2017年12月25日

エティオピア物語 第十巻 41-4

  Έτσι έφτασε στο τέλος του το σύγγραμμα των Αίθιοπικών ή των Περί Θεαγένην και Χαρίκλειαν・ το συνέγραψε ένας Φοίνικας Εμεσηνός, από το γένος του Ήλιου, ο γιός του Θεοδοσίου Ηλιόδωρος. ―


ΤΕΛΟΣ.






 さて、エティオピア人たちの、あるいは、テアゲニスとハリクレアについての物語りは、全巻の終りとなりました。この物語りは、太陽の一族、フェニキアのエメサの者、セオドシオスの息子、ヘリオドロスが著しました。

おわり  


追記: 訂正 
エメシノス は姓でなく、土地の名前、
この物語りは、太陽の一族、フェニキア人の、セオドシオスの息子、ヘリオドロス・エメシノスが著しました。
→ 
この物語りは、太陽の一族、フェニキアのエメサの者、セオドシオスの息子、ヘリオドロスが著しました。
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

エティオピア物語 第十巻 41-3

  Στεφανωμένοι λοιπόν με μίτρες λευκές οι δυό νέοι, ανέλαβαν αμέσως τα ιερά καθήκοντά τους και τέλεσαν με επισημότητα τη θυσία. Αμέσως ύστερα, υπό τον ήχο των αυλών και των συρίγγων και συνοδευόμενοι από το πλήθος που τους επευφημούσε χειροκροτώντας και χορεύοντας, κατευθύνθηκαν πρός τη Μερόη, ο Θεαγένης μαζί με τον Υδάσπη πάνω σε άρμα που το έσερναν άλογα ( ο Σισιμίθρης και ο Χαρικλής επέβαιναν σε άλλο ) και η Χαρίκλεια μαζί με την Περσίννα πάνω σε άρμα που το έσερναν βόδια λευκά・ σε λίγο η πομπή έφτασε στην πόλη, όπου και τελέστηκαν με κάθε επισημότητα οι ευτυχισμένοι γάμοι.





 そうして、純白のミトラを戴冠された若い二人は、直ぐに、自分たちの職務を果たしたのです。犠牲祭の儀式を行ったのです。その後は直ぐに、廷臣達の声、笛の音の下、二人に拍手で喝采を送り踊りながら付いて来る民衆たちと共に、メロイに向かったのです。テアゲニスはイダスピス王と一緒に、二輪戦車の上に居ました。戦車は馬が牽いているのです。( シシミシリスとハリクリスは別の物に乗っていました。 ) ハリクレアはペルシナ女王と一緒に、白い牛が牽く二輪戦車に乗っていました。間もなく、行列は都市に着きました。そこで、幸せな、そして厳粛な結婚の儀式が幾つも執り行われたのです。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

エティオピア物語 第十巻 41-2

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε τις δυό μίτρες, τη δική του και της Περσίννας, που ήταν τα σύμβολά της ιεροσύνης, και τις φόρεσε στον Θεαγένη και στη Χαρίκλεια・ ο Χαρικλής θυμήθηκε τότε το χρησμό των Δελφών και κατάλαβε ότι επαληθευόταν η παλιά προφητεία που έλεγε ότι οι δυό νέοι, μετά τη φυγή τους από τους Δελφούς,



θα φτάσουν στη σκοτενόχρωμη χώρα του Ήλιου
κι εκεί θα λάβουν το μέγα έπαθλο της αρετής τους,
στέμμα λευκό πάνω στους μαυρισμένους τους κροτάφους.






 こう言うと、イダスピス王は、二つのミトラ( 主教冠 ) を、一つは自分のもの一つはペルシナのものを、外したのです。それは、聖職の象徴なのでした。そして、そのミトラをテアゲニスとハリクレアに被せたのです。そうすると、ハリクリスは、デルフォスの神託を思い出したのです。そして、古い予言が実現したのだ、と理解したのです。予言では、二人の若者がデルフォスから立ち去った後、次の様になると言っていました。  

「二人は、日輪で黒くなった土地に辿り着くであろう 
その土地で、二人は、己らの徳に褒美を貰うだろう 
黒くなった顳顬に純白の王冠を戴くだろう 」
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

エティオピア物語 第十巻 41-1

  Στα λόγια του αυτά επευφήμησε ο στρατός και ξέσπασε σε χειροκρότημα σαν να τελούνταν ήδη οι γάμοι. Πλησίασε τότε ο Υδάσπης στους βωμούς και, λίγο πρίν κηρύξει την έναρξη της τελετής, ≪ Δέσποτα Ήλιε ≫, είπε, ≪ και Σελήνη δέσποινα, εφόσον ο Θεαγένης και η Χαπίκλεια κατά δικό σας θέλημα αναδείχτηκαν σύζυγοι, επιτρέπεται σ’ αυτούς και να ιερουργούν πρός τιμήν σας ≫.





 王のこの言葉に、軍隊は喝采をし、まるで既に結婚式が行われたかの様に、堰を切った様に拍手をしたのです。そうすると、イダスピス王は、祭壇に近づいて、直ぐに式典を開始すると公布したのです。こう言いました。「世界を治める太陽神よ、世界を治める月神よ、テアゲニスとハリクレアは、貴方達ご自身の意志の下、夫婦になりましたのですから、この二人に貴方達を祀る司祭をするのをお許し下さい。」   

posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

エティオピア物語 第十巻 40-2

  ώστε, με μάρτυρες αυτούς που όλα τα έχουν κλώσει και εφόσον και σείς δείχνετε πώς θέλετε να τηρηθεί το θέλημα εκείνων, ανακηρύσσω αυτούς τους δύο νέους συζύγους κατά τούς γαμήλιους νόμους και τούς δίνω την άδεια να συζήσουν και να τεκνοποιήσουν κατά τούς θεσμούς. Άν λοιπόν δεν υπάρχει αντίρρηση, άς αρχίσει η ιεροτελεστία που θα επισφραγίσει την απόφαση ≫.





 「つまり、神々は、すべての事を紡ぎ出して目撃して居られ、この二人の意志が保持されたままであることをお望みだとお示しになっているのです。それならば、私は、結婚法の下で、この若い一組の男女を夫婦であると宣言しよう。そして、この二人に、法の下で、一緒に暮らし子供を成すことへの許可を与えよう。では、反対がないのならば、この決定を確実なものにする神聖な儀式を始めさせよう。」
posted by kyotakaba at 14:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

エティオピア物語 第十巻 40-1

  Αυτά με δυνατή και καθαρή φωνή διακήρυξε εις επήκοον όλων ο Σισμίθρης・ ο δε Υδάσπης, πιάνοντας από το χέρι τη Χαρίκλεια και τον Θεαγένη, στράφηκε πρός το πλήθος και, μιλώντας τώρα κι εκείνος στη γλώσσα του τόπου, ≪ εφόσον ≫, είπε, ≪ κατά θεία συγκατάνευση ήλθε έτσι το πράγμα, είναι αθέμιτο να αντιταχθώ・



εις επήκοον : σε απόσταση ακοής, σε απόσταση που μπορεί να ακούσει ή να ακουστεί





 このことを、力のある明瞭な声で、すべての人が聴こえる様に、シシミシリスは宣言したのです。一方、イダスピス王は、ハリクレアとテアゲニスの手を取って、民衆の方へ向いたのです。そして、この土地の言葉でこう言ったのです。「神の御同意の下で起こった事であるのだから、私が異議を唱えるのは不法なのだ。」
posted by kyotakaba at 10:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

エティオピア物語 第十巻 39-3

  Άς αναγνωρίσουμε λοιπόν το θαύμα των θεών και, ακολουθώντας το θέλημα τους, άς τελέσουμε πιό όσια θυσία καταργώντας τη θυσία ανθρώπων από τώρα ώς τον αιώνα τον άπαντα ≫.





 「さあ、私たちは、神々の奇跡を正確に見取りましょう。神々のご意志に従うのです。さあ、これからは、未来永劫、人間の生け贄は止めて、もっと神々の御心に適う犠牲祭をする様にしましょう。」
posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

エティオピア物語 第十巻 39-2

  Εσύ λοιπόν έπρεπε από ώρα να το είχες καταλάβει ότι η θυσία που ετοίμαζες δεν ήταν ευπρόσδεκτη στους θεούς : εκείνοι, ενώ η Χαρίκλεια ήταν ήδη μπροστά στο βωμό, την ανέδειξαν κόρη σου・ εκείνοι ως εκ θαύματος μας έστειλαν εδώ από τη μακρινή Ελλάδα τον τροφό της・ εκείνοι κατατρόμαξαν τα άλογα και τα βόδια που ήταν δεμένα πλάι στους βωμούς, υποδεικνύουντάς μας πώς πρέπει να ματαιωθεί η θυσία των θεωρούμενων τελειότερων θυμάτων・ και τώρα, ως κορωνίδα των ευεργεσιών τους και σαν λαμπάδιο δράματος, μας παρουσιάζουν τον αρραβωνιαστικό της κόρης : αυτόν εδώ τον ξένο νέο.





 「それでです。貴方が用意している生け贄は神々に喜ばれないと、早くから、理解すべきだったのです。ハリクレアは今も祭壇の前にいますけれども、神々は、彼女をお引き立てになったのです、貴方の娘をです。神々は、奇跡の様に、遠いギリシャから彼女の養い親を私たちの下へ送って来たのです。神々は、祭壇の側に縛られていた馬と雄牛をひどく恐がらせました。そうして、この上なく申し分無いと看做された生け贄による犠牲祭は取りやめにしなければならないと言うことを、私たちにお示しになったのです。そして今、神々は、まるで劇の灯の様に良く見える、ご自分たちの恩恵の柱の天頂として、彼女の婚約者を私たちにお見せになったのです。ここに居る外国の若者です。」
posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

エティオピア物語 第十巻 39-1

  Ο Υδάσπης ρώτησε τότε τον Σισμίθρη ≪ τί πρέπει να κάμω, πάνσοφε; Είναι ασέβεια να αρνηθώ την οφειλόμενη θυσία στους θεούς και είναι ανόσιο να σφαγιάσω αυτούς που εκείνοι μου χάρισαν・ ποιό είναι λοιπόν το καθήκον μου; ≫ Και ο Σισιμίθρης, μιλώντας τώρα αιθιοπικά και όχι ελληνικά, ώστε να τον καταλαβαίνουν όλοι, ≪ φαίνεται ≫, είπει, ≪ ότι η υπερβολική χαρά σκοτεινιάζει το νού και των πιό συνετών.





 そこで、イダスピス王はシシミシリスにこう尋ねました。「私はどうしたらいいのでしょう? 全智の賢者様。神々へ供さなければならない生け贄を否定してしまえば、信仰を捨てることになります。神々が私にお下しになった者たちを私が殺したとすれば、その行為は邪悪な行為だと言うことになります。だとすれば、私の義務は何なのでしょう?」 すると今度は、シシミシリスは、ギリシャ語ではなくてエティオピア語で話して、こう言ったのです。エティオピア語で話せばすべての人が理解が出来るからです。「過度な喜びは、とても賢明な方々のお考えも暗くしてしまう様ですね。」  


11月23日訂正: シシミリス→シシミシリス
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

エティオピア物語 第十巻 38-4

  Από τη δύναμη αυτή ακόμα και οι εναντιότητες συναρμόζονταν σε αρμονία, χαρά και λύπη πλέκονταν μαζί, το γέλιο εναλλασσόταν με το δάκρυ, τα πιό οδυνηρά άλλαζαν σε γιορτή, γελούσαν όσοι έκλαιγαν και χαίρονταν όσοι θρηνούσαν, κάποιοι έβρισκαν αυτούς που δεν αναζητούσαν κι έχαναν άλλους που είχαν νομίσει ότι βρήκαν και, τέλος, η αναμενόμενη σφαγή άλλαξε σε αγνή μυσταγωγία.





 その力に依って、相反する事共が調和にぴったりと収まるのです。喜びと悲しみは一つに編まれるのです。笑いと涙は互い違いなのです。一番の悲しみはお祝いに変わったのです。泣いていた人は皆笑いました、悲しんでいた人は皆喜んだのです。何人かの人たちは、探してもない人を見つけ出し、そして、見つけていたと思っていた他の人を失ってしまうのです。結局は、期待されていた屠りは穢れのない秘儀参入の儀式になったのです。
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

エティオピア物語 第十巻 38-3

  Κι ο κόσμος ολόγυρα χόρευε με ευφρόσυνες κραυγές : νέοι και γέροι, πλούσιοι και φτωχοί, όλοι με μιά ψυχή μετείχαν στη χαρά・ οι περισσότεροι δεν καταλάβαιναν τα λόγια, μπορούσαν όμως να τα συμπεράνουν απ’ όσα μόλις πρίν είχαν συμβεί με τη Χαρίκλεια ή ίσως και από κάποια θεία δύναμη ― εκείνην που είχε σκηνοθετήσει όλα τα δρώμενα ― ένιωθαν μέσα στην ψυχή τους την αλήθεια.





 周囲を取り巻いた群衆は、大喜びの叫び声を挙げて踊り出しました。年取った者も若い物も、富んだ者たちも貧しい者たちも、皆んなが心を一つにして喜びを分ち合ったのです。殆どの人たちは、話された言葉が分かりませんでした。けれども、直ぐ前にハリクレアに起こった事を全部見ていたので、あるいは、もしかすると、何かの神的な力の所為で、どういう事だか推察が出来たのです。神的な力と言うのは、繰り広げられる事のすべてを指揮しているのです、その力の所為で、人々は、自分たちの心の中で、真実を感じ取るのです。  

posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

エティオピア物語 第十巻 38-2

  Δυό βήματα πιό πέρα η Περσίννα είχε αγκαλιάσει τον Υδάσπη και ≪ άνδρα μου ≫, του έλεγε, ≪ έτσι ακριβώς είναι όλα, πίστεψέ τα : αυτός εδώ ο νέος είναι στ’ αλήθεια ο μνηστήρας της κορούλας μας・ να, τώρα δα η ίδια με δυσκολία μεγάλη μου το ομολόγησε ≫.





 向こうの直ぐ側で、イダスピスを抱きしめていたペルシナ女王はこう言いました。「貴方様、これはつまり、全部がその通りなのですよ。お信じ下さい。この方、この若者は、本当に、わたしたちの可愛い娘の婚約者なのです。見て下さい、たった今、あの子はそれをわたしにとてもし辛いしそうにしながら告白したのです。」
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

エティオピア物語 第十巻 38-1

  Την ίδια στιγμή, όρμησε η Χαρίκλεια έξω από τη σκηνή και, αγνοώντας ολωσδιόλου τη φυσική παρθενική αιδημοσύνη της και σαν από βακχική μανία κυριευμένη, έτρεξε να προσπέσει στα γόνατα του Χαρικλή λέγοντας : ≪ Άχ πατέρα, εσύ που σαν εκείνους που με γέννησαν μου είσαι σεβαστός, τιμώρησε όπως θέλεις εμέ την ασεβή και πατροκτόνο・ ακόμα κι άν κάποιος θα απέδιδε ό, τι έγινε σε θέλημα θεών και θεία οικονομία, εσύ σ’ αυτό μη δώσεις σημασία ≫.





 当にその瞬間に、ハリクレが天幕の外に飛び出して、自分の本来の清純な乙女らしい羞恥心を全く無視して、バッカス祭の狂乱に取り憑かれたかの様な様子で駆けて行って、ハリクリスの膝に取り縋ってこう言ったのです。「ああ、お父様。わたしを産んで下さった方々と同じ様に、わたしは貴方を尊敬しています。お望みのままに、親不孝、父親殺しの廉でわたしを罰して下さいませ。誰かが起こった事は皆神の意志、神の特免状に拠っていると分けを説いても、貴方は、そうだとは思わないで下さい。」
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

エティオピア物語 第十巻 37-3

  Από κεί και πέρα κανείς δεν άντεξε να μείνει ήσυχος και επικράτησε γενική σύγχυση. Όσο για τον Σισιμίθρη, που είχε καταλάβει από ώρα τί παιζόταν αλλά είχε συγκρατηθεί ώς εκείνη τη στιγμή θεωρώντας ότι ήταν καλύτερο να περιμένει να ολοκληρωθούν οι αποκαλύψεις, έτρεξε τότε στον Χαρικλή και τον αγκάλιασε λέγοντας ≪ έχει σωθεί εκείνη που κάποτε εγώ ο ίδιος σου εμπιστεύτηκα κι εσύ την είχες σαν δική σου κόρη・ την ξαναβρήκαν οι πραγματικοί γονείς της, που εσύ γνωρίζεις ≫.





 あちらでもこちらでも、誰も黙ってはいられませんでした。全体に及ぶ混乱がその場を支配したのです。賢者シシミシリスはと言えば、逐次、何が繰り広げられているか理解していたのです。そして、その瞬間までは、告白が全部終えられるのを待っていた方が良いと考えていたので、行動を控えていたのです。ところが、遂に、シシミシリスはハリクリスの所に駆け寄って、彼を抱きしめてこう言ったのです。「その娘は生きています。以前、この私が貴方に預けたその娘です。貴方がその娘を自分の娘の様にされた、その娘です。本当の両親がその娘と再会したのです。その娘は、貴方もご覧になれば分かるでしょう。」  


11月23日訂正:シシミリス→シシミシリス
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

エティオピア物語 第十巻 37-2

  ≪ Απόδωσε λειπόν αυτήν που δεν σου ανήκει ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ άν θέλεις να πεθάνεις δοξασμένος εφόσον είσαι αφιερωμένος στους θεούς και να μην υποστείς την ατιμωτική σφαγή της τιμωρίας ≫. ≪ Αλλά το σωστό είναι ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ να αποδίδει το κλεμμένο ο κλεπταποδόχος κι όχι ο κλέφτης・ και ο κλεπταποδόχος είσαι σύ・ απόδωσε του το λοιπόν, εκτός και άν παραδεχτεί ο ίδιος ότι η Χαρίκλεια είναι δική σου κόρη ≫.




 イダスピス王はこう言いました。「では、お前が、神に捧げられて褒め称えられたまま死にたいのなら、刑罰の無惨な殺され方をされたくないのなら、お前の物ではないその娘をこの人に返しなさい。」 するとテアゲニスはこう言いました。「ですが、正しくはです、盗賊が盗んだ娘を返すのではなく、盗品を扱う故買商人が娘を返すのです。故買商人とは貴方です。では、貴方ご自身が、ハリクレアは自分の娘だと認めるのでないのならば、盗まれた娘をこの方にお返しなさい。」
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

エティオピア物語 第十巻 37-1

  Αυτά είπε ο γέροντας και ξέσπασε σε γοερό θρήνο. Και ο Υδάσπης, στρεφόμενος πρός τον Θεαγένη, ≪ τί έχεις να πείς γι’ αυτά; ≫, τον ρώτησε. Κι εκείνος ≪ όλα όσα μου κατηγορεί ≫, είπε, ≪ είναι αληθινά : ληστής είμαι εγώ και άρπαγας και βίαιος και άδικος για κείνον, αλλά δικός σου ευεργέτης ≫.





 老人はこう言うと、悲しみの号泣を破裂させたのです。すると、イダスピス王は、テアゲニスの方を振り向いて、こう聞きました。「この事について、何か言うことがあるか?」 すると、テアゲニスはこう言いました。「この人が私を非難した事は、全部が本当のことです。強奪者なのです、私は、それに、人攫いで、この人に乱暴を働き不当な仕打ちをしたのです。ですけれど、この人は、貴方の恩人なのです。」
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

エティオピア物語 第十巻 36-5

  δεν βρήκα όμως τον Οροονδάτη στη Συήνη ― γιατί πήγα κι εκεί・ ο πόλεμος με βρήκε στην Ελεφαντίνη και να που βρίσκομαι τώρα εδώ και προσπέφτω σε σένα ικέτης για όσα σου εξηγούνται στο γράμμα. Τον άρπαγα τον κρατείς・ την κόρη μου ψάξε να βρείς : και μένα τον πολύπαθο θα ευργετήσεις και τον εαυτό σου θα ωφελήσεις ανταποκρινόμενος στην έκκληση του σατράπη που μεσιτεύει για χάρη μου ≫.





 「ところが、シイニーでもオロンダティスに会えませんでした。私は、そこに向かったのですが、エレファンディニーで戦争に遭遇したのです。そう言うわけで、今ここに私は居るのです。そして、嘆願者として貴方の前に身を投げ出しているのです。そのお願いは、オロンダティスが手紙で貴方にお知らせした通りです。私はこの男を捉まえました、掴んでいるのです。私の娘を捜して見つけて下さい。私の艱難辛苦に貴方がご慈悲を下されてもいいでしょう。私の為に仲介して下さった太守の訴えにお応えになる事は、貴方ご自身の益になるでしょう。」 
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

エティオピア物語 第十巻 36-4

  Όσο για μένα, καταδίωξα τον άρπαγα πηγαίνοντας πρώτα στη Θεσσαλία και ζητώντας τον από τους συμπολίτες του Οιταίους, αλλά στάθηκε αδύνατο να τον βρώ, μολονότι εκείνοι μου είχαν δώσει το δικαίωμα ακόμα και να τον σφάξω ως ασεβή όπου κι άν τον έβρισκα・ κι επειδή ως συνεργό στην ανόσια πράξη του είχε κάποιον Μεμφίτη ψευδοπροφήτη, υπέθεσα ότι θα είχε καταφύγει στη Μέμφιδα, την πατρίδα του Καλάσιρη・ φτάνοντας όμως εκεί, βρήκα τον Καλάσιρη νεκρό, όπως και του έπρεπε. Από το γιό του τον Θύαμη έμαθα τα πάντα για την κόρη μου και, μεταξύ αυτών, ότι είχε σταλεί στον Οροονδάτη στην πόλη της Συήνης・




 「私はですが、略奪者を追って、まず、セサリアに行ったのです。イテイの市民たちに尋ねて回りました。けれども、見つける事は出来ませんでした。市民は、もし私が彼を見つけたら、そこで、不敬の者として殺す権利を私に与えさえもしてくれたのですけれど。その上に、自分の邪悪な行為の共犯者として、メンフィス人の何とか言う偽予言者を連れていたのです。カラシリスの故郷、メンフィスに逃れたのだろうと、私は思いました。そして、私がメンフィスに着くと、カラシリスは死んでいた事を知りました。それが彼に相応しいのです。それから、カラシリスの息子のシアニスから、私は、私の娘についてこと全てを教わったのです。何よりも、私の娘は、既に、シイニーの都市に居るオロンダティスの所へ送られた、と言うことが分かったのです。」
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

エティオピア物語 第十巻 36-3

  Κι αυτό εδώ το καλόπαιδο, Θεσσαλός στην καταγωγή, που είχε έλθει ως αρχιθεωρός στην πόλη μου, τους Δελφούς, για να τελέσει κάποιο έθιμο της πατρίδας του, άρπαξε την κόρη μέσα από τα ίδια τα άδυτα και μάλιστα τα άδυτα του Απόλλωνος・ η ασέβειά του αυτή φυσικώ τω λόγω στρέφεται και εναντίον σας, εφόσον ο Ήλιος, ο προστάτης θεός σας, ταυτίζεται με τον Απόλλωνα, του οποίου το τέμενος έχει βεβηλώσει.


καλόπαιδο : (παρωχ., προφ.) ως φιλική προσφώνηση σε παιδί ή σε νεαρό

αρχιθεωρός : chief of a sacred embassy





 「ああ、このお稚児様、セサロスの家の、このお稚児様、私の都市、デルフィに奉納使節団の長として来ていたのです、ああ、自分の母国の慣例の何かを行うために来ていたのです、それが、神域から、他でもないアポロンの神域です、そこから私の娘を攫っていったのです。この男のこの不敬は、勿論、貴方にも向けられているのです。太陽神、貴方たちの守護神の太陽神が、アポロン神と同一視される限り、この男の不敬は貴方たちに向けられるのです。その神の神殿はもう汚されているのですから。」
posted by kyotakaba at 14:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

エティオピア物語 第十巻 36-2

  ≪ Βασιλιά μου ≫, άρχισε, ≪ είχα μιά κόρη τόσο συνετή και τόσο όμορφη, που μόνο άν τη βλέπατε θα πιστεύατε ότι δεν υπερβάλλω・ ήταν λοιπόν παρθένος και ιέρεια της Αρτέμιδος στους Δελφούς.





 そして老人は始めました。「王様、私には一人の娘があったのです、とても聡明でとても美しい娘です。実際に娘を見て初めて、私が誇張しているのではないと信じて頂けられるでしょう。娘は処女で、デルフィでアルテミス女神の巫女でした。」
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする