2015年07月03日

Το γράμμα του Αντρέα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の2  





  Μπροστά στις δυσκολίες τα παιδιά σταμάτησαν. Άφησαν το ταξίδι για άλλη φορά.  
  Και όμως μαθητής, ο Αντρέας, προσπάθησε να κάνει, αυτός μόνος, εκείνο που οι άλλοι δεν μπόρεσαν να κατορθώσουν. Ήταν το παιδί που τολμούσε. Ο Αντρέας κυνηγούσε πιο πολύ τα δύσκολα παρά τα εύκολα. Δεν τον θυμούνται να δείλιασε ποτέ. Αλλά πιο γενναίος ήταν εκεί που θα ωφελούσε τους άλλους.  
  Ο πατέρας του, ο κυρ-Στέφανος, ήταν εργολάβος ξυλείας στο δάσος που τους είπε ο δάσκαλος να πάνε, στο Χλωρό. Είχε πολλούς λατόμους εκεί. Τον παρακάλεσε λοιπόν ο Αντρέας να δώσει χάρισμα την ξυλεία για τις καλύβες που χρειάζονταν τα παιδιά. Και για να πετύχει, ακολούθησε μια μέρα τον πατέρα του στο δάσος, όπου είχε πάει να επιβλέψει την εργασία.  
  Σε δυο μέρες οι λατόμοι έστησαν οχτώ καλύβες, οχτώ χαριτωμένες καλύβες, ένα χωριουδάκι. Η κατοικία ετοιμάστηκε.  
  Από τους λατόμους πάλι έμαθε ο Αντρέας πως οι βλάχοι θα πήγαιναν στα Τρίκορφα, καθώς το λένε εκείνο το βουνό, για να βοσκήσουν τα κοπάδια τους, γιατί φέτος βγήκε πολύ χορτάρι σε κείνο το μέρος.  





 難問を前にして、子供たちは、立ちすくんだのです。旅は、また次の時にとっておくことにしたのです。 
 けれども、一人の生徒、アンドレアスは、彼一人だけで、他の子たちが為終えることが出来ない旅をしようとしたのです。アンドレアスは、大胆なことをする子供だったのです。彼は、易しいことよりも難しいこと、とっても難しいこを追い求めていたのです。子供たちは、怖じ気づいたアンドレアスを覚えていません、ちっともないのです。でも、他の子の為になる様なことだったら、とても勇敢になるのです。 
 アンドレアスのお父さん、ステファノスさんは、材木業者なのでした。ステファノスさんが働いている森、ハロロに行ってご覧なさい、と、子供たちに先生が言ったのです。そこには、たくさんの石切り職人たちもいたのです。それですから、アンドレアスは、お父さんに、子供たちに必要な小屋を作る材木を下さいと、お願いしたのです。そして、ある日、材木を得ようと、お父さんの後を追って森に行ったのでした。そこで、お父さんは、仕事の監督をしていたのです。 
 二日間で、石切り職人たちは、八棟の小屋を建てたのです。可愛らしい小屋が八棟ある一つの小村を作ったのです。住むところは用意出来たのです。 
 それから、アンドレアスは、石切り職人たちから、羊飼いたちがトリコルファに行く筈だ、と言うことも教わったのです。あの山は、トリコルファと呼ばれていたのです。羊の群れを放牧しに行くのです。今年は、そこにたくさんの草があるからなのです。
posted by kyotakaba at 18:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

Το γράμμα του Αντρέα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の1 





  Και τάχα δεν μπορούσαν να είναι κι αυτοί εκεί ψηλά;  
  Πολλές φορές ο δάσκαλος τους είχε πει στο μάθημα πως τα παιδιά, που είναι στην τελευταία τάξη του ελληνικού, μπορούν να πάνε μόνα τους στο βουνό. Πως, άμα έχουν θάρρος και πειθαρχία, μπορούν να κατοικήσουν μόνα τους εκεί-δυο μήνες. Φτάνει να έχουν την άδεια του πατέρα τους, την κατοικία και την τροφή.  
  Τα παιδιά παρακάλεσαν τους γονείς τους να τα αφήσουν να πάνε. Εκείνοι αντιστάθηκαν στην αρχή.  
  ≪ Που ξέρουμε ≫, είπαν, ≪ τι θα κάνετε τόσο μακριά; Τάχα θα μπορείτε να βρίσκετε ό,τι σας χρειάζεται; Θα φροντίζει ο ένας τον άλλο; Θα είστε αχώριστοι; ≫  
  Υποσχέθηκαν πως και τα εικοσιπέντε παιδιά θα είναι σαν ένας. Μα ύστερα οι δικοί τους ρώτησαν : ≪ Που θα βρείτε τις καλύβες να καθίσετε; ≫ Ήταν η πρώτη δυσκολία. Έπειτα τους είπαν : ≪ Που θα βρίσκετε την τροφή για να ζείτε τόσο μακριά; ≫  





 まさか、あの子たちは、あの高い所に居ることが出来るのか知ら。 
 先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、と、授業の時、あの子たちに何度も言って聞かせていたのでした。勇気と規律があれば、自分たちだけで、二ヶ月もそこに生活することが出来ます、とお話になっていたのです。お父さんの許しと住むところと食べ物があればいいのです、って。 
 あの子たちは、両親に行かせて欲しい、とお願いしたのです。両親たちは、最初は、そうさせませんでした。 
 「分かっているんだぞ。そんな遠くでお前たちは何をするんだ? いったい、自分たちに要るもの何でもを見つけられるのか? お互いに面倒を見るのか? 離ればなれにならずにいられるのか? 」と言っていたのです。 
 二十五人の子供たちは、ひとつの様になります、と約束をしたのです。すると、大人たちは子供たちに尋ねました。「泊まる小屋を何処で見つけるのかい?」と。それは、最初の難問でした。そうして、また、子供たちに尋ねました。「そんなに遠い所で、生きるための食べ物を何処で見つけるのかい?」と。 






2016年7月14日、追記、訂正:  
先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、 
→ 
先生は、今ギリシャ語の最終学年のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

Οι τρεις φωτιές 3

  Όσο νύχτωνε τόσο έλαμπε αυτή η φωτιά, κι όσο έλαμπε τόσο ο Κωστάλης πίστευε τη γιαγιά του.  
  Ο Μαθιός δεν πίστευε τίποτα. Γι' αυτόν τη φωτιά την είχε ανάψει τσοπάνης. Ο Φάνης δεν μιλούσε.  
 ≪ Φάνη! Φάνη! Τρεις φωτιές, τρεις φωτιές! ≫  
  Έτσι ακούστηκαν να φωνάζουν δυο παιδιά που έτρεχαν κατά το μέρος εκείνο για να βρουν τον Φάνη.  
  Ο Φάνης τις είχε δει εκείνη τη στιγμή. Στη μια φωτιά κοντά είχαν ανάψει κι άλλες δυο. Τρεις χρυσές φωτιές έλαμπαν αραδιασμένες στο βουνό, που δεν φαίνεται πια παρά σαν θεόρατος γαλανός ίσκιος επάνω στον ουρανό.  
  Η ευαίσθητη ψυχή του Φάνη έμεινε και στο θέαμα τούτο εκστατική.  
 ≪ Ποιος την άναψε; ≫ ρωτά και πάλι ο Μαθιός. ≪ Τι λες εσύ, Φάνη; ≫  
  Ο Φανής απάντησε: ≪ Να ήμαστε εκεί επάνω! ≫  





 日がもっと暮れて暗くなるにしたがって、明りはもっときらきらしたのです。光が輝けば輝くほど、コスタキスは、もっと自分のおばあちゃんを信じる様になったのです。 
 マシオスは、ちっとも信じませんでしたけど。マシオスが思うのには、羊飼いがあの明りを点けたのですから。ファニスは喋りませんでした。 
 「ファニス! ファニス! 明りが三つだ、三つの明りだよ!」 
 二人の子供は、ファニスに聞こえる様に叫んで、ファニスを見つけようと、彼がいる方へ走り出したのです。 
 その時、もう、ファニスは三つの明りに気が付いていました。一つの明りの側に、他の二つの明りが点ったのです。三つの金色の明りは、山の上に並んで輝いていました。山は、空の上にある途方もなく大きな紺碧の影にしか見えなかったのです。 
 ファニスの感じやすい魂は、まだ、その我を忘れさせる風景に残っていたのです。 
 「あれを点けたのは誰だろう?」と、マシオスがまた尋ねました。「ファニス、君は分かる?」 
 ファニスは答えました。「ああ、ぼくらは、上のあそこにずっといるじゃないか!」  





おわり  

posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

Οι τρεις φωτιές 2

  Τα παιδιά την κοιτάζουν και ρωτούν το ένα το άλλο. Ποιος τάχα την άναψε; Μήπως οι τσοπάνηδες που βόσκουν τα κοπάδια; Μήπως οι λοτόμοι, που κόβουν δέντρα με τα τσεκούρια; Ή μήπως κανένας που πήγε να προσκυνήσει στον Αϊ-Λιά; Κάπου εκεί κοντά είναι αυτό το μοναστήρι.  
 ≪ Μπορεί να μην την άναψαν άνθροποι ≫ είπε ο Κωστάκης.  
 ≪ Τότε ποιος; ≫  
 ≪ Μπορεί να την άναψε ο αράπης ≫.  
 ≪ Και τι είναι αυτός ο αράπης; ≫ ρώτησαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Είναι ένας μεγάλος αράπης, που έχει τη σπηλιά του εκεί επάνω σε έναν βράχο. Στη μέση του βουνού λένε πως είναι αυτός ο βράχος≫.  
 ≪ Σώπα καημένε Κωστάκη ≫, λέει ο Μαθιός. ≪ Το πιστεύεις εσύ; Εγώ δεν το πιστεύω. Ποιος το είδε; ≫  
 ≪ Το έλεγε η γιαγιά μου ≫.  
 ≪ Και που το ξέρει αυτή; ≫  
 ≪ Είναι πολύ γριά η γιαγιά μου ≫.   




 子供たちは明りを見て、お互いに尋ね合ったのです。いったい、誰があの明りを点けたのでしょう? もしかしたら、羊の群れを放牧させている羊飼いでしょうか? もしかしたら、斧で樹を切る木樵でしょうか? もしかしたら、聖リアに参拝しに行った誰かなのでしょうか? あそこは、修道院の近くのどこかではないでしょうか。 
「人間はあの明りを点けられないだろう。」とコスタキスが言いました。
「じゃあ、誰が?」
「アラピスが点けたのではないか知ら。」
「でも、アラピスって何なの?」と他の二人が尋ねました。
「大きなアルピスさ。あそこの岩壁の上に自分の洞窟を持ってるんだ。山の真ん中にあると言われているあの岩壁だよ。」 
「お黙りな、かわいそうなコスタキちゃん。」とマシオスが言いました。 
「コスタキちゃんはそれを信じているの? ぼくは信じてないよ。誰が見たのさ?」 
「ぼくのおばあちゃんが教えてくれたんだ。」 
「おばあちゃんは、どうして知ってるのかい?」 
「ぼくのおばあちゃんは、とっても年寄りなんだ。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

Οι τρεις φωτιές 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第一章「三つの火」の1 





  Βραδιάζει. Τι λαμπρή φωτιά είναι αυτή που φάνηκε στο βουνό!
  Πρώτος ο Φάνης την είδε. Πρώτος αυτός βλέπει τις ομορφιές της γης και του ουρανού και τις δείχνει στα άλλα παιδιά : τον ήλιο που βασιλεύει, τα σύννεφα που τρέχουν στον ουρανό, το άστρο που καθρεφτίζεται στο ρυάκι.
  ≪ Κοιτάτε ≫, είπε, ≪ μια φωτιά εκεί επάνω ≫. Κι έδειξε τη φωτιά στα δυο παιδιά που ήταν μαζί του, στον Μαθιό και στον Κωστάκη.
  Κάθονται κι οι τρεις αυτή την ώρα στο πεζούλι της εκκλησίας. Είναι κουρασμένοι από το πολύ παιχνίδι. Έχουν διακοπές.
 ≪ Ναι, αλήθεια, μια φωτιά! ≫ είπαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Πως λάμπει! ≫ είπε ο Φάνης. ≪ Σαν το χρυσάφι ≫.  





 日が暮れていきます。あのきらきらする光は何かしら、あの山の上に見えますよ。 
 最初に、ファニスが見ました。最初は、彼は、地上と空の美しさを見ていたのです。その美しさを他の子たちに教えていたのです。沈んでいく太陽。空を駈けていく雲。小川に映っている星。 
 「見て、上のあそこに明りがある。」とファニスは言いました。そして、一緒にいた二人の子供、マシオスとコスタキスに指差して教えました。 
 三人は、その時、教会の石垣に座っていました。たくさん遊んで疲れていたのです。休んでいたのです。 
 「うん、ほんとうだ、明りだ。」と他の二人は言いました。 
 「なんてキラキラしてるんだろう! 金みたいだ。」とファニスは言いました。 
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする