ラブロスに話し掛けるでしょうね。もしかしたら、ラブラスは、二人に、また、「は」と「チィ」と答えるかしらね? 
 二人は、道を進んで、彼の前に出ました。その時、群れは、散っていたのです。草を食べていたのです。 
 子山羊たちは、たちじゃこう草、いばら、草、小枝、あれを少し、これを少し齧っていたのです。ラブロスは叫んでいました。「ツェップ、ツェップ、イー!」 小石を投げて、集めていました。
posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

Η γριά Χάρμαινα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」4  





  ≪ Για πες μας, κυρούλα ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ ανάβει καμιά φωτιά τη νύχτα; ≫  
  ≪ Ανάβει και φωτιά πολλές φορές ≫.  
  ≪ Ακούς, Μαθιέ! ≫ λέει ο Κωστάτης.  
  ≪ Ναίσκε, σ' αυτή τη φωτιά ο ξορκισμένος καίει τα δαχτυλίδια και τα σκουλαρίκια και τα χρυσά μαλλιά των νυφάδων που άρπαξε. Φαίνονταν δα στην ανηφοριά τα πετρωμένα τους συμπεθερικά. Μόνο ας πούμε το Κύρι' ελέησαν τρεις φορές: Κύρι' ελέησον! Κύρ' ελέησον! Κύρι' ελέησον! Βοηθήσε με, παιδιά μου, να φορτωθώ, γιατί νύχτωσα. Αχ! ≫  
  Τη βοήθησαν να φορτωθεί το δεμάτι τα ξύλα και τράβηξε σιγά τον κατήφορο.      





 「おばあさま、教えて下さい。夜に、魔物は何か灯を点すのですか?」と、コスタキスは言いました。 
 「なんども、灯を点すよ。」 
 「マシオス、聞いて!」、コスタキスは言いました。 
 「そうなんだよ。魔物はね、その灯で、指輪や耳飾りや、攫って来た花嫁の金髪を燃やすんだよ。登り坂に、石になった、あれらの親戚たちが見えるよ。「主よ、憐れみ給え」とだけ、三回言うんだよ。「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」だよ。さて、ぼうやたち、荷を背負うのを手伝っておくれ。夜になるからね。ああ!」 
 子供たちは、おばあさんが木の束を背負うのを手伝いました。それから、おばあさんは、下り坂をゆっくり進んで行きました。    




第二十五章「ハルミナおばあちゃん」、おわり
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

Η γριά Χάρμαινα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」3   





 ≪ Και πώς είναι; Είναι μαύρος; ≫  
 ≪ Μαύρος, κατάμαυρος, ένας τόσος αράπης! Εγώ τον είδα ≫.  
 ≪ Τον είδες λέει; ≫ ρώτησαν όλοι μαζί κι έσκυψαν ν' ακούσουν καλύτερα.  
 ≪ Αμ δεν τον είδα! Ξέρεις πόσα χρόνια είναι από τότε; Ήμουνα μικρή σαν και την αφεντιά σας. Ήταν ακόμα τότε οι Τούρκοι. Και καθώς βράδιαζε, κοιτάζουμε, τι να δούμε. Απάνω στον βράχο στην κορφή καθόταν και κοίταζε! Ναίσκε ≫.  
 ≪Πωπώ! ≫ έκανε ο Σπύρος. ≪ Και που είναι αυτός ο βράχος, κυρούλα; ≫  
 ≪ Είναι μακριά από 'δώ, σ' άλλο βουνό, πίσω από τον ήλιο! ≫   






 「それで、どんななんですか? 黒いんですか?」 
 「黒いさ、まっ黒だよ。アフリカ人みたいにまっ黒だよ。わたしは見たんだよ。」 
 子供たちは、みんなが一緒にこう聞いたのです。「話すのを見たんですか?」 そして、よく聞こうと身を屈めたのです。 
 「あん、見てないよ! あれから、どんだけの年数か、わかるかい? わたしはね、ぼっちゃま様たちの様に、小さかったんだよ。それじゃあ、やっぱり、トルコ人だったかな。それに、わたしたちが見てると、日が暮れて暗くなったからね。頂きの岩の上に座ってたんだよ、そして、見詰めてたんだよ! そうなんだよ。」 
 「ププウ!」とスピロスは言いました。「その岩はどこにあるのですか、おばあさま?」 
 「ここからは遠いんだよ。別の山だよ。太陽の裏側だよ。」
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

Η γριά Χάρμαινα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」2  





  Από τη ζώνη της γριάς κρεμόταν ένα μικρό μπουκαλάκι που είχε μέσα λάδι.  
 ≪ Κι από που έρχεσαι, κυρούλα; ≫  
 ≪ Η χάρη της! Πήγα κι άναψα το καντήλι στην Αγία Ζώνη, στο ρημοκλήσι ≫.  
 ≪ Πού είναι αυτό; ≫  
 ≪ Εδώ που ανεβαίνουμε. Είναι γκρεμισμένο. Μα ξέρεις τι παλιό; Ήμουνα σαν εσάς μικρή και κείνο είχε γκρεμιστεί. Μα εγώ πάω κι ανάβω το καντήλι της χάρης της δυο φορές τη βδομάδα. Ξέρεις πόσον καιρό βάζω λάδι σ' αυτό το καντήλι; Τριάντα χρόνια τώρα. Έχω βλέπεις δυο ρίζες ελιές. Ναίσκε. Κι Αγία Ζώνη, παιδί μου, τους δίνει πάντα καρπό για τα λάχανά μου και για το καντήλι. Και δεν κάνει, βλέπεις, να μείνει κείνο το καντήλι δίχως λάδι. Γιατί αυτό το ρημοκλήσι είναι παλιό, από παππού και προσπάππου. Κι όσο το καντήλι του είναι αναμμένο, φοβάται να βγει ο ξορκισμένος ≫.  
 ≪ Και ποιος είναι αυτός ο ξορκισμένος; ≫  
 ≪ Η ώρα η κακή του, το ξόρκι να τον πιάσει! Αράπης είναι, μακριά από δώ. Στον Αρπόβραχο κάθεται. Ναίσκε≫.  





 老女のベルトには、小さな瓶がぶら下がっていました。中には油を入れていたのですよ。 
 「おばあさん、どこから来たのですか?」 
 「ありがたいこと! わたしはね、アヤ・ゾニイに行って、カンテラに灯を点したんだよ。祠にね。」 
 「それはどこにあるのですか?」 
 「登ったところだよ。崩れ落ちているんだけれどねえ。でも、ぼうやたちは、どれくらい古いか知ってるのかい? わたしがね、ぼうやたちと同じくらいの子供だった時にも、もう崩れ落ちていたんだよ。でも、わたしはね、週に二回ね、行って、献灯の灯をカンテラに点すんだよ。ぼうやたち、わたしが、どれくらいの年月、あのカンテラに油を注いだか分かるかい? 三十年だよ。わたしはね、オリーブの樹を二本持っているんだよ。そうよ。ぼうやたち、分かるかい、アヤ・ゾニイはね、わたしのオリーブの樹にね、いつも、実をならせてくれるんだよ。ひとつには、わたしの食べ物のために、もうひとつには、カンテラのためになんだよ。わかるかい、油がないと、カンテラは用が立たないんだ。祠は古いからね。おじいさんの そのまたおじいさんの時からなんだよ。カンテラが点っているとね、魔物が恐れて出て来ないんだ。」 
 「魔物って、誰なの?」 
 「魔物には不運な日を、魔除けが魔物をとらえますように! アラピスだよ。ここからずっと多くだよ。アラポブラホに住んでいるんだよ。そうなんだよ。」
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

Η γριά Χάρμαινα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」1  






Η γριά Χάρμαινα


  Ενώ ανέβαιναν για το Χλωρό, συνάντησαν μια γριά φορτωμένη ένα δεμάτι κλαδιά.  
  Ήταν η βάβω η Χάρμαινα, η πιο γριά που υπάρχει στο Μικρό Χωριό. Λένε πως είναι ενενήντα χρόνων, μια η ίδια δεν θυμάται πόσο είναι. Κι όμως δεν μπορεί, λέει, να ζήσει χωρίς δουλειά. Θα δουλεύει ώσπου να την πάρει ο Θεός.  
 ≪ Καλημέρα, κυρούλα ≫, της φώναξαν.  
 ≪ Η ώρα η καλή, αγγόνια μου ≫, απάντησε.  
 ≪ Είσαι καλά, κυρούλα; ≫  
 ≪ Τι καλά να είμαι 'γω, παιδιά μου! Μόνο δόξα να 'χει ο Θεός. Άχ, ας ξαποστάσω λίγο ≫.  
  Απόθεσε το μικρό της φόρτωμα στο πεζούλι κι αναστέναξε η κυρούλα η καημένη. Αναστέναξε από τον κόπο κι από τα χρόνια. Είχε βαρεθεί να ζει. Έτσι λέει. Κι όμως αν ερχόταν ένας να της πάρει και τη ζωή και το φόρτωμα δεν θα 'δινε ούτε το ένα ούτε το άλλο. Όσο κανείς στέκει στα πόδια του, είναι πάντα η ζωή καλή.






           ハルミナおばあちゃん  

 ハロロに向かって登っている途中、子供たちは、小枝の束を背負った老女に出会ったのです。 
 ハルミナばあばでした。ミクロ・ホリオで、一番の年寄りなのです。九十歳だと言われていたのですよ。でも、本人はどれくらい生きてるか覚えてないのです。それでもね、ばあばは、働かないと生きてはいけない、と言うのです。神様が、ばあばを連れて行くまで、働くのでしょうね。 
 「こんにちわ、おばあさま」と子供たちはばあばに呼び掛けました。
 「いいおひよりだね、かわいいぼうやたち」と答えました。 
 「お元気ですか? おばあさま」 
 「わたしは、とっても元気だよ、ぼうやたち。神様のおかげさまだよ。ああ、わたしは、すこし休もうかな。」 
 ばあばは、小さな荷物を石畳に降ろしました。そして、貧しいおばあさまは、溜息を吐いたのです。苦労と年で、溜息を吐いたのです。ばあばは、生きるのにもうんざりしていたのです。そうして、話し始めました。けれども、もし、誰かが、ばあばに命と荷物を持って来たとしても、命も荷物も与えはしないのです。誰でも、自分の足で生きていけば、きっと、良い人生になるのです。 
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

Οι Ζαβοπαναγήδες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十四章「ひねくれパナギスたち」2  





  Κι αυτός δεν ήξερε τι λέει. Ωστόσο έβγαλε από τον κόρφο του μια φυλλάδα. Κι επειδή δεν ήξερε να τη διαβάσει, την κοπάνιζε μέσα στις δυο παλάμες του. Φώναζε πως αυτός εννοεί να πάει με τον νόμο.  
  Ζαβοπαναγής ήταν με τ' όνομα. Για το πείσμα του μπορούσε να χαλάσει το χωριό. Όλα τα κοινοτικά έργα τα κυνήγησε. Και όμως άμα τον λένε Ζαβοπαναγή θυμώνει και σηκώνει τη μαγκούρα του. Στο τέλος πήρε τους τέσσερις χωριανούς με το μέρος του. Από ένας έγιναν πέντε Ζαβοπαναγήδες. Όταν τους είδαν πέντε οι άλλοι χωριάτες εκείνο το πρωί θύμωσαν κι αυτοί.  
 ≪ Να πάτε στο καλό ≫, είπαν, ≪ Ζαβοπαναγήδες! Δεν σας χρειαζόμαστε, θα τον φτιάξουμε εμείς τον δρόμο. Περισσότερη είναι η γκρίνια σας από το καλό σας ≫  
  Ξεκίνησαν εφτά-οχτώ με τα εργαλεία και πήγαν στον χαλασμένο δρόμο. Μα ήταν αργά. Τα παιδιά τον είχαν διορθώσει μια μέρα πριν. Μήπως δεν ήταν δική τους ωφέλεια να το κάνουν; Κι αυτά περνούσαν από κει.  





 この男は、自分が何を言っているのかは、分からなかったのですよ。それなのに、懐から小冊子を取り出したのです。それでも、この男は、冊子を読むことも知らなかったのです。それで、両の掌で、冊子を叩いたのです。そして、自分は法に適っていると叫んだのです。 
 この男は、ひねくれパナギスと言う呼名で知られていました。この男の強情は、村を潰しかねなかったのです。共同の仕事は、すべて、この男は、撥ね付けるのです。けれども、ひねくれパナギスと呼ばれると、直ぐに、腹を立てて、へそ曲がりを見せるのです。そして、とうとう、四人の村人を味方にしました。一人から、五人のひねくれパナギスになったのです。その日の朝、他の村人は、五人を見ると、怒り出したのです。 
 村人たちは言いました。「よしいいだろう、ひねくれパナギスども! お前らは要らない。わしらが路を造ろう。お前らの好い所なんかほとんどない、お前らは愚痴ばっかりだ。」 
 そして、七、八人の村人が道具を持って出掛けて行きました。壊れた路のところへ行ったのです。でも、遅かったのです。子供たちが、一日前に、もう修繕していたのです。もしかしたら、そうすることは、子供たちの得にはならなかったのでしょうか? でも、子供たちは、そこを通って来たのですよ。   




第二十四章「ひねくれパナギスたち」、おわり
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

Οι Ζαβοπαναγήδες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十四章「ひねくれパナギスたち」1  





Οι Ζαβοπαναγήδες



  Όταν τελείωσαν τους δρόμους τα παιδιά, πήραν τα εργαλεία και κατέβηκαν στο Μικρό Χωριό για να το δώσουν πίσω. Φτάνοντας στην πλατεία είδαν τον Ζαβοπαναγή. Είχε πάρει με τη γνώμη του άλλους τέσσερις χωριανούς. Φώναζαν κι αυτοί στον προεστό πως τον δρόμο δεν πρέπει να τον διορθώσουν οι κάτω χωριανοί, μα οι χωριανοί της απάνω συνοικίας.  
  Όλοι ≪ πρώτο μεν ≫ έλεγαν.  
  ≪ Πρώτο μεν, ο νόμος το λέει αλλιώς ≫.  
  ≪ Πρώτο μεν ≫ ( πάλι πρώτο μεν! ) ≪ αν περάσει ο δρόμος λίγο παραπάνω μας παίρνει τρεις πιθαμές κτήμα ≫.  
  ≪ Τρεις πιθαμές πέτρα ≫, είπε ο προεστός.  
  ≪ Πέτρα-ξεπέτρα είναι κτήμα μας ≫  
  ≪ Τότε ας μη σας πάρει την πέτρα, ας περάσει απέξω ≫.  
  ≪ Να περάσει απέξω; Καλά ≫, έλεγε ο Ζαβοπαναγής. ≪ Μα έλα δω: Πρώτο μεν... ο νόμος, τι λέει ο νόμος; ≫   





          ひねくれパナギスたち     

 子供たちは、路を造り終わると、道具を手に持って、ミクロ・ホリオに降りて行きました。道具を返すためです。広場に着くと、ひねくれパナギスを見たのです。パナギスは、他の四人の村人の意見を聞いて来ていたのです。彼らは、村長に怒鳴っていました。下の村の者が路を修繕しなくてはいけないなんてことはない、でなくて、上の村落の者たちが修理すべきだ、と言っていたのですよ。
 皆が言いました。「第一に、」
 「第一に、法がそうなっている、そうでないなら、」 
 「第一に、」( また、第一に、と言ってますよ。 ) 「路が自分たちの上を通れば、3ピサミを地所に取る。」
 「3ピサミ[ 長さ ]の石だ。」と、村長は言いました。 
 「石も石くれも俺らのものだ。」 
 「それなら、路がお前たちに石を持って行かない様にさせよう。外を通らせよう。」 
 「外を通るって? いいだろう。」と、ひねくれパナギスは言いました。「ま、見よう。第一に、…、法、、、法は何と言ってるんだ?」
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」3  





  Ο Χαρήστος κι ο Δήμος τότε άρχισαν να λένε ≪ το τραγούδι του κόκορα με το γεράκι ≫, που κι ο ίδιος στάθηκε και το άκουγε σαν να ήταν γι' αυτόν.

Ένας κόκορας ολάσπρος
με ψηλό λειρί,
καμαρώνει και φουσκώνει
και λιλιά φορεί
και θαρρεί πως το κοτέτσι
μόλις τον χωρεί.


Άμα βρει κανένα σπόρο
μέσα στην αυλή,
το κεφάλι του σηκώνει
και το διαλαλεί,
να το μάθουνε σε δύση
και σ' ανατολή.


Τη στιγμή που σουλατσάρει
με το βήμα αργό,
≪ Δεν ξανάειδα ≫, λεν οι κότες,
≪ τέτοιο στρατηγό ≫.
Μα κι ίδιος συλλογιέται
≪ Μωρέ τι είμαι γω! ≫


Ξάφνω βλέπει ένα γεράκι...
Αχ! Την ώρα αυτή
το βαρύ περπάτημά του
έχει μπερδευτεί
κι αστραπή μες στο κοτέτσι
τρέχει να κρυφτεί.





 その時、ハリストスとディモスは、「鷹に雄鶏」と言う歌を歌い始めました。当の雄鶏は、じっと立って、歌を聞いていました。まるで、その歌が自分の事だと言うかの様でしたよ。 

いちわのおんどり、まっしろけ 
たかいとさか、
おおいばりで、ふくらんで、
つまらないものをみにつけて、
このとりかご、はいれるかしら 
と、かんがえてる。 

にわのなかで、
なにかことがおこると、
あたまをもたげて、
それをみなにしらせる、 
にちぼつがくるよ、と
よあけがくるよ、と。 

ゆっくりなあしどりで、
ぶらりぶらりあるいていると、 
めんどりたちがくちぐちにいう。
「こんなしょうぐん、にどとみないよ。」
おんどりはかんがえる、
「ねえ、わしはなんなんだい!」 

とつぜん、たかがあらわれた… 
ああ! そのとき、
おんどりのどうどうとした
あしどりはみだれてしまった、 
でんこうせっか、とりかごの
なかにまっしぐら、かくれたよ。   






第二十二章「飼い主たちは気づく」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」2  





  ≪ Να φτιάξουμε σήμερα ένα άλλο! ≫ είπαν τώρα. ≪ Ένα με ξύλα και με γερή πόρτα ≫  
  ≪ Δεν φτάνει αυτό, παιδιά ≫, λέει ο Αντρέας. ≪ Ήρθαμε στην ερημιά να καθίσουμε χωρίς σκύλο... Τώρα που την πάθαμε, καταλαβαίνουμε πόσο μας χρειάζεται αυτός ο σύντροφος ≫.  
  ≪ Να βρούμε έναν! ≫ φώναξαν τα παιδιά κι έγιναν έξαφνα χαρούμενα. Συλλογίστηκαν έναν σκύλο που θα παίζει μαζί τους που θα ξαγρυπνά και θα είναι φύλακας. Άρχισαν στη στιγμή να του βγάζουν όνομα, να τον λένε Πιστό, Σκοπό, Φλοξ, σαν να ήταν μπροστά τους.  
  ≪ Αν τον είχαμε χτες ≫, έλεγαν, ≪ θα γλίτωναν οι τρεις κότες κι ο καημένος ο χωριάτικος κόκορας ≫.  
  Μα ενώ ελεγαν αυτά πρόβαλε από τους θάμνους ο άλλος κόκορας, εκείνος που είχαν φέρει μαζί τους. Φαινόταν σαν να έλεγε: ≪Έχετε κόκορα! Δεν με βλέπετε; ≫ Και καμάρωνε όσο κανένας άλλος. Όλος ο Χλωρός, ολόκληρος ο κόσμος του φαινόταν δικός του.  
  ≪ Να, να! ≫ λέει ο Χρήστος. ≪ Να ο δικός μας. Τη γλίτωσε ≫.  
  Ο κόκορας στάθηκε λίγο με το κεφάλι ψηλά κι έκανε ένα σιγανό ≪ κο, κο, κο ≫. Για τον εαυτό του βέβαια θα μιλούσε.  





 それで、子供たちはこう言ったのです。「きょうは、ちがう鶏小屋を作ろう! 材木で作ろう、頑丈な戸があるのを作ろう。」 
 アンドレアスはこう言いました。「みんな、それでは用が足りないよ。ぼくたちは、人里離れたところに来て、犬もなしに滞在しているのだもの。今、ぼくらはひどい目に合った。ぼくたちには、一緒に暮らす犬が必要だとよく分かったね。」 
 「一匹見つけよう!」とこどもたちは叫びました。そして、突然に、陽気になったのです。子供たちは犬のことを考えたのですから。犬は子供たちと一緒に遊ぶでしょう。犬は夜通し起きているでしょう。それに、犬は護衛になるでしょう。その時、子供たちは、犬に名前を付け始めたのです。ピストス。スコポス。フロックス。まるで、目の前に犬がいるかの様ですよ。 
 子供たちは言いました。「きのう、犬がいたら、三羽の雌鶏と可哀想な田舎の雄鶏は助かっただろうね。」 
 ところが、子供たちがこんなことを話していると、藪の中から、別の雄鶏が出て来たのです。子供たちが連れて来た雄鶏でした。「きみらは雄鶏を飼ってるでしょ! ぼくが見えないの?」と言っている様でしたよ。そして、他に誰もいないかの様に威張ってました。この草地、つまり雄鶏にとっての全世界なのですけれど、それが全部自分の物だと思っていたのです。 
 ハリストスは言いました。「見て、見て。ぼくたちの鷄だ。九死に一生を得たんだ。」 
 雄鶏はちょっと立ち止まりました。頭を高く上げて、静かに「コ、コ、コ」と言ったのです。自分のことを話していたのに違いありません。
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」1  





Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση




  ≪ Λείπουν τέσσερις! ≫ είπε την άλλη μέρα ο Γιώργος, που τον είχαν βάλει να φροντίζει για τις κότες. Εκεί που έβοσκαν ανάμεσα στα δέντρα τις μέτρησε και βγήκαν μόνο εφτά. Τί έγιναν οι άλλες; Πήγε παρακάτω, έψαξε ανάμεσα στα χαμόκλαδα κι έριξε λίγες πέτρες. Μα καμιά δεν φάνηκε.  
  ≪ Για έλα εδώ, Γιώργο ≫, φώναξε ο Δήμος που στεκόταν μπροστά στο μικρό κοτέτσι. ≪ Κοίταξε ≫.  
  Ο Γιώργος είδε κάτω στο χώμα λίγα φτερά και τα ξύλα όπου κουρνιάζουν οι κότες σκορπισμένα.  
  Όταν άκουσαν τα άλλα παιδιά εκεί κοντά πως χάθηκαν κότες, έτρεξαν στον Δήμο και στον Γιώργο. Είδαν το κοτέτσι, κοιτάχτηκαν ένας με τον άλλο κι έκαναν όλοι την ίδια σκέψη: ≪ Μας την έφτιαξε η αλεπού ≫.  
  Μα ποιος έφταιγε; Τώρα κατάλαβαν το λάθος τους. Σε ένα δάσος όπου ζουν μέσα αλεπούδες και κουνάβια άφησαν τις κότες να κουρνιάζουν μέσα σε κοτέτσι ανοιχτό.     






     飼い主たちは気づく  

 次の日、「四羽足らない!」とヨルゴスは言いました。子供たちは、ヨルゴスを雌鶏の世話の役をさせていたのです。木立の中で啄んでいる雌鶏を、ヨルゴスは数えたのです。七羽しかいませんでした。他のはどうしたのだろう? ヨルゴスはもっと下に行ってみたのです。藪の中を探してみました。ちょっと石を何個か投げてみました。でも、何も出て来ないのです。 
 「こっちへ来て、ヨルゴス。」とディモスが叫んだのです。ディモスは、小さな鶏小屋の前に立っていたのです。「見てよ。」 
 ヨルゴスは見ました。地面には、羽が少しと、雌鶏たちが留る材木が散らばっていたのですよ。 
 近くにいた他の子供たちが、雌鶏がいなくなったことを聞きつけて、ディモスとヨルゴスの所へ駆け寄って来ました。子供たちは鶏小屋を見ました。そして、お互いを見つめ合ったのです。皆んな、同じことを考えました。「狐の仕業だ。」 
 けれども、誰の所為? やっと、子供たちは、自分たちの失敗を覚ったのです。狐たちや鼬たちが棲息している森の中で、開け放った鶏小屋に、雌鶏を休ませていたのです。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」5  





  ≪ Ανοίξτε τα μάτια σας να δείτε τι θα κάνω ≫, είπε η αλεπού στα μικρά.  
  Χίμηξε σε μια κότα και της έβαλε τα δόντια στον λαιμό. Έπειτα γρήγορα έπιασε μια άλλη. Άρπαξε τη μια και έφυγε. Ύστερα ξαναήρθε και πήρε και την άλλη. Το κοτέτσι αναστατώθηκε, μα ήταν αργά. Οι καημένες οι κότες κοιμούνταν βαθιά. Τι όνειρο να έβλεπαν;  
  Δυστυχισμένη κότα που είχες τη φλωροκίτρινη τραχηλιά, σαν χωριάτικο μαντίλι! Καημένε κόκορα με το μεγάλο λειρί από το Μικρό Χωριό!  
Πάνω σε έναν πεσμένο κορμό δέντρου ξεκουράζεται η αλεπού από το κυνήγι και λέει στα μικρά της: ≪ Η καλύτερη κοινότητα είναι εκείνη που δεν έχει σκύλο ≫.  





 狐夫人は、子供たちにこう言いました。「お前たち、自分の目を開けて、わたしがどうするか、見ておくんだよ。」 
 夫人は、一羽の雌鶏に襲いかかりました。首に牙を当てたのです。さらに、すばやく他の一羽を捕まえました。一羽をしっかりと掴むと立ち去ったのです。そうして、もう一度入って行って、前の一羽を取り上げました。鶏小屋は大騒ぎになりました。でも、もう遅かったのです。かわいそうな雌鶏たちは、ぐっすり眠っていたのです。どんな夢を見ていたのでしょうね?   
 運の悪い雌鶏さん、お前は、田舎のスカーフのような、鶸色のうなじをしていたね。ミクロ・ホリオから遣って来た、かわいそうな雄鶏、大きな鶏冠をしていたね。 
 狩りを終えて、狐夫人は、倒木の幹の上で、身体を休めました。そして子供たちにこう言ったのです。「ここは、一番素晴らしい村ね。犬がいないからね。」   






第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする