2017年06月28日

エティオピア物語 第十巻 22-6

  Κι αμέσως, κάθισε κοντά στη σκηνή πάνω σε ψηλό θρόνο και πρόσταξε να παρουσιαστούν μπροστά του οι πρεσβευτές και όποια δώρα έφερναν. Ο δε εντεταλμένος για την παρουσίασή τους Ερμωνίας τον ρώτησε άν έπρεπε να τους εισαγάγει όλους μαζί ή χωριστά, ανάλογα με το έθνος που αντιπροσωπεύει ο καθένας.





 そして直ぐに、天幕の近くの高い席に腰を掛けました。そして、大使たちに、自分の前へ出て来る様に、贈物を持ってくる様に命じたのでした。ところが、大使たちの謁見の代表に選ばれたエルモニアスが、自分たちは、全員が一度に一緒に中に入っていいのかどうか、あるいは、大使の誰もが代表している民族の方法に応じて、別々に入った方がいいのか、と王に尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

エティオピア物語 第十巻 22-5

  Όσο για μένα, αφού προστάξω να αναζητήσουν την κόρη που πρέπει να θυσιαστεί αντί για κείνην, θα δώσω ακρόαση στούς πρεσβευτές των άλλων εθνών και θα δεχτώ τα επινίκα δώρα τους ≫.





 「さて、それで、私自身は、この娘に代わって、生贄になるのに相応しい少女を捜す様に命じたのだから、後は、外国の大使の方々に謁見を許そう。大使の方々からの祝勝の贈物を受け取ろう。」
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

エティオピア物語 第十巻 22-4

  Πάρ’ τη λοιπόν, γυναίκα, στη σκηνή και προσπάθησε να την ηρεμήσεις είτε κάποιος θεός από αυτούς που έρχονται να παρασταθούν στις θυσίες την έχει ρίξει σ’ αυτό το παραμιλητό είτε έχει σαλέψει ο νούς της από τη μεγάλη χαρά για την ανέλπιστη καλοτυχία.





 「さあ、妻よ、この娘を天幕へ連れて行きなさい。この娘を静める様にするのです。生贄を助けに来た神々のお一方が、この娘を支離滅裂な状態に投げ落としたのか、予期しなかった幸運の為に、大きな喜びでこの娘の心は動揺しているのか、どちらかだろうから。」
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

エティオピア物語 第十巻 22-3

  και σαν της λέω ότι αυτό είναι αθέμιτο εφόσον μόνο μιά γυναίκα, και μάλιστα παντρεμένη, είναι προορισμένη από τον θείο νόμο να τελεί μιά τέτοια θυσία, δηλώνει πώς έχει σύζυγο ― το ποιόν δεν μας το λέει. Και ποιός τάχα μπορεί να είναι; Αυτός που η εσχάρα έδειξε ότι ούτε έχει ούτε απόχτησε ποτέ; Ή μήπως, μόνο στην περίπτωσή της, ψεύδεται το αδιάψευστο δοκιμαστήριο της αγνότητας που έχουν οι Αιθίοπες και, από κάποια εύνοια, της επέτρεψε να σταθεί επάνω του χωρίς να καεί, αναδεικνύοντάς την παρθένο χωρίς να είναι; Στ’ αλήθεια, μόνο αυτή μπορεί, από τη μιά στιγμή στην άλλη, να κατατάσσει το ίδιο πρόσωπο στους φίλους και στους εχθρούς και να επινοεί ανύπαρκτους συζύγους και αδελφούς.




 「そして、私が、神が定めた法により、結婚している女性は、生贄になるのには不当だ、とこの娘に言ったものですから、この娘は、夫がいると、言い出したのです。そんな続柄については、私たちには言っていなかったのです。一体、誰が夫に成り得るのでしょう? この若者は、あの格子が妻など得たこともない、と示したのではないですか? それとも、もしかしたら、この娘の場合だけ、エティオピア人が持っているこの間違えることのない純潔の検査器が嘘を言ったのでしょうか? そして、神の何方様かがこの娘をお気に入りされていて、この娘に、焼かれることもなく、この格子の上に立つことをお許しになったのでしょうか? そうでもないのに、処女だと称されたのでしょうか? 本当の所、この娘だけが、その時その時で、一人の人間を仲間にし敵にすることが出来るのです。いもしない夫や兄を捏ち上げることが出来るのです。」  
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

エティオピア物語 第十巻 22-2

  Αλλόκοτα μιλάει και είναι φανερό ότι έχει σαλέψει ο νούς της : έναν ξένο ονομάζει αδελφό της και, στην ερώτηση ποιός είναι ― όποιος και να ‘ναι ― ο ξένος, απαντάει πώς δεν τον ξέρει・ κι αυτόν τον άγνωστο, σαν να ήταν πρόσωπο αγαπητό, πασχίζει να τον σώσει・ και όταν μαθαίνει πώς αυτό που ζητάει είναι αδύνατο, ικετεύει να τον σφάξει η ίδια σαν να ήταν ο μεγαλύτερος εχθρός της・




 「この娘はおかしなことを話すのです。この娘の心が動揺していたことは明らかです。一人の外国の男を自分の兄だと言い、次には、この男は誰なのだと問うた時には、知らない外国人だと答え、その見も知らない男を、愛している人物であるかの様に言い、彼の命を助けようと懸命になっていたのです。そして今度は、自分が求めたことが出来そうもないと知ると、まるで、その男がこの娘の最大の仇でもあるかの様に、自分自身にその男を殺させてくれと嘆願するのです。」
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

エティオピア物語 第十巻 22-1

  Κι ενώ ήταν έτοιμη να τα φανερώσει όλα ( ο άμεσος κίνδυνος που, μπροστά στα μάτια της, απειλούσε τον Θεαγένη την ανάγκαζε να μιλήσει κατεπειγόντως παραβλέποντας την παρθενική αιδημοσύνη ), δεν μπόρεσε ν’ αντέξει άλλο ο Υδάσπης και ≪ ώ θεοί ≫, είπε, ≪ πώς σας αρέσει να αναμειγνύετε τα κακά με τα καλά! Ανέλπιστη ευτυχία μου χαρίσατε κι αυτήν εν μέρει μου τη στερείτε・ μου δώσατε μιά κόρη που δεν πρόσμενα να βρώ κι αυτή μου φαίνεται πώς είναι τρελή.



εν μέρει : κατά ένα μόνο μέρος και όχι συνολικά, μερικώς, λίγο, λιγάκι,





 ハリクレアは、すべてを明らかにするつもりだったのです。( 彼女の目の前で、今にもテアゲニスに降り掛かろうとしている、差し迫った危機が、ハリクレアに、処女のはにかみを顧みず、直ぐ様に、話す様に強いたのでした。 ) ところが、イダスピス王は我慢が出来なかったのです。そして、こう言いました。「ああ、神々。貴方方は、なんと、幸と不幸を混ぜるのがお好きなことでしょう! 思いもしなかった幸運を私に給わって下さる。そして、その幸福の幾分かを奪い去ってしまわれるのです。貴方方、神々は、私に娘を下さいました。会えるだろうと期待もしていなかった娘です。ところが、この娘は、私には、狂っている様に見えるのです。」   

posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

エティオピア物語 第十巻 21-3

  ≪ Αλλά αυτό δεν αποτελεί εμπόδιο ≫, είπε η Χαρίκλεια σιγανά σκύβοντας στο αυτί της Περσίννας・ ≪ γιατί υπάρχει εκείνος που μπορεί να μου δώσει τον τίτλο της συζύγου άν και σείς το θελήσετε ≫. ≪ Θα το θελήσουμε ≫, είπε η Περσίννα χαμογελώντας, ≪ και αμέσως κιόλας, άν θέλουν οι θεοί, θα σε δώσουμε σ’ αυτόν αφού διαλέξουμε τον άξιό σου και άξιό μας ≫. Και η Χαρίκλεια δυνατά ≪ καμιά ανάγκη ≫, είπε, ≪ να τον διαλέξετε : υπάρχει ήδη ≫.





 ハリクレアは、屈み込んで、ペルシナ女王の耳に小声でこう言いました。「でも、それは妨げになりません。もしあなた方がそれを望むのでしたら、わたしに妻の肩書きを与えてくれる人がいるのですから。」 すると、ペルシナ女王は、微笑みながらこう言いました。「わたしたちは、それを望みますよ。神々がお望みならば、今直ぐにでも。あなたに相応しい、そして、わたしたちに相応しい人を選んで、その人に、あなたを嫁がせましょう。」 すると、ハリクレアは力強くこう言ったのです。「選ぶ必要はまるでありません。もう居ます。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

エティオピア物語 第十巻 21-2

  Αλλά και τίποτε μεγαλόπρεπο ούτε τιμητικό δεν βλέπω να έχει η πράξη αυτή, τουλάχιστον για ένα κορίτσι της ηλικίας σου. Κι έτσι όμως να ήταν, δεν είναι δυνατό να γίνει : μόνο οι ιερείς και οι ιέρειες του Ήλιου και της Σελήνης είναι προορισμένοι από το πατροπαράδοτο έθιμο να τελούν την πράξη αυτή ― και μάλιστα όχι οι τυχόντες, αλλά οι παντρεμένοι・ ώστε η παρθενία σου εμποδίζει την εκπλήρωση του ακατανόητου αιτήματός σου ≫.





 「けれども、少なくてもお前の様な年齢の少女がその様な行為をしても、少しの威厳も価値も、私は認めはしないのだ。また、少女であれば、生贄を殺す実行者には成り得ないのだ。太陽の司祭と月の巫女だけが、伝統的な慣習に依り、その行為者に決まっているのだ。それは、誰でも良いと言うものではない、既婚者だけが司祭、巫女になるのだ。それだから、お前の純潔が、お前の理解し難い要求の実行を出来なくさせているのだよ。」
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

エティオピア物語 第十巻 21-1

  Αναστατωμένος απ’ όλ’ αυτά ο Υδάσπης, ≪ δεν καταλαβαίνω ≫, είπε, ≪ πώς ξαφνικά άλλαξες γνώμη : μόλις πρίν πάσχιζες να σώσεις τον ξένο και τώρα παρακαλείς να τον σκοτώσεις σαν εχθρό σου με το χέρι σου.





 その言葉に狼狽したイダスピス王はこう言いました。「お前が突然に意見を変えたことが、私は理解出来ないよ。直前まで、お前はその外国人を助命しようと一所懸命だった。ところが今は、まるでその外国人がお前の仇でもあるかの様に、自分の手で殺させて欲しいと願っているとは。」
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

エティオピア物語 第十巻 20-2

  ≪ Βασιλιά μου ≫, είπε τότε η Χαρίκλεια, ≪ γιατί δεν μπορώ πιά να σε αποκαλώ πατέρα, άν με τη χάρη των θεών έχει σωθεί το σώμα μου, η ίδια χάρη θα έπρεπε να σώσει και την ψυχή μου, εκείνη την αληθινή ψυχή που οι ίδιοι οι θεοί ξέρουν ότι μου έχουν προορίσει. Άν όμως δεν είναι αυτή η θέληση της μοίρας, άν χρειαστεί οπωσδήποτε να τιμηθούν τα θειά με τη σφαγή του ξένου, μιά μόνο χάρη στέρξε να μου κάμεις : πρόσταξε εμένα να τον σφάξω με το χέρι μου και σαν κειμήλιο παίρνοντας το ξίφος, να γίνω με το θάρρος μου ξακουστή ανάμεσα στους Αιθίοπες ≫.





 すると、ハリクレアはこう言いました。「王様。もう、あなたをお父様とは呼べませんから、そう呼びます。神々のお慈悲がわたしの身体を救って下さったとすれば、当にそのお慈悲が、わたしの魂も救って下さる筈でしょう。誠実に言えば、神々ご自身は、わたしにどう運命付けたかはご存知なのです。けれども、もし、それが運命の意志ではないとすれば、もし、いずれにしても、外国人を殺して神々を讃える必要があるとすれば、もう一度のお慈悲で、王様、ご同意下さい、わたしにこうお命じ下さい。先祖伝来の剣をとって、わたしの手でこの男を殺す様に、お命じ下さい。そうして、エティオピアの人々の間で、わたしが勇猛果敢と広く知れ渡る様にさせて下さい。」 



追記、訂正: 
κειμήλιο παίρνοντας το ξίφος のところ、
伝来→先祖伝来
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

エティオピア物語 第十巻 20-1

  Στα λόγια της αυτά ο Υδάσπης, που ακόμα δεν είχε καταλάβει την πραγματική κατάσταση, ≪ σε επαινώ ≫, της είπε, ≪ για τη φιλανθρωπία σου, κόρη μου・ είναι καλοσύνη σου να ευσπλαχνίζεσαι και να επινοείς τρόπους για να σώσεις έναν ξένο και Έλληνα συναιχμάλωτο που κέρδισε τη φιλία σου στο διάστημα της εξορίας σου, αλλά δεν γίνεται να εξαιρεθεί από τη θυσία・ εξάλλου δεν είναι καθόλου ευσεβές να παραβούμε ολωσδιόλου το έθιμο της επινίκιας ιερουργίας αλλά ούτε και ο δήμος θα το ανεχόταν・ μόλις και μετά βίας και με τη χάρη των θεών επέτρεψε να εξαιρεθείς εσύ ≫.




 そのハリクレアの言葉にも、イダスピス王は、本当の事情をまだ理解出来ていませんでした。そして、ハリクレアにこう言ったのです。「娘よ、お前のその博愛のことで、私はお前を褒めよう。一人の外国人、一緒に捕えられたギリシャ人に同情して、その者を助けようと何か方法を考え出そうとするのは、お前の優しさだね。その男は、お前が国外を放浪している間に、お前の友情を得たのだろう。だけれども、この男が生贄になることを免れると言うことにはならないのだ。それに、勝利の祭典の習慣を全く破ると言うのは、僅かの敬虔さもないと言うことだ。市民もそれを容認はしないだろう。神々の御陰で、やっとのことで、市民は、お前が免れることを許したのだよ。」
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

エティオピア物語 第十巻 19-2

  Άν παρ’ όλ’ αυτά επέμενε κανείς να θυσιαστεί ζευγάρι, ένας από κάθε φύλο, δεν πρέπει να αναζητήσεις μόνο άλλη κόρη, αλλά και άλλον νέο・ και άν δεν το κάμεις εμένα και όχι άλλη πρέπει να θυσιάσεις ≫. Και όταν εκείνος ≪ μην ξεστομίζεις τέτοιο λόγο ≫ της είπε και τη ρώτησε γιατί το λέει αυτό, ≪ διότι ≫, του απάντησε, ≪ οι θεοί έχουν ορίσει να ζήσω μ’ αυτόν τον άνδρα και να πεθάνω μαζί του ≫.





 「もし、誰かが、一対の男女を生贄にすると言い張っているのにも拘らず、一対の男だけになったのならば、あなたは違う少女だけを探すべきではなくて、違う若者も探すべきなのです。あなたがわたしを生贄にしないのならば、対の片方のこの若者も生贄にしてはなりません。」 そして、王がハリクレアに「その様な言葉を発してならない。」と言い何故そういうのかと尋ねると、こう答えたのでした。「その理由はです。神々は、わたしに、この男と共に生きて、この男と共に死ぬ様に、お命じになっているからです。」
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

エティオピア物語 第十巻 19-1

  Η Χαρίκλεια λίγο έλειψε να ουρλιάξει, τόσο αγρίεψε με τη δήλωση της σφαγής του Θεαγένη・ με κόπο μεγάλο συγκράτησε την τρελή αγωνία της και, πιέζοντας τον εαυτό της να δείξει καρτερία, ακόμα μιά φορά συγκάλυψε το σκοπό της και, ≪ αφέντη μου ≫, είπε, ≪ ίσως ούτε κόρη χρειάζεται να αναζητήσεις εφόσον ο δήμος, σώζοντας εμένα, έχει ήδη επιτρέψει να μην προσφερθεί γυναίκα ως θύμα.





 ハリクレアは、テアゲニスを殺すと公言されたことで、激昂しました。それで、もう少しで、声を張り上げるところだったのです。やっとのことで、激しい苦しみを我慢しました。そして、自分自身に、辛抱強さを示して見せ得る様に強いると、自分の目的を、もう一度、隠したのです。それから、こう言いました。「お父様、おそらく、わたしを救ってくれた大衆が、生贄として女性を差し出さないことを許して下さっている限り、王様は少女を捜す必要はないでしょう。」
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

エティオピア物語 第十巻 18-3

  Και ο Υδάσπης, που δεν κατάλαβε το νόημα των λόγων της, ≪ κορούλα μου ≫, είπε, ≪ συγχώρεσέ με που σε έκαμα να κοκκινίσεις με την ανοίκεια ερώτησή μου για έναν νεαρό. Εσύ πήγαινε τώρα στη σκηνή μαζί με τη μητέρα σου και άφησέ τη να σε απολαύσει・ με την παρουσία σου και με τη διήγηση των περιπετειών σου, θα της δώσεις μεγαλύτερη χαρά από τους πόνους που πέρασε για να σε γεννήσει. Όσο για μένα, θα φροντίσω για τη θυσία κάνοντας πάν το δυνατόν μήπως και βρώ καμιά αντάξια σου για να σφαγιαστεί μαζί με τον νεαρό ≫.





 イダスピス王は、ハリクレアの言ったことの意味が分からなかったものだから、こう言ったのです。「私の可愛い娘よ、私がした若者に関する厚かましい質問でお前を赤面させてしまった、この私を勘弁してお呉れ。さあ、お前の母さんと一緒に、舞台へ行きなさい。母さんにはお前を喜ぶままにさせておきなさい。お前がそこに居ると言うこと自体と、お前の波瀾に満ちた話しが、母さんに、お前を産む為に受けた苦しみよりも、ずっと大きな喜びを与えるだろうからね。私はと言えば、生贄について何とかしなければならないのだ。出来る限りのことをすれば、おそらく、この若者と一緒に殺される、お前の代わりを見つけられるだろう。」
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

エティオピア物語 第十巻 18-2

  Πώς τον αποκάλεσες αδελφό σου στη Συήνη, όταν για πρώτη φορά σας έφεραν σε μένα; Γιατί βέβαια δεν θα αποδειχτεί κι εκείνος γιός μου・ ένα παιδί γέννησε η Περσίννα : εσένα και μόνο ≫. Κοκκίνισε η Χαρίκλεια και, ≪ ψέματα είπα ≫, απάντησε με σκυμμένο το κεφάλι, ≪ όταν τον αποκάλεσα αδελφό μου : η ανάγκη έπλασε αυτή την ιστορία・ όσο για το ποιός είναι, μπορεί καλύτερα να σας το πεί ο ίδιος・ είναι άνδρας και έχει το θάρρος να σας το δηλώσει χωρίς να ντραπεί σαν εμένα που είμαι γυναίκα ≫.





 「最初にお前たちが私の下に連れて来られた時、シイニーでは、お前は、どう言う訳で、この男を兄と呼んでいたのだ? この男がわたしの息子ではないと分かるだろうことは、確かだからだ。ペルシナは一人の子供を産んだのだ。お前だ、それだけだ。」 ハリクレアは赤くなりました。そして頭を下げて、答えました。「嘘を言いました。わたしがこの方を兄と呼んだ時には、話しを作り上げる必要があったのです。誰かと言うことについては、本人があなた様たちに言う方が、きっと良いと思います。この方は一人前の男です。女であるわたしの様に恥ずかしがることもなく、あなた様たちに自分が何者かを申し出る勇気をお持ちです。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

エティオピア物語 第十巻 18-1

  Και καθώς βρισκόταν κοντά στη Χαρίκλεια, ≪ πολυαγαπημένη ≫, της είπε, ≪ ότι εσύ είσαι κόρη μου, και τα γνωρίσματα το έδειξαν και ο σοφός Σισιμίθρης το επιβεβαίωσε και πάνω απ’ όλα το ανέδειξε η ευμένεια τών θεών・ ποιός όμως είναι αυτός εδώ που αιχμαλωτίστηκε μαζί σου και φυλάχτηκε για τις επινίκιες τελετές και τώρα στέκει πλάι στο βωμό έτοιμος για θυσία;





 そして、ハリクレアの側に立つと、こう言ったのです。「最愛のお前。お前は私の娘だ。多くの印しがそう証明している。それに、賢者シシミシリスがそれを裏付けている。何よりも、神々のご同情が、それを明らかにしたのだ。けれども、お前と一緒に捉えられ、勝利の儀式の為に生かしたままにされていて、生贄の用意をして祭壇の側に立っている、この男は誰なのだ?」
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

エティオピア物語 第十巻 17-3

  Και ο Υδάσπης πρόθυμα και με ευχαρίστηση δέχτηκε την ήττα υπομένοντας αυτοπροαίρετα την περιπόθητη βία και, βλέποντας τα πλήθη να συνεχίζουν ασταμάτητα τους αλαλαγμούς και όλο και πιό προκλητικά να επεμβαίνουν επευφημώντας, άφησε τη χαρά να γεμίσει την ψυχή του και περίμενε να κατασιγάσει η ταραχή από μόνη της.





 イダスピス王は、喜んで、こころよく敗北を受け容れたのです。自ら望んで、愛すべき騒動に耐えていたのです。そして、大衆が止まることのない叫びを上げ続けるのを、それも、段々と、拍手をしながら挑発的に割り込んで来るのを見ていたのです。そして、喜びが自分の魂を満たしていくままにしておいたのです。そうして、騒動がひとりでに静まるのを待ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

エティオピア物語 第十巻 17-2

  Εμείς σε έχουμε αναγνωρίσει ως βασιλιά μας・ αναγνώρισε και συ τον εαυτό σου ως πατέρα. Είθε να συγχωρήσουν οι θεοί τη φαινομενική παρανομία. Περισσότερο θα παρανομήσουμε άν αντισταθούμε στο θέλημά τους・ κανείς άς μη θανατώσει την κόρη που εκείνοι έχουν σώσει. Εσύ, ο πατέρας του δήμου, γίνε πατέρας και στην οικογένειά σου ≫. Και φωνάζοντας τέτοια και άλλα παρόμοια, προσπαθούσαν και έμπρακτα να εμποδίσουν τη θυσία μπαίνοντας μπροστά στον Υδάσπη και εμποδίζοντάς τον να προχωρήσει και ζητώντας να εξευμενιστούν οι θεοί με άλλων θυσίες.





 「私たちは、貴方を私たちの王だと認めています。貴方自身は、自分を父だと認めています。どうか、神々が、うわべだけの違法をお許し下さいます様に。何よりも、私たちが神々の意思に反していると誤解しているのではないでしょうか。神々が命を助けて来たこの娘を、誰も殺さないでおきましょう。王様、国の父である貴方、どうか、貴方の家族の父となって下さい。」 そうして、民衆は、似た様なことを叫びながら、イダスピス王の前に割って入って、出来るだけ、生贄の儀式を妨害しようとしたのです。王が進むのを邪魔したのです。そして、神々が他の生贄で怒りを鎮めて下さる様にお願いしたのです。   




posted by kyotakaba at 08:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

エティオピア物語 第十巻 17-1

  Και με τα λόγια αυτά έπιασε τη Χαρίκλεια κάνοντας πώς θα την οδηγούσε στο βωμό και στη φωτιά που έκαιγε σ‘ αυτόν, αλλά πιό πολύ καιγόταν ο ίδιος από πόνο και ευχόταν να μην είσακουστούν τα απατηλά του λόγια. Και το πλήθος των Αιθιόπων, συγκλονισμένο από το λόγο του, ούτε στιγμή δεν άντεξε να βλέπει τη Χαρίκλεια έτοιμη για θυσία και όλοι μαζί ανέκραξαν ≪ σώσε την κόρη, σώσε το βασιλικό αίμα, σώσε εκείνην που έχουν σώσει οι θεοί・ σ‘ το συγχωρούμε・ το έθιμο έχει τελεστεί.




 そう言うと、イダスピス王は、ハリクレアの手を取ったのです。そうして、ハリクレアを導こうとしたのです、祭壇へ、炎へと。その炎は、王に焼きつく様でした。けれども、王自身は、苦悩で焼かれ苦しんでいるのでした。そして、自分の真心からではない言葉を、神々が聞き入れない様に祈るのでした。一方、エティオピアの民衆は、王の言葉に動揺していたのですが、一瞬でも、生贄の支度をしたハリクレアを見ることに耐えられなかったのです。全員が、一緒に、こう叫んだのです。「その娘を救え、王家の血筋を救え、神々が助けて来たその娘を救え。王よ、私たちは、貴方がそうするのを許す。しきたりは、もう既に、成されているのです。」
posted by kyotakaba at 15:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

エティオピア物語 第十巻 16-10

  ακολούθησε τον πατέρα σου που δεν ήταν γραφτό να σε νυφοστολίσει ούτε να σε οδηγήσει σε γαμήλια παστάδα και θαλάμους, αλλά σε ετοιμάζει για θυσία και, αντί για λαμπάδες του γάμου, τις λαμπάδες της θυσίας ανάβει και αυτά τα ανθισμένα σου νιάτα οδηγεί στο βωμο. Και σείς θεοί, συγχωρήσε με άν ο πόνος με νίκησε και ξεστόμισα λόγο ανόσιο, εγώ που για πρώτη φορά είπα τη λέξη “ παιδί μου“ και την ίδια στιγμή το θανάτωσα ≫.




νυφοστολίζω : ντύνω και στολίζω νύφη

イダスピス王の台詞の中のここの文章では、イダスピス王が自分のことを、「お前の父」と呼び、その行為を、一人称ではなく、三人称単数で述べている。   




 「お前の父に追いて来なさい。この父は、花嫁に花嫁衣装を着せることを運命付けられてはいないのだ。それに、お前を新婚の家、寝屋に案内することもない。そうではなくて、私は、お前に生贄の用意をさせるのだ。婚礼の松明の代わりに、生贄の松明に火を点けるのだ。お前の今が花盛りの若さを祭壇へと引き連れて行くのだ。それから、神々の皆様、もし、苦悩が私を打ち負かして、私が涜神的な言葉を発しても、どうかお許し下さい。この私は、「我が子」と言う言葉を初めて喋ったのです。その同じ瞬間に、その「我が子」を殺すのです。」 
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする