2016年01月21日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の3 






  Κι ύστερα ακούστηκαν μακριά τα κουδούνια των κοπαδιών. Είναι οι βλάχοι. Δικό τους είναι το μεγάλο κοπάδι που βόσκει. Άκου πόσα κουδούνια!... Μικρά, μεγάλα, ψηλά, βαθιά, γλυκά, βραχνά. Κουδουνίσματα πολλά όπως τ' άστρα, όπως οι γρύλοι. Κι έξαφνα ένα πράσινο άστρο, σαν να ήταν πολύ χαρούμενο, άναψε, χύθηκε ανάμεσα στ' άλλα και χάθηκε...  
  Τι ωραία νύχτα!  
  Ο Φάνης ένιωσε ψύχρα και μπήκε μέσα να πλαγιάσει. Μα και σκεπασμένος έβλεπε την αστροφεγγιά.
 
  Του φαίνονταν όλα εκείνα τ' άστρα δικά του. Κανένας από τους άλλους δεν τα είχε δει.  
  Αποκοιμήθηκε ακούγοντας τα κουδούνια.  





 それから、遠くで、たくさんの鈴の音が聞こえたのです。羊飼いたちなのです。放牧させている群れ自体が、大きな群れなのでした。どれだけたくさんの鈴か、聞いてご覧なさい! 小さな鈴の音、大きな音、高い鈴の音、低い音、やさしい鈴の音、かすれた音。星のように、コオロギのように、たくさんの鈴の音が聞こえるのです。そして、急に、ひとつの緑の星が点ったのです。とても機嫌がいいかのようです。そして、他の星の中に流れ込んでいって、消えました。 
 なんて美しい夜だろう! 
 ファニスは寒さを感じたのです。それで、寝ようと中に入ったのです。でも、夜具を被って、星明かりを見ていたのです。 
 ファニスには、その星が自分の物のように思えました。ファニス以外の友達の誰も、それを見ていないのです。 
 鈴の音を聞きながら、まどろんで行ったのです。 





「星々、こおろぎ、鈴」、おわり
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の2 





  Πρώτη φορά είδε τόσο βαθύ ουρανό. Πόσα άστρα! Ήταν σαν αμέτρητο χρυσό μελίσσι, που χύθηκε ψηλά κι έβοσκε. Άστρα πολλά εδώ, άστρα λίγα παρακάτω. Κάπου δυο μαζί, κάπου ένα μοναχό, σαν ξεχασμένο. Πεντ-έξι άστρα μαζί, σαν κλαράκι. Να 'ναι η Πούλια; Στη μέση τ' ουρανού από πάνω από τον Φάνη ένα λευκό ποταμάκι χυνόταν ήσυχα από τον βοριά στον νότο. Κυλούσε μυριάδες μικρά άστρα, λευκά σαν ανθούς. Μέσα στο δάσος αμέτρητοι γρύλοι τραγουδούσαν κι έλεγαν όλοι το ίδιο τραγούδι. Από πέτρες, από τρύπες της γης έβλεπαν την αστροφεγγιά οι μικροί τραγουδιστάδες και την κελαηδούσαν.  





 ファニスがこれ程に深い空を見るのは初めてだったのです。なんてたくさんの星々! 数えることの出来ない金色の蜜蜂の群れようですよ。高く、放されて、撒き散らされているのです。ここでは、星がたくさんです。下では、星は少ないのです。あるところでは、ふたつの星が一緒にあります。あるところでは、忘れられたように、ひとつだけあるのです。五つか六つの星が、小枝のように一緒にあります。それが、プレアデスなのか知ら? ファニスの上の、空の真ん中に、一本の真っ白の河が、北から南へと、静かに流れています。河は、何万もの小さな星を転がせています。花のように真っ白な星々です。森の中では、数えることの出来ないこおろぎが、歌っているのです。こおろぎは、みんな、同じ歌を歌っていたのです。岩から、地面の穴から、小さな歌手たちは、星明かりを望み上げていました。そして、その星明かりを歌っているのです。
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の1 





  Οι φίλοι μας κοιμούνται βαθιά στις καλύβες. Πού και πού ακούγονται παραμιλητά.  
  Μερικοί φωνάζουν: ≪ Αύριο θα ξεκινήσουμε για το βουνό! ≫ Και ξανακοιμούνται.  
  Ένας λέει : ≪ Δεν είναι ώρα σου λέω για το σχολείο. Δεν χτύπησε ακόμα η καμπάνα! ≫  
  Ένας άλλος: ≪ Μητέρα, δεν τη θέρω τόσο μικρή φέτα! ≫   Ένας τρίτος: ≪ Κοίταξε μην έρθει η μάνα μου, έχω πάρει από το ντουλάπι όλο τα βάζο με το γλυκό! ≫  
  Ήταν ο Φουντούλης. Όταν ξύπνησε και είδε πως δεν έχει τίποτα, του κακοφάνηκε. Δεν ήθελε να ξανακοιμηθεί, μήπως πάθει πάλι το ίδιο. Μα η κούραση τον αποκοίμισε.  
  Ο Φάνης άνοιξε μάτια του. Από κάποιες τρύπες της καλύβας βλέπει ουρανό και καταλαβαίνει πως είναι ακόμα νύχτα. Μα δυσκολεύεται να κοιμηθεί άλλο. Ντύνεται και γλιστρά έξω από την καλύβα. Θέλει να δει τη νύχτα στο δάσος. Κάθισε εκεί απέξω καταγής.  





   星々、こおろぎ、鈴 


 わたしたちのお友達たちは、ベッドでぐっすり眠っていたのです。時々、寝言が聞こえます。 
 何人かがこう叫ぶのです。「あした、ぼくらは山にむけて出発だ!」。そして、また、眠るのです。 
 ひとりがこう言います。「ぼくは、学校の時間じゃない、って言ったろう。まだ、鐘は鳴らないよ。」 
 別のひとりがこう言います。「かあさん! ぼくはこんな小さなフェタはいらないよ。」 
 また別のひとりがこう言います。「かあちゃんが来ないか注意して! ぼく、食器棚から花瓶をぜんぶお菓子を入れて持って来たから。」 
 それは、フォンドゥリスでした。目が覚めると、自分に嫌な思いをさせることは何もないと分かったのです。また、眠りたいとは思わなかったのです。同じ嫌な目に遭うのではないか知らと思ったからです。でも、疲れがフォンドゥリスを眠らせてしまったのです。 
 ファニスが、目を開けたのです。小屋に開いた幾つかの穴から空を見て、まだ夜だと言うことは分かっていたのです。でも、また眠るのは無理でした。ファニスは服を着て、小屋から忍び出たのです。夜の森が見てみたかったのです。外の地面に座ったのです。
posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の5 





Κουρασμένοι καθώς ήταν έπεσαν να κοιμηθούν επάνω στα ξερά κλαδιά που τα είχαν για στρώμα. Μα ενώ έκλειναν σιγά-σιγά τα μάτια ακούστηκε η φωνή ενός πετεινού. Ο μικρός κόκορας που είχαν φέρει μαζί από την πόλη, αφού τον έλυσαν και είχε πια ξεμουδιάσει, έβγαλε μια φωνή : ≪ Κικιρίκου! ≫ σαν να ήταν πρωί. Από το λάλημα ήρθε τόσο ξαφνικά, που τα παιδιά έβαλαν τα γέλια.  
 ≪ Ξυπνήσαμε κιόλας; ≫ φώναζαν.  
≪ Κικιρίκου! ≫ φώναξε άλλη μια φορά ο κόκορας, βραχνιασμένος αυτή τη φορά.  
  Όσο όμως κι αν ήθελε αυτός να φέρει το πρωί, τα παιδιά νύσταζαν και σιγά-σιγά κοιμήθηκαν.  





 子供たちはとても疲れていたのですから、マットレスの代わりに敷いた枯枝の上で眠りに落ち様としていました。でも、子供たちの目が段々と閉じようとしていると、雄鶏の声が聞こえたのです。町から一緒に連れて来た小さな鷄です。子供たちはその鷄を放していたのです。鷄はのびのびしていました。そして、声を上げたのです。「キキリークー!」。まるで朝になったかの様にです。さえずっている内に、突然鳴いたのです。それで、子供たちは吹き出して笑いました。 
 「ぼくたち、もう起きるのかい?」と子供たちは叫びました。 
 「キキリークー!」、鷄は、もう一回叫びました。今度は、声がかすれていました。 
 けれども、例え、鷄が朝を連れて来たとしても、子供たちは眠くて、次第次第に眠ってしまったのです。 




「森での最初の夜」、おわり
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の4 






  Όσο περνούσε όμως η ώρα, καταλάβαιναν πως μπορούν να κάνουν και χωρίς αυτά.  
  Αφού ετοίμασαν το νοικοκυριό τους βγήκαν να δουν το δάσος. Εκείνη την ώρα ο ήλιος βασίλευε κι οι κορμοί των δέντρων έφεγγαν από κόκκινο φως. Μεγάλα γέρικα δέντρα τους τριγύριζαν, κι άλλα νέα και καταπράσινα. Χαμόκλαδα πολλά σκέπαζαν τη γη.  
  Σε λίγο όλο αυτό το δάσος γέμισε από σκοτάδι.  
  Τότε, στη νύχτα και στην ερημιά, οι μικροί ταξιδώτες ένιωσαν πόσο χρειάζεται ο ένας τον άλλο.   





 時間が経つに従って、子供たちは、そんなものが無くても過ごせることが出来るのがわかったのですよ。 
 自分たちの家のことが整うと、子供たちは、外に出かけて、森を見に行ったのです。その時、太陽はちょうど西に沈む時でした。樹々の幹は、赤い光で輝いていたのです。大きな年老いた樹と、若い鮮やかな緑の樹が、子供たちを取り囲んでいました。たくさんの下生えが地面を覆っていました。 
 すぐに、森全体が、暗闇で満たされました。 
 そうして、夜になり、寂しい時間になると、小さな旅人たちは、お互いをとっても必要としていると感じたのです。 
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の3 





  ≪ Βλέπεις, Κωστάκη; ≫ λέει ο κυρ-Στέφανος. ≪ Για να τις ψάχνεις όλες, θα μείνεις στο τέλος χωρίς σπίτι ≫.  
Ο Αντρέας τον έβαλε να καθίσει με τους άλλους δυο στην ίδια καλύβα κι έπειτα όρισε και στους υπόλοιπους που θα καθίσει ο καθένας.  
  Έλυσαν τότε τα φορτώματα κι άρχισαν να κουβαλούν ο καθένας τα πράγματά του. Σκεπάσματα, ρούχα, δέματα με τροφές, σακούλια, τενεκέδες, τα 'φερναν και τα έβαζαν σιγά-σιγά μέσα.  
 ≪ Να είχαμε κι ένα ντουλάπι... ≫ έλεγαν. ≪ Ένα ράφι, ένα σεντούκι... ≫  





 「コスタキス、ご覧。全部の小屋を見て回っていると、最期には、家の無いままになるよ。」とステファノスさんは言ったのです。 
 アンドレアスは、コスタキスを他の二人と一緒に同じ小屋に泊まらせました。それから、残りの小屋それぞれに、どの子がどこに泊まるかを決めたのです。 
 そうしてから、子供たちは、荷物を解いたのです。そして、だれもが、自分の物を運び始めました。毛布、服、食品の包み、小さな袋、缶、それらを抱えて、ひとつずつ、ひとつずつ、中へ持って入ったのです。 
 「戸棚が要るねえ、棚、衣装箱、、」と、みんなは言っていました。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の2 





  Ο Αντέας γέλασε. ≪ Να δεις πώς θα κάθεσαι και συ! ≫ του είπε. ≪ Εγώ τώρα που συνήθισα την καλύβα, δεν την αλλάζω ούτε σπίτι ≫.  
  Ο Κωστάκης κοίταζε τη μια, κοίταζε την άλλη, έμπαινε σε όλες κι έψαχνε να βρει την καλύτερη καλύβα, μα καμιά δεν του φαινόταν αρκετά καλή. Στην πιο μεγάλη καλύβα μπήκαν ο Καλογιάννης κι Μαθιός και φώναζαν: ≪ Να, να η δική μας! ≫  
 ≪ Ε, σηκωθείτε από κει ≫, λέει ο Κωστάκης. ≪ μου πήρατε το σπίτι ≫.  
 ≪ Τί; Δική σου είναι η καλύβα; ≫  
 ≪ Εγώ είχα σκοπό να την πάρω ≫.  
 ≪ Εσύ το είχες σκοπό, μα εμείς μπήκαμε μέσα ≫, είπε ο Καλογιάννης.  





 アンドレアスは笑いました。そして、コスタキスにこう言ったのです。「どう寝るか考えてご覧よ。僕は、もう、小屋に慣れたよ。もう、家にも変えたりしないからね。」 
 コスタキスはひとつの小屋を覗き込んだのです。それから、別の小屋を見ました。全部の小屋に入ってみたのですよ。一番良い小屋を見つけようと探してみたのです。でも、とれも十分には思えませんでした。一番大きな小屋に、カロヤニスとマシオスが入って、叫んだのです。「ほら、これが僕たちのだ!」 
 「ええ、そこから出てよ、」、コスタキスは言うのです。「この家を僕に渡してよ。」 
 「何で? この小屋君のかい?」 
 「僕はここを取ろうと狙ってたんだ。」 
 「君は狙ってたの。でも、僕らは中に入ってたんだ。」とカロヤニスは言いました。
posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の1 






  Έφτασαν στο Χλωρό αργά το δειλινό.  
  Οχτώ καλύβες μέσα στα πεύκα τους περίμεναν. Να το μικρό χωριό τους! Πόσο μικρές πόσο φτωχές τους φάνηκαν! Για μπει στην πόρτα ένας άνθρωπος έπρεπε να σκύψει το κεφάλι.  
≪ Μα τί; Εδώ θα καθίσουμε; ≫ ρωτούσαν.  
≪ Τι πόρτες είναι τούτες! ≫ είπε κάποιος.  
≪ Έτσι, με μια κάμαρη μόνο θα περάσουμε; ≫ ρωτούσαν άλλοι.  
≪ Πού είναι το κρεβάτι; ≫  
≪ Δεν έχει ούτε μια καρέκλα! ≫  
  Οι καλύβες αλήθεια δεν είχαν τίποτα απ' αυτά. Η κάθε καλύβα ήταν μια κάμαρη από κλαριά, ίσα-ίσα να φυλάει τον άνθρωπο από τον αέρα κι από τη βροχή.  
≪ Αντρέα ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ πώς καθόσουν δω μέσα; ≫  





    森での最初の夜 

 子供たちは、夕方遅くにハロロに着いたのです。 
 八棟の小屋が松林の中で子供たちを待っていました。それが、子供たちの小さな村だったのです! それは、子供たちに、とても小さく、とても粗末に見えたのです。扉に入るのに、人は頭を曲げなければならなかったからなのですよ。 
 「でも、ここで休むの?」何人かが聞きました。 
 「この戸は何?」誰かが言いました。 
 「それで、一部屋だけで暮らすの?」他の何人かが聞きました。 
 「それに、椅子もひとつもない!」 
 小屋には、本当に、何もなかったのです。どの小屋も、丸太で出来た部屋がひとつだったのです。人を風や雨から守るのに、ちょうど人の大きさだったのです。
 「アンドレア、どうやって、中で休むんだい?」とコスタキスが言いました。
posted by kyotakaba at 15:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

Η βρύση 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の5 





  Όταν τελείωσε ο κυρ-Στέφανος δεν είπε λέξη κανένας. Μόνο η βρύση μιλούσε σ' αυτή τη σιωπή. Έπιναν κι άκουγαν να τρέχει το δροσερό της νερό.  
 ≪ Να δροσιστεί η ψυχούλα του! ≫  





 ステファノスさんは話し終わると、その後、一言も話さなかったのです。静かな中で、泉が、音を立てていただけなのです。皆んなは水を飲みました。そして、水の滴が流れ落ちるのを聴いたのです。 
 「彼の魂が涼しくなるように!」  




「泉」、おわり
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

Η βρύση 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の5 





  ≪ Αφέντη, ό,τι ορίσεις, καλά ορισμένο ≫, είπε η γριά.  
  Με τα έξοδά του οι εργάτες έσκαψαν εκατό μέτρα μάκρος, μάζεψαν το σκορπισμένο νερό, το έβαλαν σε χτιστό κανάλι κι έχτισαν τη βρύση. Εκείνος, αφού πρόφτασε να δει το καλό που έκανε στους ανθρώπους, δεν ζήτησε τίποτα από αυτούς. Σε λίγον καιρό κοιμήθηκε στα χέρια του Θεού ευχαριστημένος και λησμονήθηκε. Ύστερα θέριεψε εδώ το πλατάνι που βλέπετε. Η βρύση τρέχει από τριάντα χρόνια και θα τρέχει για καιρό πολύ, όσο βρίσκονται κουρασμένοι διαβάτες... ≫  





「 「旦那様、あなたが決められたのですから、もう決まったことです。」と老婦人は言ったのだ。 
 仕立て屋の出資で、人夫たちは百メートルも掘ったんだよ。そして、散り散りの水を集めて、人造の水路に入れて、泉を作ったのだ。仕立て屋は、人々にとって良いことが出来たのを見ることが出来た。そして、人々には何も求めなかったのだ。その直後に、神の掌の上で、満足して眠ったのだ。そして、人々から忘れられてしまった。その後、泉に面したプラタナスがぐんぐんと大きくなったのだ。泉は、それから、三十年水が湧き続けている。これからもずっと湧くだろう。疲れた通行人がある限り… 」
posted by kyotakaba at 14:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

Η βρύση 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の4 





Όταν γύρισε από τον Αϊ-Λιά είπε της γριάς γυναίκας του : ≪ Γυναίκα, εκεί πάνω που πήγαινα, είδα πως χρειάζεται μια βρύση. Εμείς άτεκνοι είμαστε, πολλά χρόνια δεν θα ζήσουμε. Λοιπόν το κομπόδεμά μας θα το δώσω για εκείνη τη βρυσούλα, να δροσίζονται οι χριστιανοί ≫.  





「アイ・リアに着くと、歳取った妻に仕立て屋は、こう言ったのだよ。「お前、あの上に行くと、私には、ここには泉が一つ必要だと思えるのだ。私たちには子供がいない。それに、もう何年も生きないだろう。それだから、私たちの蓄えを、あそこに泉を作るために贈ろうと思うのだよ。そうすれば、信徒たちは喉を潤せるのだから。」」
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

Η βρύση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の3 





Μα καθένας έλεγε : ≪ Ας τη φτιάξει άλλος ≫. Κάθε χωριό έλεγε : ≪ Ας τη φτιάξει άλλο χωριό ≫. Μια φορά πέρασε ένας ράφτης, πηγαίνοντας πανηγυριώτης στον Αϊ-Λιά. Ήταν απ' αλλού και είχε ένα μικρό μαγαζί κάτω στη χώρα. Καθισμένος σταυροπόδι σ' ένα ψηλό ράφι - έτσι δα σαν να τον βλέπω τώρα - κεντούσε σεγκούνια και φέρμελες με μια αργή βελονιά. Είχε μεγάλη γενειάδα κάτασπρη, χυμένη στο στήθος, και φορούσε τις μακριές του φουστανέλες καθημερινή και γιορτή, κατακάθαρες.  





 「それで、誰もが「誰かに作らせよう。」と言っていたのだ。どの村も、「他の村に作らせよう。」と言っていたのだよ。ある時、一人の仕立て屋が通り掛った。お祭りでアイ・リアに行くところだったのだよ。仕立て屋は、他所の村の男で、麓の街に小さな店を持っていたのだ。高い棚に胡座をかいて座り、ああ、今でも目に見える様だよ、セグウニア( 農民の女性のウールの外套 ) やフェルメリ ( 金の刺繍をした胴着 ) にゆっくりとした針使いで刺繍をしていたのだよ。仕立て屋は、胸の上まで伸びた長い真っ白な顎髭を生やしていた。それに、普通の日でも祭日でも、見事な長いフウスタネリを着ていたのだ。」  

posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

Η βρύση 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の2 





   ≪ Εγώ τον θυμήθηκα ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος. ≪ Ήμουν παιδί. Τον καιρό εκείνο έτρεχε δω πέρα λίγο νερό, μα πολύ λιγοστό, κόμπος. Οι διαβάτες έπεφταν μπρούμυτα για να πιουν, προσπαθώντας να φτιάξουν κάνουλα με κανένα χλωρόφυλλο. Πολλές φορές χανόταν το νερό ολότελα, γιατί το βύθιζαν οι βροχές και το χώμα που έπεφτε. Όλοι από τα γύρω χωριά είχαν ανάγκη από μια βρύση εδώ.  





 ステファノスさんはこう言いました。「私もそれを覚えているよ。子供だった。その時は、ここには、ほんの僅かな水しか流れてなかったんだよ。本当に少なかった。滴の様だったんだ。通行人たちは、水を飲もうと身を俯せにしたものだ。そして、何かの青い葉で飲み口をどうにかして作ろうとしていたのだよ。屢々、水がまったくなくなったのだ。雨は、大地に落ちて、そのまま、地中に突き抜けてしまうからだよ。辺りの村の誰もが、ここの泉一つを頼みに綱にしていたのだ。」
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

Η βρύση 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の1 





  Ένας αγωγιάτης, αφού ήπιε στη βρύση βάζοντας για κούπα τις χούφτες του, μουρμούρισε : ≪ Να δροσιστεί η ψυχούλα σου! ≫  
  Τα παιδιά τον κοίταξαν θέλοντας μάθουν για ποιον μιλάει. Κι εκείνος που κατάλαβε την απορία τους είπε : ≪ Δεν τον ξέρω ποιος είναι, μα εκείνος που την έκανε αυτή τη βρύση δροσισμένος να είναι σαν εμάς ≫.  





   泉 

 一人の荷役人夫が、掌をカップにして、泉の水を飲むと、「さあ、お前の小さな魂を冷やすんだ!」と小声で言ったのですよ。 
 子供たちは、彼が誰に喋ったのか知りたくて、じっと見たのです。人夫は、子供たちが訝るのに気が付いたので、こう言ったのです。「あれが誰だか、わたしは知らないんだ。けれど、泉がわたしたちを涼しくした様に、その人が泉を冷たくするんだよ。」
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

Τα μουλάρια ξέρουν που θα φάνε οι ταξιδιώτες

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第八章「ラバたちは旅客がどこで食事にするか知っている」 


    Τα μουλάρια ξέρουν που θα φάνε οι ταξιδιώτες


  Όταν σε λίγο φάνηκε μια βρύση με πλατάνια και λεύκες, τα μουλάρια σταμάτησαν μόνα τους. Τα παιδιά κατάλαβαν πως, για να σταματάει το ζώο μόνο του, θα είναι παλιά συνήθεια να ξεπεζεύουν οι ταξιδιώτες εκεί για να φάνε. Αυτή τη σκέψη την έκαναν όλοι, κι ας λένε τον Φουντούλη φαγά.  
  Τι πείνα ήταν αυτή! Κοιτάζοντας το ένα το άλλο δεν την είχαν καταλάβει. Τέτοια ήταν η όρεξή τους, που δεν κατάλαβαν καλά πότε στρώθηκε το τραπέζι επάνω στα χλωρά φύλλα, πότε κάθισαν, αν κάθισαν με το πλευρό ή σταυροπόδι. Έτρωγαν ευχαριστημένοι κι ο πλάτανος από πάνω σάλευε τα κλαριά του.  





  ラバたちは旅客がどこで食事にするか知っている 

 すぐに、プラタナスと松が側にある泉が見えて来たのです。ラバたちは、自分たちから立ち止まりました。ラバたちが自分でそこに止まったので、そこで旅行者たちは食事のために降りるのが古くからの習慣になっていると言うことを、子供たちは分かったのでした。そして、ファンドゥリスを食いしん坊と言うことにしておこう、と言う考えが全員に浮かんだのです。  
 空腹とはどう言うことでしょうね! 子供たちはお互いに見つめ合ったのですけれど、その時まで、空腹が分からなかったのです。よく分からなかったのですけどね、青々繁った葉の上にテーブルが拡げられ、腰を下ろすと、子供たちには食欲があったのです。脇腹をつけて横になったり、胡座で座ったりしたのです。子供たちは、上機嫌で食べました。上では、プラタナスが小枝を揺らしていたのです。
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

Καταστροφή στα κουλούρια του Φουντούλη

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七章「フォンドゥリスのクルーリに起こった惨事」 





   Καταστροφή στα κουλούρια του Φουντούλη

  Ο Φουντούλης πηγαίνει επάνω στο μουλάρι του σαν φορτωμένος και όχι σαν καβαλάρης. Είναι όμως πολύ συλλογισμένος. Κανέναν δεν μιλάει για φαγητό κι η όρεξη του Φουντούλη έχει σημάνει μεσημέρι πολλές φορές.  
  Έχωσε το χέρι μέσα στο σακούλι του και βρήκε κατιτί. Τέτοιο ευχάριστο άγγιγμα το είχε νιώσει μόνο μια φορά, που έπιασε αυγά πουλιού. Ήταν τα κουλούρια που του είχε ετοιμάσει η μητέρα του, με τη συμβουλή να τα τρώει φρόνιμα, δηλαδή δύο κάθε πρωί.  
  Μόλις τα άγγιξε ο Φουντούλης, κατάλαβε πως η ζωή τους ήταν λίγη. Έφαγε δυο. ≪ Ας φάμε≫, είπε, ≪ άλλα δυο. Τι φρέσκος αέρας! ≫ Έγιναν τέσσερα. Σε λίγο έξι. Τώρα έχει χώσει πάλι το χέρι στο σακούλι και χαϊδεύει όσα μένουν.  
 ≪ Πότε θα φάμε; ≫ ρώτησε τον αγωγιάτη.  
  Ο κυρ-Στέφανος άκουσε και, γυρίζοντας, ρώτησε τα παιδιά.  
 ≪ Ποιος είναι εκείνος που πείνασε πιο πολύ απ' ολους και δεν μπορεί να κρατηθεί; ≫  
  Όλη η συντροφιά γύρισε και κοίταξε τον Φουντούλη. Εκείνος έκανε πως κοιτάζει κάτω και θαυμάζει τάχα το νερό. Και σαν να ντράπηκε, έβγαλε το χέρι του από τα κουλούρια. Έμεινε όμως μέσα στο σακούλι ο νους του.  






   フォンドゥリスのクルーリに起こった惨事 

 フォンドゥリスはラバに乗って行ったのですよ。まるで、荷物みたいでしたよ。騎手には見えませんでした。けれども、ずっと物思いに沈んでいました。だれも食事のことを話さないのです。でも、フォンドゥリスのお腹は、もう何度もお昼だと言っていたのです。 
 自分の袋に手をつっこんで何かを見つけたのです。とても手触りが良かったので、フォンドゥリスは、一度で、それは鳥の卵だ、と思ったのです。それは、フォンドゥリスのお母さんが用意したクルーリだったのです。毎朝きっかり二個ずつ食べなさいと言って、持たせたものだったのです。 

 フォンドゥリスは、それに触ると、すぐに、これからの生活は乏しいものだと思ったのです。それで、二つ食べたのです。そしてこう言いました。「もう二つ食べよう、なんて新鮮な空気なんだ!」 それで四つになりました。すぐに、六つになりました。そうして、また、袋に手をつっこんだまま、残っているものぜんぶをなでたのです。 
「ぼくたちは、いつ、ごはんにするの?」こう、荷役人夫に聞いたのです。 
 ステファノスさんはそれを聞いていました、振りかえって、子供たちに尋ねたのです。 
「他の子よりもずっとお腹が空いているのは誰だ? 我慢出来ないのは誰だ?」って。 
 お友達はみんな、振りかえって、フォンドゥリスを見ました。フォンドゥリスは、下を見て水に驚いている振りをしたのです。そうして、恥ずかしいので、クルーリから手を離したのです。でも、フォンドゥリスの気持ちは、袋の中にあるままだったのです。 

posted by kyotakaba at 14:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

Τα παιδιά κοιτάζουν το νερό της Ρούμελης 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六章「子供たちはルウメリの水を見る」の2 





 ≪ Είναι γαλαζοπράσινο ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Τι ωραίο χρώμα! ≫
 ≪ Αυτό το χρώμα ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος, ≪ είν' από την ορμή που έχει το νερό. Εδώ επάνω η Ρούμελη είναι ανήσυχη. Πηδούν τα της σαν τρελά παιδιά. Μόνο στον κάμπο φρονιμεύουν. Και όσο πάνε κατά τη θάλασσα, γίνονται ήσυχα και συλλογισμένα ≫.  
  Όταν έφτασαν πιο ψηλά δεν είδαν πια τη Ρούμελη. Σε μια στροφή τούς κρύφτηκε. Ο Κωστάκης λυπήθηκε σαν να τους είχε λείψει κανένας σύντροφος.  
 ≪ Έννοια σου, Κωστάκη≫, είπε ο αγωγιάτης, ≪ και θα μας βγει πολλές φορές μπροστά. Φεύγει η Ρούμελη από δω; Έχει να θρέψει τόσα πλατάνια, να περάσει από τόσες λαγκαδιές! ≫  
  Παραπέρα που χαμήλωσαν, άκουσαν τη βουή της κι ένιωσαν πως η Ρούμελη είναι πάντα κοντά.





「青緑だ、なんてきれいな色!」とファニスは言いました。 
「あの色は、水が持っている勢いの所為なのだ。この様に高い所では、ルウメリは忙しないんだよ。ルウメリの水は、はしゃぐ子供の様に飛び跳ねているよ。平原に出て初めて、聞き分けが良くなるのだ。そう、静かにもの静かになって、海へと向かうのだよ。」とステファノスさんが言いました。 
 一行が、もっと上に行くと、もう、ルウメリは見えなかったのですよ。一曲がりすると、川は子供たちには隠れて見えなくなったのです。コスタキスは、まるで誰かお友達がいなくなったかの様に、残念がりました。 
「コスタキス、がっかりするな。これから、何度も前に現れるから。ルウメリはここから逃げて行くかい? たくさんのプラタナスを育てなければならないし、たくさんの渓谷を抜けなければならないんだぞ。」と荷役人夫は言いました。 
 ずっと下に行けば、せせらぎが聞こえて、ルウメリは、いつも側にある様に感じるのです。 




「子供たちはルウメリの水を見る」、おわり
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

Τα παιδιά κοιτάζουν το νερό της Ρούμελης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六章「子供たちはルウメリの水を見る」の1  





  Όταν έφτασαν ψηλότερα, παραξενεύτηκαν με ένα ασυνήθιτο χρώμα που φάνηκε κάτω στο βάθος της λαγκαδιάς.  
 ≪ Τι είναι εκείνο; ≫ φώναξαν τα παιδιά. ≪ Είναι νερό; ≫
 ≪ Νερό ≫, απάντησε ο αγωγιάτης.
 ≪ Μα είναι ακίνητο ≫, είπε ο Κωστάκης.
 ≪ Νερό στον κατήφορο ακίνητο, πώς γίνεται; ≫  
 ≪ Είναι σαν ακίνητο ≫, είπε τότε το παιδί.  
 ≪ Βέβαια, γιατί εμείς είμαστε ψηλά. Πάρα πέρα που θα χαμηλώσουμε, θα δείτε πως τρέχει ≫.  
 ≪ Πώς το λένε αυτό το ποτάμι; ≫  
 ≪ Ρούμελη. Μα εδώ είναι ρέμα, δεν είναι ακόμα ποτάμι. Πρέπει να κάνει μεγάλο ταξίδι για να γίνει το ποτάμι της Ρούμελης. Έχει να συναντήσει πολλά νερά, να στρογγυλέψει πολλές πέτρες και να γυρίσει πολλούς μύλους ακόμα ≫.  





  子供たちはルウメリの水を見る 

 ずっと高いところに着くと、子供たちは、滅多にない色を見て驚いたのです。渓谷の底に見えた色ですよ。
「あれは何?」、子供たちは叫びました。「水なの?」  
「水だ。」、荷役人夫は答えました。
「でも、止まっているよ。」とコスタキスは言いました。 
「下り坂にあるのに、止まってる、どうして?」。 
「止まっている様に見えるの?」、とまた言いました。
「そのとおりだよ。わたしたちは、高所に居るからだよ。ずうっと下に降りて行けば、水が流れているのが目に見えるだろう。」 
「あの川はなんと言うの?」 
「ルウメリだ。だが、ここでは沢だ。まだ、川ではない。ルウメリの川になるには、長い旅をしなければならないんだよ。たくさんの水が集まらないとね。それに、たくさんの石を丸くして、それに、たくさんの水車を回さなければならないんだよ。」 
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「バルバフォティスの歌」の2 




  Κι αφού σήκωσε την τσίτσα του και τράβηξε δυο ρουφηξιές, άρχισε :

Καλότυχα είναι τα βουνά, ποτέ τους δε γερνάνε,
το καλοκαίρι πράσινα και το χειμώνα χιόνι,
και καρτερούν την άνοιξη, τ' όμορφο καλοκαίρι,
να μπουμπουκιάσουν τα κλαριά, ν' ανοίξουνε τα δέντρα,
να βγουν οι στάνες στα βουνά, να βγουν οι βλαχοπούλες,
να βγουν και τα βλαχόπουλα, λαλώντας τις φλογέρες.


  Δεν γερνά το τραγούδι! Ο Μπαρμπαφώτης γέρασε, μα η φωνή του έμεινε λυγερή όπως στα νιάτα του. Αν δεν του 'λειπε εκείνο το μπροστινό δόντι!  





 そうして、バルバフォティスは、自分のチッチァ( ワインを飲む木の器 ) を挙げて、ふた口吸い込んで、歌を始めたのです。 

山は幸せ、歳をとらない。 
夏には、緑。冬には、雪。 
春と美しい夏をを辛抱強く待つと、 
樹が現れて、枝の芽が出て来る。 
そうして、山に羊小屋が出来て、羊飼いの娘たちが出て来る。 
羊飼いの少年たちが出て来て、笛を鳴らす。 

 歌は歳老いないのです。バルバフォティスは歳を取ってしまっています。でも、バルバフォティスの声は、若い時の様に、しなやかなのです。前歯があったら、どんなに良かったでしょうね。 





「バルバフォティスの歌」、おわり
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「バルバフォティスの歌」の1  





  ≪ Ε, Μπαρμπαφώτη!≫ φώναξε ο κυρ-Στέφανος, δεν θα μας πεις κανένα τραγούδι; ≫  
  Ο Μπαρμπαφώτης χαμογέλασε.  
 ≪ Κανένα που να λέει έτσι για ψηλά βουνά ≫, ξαναείπε ο κυρ-Στέφανος.  
 ≪ Σαν ποιο να πω; ≫ ρώτησε ο αγωγιάτης.  
  Πέρασε λίγη ώρα και δεν άρχιζε το τραγούδι ακόμα. Συλλογιζόταν : ≪ Να πω την αλαφίνα, να πω τον Κατσαντώνη, να πω τη βλαχοπούλα, τι να πω; ≫ Τέλος αποφάσισε : ≪ Εγώ γέρασα τώρα ≫, λέει, ≪ μα για το χατίρι του κυρ-Στέφανου θα το πω ≫.  





  バルバフォティスの歌 

 ステファノスさんが叫んだのです。「おおい、バルバフォティス、何か歌を歌ってくれないか。」 
 バルバフォティスはにっこりとしました。 
 「高い山を歌ったものなら、何でもいい。」とステファノスさんは付け加えました。
 「だれのために歌おうか?」と荷役人夫は聞きました。 
 時間が少し経ちましたけれど、歌い始めませんでした。「牝鹿を歌おうか、カザンドウニスのことを歌おうか、羊飼いの娘を歌おうか。何を歌おうか?」と考え込んでいたのです。そして、とうとう決めたのです。こう言いました。「儂は、もう、歳をとった。まあ、ステファノス旦那のために歌おう。」
posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする