2017年02月21日

エティオピア物語 第十巻 7-2

  Και ο Υδάσπης, καταλαβαίνοντας ότι ζητούσαν τη θυσία των αιχμαλώτων την οποία συνήθιζαν να τελούν μόνο σε περίπτωση νίκης κατά αλλοφύλων, κίνησε καθησυχαστικά το χέρι και με νεύμα τους έδωσε να καταλάβουν ότι το αίτημά τους θα ικανοποιούνταν ευθύς・ αμέσως ύστερα πρόσταξε να οδηγηθούν εκεί οι προορισμένοι για τη θυσία αιχμάλωτοι.





 イダスピス王は、民衆は捕虜を生贄に求めているのだ、と分かっていたのです。勝利の場合には、民衆は、多民族だけを生贄にすることにに慣れていたからです。それで、穏やかに手を動かして、合図で、民衆に、彼らの要求は直ぐにも満たされると、分からせたのです。そして、その直後に、生贄に、そのつもりで控えさせている捕虜たちを、連れて来るように命令したのです。
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

エティオピア物語 第十巻 7-1

  Κι ενώ διαδραματίζονταν αυτά, μιά βοή σηκώθηκε ξαφνικά απροσδιόριστη και ανησυχητική, όπως συμβαίνει όταν φωνάζουν μαζί πλήθος συγκεντρωμένοι άνθρωποι : ≪ Να τελεστεί το πατροπαράδοτο έθιμο ≫, φώναζε ο κόσμος, ≪ να τελεστεί τώρα η καθιερωμένη θυσία, να οδηγηθεί στους βωμούς των θεών η πρώτη λεία του πολέμου ≫.





 その裸形の賢者たちが目前で儀式を繰り広げ始めると、突然に落着かないひどく不安げなざわめきが上がったのです。それは、集まった多勢の人間が一緒に叫んだ時に起こる様なざわめきでした。「伝統的な仕方で儀式をやれ」、民衆は叫びました。「さあ、普通の生贄の儀式をやれ、神々の祭壇に戦争の一番の戦利品をもってこい。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

エティオピア物語 第十巻 6-5

  Τρείς βωμοί είχαν ετοιμαστεί σε ύψος μεγάλο : οι δύο σε χωριστό μέρος και ενωμένοι μεταξύ τους, αφιερωμένοι στον Ήλιο και στη Σελήνη, και ο τρίτος παραπέρα μόνος του, αφιερωμένος στον Διόνυσο・ σ’ αυτόν σφάζονταν κάθε λογής ζώα, μάλλον επειδή είναι πάνδημη θεότητα και ευεργετεί τους πάντες και εξευμενίζεται με πολλά και ποικίλα σφάγια. Στους άλλους όμως βωμούς, στον μεν Ήλιο οδήγησαν τέσσερα λευκά άλογα, αφιερώνοντας, ως φαίνεται στον πιό γρήγορο απ’ όλους τους θεούς το πιό γρήγορο ζώο, στη δε Σελήνη ένα ζευγάρι βόδια αφιερώνοντας, όπως είναι φυσικό, στην πλησιέστερη πρός τη γή θεότητα τους συνεργούς της γεωργίας.





 三つの祭壇が、高い大きい舞台の方に用意されていました。二つの分けられた部分は、組み合わされて一つに成っているのですが、太陽と月に捧げられているのです。三番目の祭壇は、一つだけになっていますが、ディオニソスに捧げられているのです。その祭壇で、それぞれの種の獣が、屠ふられるのです。ディオニソスは、一般的な神格なのです。それですから、数が多くて種類が豊富な生贄で怒りを鎮められ、すべてのものに慈悲を与えるのです。一方で、太陽神に捧げられた別の祭壇には、四頭の白い馬を引き入れました。他のどの神よりも速い神である太陽には、最も早い動物が相応しいと思われるので、馬を捧げたのです。月神には、一対の牛の番いが捧げられました。大地に最も近い神格である月神には、農業を共同する牛を捧げるのが、自然だからです。
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

エティオピア物語 第十巻 6-4

  Ολόγυρα είχε παραταχτεί μιά φάλαγγα οπλιτών・ ακουμπώντας στις ασπίδες τους που τις κρατούσαν όρθιες και ενωμένες μεταξύ τους, πάσχιζαν να κρατήσουν το πλήθος μακριά από το κέντρο της πεδιάδας για να μήν παρενοχλεί τις ιεροτελεστίες. Ο δε Υδάσπης, απευθύνθηκε πρώτα στο λαό αναγγέλλοντας με λίγα λόγια τη νίκη και τα υπέρ του κοινού επιτεύγματα κι ύστερα πρόσταξε να αρχίσει η τελετή της θυσίας.





 その周囲全部に、装甲歩兵の隊列を配置していました。歩兵たちは、自分たちの盾に身体を凭せ掛け、盾と一体化して、盾を何とか真っ直ぐに保たせていました。こうして、兵士たちは、平地の中心から、群衆を遠くに離しておくのに苦労していたのです。群衆が儀式を混乱させないためにそうしたのです。一方、イダスピス王は、まず、民衆に話し掛けました。短い言葉で、勝利と民衆のためになる諸成果を知らせたのです。そうしてから、生贄の儀式を始める様に命令したのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

エティオピア物語 第十巻 6-3

  Εκεί κοντά, σε μιά άλλη σκηνή, πάνω σε ψηλό βάθρο, είχαν τοποθετηθεί τα αγάλματα των πολιούχων θεών και οι εικόνες των ηρώων, του Μέμνονα και του Περσέα και της Ανδρομέδας, τους οποίους οι βασιλείς των Αιθιόπων θεωρούν γενάρχες τους・ χαμηλότερα, σαν για να έχουν πάνω από τα κεφάλια τους τις θεότητες, στο πιό κάτω σκαλοπάτι, κάθονταν οι Γυμνοσοφιστές.





 直ぐ近くに、別の舞台がありました。その高い台の上に、守護神達の像と、メムノン、ペルセウスの英雄たちと、アンドロメダの絵が置かれていました。エティオピアの王たちは、その三人を自分たちの祖先だと考えていたのです。低い方には、裸形の賢者たちが座っていたのです。まるで、下の段で、これらの神格を自分たちの頭の上に掲げているかの様でした。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

エティオピア物語 第十巻 6-2

  Και αφού πρόσπεσαν και προσκύνησαν τους θεούς και τέλεσαν τις ευχαριστήριες ευχές για τη νίκη και τη σωτηρία, βγήκαν έξω από τον περίβολο για να προσφέρουν τη δημόσια θυσία και κάθισαν σε περίοπτη θέση κάτω από τη σκηνή που είχε στηθεί επί τούτω στην πεδιάδα. Γιά την κατασκευή της είχαν χρησιμοποιηθεί τέσσερα νεόκοπα καλάμια που είχαν στηθεί στις τέσσερις γωνίες ενός τετραπλεύρου για να τη στηρίζουν σαν κίονες και είχαν λυγισμένες τις άκρες, έτσι ώστε να συναντώνται σχηματίζοντας ένα είδος αψίδας, ενώ για ορφή είχαν χρησιμοποιηθεί κλαδιά φοινικιάς.



επί τούτω : για το σκοπό αυτό





 裸形の賢者たちは、頭を垂れ、神々に跪拝したのです。そして、勝利と無事への感謝の言葉を宣べたのです。それから、誰もが見られる生贄を供するために神域から出て来たのです。そして、舞台の下の目立つ席に座りました。それは、その為に、平地に設えられていたのです。その舞台を作るために、賢人達は、切ったばかりの葦を四本使っていました。それらは、一つの四角形の四つの角に据えられていました。柱の様に支えるためにです。先が曲がっていたので、お互いに合わさって、一つのアーチの形になっていたのです。また、表面には、椰子の枝を使っていました。
posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

エティオピア物語 第十巻 6-1

  Όλη νύχτα λοιπόν οι κάτοικοι της Μερόης περνούσαν από διάφορα σημεία το ποτάμι σπεύδοντας να προύπαντήσουν τον Υδάσπη και να τον υποδεχτούν επευφημώντας τον σαν θεό. Και ενώ οι πολίτες τον προϋπάντησαν κάπως πιό μακριά, οι Γυμνοσοφιστές τον συνάντησαν λίγο πρίν από την ιερή γή, του έσφιξαν το χέρι και τον ασπάστηκαν・ μετά από αυτούς τον υποδέχτηκε η Περσίννα που περίμενε στα προπύλαια του ναού, μέσα από το τείχος.





 そうして、メロイの住人たちは、一晩中、あらゆる所から河を渡り、イダスピス王を出迎えようと、急いで駈けて行ったのです。王を神の様に喝采して迎えようとしていたのです。市民たちはやや離れて王を出迎えました、一方、裸形の賢者たちは、神聖な土地の直ぐ前で、王に会ったのです。そして、手を強く握って、抱きしめたのです。裸形の賢者たちの後ろで、ペルシナは王を出迎えました。女王は、城壁の中の神殿の門で待っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

エティオピア物語 第十巻 5-2

  Το νησί είναι τόσο μεγάλο ( τρείς χιλιάδες στάδια είναι το μήκος και χίλια το εύρος του ), ώστε μοιάζει με ήπειρο και τρέφει τεράστια ζώα, μεταξύ των οποίων και ελέφαντες, και έχει γή κατάλληλη για να φυτρώνουν δέντρα που ξεχωρίζουν για το μέγεθός τους. Πανύψηλες φοινικιές κάνουν τεράστιους και εύγευστους χουρμάδες και τα στάχυα του σιταριού και του κριθαριού ψηλώνουν τόσο, ώστε καλύπτουν άνθρωπο πάνω σε άλογο και κάποτε πάνω σε καμήλα και, ως πρός τον καρπό, αποφέρουν ώς τριακόσια το ένα・ όσο για τα καλάμια, έχουμε ήδη πεί πόσο χοντρά είναι.





 島はとても大きかったのです。( 縦に、三千スタディ。幅は一千スタディでした。 ) それだから、内陸の様でした。たくさんの生き物を生かせていたのです。その中には、象もいました。それに、その大きさで、目立つ様な樹々が生えるのに適した土地だったのです。とても背の高い椰子の樹は、巨大で美味な椰子の実をつけるのです。小麦と大麦の穂は、とても高くなって、馬に乗っている人間も覆い隠す程なのです。時には、駱駝に乗った人間でも覆い隠すのです。そして、実については、一茎に三百が成るのです。葦については、とても太いと、既に、述べました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

エティオピア物語 第十巻 5-1

  Η Μερόη, η πρωτεύουσα της Αιθιοπίας, είναι ένα τριγωνικό νησί που περιρρέεται από τρείς πλωτούς ποταμούς, τον Νείλο, τον Ασταβόρρα και τον Ασασόβα. Ο Νείλος, φτάνοντας στην κορυφή του τριγώνου, σχίζεται στα δυό, ενώ οι δύο άλλοι περνούν πλάι στις δύο πλευρές του και πάλι ενώνονται για να χυθούν στον Νείλο χάνοντας και το ρεύμα και το όνομά τους.



περιρρέω : ρέω ολόγυρα





 エティオピアの首都の、メロイの都市は、三角の島なのです。船が通れる様な大きな河、ナイルとアスタボラ、アサソバの三本の河が、周りを取り巻いて流れているのです。ナイル河は、三角の頂きに到達すると、二つに分かれるのです。他の二つの川は、三角の側面の側を通って、また、合わさるのです。そしてナイル河に流れ込むのです。そして、独自の水路も名前も失くすのです。
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

エティオピア物語 第十巻 4-6

  Ορμή λοιπόν ακατάσχετη είχε κυριέψει τους πολίτες : το ίδιο βράδυ, χωρίς κάν να περιμένουν την ορισμένη μέρα, πέρασαν τον Ασταβόρρα ποταμό, άλλοι από τη γέφυρα, άλλοι με πορθμεία κατασκευασμένα από καλάμια ― πλήθος τέτοια σκάφη λικνίζονταν δεμένα σε πολλά σημεία της όχθης για να διευκολύνουν τη διαπεραίωση των πολιτών που έμεναν μακριά από τη γέφυρα・ είναι δε ταχύτατα και εξαιτίας του υλικού τους και επειδή είναι ελαφρά : το πολύ να σηκώνουν το βάρος δύο-τριών ατόμων・ για να τα φτιάξουν, κόβουν εγκαρσίως ένα καλάμι στα δυό και κάθε κομμάτι του αποτελεί ένα σκαφάκι.





 そうして、押さえ切れない感情が、既に、都市の人々の心を捉えていたのです。その宵方、決まった日を待つことさえせずに、人々は、アスタボラ川を渡り、ある者たちは橋で渡り、ある者たちは葦で造られた連絡船で渡ったのです。 ― 河岸のたくさんの場所に繋がれた、とてもたくさんの小舟が揺れていたのです。それらは、橋から離れたところに住む都市の人々の通行を容易にするためにあったのです。でも、その小舟はとても速いのです。材料が軽いからなのです。重さは、せいぜい二人か三人で運べるものなのです。作るには、一本の葦を横に二つに切って、そのそれぞれが、小さな小舟になるのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

エティオピア物語 第十巻 4-5

  Η θυσία θα προσφερόταν στον Ήλιο και στη Σελήνη, τούς πιό αγνούς και πιό φωτεινούς απ’ όλους τους θεούς, και ο νόμος απαγόρευε στο γυναικείο φύλο να αναμειγνύεται, μην τυχόν, έστω και αθέλητα, μιανθούν οι τελετές・ μόνο μιά γυναίκα είχε δικαίωμα να παρευρίσκεται, η ιέρεια της Σελήνης, κι αυτή ήταν η Περσίννα : κατά το νόμο και κατά το έθιμο, ιερέας του Ήλιου ήταν ο βασιλιάς και της Σελήνης η βασίλισσα.





 生贄は、他のすべての神よりも、純真で明晰な、太陽神と月神に供えられる予定だったのです。法は、女性に、騒ぎを起こすことを禁じていました。意図していなくても、まさか、儀式が汚されないためなのです。一人の女性だけが、出席を認められていたのです。月の巫女です。それは、ペルシナでした。法と慣習では、太陽の神官は王で、月の巫女は女王だったのです。 
posted by kyotakaba at 16:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

エティオピア物語 第十巻 4-4

  Έτσι και έγινε : δεν πρόλαβε να φτάσει στα ανάκτορα η Περσίννα και ένας ιππέας της έφερε γράμμα από το βασιλιά με την αναγγελία ότι θα έφτανε την επομένη. Κι αμέσως οι κήρυκες ανήγγειλαν παντού την είδηση・ μόνο οι άνδρες, έλεγαν, είχαν δικαίωμα να βγούν σε προϋπάντηση του βασιλιά, ενώ στις γυναίκες απαγορευόταν.





 それから、次の様なことが起こりました。ペルシナ女王が、先に宮殿に着いたのです。それから、一人の騎士が、女王の下に、翌日に到着すると言う知らせが書かれた、王からの手紙を持って来たのです。触れ役人たちは、直ぐ様、この知らせを、至る所で、告知して回ったのです。男たちだけ、王の出迎えに出掛ける許可がある、女たちには、王は、禁止された、と、触れ役人たちは言ったのです。
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

エティオピア物語 第十巻 4-3

  Και η Περσίννα ≪ Και τα φοβερά ≫, είπε, ≪ και όλα τα άλλα θα γυρίσουν στο καλύτερο εφόσον σείς θα είστε παρόντες. Κι εγώ, όταν μάθω ότι φτάνει ο Υδάσπης, θα σας είδοποιήσω ≫. ≪ Δεν χρειάζεται καμιά είδοποίηση ≫, είπε ο Σισιμίθρης・ ≪ θα φτάσει αύριο το πρωί・ ένα γράμμα που θα λάβεις σε λίγο θα σου το μηνύσει ≫.





 すると、ペルシナはこのように言ったのです。「あなた方がお姿をお見せになれば、どんな心配ごとも、その他の事どもも。皆、良くなるでしょう。イダスピス王が到着したと分かりましたら、あなた方にお知らせするつもりです。」 シシミシリスはこう言いました。「どんな知らせも必要はありません。王は、明日の朝にはお着きになるでしょう。貴女にそれを知らせる手紙が直ぐに来るでしょう。」   


posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

エティオピア物語 第十巻 4-2

  Κι εκείνοι, αφού την παρακάλεσαν να περιμένει λίγο, μπήκαν στο άδυτο για να κάμουν την καθιερωμένη προσευχή και να ρωτήσουν τους θεούς τί έπρεπε να κάμουν・ λίγο μόνο έλειψαν και, όταν επέστρεψαν, μίλησε μόνο ο προκαθήμενος του συνεδρίου Σισιμίθρης, ενώ οι άλλοι παρέμειναν σιωπηλοί. ≪ Περσίννα ≫, είπε, ≪ εμείς μεν θα παρευρεθούμε, οι θεοί μας το επιτρέπουν・ τα θεία όμως προαναγγέλλουν κάποια αναστάτωση και ταραχή που θα προκληθεί την ώρα των θυσιών και η κατάληξή της θα είναι καλή και ευχάριστη : φαίνεται πώς ένα μέλος του σώματός σας ή ένα μέρος της βασιλίας σας έχει χαθεί και το πεπρωμένο πρόκειται να σας εμφανίσει τότε το ζητούμενο ≫.





 裸形の賢者たちは、女王に少し待って呉れる様にお願いすると、聖域に入って行きました。慣例の祈禱をするためです。それから、自分たちは何をするべきかを神々に尋ねるためにです。席を開けたのは、ほんの僅かの時間でした。戻って来ると、賢者たちの協議の主席のシシミシリスが、一人でこう言ったのです。その間、他の賢者たちは、沈黙していました。「ペルシナ様、私共については、出席いたしましょう。神々は私共にお許しになりました。けれども、神々は、何かの混乱と動揺を先触れておられます。犠牲祭の時に、それは起こるでしょう。そして、犠牲祭の終わりは、素晴らしいそして喜びに満ちたものになるでしょう。女王様のからだの一部、あるいは、貴女の王位の一部が失われます。そして、運命は、貴女に、望んでいたものを、やっと、見せることになるでしょう。」
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

エティオピア物語 第十巻 4-1

  Η Περσίννα εξάλλου πρόσταξε να σταλούν στην ιερή γή έξω από την πόλη κοπάδια βόδια και πρόβατα και άλογα και γρύπες και άλλα ζώα κάθε λογής, άλλα για να ετοιμαστεί μιά εκατόμβη από κάθε γένος και άλλα για το πάνδημο συμπόσιο. Τέλος επισκέφθηκε τους Γυμνοσοφιστές στο ιερό του Πανός όπου κατοικούσαν, τους έδωσε το γράμμα του Υδάσπη και τους παρακάλεσε κι αυτή να κοσμήσουν με την παρουσία τους την πανήγυρη ανταποκρινόμενοι στην πρόσκληση του βασιλιά, αλλά εν μέρει και για χάρη δική της.



εν μέρει : κατά ένα μόνο μέρος και όχι συνολικά = μερικώς


ιερό του Πανός の Πανός 、中性の不変の名詞なのだと思う。




 そうして、ペルシナは、都市から神聖な土地へ、牛の大変な数の群れと羊の群れ、それに馬やグリフィンの群れ、その他のあらゆる動物を送り出す様に、命令を出したのです。あるものは、それぞれの種でエカトムビ( 百頭の牛の生贄 ) を用意するため、あるものは、全市民の宴会のためだったのです。最後に、裸形の賢者たちのもとを訪れたのです。パノスにある寺院です。裸形の賢者たちはそこに住んでいたのです。そして、彼らにイダスピス王の手紙を渡しました。そして、ペルシナ女王は、裸形の賢者たちに、王の招聘に応えて、彼らの臨場でお祝いに花を添える様に頼んだのです。けれども、それは、幾分かは、女王自身の為だったのです。    
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

エティオピア物語 第十巻 3-3

  Και γέμισε αμέσως χαρά η Μερόη : σε κάθε γένος, σε κάθε φατρία, σε κάθε γειτονιά, χόρευαν νύχτα μέρα και πρόσφεραν θυσίες στους θεούς και γέμιζαν με στεφάνια τα τεμένη γιορτάζοντας όχι τόσο για τη νίκη όσο για τη σωτηρία του Υδάσπη, του ανθρώπου που, με την ευνομία, την ευσπλαχνία και την πραότητα, ήξερε να σταλάζει στις ψυχές του λαού του τον πόθο του παιδιού για τον πατέρα.




 すると直ぐに、都市メロイは喜びで満ちたのです。どの民族でも、どの党派でも、どの街区でも、人々は夜も昼も踊り、神々に生贄を捧げたのです。それぞれの寺院も花輪で満たしたのです。それは、勝利を祝っていたのではないのです。イダスピス王の無事を祝っていたのです。遵法の精神を持ち、慈悲心を持ち、思いやりの心を持っていて、子供が父親に対して抱く憧れを、自分の国民たちに浸透させることを知っている、イダスピス王の無事を祝っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

エティオピア物語 第十巻 3-2

  Η διαταγή εκτελέστηκε αμέσως : οι αγγελιοφόροι, με στεφάνια από λωτούς του Νείλου στο κεφάλι και στα χέρια κλαδιά φοινικιάς, διέτρεξαν έφιπποι τις κεντρικές συνοικίες της πόλης με μόνη την όψη τους αναγγέλλοντας στους πολίτες τη νίκη.





 命令は直ぐに実行されました。触れ役人たちは、ナイル河の蓮の花の冠を頭に被り、手には椰子の枝を持っていたのですが、馬に乗って、都市の中心の街区街区を走り、人々に勝利と言う点だけの告知を知らせて回ったのです。
posted by kyotakaba at 11:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

エティオピア物語 第十巻 3-1

  Όταν έφτασαν τα γράμματα, η Περσίννα ≪ να λοιπόν ≫, είπε, ≪ πώς εξηγείται το όνειρο που είδα αυτή τη νύχτα, ότι έμεινα έγκυος και αμέσως ύστερα γέννησα και ήταν το νεογέννητο μιά κόρη στον ανθό της ηλικίας της : οι πόνοι της γέννας σήμαιναν, ως φαίνεται, τους κινδύνους του πολέμου και η κόρη που γεννήθηκε τη νίκη. Πηγαίνετε λοιπόν στην πόλη να τη γεμίσετε με της χαράς τα ευαγγέλια ≫.





 手紙が届くと、ペルシナは、こう言ったのです。「まあ、この夜、わたしが見た夢は、わたしは妊娠して、直ぐに生むのだけれど、新しく生まれた子はもう花の盛りの娘になっている、と告げていたわ。産む苦しみは、戦争の危険を、産まれた娘は、勝利を意味している様に思えるわ。では、賢者の皆さん、あの都市へ行って下さい。嬉しい知らせで都市を満たして下さい。」  


posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

エティオピア物語 第十巻 2-2

  Και στη γυναίκα του την Περσίννα έγραφε τα εξής : ≪ Μάθε ότι νίκησα και ― πράγμα που για σένα είναι το πρώτο ― ότι είμαι στη ζωή. Στέρξε λοιπόν να ετοιμάσεις με κάθε μεγαλοπρέπεια τις ευχαριστήριες πομπές και τις θυσίες και παρακάλεσε μαζί μου τους σοφούς ― ήδη κι εγώ τους έχω στείλει μήνυμα ― να σπεύσουν μαζί με σένα έξω από την πόλη, στην ιερή γή την αφιερωμένη στους προστάτες μας θεούς, τον Ήλιο, τη Σελήνη και τον Διόνυσο ≫.





 それから、妻のペルシナには、次の様な手紙を書いたのです。「私が勝ったことを知って下さい。でも、貴女にとって一番のことはこちらですね、私が生きていることを知って下さい。それから、祝賀の行列と生贄とを、貴方が、それぞれ絢爛豪華に準備することをご承知下さい。それから、賢者たちには、私は既に伝言を送ってはいるのですが、どうか、わたしと一緒にお願いして下さい。賢者様たちには、貴女と一緒に、急いで都市から出て、神聖な土地、私たちの守護神たち、太陽神と月神とディオニソスに捧げられた土地に駆け付けて下さる様に、お願いするのです。」
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

エティオピア物語 第十巻 2-1

  Στους σοφούς τους ονομαζόμενους Γυμνοσοφιστές που είναι πάρεδροι και σύμβουλοι του βασιλιά έγραφε : ≪ Στο πανσέβαστο Συνέδριο ο βασιλεύς Υδάσπης・ με εξαιρετική χαρά σας αναγγέλλω τη νίκη κατά των Περσιών όχι υπερηφανευόμενος για το κατόρθωμα ( την τύχη την αμφίρροπη σέβομαι και φοβούμαι ), αλλά συγχαίροντάς σας για την προφητεία που τώρα, όπως και πάντα, επαληθεύεται. Σας παρακαλώ λοιπόν με όλον το σεβασμό να καθαγιάσετε με την παρουσία σας ενώπιον του κοινού των Αιθιόπων τις ευχαριστήριες επινίκιες θυσίες ≫.





πανσέβαστος : Εξαιρετικά σεβαστός・


επινίκιος : ο αναφερόμενος μετά από νίκη



 そして、王の代理を務め、王に助言をする、裸形の賢者と言われる知者たちに、イダスピス王は、次の様な手紙を書いたのです。「至上に敬服する評議員の皆様へ イダスピス王。 この上ない喜びを以て、貴方樣方に、ペルシャへの勝利を報告いたします。成功したので自慢をしているのではありません。( どうなるかも分からない運命に、私は、恭順していますし、恐れても降ります。 ) けれども、今、貴方樣方の予言に対しまして、お祝いを申し上げます。予言は何時もの様に実現いたしました。それですから、全幅の敬意を以てお願いいたします。どうか、エティオピアの人々の現前にお姿を現して、この上なく喜ばしい勝利の報告の犠牲祭を行って下さい。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする