2017年09月26日

エティオピア物語 第十巻 31-2

  Και ο Υδάσπης ≪ τί θέλεις και ανακατεύεις το όνομα της Χαρίκλεια; Ό,τι όμως και να θέλεις ― αυτό εσύ το ξέρεις ― , πρέπει να παλέψεις με τα χέρια και όχι με ξίφος : το έθιμο δεν επιτρέπει να χυθεί αίμα πρίν έλθει η ώρα της θυσίας ≫. Τότε ο Θεαγένης, καταλαβαίνοντας ότι ο Υδάσπης φοβόταν μήπως τον δεί να σκοτώνεται πρίν από τη θυσία, ≪ καλά κάνεις ≫, του είπε, ≪ που θέλεις να με κρατήσεις ζωντανό για τους θεούς・ εκείνοι θα φροντίσουν για μένα ≫.





 すると、イダスピス王はこう言いました。「ハリクレアの名前を言葉に混ぜるなど、お前は、どうしたいんだ? お前が望んでいるのが何にしても、これはお前も分かっていることだが、お前は、素手で格闘しなければならない。剣を使ってではないのだ。慣習では、犠牲祭の前に血を流すことを許してはいないのだ。」 そうすると、テアゲニスは、イダスピス王は犠牲祭の前に自分が殺されるのを見てしまうのではないかと心配しているのだと分かったので、こう言ったのです。「大丈夫です。貴方は、生贄の為に私を生かしておきたいのですね。神々は、私のことを気遣ってくれるでしょう。」
posted by kyotakaba at 12:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

エティオピア物語 第十巻 31-1

  Κι όταν ο αθλητής έφτασε κοντά στο βάθρο των συνέδρων, στράφηκε ο Υδάσπης προς τον Θεαγένη και ≪ ξένε ≫, του είπε ελληνικά, ≪ μ’ αυτόν πρέπει να μετρηθείς・ ο δήμος το απαιτεί ≫. ≪ Άς γίνει το θέλημα του ≫ αποκρίθηκε ο Θεαγένης. ≪ Αλλά τί λογής θα είναι ο αγώνας; ≫ ≪ Πάλη ≫, είπε ο Υδάσηπς. Κι εκείνος, ≪ και γιατί να μην αγωνιστούμε ένοπλοι, με το ξίφος, ώστε, με τη νίκη ή με το θάνατό μου, να συγκινήσω τη Χαρίκλεια που ώς τώρα αντέχει να μένει σιωπηλή μπροστά σε όσα με απειλούν και, κατά τα φαινόμενα, έχει χάσει κάθε ελπίδα; ≫





 健児が評議員たちの席の近くに着くと、イダスピス王は、テアゲニスの方を向きました。そして、彼にギリシャ語でこう言ったのです。「外国の人。君はこの者と競わなければならない。大衆が要求しているのだ。」 テアゲニスはこう答えました。「大衆の望みを叶えましょう。けれども、どんな種類の競技なのですか?」 イダスピス王はレスリングだ。」と言いました。すると、テアゲニスはこう言ったのです。「私たちが、剣など武器を持っては戦わない理由は、私が勝つか死ぬかして、ハリクレアの心を揺さぶるからなのですか? ハリクレアはもうどんな希望も失っています。様々な出来事に脅かされて、貴方の前で、私の前でさえ、今も我慢して黙っているのですけれど。」  



απειλούν は、動詞、三人称単数現在。主格は、τα φαινόμενα だと思う。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

エティオピア物語 第十巻 30-8

  Μπροστά στην τόση επιμονή τους, συγκατένευσε ο Υδάσπης και ο Αιθίοπας οδηγήθηκε στο κέντρο της σύναξης κοιτάζοντας γύρω του βλοσυρά και υπεροπτικά και βαδίζοντας αργά αργά, με τα χέρια ανοιχτά να χτυπούν απειλητικά μιά το έναν και μιά τον άλλον αγκώνα του.




 大衆のあまりもの頑迷さを前にして、イダスピス王は同意したのです。そして、一人のエティオピア人が会衆の真ん中に連れて来られました。彼は、自分の周囲をきついそして睥睨する様な眼差しで見回したのです。そして、ゆっくりゆっくりと歩き回ったのです。両手を広げて、威嚇する様に、片方の肘、それからもう片方の肘と打ち鳴らして見せたのです。
posted by kyotakaba at 08:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

エティオピア物語 第十巻 30-7

  Κι ενώ ο Υδάσπης ετοιμαζόταν να απευθύνει το λόγο στον Θεαγένη, ο δήμος, που με την πρώτη ματιά είχε συμπαθήσει τον νέο και ακόμα περισσότερο τον είχε θαυμάσει για τη δύναμή του, κυρίως όμως είχε νιώσει ταπεινωμένος από τον αθλητή του Μεροήβου, ξέσπασε σε ομόθυμες κραυγές : ≪ αυτός να παραβγεί με τον άνθρωπο του Μεροήβου! ≫ φώναζαν συνεχώς, ≪ αυτος που έλαβε τον ελέφαντα να μετρηθεί με κείνον που συνέλαβε τον ταύρο! ≫




 イダスピス王はテアゲニスに言葉を掛け様としていたのですが、大衆が一斉に叫び声を挙げたのです。大衆は、一目でテアゲニスに好感を抱いたのです。大衆は、彼を健児のメロイボスよりも劣ると考えていたのですが、それよりももっと彼を称賛したのです。大衆はこう叫んでいました。「このひとをあのメロイボスと競わせよう!」と叫んでいました、そして、続けてこう叫んだのです。「象を捕まえた男と雄牛を捕まえた男の優劣を競わせよう。」
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

エティオピア物語 第十巻 30-6

  Προσέτρεξαν τότε οι υπηρέτες κατά διαταγή του βασιλιά・ άλλοι σήκωσαν τον Θεαγένη και τον οδήγησαν μπροστά στο θρόνο και άλλοι πέρασαν ένα σχοινί στα κέρατα του ταύρου, που με κατεβασμένο το κεφάλι, αφέθηκε να τον σύρουν, και τον έδεσαν και πάλι κοντά στους βωμούς, κι εκείνον και το άλογο που επίσης είχε πιαστεί.





 そうすると、召使たちが王の命令で急いで駆け出しました。ある者たちは、テアゲニスを起こして、王座の前に連れて行ったのです。ある者たちは、一本の綱を雄牛の角に着けたのです。雄牛は頭を下げていたので着けられました。雄牛は召使たちに引き摺られるままでした。そして、召使たちは雄牛を、再び、祭壇に結びつけたのです。祭壇には、馬も、既に、捕まえられていました。    
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

エティオピア物語 第十巻 30-5

  Ο Θεαγένης κάθισε πάνω του και συγκρατώντας τον μόνο με το αριστερό του χέρι, σήκωσε το δεξιό πρός τον ουρανό χαιρετίζοντας με χαμόγελο τον Υδάσπη και όλο τον άλλο κόσμο και καλώντας τους να μοιραστούν τη χαρά του ενώ ο μυκηθμός του ταύρου σαν σάλπιγγα τον ανακήρυσσε νικητή. Και αντηχούσε ο θόρυβος του πλήθους χωρίς να αρθρώνονται υμνητικά λόγια : εμβρόντητος ο κόσμος, μόνο με ξεφωνητά διαδήλωνε το θαυμασμό του, αναπέμποντας πρός τον ουρανό μιά παρατεταμένη και μονότονη βοή.





 テアゲニスは雄牛の上に腰を降ろし、左手だけで雄牛を抑えて、右手を空に向けて挙げて、微笑みながらイダスピス王とその他の大衆全員に挨拶を送ったのです。そして、人々に、自分の喜びを分ち追うようにと誘ったのです。その時、雄牛の鳴き声が喇叭の様に、テアゲニスに向けて勝利を宣言したのです。すると、大衆が発する大音響が響き渡りました。大衆は、賞賛の言葉を明瞭に発音することもなかったので、大音響になったのです。雷に打たれた様な大衆は、ただ、大きな叫び声で、テアゲニスに驚嘆したと言うことを示すばかりだったのです。そして、大衆は、空に向けて、長引く単調なウォーン言う唸りを奏上したのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

エティオピア物語 第十巻 30-4

  Και ο ταύρος, μην μπορώντας πιά να τρέξει και εξουθενωμένος από τη σθεναρή πίεση του νέου, λυγίζει τα γόνατα, γέρνει πρός τα κάτω το κεφάλι και σωριάζεται ανάσκελα φαρδύς-πλατύς, με τα κέρατα ριζωμένα στο χώμα και τα σκέλη να σπαρταρούν μάταια αερονομώντας στο κενό και αδημονώντας για την ήττα.




 すると、雄牛は、もう走ることが出来なくて、その上、若者の強い圧力で疲れたので、膝を曲げて、頭を下に傾けて、大開で仰向けになってばたりと倒れ、角を地面に突き立てたのです。四本の足は、空中で空振りして虚しく震えていました。敗北したのかと気を揉んでいたのです。  



「 αερονομώντας 」と言う語は、よく分からない。αερο-νομώντας なのだろうけれど。
νωμώ
: διανέμω, μοιράζω なのか??? 
http://greek_greek.enacademic.com/110790/νωμώ
posted by kyotakaba at 12:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

エティオピア物語 第十巻 30-3

  Και μόλις το ένιωσε να ασθμαίνει από τον όγκο που σήκωνε και να χαλαρώνει κάπως την ένταση των μυώνων του, τη στιγμή ακριβώς που περνούσε μπροστά στο θρόνο του Υδάσπη, ρίχνει το σώμα του πρός τα εμπρός, βάζει τα πόδια του μπροστά από τα σκέλη του ταύρου και χτυπώντας τον συνεχώς στις χηλές, ανακόπτει το βάδισμά του.





 そして、テアゲニスは、雄牛が出来た大きな瘤の為に喘いでいるのを感じました。そして、雄牛は筋肉が張るのを何とか和らげようとしているのも、感じたのです。それを感じると、直ぐに、テアゲニスは、自分の身体を前方へ投げ出したのです。雄牛の両後ろ足の前へ自分の両足を当てて、蹄のところを続けて打ったのです。雄牛の歩行を抑制したのです。それはちょうど、イダスピス王の席の前を通り過ぎた時でした。 

[ 瘤は、テアゲニス。 ]   


σήκωνε の主格は、όγκος 。
να ασθμαίνει 、να χαλαρώνει の主格は雄牛。
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

エティオピア物語 第十巻 30-2

  αμέσως ύστερα, εκτοξεύεται στο λαιμό του ταύρου, στηρίζει το κεφάλι του ανάμεσα στα κέρατά του περιβάλλοντάς τα με τα μπράτσα του σαν με στεφάνι, δένει κόμπο τα δάχτυλά του πάνω στο μέτωπο του ταύρου και, με το υπόλοιπο σώμα του κρεμασμένο πλάι στον δεξιό ώμο του, αφήνεται να φέρεται μετέωρος με απότομες ανατινάξεις από τα άλματα του ζώου.





 そうして、直ぐに、テアゲニスは雄牛の首に勢いよく飛びつきました。自分の頭を雄牛の角の間に持たせました。両手は、冠の様に雄牛を取り巻いたのです。指を雄牛の額で結び合わせました。身体の他の部分は、雄牛の肩の右の脇にぶら下げて、雄牛が跳ねることで起こる突然の揺さぶりに、空中に漂うままにさせていたのです。
posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

エティオピア物語 第十巻 30-1

  Και λέγοντας αυτά ετοιμάστηκε να αποκαλύψει όλη την αλήθεια, αλλά και πάλι εμποδίστηκε : μιά μυριόστομη κραυγή σηκώθηκε από το πλήθος・ ο Θεαγένης είχε αφήσει το άλογο να τρέξει με όλη την ταχύτητά του και, ακριβώς τη στιγμή που το στέρνο του αλόγου έφτασε κοντά στο κεφάλι του ταύρου, αφίππευσε μ’ ένα πήδημα και το άφησε ελεύθερο・




 こう言いながら、ハリクレアは、すべての真実を明らかにしようとしていたのです。けれども、また、妨げられたのです。群衆から同時に叫び声が上がったのです。テアゲニスは、馬を全速力で走らせていたのですけれど、馬の胸が雄牛の側に近づいたその瞬間に、一飛びで馬から下りて、馬を自由にさせたのです。
posted by kyotakaba at 11:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

エティオピア物語 第十巻 29-5

  Δάκρυσε τότε η Χαρίκλεια και ≪ ανάμεσα στις άλλες ατυχίες μου ≫, είπε, ≪ είναι κι αυτή : τα συνετά μου λόγια μοιάζουν ασύνετα και, ενώ λέω τις συμφορές μου, οι άλλοι νομίζουν πώς δεν τις λέω・ είμαι λοιπόν αναγκασμένη να προχωρήσω σε καθαρή και απροκάλυπτη ομολογία ≫.




 すると、ハリクレアは涙を流してこう言ったのです。「わたしのこれまでの幾つもの不幸の中では、いつもこうでした。わたしの慎重な言葉は、まるで軽率に聞こえるのです。わたしは自分の大変な苦しみを話しているのに、他の人はわたしが苦悩を語ってはいないと思うのです。ですから、わたしは、どうしても、包み隠すものは何もない様に明瞭に告白をしなくてはならないのですね。」
posted by kyotakaba at 22:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

エティオピア物語 第十巻 29-4

  Και η Περσίννα, που δεν καταλάβαινε την πραγματική αιτιά αλλά οπωσδήποτε υποψιάστηκε κάτι ερωτικό, ≪ δεν είναι δυνατόν ≫, της είπε, ≪ να σωθεί・ αλλά ποιά σχέση έχεις εσύ μ’ αυτόν τον άνδρα και γιατί νοιάζεσαι τόσο γι’ αυτόν; Μη δειλιάζεις, πές το καθαρά στη μητέρα σου・ ακόμα κι άν είναι κάτι αξιόμεμπτο, κάτι που δεν αρμόζει σε μιά παρθένο, η καρδιά της μητέρας ξέρει να συγχωρεί και η γυναικεία φύση κατανοεί το γυναικείο σφάλμα και το συγκαλύπτει ≫.





 すると、ペルシナは、彼女は本当の理由は分からないのですが、いずれにせよ、何か恋が原因なのではと思ったので、ハリクレアにこう言ったのです。「わたしが助けると言うのは、出来ないことだわ。でも、あの人との間に、あなたはどんな関係を持っているの、どうして、そんなに、あの人のことを心配するの? 怖じ気づいたりしないで、すっかりお母さんに話して頂戴な。それが、たとえ、叱責される様なことでも、清純な乙女に相応しいことではない様なことでも、母親の心と言うものは、赦すことを知っているのだし、女性の持って産まれた心情は、女性の罪を了解して、しっかり隠すものなのですからね。」
posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

エティオピア物語 第十巻 29-3

  Κι εγώ βέβαια συμπάσχω και λυπάμαι τα νιάτα του・ ευχή μου είναι να γλιτώσει και να διαφυλαχθεί σώος για τη θυσία ώστε να μη μείνει ολωσδιόλου ανεκλήρωτο το καθήκον μας πρός τους θεούς ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ αστεία ευχή ≫, είπε, ≪ να παρακαλάς να μην πεθάνει για να πεθάνει! Αντί γι’ αυτό, μητέρα μου σώσε τον άν μπορείς, καν’ το για χάρη μου ≫.





 「わたしはね、あの若者に同情していることは確かですよ、それに、あの若さを惜しいと思うわ。わたしの願いは、あの人が逃げ出せることです、それはつまり、生贄になる為には、無傷な身体を保つと言うことなのです。神々に対するわたしたちの義務が果たせないままにならないと言うことが、わたしの思うことなのです。」 すると、ハリクレアは言いました。「死ぬ為に、死なないなんて、馬鹿げた願いです! そうではなくて、お母様、もしお出来になるなら、あの人の命を救って下さい、わたしの為にそうして下さい。」
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

エティオピア物語 第十巻 29-2

  Αυτά ως πρός το πλήθος・ όσο για τη Χαρίκλεια, έτρεμε και καρδιοχτυπούσε στη θέα του σαν να παιζόταν η δική της ζωή : από τη μιά δεν καταλάβαινε καθόλου το σκοπό του κι από την άλλη την έτρωγε η αγωνία μην κάμει κανένα λάθος και χτυπήσει. Η ίδια η Περσίννα παρατήσε την ταραχή της και ≪ αγαπημένο μου παιδί ≫, της είπε, ≪ τί έχεις πάθει; Μοιάζεις σαν να κινδυνεύεις περισσότερο από τον ξένο.





 それは大衆についてのことです。一方、ハリクレアがどうしたかと言えば、こうなのです。ハリクレアは、テアゲニスが見えると、震え続け、胸がときめき続けていたのです。まるで、彼女自身が動物に乗っているかの様でした。一つには、テアゲニスの意図がまるで分からないから、また一つには、何かの間違いで彼が打たれるのではないかと言う不安が彼女を苛んでいたからなのです。また、ペルシナは、動揺から醒めました。そして、ハリクレアにこう言ったのです。「何より可愛いお前、何を苦しんでいるの? お前は、あの外国の人よりももっと危険に晒されている様に見えますよ。」   


posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

エティオピア物語 第十巻 29-1

  Κι όταν πιά κατάφερε τον ταύρο να εξοικειωθεί με τη θέα και με τους χειρισμούς του, άρχισε να τριποδίζει στο πλάι του・ τα δύο ζώα άγγιζαν τώρα το ένα το άλλο, η ανάσα και ο ιδρώτας του αλόγου ανακατεύονταν με του ταύρου και τόσο ισοταχής ήταν ο βηματισμός τους, ώστε όσοι στέκονταν σε απόσταση θαρρούσαν ότι έβλεπαν ένα ζώο με δύο κεφάλια και επευφημούσαν ενθουσιασμένοι τον Θεαγένη που είχε ζέψει το πιό πρωτόφαντο ζώο : έναν ιππόταυρο.





 遂に、雄牛をなんとか自分の視界に収めて操れる様になると、テアゲニスは、雄牛の側で並足になったのです。二頭の動物は、今や、片方が他方に触れ合っているのです。馬の息と汗は、牛のものと混ぜられました。二頭の走る速度は全く同じだったので、距離を置いて立っている人が二つの頭を持つ一頭の動物を見ていると思ってしまったのです。そして、その人たちは感動して、テアゲニスを喝采したのです。テアゲニスは見たこともない一頭の動物を服従させているのです。それは、馬牛と言う様なものです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

エティオピア物語 第十巻 28-6

  Δεν είχαν περάσει ούτε λίγα λεπτά και ο Θεαγένης είχε φτάσει τον ταύρο και, για μικρό διάστημα, τον κατηύθυνε τριποδίζοντας πίσω του και κεντώντας τον συνάμα μαλακά για να τον ερεθίζει ώστε να τρέχει πιό γρήγορα・ και κάθε φορά που στρεφόταν για να ορμήσει πρός άλλη κατεύθυνση, εκείνος τον ακολουθούσε αποτρέποντας με προσοχή τις επιστροφές και τις επιθέσεις του.




 数分も掛かることなく、テアゲニスは、一頭の雄牛に追い付きました。僅かの間を置いて、雄牛の後ろで並足になって、向きを変えたのです。と同時に、もっと速く走る様に刺激する為に、優しく突ついたのです。雄牛が違う方向へ駆け出そうと向きを変える度に、テアゲニスは、注意して、雄牛が後退したり攻撃したりするのを防ぎながら、付いて行ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

エティオピア物語 第十巻 28-5

  Στην αρχή όλοι νόμισαν ότι ο Θεαγένης προσπαθούσε να δραπετεύσει και καθένας παρακινούσε τον διπλανό του να μην τον αφήσει να περάσει το φράγμα που σχημάτιζε η παράταξη των οπλιτών・ καθώς όμως προχωρούσε το εγχείρημα, κατάλαβαν ότι δεν είχε δειλιάσει ούτε προσπαθούσε να αποφύγει τη σφαγή.




 初め、誰もが、テアゲニスが逃走しようとしている、と思ったのです。それぞれの人が隣りに居る人に、テアゲニスに整列した兵士で作られた囲いを越えさせない様に、と言ったのです。けれども、成そうとしていることが進行するに従って、人々は、テアゲニスは臆してもいないし、生贄になることから逃れようとしているのでもない、と言うことが分かったのです。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

エティオピア物語 第十巻 28-4

  Εκείνη τη στιγμή ο Θεαγένης, είτε από το φυσικό του θάρρος κινημένος είτε και από κάποια θεόσταλτη ορμή, βλέποντας τους φρουρούς του σκορπισμένους λόγω της αναστάτωσης που επικρατούσε, ορθώνεται ξαφνικά ― προηγουμένως ήταν γονατιστός μπροστά στο βωμό περιμένοντας από στιγμή σε στιγμή τη σφαγή του ―, αρπάζει μιά σχίζα από αυτές που ήταν πάνω στο βωμό, πιάνει ένα από τα άλογα που δεν είχαν αποδράσει, πηδάει πάνω στη ράχη του, πιάνεται από τις τρίχες του αυχένα του και χρησιμοποιώντας για χαλινάρι τη χαίτη, για σπιρούνια τις φτέρνες του και για μαστίγιο τη σχίζα, ρίχνεται καλπάζοντας πίσω από τον δραπέτη ταύρο.




 その時、テアゲニスは、見張りたちが動揺して散り散りになるのを見たのです。動揺は突然に起こって見張りたちに取り憑いてしまいました。テアゲニスは、先程から祭壇の前に跪いて今か今かと自分が生贄になるのを待っていたのです。そうして、見張りたちの動揺を見ると、テアゲニスは、一つには、彼が本来持っている勇気に突き動かされ、また一つには、何か神に吹き込まれた激情から、祭壇の上に居た見張りたちから一本の木の破片を奪い取り、逃げ出していなかった馬たちの中の一頭を捕まえ、その背中に飛び乗のったのです。そして、馬のうなじの毛にしっかりと捕まると、たてがみを手綱に使い、自分の踵を拍車に使い、木の破片を鞭に使い、逃げる雄牛たちの後ろを全力で駈けさせて、突進したのです。


posted by kyotakaba at 14:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

エティオピア物語 第十巻 28-3

  από παντού ακούγονταν ανάμεικτες κραυγές : όλοι όσοι ήταν παρόντες στο συμβάν φώναζαν από φόβο σαν τούς πλησίαζαν τα ζώα και, όταν εκείνα ορμούσαν πρός άλλη κατεύθυνση, κραύγαζαν από χαρά και γελούσαν ενθουσιασμένοι που τα έβλεπαν να ρίχνουν καταγής και να ποδοπατούν τους άλλους. Ακόμα και η Περσίννα και η Χαρίκλεια δεν άντεξαν να μείνουν ήσυχες μέσα στη σκηνή, αλλά σήκωσαν λίγο το παραπέτασμα και παρακολουθούσαν τα δρώμενα.





 至る所から、混乱した悲鳴が聞こえました。その出来事に立ち会った人々は、皆、動物たちが自分たちに近づいて来ると、恐ろしさで叫び声を上げていたのです。動物たちが他の方向へ飛び出すと、喜びから大声を出したのです。そして、動物たちが地面にひっくり返ったり他の動物を踏み付けているのを見て興奮して、笑ったのです。ペルシナとハリクレアは、天幕の中で静かにしていることは、もう出来ませんでした。帷を少し持ち上げて、成り行きをじっと見たのです。
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

エティオピア物語 第十巻 28-2

  Στη θέα του ξένου, ασυνήθιστου και αλλόκοτου ζώου που πρώτη φορά αντίκριζαν καταταράχτηκαν και, γεμάτα τρελό φόβο, έσπασαν τα δεσμά που τα κρατούσαν και ο ένας από τους ταύρους ( ο μόνος, ως φαίνεται, που είχε δεί το ζώο ) και δύο από τα άλογα όρμησαν σε ακατάσχετη φυγή・ και καθώς δεν μπορούσαν να περάσουν το κυκλικό τείχος που σχημάτιζε η πυκνή παράταξη των οπλιτών, άρχισαν να τρέχουν σαν τρελά στον ενδιάμεσο χώρο ανατρέποντας ό,τι έβρισκαν μπροστά τους, είτε ζώο ήταν είτε σκεύος・




 見たこともない、異様で君の悪い動物が見えると、その時が対面するのは初めてだったので、とても動揺して、ひどい恐怖に満たされて、雄牛たちは、一頭をもう一頭に繋いでいる軛を壊したのです。( 一頭は、その動物を見たことがある様でした。 ) 牝馬の中の二頭は、抑えられない跳躍を突然に始めたのです。けれども、馬は兵士が密に並んで出来た丸い壁を飛び越すことは出来なかったのです。すると、その間の地面にひっくり返って狂った様に震え始めました。もう、自分たちの前にいるのが、動物なのか物なのかどちらでも構わないのです。
posted by kyotakaba at 12:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする