2015年06月18日

Οι τρεις φωτιές 2

  Τα παιδιά την κοιτάζουν και ρωτούν το ένα το άλλο. Ποιος τάχα την άναψε; Μήπως οι τσοπάνηδες που βόσκουν τα κοπάδια; Μήπως οι λοτόμοι, που κόβουν δέντρα με τα τσεκούρια; Ή μήπως κανένας που πήγε να προσκυνήσει στον Αϊ-Λιά; Κάπου εκεί κοντά είναι αυτό το μοναστήρι.  
 ≪ Μπορεί να μην την άναψαν άνθροποι ≫ είπε ο Κωστάκης.  
 ≪ Τότε ποιος; ≫  
 ≪ Μπορεί να την άναψε ο αράπης ≫.  
 ≪ Και τι είναι αυτός ο αράπης; ≫ ρώτησαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Είναι ένας μεγάλος αράπης, που έχει τη σπηλιά του εκεί επάνω σε έναν βράχο. Στη μέση του βουνού λένε πως είναι αυτός ο βράχος≫.  
 ≪ Σώπα καημένε Κωστάκη ≫, λέει ο Μαθιός. ≪ Το πιστεύεις εσύ; Εγώ δεν το πιστεύω. Ποιος το είδε; ≫  
 ≪ Το έλεγε η γιαγιά μου ≫.  
 ≪ Και που το ξέρει αυτή; ≫  
 ≪ Είναι πολύ γριά η γιαγιά μου ≫.   




 子供たちは明りを見て、お互いに尋ね合ったのです。いったい、誰があの明りを点けたのでしょう? もしかしたら、羊の群れを放牧させている羊飼いでしょうか? もしかしたら、斧で樹を切る木樵でしょうか? もしかしたら、聖リアに参拝しに行った誰かなのでしょうか? あそこは、修道院の近くのどこかではないでしょうか。 
「人間はあの明りを点けられないだろう。」とコスタキスが言いました。
「じゃあ、誰が?」
「アラピスが点けたのではないか知ら。」
「でも、アラピスって何なの?」と他の二人が尋ねました。
「大きなアルピスさ。あそこの岩壁の上に自分の洞窟を持ってるんだ。山の真ん中にあると言われているあの岩壁だよ。」 
「お黙りな、かわいそうなコスタキちゃん。」とマシオスが言いました。 
「コスタキちゃんはそれを信じているの? ぼくは信じてないよ。誰が見たのさ?」 
「ぼくのおばあちゃんが教えてくれたんだ。」 
「おばあちゃんは、どうして知ってるのかい?」 
「ぼくのおばあちゃんは、とっても年寄りなんだ。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

Οι τρεις φωτιές 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第一章「三つの火」の1 





  Βραδιάζει. Τι λαμπρή φωτιά είναι αυτή που φάνηκε στο βουνό!
  Πρώτος ο Φάνης την είδε. Πρώτος αυτός βλέπει τις ομορφιές της γης και του ουρανού και τις δείχνει στα άλλα παιδιά : τον ήλιο που βασιλεύει, τα σύννεφα που τρέχουν στον ουρανό, το άστρο που καθρεφτίζεται στο ρυάκι.
  ≪ Κοιτάτε ≫, είπε, ≪ μια φωτιά εκεί επάνω ≫. Κι έδειξε τη φωτιά στα δυο παιδιά που ήταν μαζί του, στον Μαθιό και στον Κωστάκη.
  Κάθονται κι οι τρεις αυτή την ώρα στο πεζούλι της εκκλησίας. Είναι κουρασμένοι από το πολύ παιχνίδι. Έχουν διακοπές.
 ≪ Ναι, αλήθεια, μια φωτιά! ≫ είπαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Πως λάμπει! ≫ είπε ο Φάνης. ≪ Σαν το χρυσάφι ≫.  





 日が暮れていきます。あのきらきらする光は何かしら、あの山の上に見えますよ。 
 最初に、ファニスが見ました。最初は、彼は、地上と空の美しさを見ていたのです。その美しさを他の子たちに教えていたのです。沈んでいく太陽。空を駈けていく雲。小川に映っている星。 
 「見て、上のあそこに明りがある。」とファニスは言いました。そして、一緒にいた二人の子供、マシオスとコスタキスに指差して教えました。 
 三人は、その時、教会の石垣に座っていました。たくさん遊んで疲れていたのです。休んでいたのです。 
 「うん、ほんとうだ、明りだ。」と他の二人は言いました。 
 「なんてキラキラしてるんだろう! 金みたいだ。」とファニスは言いました。 
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする