2017年01月12日

エティオピア物語 第十巻 1-3

  πρίν φύγει, είχε στείλει δύο επίλεκτους ιππείς με τη διαταγή ν’ αλλάζουν άλογα σε κάθε κώμη ή πόλη, ώστε να φέρουν το ταχύτερο την καλή είδηση της νίκης στη Μερόη.





 王は、出発する前に、二人の精鋭の騎士を送り出していたのです。騎士には、勝利の吉報をメロイに一番の速さでもたらす様にと命令を出していました。その為には、各村、町で馬を乗換える様にと言っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

エティオピア物語 第十巻 1-2

  Στην αρχή λοιπόν βάδιζε συνεχώς σε παραποτάμιες περιοχές ακολουθώντας την όχθη του Νείλου・ και όταν έφτασε στους καταρράχτες, θυσίασε στον Νείλο και στους θεούς των συνόρων και, αλλάζοντας κατεύθυνση, ακολούθησε τους μεσογειακούς δρόμους ώσπου έφτασε στις Φίλες・ εκεί ξεκούρασε δύο μέρες το στρατό του και πάλι έστειλε μπροστά τους περισσότερους και μαζί έστειλε και τους αιχμαλώτους・ ο ίδιος παρέμεινε για να ενισχύσει τα τείχη της πόλης και, αφού εγκατέστησε φρουρά, ξεκίνησε κι εκείνος・





 それから、王は、最初のうちは、ナイル河の岸に沿って、ゆっくり歩いたのです。滝に着くと、ナイル河と国境の神々に生贄を捧げました。そして、進む方向を変えたのです。フィラに到着するまで、内陸の道を通ったのです。そこで、王の軍隊は、二日間、身体を休めていたのです。そして、王は、再び、軍隊のほとんどを、自分の先へ送り出したのです。それと一緒に、捕虜も送り出しました。王自身は、フィラに残ったのです。そして、都市の城壁を強化したのです。そして、護衛を置くと、王自身も出発したのです。
posted by kyotakaba at 15:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

エティオピア物語 第十巻 1-1

  Αυτά λοιπόν έγιναν στη Συήνη, μιά πόλη που έφτασε στο χείλος της καταστροφής και ξαφνικά, λόγω της δίκαιης κρίσης ενός ανθρώπου, είχε μιά τόσο αίσια μεταστροφή της τύχης. Ο δε Υδάσπης, αφού έστειλε από πρίν στην Αιθιοπία το μεγαλύτερο μέρος του στρατού του, ξεκίνησε κι εκείνος ενώ Συηναίοι και Πέρσες τον κατευόδωναν με επευφημίες ώσπου απομακρύνθηκε από την πόλη.





 シイニーで起こったのは、こう言うことだったのです。都市は、破滅の瀬戸際まで行ったのです。そして、突然に、一人の人間の公正さから、とても幸運なことに、運命を変えたのです。イダスピス王と言えば、王は、自分の軍隊のほとんどを、先にエティオピアに送り返していたのです。それから、自分が出発しました。その時には、シイニーの人々とペルシャの人々は、都市から相当に離れるまで王に附いて行き、歓呼の声を上げながら見送ったのです。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

エティオピア物語 第九巻 27-3

  Για όλ’ αυτά, άν επιζήσω, εγγυώμαι ειλικρινή ειρήνη και αιώνια φιλία μεταξύ Αιθιόπων και Περσών και υπόσχομαι ότι θα εκτελέσω όσα προστάχτηκαν πρός χάριν των Συηναίων・ κι άν πάθω κάτι, είθε οι θεοί να ανταμείψουν τον Υδάσπη, τον οίκο και το γένος του, για όσα καλά μου έκαμε ≫.





 「こうしたすべてのことがその理由です。もし、私が生き延びることが出来たのなら、真正の平和と、エティオピアとペルシャとの間の恒久な友好を保証いたします。それに、シイニーの人々の為に、命じられたことはすべて実行することをお約束します。私の身に何かが起こった時には、王が私にして下さったすべての善行の故に、神々が、イダスピス王、それに王の家、王の一族に、報われます様に。」     






第九巻、終わり
posted by kyotakaba at 11:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

エティオピア物語 第九巻 27-2

  ≪ Δεν νομίζω ≫, είπε πρός τους παρευρισκόμενους, ≪ ότι παραβαίνω τα πατροπαράδοτα αναγνωρίζοντας για βασιλιά μου εκείνον που μου δωρίζει τη σατραπεία και προσκυνώντας τον πιό δίκαιο άνθρωπο του κόσμου ο οποίος, ενώ μπορούσε να με θανατώσει, μου χάρισε τη ζωή και, ενώ η μοίρα μου ήταν να γίνω σκλάβος, μου παραχώρησε τη σατραπεία.





 オロンダティスは、居合わせた人たちに向けて、こう言いました。「私は、私が伝統に背いている、とは思っていません。私に太守の地位を与えて下さったのは、この王だと、分かっているのですから。そして、だから、私は、世界で最も公正なこの方に跪拝するのです。この方こそ、私を殺すことも出来たのにです、この方こそ、私に命を給わって下さり、その上に、私の運命では奴隷になるところだったのに、王は、太守の地位を下さいました。」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

エティオピア物語 第九巻 27-1

  Στα λόγια του αυτά ως τα ουράνια έφτασαν οι επευφημίες από πολίτες και στρατιώτες και τα χειροκροτήματα αντήχησαν ώς πέρα μακριά・ ο δε Οροονδάτης έτεινε τα χέρια, τα σταύρωσε κι έσκυψε να τον προσκυνήσει, πράγμα αντίθετο πρός τα ήθη των Περσών που δεν συνήθιζαν τέτοιες εκδηλώσεις λατρείας σε άλλον βασιλιά.





 王のこの言葉を受けての、都市の人々と兵士たちの歓声は、幾層もの空までも届いたのです。そして、その拍手は、ずっと遠くまで聴こえたのです。一方、オロンダティスは、両手を伸ばして、その両手を重ね合わせました。それから、身を屈めて、王を拝んだのです。実は、こうした行為は、ペルシャの儀礼には反しているのです。ペルシャの儀礼では、他の王に恭順を示すと言う、習慣はないのです。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

エティオピア物語 第九巻 26-3

  Και σύ, άν επιζήσεις, διατήρησε το αξίωμα του σατράπη και στείλε μήνυμα στο βασιλιά των Περσών ότι “ ο αδελφός σου ο Υδάσπης με το στρατό μου σε νίκησε αλλά με την καλή του γνώμη σου απέδωσε όλα όσα κατείχες επιθυμώντας, άν και συ το θέλεις, τη φιλία σου, το ωραιότερο πράγμα στον κόσμο, αλλά και πρόθυμος για πόλεμο, άν εσύ τον ξαναρχίσεις. Όσο για τους Συηναίους, τους απαλλάσσω για δέκα χρόνια από τους φόρους και σου παραγγέλλω να κάμεις και συ το ίδιο ” ≫.





 「それで、貴公、貴公が生き存えたら、太守の地位はそのままにしなさい。それから、ペルシャの王へ伝言を送りなさい。この様な伝言だ。「貴方様の兄上、イダスピス王は、その軍隊で、貴方を打ち負かしました。けれども、王の立派なご意見に依れば、王は、貴方様が所有しているものは全て、貴方にお返しになると言うことです。そして、王は、貴方様がそれを望めばですが、この世界で最も素晴らしいもの、つまり、貴方様の友情をご所望なのです。ただ、王は、貴方様が戦争をまた始められるのでしたら、進んで戦争をします。シイニーの人たちについては、私は、十年の間、税を免除します。そこで、貴方にも、同じ様にする様に命じるのです。」」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

エティオピア物語 第九巻 26-2

  Κι αφού άκουσε όλους τους άλλους για ό,τι είχε καθένας να ζητήσει, τέλος, ασχολήθηκε με τον Οροονδάτη που είχε προστάξει να μεταφερθεί μπροστά του με φορείο. ≪ Εγώ ≫, του είπε, ≪ εφόσον έχω επιτύχει σ’ αυτά που αποτελούσαν τις αιτίες του πολέμου κατακτώντας τις αρχικές προφάσεις της έχθρας, τις Φίλες και τα μεταλλεία των σμαραγδιών, δεν έχω πάθει αυτό που παθαίνουν οι περισσότεροι ούτε θέλω να επαυξήσω τις επιτυχίες μου από πλεονεξία ούτε και θα επιδιώξω ως νικητής να επεκτείνω επ’ άπειρον την εξουσία μου, αλλά αρκούμαι στα όρια που εξαρχής έθεσε η φύση χωρίζοντας την Αίγυπτο από την Αιθιοπία με τους καταρράκτες, Ώστε, αφού κατέκτησα εκείνα για τα οποία εξεστράτευσα, επιστρέφω στην πατρίδα μου σεβόμενος το δίκιο.





 そして、王は、他の捕虜たち、その全員が、最後に、オロンダティスのお世話をしたいと願っている、と聞いたので、王の前に、オロンダティスを担架で運んで来る様に命じていたのでした。王は、オロンダティスに言いました。「当初の敵意の口実だった、フィラの都市、エメラルドの鉱山を獲得し、戦争の原因であった事どもを片付けたのだから、私は、多くの人が悩んでいることでは、悩まないのだ。私は、貪欲から自分の成功をより多くすることを望まないし、自分の支配権を無際限に拡張する為の勝利を追い求めもしないだろう。そうではなく、昔から、自然が置いた境界に、私は満足しているのだ。その境界とは、滝によって、エジプトとエティオピアを隔てている、それだ。そうして、遠征した戦いに勝利を収めたのだから、私は、公平を尊重して、故国に帰るのだ。」
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

エティオピア物語 第九巻 26-1

  Έτσι μίλησε και άρχισε να επιθεωρεί και να εξετάζει τους άλλους αιχμαλώτους που περνούσαν από μπροστά του : άλλους απ’ αυτούς χάριζε ( αυτούς που εξαρχής είχαν την τύχη να είναι δούλοι ) και κείνους που ήταν από καλή γενιά, τους άφηνε ελεύθερους. Κατά μέρος έβαλε δέκα νέους και άλλες τόσες κόρες που ξεχώριζαν για τα νιάτα και την ομορφιά τους και πρόσταξε να οδηγηθούν μαζί με τον Θεαγένη και τη Χαρίκλεια για ίδια μ’ εκείνους χρήση.





 王はこう話すと、他の捕虜たちを検分し、検査し始めました。捕虜たちは、王の前を通り過ぎたのです。王は、その捕虜たちからある者たちを引き離しました。その者たちは、良い家柄だったので、自由なままにさせたのです。( 他の捕虜たちについては、初めから、奴隷になる運命だったのです。 ) 十人の若者と、同じ人数程の、その若さと美しさで抜きん出ている娘を、王は脇に出したのです。そして、同じあの目的な為に、テアゲニスとハリクレアと一緒に連れて行く様に、命じたのです。
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

エティオピア物語 第九巻 25-5

  Αλλά ποιός είναι αυτός εδώ στο πλάι τους που μοιάζει με ευνούχο; ≫ ≪ Και πράγματι είναι ευνούχος ≫, απάντησε ένας από τους υπηρέτες, ≪ Βαγώας το όνομα, το πιό πολύτιμο αγαθό του Οροονδάτη ≫. ≪ Άς πάει μαζί τους κι αυτός ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όχι ως ιερό σφάγιο, αλλά ως φύλακας του ενός από τα σφάγια, αυτής εδώ της κόρης, που είναι τόσο όμορφη, ώστε χρειάζεται προσεκτική φροντίδα άν θέλουμε να διαφυλαχτεί αγνή ώς την ώρα της θυσίας. Εκ φύσεως οι ευνούχοι είναι ζηλότυποι・ τις απολαύσεις που έχουν οι ίδιοι στερηθεί είναι ταγμένοι να εμποδίζουν και στους άλλους ≫.




 「ところで、側にいる、宦官の様な男は誰なのだ?」 召使いの一人が答えました。「実際に、宦官です。名前は、バゴアスです。オロンダティスの一番に価値のある財産です。」 イダスピス王はこう言いました。「その男も一緒に行かせよう。神聖な生贄としてではない。生贄の男の方を見張る役だ。娘の護衛だ。娘は大層に美しい、それだから、細心の配慮が必要なのだ。私たちは、犠牲祭の時まで、娘の純潔を保ちたいのだから。素より、宦官は嫉妬深いものだ。自分たちが奪われている楽しみにのことでは、神掛けて、他人の邪魔をするものなのだ。」
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

エティオピア物語 第九巻 25-4

  Και η Χαρίκλεια ≪ πλάι στους βωμούς ≫, απάντησε, ≪ πάνω στους οποίους ξέρουμε πώς θα θυσιαστούμε, θα μάθετε ποιά είμαι και ποιοί είναι οι γονείς μου ≫. ≪ Και που γής είναι αυτοί; ≫ τη ρώτησε ο Υδάσπης. ≪ Και εδώ βρίσκονται και πάντως, όταν έλθει η ώρα να θυσιαστώ, θα είναι παρόντες ≫. Και ο Υδάσπης, χαμογελώντας και πάλι, ≪τώ όντι ονειρεύεται ≫ είπε, ≪ αυτή η ονειρογέννητη θυγατέρα μου που φαντάζεται ότι οι γονείς της έχουν ως εκ θαύματος μεταφερθεί από τη μακρινή Ελλάδα στη Μερόη. Πάρτε τους λοιπόν και φροντίστε να έχουν όλη την περιποίηση και την αφθονία που αρμόζει σε σφάγια επίσημης θυσίας.



τώ όντι : εἰμί の μετοχή 、中性、単数、与格。   





 すると、ハリクレアは、こう答えました。「祭壇の側で、貴方様は、わたしが何者で、わたしの両親が何者なのかを知ることになるでしょう。その祭壇で、わたしたちが生贄になる筈ということは、わたしたち、ちゃんと知っています。」 イダスピス王はこう尋ねました。「お前の両親は、この世の者たちなのか? ここに確かに居るのか、私が生贄を捧げる時間が来た時、両親はその場に居るのか。」 それから、微笑んで、また、こう言いました。「私の夢で生まれた娘が、二人が居ることを夢見ているのか。その娘の両親は、遠いギリシャからメロイに、奇跡で送られた様に思えるぞ。この二人の若者を連れて行け。そうして、厳粛な犠牲祭の生贄に相応しい、全てに亘る気遣いと贅沢が持てる様に世話をするんだ。」
posted by kyotakaba at 22:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

エティオピア物語 第九巻 25-3

  Αλλά πώς ≫, πρόσθεσε γελώντας πρός τους παρευρισκόμενος, ≪ δεν απόχτησα και γιο στο όνειρό μου, αφού ο νεαρός αυτός είναι αδελφός της κόρης και, κατά τα λεγόμενά σας, εφόσον επρόκειτο να τον δώ, έπρεπε τ’ όνειρο να μου παρουσιάσει από πρίν το είδωλό του; ≫ Στράφηκε ύστερα πρός τη Χαρίκλεια και, μιλώντας ελληνικά ( τη γλώσσα αυτή τη μελετούν με προσοχή οι Γυμνοσοφιστές και οι βασιλείς των Αιθιόπων ), ≪ και σύ, κορίτσι μου ≫, της είπε, ≪ γιατί σωπαίνεις και δεν απαντάς καθόλου στην ερώτηση; ≫





 「けれども、」と、居合わせた者たちに微笑みながら、付け加えました。「夢の中でも、私に息子は得られなかった。ところが、この若者は、この娘の兄と言うのだから、君たちの言う事に依れば、こうしてこの若者を私が見ているのであるのだから、夢は、前もって、この若者の幻を私に見せている筈なのだな? 」 それから、王は、ハリクレアの方へ向いて、ギリシャ語で話したのです。( 裸形の賢人[ インドの河畔にいる賢者 ]とエティオピアの王たちは、気を付けながら、この言葉を勉強しているのです。 ) 王は、ハリクレアにこう語りかけました。「お前、どうして、黙したままで、問いに答えないのだ?」  

posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

エティオピア物語 第九巻 25-2

  Και οι αξιωματούχοι είπαν ότι ήταν κάποιο πλάσμα της φαντασίας αφού η ψυχή συχνά πλάθει από πρίν ως είδωλα τα μέλλοντα. Άφησε τότε κατά μέρος το όνειρο ο Υδάσπης και ρώτησε τους δύο νέους ποιοί ήταν κι από που. Η Χαρίκλεια έμεινε σιωπηλή και απάντησε ο Θεαγένης λέγοντας ότι είναι αδελφοί και Έλληνες. Και ο Υδάσπης ≪ εύγε, Ελλάς! ≫, είπε, ≪ που είσαι μητέρα τέλειων παιδιών και, εκτός των άλλων, μας παρέχεις γνήσια και καλοσήμαδα σφάγια για τις επινίκιες θυσίες μας.



κακοσήμαδος





 高官たちは、魂は屢々前もって未来の事どもを幻として作り出して見せるので、それは想像上の人物でしょう、と言いました。それで、イダスピス王は、夢の事は脇に置いておいて、二人の若者に、彼らは何者で、何処の出かを尋ねたのです。ハリクレアは黙ったままでした。それで、テアゲニスが答えたのです。自分たちは兄と妹でギリシャ人だと言いました。すると、イダスピス王は言いました。「素晴らしい、ギリシャ! 貴女は、完璧な子供の母だ。その上に、私たちの勝利を祝う犠牲祭に、本物の好い薫りの生贄を提供してくれるのだ。」
posted by kyotakaba at 12:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

エティオピア物語 第九巻 25-1

  Έτσι συνομιλώντας, είχαν ήδη φτάσει στο βασιλιά・ στο ίδιο μέρος είχε οδηγηθεί και ο Βαγώας. Και ο Υδάσπης, όταν τους είδε όρθιους μπροστά του, σηκώθηκε για λίγο από το θρόνο του και ≪ ελεήστε με θεοί ≫, είπε και ξανακάθισε συλλογισμένος. Κι όταν οι αξιωματούχοι που τον περιέβαλλαν τον ρώτησαν τί είχε πάθει, ≪ είδα στον ύπνο μου ≫, είπε, ≪ ότι απόχτησα μιά κόρη σαν κι αυτή που είχε φτάσει μεμιάς στο άνθος της ηλικίας της・ κι ενώ δεν είχα δώσει καμιά σημασία το όνειρο, μου ξανάρθε στο νού σαν είδα το κορίτσι αυτό που τόσο μοιάζει με την κόρη του ονείρου ≫.





 こうして話しながら、二人は、王の下へ着いたのです。同じ所へ、バゴアスも連れて来られていました。イダスピス王は、自分の前に直立している彼らを見ると、王座から少し腰を上げて、「神々よ、私を憐れみ下さい。」と言ったのです。そして、また腰を降ろすと、じっと考え込んだのです。すると、王を取り囲む高官たちが、何をお苦しみなのですか、と尋ねたのです。王は言いました。「私は、夢で見たのだ。私が一人の娘を得ると言う夢だ。それも、花の盛りの歳に達した娘なのだ。私は、夢に何の意味もないと思っていたのだが、それを思い出したのだ。その夢の娘にあまりにそっくりな、少女を、今、見たものだから。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

エティオピア物語 第九巻 24-8

  Αλλά και άν ο Υδάσπης αναγνωρίσει κάποιο απ’ αυτά, ποιός είναι εκείνος που θα τον πείσει ότι είναι η Περσίννα που μου τα έδωσε και μάλιστα ως μητέρα στην κόρη της; Άχ Θεαγένη, μόνο ένα αναντίρρητο σημάδι αναγνώρισης υπάρχει : η φύση της μητέρας, που την κάνει, αμέσως μόλις συναντήσει το παιδί της, να νιώσει ένα βαθύ συναίσθημα στοργής, μιά μυστική συμμετοχή στα βάσανά του. Άς μην παραμελήσουμε λοιπόν εκείνο που μπορεί να καταστήσει έγκυρα όλα τα άλλα αναγνωριστικά σημάδια ≫.





καθιστώ





 「けれども、もし、イダスピス王がこの印から、わたしが誰だかと分かるとすれば、この印の品をわたしに渡したのはペルシナ女王で、女王は、その娘の母である、と言うことを、王に説得出来るのは誰なのですか? ああ、テアゲニス様。ひとつだけ、反対を決して言えない、わたしが誰かを分かる印があります。母性です。母性は、子供に会えば、たちどころに、母親に、深い親子の愛情を感じさせるのです。子供の苦しみへの不思議な関係を感じさせるのです。わたしたちは、喋り過ぎないでおきましょう。そうすることが、誰だかを分からせる、他の印のすべてを信頼あるものにさせることが出来る事なのです。」
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

エティオピア物語 第九巻 24-7

  ≪ Κι ομως ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ τα σημάδια αναγνώρισης που ξέρω ότι φυλάς με τόση προσοχή, θα αποδείξουν ότι δεν είμαστε ψεύτες ούτε απατεώνες ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ τα σημάδια ≫ είπε, ≪ είναι σημάδια γι’ αυτούς που τα ξέρουν και με εφοδίασαν μ’ αυτά όταν με άφησαν έκθετη, ενώ γι’ αυτούς που τα αγνοούν ή δεν είναι σε θέση να τα αναγνωρίσουν όλα, είναι τυχαία κειμήλια και περιδέραια που ίσως προσάψουν σε όποιον τα έχει υπόνοια κλοπής ή και ληστείας.




προσάψουν σε όποιον τα έχει υπόνοια κλοπής ή και ληστείας. :
προσάπτω : προσάπτω κτ σε κτ :: blame sb for sth
κτ = υπόνοια κλοπής ή και ληστείας
σε κτ = όποιον τα έχει





 テアゲニスは言いました。「けれども、見分けるための印があるではないか。僕は、君がそれをとても気を使って大切にしてるのを知っているよ。その印が、私たちが嘘つきでもないし、詐欺師でもない事を証明するに違いないよ。」 すると、ハリクレアは言いました。「印は、それらを知っている人にとっての印なのですよ。わたしを捨てた時、それらの品をわたしの身に付けさせた、そのことを知っている人にとっての印なのです。それに対して、それらの品を知らない人、あるいは、それらすべてが何かを見分ける立場にない人、その様な人々にとっては、この印は、よくある家宝と首飾りなのですよ。彼らは、たぶん、窃盗か略奪の疑いがあると言って、それらを持っている人を責めるでしょう。」
posted by kyotakaba at 14:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

エティオピア物語 第九巻 24-6

  Άν όμως, παρασυρόμενοι από τη μεγάλη μας χαρά, δηλώσουμε αμέσως ποιοί είμαστε ενώ εκείνοι που το ξέρουν και μπορούν να το βεβαιώσουν δεν είναι παρόντες, υπάρχει φόβος άθελά μας να δυσαρεστήσουμε το συνομιλητή μας και να υποστούμε τις συνέπειες της δίκαιης οργής του・ δεν αποκλείεται να θεωρήσει χλεύη ή και αλαζονεία το ότι κάποιοι αιχμάλωτοι προορισμένοι να ζήσουν ως σκλάβοι αρχίζουν να διηγούνται απίθανες ιστορίες παριστάνοντας, σαν σε κάποιο εντυπωσιακό θεατρικό τέχνασμα, τα παιδιά του βασιλιά ≫.




υφίσταμαι : υφίσταμαι τις συνέπειες
χλεύη : = χλευασμός : εμπαιγμός





 「けれども、もし、わたしたち二人が喜びのあまり我を忘れて、直ぐにも、わたしたちが何者かを明らかにしたりしたら、でも、その事を知っていて、確証してくださる方たちは、今ここに居ないのですから、不本意ですけれど、わたしたちが話す相手を不愉快にさせる恐れがあるのです。それに、王の怒りを買う恐れもあるのです。王が、わたしたちがそう言う事を、嘲り、あるいは、傲慢だと考えることはないとは言えないのです。奴隷として生きる事になっている捕虜の人たちが、派手な演劇の遣り方で、王の子供の振りをして、嘘の作り話しを言い始めた、と考えるでしょう。」
posted by kyotakaba at 11:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

エティオピア物語 第九巻 24-5

  ≪ Άν όμως προλάβουν να μας θυσιάσουν ≫ είπε ο Θεαγένης, ≪ ή και να μας δωρίσουν ως σκλάβους ματαιώνοντας την άφιξή μας στην Αιθιοπία; ≫ ≪ Εντελώς το αντίθετο θα συμβεί ≫ είπε η Χαρίκλεια. ≪ Συχνά έχεις ακούσει από τους φρουρούς ότι τρεφόμαστε ως ιερά σφάγια με σκοπό να θυσιαστούμε στους θεούς της Μερόης・ ώστε κανένας φόβος δεν υπάρχει να μας δωρίσουν ή να μας σκοτώσουν προηγουμένως εφόσον είμαστε αφιερωμένοι στους θεούς με υπόσχεση την οποία άνθρωποι τόσο ευσεβείς θα θεωρήσουν αθέμιτο να παραβούν.




 テアゲニスは言いました。「けれども、私たちを生贄にするのが先になったら、そうでなくても、奴隷として贈られたて、エティオピアに辿り着く事を出来なくしてしまったら、どうするの?」 ハリクレアは言いました。「全く反対の事が起こるでしょう。貴方は、度々、護衛兵たちから聞いているでしょう。メロイの神々に捧げる為に、生贄として太らせる、って。ですから、私たちを贈り物にするとか、私たちを一番先に殺すとか言う恐れはないのです。わたしたちは、とても敬虔な人々との約束で、神々に捧げられるのですから。そんな人たちは、約束を破る事を不敬だと考えるでしょうから。」
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

エティオピア物語 第九巻 24-4

  Γιατί όσα η τύχη έχει κάμει εξαρχής πολύπλοκα, αυτά και για να περατωθούν χρειάζεται κατ’ ανάγκην μακροχρόνια διαδικασία・ άλλωστε μιά κατάσταση τόσο περίπλοκη για τόσο πολύν καιρό δεν είναι φρόνιμο να διαλευκανθεί μεμιάς, όταν μάλιστα η κορωνίδα της υπόθεσής μας, εκείνη από την οποία εξαρτάται όλη η πλοκή και η λύση της, θέλω να πώ η Περσίννα η μητέρα μου, δεν είναι εδώ παρούσα. Είναι βέβαια στη ζωή・ αυτό έδωσαν οι θεοί και το μάθαμε ≫.





 「運命は、最初から複雑になっていました。それはつまり、運命が先に進む為には、必然的に、長い年月の過程が必要だと言うことなのです。その上に、これ程長い間、これ程複雑な状況なのですから、全部を一緒に解明するのは賢明なことではありません。わたしたちの事態は、今まさに、一番の難所にあるのです。その、わたしたちについての事は、すべてが、運命の成り行きと解決に掛かっているのです。今ここに、わたしの母のペルシナがいない、と言うことを言わなければなりません。お母様は確かに生きておられます。それは、神々がわたしたちに知らせてくれた事なのです。」
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

エティオピア物語 第九巻 24-3

  Και ο Θεαγένης είπε σιγά στη Χαρίκλεια : ≪ Θα πείς, πολυαγαπημένη μου, στο βασιλιά όλα τα σχετικά με μας. Γιατί να που βασιλιάς είναι ο Υδάσπης, εκείνος ο ίδιος που τόσες φορές μου έχεις πεί ότι είναι ο πατέρας σου ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ άχ γλυκέ μου ≫, του είπε, ≪ οι μεγάλες υποθέσεις χρειάζονται μεγάλες ετοιμασίες.





 テアゲニスはハリクレアに小声でこう言いました。「愛しい愛しい君、君は、王に私たちのことについてのすべてを話すべきだよ。そこにいる王がイダスピス王なのだからね。その王が、君が私に何度も言った様に、君のお父様なのだkらね。」 すると、ハリクレアはこう言ったのです。「ああ、やさしい貴方。重要な件は、たくさんの準備が必要なのです。」
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする