2017年10月19日

エティオピア物語 第十巻 34-4

  Ήδη ο άνθρωπος αυτός πρέπει να είναι κοντά σου μαζί με τούς άλλους πρέσβεις・ οι τρόποι του δείχνουν την ευγενική καταγωγή του και η μορφή του αρκεί για να εμπνεύσει το σεβασμό. Εύτυχισμένο στείλ’ τον πίσω, βασιλιά μου, πατέρα όχι μόνο κατ’ όνομα αλλά και στην πραγματικότητα ≫.





 「この方は、他の大使たちと一緒に王のお近くに居られる事が当然の方です。この方の態度は、この方の高貴な生まれを示していますし、この方の容姿は、それだけで、畏敬の念を起こさせるのです。王様、少女をこの父親のところへ送り返して下されば、幸いです。ただ名前だけの父親ではなく、現実の父親なのです。」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

エティオピア物語 第十巻 34-3

  Μιά κόρη που οδηγούνταν σε μένα από τη Μέμφιδα βρέθηκε τυχαία μέσα στις περιπέτειες του πολέμου και έχω μάθει ότι, κατά δική σου διαταγή, έχει σταλεί στην Αιθιοπία・ μου το είπαν άνθρωποι που ήταν μαζί της και κατόρθωσαν τότε να διαφύγουν. Αυτήν λοιπόν την κόρη σε παρακαλώ να ελευθερώσεις και να μου τη χαρίσεις : κι εγώ ο ίδιος την επιθυμώ, αλλά κυρίως θέλω να την αποδώσω στον πατέρα της που γύρισε τον κόσμο όλο ψάχνοντας να τη βρεί・ ο πόλεμος τον βρήκε στο φρούριο της Ελεφαντίνης κι εκεί τον συνάντησα εγώ όταν αργότερα επιθεωρούσα τους επιζώντες και μου ζήτησε να τον στείλω σε σένα κάνοντας έκκληση στην ευσπλαχνία σου.




 「メンフィスから私の所へ連れて来られた一人の少女が、偶々、危険な戦争に遭遇したのですが、貴方ご自身の命令で、エティオピアに送られたと、私は知りました。少女と一緒に居て上手く逃れることが出来た者たちが、そう私に話したのです。それでなのですが、どうかその娘を自由にして、私に下賜下さいませ。私自身が、この少女がとても欲しいのです。とは言っても、私は、その少女を見つけようと世界中を探し回っている、少女の父親に戻してやりたいと、思っているのです。戦争で、彼は、エレファンディーニの要塞に居たのです。後になって、そこで、私は、生存者たちを調べていた時に、彼に会ったのです。彼は私に、貴方の憐情に訴えて彼を貴方の元に送る様に頼んで来たのです。」
posted by kyotakaba at 11:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

エティオピア物語 第十巻 34-2

  Το ξετύλιξε ο Υδάσπης και να τί διάβασε : ≪ Πρός τον φιλάνθρωπο και ευδαίμονα βασιλέα των Αιθιόπων Υδάσπη ο Οροονδάτης, σατράπης του Μεγάλου Βασιλιά. Εσύ που με νίκησες στη μάχη μα πιό πολύ με νίκησες με τη γενναιοδωρία σου παραχωρώντας μου αυθόρμητα ολόκληρη σατραπεία, δεν έχω την παραμικρή αμφιβολία ότι θα συγκατανεύσεις τώρα σε μιά μικρή παράκλησή μου.





 イダスピス王は、それを解き拡げて読みました。こう言う内容でした。「エティオピアの慈しみ深く幸福に満ちたイダスピス王へ、大王の太守、オロンダティスより。貴方様は、戦いに於いて私を打ち負かしました。けれども、それよりも、寛大さで私を打ち負かしたのです。私に太守の領地を全部私の自由にする事を認めて下さいました。その貴方に、私は、ほんの僅かの疑いも抱いておりません。私の小さな望みをきっと承知して下さるだろう、と思っております。」  


να τί διάβασε のところ、 
να は、イポタティキを繋げる接続詞ではなくて、小辞(「ほら!」等の) の να だと思う。 
何を読んだかと言うと、ほら、こうです、という様な表現なのだと。
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

エティオピア物語 第十巻 34-1

  Ο δε Υδάσπης ρώτησε τον Ερμωνία άν περιμένουν άλλοι πρέσβεις. Κι εκείνος απάντησε ≪ μόνο οι Συηναίοι, βασιλιά μου・ έφτασαν μόλις τώρα φέρνοντας γράμμα και δώρα από τον Οροονδάτη ≫. ≪ Άς έλθουν λοιπόν κι αυτοί ≫, είπε ο Υδάσπης, κι αμέσως παρουσιάστηκαν οι πρέσβεις και του έδωσαν το γράμμα.





 けれども、イダスピス王は、エルモニアスに他の大使たちが待っているかどうかを尋ねたのです。すると、エルモニアスは、こう答えました。「王様、シイニーの大使たちだけです。オロンダティスからの手紙と贈物を持って、今着いたばかりです。」 イダスピス王が「では、彼らに入って来させなさい。」と言うと、直ぐに、シイニーの大使たちが入って来て、手紙を王に渡しました。
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

エティオピア物語 第十巻 33-4

  Οδήγησαν λοιπόν τον Θεαγένη στο καθορισμένο μέρος・ όσο για τη Χαρίκλεια, που είχε αναπνεύσει κάπως βλέποντας τη νίκη του και είχε ελπίσει το καλύτερο, βλέποντάς τον να οδηγείται, πάλι στο βωμό, ξέσπασε σε θρήνο. Κι επειδή η Περσίννα προσπαθούσε να την παρηγορήσει λέγοντάς της ≪ ίσως θα μπορούσε να σωθεί ο νέος άν ήθελες να συμπληρώσεις την εξομολόγησή σου μιλώντας καθαρά ≫, πιεζόμενη από την περίσταση η Χαρίκλεια και βλέποντας ότι το πράγμα δεν σήκωνε αναβολή, προχώρησε στη διήγηση των πιό καίριων σημείων.





 そうして、メロイボスはテアゲニスを決められた場所に連れて行ったのです。一方、ハリクレアはです。どうにかテアゲニスの勝利を見ることが出来て、胸を撫で下ろしていたのですが、テアゲニスが再び祭壇に連れて行かれるのを見ると、わっと泣き出したのです。すると、ペルシナはハリクレアを慰めようとして、こう言ったのです。「もしかしたら、あの若者は助かるかもしれません。もし、あなたが、すべてを話して、あなたの告白を補いたいと思うのならですけれど。」 追いつめられたハリクレアは、犠牲祭の進行は引き伸されることはないのだと知って、最も重要な点についての話しに踏み込んだのです。
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

エティオピア物語 第十巻 33-3

  Μπήκε τότε στη μέση ο Μερόηβος και ≪ φίλε ≫, του είπε, ≪ τα θύματα δεν προφητεύουν ζωντανά : μετά τη σφαγή και την ανατομή, υποδεικνύουν με τα σπλάχνα τους τα μέλλοντα στους μάντεις・ ώστε είναι σωστό αυτό που είπες, πατέρα, ότι ο ξένος παραμιλάει ως μελλοθάνατος. Πρόσταξε λοιπόν να τον οδηγήσουν στο βωμό κι εσύ, αφού ρυθμίσεις οτιδήποτε υπολείπεται, τέλεσε τη θυσία ≫.





 そうすると、メロイボスが中に入って来て、テアゲニスに話し掛けました。「貴君、生け贄は、生きたままでは、予言はしないものだよ。屠殺と解体の後に、その内臓で、予言者に未来を仄めかすのですよ。お父様、この事を貴方は正しく言われました。一人の外国の人が、死に際に、うわ言を言うと仰ったのですから。それでは、この男を祭壇に連れて行く様にお命じ下さい。そして、王ご自身は、残っているものは全て調整して、犠牲祭を終えて下さい。」
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

エティオピア物語 第十巻 33-2

  ≪ Αυτά είναι ανοησίες ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όντως μελλοθάνατου λόγια. Η εσχάρα απέδειξε ότι η κόρη αυτή δεν έχει γνωρίσει γάμο ούτε έχει έλθει σε επαφή με άνδρα・ εκτός άν, άγνωστο πώς, έμαθες κάτι για τον Μερόηβο από δώ κι εκείνον θεωρείς άνδρα της・ αλλ’ αυτός δεν είναι ακόμα σύζυγος, μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει ≫. ≪ Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ και μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία ≫.




 イダスピス王はこう言いました。「お前の言うことは、まったく、死に際の馬鹿馬鹿しい戯言だ。格子は、この娘は結婚が何だか知ってもいないし、男と交渉したこともない、と証明したのだ。今此所で、メロイボスのことを何か知って、彼をハリクレアの夫だと考えたのだろう。それ以外には、知りようもない。けれどもだ、メロイボスは、まだ、夫ではないのだ。婚約者として、彼の名前を挙げただけだ。」 すると、テアゲニスはこう言いました。「決してそうはなりません。そう加えて下さい。それから、もし、私がハリクレアの気持を正しく読み取ったならば、貴方は、生贄に決められた男についての神託を信じなければなりません。」   


追記: 
πρόσθεσέ το κι αυτό の αυτό は、その次の文「μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία」をテアゲニスのイダスピス王への願いに加えると言うことか? 

Thomas Underdowne の翻訳をF. A. Wright と George Routledge が編集した英訳: 
‘This man is mad,’ Hydaspes cried, ‘and in truth giveth himself over to death. The fire declared that she was a maid unmarried who never had to do with a man: unless indeed you mean Meroebus here − I cannot tell how you should come by knowledge thereof − who is not yet her husband, although I have promised her to him.’ ‘You may add that he is not likely to be,’ said Theagenes, ‘if I know anything of Chariclea’s mind. And since I am a sacrifice it is only right to believe me when I prophecy.’ 
この英訳からだと、 
「μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει」に「Κι ούτε θα γίνει ποτέ」を加えるという文に思える。
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

エティオピア物語 第十巻 33-1

  Ταράχτηκε ο Υδάσπης από τα λόγια του που του ξανάφεραν στο νού την όμοια παράκληση της Χαρίκλειας, αλλά δεν θεώρησε τη στιγμή κατάλληλη για να εξιχνιάσει το μυστήριο. ≪ Ξένε ≫, του είπε μόνο, ≪ τα δυνατά σου επέτρεψα να ζητήσεις κι αυτά συγκατένευσα να σου δώσω・ παντρεμένη πρέπει να είναι η γυναίκα που θυσιάζει, όχι παρθένος・ ο νόμος έτσι ορίζει ≫. ≪ Αλλά κι αυτή έχει άνδρα ≫, του είπε ο Θεαγένης.





 テアゲニスのその言葉を聞いて、イダスピス王は狼狽しました。その言葉は、ハリクレアの似た様な懇願を思い出させたのです。けれども、王は、その時を、謎を解明するのに相応しいと時だとは思わなかったのです。ただこう言ったのです。「成る程、私はお前に頼み事をするのを許した、お前の願う物を与えることに私は同意した。よく聞きなさい。犠牲祭を行うのは既婚の女性でなければならないのだ。乙女ではないのだ。法はそう決めているのだ。」 すると、「けれど、彼女には夫がいる。」とテアゲニスは言ったのです。     



posted by kyotakaba at 17:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

エティオピア物語 第十巻 32-4

  Κι επειδή, όσο κι άν το θέλω, δεν μπορώ να σε σώσω από τα επικείμενα, θα εκπληρώσω οποιαδήποτε επιθυμία σου・ άν υπάρχει κάτι που μπορεί να σου δώσει ευχαρίστηση όσο είσαι ακόμα ζωντανός, ζήτησε μου το ≫. Λέγοντας αυτά και μην μπορώντας να κρύψει κάποιο δάκρυ, στεφάνωσε τον Θεαγένη με χρυσό στεφάνι στολισμένο με πολύτιμες πέτρες. Και ο Θεαγένης ≪ καλά λοιπόν, θα σου ζητήσω κάτι ≫ είπε, ≪ και δώσ’ το μου μιά και το υποσχέθηκες・ άν είναι απολύτως αδύνατο να αποφύγω τη θυσία, πρόσταξε να με σφάξει με το χέρι της η κόρη σου που μόλις ξαναβρήκες ≫.





 「その上に、私がそう望んだとしても、間近に差し迫ったことからお前を助けることは、私には出来ないのだ。それで、私は、お前の望むは何でも叶えてやろう。お前が生きている間に、お前を喜ばせる様な何かがあるのなら、私にそれを求めなさい。」 王はそう言いながらも、涙を隠すことは出来なかったのです。そして、テアゲニスに、高価な宝石で飾られた金の冠を被せました。すると、テアゲニスはこう言いました。「分かりました。貴方に一つのことを望みましょう。私にひとつの約束をして下さい。私が生贄になることを免れるのがどうしても出来ないのでしたら、今、貴方が再会されたばかりの貴方のご息女の手で私を屠る様に命じて下さい。」
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

エティオピア物語 第十巻 32-3

  Αναβόησε τότε το πλήθος ακόμα πιό δυνατά από πρίν κι ο ίδιος ο βασιλιάς δεν άντεξε να μη σηκωθεί από το θρόνο του και ≪ άχ ανάγκη ≫, είπε, ≪ τί άνδρα το έθιμο μου επιβάλλει να θυσιάσω! ≫ και συνάμα καλεί κοντά του τον Θεαγένη. ≪ Νέε μου ≫, του λέει, ≪ το έθιμο ορίζει να στεφανωθείς για τη θυσία・ δέξου όμως και τώρα τον στέφανο για την ένδοξη αυτή αλλ’ ανώφελη και εφήμερη νίκη σου.




 そうすると、群衆は、以前より増してもっと力強く叫んだのです。王自身も、我慢出来ずに席から立ち上がりました。そして、こう言いました。「ああ、困った。慣習が私に生贄になる様に押し付けたのは、何と言う人物だろう!」 それと同時に、テアゲニスを自分の近くに呼び寄せました。そして、彼にこう言いました。「若者よ、慣習では、お前は生贄になる為に冠を被ることに決まっている。けれども、今、お前の栄誉の冠を受け取りなさい。ただ、お前の勝利は一日限りで無意味なのだが。」     



αναβοώ : φωνάζω με δύναμη
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

エティオピア物語 第十巻 32-2

  μόλις και μετά βίας ζώνοντας με τα χέρια του τη χοντρή κοιλιά του Αιθίοπα, αρχίζει να τον σφυροκοπάει με τις φτέρνες του συνεχώς και μ’ όλη του τη δύναμη στα σφυρά και στους αστραγάλους ώσπου τον κάνει να χάσει την ισορροπία του και να γονατίσει・ ανεβαίνει τότε πάνω στα δυό του πόδια, σφηνώνει τα γόνατά του στους βουβώνες του, ξεριζώνει από το έδαφος τα χέρια πάνω στα οποία στηριζόταν ο Αιθίοπας για να μην ακουμπήσει καταγής το στέρνο του, του φέρνει τα μπράτσα πίσω από το κεφάλι του και, τραβώντας τα πρός τους ώμους και πρός τις κλείδες, τον αναγκάζει να ξαπλώσει με την κοιλιά καταγής.




 そうなるやいなや、両手をエティオピア人の太い腹に巻き付けて掴み、踵で続け様に激しく打ち始めたのです。両方の踝と足首に彼の力の全部を込めて打ったのです。そうして、エティオピア人に平衡感覚を失わせて跪かせたのです。そして、テアゲニスは、エティオピア人の両足に上がり、鼠蹊部に自分の膝を抉じ入れたのです。そして、エティオピア人が彼の胴が地面に着いてしまわない様に支えている両手を大地から打ち払ったのです。そして、腕を彼の頭の後ろに持って行ったのです。そうして、腕を、両肩の方に、鎖骨の方に引っ張ったのです。そして、エティオピア人に、地面に腹這いになる他ない様にしたのです。
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

エティオピア物語 第十巻 32-1

  Και ακριβώς τη στιγμή που ο Αιθίοπας, αποθρασυμένος από την ιδέα πώς είχε νικήσει, ορμούσε πάλι εναντίον του και είχε ήδη σηκώσει το χέρι έτοιμος να του καταφέρει το τρίτο χτύπημα, παραμερίζει ξαφνικά ο Θεαγένης σκυφτός αποφεύγοντας την επίθεση, πιάνει με το δεξιό του χέρι το αριστερό μπράτσο του αντιπάλου του και συνάμα το τραβάει πρός το έδαφος με την ίδια την ορμή του δικού του χτυπήματος που είχε καταφερθεί στο κενό・ αναδύεται ύστερα κάτω από τη μασχάλη του, σκαρφαλώνει πάνω στη ράχη του και,





 当にその瞬間、エティオピア人は、既に勝ったと言う思いで大胆になっていたので、もう一度、テアゲニスに飛び掛かったのです。もう手は挙げて、三撃目の攻撃が直ぐ出来る様にしていたのです。すると、突然に、テアゲニスは身を躱して、攻撃を避けたのです。そして、右手で相手の左腕を掴みました。それと同時に、まだ空中にあった攻撃の勢いを使って、相手を地面に向けて引っ張ったのです。すると、エティオピア人の腰から下は浮き上がり、背中より上に上がったのです。
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

エティオピア物語 第十巻 31-6

  Αμέσως λοιπόν, παρόλο που πολύ λίγο είχε κλονιστεί από το χτύπημα, προσποιήθηκε πόνο μεγαλύτερο από τον πραγματικό και άφησε εκτεθειμένο το άλλο μέρος του λαιμού του στα χτυπήματα του αντιπάλου. Κι όταν ο Αιθίοπας τον χτύπησε και πάλι, υποχώρησε ένα βήμα κάνοντας τάχα πώς ήταν έτοιμος να σωριαστεί καταγής.





 そうして、テアゲニスは、直ぐに、打撃からはほとんど衝撃は受けなかったのですが、実際よりもずっと大層に痛む様な振りをして、首の反対側を晒したままにしておいたのです。そして、エティオピア人がもう一度、彼を打ちつけると、一歩後ろに下がって、如何にも、地面にばったりと倒れそうにしたのです。
posted by kyotakaba at 11:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

エティオピア物語 第十巻 31-5

  Όσο για τον Θεαγένη, που από παιδί φοιτούσε στα γυμναστήρια και ήταν τέλεια εξασκημένος σε όλα τα τεχνάσματα της πάλης, ενός αγώνα που τελούνταν πρός τιμήν του Ερμή, είχε μάθει πώς έπρεπε να υποχωρεί στην αρχή δοκιμάζοντας τη δύναμη του ανταγωνιστή του και να μη ρίχνεται από την πρώτη στιγμή πάνω σ’ έναν αντίπαλο πελώριο σε όγκο και εξαγριωμένο σαν θηρίο, αλλά να καταπολεμά τη βάναυση σωματική ισχύ με γνώση και σοφία.





 一方のテアゲニスについてはです。彼は子供の時から身体訓練場に通っていました。レスリングの技術はその全部について、完璧に練習していたのです。ヘルメス神に捧げられる行われる試合についての技術は完璧に鍛錬を積んでいたのです。そうした彼は、戦いの最初では、退き下がらなければならないと言うことを学んでいたのです。そうして、自分の相手の力を試してみるのです。また、最初の瞬間に、獣のように獰猛に、体格の大きな相手に飛び掛かってはいけない、と言うことを学んでいたのです。そうではなく、知識と智慧を備えた身体的力で、無作法な相手を完全に打ち倒さなければならない、と学んでいたのです。  

posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

エティオピア物語 第十巻 31-4

  Ο Αιθίοπας τον κοίταζε με περιπαιχτικό χαμόγελο και, με ειρωνικά νεύματα, έδειχνε την περιφρόνησή του πρός τον αντίπαλο. Ξαφνικά, ρίχνεται καταπάνω του και, με χέρι βαρύ σαν ρόπαλο, τον χτυπάει στον αυχένα με τόση δύναμη, ώστε το χτύπημα ακούστηκε ώς πέρα ενώ ο ίδιος στάθηκε καμαρωτός με το ίδιο πάντα βλακώδες χαμόγελο.




 エティオピア人は、馬鹿にした笑いを浮かべて、テアゲニスを見詰めました。そして、見下した様な目配せをして、相手に対して軽蔑を与えたのです。突然、テアゲニスに飛び掛かったのです。混紡の様な重い手で、うなじを打ちました。あまりに強かったので、打った音が、威張って立っている彼の向こうまで聞こえたのです。いつもと同じ愚かしい笑いを浮かべていました。
posted by kyotakaba at 08:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

エティオピア物語 第十巻 31-3

  Και συνάμα, παίρνει σκόνη και πασπαλίζει τους ώμους και τα χέρια του που ήταν ακόμα ιδρωμένα από τη βοηλασία, τινάζεται για να φύγει όση σκόνη δεν είχε κολλήσει, προτείνει τα χέρια, στηρίζεται γερά στα δυό του πόδια, σφίγγει τούς μύς κάτω από τα γόνατα, κυρτώνει τους ώμους και το πάνω μέρος της ράχης, γέρνει λίγο μπροστά το κεφάλι, τεντώνει όλους τούς μύς του σώματός του και στέκει ακίνητος, πανέτοιμος για τις λαβές της πάλης.





 と、同時に、両肩と手の埃を振り落としたのです。手は、雄牛を制したのでまだ汗で濡れていました。くっついてない埃を、全部振って落したのです。そして、両手を差し伸べて、両足に力強く押し当てました。そして、膝の下の筋肉を握りしめたのです。また、両肩を背中の上で盛り上げました。すると、少し頭の前に迫り出しました。テアゲニスの身体の筋肉は、全部、張り切って、不動なのです。レスリングの組み合いの用意はすっかり出来ているのです。    


βοηλασία : a driving of oxen, cattle-lifting
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

エティオピア物語 第十巻 31-2

  Και ο Υδάσπης ≪ τί θέλεις και ανακατεύεις το όνομα της Χαρίκλεια; Ό,τι όμως και να θέλεις ― αυτό εσύ το ξέρεις ― , πρέπει να παλέψεις με τα χέρια και όχι με ξίφος : το έθιμο δεν επιτρέπει να χυθεί αίμα πρίν έλθει η ώρα της θυσίας ≫. Τότε ο Θεαγένης, καταλαβαίνοντας ότι ο Υδάσπης φοβόταν μήπως τον δεί να σκοτώνεται πρίν από τη θυσία, ≪ καλά κάνεις ≫, του είπε, ≪ που θέλεις να με κρατήσεις ζωντανό για τους θεούς・ εκείνοι θα φροντίσουν για μένα ≫.





 すると、イダスピス王はこう言いました。「ハリクレアの名前を言葉に混ぜるなど、お前は、どうしたいんだ? お前が望んでいるのが何にしても、これはお前も分かっていることだが、お前は、素手で格闘しなければならない。剣を使ってではないのだ。慣習では、犠牲祭の前に血を流すことを許してはいないのだ。」 そうすると、テアゲニスは、イダスピス王は犠牲祭の前に自分が殺されるのを見てしまうのではないかと心配しているのだと分かったので、こう言ったのです。「大丈夫です。貴方は、生贄の為に私を生かしておきたいのですね。神々は、私のことを気遣ってくれるでしょう。」
posted by kyotakaba at 12:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

エティオピア物語 第十巻 31-1

  Κι όταν ο αθλητής έφτασε κοντά στο βάθρο των συνέδρων, στράφηκε ο Υδάσπης προς τον Θεαγένη και ≪ ξένε ≫, του είπε ελληνικά, ≪ μ’ αυτόν πρέπει να μετρηθείς・ ο δήμος το απαιτεί ≫. ≪ Άς γίνει το θέλημα του ≫ αποκρίθηκε ο Θεαγένης. ≪ Αλλά τί λογής θα είναι ο αγώνας; ≫ ≪ Πάλη ≫, είπε ο Υδάσηπς. Κι εκείνος, ≪ και γιατί να μην αγωνιστούμε ένοπλοι, με το ξίφος, ώστε, με τη νίκη ή με το θάνατό μου, να συγκινήσω τη Χαρίκλεια που ώς τώρα αντέχει να μένει σιωπηλή μπροστά σε όσα με απειλούν και, κατά τα φαινόμενα, έχει χάσει κάθε ελπίδα; ≫





 健児が評議員たちの席の近くに着くと、イダスピス王は、テアゲニスの方を向きました。そして、彼にギリシャ語でこう言ったのです。「外国の人。君はこの者と競わなければならない。大衆が要求しているのだ。」 テアゲニスはこう答えました。「大衆の望みを叶えましょう。けれども、どんな種類の競技なのですか?」 イダスピス王はレスリングだ。」と言いました。すると、テアゲニスはこう言ったのです。「私たちが、剣など武器を持っては戦わない理由は、私が勝つか死ぬかして、ハリクレアの心を揺さぶるからなのですか? ハリクレアはもうどんな希望も失っています。様々な出来事に脅かされて、貴方の前で、私の前でさえ、今も我慢して黙っているのですけれど。」  



απειλούν は、動詞、三人称単数現在。主格は、τα φαινόμενα だと思う。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

エティオピア物語 第十巻 30-8

  Μπροστά στην τόση επιμονή τους, συγκατένευσε ο Υδάσπης και ο Αιθίοπας οδηγήθηκε στο κέντρο της σύναξης κοιτάζοντας γύρω του βλοσυρά και υπεροπτικά και βαδίζοντας αργά αργά, με τα χέρια ανοιχτά να χτυπούν απειλητικά μιά το έναν και μιά τον άλλον αγκώνα του.




 大衆のあまりもの頑迷さを前にして、イダスピス王は同意したのです。そして、一人のエティオピア人が会衆の真ん中に連れて来られました。彼は、自分の周囲をきついそして睥睨する様な眼差しで見回したのです。そして、ゆっくりゆっくりと歩き回ったのです。両手を広げて、威嚇する様に、片方の肘、それからもう片方の肘と打ち鳴らして見せたのです。
posted by kyotakaba at 08:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

エティオピア物語 第十巻 30-7

  Κι ενώ ο Υδάσπης ετοιμαζόταν να απευθύνει το λόγο στον Θεαγένη, ο δήμος, που με την πρώτη ματιά είχε συμπαθήσει τον νέο και ακόμα περισσότερο τον είχε θαυμάσει για τη δύναμή του, κυρίως όμως είχε νιώσει ταπεινωμένος από τον αθλητή του Μεροήβου, ξέσπασε σε ομόθυμες κραυγές : ≪ αυτός να παραβγεί με τον άνθρωπο του Μεροήβου! ≫ φώναζαν συνεχώς, ≪ αυτος που έλαβε τον ελέφαντα να μετρηθεί με κείνον που συνέλαβε τον ταύρο! ≫




 イダスピス王はテアゲニスに言葉を掛け様としていたのですが、大衆が一斉に叫び声を挙げたのです。大衆は、一目でテアゲニスに好感を抱いたのです。大衆は、彼を健児のメロイボスよりも劣ると考えていたのですが、それよりももっと彼を称賛したのです。大衆はこう叫んでいました。「このひとをあのメロイボスと競わせよう!」と叫んでいました、そして、続けてこう叫んだのです。「象を捕まえた男と雄牛を捕まえた男の優劣を競わせよう。」
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする