2017年03月15日

エティオピア物語 第十巻 9-5

  Πολύς κόσμος λυπήθηκε που μιά τετοια κόρη ήταν προορισμένη για θυσία και, μολονότι φοβούνταν την οργή της θεάς, θα χαίρονταν πολύ άν ένα θαύμα την έσωζε. Περισσότερο όμως απ’ όλους λυπόταν η Περσίννα που δεν άντεξε να μην πεί στον Υδάσπη : ≪ Άχ την άμοιρη, την κακότυχη κόρη που τόσο πολύ και σε τόσο ακατάλληλη στιγμή καμαρώνει για την αρετή της και, αντί για επαίνους πολλούς, πρόκειται να λάβει το θάνατο. Πές μου όμως, άντρα μου, δεν θα μπορούσε να γίνει κάτι; ≫ Κι εκείνος ≪ άδικα ≫, είπε, ≪ με στενοχωρείς συμπονώντας την κόρη που δεν γίνεται να σωθεί・ εξαρχής, ως φαίνεται, λόγω της εξαιρετικής φύσης της, ήταν προορισμένη να προσφερθεί στους θεούς ≫.





 民衆の多くは、この娘が前もって生贄に樹待っていたことを残念に思ったのです。神の怒りが恐いのですけれど、もしある奇跡が彼女を助けたのなら、大喜びしそうなのでした。けれども、他の誰よりも、ペルシナ女王が、一番に、悲しく思っていたのです。女王は、イダスピス王に、こう言わずにはいられませんでした。「ああ、自分の徳をとても誇っている、でも、それも、あまりに適当でない時になのですが、この不幸な悪い運命を持つ娘は、多くの賞讃の代わりに、死が捉えることになっているのですね。でも、貴方様、私の夫、わたしに教えて下さい、この娘は、何か他のものになることはないのでしょうか?」 すると、王はこう言いました。「その娘に同情して、私を苦しめるのは、道理に合っていない。その娘は、助かることはないのだ。初めから、その卓越した本性で、神々への生贄に決まるだろうとは、分かっていたのだ。」
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

エティオピア物語 第十巻 9-4

  Θάμβος κυρίεψε τότε τους πάντες και μιά βοή αντήχησε, συγκεχυμένη βέβαια και άναρθρη, αλλά δηλωτική της μεγάλης κατάπληξης : όλα σε κείνην κινούσαν το θαυμασμό και περισσότερο το ότι μιά τέτοια θεϊκή ομορφιά πάνω στην άνθησή της είχε παραμείνει ανέγγιχτη και η σωφροσύνη τη στόλιζε πιό πολύ κι από το κάλλος το ίδιο.





 と、その時、全員を眩惑が捉えたのです。そして、唸る様などよめきが鳴り響いたのです。それは、混乱したなんと言っているのか分からない様などよめきでした。けれども、そのどよめきが、大きな驚きのためだと言うことははっきりしていたのです。ハリクレアに起こっていることのすべてが、人々に感歎を覚えさせました。そして何よりも、ハリクレアの花の盛りにある美しさが、全く損なわれないままであること、その上に、慎み深さがハリクレアを飾っているので、「美」そのものよりも、ハリクレアの方がさらにずっと美しいと言うことが、驚嘆を覚えさせていたのです。
posted by kyotakaba at 16:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

エティオピア物語 第十巻 9-3

  Κι εκείνη ≪ έφτασε η στιγμή του αγώνα ≫, είπε, ≪ τώρα παίζεται η τύχη μας ≫・ και, χωρίς να περιμένει την προσταγή των φρουρών, φόρεσε τον χρυσοΰφαντο και ολοκέντητο με ακτίνες χιτώνα των Δελφών που είχε φέρει μαζί της μέσα σ’ ένα σάκο, έλυσε τα μαλλιά της και, σαν κυριευμένη από ιερή μανία, όρμησε πρός την εσχάρα, βρέθηκε πάνω μ’ ένα πήδημα και στάθηκε εκεί ώρα πολλή απαράβλαπτη με τη λαμπρή στολή της, αστράφτοντας πιό πολύ παρά ποτέ από ομορφιά, περίβλεπτη σαν σε ψηλό βάθρο και όμοια περισσότερο με άγαλμα θεάς παρά με θνητή γυναίκα.




 すると、ハリクレアは、こう言ったのです。「戦いの時が来たのです。運命は、わたしたちを弄んでいるのです。」 そうして、見張り兵の指図も待たずに、金糸で織られた、全体に刺繍のある、デルフィのキトンを太陽の光りと共に、身に付けたのです。キトンは、ハリクレアが自分の袋に入れて、一緒に持って来ていたのでした。そして髪を解きました。まるで、神聖な狂乱に捉われた様な様子でした。そして、格子の前に躍り出たのです。一回の跳躍で格子の上に上がりました。そうして、少しも傷付くことのない、光り輝く衣装を着て、長い時間、そこに立っていたのです。そうして、その美しさが元になり、これまで見たこともない程に、とても強く、閃光を放ったのです。ハリクレアは、まるで、高い台座にあるかの様に、何所からでも見えたのです。そして、死すべき人間の女ではなく、神の像にある様な、最高の美しさだったのです。」 
posted by kyotakaba at 15:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

エティオピア物語 第十巻 9-2

  Αλλά, πολυαγαπημένη μου, γιατί δεν τους λές ποιά είσαι; Τί άλλο περιμένες; Μήπως να μας κόψουν το κεφάλι; Μίλησε, σε ικετεύω, πές τους ποιά είσαι. Ίσως μετά την αναγνώριση θα σώσεις και μένα άν μεσολαβήσεις・ αλλά κι άν δεν γίνει αυτό, εσύ οπωσδήποτε θα γλιτώσεις・ μου φτάνει αυτό να μάθω κι άς πεθάνω ≫.





 「でも、私の最愛の君、どうして、この人たちに、自分は何者かを言わないのですか? 何か、他のことを待っているのですか? この人たちが、私たちの首を刎ねてしまうのを待っているの? 話して下さい、お願いするから、この人たちに、君が何者かを話して下さい。君が何者かが分かったら、直ぐに、君は、間に入ることが出来れば、きっと私を助けてくれるでしょう。もしそうならなくても、君自身は、どうであっても、助かるでしょう。私が死んでしまうにしても、君が助かることが分かっていれば、私には満足なことです。」
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

エティオピア物語 第十巻 9-1

  Ανέβηκε και ο Θεαγένης και αποδείχθηκε παρθένος・ όλοι έμειναν έκθαμβοι με το παράστημα και με την ομορφιά του και απόρησαν πώς ένας τόσο ωραίος άνδρας ήταν απείραχτος από τα ερωτικά. Κι αμέσως άρχισαν να τον ετοιμάζουν για τη θυσία στον Ήλιο. Κι εκείνος, σκύβοντας στ’ αυτί της Χαρίκλειας, ≪ ωραία ≫, της είπε, ≪ ανταμείβουν οι Αιθίοπες την αγνότητα・ θυσία και σφαγή είναι τα έπαθλα της παρθενίας.





 テアゲニスが上がりました。そして、純潔であることを証したのです。誰もが、彼の容姿と美しさに驚いていたのです。そして、このような美しい男性が数々の恋に染められていないと言うことが信じられず戸惑ったのです。そして、直ぐに、太陽神への生贄にするのに、テアゲニスに支度をし始めました。テアゲニスは、ハリクレアの耳に身を屈めてこう言いました。「分かったよ、エティオピア人たちは、清純さに報いるんだよ。生贄と殺戮は、貞節の褒美なのだね。」
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

エティオピア物語 第十巻 8-2

  Ανέβηκαν εκείνοι και όλων κάηκαν τα πέλματα, ενώ μερικοί δεν άντεξαν ούτε την πρώτη σύντομη επαφή. Η εσχάρα είναι πλεγμένη με χρυσές λάμες και έχει την ιδιότητα να κατακαίει κάθε μη καθαρόν ή και άλλως επίορκο άνθρωπο, ενώ όποιος είναι αγνός δεν παθαίνει τίποτε σαν ανεβαίνει επάνω της. Αυτούς λοιπόν ― εκτός από δυό - τρείς κοπέλες που στη δοκιμασία αποδείχτηκαν παρθένες ― τους ξεχώρισαν για να τους θυσιάσουν στον Διόνυσο και σε άλλους θεούς.





 捕虜たちは、上がりました。すると、全員が、足の裏を焼いたのです。何人かは、最初に少し当たっただけでも、、我慢出来ませんでした。格子は、金の薄い板で編まれていました。清純でない、あるいは、偽証している人間を焼き尽すと言う、特性があったのです。一方、無垢な人は、その上に上っても、まったく苦しまされることがなかったのです。そうして、この試験で処女が証明された二人か三人の少女を除いて、清純でない者たちが選び出されたのです。これらの人たちは、ディオニソスか他の神々への生贄にされるのです。
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

エティオピア物語 第十巻 8-1

  Κι ενώ έτσι μιλούσε η Περσίννα με δάκρυα στα μάτια που με κόπο προσπαθούσε να κρύψει, ο Υδάσπης πρόσταξε να φέρουν την εσχάρα. Κάποια άνηβα παιδιά που οι υπηρέτες διάλεξαν ανάμεσα στο πλήθος ( μόνο παιδιά αυτής της ηλικίας μπορούν να την αγγίξουν χωρίς κίνδυνο ), την έφεραν από το ναό και την τοποθέτησαν στο μέσον της συγκέντρωσης・ αμέσως δόθηκε η διαταγή ν’ ανέβουν πάνω σ’ αυτήν οι αιχμάλωτοι.



άνηβος : που δεν έχει φτάσει ακόμα στην εφηβική ηλικία




 こうしたことを、ペルシナが、どうにかして、目に浮かぶ涙を隠しながら、話したのです。その間に、イダスピス王は、格子を持ってくる様に、命じたのです。召使たちが、民衆の中から選んだ、恋を知る年齢にまだ達していない何人かの子供たちでした。( この年齢の子供たちだけが、無事に、この格子に触ることが出来るのです。 ) 子供たちは、この格子を神殿から運んできました。そして、人が集まっている、その真ん中に格子を置いたのです。捕虜たちは、この上に上がる様にと言う、命令が、直ぐに、与えられました。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

エティオピア物語 第十巻 7-8

  Και η Πεπσίννα ≪ μακάρι να αποδειχτεί μολυσμένη ≫, είπε, ≪ φτάνει μόνο να σωθεί・ η αιχμαλωσία και ο πόλεμος και μιά τόσο μακροχρόνια απομάκρυνση από την πατρίδα συνιστούν απαλλαγή από την κατηγορία και πολύ μάλλον όταν πρόκειται γι’ αυτήν που, με την ομορφιά της, προκαλεί την εναντίον της βία, άν έχει υποστεί κάτι τέτοιο ≫.



πολύ μάλλον όταν πρόκειται γι’ αυτήν の部分、 
ここの αυτήν は、ハリクレアではなくて、その前の απαλλαγή だと思う。 

προκαλεί την εναντίον της βία の部分、 
προκαλεί の対格は、 την βία なのだと思う、この冠詞と実詞の間に、εναντίον της が挿入されているように思う。  






 すると、ペルシナはこう言いました。「どうか、あの娘が、純潔ではないことを明かしますように。あの娘が助かることになるのは、それだけなのだから。捕虜になっていること、戦争、これ程に長い間、故郷から引き離されていることは、批難から免れる理由になります。美しさの所為で、この娘に対して暴力が引き起こされる、と言うのが、まさに、まさに、その批難から免れる理由なのです。もう既に、そう言った被害を被っているとしたらですけれど。」
posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

エティオピア物語 第十巻 7-7

  Ένα μόνο θα μπορούσε να βοηθήσει, άν, ανεβαίνοντας στη γνωστή σου εσχάρα, αποδεικνυόταν ότι δεν είναι αμόλυντη από κάθε επαφή με άνδρα μιά και ο νόμος ορίζει να είναι αγνή η κόρη που προσφέρεται στη θεά, όπως βέβαια και ο άνδρας που προσφέρεται στον Ήλιο, ενώ τίποτε τέτοιο δεν προβλέπει για τη θυσία στον Διόνυσο. Πρόσεξε όμως : άν με τη δοκιμασία της εσχάρας αποδειχθεί ότι έχει έλθει σε επαφή με άνδρα, θα είναι άραγε ευπρεπές να την μπάσεις στο σπίτι σου; ≫





μια και : ( 理由の接続句 ) : なので





 「もしもだ、あの娘が、お前の有名な格子に上がって、男とはどんな接触によっても汚されてない生娘ではない、と明らかになったのなら、法は、太陽に男を捧げるのと全く同様に、純潔な娘を神に捧げると決まっているのだから、その場合だけ、あの娘は助かることが出来るだろう。ディオニッソス神には、何も生贄を捧げないのだけれどもね。だが、気を付けなさい。格子の検査で、あの娘が、既に、男と交渉があったと分かったのなら、そもそも、あの娘は、お前が自分の家に入れるのに相応しい娘なのかい?」
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

エティオピア物語 第十巻 7-6

  Όσο για να γλιτώσει τη θυσία, αδύνατο, άν και θα το ήθελα βέβαια : κι εγώ, δεν ξέρω πώς, κάτι παθαίνω βλέποντάς την και την καταλυπάμαι・ το ξέρεις όμως ότι το έθιμο απαιτεί να θυσιάζεται ένας άνδρας στον Ήλιο και μιά γυναίκα στη Σελήνη. Αυτή, ως πρώτη αιχμάλωτη του πολέμου, έχει προοριστεί για τη σημερινή θυσία και το πλήθος ποτέ δεν θα δεχόταν την εξαίρεση.





 「私がそう望んだとしても、あの娘が生贄を免れると言うことは、出来ないことだ。私は、どうも分からないのだが、あの娘を見てしまったので、何だか、苦しみを感じるのだ。あの娘を失うのは、非常に悲しいのだ。だが、お前も知っている様に、習慣では、どうしても、太陽に一人の男を、月に一人の女を、生贄に捧げることが必要なのだ。この娘は、戦争での一番の捕虜なのだ、今日の生け贄に、もう決まっているのだ。それに、民衆は、例外を、決して受け容れないだろうよ。」
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

エティオピア物語 第十巻 7-5

  Άχ καλέ μου, άν ήταν τρόπος να εξαιρεθεί από τη θυσία η κόρη, θα ήταν για μένα μεγάλη παρηγοριά να την έχω στην υπηρεσία μου. Ίσως μάλιστα να είναι και Ελληνίδα η άμοιρη・ στο πρόσωπο δεν μοιάζει με Αιγυπτία ≫. ≪ Πράγματι, είναι Ελληνίδα ≫, της είπε ο Υδάσπης, ≪ και αμέσως τώρα θα μας πεί ποιοί είναι οι γονείς της・ να μας τους δείξει βέβαια δεν θα μπορούσε・ από που κι ώς πού; Άν και το υποσχέθηκε.





 「ああ、貴方様、あの娘を生贄から除く方法があるのでしたら、わたくしにとっては、とても素敵な安らぎになるでしょう。この娘をわたしの侍女にするのです。たぶん、この娘が不幸なギリシャの娘だと言うことは正しいでしょう。顔立ちは、エジプト人女性とは似ていませんわ。」 すると、イダスピス王は女王にこう言ったのです。「事実、ギリシャ人女性だ。そうして、今直ぐに、この娘は、この娘の両親が誰だかを、私たちに話すだろう。その両親を、この娘が私たちに指差して見せることは、出来はしないだろう。一体どこから、一体どうやって、出来ると言うのだ? あの娘は、そう約束したけれど。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

エティオピア物語 第十巻 7-4

  στενάζοντας βαθιά, ≪ άχ, άνδρα μου ≫, είπε, ≪ τί κόρη είν’ αυτή που έχεις διαλέξει για θυσία! Δεν ξέρω άν ξαναείδα ποτέ τέτοια ομορφιά・ πόση ευγένεια δείχνει το βλέμμα της, με πόση μεγαλοφροσύνη υπομένει τη δυστυχία της, αλλά και τί καημός να χαθούν τέτοια ανθισμένα νιάτα! Άν είχε δώσει η τύχη να επιζήσει η μοναχοκόρη μας η αδικοχαμένη, θα ήταν τώρα στην ηλικία της.





 女王は、深い溜息を吐いて、こう言いました。「ああ、貴方。貴方が生贄に選び出した、あの娘は、何と言うことでしょう! あれ程に美しい娘をもう一度見ることがあるとは、思えませんわ。あの娘の眼差しは、相当に高貴な生まれだと、示していますわ。ひときわ優れた気高さで、自分の不運に耐えているのね。でも、この花の盛りの若い娘を失くすと言うのは、なんて悲しいことでしょう! もし、運命が、私たちの早世した一人娘を生かせてくれていたのなら、今は、この娘と同じ年頃でしょうね。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

エティオピア物語 第十巻 7-3

  Οδηγήθηκαν λοιπόν όλοι ― ανάμεσα σ’ αυτούς ο Θεαγένης και η Χαρίκλεια ―, απαλλαγμένοι από τα δεσμά και στεφανωμένοι, σκυθρωποί βέβαια, όπως ήταν φυσικό ― ο Θεαγένης πάντως λιγότερο από τους άλλους, η δε Χαρίκλεια χαρούμενη και χαμογελαστή με το βλέμμα προσηλωμένο στην Περσίννα・ κι εκείνη δεν άντεξε να μη συγκινηθεί στη θέα της και,





 そうして、捕虜は全員が、連れて来られました。 ― その中には、テアゲニスとハリクレアもいました ― 縛めは解かれていました、そして、冠を被せられていました。全員が表情を強張らせていたのは確かです。それは当然のことなのです。テアゲニスは、他の人程には強張らせていませんでした。ハリクレアは、嬉しげで、ペルシナに視線を釘付けにして微笑んでいるのでした。ハリクレアは、自分が見た光景に感動を覚えることを抑えられませんでした。
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

エティオピア物語 第十巻 7-2

  Και ο Υδάσπης, καταλαβαίνοντας ότι ζητούσαν τη θυσία των αιχμαλώτων την οποία συνήθιζαν να τελούν μόνο σε περίπτωση νίκης κατά αλλοφύλων, κίνησε καθησυχαστικά το χέρι και με νεύμα τους έδωσε να καταλάβουν ότι το αίτημά τους θα ικανοποιούνταν ευθύς・ αμέσως ύστερα πρόσταξε να οδηγηθούν εκεί οι προορισμένοι για τη θυσία αιχμάλωτοι.





 イダスピス王は、民衆は捕虜を生贄に求めているのだ、と分かっていたのです。勝利の場合には、民衆は、多民族だけを生贄にすることにに慣れていたからです。それで、穏やかに手を動かして、合図で、民衆に、彼らの要求は直ぐにも満たされると、分からせたのです。そして、その直後に、生贄に、そのつもりで控えさせている捕虜たちを、連れて来るように命令したのです。
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

エティオピア物語 第十巻 7-1

  Κι ενώ διαδραματίζονταν αυτά, μιά βοή σηκώθηκε ξαφνικά απροσδιόριστη και ανησυχητική, όπως συμβαίνει όταν φωνάζουν μαζί πλήθος συγκεντρωμένοι άνθρωποι : ≪ Να τελεστεί το πατροπαράδοτο έθιμο ≫, φώναζε ο κόσμος, ≪ να τελεστεί τώρα η καθιερωμένη θυσία, να οδηγηθεί στους βωμούς των θεών η πρώτη λεία του πολέμου ≫.





 その裸形の賢者たちが目前で儀式を繰り広げ始めると、突然に落着かないひどく不安げなざわめきが上がったのです。それは、集まった多勢の人間が一緒に叫んだ時に起こる様なざわめきでした。「伝統的な仕方で儀式をやれ」、民衆は叫びました。「さあ、普通の生贄の儀式をやれ、神々の祭壇に戦争の一番の戦利品をもってこい。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

エティオピア物語 第十巻 6-5

  Τρείς βωμοί είχαν ετοιμαστεί σε ύψος μεγάλο : οι δύο σε χωριστό μέρος και ενωμένοι μεταξύ τους, αφιερωμένοι στον Ήλιο και στη Σελήνη, και ο τρίτος παραπέρα μόνος του, αφιερωμένος στον Διόνυσο・ σ’ αυτόν σφάζονταν κάθε λογής ζώα, μάλλον επειδή είναι πάνδημη θεότητα και ευεργετεί τους πάντες και εξευμενίζεται με πολλά και ποικίλα σφάγια. Στους άλλους όμως βωμούς, στον μεν Ήλιο οδήγησαν τέσσερα λευκά άλογα, αφιερώνοντας, ως φαίνεται στον πιό γρήγορο απ’ όλους τους θεούς το πιό γρήγορο ζώο, στη δε Σελήνη ένα ζευγάρι βόδια αφιερώνοντας, όπως είναι φυσικό, στην πλησιέστερη πρός τη γή θεότητα τους συνεργούς της γεωργίας.





 三つの祭壇が、高い大きい舞台の方に用意されていました。二つの分けられた部分は、組み合わされて一つに成っているのですが、太陽と月に捧げられているのです。三番目の祭壇は、一つだけになっていますが、ディオニソスに捧げられているのです。その祭壇で、それぞれの種の獣が、屠ふられるのです。ディオニソスは、一般的な神格なのです。それですから、数が多くて種類が豊富な生贄で怒りを鎮められ、すべてのものに慈悲を与えるのです。一方で、太陽神に捧げられた別の祭壇には、四頭の白い馬を引き入れました。他のどの神よりも速い神である太陽には、最も早い動物が相応しいと思われるので、馬を捧げたのです。月神には、一対の牛の番いが捧げられました。大地に最も近い神格である月神には、農業を共同する牛を捧げるのが、自然だからです。
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

エティオピア物語 第十巻 6-4

  Ολόγυρα είχε παραταχτεί μιά φάλαγγα οπλιτών・ ακουμπώντας στις ασπίδες τους που τις κρατούσαν όρθιες και ενωμένες μεταξύ τους, πάσχιζαν να κρατήσουν το πλήθος μακριά από το κέντρο της πεδιάδας για να μήν παρενοχλεί τις ιεροτελεστίες. Ο δε Υδάσπης, απευθύνθηκε πρώτα στο λαό αναγγέλλοντας με λίγα λόγια τη νίκη και τα υπέρ του κοινού επιτεύγματα κι ύστερα πρόσταξε να αρχίσει η τελετή της θυσίας.





 その周囲全部に、装甲歩兵の隊列を配置していました。歩兵たちは、自分たちの盾に身体を凭せ掛け、盾と一体化して、盾を何とか真っ直ぐに保たせていました。こうして、兵士たちは、平地の中心から、群衆を遠くに離しておくのに苦労していたのです。群衆が儀式を混乱させないためにそうしたのです。一方、イダスピス王は、まず、民衆に話し掛けました。短い言葉で、勝利と民衆のためになる諸成果を知らせたのです。そうしてから、生贄の儀式を始める様に命令したのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

エティオピア物語 第十巻 6-3

  Εκεί κοντά, σε μιά άλλη σκηνή, πάνω σε ψηλό βάθρο, είχαν τοποθετηθεί τα αγάλματα των πολιούχων θεών και οι εικόνες των ηρώων, του Μέμνονα και του Περσέα και της Ανδρομέδας, τους οποίους οι βασιλείς των Αιθιόπων θεωρούν γενάρχες τους・ χαμηλότερα, σαν για να έχουν πάνω από τα κεφάλια τους τις θεότητες, στο πιό κάτω σκαλοπάτι, κάθονταν οι Γυμνοσοφιστές.





 直ぐ近くに、別の舞台がありました。その高い台の上に、守護神達の像と、メムノン、ペルセウスの英雄たちと、アンドロメダの絵が置かれていました。エティオピアの王たちは、その三人を自分たちの祖先だと考えていたのです。低い方には、裸形の賢者たちが座っていたのです。まるで、下の段で、これらの神格を自分たちの頭の上に掲げているかの様でした。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

エティオピア物語 第十巻 6-2

  Και αφού πρόσπεσαν και προσκύνησαν τους θεούς και τέλεσαν τις ευχαριστήριες ευχές για τη νίκη και τη σωτηρία, βγήκαν έξω από τον περίβολο για να προσφέρουν τη δημόσια θυσία και κάθισαν σε περίοπτη θέση κάτω από τη σκηνή που είχε στηθεί επί τούτω στην πεδιάδα. Γιά την κατασκευή της είχαν χρησιμοποιηθεί τέσσερα νεόκοπα καλάμια που είχαν στηθεί στις τέσσερις γωνίες ενός τετραπλεύρου για να τη στηρίζουν σαν κίονες και είχαν λυγισμένες τις άκρες, έτσι ώστε να συναντώνται σχηματίζοντας ένα είδος αψίδας, ενώ για ορφή είχαν χρησιμοποιηθεί κλαδιά φοινικιάς.



επί τούτω : για το σκοπό αυτό





 裸形の賢者たちは、頭を垂れ、神々に跪拝したのです。そして、勝利と無事への感謝の言葉を宣べたのです。それから、誰もが見られる生贄を供するために神域から出て来たのです。そして、舞台の下の目立つ席に座りました。それは、その為に、平地に設えられていたのです。その舞台を作るために、賢人達は、切ったばかりの葦を四本使っていました。それらは、一つの四角形の四つの角に据えられていました。柱の様に支えるためにです。先が曲がっていたので、お互いに合わさって、一つのアーチの形になっていたのです。また、表面には、椰子の枝を使っていました。
posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

エティオピア物語 第十巻 6-1

  Όλη νύχτα λοιπόν οι κάτοικοι της Μερόης περνούσαν από διάφορα σημεία το ποτάμι σπεύδοντας να προύπαντήσουν τον Υδάσπη και να τον υποδεχτούν επευφημώντας τον σαν θεό. Και ενώ οι πολίτες τον προϋπάντησαν κάπως πιό μακριά, οι Γυμνοσοφιστές τον συνάντησαν λίγο πρίν από την ιερή γή, του έσφιξαν το χέρι και τον ασπάστηκαν・ μετά από αυτούς τον υποδέχτηκε η Περσίννα που περίμενε στα προπύλαια του ναού, μέσα από το τείχος.





 そうして、メロイの住人たちは、一晩中、あらゆる所から河を渡り、イダスピス王を出迎えようと、急いで駈けて行ったのです。王を神の様に喝采して迎えようとしていたのです。市民たちはやや離れて王を出迎えました、一方、裸形の賢者たちは、神聖な土地の直ぐ前で、王に会ったのです。そして、手を強く握って、抱きしめたのです。裸形の賢者たちの後ろで、ペルシナは王を出迎えました。女王は、城壁の中の神殿の門で待っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする