2017年04月20日

エティオピア物語 第十巻 14-4

  ≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.


 シシミシリスはこう言いました。「私が見つけた時には、その幼女は白い肌でした。過ぎ去った月日は、今のこの娘の年齢と一致しています。この娘が捨てられてから今までの年月は、全部で十七年になります。けれども、彼女が幼女の時の眼差し、彼女の様々な表情、それに、驚く程の美しさ、それらのすべてが今の彼女のものに似ている様に、私には思われます。」  




συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、 
κλείσει は、空欄( ) を埋めよ、と言う設問の時の κλείνω の使い方なのだと思います。 
ώς τα τώρα の τα は代名詞だと思います。χρόνια 中性名詞複数 なのだと。τώρα は副詞。 
που είχε τότε は、το βλέμμα だけに掛かっている形容詞句なのだと思います。
το βλέμμα、τα χαρακτηριστικά、η ομορφιά の三つの実詞、主格が並列されて、 
それが合わさるので、動詞 φαίνονται が三人称複数形なのだと。 

posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

エティオピア物語 第十巻 14-3

  Κι επειδή πάλι φάνηκε να αδημονεί ο Υδάσπης, ≪ αυτά ≫, είπε η Χαρίκλεια, ≪ είναι τα σημάδια αναγνώρισης που προορίζονται για τη μητέρα μου・ για σένα είναι αυτό το δαχτυλίδι ≫・ και έδειξε την παντάρβη. Και ο Υδάσπης, αναγνωρίζοντας το δαχτυλίδι που είχε χαρίσει στην Περσίννα για τους αρραβώνες τους, ≪ καλό μου κορίτσι ≫, είπε στη Χαρίκλεια, ≪ τα γνωρίσματα είναι βέβαια δικά μου αλλά δεν μπορώ ακόμα να πιστέψω ότι εσύ που τα χρησιμοποιείς είσαι η κόρη μου και όχι κάποια άλλη που κάπως έτυχε να τα βρεί・ γιατί σύν τοίς άλλοις το χρώμα σου είναι κατάλευκο και δεν φαντάζει αιθιοπικό ≫.





συν τοις άλλοις : εκτός των άλλων, μαζί με όλα τ' άλλα, σε όλα τα άλλα πρόσθεσε ότι, σαν να μη φτάνει αυτό





 すると、イダスピス王が、再び困惑した様子をしたのです。すると、ハリクレアがこう言いました。「これが、誰だかを識別する印しです。これは、誰がわたしの母かを分かる為に使うのです。あなた様には、この指輪です。」 こう言って、パンダビルを見せました。イダスピス王は、その指輪が何であるかが分かりました。それは、自分たちの婚約の為にペルシナに贈ったものだったのです。そしてハリクレアにこう言いました。「お嬢さん、それらの印しの品々は、確かに、私のものだ。しかし、私は、お前が私の娘だ、と、まだ信じることは出来ない。お前はそれを利用しているのだが。お前は、偶々それを見つけた、まったくの他人ではない、とは信じられないのだ。それより何より、お前の肌は、純白だ。エティオピア人の肌には見えないのだ。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

エティオピア物語 第十巻 14-2

  Υπήρχαν όμως και κάποια άλλα γνωρίσματα εκτεθειμένα μαζί της, που εγώ τα έδωσα σ’ εκείνον που παρέλαβε την κόρη, έναν καθ’ όλα άψογο Έλληνα ≫. ≪ Κι αυτά επίσης σώζονται ≫, είπε η Χαρίκλεια κι έδειξε στη στιγμή τα περιδέραια. Ακόμα πιό πολύ ταράχτηκε η Περσίννα σαν τα είδε και, στην ερώτηση του Υδάσπη τί ήταν αυτά και άν μπορεί να του δώσει περισσότερες εξηγήσεις, το μόνο που αποκρίθηκε ήταν ότι τα αναγνωρίζει, αλλά, παρ’ όλ’ αυτά καλό θα ήταν να τα εξετάσει και στο σπίτι.





 「ですが、他にも、その娘と一緒に置き去りにされた印しの品物があったのです。私は、それを、娘を引き取った方に渡したのです。どの点でも、申し分のないギリシャ人でした。」 すると、その瞬間、ハリクレアは「それらも、ここに残ってます。」と言って、首飾りを見せたのです。それを見ると、ペルシナ女王は、更に、ひどく動揺したのです。それは何なのか、自分にもっと詳しい説明がでいるのか、と言う、イダスピス王の問い掛けに、ペルシナが答えたのは、ただ、見覚えがある、それでもやはり、自宅に持ち帰って調べるのが好いだろう、と言うことだけでした。     


posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

エティオピア物語 第十巻 14-1

  Τότε πήρε το λόγο ο Σισιμίθρης. ≪ Οι πρώτες ερωτήσεις σου ≫, είπε, ≪ έχουν την απάντησή τους : αυτός που βρήκε την κόρη έκθετη και την ανάθρεψε κρυφά και την οδήγησε στην Αίγυπτο όταν με έστειλες εκεί ως πρεσβευτή, είμαι εγώ και ξέρεις βέβαια ότι σε μας δεν επιτρέπεται το ψέμα. Αναγνωρίζω και την ταινία, που είναι, όπως βλέπεις, χαραγμένη με βασιλικά αιθιοπικά γράμματα κι εσυ το ξέρεις πιό καλά από τον καθέναν πώς γράφτηκαν από το χέρι της Περσίννας.





 すると、シシミシリスが言葉を引き取りました。そしてこう言いました。「王様の最初のご質問は、それぞれ解答があります。その捨て子の女の子を見つけたのは、そして、密かに育てたのは、この私です。そして、王様が私を大使としてエジプトに送った時に、この私が、その娘をエジプトに連れて行ったのです。それに、王様は、私たちには、嘘が許されていないことを、よくご存知です。私はその帯に見覚えがあります。王様もご覧になっています様に、その帯には、エティオピア王家の文字が刻まれています。そして、その文字はペルシナ女王様の手で書かれたものであることを、他の誰よりも、貴方様がご存知のことです。」
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

エティオピア物語 第十巻 13-5

  Αλλά και πώς αποδεικνύεται ότι αυτή εδώ είναι εκείνη; Ποιός μπορεί να βεβαιώσει ότι το έκθετο παιδί δεν πέθανε και ότι τα γνωρίσματα δεν έπεσαν στα χέρια κάποιου άλλου που τα οικειοποιήθηκε; Μήπως κάποιος δαίμονας μας παίζει άσχημα παιχνίδα και, φορώντας σαν προσωπείο τη μορφή αυτής της κόρης, διασκεδάζει με τον πόθο μας για τεκνοποιία και προσπαθεί να μας δώσει νόθο και υποβολιμαίο διάδοχο επισκιάζοντας με την ταινία την αλήθεια σαν με σύννεφο; ≫




 「けれども、ここに居るこの娘がその娘だと、どうやって証明するのだ? いったい、誰が、捨てられた子が死んでいない、と確かめることが出来るのだ? それに、この印しの品物が他人の手には落ちなかった、そして、不正に使われなかった、と確かめることが出来るのだ? あるいは、何かの悪魔が、酷い遊びで私たちを弄んでいるのではないのか? 仮面の様に、この娘の姿を被っているのではないか? そして、私たちが子供を切望している思いを、気晴しにしているのではないのか? その悪魔は、本当は雲の様なこの帯を使って、偽物の娘を、何所か他所から来た後継者を私たちに与えようとしようとしているのではないのか?」   



4月18日、訂正  
この独特の品物が他人の手には落ちなかった 
→ 
この印しの品物が他人の手には落ちなかった、
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

エティオピア物語 第十巻 13-4

  Τέλος, όταν διάβασε ο Υδάσπης για την εγκατάλειψη της Χαρίκλειας και για την αιτία της, ≪ το ήξερα ≫, είπε. ≪ ότι είχα αποχτήσει μιά κόρη・ τότε όμως είχα μάθει ― η ίδια η Περσίννα μου το είπε ― ότι είχε πεθάνει, ενώ τώρα μαθαίνω ότι την άφησαν έκθετη. Ποιός όμως τη βρήκε και την έσωσε και την ανάθρεψε και ποιός την έφερε στην Αίγυπτο όπου και αιχμαλωτίστηκε;





 とうとう、イダスピス王は、ハリクレアが捨てられたことについて、ハリクレアがそうなった理由についてを読んだのです。すると、こう言いました。「私はこのことを知っていた。私が一人娘を得ていたと言うことだ。けれども、私はこう教えられていた。ここに居るこのペルシナがこう言ったのだ。その娘は死んだのだと。今、私は、女王たちは娘を置き去りにしたのだ、と分かった。だが、誰がその娘を見つけたのだ? そして、誰がその娘を救ったのだ? 誰が育てたのだ? そして誰が、この娘をエジプトに連れて来たのだ? そこで、この娘は捕えられたのだけれど。」
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

エティオピア物語 第十巻 13-3

  Την πήρε λοιπόν ο Υδάσπης και, αφού παρακάλεσε τους Γυμνοσοφιστές να πλησιάσουν και να τη διαβάσουν μαζί του, άρχισε να διαβάζει κατάπληκτος・ άλλο τόσο κατάπληκτος ήταν και ο Σισιμίθρης・ το πρόσωπό του έδειχνε μύριες μεταπτώσεις ενώ το βλέμμα του πήγαινε συνεχώς από την ταινία στη Χαρίκλεια.





 そうして、イダスピス王は手紙を取ると、裸形の賢者たちに、側に来て、自分と一緒にその手紙を読む様に、頼んだのでした。そして、読み始めて、驚いたのです。一方、シシミシリスもとても驚いていていたのです。シシミシリスの顔は、急な変化を見せました。そしてまた、彼の視線は、ずっと、帯とハリクレアに向けられているのでした。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

エティオピア物語 第十巻 13-2

  Ο ίδιος ο Υδάσπης παρατήρησε την κατάπληξη και την αγωνία που την κατείχε και ≪ γυναίκα ≫, είπε, ≪ τί σου συμβαίνει; τί έπαθες μόλις σου έδειξαν αυτό το γράμμα; ≫ Κι εκείνη ≪ βασιλιά ≫, του απάντησε, ≪ αφέντη μου και άνδρα μου, άλλο τίποτε δεν μπορώ να σου πώ, παρά μόνο πάρε και διάβασε・ η ταινία αυτή θα σου φανερώσει τα πάντα ≫. Του την έδωσε και σώπασε σκυθρωπή.






 イダスピス王、本人は、女王の驚愕と女王の心を占めている煩悶に気付いたのです。そしてこう言ったのです。「妻よ、どうしたのだ? 彼等があの手紙を出して見せただけで、お前は何に苦しんでいるのだ?」 ペルシナ女王は王にこう答えました。「王様、ご主人様、私の夫。他に何もあなたに言うことは出来ません。それをお取りになってお読み下さい、と言うばかりです。その帯が、すべてをあなたに明らかにすることでしょう。」 そして、その帯を王に渡して、陰鬱な顔で、黙ったのです。 


追記、訂正: 
最後の σώπασε σκυθρωπή のところ、 
不機嫌になり、黙ったのです。 
→ 
陰鬱な顔で、黙ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

エティオピア物語 第十巻 13-1

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε από τη μέση της την ταινία που είχε εκτεθεί μαζί με κείνην, την ξεδίπλωσε και την παρουσίασε στην Περσίννα. Κι εκείνη, αμέσως μόλις την αντίκρισε, έμεινε άναυδη και, για ώρα πολλή, κοίταζε εμβρόντητη μιά την ταινία και μιά την κόρη. Έτρεμε όλη, η καρδιά της πήγαινε να σπάσει και την περίχυνε κρύος ιδρώτας : από τη μιά χαιρόταν που την ξανάβρισκε κι από την άλλη τα είχε χαμένα από το απίστευτο και το απροσδόκητο και φοβόταν τις υποψίες και τη δυσπιστία που θα έδειχνε ο Υδάσπης μετά την αποκάλυψη ή ακόμα και την οργή του και ίσως ίσως την τιμωρία.





τα έχω χαμένα : έχω σαστίσει





 そう言うと、ハリクレアは、お腹から、自分の帯を外したのです。帯は、ハリクレアと一緒に捨てられていたものなのです。それを拡げて、ペルシナ女王に差し出しました。ペルシナ女王はそれを向こうから眺めると、直ぐに、口がきけないままになったのです。そして、かなりの間、驚いた様子で、その帯とその娘を見詰めたのです。ペルシナは、全身が震えました。彼女の心臓は、割れてしまい、冷たい汗が彼女に降り掛かったのです。一方では、娘に再び会えたことを喜んでいたのです。他方では、信じられない、予期していなかったことに、戸惑っているのでした。そして、イダスピス王が、秘密が明かされた後に、見せるだろう疑惑と不信を恐れたのです。さらに、王の怒りとおそらくおそらくあるだろう罰を恐れたのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

エティオピア物語 第十巻 12-4

  Κάθε δίκη, βασιλιά μου, δυό μέγιστες αποδείξεις αναγνωρίζει, τα γραπτά πειστήρια και τις καταθέσεις των μαρτύρων・ και τα δυό θα σού τα παρουσιάσω για να αποδείξω ότι είμαι κόρη σου・ και ως μάρτυρα δεν θα καλέσω τον πρώτο τυχόντα, αλλά τον ίδιο το δικαστή ( γιατί η εγκυρότερη πιστοποίηση των λεγομένων είναι όσα ξέρει ο δικαστής ) και ως γραπτό πειστήριο προσάγω το γράμμα αυτό στο οποίο εκτίθεται η δική μου και η δική σας τύχη ≫.





 「王様。それぞれの裁判は、書かれた証拠と目撃者の証言と言う、二つの大きな証拠を認めるのです。わたしは、そのふたつを、あなたに提出しましょう。わたしがあなたの娘であることを、を明らかにする為にです。目撃者については、最初に偶然会った人を召還したりはしません、そうではなくて、裁判官その人を召還するつもりです。( 私が話したことについて、最も信頼出来る確証は、すべて、裁判官がご存知なのです。 ) 書かれた証拠としては、この手紙を提出します。そこには、わたし自身と、あなたの運命が暴露されているのです。」
posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

エティオピア物語 第十巻 12-3

  Πάρε τη λοιπόν από δώ και άς μη διανοηθεί πιά καμιά αναβολή της θυσίας ≫. ≪ Κανείς δεν θα με πάρει ≫, ανέκραξε η Χαρίκλεια, ≪ προτού το διατάξουν οι κριτές・ όσο για σένα, αυτή τη στιγμή υπόκεισαι σε δίκη, δεν είσαι δικαστής. Την ξενοκτονία, βασιλιά μου, ίσως την επιτρέπει ο νόμος, την παιδοκτονία όμως ούτε αυτός ούτε η φύση, πατέρα μου, δεν σου την επιτρέπει・ γιατί ― κι άς το αρνιέσαι ― σήμερα οι θεοί θα σε αναδείξουν πατέρα μου.




 「それでは、この娘をここから連れ去れ。生贄の延期がこれ以上にあると、この娘に考えさせるな。」 すると、ハリクレアは声を張り上げました。「裁判官たちが命じる前に、わたしを連れ去るのは、どなたでも、仕兼ねるでしょう。王様については、今この瞬間、裁判の席に座っているのです。あなたは、裁判官ではないのです。王様、法は、たぶん、外国人殺しは許すのでしょうね。けれども、お父様、法も、自然も、子殺しは、あなたに許しはしないのです。あなたは、それを否定されていますけれど、今日、神々は、あなたをわたしの父と指名するのだからです。」
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

エティオピア物語 第十巻 12-2

  Τότε πλέον ο βασιλιάς έδειξε όχι μόνο να αδιαφορεί για τα λεγόμενα, αλλά και να αγανακτεί・ και θεωρώντας το πράγμα χλεύη και προσβολή, ≪ Ώ Σισιμίθρη και όλοι οι άλλοι ≫, είπε, ≪ βλέπετε που οδηγεί η ανεξικακία; Πέστε μου, δεν είναι ολωσδιόλου τρελή αυτή η κόρη που, με παράτολμα ψέματα, επιχειρεί να σώσει τη ζωή της εμφανίζοντας επί σκηνής και εκ του μη όντας σαν από μηχανής την κόρη μου, εμένα που ποτέ, όπως ξέρετε, δεν ευτύχησα να γίνω πατέρας και μόνο μιά φορά απόχτησα μιά κόρη και, την ίδια στιγμή που έμαθα τη γέννηση, έμαθα και το χαμό της;




εκ του μη όντας : από το τίποτα, χωρίς να υπάρχει τίποτε





 すると、王は、話されたことに関心がないと言うだけでなくて、それ以上に、ひどく立腹していることを伺わせたのです。起こっていることは、 愚弄と異議申し立てだと考えたからです。こう言いました。「シシミシリス様、それに、他の方々。寛大さが何を導いたか、ご覧になりましたか? この娘は、どこも狂ってはいないのです。そう言って下さい。この娘は、途方もない嘘を言って、自分の命を救おうとしているのです。それで、舞台の上に、在りもしない私の娘を、まるで機械仕掛けの神の様に、登場させたのです。皆様もご存知の様に、私は、父になる幸運には恵まれなかったのです。一度だけ、娘を得ました。けれども、誕生を知った、その瞬間に、その娘の死去を知ったのです。」  

王の台詞は、疑問文になっているけれど、ただ、同意を求めている様に思うので、上の様に訳しました。
posted by kyotakaba at 15:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

エティオピア物語 第十巻 12-1

  Κι επειδή εκείνος απόρησε και είπα ότι λέει ψέματα, ≪ για τα μικρότερα ≫, του είπε, ≪ απορείς, ενώ τα μεγαλύτερα είναι άλλα・ γιατί δεν είμαι μόνο εντόπια αλλά και έχω την πρώτη και πιό στενή συγγένεια με το βασιλικό γένος ≫. Και επειδή και πάλι ο Υδάσπης είπε περιφρονητικά ότι αυτά είναι ανοησίες, ≪ πάψε ≫, του είπε, ≪ πατέρα μου, να εξευτελίζεις τη θυγατέρα σου ≫.





 王は、当惑して、この娘は嘘を言っている、と言ったのです。すると、ハリクレアは王にこう言ったのです。「まだ些細なことに、あなたは戸惑っておられます。でも、より重要なことが、別にあるのです。わたしは、ただ、地元の人間と言うだけではないのです。わたしは、王の一族と一番のとても緊密な関係があるのです。」 すると、イダスピス王は、再び、軽蔑した口調で、馬鹿馬鹿しいと言いました。そうすると、ハリクレアは、王にこう言ったのです。「お父様、あなたの娘を辱めるのは、止して下さい。」
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

エティオピア物語 第十巻 11-3

  Και υψώνοντας τα χέρια πρός τον ουρανό, φώναξε δυνατά για να ακουστεί από όλους ≪ Ήλιε ≫, λέγοντας, ≪ γενάρχη των προγόνων μου, και οι άλλοι θεοί και δαίμονες που ηγεμονεύετε στο γένος μας, άς είστε μάρτυρες ότι κανένα ψέμα δεν θα πώ και βοηθοί μου στην προκείμενη κρίση. Και αρχίζω την υποστήριξη του δίκιου μου ως εξής : ξένοι, βασιλιά μου, ή και ντόπιοι ορίζει ο νόμος να θυσιάζονται; ≫ Κι όταν εκείνος αποκρίθηκε ≪ ξένοι ≫, ≪ τότε ≫, του είπε, ≪ είναι καιρός να βρείς άλλους για τη θυσία・ γιατί θα διαπιστώσεις ότι εγώ κατάγομαι από εδώ και είμαι εντόπια ≫.




 両手を空に向けて高く上げて、誰もに聞こえる様に、力強く「太陽よ」と叫んだのです。そして、こう言いました。「わたしの祖先の始祖よ、そして、他の神々とわたしたち一族を支配する幽鬼たち、あなた方は、わたしがどんな嘘も言わないことの、証言者になって下さい、それに、これから起こる危機での、わたしの救い主になって下さい。では、これから、わたし自身の弁護を始めます。王様、法は、生贄になるのを、外国人に決めているのですか? それとも、地元人なのですか?」 イダスピス王が「外国人だ。」と答えると、ハリクレアは王にこう言ったのです。「では、今は、生贄に他の人を王様が探される時です。わたしはここの出身で、地元人だと言うことを、王様はお分かりになるでしょうから。」
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

エティオピア物語 第十巻 11-2

  Το πρόσωπό του δεν το θυμόταν ― ήταν παιδί επτά ετών όταν τον αποχωρίστηκε ―, αλλά καταχάρηκε ακούγοντας το όνομα με την ελπίδα ότι θα τον έχει συνεργό στην αναγνώριση.





 ハリクレアは、シシミシリスの顔は覚えていませんでした。― シシミシリスと別れた時には、七歳の子供だったのです。― けれども、その名前を聞くと、とても嬉しく感じたのです。自分の認定にシシミシリスも共に関わらせることが出来るだろう、と言う希望を抱いたからなのです。
posted by kyotakaba at 14:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

エティオピア物語 第十巻 11-1

  Η δε Χαρίκλεια, που ούτως η άλλως ήταν χαρούμενη για την αναμενόμενη απολύτρωση από τα δεινά της, χάρηκε ακόμα πιό πολύ σαν άκουσε το όνομα του Σισιμίυρη・ γιατί αυτός ήταν που αρχικά τη βρήκε έκθετη και την παρέδωσε στον Χαρικλή δέκα χρόνια πρίν, όταν είχε σταλεί στούς Καταδούπους ως πρέσβης πρός τον Οροονδάτη για την υπόθεση των μεταλλείων των σμαραγδιών ― τότε μεν ως ένας από τους Γυμνοσοφιστές και τώρα έχοντας αναδειχθεί πρόεδρός τους.





 一方、ハリクレアは、兎にも角にも、待ちに待った苦難からの解放に喜んでいたのですが、シシミシリスの名前を聞いて、もっと喜んだのです。彼こそが、元々、捨て子だったハリクレアを見つけたのです。そして、十年前、エメラルドの鉱山のことで大使としてオロンダティスに会う為にカタドウポスに送られた時に、彼女をハリクリスに引き渡したのでした。その時には、シシミシリスは裸形の賢者の一人だったのです。今では、賢者たちの議長に選び出されていたのです。
posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

エティオピア物語 第十巻 10-4

  ≪ Αλλά ο νόμος ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ σας ορίζει κριτές σε δίκες των βασιλέων με τους εντοπίους, όχι με τους ξένους ≫. Και ο Σισιμίθρης ≪ για τους συνετούς ≫, είπε ≪ η δικαιοσύνη δεν στηρίζει το κύρος της στα πρόσωπα, αλλά στο χαρακτήρα των διαδίκων ≫. ≪ Είναι φανερό ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ ότι δεν θα πεί τίποτε σημαντικό : όπως συμβαίνει με όλους όσοι βρίσκονται στην τελευταία τους ώρα, θα πεί μάταια ψέματα για να κερδίσει καιρό. Άς μιλήσει όμως, αφού το θέλει ο Σισιμίθρης ≫.





 イダスピス王は言いました。「しかし、法は、地元の人々と王たちとの裁判に於いて、貴方樣方を裁定者と決めているのであって、異国の人々との裁判に於いてではないでしょう。」 すると、シシミシリスが言いました。「慎重な裁判なのですから、公正さは、その権威を、訴訟当事者の顔を基にしているのではありません、当事者たちの性格に基づいているのです。」 イダスピス王が言いました。「この娘が、意味あることを言わないだろう事は、明白だ。最後の時にいる誰にも起こる事と同じ様に、この娘も、時間を稼ぐ為に、用も無い嘘を言うのだろう。けれども、シシミシリスが望むのだから、言わせてみよう。」
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

エティオピア物語 第十巻 10-3

  Και ο Σισμίθρης ≪ αυτά ≫, είπε, ≪ θα μας τα φανερώσει η ίδια ≫. ≪ Μήπως όμως ≫, ρώτησε ο Υδάσπης, ≪ άν γίνει δίκη ανάμεσα σε μένα, το βασιλιά, και την αιχμάλωτη, φανέι το πράγμα προσβολή μάλλον παρά δίκη; ≫ ≪ Η δικαιοσύνη ≫, απάντησε ο Σισιμίθρης, ≪ δεν λογαριάζει ποιός υπερέχει κοινωνικά・ στις δίκες ένας μόνο βασιλεύει : εκείνος που υπερέχει στις αποδείξεις ≫.





 すると、シシミシリスはこう言いました。「この娘、この娘そのものが、私たちに、それらのことを明かすでしょう。」 イダスピス王は尋ねました。「もし、王であるこの私と、捕虜の女との間に裁判があるとすれば、その出来事は、裁判と言うよりも、むしろ、異議申し立ての様に思えるのだが。」 「公正さと言うものは、どちらが社会的に上位かと言うことは斟酌しません。裁判に於いては、証拠に於いて勝れている者だけが、王位に就くのです。」とシシミシリスは答えました。
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

エティオピア物語 第十巻 10-2

  Στόν αγώνα μου για τη ζωή δεχτείτε να γίνετε κριτές・ γιατί θα μάθετε ότι ούτε δυνατό είναι ούτε δίκαιο να θυσιαστώ στους θεούς ≫. Κι εκείνοι δέχτηκαν με ευχαρίστηση την παράκληση και ≪ βασιλιά ≫, είπαν, ≪ ακούς την πρόκληση και την πρόταση της ξένης; ≫ Γέλασε τότε ο Υδάσπης και ≪ ποιά δίκη ≫, είπε, ≪ και για ποιό ζήτημα ανάμεσα σε μένα και σε κείνην; Ποιά πρόφαση ή ποιό δικαίωμα επικαλείται; ≫





 「わたしの人生の戦いの、判定者になる事をお引き受けになるのです。わたしが神々の生贄になる事は、ありそうもないし、正当でもない事を、賢者樣方は分かっていらっしゃる筈だからです。」 すると、賢者たちは、その依頼を喜んで引き受けました。そしてこう言ったのです。「王様、今の異国の女性の依頼をお聞きになりましたか?」 すると、イダスピス王は笑って、こう言いました。「どんな裁判なのですか? 私とこの娘の間にどんな問題があって、裁判なのですか? どんな口実、あるいは権利が、裁判の理由になるのですか?」
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

エティオピア物語 第十巻 10-1

  Και με τα λόγια αυτά σηκώθηκε μαζί με τους άλλους παρέδρους και ετοιμάστηκε να αποχωρήσει. Αλλά εκείνη τη στιγμή η Χαρίκλεια πήδηξε κάτω από την εσχάρα, κι έτρεξε να προσπέσει στα γόνατα του Σισμίθρη, ενώ οι υπηρέτες προσπαθούσαν να τη σταματήσουν νομίζοντας ότι με την ικεσία ήθελε να γλιτώσει τη ζωή της, και ≪ πάνσοφοι ≫, είπε, ≪ περιμένετε λίγο : πρόκειται να γίνει δίκη και κρίση ανάμεσα σε μένα και τους βασιλείς και έχω μάθει ότι μόνο εσείς μπορείτε να δικάζετε τόσο σπουδαίους διαδίκους.




 そう言うと、シシミシリスは、隣りに座っていた者たちと一緒に、立ち上がって、今にも、退出しようとしたのです。けれども、その瞬間、ハリクレアが、格子から下に飛び降りて、走り寄って、シシミシリスの膝に取り縋ったのです。その時、召使たちは、ハリクレアを制止しようとしました。召使たちは、ハリクレアが、嘆願して、自分の命を救ってもらおうとしているのだ、と考えていたからです。けれども、ハリクレアは、こう言ったのです。「全智の賢者樣方、少しお待ち下さいませ。これから、わたしと王樣方の間で、評定と裁決が行われる筈です。貴方樣方だけが、この様な高貴な当事者を裁くことが出来るのだと、わたしは、知っております。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする