2016年05月26日

Οι επιγροφές του Καλογιάννη

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十七章「カロヤニスの標札」 





     Οι επιγροφές του Καλογιάννη

  Σε μια καλύβα κρέμασαν αυτή την επιγραφή :

ΠΑΝΤΟΠΩΛΕΙΟΝ
ΖΑΧΑΡΟΠΛΑΣΤΕΙΟΝ
ΛΑΧΑΝΟΠΩΛΕΙΟΝ
ΚΑΙ ΑΛΛΑ ΠΟΛΛΑ
ΚΑΤΑΣΤΗΜΑΤΑ


  Δίκιο είχε ο Καλογιάννης που έκαμε την επιγραφή, γιατί όλη η αγορά ήταν εκεί μέσα. Είχαν ένα σακί ρύζι, ένα σακί με ψιλή φακή, ένα με πατάτες, δυο τενεκέδες λάδι, λίγη ζάχαρη και πέντε κεφάλια τυρί.  
  Σ' ένα άλλο πεύκο κρέμασε την επιγραφή :

ΚΑΦΕΝΕΙΟΝ ≪ Η ΕΥΘΥΜΙΑ ≫
ΤΡΑΠΕΖΑΡΙΑ
ΘΕΑΤΡΟΝ
ΕΙΣ ΤΟ ΕΠΑΝΩ ΠΑΤΩΜΑ


  Σε άλλο δέντρο έβαλε την επιγραφή :

ΣΦΑΓΕΙΑ

  Αυτή μπήκε σε πολύ μακρινό πεύκο, γιατί τα σφαγεία βρίσκονται πάντα έξω από την πόλη.  
  Να λοιπόν μια μικρή πολιτεία. Τι της λείπει; Μόνο ένα δημαρχείο, ένας μεγάλος δρόμος, λίγοι χωροφύλακες και μια μουσική. Όσο για την τελευταία, τα τζιτζίκα εδώ είναι.





        カロヤニスの標札  

 一棟の小屋には、子供たちが、このような標札を掲げていたのですよ。 

食料品店 
お菓子屋
八百屋 
そのほか、
いろいろのお店 

 カロヤニスが書いたのですけど、ほんとに、道理に適っているのです。だって、このお店の全部が、この小屋の中にあるのですから。米が一袋、小さいレンズ豆が一袋、ジャガイモが一袋、油が二缶、砂糖が少し、五人分のチーズがあったのです。 

喫茶店「陽気」
食堂 
劇場 
階上にあり〼 

 ある樹には、こんな看板を掛けたのです。 

屠殺場 

 この標札は遠くの松に掛かっていました。と言うのは、屠殺場は、常に、都市の外にあるからなのです。 
 さあ、ここは小さな町です。何が足りないでしょう? 市庁は一つだけ、大通りは一つだけ、警察はほとんどなし、それに、楽団は一つ。最後の楽団についてですが、ここには、たくさんの蝉がいるのです。
   






posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

Το πρώτο συσσίτιο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十六章「初めての会食」の2 





  Το ίδιο κι ο Δημητράκης. Δεν μπορεί να πιστέψει πως έγιναν φαγητό οι ντομάτες που έκοβε. Το ίδιο κι ο Γιώργος, το ίδιο κι ο Φουντούλης.  
  Παίζοντας έκαναν όλη αυτή τη δουλειά και να τι κατάφεραν! Τρώνε φαγητό δικό τους.  
  Καθένας εργάστηκε για τον εαυτό του, αλλά και για όλους. Όλοι πάλι δούλεψαν για τον ένα. Έτσι έκαναν εκείνο που λέμε κοινότητα. Θα κατορθώσουν το ίδιο και για όλα τ' άλλα; Θα μπορέσουν ο ένας να εργάζεται για τους άλλους και οι άλλοι για τον ένα; Τότε η μικρή τους κοινότητα θα γίνει παράδειγμα σε πολλές άλλες. Σηκώνουν λοιπόν τα ποτήρια τους και πίνουν στην υγειά της.  
  ≪ Πίνω αυτό το κρασί ≫, λέει ο Κωστάκης και σηκώνει τον τενεκέ με το νερό, ≪ στην υγειά του σημερινού μας μάγειρα ≫.  
≪ Πίνω αυτό το ρακί ≫, λέει ο Αντρέας και σηκώνει το παγούρι του με το νερό, ≪ στην υγειά όλων των συντρόφων που μαγείρειψαν μαζί μου ≫.  
  ≪ Πίνω τη βρύση όλη ≫, λέει ο Φάνης, ≪ στην υγειά της κοινότητας ≫.  
≪ Εβίβα, εβίβα! ≫ φώναξαν και γελούσαν όλοι. Μόνο ο Φουντούλης ήταν δακρυσμένος. Αυτός είχε καθαρίσει τα κρεμμύδια.





 ディミトラキスも同じでした。自分が切ったトマトが料理になったことが信じられないのです。ヨルゴスも同じ。フォンドゥリスも同じ。 
 子供たちは、遊びながらこの仕事をしたのですよ。ほら、なんてうまくいったのでしょう! みんなは自分たち自身で作った料理を食べるのです。 
 ひとりひとりは、自分のために働いたのです。でも、それに、全員のためにも働いていたのです。それに、全員は、ひとりのために、仕事をしたのです。つまり、私たちが生活共同体と呼んでいるものを、子供たちは作っていたのです。同じことが、他の誰にでも、成功するでしょうか? ひとりが他のみんなのために働いて、みんながひとりのために働くと言うことが、出来るでしょうか? 子供たちの小さな共同体は、他の場合の例になるでしょう。さあ、子供たちは、杯を上げて、共同体を祝して、乾杯をしようとしていました。 
 「ぼくは、このワインを飲む。」とコスタキスは言ったのです。そして、水の入ったブリキの杯を上げて、「今日のぼくたちの料理人に乾杯」と言いました。 
 「ぼくは、このラキを飲む。」とアンドレアスは言ったのです。そして、水の入ったコップを上げて、「ぼくと一緒に料理をした仲間たちの全員に乾杯」と言いました。 
 「ぼくは、この泉ぜんぶを飲む。」とファニスは言ったのです。そして、「共同体に乾杯」と言いました。 
 「エビバ、エビバ!」とみんなが叫んで笑いました。フォンドゥリスだけは、涙ぐんでいたのですよ。フォンドゥリスは、タマネギの皮をむいていたのです。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

Το πρώτο συσσίτιο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十六章「初めての会食」の1 





  Το πρώτο συσσίτιο


  Όταν γύρισαν από τους βλάχους ο Δήμος κι ο Φάνης και πλησίαζαν στις καλύβες, είδεν να βγαίνει αχνός από τη μεγάλη κατσαρόλα.  
 ≪ Τι ωραία μυρωδιά! ≫ φώναξαν λίγα βήματα μακριά. ≪ Τι; Έγινε κιόλας; ≫  
 ≪ Έγινε! ≫ είπε ο Αντρέας με την κουτάλα στο χέρι.  
 ≪ Και τι φαγτό είναι; ≫  
 ≪ Πατάτες με πατάτες ≫ λέει ο Κωστάκης γελώντας.  
 ≪ Μη σας νοιάζει, παιδιά ≫, λέει ο Δήμος, ≪ κι από αύριο θα 'χουμε κρέας να τρώμε. Είδαμε τον τσέλιγκα! ≫  
  Τους διηγήθηκε πως είδαν την Αφρόδω με τον Λάμπρο και πως ο παππούς τους, ο γεροτσέλιγκας, τους είπε να στέλνουν ν' αγοράζουν όσο κρέας τους χρειαστεί, ακόμα και γάλα. Μα ενώ μιλούσαν, όλο τριγύριζαν το γιαχνί. Ήταν τη στιγμή εκείνη με τον αχνό του και τη μυρωδιά του καλύτερο από όλα τ' αρνιά του τσέλιγκα.  
 ≪ Απίστευτο μου φαίνεται ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ πως αυτές οι πατάτες που ξεφλούδιζα έγιναν φαγητό ≫.





       初めての会食  

 羊飼いのところから戻り、小屋に近づくと、ディモスとファニスは、大きな鍋から湯気が出来ているに気がついたのです。 
 「なんていいにおい!」と、すぐ側に来て、叫びました。「なに? もう出来たの?」
 「出来てるよ!」と、アンドレアスは手にスプーンを持って言ったのです。 
 「それで、どんな料理?」 
 コスタキスは笑いながらこう言ったのですよ。「じゃがいものじゃがいも和え。」
 すると、ディモスはこう言いました。「みんな、気にしちゃ駄目だよ。あしたの次の日から、食べる肉があるだろうよ。ぼくらは、山羊飼いに会ったんだ。」 
 ディモスは、ラブロスとアフロドウに会ったこと、彼らのおじいさん、年取った山羊飼いがディモスとファニスに要るだけの肉それに牛乳を買いに連れて行ってあげると言ったと言うことを、みんなに話したのです。そうして、ほら、みんなは、話している間に、ヤフニを取り囲んだのです。その時には、湯気といっしょにするにおいは、山羊飼いのどんな子羊よりもよかったのです。 
 コスタキスはこう言ったのです。「ぼくが皮をむいたじゃがいもが料理になったなんて、信じられないみたい。」
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

Η βλαχοπούλα μιλάει στα παιδιά 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十五章「羊飼いの娘が子供たちに語る」の3 





 ≪ Έχω συγγένεια ≫, είπε, ≪ με κάθε δεντρί... Εδώ γίναμε ένα κλαριά και βλάχοι τόσον καιρό μαζί. Αντάμα μεγαλώνουμε, αντάμα βρεχόμαστε και χιονιζόμαστε, μαζί παίρνουμε τον ήλιο. Έχουν και κείνα χάδι και χαϊδεύουν, φωνή και μιλούν. Δεν ακούς άμα τα φυσάει ο αέρας; Και τα μικρά που είναι σαν τ' αδέρφι μου τον Λάμπρο και τα μεγάλα που μοιάζουν του παππού, όλα με γνωρίζουν, όπως γνωρίζουν κι κι όλους τους βλάχους, όλη τη γενιά. Εκατό πρόβατά μας αποκοιμίζει στον ίσκιο του το μεσημέρι ένας πεύκος εκεί κάτω. Αυτά έχουμε συντρόφους κι εμείς. Την ημέρα τα δέντρα και το βράδυ τ' αστέρια που μας φέγγουν για τη βοσκή ≫.
  Πολύ μαλλί από τη ρόκα της Αφρόδως έγινε νήμα και πήγε στο αδράχτι με τούτη την κουβέντα. Και πάλι έγνεθε για να μη χάνει καιρό. Κάπου-κάπου έλεγε καμιά λέξη που τα παιδιά δεν την καταλάβαιναν αμέσως, μόνο από το νόημα. Έλεγε τα πρόβατα πράτα, το ρούχο σκτι, το πάλι το έλεγε μάτα και τα γίδια τα ίδια. Μα τα παιδιά δεν θυμούνται καμιά κοπέλα να τους μίλησε ποτέ με τόση ομορφιά.  
  Κι όταν βγήκε έξω μια στιγμή, γιατί άκουσε τα πατήματα του παππού, θυμήθηκαν τα λόγια της πως έχει συγγένεια με τα δέντρα.  
  Ήταν αλήθεια σαν δεντρί!   





 アフロドウはこう言ったのです。「わたしじゃね、どの樹にも思い入れがあるの。…、そうね。ずっと一緒だから、ここでは、わたしたち羊飼いは一本の枝になっているのよ。一緒に大きくなったの。一緒に雨に濡れたの。それに、一緒に雪を被って、一緒に太陽を待ったのよ。樹々にはやさしく撫でてくれる触手があるのよ、それに、声もあって話すの。あななたち、風が吹いた時、樹々が話すのを聞いたことがないの? 小さなのは、わたしの弟のラブロスみたいよね。そして、大きいのは、おじいちゃんに似てるわ。ぜんぶの樹が、わたしのことを知っているの。ちょうど、羊飼いの誰もが、一族の誰もがわたしを知っているのと同じよ。わたしたちの百頭の羊が、お昼に、松の樹蔭で眠りこんでいるわ。こんな風に、わたしたちには、仲間がいるの。お昼には、樹々がそうなの。夜には、星々がそうなの。星々は、輝いて牧草地を明るくするのよ。」 
 こうしてお喋りしながら、アフロドウの糸巻きからは、たくさんの羊毛が糸になって、軸に巻かれて行ったのです。時間を無駄にしないで、糸を紡いだのです。ときどき、ファニスとディモスには直ぐには理解出来ない、意味の分からない言葉を話したのです。最初に、羊のこと、スキティの服のことを話して、それから、山羊のこと、自分のことを話したのです。そう、二人は、こんな風にきれいに話してくれる女の子を他に全然思い出せませんでした。 
 おじいさんの足音が聞こえたので、二人は、外へ出たのです。すると、アフロドウの言葉がどんなにか樹々と馴染み合っていたかを思い出したのです。 
 本当に、若木の様でした! 





第十五章「羊飼いの娘が子供たちに語る」、おわり
posted by kyotakaba at 16:58| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

Η βλαχοπούλα μιλάει στα παιδιά 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十五章「羊飼いの娘が子供たちに語る」の2 





  Χίλια πράγματα έμαθαν που δεν τα είχαν ακούσει. Πως χιλιάδες πρόβατα και γίδια δίνουν το γάλα, το τυρί, το βούτυρο, τα μαλλί και το κρέας τους για να ζήσει ο άνθρωπος. Τα κοπάδια είναι ευτυχισμένα όπου βρίσκουν βοσκή. Μα όχι και εκείνοι που τα βόσκουν. Οι βλάχοι περνούν σκληρή ζωή! Πολεμούν με τους βαριούς χειμώνες, με τους βράχους, με τα ποτάμια. Ταξιδεύουν από τόπο σε τόπο, από ψήλωμα σε χαμήλωμα. Σήμερα στήνουν την καλύβα εδώ, αύριο πέρα μακριά, όπου είναι χορτάρι και κλαρί. Αθεμέλιωτα είναι τα σπίτια τους και δεν μπορείς να στήσεις τίποτα μέσα. Όλες οι δουλειές από το πρωί ως το βράδυ. Βοσκή, γνέσιμο, άρμεγμα, ζύμωμα, τάισμα του κοπαδιού. Ύπνος λίγος, ξαγρύπνια, νυχτοπερπάτημα.  
  Αυτά διηγιόταν η Αφρόδω.  
  Μα ενώ τα έλεγε όρθια, κοιτάζοντας τη ρόκα και κλώθοντας το μαλλί, τόσο χαριτωμένο χαμόγελο είχε, που δεν έμοιαζαν με βάσανα.  
 ≪ Δεν αφήνεις τα πρόβατα ≫, είπε ο Φάνης, ≪ να 'ρθείς κάτω με τα δικά μας τα κορίτσια; ≫  
  Η Αφρόδω γέλασε και απάντησε πως δεν τ' αφήνει για όλα τ' αγαθά του κόσμου. Εδώ είναι η γενιά της, αδέρφια, πατέρας, μάνα, γαμπροί, παππούδες. Τα γεροθανασαίικα, που λέει ο λόγος. Μα όχι μόνο τούτο, έχει κι άλλο συγγενολόι.  





 ファニスとディモスは、それまで聞いたこともなかった様な何千ものことを教わったのです。それらは、羊や山羊がくれる乳のこと、チーズのこと、バターのこと、羊毛のこと、人間が生きる為の羊や山羊の肉のことなのなのです。それに、羊や山羊の群れは、牧草がある所ならどこでも、幸せだと思っていると言うこと。けれど、群れを放牧させている羊飼いは、幸せではないのです。羊飼いたちは厳しい生活を送っているのですよ! 過酷な冬と何年も戦い、岩場と戦い、渓流と戦うのです。ある場所からある場所へ、高所から低地へと、旅をして回るのです。今日は、ここの小屋に居ますが、明日には、草や若枝のある所なら、どこでも、遠くへと行くのです。羊飼いの家は、基礎がないのです。中に何も据え付けられないのです。仕事はぜんぶ、朝から夕までなのです。放牧。糸紡ぎ。乳搾り。パン捏ねり。羊、山羊たちへの餌やり。寝るのはほんの少しなのです。眠らずに夜の間も歩くのです。 
 そのようなことを、アフロドウは物語りました。 
 ほら、アフロドウは、話す時立ったままでしたよ。そして、糸巻きを見詰め、羊毛を紡いでいたのです。とても可愛い笑顔をしていたので、大変そうに思えませんでした。 
 ファニスが言いました。「それをそのままにしておいて、ぼくたちの町の女の子たちと一緒に下に来ない?」 
 アフロドウは笑いました。そして、自分の周りの愛しているもの、ぜんぶを放ってはおけないと答えました。ここに、兄弟姉妹たちと父と母と姉の夫たち、祖父母の家族が居る、と言うのです。ゲロサナサイイカと言うものなのです。それだけではなくて、他の家族も居るのです。
posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

Η βλαχοπούλα μιλάει στα παιδιά 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十五章「羊飼いの娘が子供たちに語る」の1 





  Τα παιδιά κάθισαν στο χράμι που τους έστρωσε η Αφρόδω επάνω στην κασέλα. Είχε ζωγραφιές αυτή η κασέλα και φαίνεται πως ήταν η καλή-καλή.  
  Αλλιώς θα τα έβαζε τα παιδιά να καθίσουν στην άλλη που βρισκόταν πάρα πέρα, μα που ήταν μαύρη και παλιά. Της κυρούλας ίσως.  
  Η Αφρόδω έμεινε όρθια κι ενώ η ρόκα της έγνεθε και το αδράχτι της γύριζε, μιλούσε στα παιδιά.  
  Ρώτησε τον Φάνη και τον Δήμο αν είχαν αδερφή, πόσων χρόνων είναι και ποιο είναι τ' όνομά της.  
  Ύστερα τα παιδιά τη ρώτησαν το ένα και το άλλο, για πρόβατα, για στάνες και για βουνά. Κι η Αφρόδω γνέθοντας τους αφηγήθηκε τη ζωή των βλάχων στα βουνά και στα χαμηλώματα, το καλοκαίρι και τον χειμώνα.  





       羊飼いが子供たちに語る  

 二人は、じゅうたんに座りました。じゅうたんは、アフロドウが、ふたりにと衣装箱の上に敷いたのです。小屋の中には、絵が描かれた、とても良いものの様に思われる、衣装箱がありました。 
 アフロドウが、ふたりを座らせたのは、別のものでした。もっと奥にあったものです。黒くて古いものでした。たぶん、おばあちゃんのですよ。 
 アフロドウは立ったままでした。その間ずっと、彼女の糸巻きは、軸が回って、糸を紡いでいました。そうしながら、ふたりに話し掛けていたのです。 
 ファニスと、ディモスに、兄弟がいるのかと、尋ねましたし、何歳なのかと尋ねました。それに、どう言う名前なのかと尋ねたのです。 
 それから、ふたりは、代わりばんこに、羊のこと、羊の檻のこと、山のことを、アフロドウに尋ねたのです。彼女は、糸を紡ぎながら、山での、低地での、夏での、冬での、羊飼いの生活のことを話して聞かせたのですよ。
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

Ένα βλαχόπουλο που δεν λέει πλλά λόγια 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十四章「あまり喋らない羊飼いの子供」の3 





  Ωστόσο η καλή Αφρόδω τους καλωσόρισε και τους είπε να περάσουν μέσα στην καλύβα. Όταν την είδαν ξαφνιάστηκαν. Ήταν τόσο νοικοκυρεμένη! Σπίτι αληθινό.  
 ≪ Να καλύβα, Φάνη ≫, είπε ο Δήμος, ≪ όχι σαν τις δικές μας! ≫  
  Η Αφρόδω χαμογέλασε.  
 ≪ Να είχαμε κι εμείς πρόβατα και γίδια ≫, είπε ο Φάνης, ≪ Θα ήταν και η δική μας καλή ≫.  
 ≪ Εσείς έχετε κάτω σπίτια ≫, είπε η βλαχοπούλα, ≪ που είναι θεμελιωμένα. Κι έπειτα ξέρετε και τα γράμματα, που δεν τα ξέρουμε εμείς. Λάμπρο, γιατί κάθεσαι στην πόρτα; Έλα μέσα να δεις τα καλά παιδιά ≫.  
 ≪ Τς! ≫ έκαμε πάλι ο Λάμπρος κι έσκυψε το κεφάλι, σκάβοντας τη γη με το τσαρούχι του. Ύστερα πήρε την αγκλίτσα του κι έφυγε.  





 こうして、親切なアフロドウは、ふたりを招いて、そして、小屋の中にお入り下さいと言ったのです。二人は、中を見て、驚いたのですよ。とってもきれいに片付いていたのです! 本物の家でした。 
 ディモスは言いました。「ファニス、これが小屋だよ。ぼくたちのようなのではないよ!」 
 アフロドウは微笑みました。 
 ファニスは言いました。「ぼくらも、羊と山羊を飼おうよ。そうしたら、ぼくらのもいい小屋になるよ、きっと。」 
 羊飼いは言いました。「きみたちは、下に建てられた家があるのでしょう。それに、きみらは、字を知ってる。ぼくらはしらないんだよ。ラブロス、なんで、戸口にすわってるんだ? さあ、中に入って、おぼっちゃまたちに会いなさい。」 
 「チィ!」と、ラブロスは、また、口を鳴らしました。頭を下げて、地面を自分のツアルーヒで引っ掻いていました。そうして、杖をとって、出て行ったのです。  






第十三章「あまり喋らない羊飼いの子供」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

Ένα βλαχόπουλο που δεν λέει πλλά λόγια 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十四章「あまり喋らない羊飼いの子供」の2 





 ≪ Αυτή ποια είναι; ≫ ρώτησαν τα παιδιά το βλαχόπουλο.  
 ≪ Η Αφρόδω ≫.  
 ≪ Αδερφή σου είναι; ≫  
 ≪ Χα ≫  
 ≪ Έχεις κι άλλες αδερφές; ≫  
 ≪ Αχά ≫.  
 ≪ Ο πατέρας σου είναι δω; ≫  
  Το βλαχόπουλο πάτησε τη γλώσσα του μέσα από τα δόντια κι έκανε: ≪ Τς! ≫  
  Δεν ήταν για πολλά λόγια. Πρώτα έλεγε καμιά λέξη, τώρα έφτασε στο ≪χα ≫ και στο ≪ τς ≫. Θα πει πως η κουβέντα έπρεπε να στατήσει εδώ. Γιατί παραπέρα δεν είναι πια παρά τα νοήματα.  





 「あれは誰なの?」と、二人は、羊飼いの子供に尋ねたのです。 
 「ねえさん。」 
 「きみのお姉さんなの?」 
 「は。」
 「きみに他の兄弟はいるの?」 
 「はあん。」 
 「きみのおとうさんは、ここにいるの?」 
 羊飼いの子供は、自分の下を歯に押し付けて、「チィ!」と鳴らしたのですよ。 
 たくさんの言葉はなかったのです。羊飼いの子供は、最初は、一言話しました。つぎは、「は」と「チィ」になったのです。おしゃべりは、もう止めようということなのでしょう。だって、言うことは、もうないのですから。
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

Ένα βλαχόπουλο που δεν λέει πλλά λόγια 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十四章「あまり喋らない羊飼いの子供」の1 





  Ένα βλαχόπουλο έτρεχε προς τα κει, φωνάζοντας τον σκύλο. Έφτασε, άρπαξε τον σκύλο από τον μαλλιαρό του λαιμό και, σηκώνοντας την αγκλίτσα του, έκανε πως θα τον τσακίσει στο ξύλο. Ο σκύλος κάθισε κάτω και μαζεύτηκε. Το βλαχόπουλο ήταν ένα παιδάκι. Ο σκύλος δυο φορές σαν αυτό.  
 ≪ Πού είναι η καλύβα του Γεροθανάση; ≫ ρώτησαν τα παιδά.  
  Το βλαχόπουλο έδειξε με το χέρι τις καλύβες. Τους ακολούθησε κρατώντας τον σκύλο και κατέβηκαν μαζί.  
 ≪ Τι τον έχεις εσύ τον Γεροθανάση; ≫  
 ≪ Παππούλη ≫.  
 ≪ Εσύ σε ποια απ' όλες τις καλύβες κάθεσαι; ≫  
  Το βλαχόπουλο απάντησε και πάλι με το χέρι. Το σήκωσε κι έδειξε μια καλύβα. Στην πόρτα στεκόταν μια κοπέλα. Φορούσε τα τσαρούχια της, τη ζώνη της, την κεντημένη της ποδιά. Είχε μαύρα μάτια, ίδια σαν του μικρού τσοπάνη.  





    あまり喋らない羊飼いの子供  

 そこに、ひとりの羊飼いの子供が走って来たのですよ。犬を呼んでいました。そこに着くと、犬の毛むくじゃらの首をつかみました。そして、羊飼いの子供は、自分の曲がった杖を取り上げました。犬を棒で叩く振りをしたのです。犬は、地面に座りました、そして、縮こまったのです。彼は小さな子供だったのですよ。犬は、その子よりも二倍の大きさだったのですよ。 
 「ゲロサナシスの小屋はどこですか?」とディモスとファニスは尋ねました。 
 羊飼いの子供は、手でいくつかある小屋を指しました。その子は、犬を抱えたまま二人について行きました。一緒に降りて行ったのです。 
 「ねえ、ゲロサナシスさんは、きみの何になるの?」 
 「おじいちゃん」 
 「あのいくつもの小屋のどれに、きみは住んでるの?」 
 羊飼いの子供は、また、手で答えたのです。手を挙げて、ひとつの小屋を指したのです。戸口に、ひとりの女の子が立っていました。女の子は、ツアルーヒを履いていました。帯を巻いていました。刺繍のある前掛けをしていました。小さな羊飼いと同じ、黒い瞳でした。   

posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

Πολεμος μ' ένα μαντρόσκυλο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十三章「牧羊犬との戦い」の2 





Ο καημένος ο Φάνης φώναξε μονάχα : ≪ Όξω, όξω: ≫ και σήκωσε τη βέργα. Μα ενώ έκανε πως φοβέριζε, είχε χλομιάσει κι ήταν σαν να παρακαλούσε τον σκύλο : ≪ Μη με τρως! ≫  
  Ο Δήμος είδε πως κινδύνευαν κι έπρεπε να γλιτώσουν. Σφεντόνισε λοιπόν το λιθάρι με όλη του τη δύναμη. Το λιθάρι βρήκε τον σκύλο στη ραχοκοκαλιά. Ο σκύλος φώναξε, έτρεξε στην πέτρα που έπεσε, τη δάγκωσε με μανία σαν να ήθελε να τη ροκανίσει, γύρισε πίσω και ξαναρίχτηκε.. Άμα είδε όμως το παιδί με μια πέτρα πάλι στο δεξί, έτοιμο να του καταφέρει και δεύτερη, έκοψε τη φόρα του.  
Την αντίσταση όλοι τη φοβούνται. Ο μαντρόσκυλος είχε να κάνει με παιδί που υπερασπίζει τη ζωή του. Ο Φάνης είδε τη στιγμή εκείνη τι αξίζει το θάρρος. Πώς το ήθελε να είχε ρίξει αυτός την πέτρα!  





 可哀想なファニスはただこう叫ぶだけだったのです。「あっち、あっち」。そして、棒を取り上げました。でも、どれほど犬を恐がらせたでしょうね、ファニスはもう青くなっていたのです、それに、犬にお願いしているようだったのです。「ぼくを噛まないでよ!」 
 ディモスは、自分たちが危ないと思いました。逃げなければならないと思ったのです。それで、力一杯、小石を投付けたのです。石は、犬の背骨に当たりました。犬は吼えました。落ちた石に飛び掛かりました。憤激して石に噛み付きました。石を噛んで削ってしまいそうでした。そして、後ろに戻って、それから、また跳び付くのです。けれども、子供がまた右手に石を持ち、二回目を上手く当てようと準備しているのを見ると、直ぐに、助走を止めました。 
 だれもが反撃が恐いのです。牧羊犬は自分の命を助けるために、子供を追い払わなければならなかったのです。ファニスは、その時、勇気にはどんな価値があるのか分かったのです。ファニスは、大きな石を投げる勇気がどんなにか欲しかったでしょう。  



「牧羊犬との戦い」、おわり  
posted by kyotakaba at 15:04| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

Πολεμος μ' ένα μαντρόσκυλο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十三章「牧羊犬との戦い」の1 





  Ο Δήμος κι ο Φάνης σηκώθηκαν και πήγαν για τους βλάχους. Δεξιά τους είχαν πει πως είναι. Μπήκαν στα δέντρα κι άφησαν το μονοπάτι να τους βγάλει. Μα ύστερα από πέντε λεπτά της ώρας το μονοπάτι χάθηκε, όπως γίνεται συχνά στο δάσος. Έμοιαζε με τον άλλο τόπο. Γύρισαν από δω κι από κει, δεν το ξαναβρήκαν. Προχώρησαν τότε χωρίς δρόμο προς ένα σημείο που φαινόταν ένας τόπος χωρίς δέντρα. Εκεί τους φάνηκε πως έβλεπαν κάτι καλύβες.  
 ≪ Έεε! ≫ φώναξαν.  
  Τρέχοντας ερχόταν τον ανήφορο κάποιος. Μα δεν ήταν άνθρωπος, ήταν σκύλος. Ανέβαινε με θυμό και να, τους βρέθηκε μπροστά. Μόλλις είδε ο Δήμος πως το μαλλιαρό τούτο μαντρόσκυλο, ένα αληθινό θηρίο, ερχόταν καταπάνω τους, άρπαξε μια χοντρή πέτρα κι άλλη μια πήρε στο αριστερό του χέρι.  
  Ο μαντρόσκυλος κατάλαβε πως μ' αυτόν είχε να πολεμήσει.  





     牧羊犬との戦い 

 ディモスとファニスが、立ち上がって、羊飼いたちの所へ出掛けて行ったのです。羊飼いたちは、どうしているかを子供たちに教えていたのです。羊飼いたちは、樹々の中に立ち入って、小径が彼らを連れ出すのに任せていたのです。それで、五分も経つと、小径は分からなくなるのです。森では、そんなことがよくあるのです。ひとつの所は他のところと似て見えます。あちらこちらを回ると、同じ所をまた見つけることはないのです。そうやって、羊飼いたちは、樹がないと思われる所へ、道もないのに進んで行くのです。そこには、何棟かの小屋が面していると、羊飼いたちは思っているのです。 
 「イイイイ!」 二人は叫びました。 
 誰かが坂を掛けて遣って来るのです。でも、人間ではなかったのです、犬だったのですよ。怒りながら上がって来たのです、そして、ほら、目の前に二人を見つけたのです。ディモスは、その毛むくじゃらの、ほんとうの野獣、牧羊犬が自分たちの方へやって来るのを見ると直ぐに、大振りな石をひとつ引っ掴みました。そして、もうひとつを左手に取ったのです。 
 牧羊犬は、どうやってディモスと戦うかは分かっていたのです。
posted by kyotakaba at 15:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の4 





  Ο Γιωργάκης, ο Αλέκος κι ο Δημητράκης πήραν να ξεφλουδίσουν τις πατάτες, ο Δήμος κι ο Καλογιάννης να κόψουν τα φασόλια και τις ντομάτες. Άλλοι πήραν να καθαρίσουν τα κρεμμύδια κι άλλοι άναψαν τη φωτιά.  
 ≪ Την όρεξή μας ≫, είπαν αυτοί γελώντας.  
 ≪ Απ' αυτή έχουμε κι εμείς ≫, φώναξε ο Αντρέας. ≪ Μα έννοια σας κι έχετε δουλειά ≫.  
  Η δουλειά που τους έπεσε ήταν αρκετή. Έπρεπε να γυρίσουν τις καλύβες, την κοινότητά τους, να κοιτάξουν τις θέσεις, τα δέντρα και να ορίσουν που θα είναι το μαγειρειό, η αποθήκη, τα ράφια.  
  Άλλοι έπρεπε να δουν αν έχουν ό,τι τους χρειάζεται για να μαγειρεύουν. Μήπως λείπει η κουτάλα, καθώς αυτή τη στιγμή τους λείπει το τηγάνι και πρέπει να το ζητήσουν από τους λοτόμους. Άλλοι πάλι θα πήγαιναν να δουν τους βλάχους, για να ξέρουν τι τρόφιμα μπορεί να πάρουν απ' αυτούς στην ανάγκη. Και στο τέλος, να μάθουν αν έχει κανένα χωριό εκεί κοντά και πόσο μακριά είναι.  





 ヨルゴスとアレコスとディミトラキスは、ジャガイモの皮を剥くのを選んだのです。ディモスとカロヤニスは、とインゲン豆とトマトを切るのを選びましたよ。タマネギを洗うのを選んだ、ほかの子供たちもいました。それに、火を点けるのを選んだ子供もいたのです。 
 「食べたいからね、」子供たちは、そういいました、そして笑ったのです。 
 アンドレアスが叫びました。「食べたいから、ぼくらは、しなくちゃいけないんだ。どう言うことかって言うと、みんな仕事があるって言うことさ。」 
 みんなに割り当てる仕事は十分にあったのです。小屋を、自分たちの村を見回らなければならなかったのです。村の状態、樹々を気を付けて見なければなりませんでした。それに、どこが台所で、どこが倉庫で、どこに棚を付けるのかを決めなければならなかったのです。 
 料理に必要なものが何かあるのではないかと、ほかの子たちは考えた筈ですよ。もしかしたら、スプーンが足りないのではないかしら、今のところ、フライパンがないのです。木樵たちから貰わなければなりませんでした。羊飼いたちに会いに行った子供たちもいました。羊飼いたちから直に貰えるだろう食べ物は何かを知るためになのです。それから、最後に、近く仁村はあるのか、あればどれくらい遠いのかを教わったのです。 





「子供たちは村を作る」、おわり
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の3 





  ≪ Εικοσιέξι άνθρωποι για να ζήσουν στο βουνό πρέπει όλα να τα κάνουν με τα χέρια τους. Να ψήνουν το ψωμί, να κουβαλούν το νερό, να βράζουν το φαΐ. Είστε εικοσιέξι συγκάτοικοι, που πρέπει να ζήσετε μαζί στο ίδιο μέρος. Έχετε τις ίδιες δυσκολίες και τις ίδιες ωφέλειες. Κάνετε λοιπόν μια κοινότητα. Πώς αυτή θα ζήσει χωρίς μαγαζί, χωρίς μύλο, χωρίς τίποτα; Κάποιος από σας πρέπει να γίνει φούρναρης, μπακάλης, μυλωνάς. Ό,τι χρειάζεται για να συντηρηθείτε πρέπει να το βρείτε μόνοι σας, όπως οι βοσκοί, οι βλάχοι και οι λοτόμοι. Θα φάτε ή δεν θα φάτε σήμερα; ≫  
  ≪ Θα φάμε ≫, απάντησε ο Φουντούλης.  
  ≪ Να δούμε όμως πώς θα φάτε. Ε, όσο για σήμερα έχετε έναν κουτσομάγειρα, τον Αντρέα. Αυτός έμαθε από τους λοτόμους το γιαχνί. Σήμερα θα είναι μάγειρας για όλους σας. Τώρα βοηθήστε κι οι άλλοι να γίνει το φαΐ ≫.  





 「山に住もうと言う二十六名は、その全員が、自分の手でしなければならないのだよ。パンを焼くこと、水を運ぶこと、食べ物を煮ること、それを自分たちでしなければならないのだよ。君たち一緒に暮らす二十六名は、同じ一つ所に、一緒に暮らさなければならないんだ。同じ一つの困難、同じ一つの利益があるんだよ。つまり、一つの村を作るんだ。お店もなく、製粉所もなく、なにもないのに、どうやって暮らす? 君たちの中の誰か一人がパン屋になり、誰か一人が食料品屋になり、誰か一人が粉挽き屋にならないといけないんだ。生きていくために必要なことは全部、自分たちだけで見つけなければならないんだ。ちょうど、牧人、羊飼い、木樵の様にだよ。今日は、食べられるかな? 食べられないかな?」 
 フォンドゥリスは、答えました。「ぼくらは、食べられるよ。」 
 「でも、どうやって食べられるか考えてみようね。さあ、今日のところは、アンドレアスに下手なコックをさせよう。アンドレアスは、木樵からヤフニ[ 野菜をトマトソースで調理した料理 ] を習っているからね。今日は、アンドレアスが、みんなのための料理人になるだろうね。さあ、他の子たちは、食事が出来るように手伝いなさい。」
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の2 





  Ένα παιδί, ο Πάνος, έλεγε του Δημητράκη καθώς νιβόταν : ≪ Άι, άι τι κρύο νερό! ≫ Και του κρατούσε το κεφάλι κάτω από τη βρύση. Ο Δημητράκης φώναζε σαν κατσίκι. Ο Πάνος τον άφησε κι έβαλε το δικό του κεφάλι στη βρύση. Άφηνε το κρύο νερό να πηγαίνει στον σβέρκο του, στο στήθος του.  
  Όταν πλύθηκαν, ήρθε να τους δει ο κυρ-Στέφανος. Ο καλός άνθρωπος που τους έφερε ως εδώ θα πήγαινε στη χώρα για τις δουλειές του. Φεύγοντας τους είπε αυτά τα λόγια :  





 ひとりの子供が、パノスなのですけれどね、顔を洗いながら、ディミトラキスにこう言ったのです。「ああ、ああ! なんてつめたい水!」 そして、泉の下で頭を抱えたのです。ディミトラキスは、子山羊の様に叫んだのです。パノスは、ディミトラキスを放っておいて、自分の頭を泉に突っ込んだのです。つめたい水が、うなじを、胸を流れるのにまかせたのです。 
 二人が身体を洗っていると、ステファノスさんが彼らを見にやって来たのです。とても親切な人なのです。ステファノスさんは、みんなをここまで連れて来たくれたのですが、仕事があるので、もう、都市へ行くのです。子供たちに、次の様なことを言って、立ち去りました。
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の1 






  Ο ήλιος είναι πολύ ψηλά. Τα τζιτζίκια λαλούν δυνατά. Μα κανένας δεν έχει όρεξη ν' αφήσει το στρώμα. Γυρίζουν από το ένα πλευρό στο άλλο.  
 ≪ Σηκωθείτε ≫, λέει ο Αντρές, γυρίζοντας από καλύβα σε καλύβα. ≪ Έχουμε δουλειά ≫.  
 ≪ Τί δουλειά; ≫ φώναξε ο Δημητράκης τρίβοντας το ένα του μάτι.  
 ≪ Να φάμε εδώ που ήρθαμε ≫.  
 ≪ Και είναι αυτό δουλειά; ≫  
 ≪ Τώρα που θα σηκωθείς, θα το δούμε ≫.  
  Ο Δημητράκης ζητούσε τη λεκάνη να νιφτεί. Δεν είχε καταλάβει ακόμα που βρίσκεται. Ακολούθησε τους άλλους που γελούσαν μ' αυτόν και βρήκαν κάμποσα βήματα μακριά τη βρύση. Το νερό τους έτσουξε στ' αυτιά.  





  子供たちは村を作る 

 太陽はとても高くなっていますよ。蝉は、力強く鳴いています。でも、だれも、マットレスを後にしょうと言う気がないのです。こっち側からあっち側へ向き変るだけなのですよ。 
 アンドレスが、小屋から小屋へと回って歩いて、「起きなさい」と言います。 「ぼくたちは、仕事があるんだよ。」と言うのです。 
 「どんな仕事?」とディミトラキスが叫んで、目を擦りました。 
 「ぼくらがやって来たここで、食べることさ。」 
 「それが仕事なの?」 
 「君が起きたら、ぼくらは分かるさ。」 
 ディミトラキスは、顔を洗う洗面器を欲しがりました。ディミトラキスは、まだ、自分が何処にいるか分かっていなかったのです。彼のことを笑う他の子たちに付いていきました。遠い泉までは、相当の歩数があったのです。水は、子供たちの耳をずきんとさせました。
posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の3 






  Κι ύστερα ακούστηκαν μακριά τα κουδούνια των κοπαδιών. Είναι οι βλάχοι. Δικό τους είναι το μεγάλο κοπάδι που βόσκει. Άκου πόσα κουδούνια!... Μικρά, μεγάλα, ψηλά, βαθιά, γλυκά, βραχνά. Κουδουνίσματα πολλά όπως τ' άστρα, όπως οι γρύλοι. Κι έξαφνα ένα πράσινο άστρο, σαν να ήταν πολύ χαρούμενο, άναψε, χύθηκε ανάμεσα στ' άλλα και χάθηκε...  
  Τι ωραία νύχτα!  
  Ο Φάνης ένιωσε ψύχρα και μπήκε μέσα να πλαγιάσει. Μα και σκεπασμένος έβλεπε την αστροφεγγιά.
 
  Του φαίνονταν όλα εκείνα τ' άστρα δικά του. Κανένας από τους άλλους δεν τα είχε δει.  
  Αποκοιμήθηκε ακούγοντας τα κουδούνια.  





 それから、遠くで、たくさんの鈴の音が聞こえたのです。羊飼いたちなのです。放牧させている群れ自体が、大きな群れなのでした。どれだけたくさんの鈴か、聞いてご覧なさい! 小さな鈴の音、大きな音、高い鈴の音、低い音、やさしい鈴の音、かすれた音。星のように、コオロギのように、たくさんの鈴の音が聞こえるのです。そして、急に、ひとつの緑の星が点ったのです。とても機嫌がいいかのようです。そして、他の星の中に流れ込んでいって、消えました。 
 なんて美しい夜だろう! 
 ファニスは寒さを感じたのです。それで、寝ようと中に入ったのです。でも、夜具を被って、星明かりを見ていたのです。 
 ファニスには、その星が自分の物のように思えました。ファニス以外の友達の誰も、それを見ていないのです。 
 鈴の音を聞きながら、まどろんで行ったのです。 





「星々、こおろぎ、鈴」、おわり
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の2 





  Πρώτη φορά είδε τόσο βαθύ ουρανό. Πόσα άστρα! Ήταν σαν αμέτρητο χρυσό μελίσσι, που χύθηκε ψηλά κι έβοσκε. Άστρα πολλά εδώ, άστρα λίγα παρακάτω. Κάπου δυο μαζί, κάπου ένα μοναχό, σαν ξεχασμένο. Πεντ-έξι άστρα μαζί, σαν κλαράκι. Να 'ναι η Πούλια; Στη μέση τ' ουρανού από πάνω από τον Φάνη ένα λευκό ποταμάκι χυνόταν ήσυχα από τον βοριά στον νότο. Κυλούσε μυριάδες μικρά άστρα, λευκά σαν ανθούς. Μέσα στο δάσος αμέτρητοι γρύλοι τραγουδούσαν κι έλεγαν όλοι το ίδιο τραγούδι. Από πέτρες, από τρύπες της γης έβλεπαν την αστροφεγγιά οι μικροί τραγουδιστάδες και την κελαηδούσαν.  





 ファニスがこれ程に深い空を見るのは初めてだったのです。なんてたくさんの星々! 数えることの出来ない金色の蜜蜂の群れようですよ。高く、放されて、撒き散らされているのです。ここでは、星がたくさんです。下では、星は少ないのです。あるところでは、ふたつの星が一緒にあります。あるところでは、忘れられたように、ひとつだけあるのです。五つか六つの星が、小枝のように一緒にあります。それが、プレアデスなのか知ら? ファニスの上の、空の真ん中に、一本の真っ白の河が、北から南へと、静かに流れています。河は、何万もの小さな星を転がせています。花のように真っ白な星々です。森の中では、数えることの出来ないこおろぎが、歌っているのです。こおろぎは、みんな、同じ歌を歌っていたのです。岩から、地面の穴から、小さな歌手たちは、星明かりを望み上げていました。そして、その星明かりを歌っているのです。
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の1 





  Οι φίλοι μας κοιμούνται βαθιά στις καλύβες. Πού και πού ακούγονται παραμιλητά.  
  Μερικοί φωνάζουν: ≪ Αύριο θα ξεκινήσουμε για το βουνό! ≫ Και ξανακοιμούνται.  
  Ένας λέει : ≪ Δεν είναι ώρα σου λέω για το σχολείο. Δεν χτύπησε ακόμα η καμπάνα! ≫  
  Ένας άλλος: ≪ Μητέρα, δεν τη θέρω τόσο μικρή φέτα! ≫   Ένας τρίτος: ≪ Κοίταξε μην έρθει η μάνα μου, έχω πάρει από το ντουλάπι όλο τα βάζο με το γλυκό! ≫  
  Ήταν ο Φουντούλης. Όταν ξύπνησε και είδε πως δεν έχει τίποτα, του κακοφάνηκε. Δεν ήθελε να ξανακοιμηθεί, μήπως πάθει πάλι το ίδιο. Μα η κούραση τον αποκοίμισε.  
  Ο Φάνης άνοιξε μάτια του. Από κάποιες τρύπες της καλύβας βλέπει ουρανό και καταλαβαίνει πως είναι ακόμα νύχτα. Μα δυσκολεύεται να κοιμηθεί άλλο. Ντύνεται και γλιστρά έξω από την καλύβα. Θέλει να δει τη νύχτα στο δάσος. Κάθισε εκεί απέξω καταγής.  





   星々、こおろぎ、鈴 


 わたしたちのお友達たちは、ベッドでぐっすり眠っていたのです。時々、寝言が聞こえます。 
 何人かがこう叫ぶのです。「あした、ぼくらは山にむけて出発だ!」。そして、また、眠るのです。 
 ひとりがこう言います。「ぼくは、学校の時間じゃない、って言ったろう。まだ、鐘は鳴らないよ。」 
 別のひとりがこう言います。「かあさん! ぼくはこんな小さなフェタはいらないよ。」 
 また別のひとりがこう言います。「かあちゃんが来ないか注意して! ぼく、食器棚から花瓶をぜんぶお菓子を入れて持って来たから。」 
 それは、フォンドゥリスでした。目が覚めると、自分に嫌な思いをさせることは何もないと分かったのです。また、眠りたいとは思わなかったのです。同じ嫌な目に遭うのではないか知らと思ったからです。でも、疲れがフォンドゥリスを眠らせてしまったのです。 
 ファニスが、目を開けたのです。小屋に開いた幾つかの穴から空を見て、まだ夜だと言うことは分かっていたのです。でも、また眠るのは無理でした。ファニスは服を着て、小屋から忍び出たのです。夜の森が見てみたかったのです。外の地面に座ったのです。
posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の5 





Κουρασμένοι καθώς ήταν έπεσαν να κοιμηθούν επάνω στα ξερά κλαδιά που τα είχαν για στρώμα. Μα ενώ έκλειναν σιγά-σιγά τα μάτια ακούστηκε η φωνή ενός πετεινού. Ο μικρός κόκορας που είχαν φέρει μαζί από την πόλη, αφού τον έλυσαν και είχε πια ξεμουδιάσει, έβγαλε μια φωνή : ≪ Κικιρίκου! ≫ σαν να ήταν πρωί. Από το λάλημα ήρθε τόσο ξαφνικά, που τα παιδιά έβαλαν τα γέλια.  
 ≪ Ξυπνήσαμε κιόλας; ≫ φώναζαν.  
≪ Κικιρίκου! ≫ φώναξε άλλη μια φορά ο κόκορας, βραχνιασμένος αυτή τη φορά.  
  Όσο όμως κι αν ήθελε αυτός να φέρει το πρωί, τα παιδιά νύσταζαν και σιγά-σιγά κοιμήθηκαν.  





 子供たちはとても疲れていたのですから、マットレスの代わりに敷いた枯枝の上で眠りに落ち様としていました。でも、子供たちの目が段々と閉じようとしていると、雄鶏の声が聞こえたのです。町から一緒に連れて来た小さな鷄です。子供たちはその鷄を放していたのです。鷄はのびのびしていました。そして、声を上げたのです。「キキリークー!」。まるで朝になったかの様にです。さえずっている内に、突然鳴いたのです。それで、子供たちは吹き出して笑いました。 
 「ぼくたち、もう起きるのかい?」と子供たちは叫びました。 
 「キキリークー!」、鷄は、もう一回叫びました。今度は、声がかすれていました。 
 けれども、例え、鷄が朝を連れて来たとしても、子供たちは眠くて、次第次第に眠ってしまったのです。 




「森での最初の夜」、おわり
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の4 






  Όσο περνούσε όμως η ώρα, καταλάβαιναν πως μπορούν να κάνουν και χωρίς αυτά.  
  Αφού ετοίμασαν το νοικοκυριό τους βγήκαν να δουν το δάσος. Εκείνη την ώρα ο ήλιος βασίλευε κι οι κορμοί των δέντρων έφεγγαν από κόκκινο φως. Μεγάλα γέρικα δέντρα τους τριγύριζαν, κι άλλα νέα και καταπράσινα. Χαμόκλαδα πολλά σκέπαζαν τη γη.  
  Σε λίγο όλο αυτό το δάσος γέμισε από σκοτάδι.  
  Τότε, στη νύχτα και στην ερημιά, οι μικροί ταξιδώτες ένιωσαν πόσο χρειάζεται ο ένας τον άλλο.   





 時間が経つに従って、子供たちは、そんなものが無くても過ごせることが出来るのがわかったのですよ。 
 自分たちの家のことが整うと、子供たちは、外に出かけて、森を見に行ったのです。その時、太陽はちょうど西に沈む時でした。樹々の幹は、赤い光で輝いていたのです。大きな年老いた樹と、若い鮮やかな緑の樹が、子供たちを取り囲んでいました。たくさんの下生えが地面を覆っていました。 
 すぐに、森全体が、暗闇で満たされました。 
 そうして、夜になり、寂しい時間になると、小さな旅人たちは、お互いをとっても必要としていると感じたのです。 
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする