2017年02月18日

Μικρομέρια της Ακρόπολης

 Kawamasa さんのページで見たのですけれど。 

 Μικρομέρια της Ακρόπολης ミクロメリア・ティス・アクロポリス Micromeria acropolitana 、アテネのアクロポリスだけに、生育しているシソ科の植物、ハーブのような(?) 。 
 19006年に、フランスの植物学者が発見して、その後、絶滅したと考えられていたけれど、2006年に再発見された、と言うこと。絶滅危惧種。  
 5月から6月に、ピンク色の群れになる花を着けるそう。

Μικρομέρια της Ακρόπολης - Βικιπαίδεια  

Το λουλούδι της Ακρόπολης (Micromeria acropolitana) | Louloudia.gr – Λουλούδια online  

posted by kyotakaba at 09:59| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

バシリス・パパニコラウ – ΒΑΣΙΛΗΣ ΠΑΠΑΝΙΚΟΛΑΟΥ

 Kawamasa さんの web ページで紹介されていたので。 

 ギリシャの画家バシリス・パパニコラウさんの日本語での web ページが開設されたそうなので。 

バシリス・パパニコラウ – ΒΑΣΙΛΗΣ ΠΑΠΑΝΙΚΟΛΑΟΥ
posted by kyotakaba at 10:16| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

Ελευθερουδάκης

 greece-japan.com に依ると、エレフセルダキス書店がこの9月30日で閉店とのこと。 118年続いた書店。

アテネのエレフセルダキス書店、30日(金)に閉店‐118年の歴史に幕 - ギリシャ−日本 

 大きな書店で、アテネにいる時は、中をぶらつくのが楽しみだったけれど、 

in.gr の記事: 
Τέλος εποχής για το βιβλιοπωλείο ≪Ελευθερουδάκης≫ - Ειδήσεις - Πολιτισμός - in.gr
Το τελευταίο βιβλιοπωλείο του ιστορικού οίκου ≪Ελευθερουδάκης≫ κλείνει στις 30 Σεπτεμβρίου. Θα είναι η πρώτη φορά από το 1898 που δεν θα υπάρχει αυτό το βιβλιοπωλείο στην Αθήνα.

≪Ένα τέλος και ταυτόχρονα μια νέα αρχή≫ γράφει η Σοφίκα Ελευθερουδάκη. Στη σχετική ανακοίνωση αναφέρει:

≪Έπειτα από λειτουργία πάνω από 100 χρόνια στο χώρο του βιβλίου και 21 χρόνια στην οδό Πανεπιστημίου στο κέντρο της Αθήνας, κλείνουμε το βιβλιοπωλείο μας και σκεφτόμαστε 'έξω από το κουτί', συμμετέχουμε στον διεθνή προβληματισμό με θέμα το βιβλίο και προετοιμαζόμαστε για το επόμενό μας 'βιβλιοπωλείο', αλλά αρνούμαστε να το κάνουμε, όσο δεν υπάρχει θετικό και σταθερό επιχειρηματικό περιβάλλον στη χώρα μας.≫
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠山市とパレア・エピダウロス村

 神戸新聞に依ると、篠山市は、エピダウロス市との姉妹都市提携を休止するとのこと。連絡が取れなくなったためと。 
 姉妹都市提携は、1988年に旧西紀町と旧パレア・エピダウロス村が取り交わしたのだそう。
 パレア・エピダウロス村は、1,700人程の小さな集落だから、統合等で担当する部署もなくなったのかも、、 

Παλαιά Επίδαυρος Αργολίδας - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

Ηπειρωτικός Βάτραχος

 Epirus water frog ( Pelophylax epeiroticus ) のギリシャ語名、見つけた。 

Ηπειρωτικός Βάτραχος   

このサイトで: 
.:| herpetofauna.gr |:. ..Ελληνική Ερπετοπανίδα 

鳴き声も聴かれる。 
土地の名前が付いただけだけど。 イッピリティコス蛙。 

Epirus water frog: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

Epirus water frog

 おとといだったか知ら、Wikipedia に Epirus water frog の写真が掲載されていた。ギリシャ西部から、アルバニアに棲息している蛙で、レッド・データ・ブックスに載せられている、絶滅危惧種。 
 エピラス・ウォーター・フロッグ。でも、ギリシャでは、何と呼ばれているのかが、分からない。 

Epirus water frog - Wikipedia, the free encyclopedia 

Pelophylax epeiroticus (Epirus Water Frog)  

 検索して、カセメリニの2015年11月7日の記事を見つけたけれど、 
Σπάνιος βάτραχος στην Κάρπαθο υπό την προστασία ενός πρίγκιπα | Περιβάλλον | Η ΚΑΘΗΜΕΡΙΝΗ 

どうやって、探せば良いだろう??  
wild-anima.gr のページ、検索は出来るのか知ら??? http://www.wild-anima.gr/

Τί λένε Epirus water frog σε ελληνικά;   






7月18日追記: 
Ηπειρωτικός Βάτραχος: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

アンティキティラ島の機械

 5月17日は、アンティキティラ島の機械が、天体運行を示す機械だと、気付かれた日なのだそう。 

Βικιπαίδειαから 
Στις 17 Μαΐου 1902 ο μαθηματικός και τ. Υπουργός Παιδείας Σπυρίδων Στάης πρόσεξε ότι ένα από τα ευρήματα είχε έναν οδοντωτό τροχό ενσωματωμένο και εμφανείς επιγραφές με αστρονομικούς όρους.

Μηχανισμός των Αντικυθήρων - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 23:35| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

エピダウロスでの第一回国民会議

 1822年1月13日、エピダウロスで開かれていた第一回国民会議 Α΄ Εθνοσυνέλευση Επιδαύρου で、今のギリシャ国の国旗のデザインが採択された。
posted by kyotakaba at 23:16| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

2014年08月25日

Angelos Bratis

 ギリシャ、アテネ出身のデザイナー Angelos Bratis 。1978年生まれ。ギリシャ語表記が分からないのだけれど、Άγγελος Βράτις なのか知ら??

ホームページ:
Angelos Bratis :: Home 

YouTube のチャンネルの最新のビデオ:

posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

清和文楽のレフカダ公演

 朝日新聞の石田博士記者報告で、レフカダ島に於いて、熊本の清和文楽の公演や俳優の佐野史郎さんによるハーン作品の朗読があった、と言うことを知る。
 詳しくは分からない。レフカダ島西部の野外劇場と言うことだけれど。記事は簡単なものなので。レフカダのwebページも見てみたのだけれど、私には探すことが出来なかった。


清和文楽:
清和文楽館公式サイト | 熊本県重要無形文化財指定・くまもとアートポリス参加プロジェクト

ΔΗΜΟΣ ΛΕΥΚΑΔΑΣ :: Επίσημη Δικτυακή Πύλη


追記:
ΤΑ ΝΕΑ に関連の記事を見つけました。
Εγκαίνια στη Λευκάδα για το μουσείο του εθνικού ποιητή της Ιαπωνίας Λευκάδιου Χερν - Πολιτισμός - Επικαιρότητα - Τα Νέα Οnline
レフカダ島に、ラフカディオ・ハーンの記念館が出来て、7月4日がその開館日だったので、記念の行事が開催されたそうです。佐野史郎さんの朗読と清和文楽の公演もその一環。
記念館は、Πνευματικό Κέντρο Δήμου Λευκάδας のイソゲイオ ισόγειο ( 地上階 ) に設けられたそうです。
Πνευματικό Κέντρο Δήμου Λευκάδας - Αρχική
posted by kyotakaba at 10:09| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

Γιορτή της Κούνιας στο Ακράσι

 ブログ『ギリシャへ そして ギリシャから』にレスボス島のアラクシ村の5月1日のブランコ祭りについても記事があったので、面白そうだな、と思って、インターネットで検索してみました。

5月1日のブランコ - ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece


Lesovos news に載っていたお知らせ:
Πρωτομαγιά στο Ακράσι - Γιορτή της Κούνιας | lesvosnews.net

kai (1).jpg

YouTubeに投稿されていた今年のお祭りの様子:
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

Το Μετρό της Αθήνας

 1869年に、地下鉄・メトロ・アテネ Μετρό Αθήνας が開通。

Στις 27 Φεβρουαρίου 1869, γίνονται τα επίσημα εγκαίνια της σιδηροδρομικής γραμμής Θησείον - Πειραιάς. Η πρώτη ατμομηχανή με 6 βαγόνια καλύπτει τη διαδρομή των 8,5 χιλιομέτρων από το Θησείο στον Πειραιά σε 19 περίπου λεπτά.





 1869年2月27日、セシオ・ピレウス線の公式な開通式が行われた。六両の客車を牽いた蒸気機関車は、セシオからピレウスまでの8.5kmを19分で走り抜けた。
posted by kyotakaba at 09:51| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

オットー一世

 Όττο Φρίντριχ Λούντβιχ φον Βίττελσμπαχ 。1815年生まれ、1867年没。
 1833年2月6日に、近代ギリシャ王国の初代国王に就いた。
posted by kyotakaba at 11:04| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

Τι δώρο θέλεις από τον Άγιο Βασίλη;

Τι δώρο θέλεις από τον Άγιο Βασίλη;

posted by kyotakaba at 10:10| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

Η ιστορία του Τραμ της Θεσσαλονίκης

 セサロニキ・アーツ・カルチャーにある、路面電車を紹介している文章の出だしのところ:



Η ιστορία του Τραμ της Θεσσαλονίκης

28 Μαΐου 1893, η Βελγική Εταιρεία ≪Τροχιοδρόμου και Ηλεκτροφωτισμού Θεσσαλονίκης≫ ολοκληρώνει την κατασκευή του πρώτου τροχιοδρομικού συστήματος της πόλης.

Από τον Λευκό Πύργο, στην Εγνατία μέχρι τον Σταθμό. Εκατόν είκοσι ουγγαρέζικα και ρωσικά άλογα μεταφέρουν επιβάτες αλλά και εμπορεύματα από τη μια άκρη της Θεσσαλονίκης στην άλλη.






セサロニキの路面電車の歴史

1893年、5月28日、ベルギーの会社「セサロニキ市街電車、電燈」は、セサロニキ市の第一回の路面電車網の敷設を完了した。
 エグナティア通りを、レフコス・ピルゴス( ホワイトタワー )から駅まで、ハンガリー製かロシア製の百二十両の車輛が、乗客や荷物を、セサロニキの都市の端から反対の端に運んだのです。




 文章にある、άλογα は馬でなく、路面電車の車輛を指しているのだと思います。辞書には、そう言う用法はないのですけれど。馬力でもないと思いますし。


記事:
Η ιστορία του Τραμ της Θεσσαλονίκης - Thessaloniki Arts and Culture

06-03-05_1283819_71.jpg
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

Πολυκατοικία Παπαλεονάρδου

 11月1日付けのカセメリニの記事に、マリア・カラスがアテネに居た時に使っていたマンションが修繕費が多額の為に存続の危機、というものがありました。
 それで、webページ『 ΑΡΧΑΙΟΛΟΓΙΑ ΤΗΣ ΠΟΛΗΣ ΤΩΝ ΑΘΗΝΩΝ 』の中の Πολυκατοικία Παπαλεονάρδου の説明を読んでみました。
( Βικιπαίδεια では、Οικία Μαρίας Κάλλας と。 )  

ΑΡΧΕΙΟ ΝΕΟΤΕΡΩΝ ΜΝΗΜΕΙΩΝ - Πολυκατοικία Παπαλεονάρδου

Πολυκατοικία Παπαλεονάρδου

Περιοχή: οδός Πατησίων 61 & Σκαραμαγκά
Έτος: 1925
Περιγραφή:
Η πολυκατοικία Παπαλεονάρδου, στη γωνία των οδών Πατησίων 61 και Σκαραμαγκά, οικοδομήθηκε το έτος 1925, βάσει σχεδίων του αρχιτέκτονα Κώστα Κιτσίκη (1892-1969), απόφοιτου της γερμανικής σχολής του Berlin-Charlottenburg, εκπρόσωπου ενός ιδιόρρυθμου δυναμικού νεοακαδημαϊσμού, που προωθεί μια σύνδεση παλαιοτέρων και νεοτέρων μορφών, με παλινδρομήσεις ανάμεσα στο μοντέρνο και το κλασικό.

Ενδεικτική Βιβλιογραφία:
Π. Τσολάκης (επιμ.), 50 ετών δράσις του Κώστα Κιτσίκη, 1913-1963, Αθήνα 1965* Δ. Φιλιππίδης, Νεοελληνική Αρχιτεκτονική, Αθήνα 1984, σ. 168* Ελληνικό Ινστιτούτο Αρχιτεκτονικής-Deutsches Architektur Museum, Αρχιτεκτονική του 20ου αιώνα: Ελλάδα, Αθήνα 2000.






パパレオナルド・マンション

場所:パティシオン通り61とスカラマガの交差点
建設時期:1925年
概要:パパレオナルド・マンションは、パティシオン通り61とスカラマガの角にあり、1925年に建設された。建築家コンスタンティン・キチィキス ( 1892 -1969 ) が設計した。キティキスは、ドイツのベルリン・シャルロッテンブルグの学校の卒業生で、独特の力強さのある新アカディミスムを代表する一人である。新アカディミスムとは、現代と古典の間を往復することにより、古代と現代の形の結びつきを押し進めたものである。

参考文献:
1. P. ツォラキス ( 編集 ) 『コンスタンティン・キティキスの五十年の活動、1913 -1963』 アテネで出版、1965年。
2. D. フィリッピディス『新ギリシャ建築』アテネで出版、1984年。その中の168ページ。
3. ドイツ建築博物館ギリシャ建築研究所『20世紀の建築 ギリシャ』アテネで出版、2000年。


KK0038.jpg
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

What Ancient Greek Music Sounded Like

 最初は、ト・ビーマの記事で読んで、BBC の記事でも見たのですが、オックスフォード大学の研究をBBCがアーカイブして公開するようなのですが。
 それで、David Creese 教授が、再現した古代ギリシャの音楽が、サウンドクラウドで聴けます。

What Ancient Greek Music Sounded Like by Archaeology on SoundCloud - Hear the world’s sounds

 David Creese 教授 は、現在、ニューカッスル Newcastle University 大学に在籍?
Alphabetical List - School of History, Classics and Archaeology - Newcastle University

古代ギリシャ音楽に関する論文:
Music and the alienation of ancient Greece - ePrints - Newcastle University

posted by kyotakaba at 19:04| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

Φαράγγι της Σαμαριάς

 テレビのBS放送のBS日本テレビの番組『トラベリックス』で、ギリシャ・クレタ島のト・ファランギース・サマリアスを紹介していたので、YouTubeに何かビデオがないかと思って検索しました。




Καλώς ορίσατε στην σελίδα του Εθνικού Δρυμού Σαμαριάς - Φορέας Διαχείρισης Εθνικού Δρυμού Σαμαριάς
posted by kyotakaba at 21:59| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする