2015年10月08日

Τα μουλάρια ξέρουν που θα φάνε οι ταξιδιώτες

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第八章「ラバたちは旅客がどこで食事にするか知っている」 


    Τα μουλάρια ξέρουν που θα φάνε οι ταξιδιώτες


  Όταν σε λίγο φάνηκε μια βρύση με πλατάνια και λεύκες, τα μουλάρια σταμάτησαν μόνα τους. Τα παιδιά κατάλαβαν πως, για να σταματάει το ζώο μόνο του, θα είναι παλιά συνήθεια να ξεπεζεύουν οι ταξιδιώτες εκεί για να φάνε. Αυτή τη σκέψη την έκαναν όλοι, κι ας λένε τον Φουντούλη φαγά.  
  Τι πείνα ήταν αυτή! Κοιτάζοντας το ένα το άλλο δεν την είχαν καταλάβει. Τέτοια ήταν η όρεξή τους, που δεν κατάλαβαν καλά πότε στρώθηκε το τραπέζι επάνω στα χλωρά φύλλα, πότε κάθισαν, αν κάθισαν με το πλευρό ή σταυροπόδι. Έτρωγαν ευχαριστημένοι κι ο πλάτανος από πάνω σάλευε τα κλαριά του.  





  ラバたちは旅客がどこで食事にするか知っている 

 すぐに、プラタナスと松が側にある泉が見えて来たのです。ラバたちは、自分たちから立ち止まりました。ラバたちが自分でそこに止まったので、そこで旅行者たちは食事のために降りるのが古くからの習慣になっていると言うことを、子供たちは分かったのでした。そして、ファンドゥリスを食いしん坊と言うことにしておこう、と言う考えが全員に浮かんだのです。  
 空腹とはどう言うことでしょうね! 子供たちはお互いに見つめ合ったのですけれど、その時まで、空腹が分からなかったのです。よく分からなかったのですけどね、青々繁った葉の上にテーブルが拡げられ、腰を下ろすと、子供たちには食欲があったのです。脇腹をつけて横になったり、胡座で座ったりしたのです。子供たちは、上機嫌で食べました。上では、プラタナスが小枝を揺らしていたのです。
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

Καταστροφή στα κουλούρια του Φουντούλη

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七章「フォンドゥリスのクルーリに起こった惨事」 





   Καταστροφή στα κουλούρια του Φουντούλη

  Ο Φουντούλης πηγαίνει επάνω στο μουλάρι του σαν φορτωμένος και όχι σαν καβαλάρης. Είναι όμως πολύ συλλογισμένος. Κανέναν δεν μιλάει για φαγητό κι η όρεξη του Φουντούλη έχει σημάνει μεσημέρι πολλές φορές.  
  Έχωσε το χέρι μέσα στο σακούλι του και βρήκε κατιτί. Τέτοιο ευχάριστο άγγιγμα το είχε νιώσει μόνο μια φορά, που έπιασε αυγά πουλιού. Ήταν τα κουλούρια που του είχε ετοιμάσει η μητέρα του, με τη συμβουλή να τα τρώει φρόνιμα, δηλαδή δύο κάθε πρωί.  
  Μόλις τα άγγιξε ο Φουντούλης, κατάλαβε πως η ζωή τους ήταν λίγη. Έφαγε δυο. ≪ Ας φάμε≫, είπε, ≪ άλλα δυο. Τι φρέσκος αέρας! ≫ Έγιναν τέσσερα. Σε λίγο έξι. Τώρα έχει χώσει πάλι το χέρι στο σακούλι και χαϊδεύει όσα μένουν.  
 ≪ Πότε θα φάμε; ≫ ρώτησε τον αγωγιάτη.  
  Ο κυρ-Στέφανος άκουσε και, γυρίζοντας, ρώτησε τα παιδιά.  
 ≪ Ποιος είναι εκείνος που πείνασε πιο πολύ απ' ολους και δεν μπορεί να κρατηθεί; ≫  
  Όλη η συντροφιά γύρισε και κοίταξε τον Φουντούλη. Εκείνος έκανε πως κοιτάζει κάτω και θαυμάζει τάχα το νερό. Και σαν να ντράπηκε, έβγαλε το χέρι του από τα κουλούρια. Έμεινε όμως μέσα στο σακούλι ο νους του.  






   フォンドゥリスのクルーリに起こった惨事 

 フォンドゥリスはラバに乗って行ったのですよ。まるで、荷物みたいでしたよ。騎手には見えませんでした。けれども、ずっと物思いに沈んでいました。だれも食事のことを話さないのです。でも、フォンドゥリスのお腹は、もう何度もお昼だと言っていたのです。 
 自分の袋に手をつっこんで何かを見つけたのです。とても手触りが良かったので、フォンドゥリスは、一度で、それは鳥の卵だ、と思ったのです。それは、フォンドゥリスのお母さんが用意したクルーリだったのです。毎朝きっかり二個ずつ食べなさいと言って、持たせたものだったのです。 

 フォンドゥリスは、それに触ると、すぐに、これからの生活は乏しいものだと思ったのです。それで、二つ食べたのです。そしてこう言いました。「もう二つ食べよう、なんて新鮮な空気なんだ!」 それで四つになりました。すぐに、六つになりました。そうして、また、袋に手をつっこんだまま、残っているものぜんぶをなでたのです。 
「ぼくたちは、いつ、ごはんにするの?」こう、荷役人夫に聞いたのです。 
 ステファノスさんはそれを聞いていました、振りかえって、子供たちに尋ねたのです。 
「他の子よりもずっとお腹が空いているのは誰だ? 我慢出来ないのは誰だ?」って。 
 お友達はみんな、振りかえって、フォンドゥリスを見ました。フォンドゥリスは、下を見て水に驚いている振りをしたのです。そうして、恥ずかしいので、クルーリから手を離したのです。でも、フォンドゥリスの気持ちは、袋の中にあるままだったのです。 

posted by kyotakaba at 14:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

Τα παιδιά κοιτάζουν το νερό της Ρούμελης 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六章「子供たちはルウメリの水を見る」の2 





 ≪ Είναι γαλαζοπράσινο ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Τι ωραίο χρώμα! ≫
 ≪ Αυτό το χρώμα ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος, ≪ είν' από την ορμή που έχει το νερό. Εδώ επάνω η Ρούμελη είναι ανήσυχη. Πηδούν τα της σαν τρελά παιδιά. Μόνο στον κάμπο φρονιμεύουν. Και όσο πάνε κατά τη θάλασσα, γίνονται ήσυχα και συλλογισμένα ≫.  
  Όταν έφτασαν πιο ψηλά δεν είδαν πια τη Ρούμελη. Σε μια στροφή τούς κρύφτηκε. Ο Κωστάκης λυπήθηκε σαν να τους είχε λείψει κανένας σύντροφος.  
 ≪ Έννοια σου, Κωστάκη≫, είπε ο αγωγιάτης, ≪ και θα μας βγει πολλές φορές μπροστά. Φεύγει η Ρούμελη από δω; Έχει να θρέψει τόσα πλατάνια, να περάσει από τόσες λαγκαδιές! ≫  
  Παραπέρα που χαμήλωσαν, άκουσαν τη βουή της κι ένιωσαν πως η Ρούμελη είναι πάντα κοντά.





「青緑だ、なんてきれいな色!」とファニスは言いました。 
「あの色は、水が持っている勢いの所為なのだ。この様に高い所では、ルウメリは忙しないんだよ。ルウメリの水は、はしゃぐ子供の様に飛び跳ねているよ。平原に出て初めて、聞き分けが良くなるのだ。そう、静かにもの静かになって、海へと向かうのだよ。」とステファノスさんが言いました。 
 一行が、もっと上に行くと、もう、ルウメリは見えなかったのですよ。一曲がりすると、川は子供たちには隠れて見えなくなったのです。コスタキスは、まるで誰かお友達がいなくなったかの様に、残念がりました。 
「コスタキス、がっかりするな。これから、何度も前に現れるから。ルウメリはここから逃げて行くかい? たくさんのプラタナスを育てなければならないし、たくさんの渓谷を抜けなければならないんだぞ。」と荷役人夫は言いました。 
 ずっと下に行けば、せせらぎが聞こえて、ルウメリは、いつも側にある様に感じるのです。 




「子供たちはルウメリの水を見る」、おわり
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

Τα παιδιά κοιτάζουν το νερό της Ρούμελης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六章「子供たちはルウメリの水を見る」の1  





  Όταν έφτασαν ψηλότερα, παραξενεύτηκαν με ένα ασυνήθιτο χρώμα που φάνηκε κάτω στο βάθος της λαγκαδιάς.  
 ≪ Τι είναι εκείνο; ≫ φώναξαν τα παιδιά. ≪ Είναι νερό; ≫
 ≪ Νερό ≫, απάντησε ο αγωγιάτης.
 ≪ Μα είναι ακίνητο ≫, είπε ο Κωστάκης.
 ≪ Νερό στον κατήφορο ακίνητο, πώς γίνεται; ≫  
 ≪ Είναι σαν ακίνητο ≫, είπε τότε το παιδί.  
 ≪ Βέβαια, γιατί εμείς είμαστε ψηλά. Πάρα πέρα που θα χαμηλώσουμε, θα δείτε πως τρέχει ≫.  
 ≪ Πώς το λένε αυτό το ποτάμι; ≫  
 ≪ Ρούμελη. Μα εδώ είναι ρέμα, δεν είναι ακόμα ποτάμι. Πρέπει να κάνει μεγάλο ταξίδι για να γίνει το ποτάμι της Ρούμελης. Έχει να συναντήσει πολλά νερά, να στρογγυλέψει πολλές πέτρες και να γυρίσει πολλούς μύλους ακόμα ≫.  





  子供たちはルウメリの水を見る 

 ずっと高いところに着くと、子供たちは、滅多にない色を見て驚いたのです。渓谷の底に見えた色ですよ。
「あれは何?」、子供たちは叫びました。「水なの?」  
「水だ。」、荷役人夫は答えました。
「でも、止まっているよ。」とコスタキスは言いました。 
「下り坂にあるのに、止まってる、どうして?」。 
「止まっている様に見えるの?」、とまた言いました。
「そのとおりだよ。わたしたちは、高所に居るからだよ。ずうっと下に降りて行けば、水が流れているのが目に見えるだろう。」 
「あの川はなんと言うの?」 
「ルウメリだ。だが、ここでは沢だ。まだ、川ではない。ルウメリの川になるには、長い旅をしなければならないんだよ。たくさんの水が集まらないとね。それに、たくさんの石を丸くして、それに、たくさんの水車を回さなければならないんだよ。」 
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「バルバフォティスの歌」の2 




  Κι αφού σήκωσε την τσίτσα του και τράβηξε δυο ρουφηξιές, άρχισε :

Καλότυχα είναι τα βουνά, ποτέ τους δε γερνάνε,
το καλοκαίρι πράσινα και το χειμώνα χιόνι,
και καρτερούν την άνοιξη, τ' όμορφο καλοκαίρι,
να μπουμπουκιάσουν τα κλαριά, ν' ανοίξουνε τα δέντρα,
να βγουν οι στάνες στα βουνά, να βγουν οι βλαχοπούλες,
να βγουν και τα βλαχόπουλα, λαλώντας τις φλογέρες.


  Δεν γερνά το τραγούδι! Ο Μπαρμπαφώτης γέρασε, μα η φωνή του έμεινε λυγερή όπως στα νιάτα του. Αν δεν του 'λειπε εκείνο το μπροστινό δόντι!  





 そうして、バルバフォティスは、自分のチッチァ( ワインを飲む木の器 ) を挙げて、ふた口吸い込んで、歌を始めたのです。 

山は幸せ、歳をとらない。 
夏には、緑。冬には、雪。 
春と美しい夏をを辛抱強く待つと、 
樹が現れて、枝の芽が出て来る。 
そうして、山に羊小屋が出来て、羊飼いの娘たちが出て来る。 
羊飼いの少年たちが出て来て、笛を鳴らす。 

 歌は歳老いないのです。バルバフォティスは歳を取ってしまっています。でも、バルバフォティスの声は、若い時の様に、しなやかなのです。前歯があったら、どんなに良かったでしょうね。 





「バルバフォティスの歌」、おわり
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「バルバフォティスの歌」の1  





  ≪ Ε, Μπαρμπαφώτη!≫ φώναξε ο κυρ-Στέφανος, δεν θα μας πεις κανένα τραγούδι; ≫  
  Ο Μπαρμπαφώτης χαμογέλασε.  
 ≪ Κανένα που να λέει έτσι για ψηλά βουνά ≫, ξαναείπε ο κυρ-Στέφανος.  
 ≪ Σαν ποιο να πω; ≫ ρώτησε ο αγωγιάτης.  
  Πέρασε λίγη ώρα και δεν άρχιζε το τραγούδι ακόμα. Συλλογιζόταν : ≪ Να πω την αλαφίνα, να πω τον Κατσαντώνη, να πω τη βλαχοπούλα, τι να πω; ≫ Τέλος αποφάσισε : ≪ Εγώ γέρασα τώρα ≫, λέει, ≪ μα για το χατίρι του κυρ-Στέφανου θα το πω ≫.  





  バルバフォティスの歌 

 ステファノスさんが叫んだのです。「おおい、バルバフォティス、何か歌を歌ってくれないか。」 
 バルバフォティスはにっこりとしました。 
 「高い山を歌ったものなら、何でもいい。」とステファノスさんは付け加えました。
 「だれのために歌おうか?」と荷役人夫は聞きました。 
 時間が少し経ちましたけれど、歌い始めませんでした。「牝鹿を歌おうか、カザンドウニスのことを歌おうか、羊飼いの娘を歌おうか。何を歌おうか?」と考え込んでいたのです。そして、とうとう決めたのです。こう言いました。「儂は、もう、歳をとった。まあ、ステファノス旦那のために歌おう。」
posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

Οι μικροί ταξιδιώτες ανεβαίνουν στο βουνό

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四章「幼い旅人たち、山に登る」 




  Όταν έφτασαν σε μια ράχη, τους καλωσόρισε ο κρύος αέρας. Αυτός ο αέρας είχε περάσει από κάθε κορφή και κάθε λαγκαδιά. Τον πήραν με μια βαθιά αναπνοή.  
  Πουλάκια με άσπρη τραχηλιά κουνούσαν την ουρά τους στους θάμνους κι ύστερα έφευγαν με γοργό λαρυγγισμό.  
  Ένα κατσίκι κατάμαυρο έστεκε στην κόψη του βράχου. Οι βράχοι έμοιαζαν σαν θεόρατα σπίτια, που δεν ξέρεις ποιος τα κατοικεί. Οι γκρεμοί ήταν φυτεμένοι με πουρνάρια και κουμαριές. Αλλού κατέβαιναν γυμνοί και απότομοι σαν να τους είχες κόψει με σπαθί. Ο βράχος επάνω στον βράχο, ο λόφος επάνω στον λόφο σχημάτιζαν το βουνό. Πελώρια ήταν όλα.  
  Και σ' αυτό το ύψος ανέβαινε με στροφές, όλο ανέβαινε ο δρόμος.  
  Ευτυχισμένοι σε τούτο το θέαμα οι μικροί ταξιδιώτες, κοίταξαν προς τις κορυφές. Ένας τους φώναξε : ≪ Γεια σας, ψηλά βουνά! ≫  





  幼い旅人たち、山に登る 

 子供たちがある尾根に着くと、冷たい風が出迎えたのです。それは、あらゆる峰あらゆる谷を渡って来た風なのです。子供たちは、深い息を一度して、その風を吸い込みました。 
 首回りの白い小鳥たちが、灌木で尾を振っていました。そうして、速いトリルで囀ると飛び去って行ったのです。 
 一軒の真黒な家が切り立った岩の稜線に建っていたのです。岩々は、巨大な家のようでした。そこに誰が住んでるかは、誰も知らないですよね。谷底には、柊や岩梨が生えていました。他のところは、刀で切られたように、山肌が剝き出しで無骨になっていました。岩の上に岩があり、小山の上に小山があり、そうして、一つの山を成しているのです。なにもかもが桁外れなのでした。 
 道は、この高さになると、全部が上りに変わるのです。 
 幼い旅人たちは、頂きの方を見詰めたのですけれど、その光景で、幸せに感じていました。子供たちのうちの一人が叫びました。「こんにちわ、高い山!」
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

Το ξεκίνημα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の4 




  Ο Φουντούλης αγωνίζεται να το φέρει μπροστά, μα εκείνο μένει τελευταίο. Στο τέλος ο Φουντούλης αρχίζει να φοβάται πως το ζώο του δεν είναι μουλάρι. Το κοιτάζει καλά στ' αυτιά. ≪ Μήπως κατά λάθος ≫, συλλογίζεται, ≪ μου έδωσαν κανέναν γάιδαρο; ≫  
  Μα κι οι άλλοι δεν τον αφήνουν ήσυχο και στο τέλος θα τον κάνουν να το πιστέψει.  
 ≪ Το άτι σου, Φουντούλη, έχει μεγάλα αυτιά! ≫  
 ≪ Περίμενε, Φουντούλη, και θ' ακούσεις και τη φωνή του! ≫  
  Μα ο Φουντούλης, που δεν θυμώνει ποτέ, βάζει τα γέλια μαζί με τους άλλους.  
  Το καραβάνι ανέβαινε στα Τρίκορφα, ξυπνώντας τις λαγκαδιές με τα γέλα του, τις φωνές του και με την περπατησιά του στους πετρωτούς δρόμους.  





 フォンドゥリスは、前に引いて行こうと一所懸命だったのです。でも、ラバは、どん尻にいるのです。とうとう、フォンドゥリスは、この動物はラバではないのかもと心配になり始めました。動物の耳をしっかりと見てみました。じっくり考えてみました。「もしかしたら、間違えて、ぼくにロバを呉れたんじゃないの?」 
 でも、他の子たちは、フォンドゥリスを一人で放っておきはしませんでした。最後には、ラバだと信じられるようにしたのです。 
「フォンドゥリス、きみのうまは、大きな耳があるよ!」 
「ちょっと待って、フォンドゥリス、その動物の声を聞いてごらんよ!」 
 でも、フォンドゥリスは、ちっとも怒ってはいないのでした。他の子たちと一緒に笑い出したのですよ。 
 一行は、トリコルファに登りました。谷々を、子供たちの笑い声、叫び声で目覚めさせながら登って行ったのです。それに、石だらけの道を行く子供たちの足どりが、谷々をはっとさせたのです。 






おわり
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

Το ξεκίνημα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の3 





Σε μια ρόγα από σταφύλι
έπεσαν οχτώ σπουργίτες
και τρωγόπιναν οι φίλοι...
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.


Εχτυπούσανε τις μύτες
και κουνούσαν τις ουρές,
κι είχαν γέλια και χαρές,
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.


Πώπω πώπω σε μια ρόγα
φαγοπότι και φωνή!
Την αφήσαν αδειανή...
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.


Και μεθύσαν, κι όλη μέρα
πάνε δώθε, πάνε πέρα
τραγουδώντας στον αέρα.
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.



  Μονάχα ο Φουντούλης δεν μιλάει. Έμεινε τελευταίος. Ο καημένος, ο παχύς, ο στρογγυλός, ο μικρός Φουντούλης! Το μουλάρι του είναι πολύ οκνό. Δεν ακούει από φωνή κι από χτύπημα. Γιατί τον φόρτωσαν σ' αυτό το ζώο; Για να μην κυλήσει;  





ぶどうのみ、ひとつに、
八羽のすずめがとんでくる、
みんなで、のんでたべて…、 
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

くちばしをぶつけて、 
おっぽをふって、 
わらってよろこぶんだよ、 
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

わいわい、わいわい、みがひとつぶで、 
ごちそう、うたごえ、 
なにものこさない…、 
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

よっぱらって、いちにちじゅう、
あっちへいったり、こっちへきたり、
そうして、おそらでうたってる、
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

 ただひとり、フォンドゥリスだけはしゃべらなかったのですよ。一番後ろなのでした。日焼けした、太ってまん丸、小さなフォンドゥリス! フォンドゥリスのラバはとてものろまだったのです。叫んでも打っても言うことを聞かないのです。どうして、みんなは、このラバをフォンドゥリスに押し付けたのでしょうね? 転ばないようになのか知ら? 
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

Το ξεκίνημα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の2  





  Είναι ντυμένα για να ζήσουν σε βουνό. Το ίδιο ρούχο θα φορεθεί βράδυ και πρωί, θα παλέψει με αγκάθια και με πέτρες, θα σκίζεται και θα μπαλώνεται. Τίποτα καινούργιο δεν φορούν.  
  Τι απλά παιδιά που έγιναν! 
  Με τα βαριά σακούλια τους μοιάζουν με τους μαστόρους και τους πραματευτάδες που έρχονται κάτω στην πόλη. Όλους τους θυμούνται αυτή τη στιγμή, όλους τους παριστάνουν έναν-έναν, όπως είναι, όπως περπατούν, όπως φωνάζουν.  
  Ο Δημητράκης κάνει τον χαλκωματά και φωνάζει:  
  ≪ Χαλκώματα να γανώωω... ≫  
  Ο Κωστάκης τον μπαλωματή: ≪ Παπούτσια να μπαλώωω... ≫  
  Ο Γιώργος πάλι παριστάνει τον τροχιστή: ≪ Μαχαίρια, ψαλίδια, σουγιάδες, γι' ακόοο... ≫  
  Ο Φάνης θυμήθηκε έναν πραματευτή που τον είχαν ξεχάσει. Πουλάει τα βοτάνια, τη ρίγανη και τα χορταρικά. Τον λένε κορφολόγο και φωνάζει: ≪ Κάπαρη, καλή κάπ... ≫  
  Μέσα σ΄αυτά τα γέλια ο Καλογιάννης θυμήθηκε το ≪ Τσιριτρό ≫ και άρχισε να τραγουδάει. Όλη η συνοδεία πήρε το γελαστό τραγούδι και το έλεγε χτυπώντας τα ραβδιά στη γη:  





 それは、山で生活する服装なのでした。同じ服を、夜も朝も、着ているものなのです。茨や礫石と格闘し、破れて、それに継ぎを当てるのです。新しいものは着ていませんよ。 
 子供たちは、なんて、質素になったことでしょう! 
 重たい袋を担いだ子供たちは、町に降りて来る職人や商人の真似をしました。子供たちは、町に降りて来る時の職人たち商人たち全員のことを覚えているのです。一人一人がどう言うか、どんな風か、どんな風に歩くか、どんな風に叫ぶかをを思い出せるのです。
 ディミトラキスは、銅細工師の真似をして、叫びました。
「銅器、ひかるううう、」 
 コスタキスは、靴直し職人になりました。「くつう、なおしますううう、」 
 それに、ヨルゴスは、研ぎ師をしました。「ほうちょう、はさみい、ないふ、きれない…」 
 ファニスは、その時まで忘れていた、ある行商人のことを思い出したのです。薬草や香辛料や干草を売っているのです。コルフォロゴス[ 先端刈り師 ]と言う仕事でした。こう叫びました。「フウチョウ、上質な…、」 
 こうして起こる笑い声の中で、カロヤニスは、「チリトロ」を思い出しました。それで、歌い出したのです。一行の全員が、その陽気な歌を引取って、杖で地面を叩きながら歌うのです。
posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

Το ξεκίνημα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の1 




  Στον κυρ-Στέφανο το χρωστούν πώς ξεκίνησαν. Αυτός ο καλός άνθρωπος, όταν γύρισε από το δάσος, έδωσε τον λόγο του στους γονείς τους πως θα πάει μαζί με τα παιδιά. Είπε πως θα τα προσέχει εκεί που βρίσκονται, πως θα τους κάνει όσες ευκολίες μπορεί και θα τους φέρνει νέα τους συχνά, όταν θα κατεβαίνει στην πόλη.  
  Μόνο έτσι κατόρθωσαν να πάρουν την άδεια. Πέρασαν δυο-τρεις μέρες ώσπου να ετοιμαστούν και τέλος ένα πρωί το μεγάλο και ζωηρό καραβάνι ξεκίνησε.  
  Πάνε στα ψηλά βουνά. Είναι εικοσιπέντε παδιά. Τα δεκαπέντε πήγαιναν πεζή. Τα δέκα καβάλα στα φορτωμένα μουλάρια, που τα οδηγούν τρεις αγωγιάτες. Ακολουθούσε ο κυρ-Στέφανος, καβάλα στην κόκκινη φοράδα του.  
  Και τα εικοσιπέντε παιδιά έγιναν αγνώριστα. Κρατούν από ένα ραβδί. Σακούλια και παγούρια κρέμονται στην πλάτη τους. Φορούν μεγάλες ψάθες και χοντρά παπούτσια.  






 子供たちが出発出来たのは、ステファノスさんのおかげなのです。ステファノスさんは良い人で、森から帰ると、子供たちの親たちに、自分が一緒に行くことになるだろうと、話したのです。そして、子供たちがいるところで、どのように世話をするか、自分が出来る子供たちに便宜はどのようなものかを、話して、山から町に降りて来る時には、子供たちの親たちに知らせを頻繁に持って来よう、と言ったのです。 
 こうして、子供たちは、やっと、許しをもらうことが出来たのです。準備をしているうちに二三日が経ちました。そして、とうとう、ある朝、多人数の元気な一隊が出発したのでした。
 子供たちは、高い山に向かいました。二十五人の子供たちでした。十五人は、徒歩でした。十人は、荷を積んだラバに乗って行ったのです。ラバは、三人の馬方に引かれていました。ステファノスさんは、ご自分の赤い雌馬に乗って付いて来てくれたのです。 
 二十五人の子供たちは、誰が誰だか分からなくなっていたのです。皆んな、一本の棒を握りしめていましたし。背中には、小袋と水筒を背負っていましたから。それに、皆んな、大きな麦わら帽子を被り厚い靴を履いていたものですから。
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

Το γράμμα του Αντρέα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の3 





  Βρέθηκε λοιπόν το σπουδαιότερο, η τροφή. Από το κοπάδι θα έχουν το κρέας και τα γαλακτερά.  
  Ο Αντρέας έμεινε στο δάσος ανυπομονώντας να έρθουν οι βλάχοι. Κι όταν ήρθαν, έστειλε στην πόλη, στα δυο παιδιά, αυτή την παραγγελία :  


  Παιδιά  
  Στις εικοσιεννιά, των Αγίων Αποστόλων, εσείς οι δυο κατά το βράδυ να κοιτάζετε το βουνό, προς το μέρος μας, προς το Χλωρό. Αν δείτε τρεις φωτιές στην αράδα, να ξέρετε πως αυτό θα είναι μήνυμα δικό μου για σας. Θα σημαίνει πως όλα έχουν ετοιμαστεί, κι η τροφή, κι οι καλύβες, κι ό,τι άλλο χρειάζεται. Μόνο να ειδοποιήσετε τον Φάνη και τ' άλλα παιδιά. Και να κάνετε ό,τι μπορείτε για να έρθετε. Μη χά νετε καιρό. Τι ωραία που είναι εδώ ψηλά!


  Εικοσιεννιά, των Αγίων Αποστόλων, απόψε, να οι φωτιές!  
  Τα δυο παιδιά έφτασαν κι έφεραν το μήνυμα στον Φάνη, στον Μαθιό και στον Κωστάκη. Ανέλπιστη χαρά! Ποτέ δεν είχαν συνεννοηθεί από τόσο μακριά. Θα πάνε; Και πότε; Πώς;  
  Τρέχουν στο σπίτι με τα μάτια προς τις τρεις φωτιές.  
  ≪ Μας γνέφουν! ≫ φωνάζει ο Κωστάκης.  
  Κι αλήθεια οι τρεις φωτιές νόμιζες πως τους καλούσαν.  





 そうしてね、アンドレアスは、一番大切なものを見つけたのですよ。それは、食べ物です。羊の群れからは、子供たちは、お肉と乳製品を手に入れられるでしょうから。 
 アンドレアスは森にいて、羊飼いたちが遣って来るのを待ちかねていました。そうして、羊飼いたちが遣って来ると、町にいる二人のお友達に手紙を送ったのです。このようなものでした。

 みんなへ、 
 聖使徒の断食の日、二十九日( 6月29日 )、きみたち二人は、夕方、ぼくたちの方、ハロロの方を見て下さい。もし、きみたちが並んだ三つの明りを見たのなら、それは、ぼくのきみたちへの伝言だと分かって下さい。ぜんぶの用意が出来たと言うことです。食べ物も、小屋も、他の要り用のものもぜんぶです。ファニスと、その他のみんなにも知らせて下さい。そうして、ここに来るのに出来ることは何でもして下さい。時間を無駄にしないように。ここ、高地はとても素敵なところです。 

 聖使徒の断食の日、二十九日、それは今夜、あの灯! 
 ふたりは、知らせを持って、ファニスとのところへ行きました。それに、マシオスとコスタキスのところへ。思いがけない喜びです! 子供たちは、そんな遠くから知らせをもらったことは一度もなかったのです。子供たちは行くのでしょうか? でも何時? どうやって? 
 三つの明りに目を向けたまま、子供たちは、家へと急いだのです。 
 「三つの明りはぼくたちに合図を送っているんだ!」とコスタキスは叫びました。 
 皆さんは、本当に三つの明りが子供たちを呼んでいると思いますか。 




おわり  



Η νηστεία των Αγίων Αποστόλων : 29 Ιουνίου 6月29日
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

Το γράμμα του Αντρέα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の2  





  Μπροστά στις δυσκολίες τα παιδιά σταμάτησαν. Άφησαν το ταξίδι για άλλη φορά.  
  Και όμως μαθητής, ο Αντρέας, προσπάθησε να κάνει, αυτός μόνος, εκείνο που οι άλλοι δεν μπόρεσαν να κατορθώσουν. Ήταν το παιδί που τολμούσε. Ο Αντρέας κυνηγούσε πιο πολύ τα δύσκολα παρά τα εύκολα. Δεν τον θυμούνται να δείλιασε ποτέ. Αλλά πιο γενναίος ήταν εκεί που θα ωφελούσε τους άλλους.  
  Ο πατέρας του, ο κυρ-Στέφανος, ήταν εργολάβος ξυλείας στο δάσος που τους είπε ο δάσκαλος να πάνε, στο Χλωρό. Είχε πολλούς λατόμους εκεί. Τον παρακάλεσε λοιπόν ο Αντρέας να δώσει χάρισμα την ξυλεία για τις καλύβες που χρειάζονταν τα παιδιά. Και για να πετύχει, ακολούθησε μια μέρα τον πατέρα του στο δάσος, όπου είχε πάει να επιβλέψει την εργασία.  
  Σε δυο μέρες οι λατόμοι έστησαν οχτώ καλύβες, οχτώ χαριτωμένες καλύβες, ένα χωριουδάκι. Η κατοικία ετοιμάστηκε.  
  Από τους λατόμους πάλι έμαθε ο Αντρέας πως οι βλάχοι θα πήγαιναν στα Τρίκορφα, καθώς το λένε εκείνο το βουνό, για να βοσκήσουν τα κοπάδια τους, γιατί φέτος βγήκε πολύ χορτάρι σε κείνο το μέρος.  





 難問を前にして、子供たちは、立ちすくんだのです。旅は、また次の時にとっておくことにしたのです。 
 けれども、一人の生徒、アンドレアスは、彼一人だけで、他の子たちが為終えることが出来ない旅をしようとしたのです。アンドレアスは、大胆なことをする子供だったのです。彼は、易しいことよりも難しいこと、とっても難しいこを追い求めていたのです。子供たちは、怖じ気づいたアンドレアスを覚えていません、ちっともないのです。でも、他の子の為になる様なことだったら、とても勇敢になるのです。 
 アンドレアスのお父さん、ステファノスさんは、材木業者なのでした。ステファノスさんが働いている森、ハロロに行ってご覧なさい、と、子供たちに先生が言ったのです。そこには、たくさんの石切り職人たちもいたのです。それですから、アンドレアスは、お父さんに、子供たちに必要な小屋を作る材木を下さいと、お願いしたのです。そして、ある日、材木を得ようと、お父さんの後を追って森に行ったのでした。そこで、お父さんは、仕事の監督をしていたのです。 
 二日間で、石切り職人たちは、八棟の小屋を建てたのです。可愛らしい小屋が八棟ある一つの小村を作ったのです。住むところは用意出来たのです。 
 それから、アンドレアスは、石切り職人たちから、羊飼いたちがトリコルファに行く筈だ、と言うことも教わったのです。あの山は、トリコルファと呼ばれていたのです。羊の群れを放牧しに行くのです。今年は、そこにたくさんの草があるからなのです。
posted by kyotakaba at 18:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

Το γράμμα του Αντρέα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の1 





  Και τάχα δεν μπορούσαν να είναι κι αυτοί εκεί ψηλά;  
  Πολλές φορές ο δάσκαλος τους είχε πει στο μάθημα πως τα παιδιά, που είναι στην τελευταία τάξη του ελληνικού, μπορούν να πάνε μόνα τους στο βουνό. Πως, άμα έχουν θάρρος και πειθαρχία, μπορούν να κατοικήσουν μόνα τους εκεί-δυο μήνες. Φτάνει να έχουν την άδεια του πατέρα τους, την κατοικία και την τροφή.  
  Τα παιδιά παρακάλεσαν τους γονείς τους να τα αφήσουν να πάνε. Εκείνοι αντιστάθηκαν στην αρχή.  
  ≪ Που ξέρουμε ≫, είπαν, ≪ τι θα κάνετε τόσο μακριά; Τάχα θα μπορείτε να βρίσκετε ό,τι σας χρειάζεται; Θα φροντίζει ο ένας τον άλλο; Θα είστε αχώριστοι; ≫  
  Υποσχέθηκαν πως και τα εικοσιπέντε παιδιά θα είναι σαν ένας. Μα ύστερα οι δικοί τους ρώτησαν : ≪ Που θα βρείτε τις καλύβες να καθίσετε; ≫ Ήταν η πρώτη δυσκολία. Έπειτα τους είπαν : ≪ Που θα βρίσκετε την τροφή για να ζείτε τόσο μακριά; ≫  





 まさか、あの子たちは、あの高い所に居ることが出来るのか知ら。 
 先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、と、授業の時、あの子たちに何度も言って聞かせていたのでした。勇気と規律があれば、自分たちだけで、二ヶ月もそこに生活することが出来ます、とお話になっていたのです。お父さんの許しと住むところと食べ物があればいいのです、って。 
 あの子たちは、両親に行かせて欲しい、とお願いしたのです。両親たちは、最初は、そうさせませんでした。 
 「分かっているんだぞ。そんな遠くでお前たちは何をするんだ? いったい、自分たちに要るもの何でもを見つけられるのか? お互いに面倒を見るのか? 離ればなれにならずにいられるのか? 」と言っていたのです。 
 二十五人の子供たちは、ひとつの様になります、と約束をしたのです。すると、大人たちは子供たちに尋ねました。「泊まる小屋を何処で見つけるのかい?」と。それは、最初の難問でした。そうして、また、子供たちに尋ねました。「そんなに遠い所で、生きるための食べ物を何処で見つけるのかい?」と。 






2016年7月14日、追記、訂正:  
先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、 
→ 
先生は、今ギリシャ語の最終学年のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

Οι τρεις φωτιές 3

  Όσο νύχτωνε τόσο έλαμπε αυτή η φωτιά, κι όσο έλαμπε τόσο ο Κωστάλης πίστευε τη γιαγιά του.  
  Ο Μαθιός δεν πίστευε τίποτα. Γι' αυτόν τη φωτιά την είχε ανάψει τσοπάνης. Ο Φάνης δεν μιλούσε.  
 ≪ Φάνη! Φάνη! Τρεις φωτιές, τρεις φωτιές! ≫  
  Έτσι ακούστηκαν να φωνάζουν δυο παιδιά που έτρεχαν κατά το μέρος εκείνο για να βρουν τον Φάνη.  
  Ο Φάνης τις είχε δει εκείνη τη στιγμή. Στη μια φωτιά κοντά είχαν ανάψει κι άλλες δυο. Τρεις χρυσές φωτιές έλαμπαν αραδιασμένες στο βουνό, που δεν φαίνεται πια παρά σαν θεόρατος γαλανός ίσκιος επάνω στον ουρανό.  
  Η ευαίσθητη ψυχή του Φάνη έμεινε και στο θέαμα τούτο εκστατική.  
 ≪ Ποιος την άναψε; ≫ ρωτά και πάλι ο Μαθιός. ≪ Τι λες εσύ, Φάνη; ≫  
  Ο Φανής απάντησε: ≪ Να ήμαστε εκεί επάνω! ≫  





 日がもっと暮れて暗くなるにしたがって、明りはもっときらきらしたのです。光が輝けば輝くほど、コスタキスは、もっと自分のおばあちゃんを信じる様になったのです。 
 マシオスは、ちっとも信じませんでしたけど。マシオスが思うのには、羊飼いがあの明りを点けたのですから。ファニスは喋りませんでした。 
 「ファニス! ファニス! 明りが三つだ、三つの明りだよ!」 
 二人の子供は、ファニスに聞こえる様に叫んで、ファニスを見つけようと、彼がいる方へ走り出したのです。 
 その時、もう、ファニスは三つの明りに気が付いていました。一つの明りの側に、他の二つの明りが点ったのです。三つの金色の明りは、山の上に並んで輝いていました。山は、空の上にある途方もなく大きな紺碧の影にしか見えなかったのです。 
 ファニスの感じやすい魂は、まだ、その我を忘れさせる風景に残っていたのです。 
 「あれを点けたのは誰だろう?」と、マシオスがまた尋ねました。「ファニス、君は分かる?」 
 ファニスは答えました。「ああ、ぼくらは、上のあそこにずっといるじゃないか!」  





おわり  

posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

Οι τρεις φωτιές 2

  Τα παιδιά την κοιτάζουν και ρωτούν το ένα το άλλο. Ποιος τάχα την άναψε; Μήπως οι τσοπάνηδες που βόσκουν τα κοπάδια; Μήπως οι λοτόμοι, που κόβουν δέντρα με τα τσεκούρια; Ή μήπως κανένας που πήγε να προσκυνήσει στον Αϊ-Λιά; Κάπου εκεί κοντά είναι αυτό το μοναστήρι.  
 ≪ Μπορεί να μην την άναψαν άνθροποι ≫ είπε ο Κωστάκης.  
 ≪ Τότε ποιος; ≫  
 ≪ Μπορεί να την άναψε ο αράπης ≫.  
 ≪ Και τι είναι αυτός ο αράπης; ≫ ρώτησαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Είναι ένας μεγάλος αράπης, που έχει τη σπηλιά του εκεί επάνω σε έναν βράχο. Στη μέση του βουνού λένε πως είναι αυτός ο βράχος≫.  
 ≪ Σώπα καημένε Κωστάκη ≫, λέει ο Μαθιός. ≪ Το πιστεύεις εσύ; Εγώ δεν το πιστεύω. Ποιος το είδε; ≫  
 ≪ Το έλεγε η γιαγιά μου ≫.  
 ≪ Και που το ξέρει αυτή; ≫  
 ≪ Είναι πολύ γριά η γιαγιά μου ≫.   




 子供たちは明りを見て、お互いに尋ね合ったのです。いったい、誰があの明りを点けたのでしょう? もしかしたら、羊の群れを放牧させている羊飼いでしょうか? もしかしたら、斧で樹を切る木樵でしょうか? もしかしたら、聖リアに参拝しに行った誰かなのでしょうか? あそこは、修道院の近くのどこかではないでしょうか。 
「人間はあの明りを点けられないだろう。」とコスタキスが言いました。
「じゃあ、誰が?」
「アラピスが点けたのではないか知ら。」
「でも、アラピスって何なの?」と他の二人が尋ねました。
「大きなアルピスさ。あそこの岩壁の上に自分の洞窟を持ってるんだ。山の真ん中にあると言われているあの岩壁だよ。」 
「お黙りな、かわいそうなコスタキちゃん。」とマシオスが言いました。 
「コスタキちゃんはそれを信じているの? ぼくは信じてないよ。誰が見たのさ?」 
「ぼくのおばあちゃんが教えてくれたんだ。」 
「おばあちゃんは、どうして知ってるのかい?」 
「ぼくのおばあちゃんは、とっても年寄りなんだ。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

Οι τρεις φωτιές 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第一章「三つの火」の1 





  Βραδιάζει. Τι λαμπρή φωτιά είναι αυτή που φάνηκε στο βουνό!
  Πρώτος ο Φάνης την είδε. Πρώτος αυτός βλέπει τις ομορφιές της γης και του ουρανού και τις δείχνει στα άλλα παιδιά : τον ήλιο που βασιλεύει, τα σύννεφα που τρέχουν στον ουρανό, το άστρο που καθρεφτίζεται στο ρυάκι.
  ≪ Κοιτάτε ≫, είπε, ≪ μια φωτιά εκεί επάνω ≫. Κι έδειξε τη φωτιά στα δυο παιδιά που ήταν μαζί του, στον Μαθιό και στον Κωστάκη.
  Κάθονται κι οι τρεις αυτή την ώρα στο πεζούλι της εκκλησίας. Είναι κουρασμένοι από το πολύ παιχνίδι. Έχουν διακοπές.
 ≪ Ναι, αλήθεια, μια φωτιά! ≫ είπαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Πως λάμπει! ≫ είπε ο Φάνης. ≪ Σαν το χρυσάφι ≫.  





 日が暮れていきます。あのきらきらする光は何かしら、あの山の上に見えますよ。 
 最初に、ファニスが見ました。最初は、彼は、地上と空の美しさを見ていたのです。その美しさを他の子たちに教えていたのです。沈んでいく太陽。空を駈けていく雲。小川に映っている星。 
 「見て、上のあそこに明りがある。」とファニスは言いました。そして、一緒にいた二人の子供、マシオスとコスタキスに指差して教えました。 
 三人は、その時、教会の石垣に座っていました。たくさん遊んで疲れていたのです。休んでいたのです。 
 「うん、ほんとうだ、明りだ。」と他の二人は言いました。 
 「なんてキラキラしてるんだろう! 金みたいだ。」とファニスは言いました。 
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする