2017年05月15日

エティオピア物語 第十巻 16-6

  Άν έτσι θέλουν οι θεοί, να μου τη χαρίζουν και την ίδια στιγμή να μου τη στερούν ( το ίδιο έπαθα στη γέννηση, το ίδιο και τώρα στην ανεύρεσή της ), εγώ δεν μπορώ να το πώ・ το αφήνω σε σας να το σκεφτείτε・ ούτε μπορώ να ξέρω άν εκείνην που εξόρισαν στα πέρατα της οικουμένης και ύστερα ως εκ θαύματος την έφεραν αιχμάλωτη για να μου την προσφέρουν, θα τη δεχτούν και πάλι για δικό τους σφάγιο.





 「神々は、この娘を私に与えると、同時に、私から奪い去ることを望んでおられるのかどうか、( この娘が産まれた時の苦しみと、同じ苦しみを、この娘を再発見した、今、苦しんでいるのです。 )、私は、何とも言えません。そのことは、皆さんがお考えになるのに任せます。それに、神々は、この娘を世界の涯に追放したのです。その後に、奇跡によって、私に与える為に、捕虜になった娘を私の下へ連れて来たのです。神々は、その娘を、自分たちの生贄として、受け取って下さるのかどうかも、私には分からないのです。」
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

エティオピア物語 第十巻 16-5

  Σας βλέπω να χύνετε δάκρυα, καταλαβαίνω τα ανθρώπινα αισθήματα που σας κατέχουν, την ευσπλαχνία σας για την κόρη που τόσο πρόωρα θα χαθεί αλλά και για μένα που μάταια έλπισα πώς θ’ αποχτήσω διάδοχο του γένους μου・ είμαι όμως υποχρεωμένος, ίσως ακόμα και παρά τη θέλησή σας, να τηρήσω το πατροπαράδοτο έθιμο προτάσσοντας το καλό της πατρίδας από το προσωπικό μου συμφέρον.





 「私は、皆さんが涙を流すのを見ました。皆さんを捉えている人間的諸感情も、皆さんのこの娘への同情心も分かっています。自分の家系の後継を得る事を無益に望んでいたこの私には、あまりに早く亡くしてしまうことになる、この娘ヘの同情心です。けれども、私には、義務があるのです。おそらく、皆さんの意志には反するのでしょうけれど、伝統的な慣習を、私は守らなければならないのです。ですから、私の個人的な利益よりも、祖国の為の事を優先するのです。」
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

エティオピア物語 第十巻 16-4

  Και απευθυνόμενος στους παρευρισκόμενους, ≪ είδατε ≫, είπε, ≪ και ακούσατε ότι οι θεοί, ολωσδιόλου ανέλπιστα, με ανέδειξαν πατέρα και με πολλές αποδείξεις έχει πιστοποιηθεί ότι αυτή εδώ η κόρη είναι η θυγατέρα μου・ όσο για μένα, τόση είναι η αγάπη μου για σας και την πατρίδα, ώστε καθόλου δεν νοιάζομαι για τη διαδοχή του γένους μου και για την αναγόρευσή μου ως πατέρα ― διπλή ευτυχία που θα μπορούσε να μου δοθεί από κείνην ― και σπεύδω, για το δικό σας το καλό, να τη θυσιάσω στους θεούς.




 そして、王は居合わせた人々に呼び掛けて、こう言ったのです。「皆さんは、神々がまったく思いもかけず私を父に選び出したのをご覧になり、お聞きになったのです。そして、多くの証拠で、この娘が私の娘であることが証明されたことを、ご覧になり、お聞きになったのです。私自身も、私の愛する妻も、貴方たちと祖国の為の者なのですが、これで、私は、もう私の家系の継承について何も心配することがないのです。神から父親として選ばれるかどうかを心配することがないのです。この娘が私に贈ってくれることが出来る二重の幸運なのです。さあ、皆さんの利益の為に、私は、急ぎます。この娘を神々への生贄にするのです。」   


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

エティオピア物語 第十巻 16-3

  Παρ’ όλ’ αυτά δεν ξέχασε το βασιλικό του καθήκον : στάθηκε μιά στιγμή και κοίταξε το πλήθος ― με την ίδια συγκίνηση όλοι έχυναν δάκρυα χαράς μαζί και ευσπλαχνίας και σήκωναν κραυγή ώς τους αιθέρες χωρίς ούτε ν’ ακούν τους κήρυκες που πάσχιζαν να επιβάλλουν σιωπή ούτε και να εκφράζουν καθαρά τί ήθελαν και θορυβούσαν έτσι ― και, με μιά επιβλητική χειρονομία, κατασίγασε τη θύελλα που συνείχε το δήμο.





 それでもやはり、イダスピスは、自分の王の役目を忘れませんでした。直ぐに立ち上がって、群衆を見詰めたのです。王は、皆が感動して、同情とそれから喜びの涙を流し、そして、天まで響く叫び声を挙げているのだ、と思ったのです。それも、静粛にさせようと努めている触れ役人の言うことを聞きもせず、自分たちが何を望んでいるのかをはっきりと言い表すこともせず、大声を上げているのだと思ったのです。それで、威厳のある手振りで、人々をしっかりと捉えている嵐を沈めたのです。
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

エティオピア物語 第十巻 16-2

  Και ο Υδάσπης, βλέποντας τη γυναίκα του πνιγμένη στα δάκρυα, τη λυπόταν, ράγιζε η καρδιά του κι έπασχε μαζί της, αλλά δεν έπαυε να στέκει ακίνητος κοιτάζοντας τη σκηνή με μάτι σκληρό σαν σίδερο, αντιπαλεύοντας τον πόνο και τα δάκρυα. Κι ενώ η ψυχή του παράδερνε ανάμεσα στην πατρική στοργή και στην επιθυμία να φανεί άνδρας κι η γνώμη του, σαν πλοίο σε τρικυμία, κλυδωνιζόταν γέρνοντας πότε στο ένα και πότε στο άλλο, τέλος νικήθηκε από τη φύση την απροσμάχητη και όχι μόνο πίστεψε ότι είναι πατέρας, αλλά και παραδόθηκε στο πάθος του πατέρα・ και σηκώνοντας την Περσίννα που είχε σωριαστεί σφίγγοντας στην αγκαλιά την κόρη της, μπροστά στα μάτια όλων, αγκάλιασε τη Χαρίκλεια ραίνοντάς τη ― σπονδή πατρική ― με ποταμούς δακρύων.





 イダスピス王は、妻が涙で噎んでいるのを見ると、妻を憐れんだのです。王の心は、悲しみで張り裂けました。そして、ペルシナ女王と共に、苦しんだのです。けれども、微動もせずに立っているのを止めることはありませんでした。鉄の様な硬い目でその場面を見ていたのです。そして、心痛と涙に苦しんでいたのです。そしてまた、王の魂は、父としての愛情と自分の意見は男らしく見られたいと言う願望との間で、嵐の時の船がある時はこちらに傾ぎある時はあちらに傾ぐ様に、激しく揺れたのです。そして遂には、抵抗する事の出来ない自然の感情に負けたのです。自分が父だと信じるだけでなく、父の情に我を忘れたのです。そして、胸に娘をきつく抱きしめたまま倒れ込んでいるペルシナを起こすと、すべての人の目の前で、ハリクレアを抱きしめると、河の様涙を流しながら、「父を祝う神酒」を振り撒いたのです。
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

エティオピア物語 第十巻 16-1

  Άλλο δεν μπόρεσε να συγκρατηθεί η Περσίννα και ξαφνικά πετάχτηκε απ’ το θρόνο κι έτρεξε ν’ αγκαλιάσει τη Χαρίκλεια κι έτσι, κρατώντας τη σφιχτά, έχυνε δάκρυα ασυγκράτητης χαράς φωνάζοντας χωρίς ν’ αρθρώνει λόγια ( έτσι η υπερβολική χαρά γεννά συνήθως θρήνο ) και λίγο έλειψε να σωριαστεί μαζί με τη Χαρίκλεια.





 けれど、ペルシナ女王は、感情を抑えることができなかったのです。突然に、御座から飛び降りました。そして、駆け寄って、ハリクレアを抱きしめたのです。そうして、彼女をきつく抱きしめながら、止めどない喜びの涙を流したのです。そして、はっきりとした言葉にすることもなく、叫んだのです。( 度を超えた喜びと言うものは、ほとんど号泣になるのです。 ) そうして、もう少しで、ハリクレアと一緒に倒れるところでした。
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

エティオピア物語 第十巻 15-2

  Και ο Σισιμίθρης ≪ απομένει ακόμα κάτι ≫, είπε. ≪ Πρόκειται για τη βασιλεία και για τη γνήσια διαδοχή της και, πρίν απ’ όλα, για την ίδια την αλήθεια. Δείξε το μπράτσο σου, κόρη μου, πάνω από τον πήχη είχε ένα μελανό σημάδι ― καθόλου δεν είναι απρεπές να αποκαλύψεις αυτό που αποδεικνύει τους γονείς και το γένος σου ≫. Κι αμέσως, γύμνωσε η Χαρίκλεια το αριστερό της μπράτσο και φάνηκε κάτι σαν κύκλος από έβενο ― κηλίδα μελανή πάνω στο αλαβάστρινο δέρμα.





 すると、シシミシリスはこう言ったのです。「まだ、残っていることがあります。問題になるのは、この娘の王位と正式な継承権なのです。そして、何よりもまず、この娘が本物かどうかです。お前の片方の腕を見せてご覧なさい。さあ。前腕にひとつ黒子があった筈です。 ― お前が前腕を晒して見せても、まったく無作法ではないのです。その黒子がお前の両親と素性を明らかにするのですから。」 そうすると、直ぐに、ハリクレアは、めくって左の前腕を見せました。雪花石膏の様な肌の上に、黒い母斑がありました、それは黒檀の円の様でした。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

エティオピア物語 第十巻 15-1

  Αμέσως δόθηκε διαταγή στους υπηρέτες να σηκώσουν την εικόνα και να τη φέρουν επιτόπου. Και σαν την έστησαν στο πλάι της Χαρίκλειας, το πλήθος ξέσπασε σε χειροκρότημα και όλοι μαζί φώναζαν καθώς ο ένας εξηγούσε στον άλλον ό,τι είχε καταλάβει από όσα λέγονταν και πράττονταν και όλοι είχαν μείνει έκθαμβοι από την εκπληκτική ομοιότητα・ ο ίδιος ο Υδάσπης δεν μπορούσε πιά να αμφιβάλλει και για ώρα πολλή έμεινε εκεί σαν μαρμαρωμένος, κυριευμένος από χαρά και θάμβος.   



επιτόπου : στο ίδιο μέρος, στον ίδιο τόπο





 直ぐに、召使たちに、絵を取り出してここに持ってくる様に、と言う命令が出されました。そして、召使たちがその絵をハリクレアの側に立てると、大衆は、突然に、拍手喝采を始めたのです。皆が一緒に叫びました。同時に、一人の者が、そこで話されたこと行われたことから、分かったことを他の者に説明したのです、そして、また、その者がまた別の者に説明していったのです。そして、驚く程似ていることに、全員が、いつまでも、唖然としていたのです。イダスピス王自身も、もうそれ以上疑うことができませんでした。長い時間、そこに突き立ったままでした。まるで、大理石にでもされたかの様でした。喜びと驚きに捉えられていたのです。
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

エティオピア物語 第十巻 14-7

  Κι εσύ έχε όποια γνώμη θέλεις・ εμείς κανέναν δεν θεωρούμε αρμόδιο να μας κρίνει : δεν ζούμε για ν’ αρέσουμε στους άλλους・ επιδιώκουμε την αρετή και μας αρκεί να ικανοποιούμε τη συνείδησή μας. Όσο για το χρώμα της κόρης, η ταινία θα σου λύσει την απορία : σ’ αυτήν, η Περσίννα από δώ ομολογεί ότι συνέλαβε την κόρη σας καθώς φαντασιωνόταν βλέποντας την εικόνα της Ανδρομέδας την ώρα που έσμιγε μαζί σου・ άν λοιπόν θέλεις και άλλη απόδειξη, δεν έχεις παρά να κοιτάξεις το πρωτότυπο : την Ανδρομέδα που εμφανίζεται απαράλλαχτη στη ζωγραφιά και στα χαρακτηριστικά της κόρης ≫.





 「王様は、ご自分がお望みになる助言をお取りなさい。私たちは、私たちを判断するのには、適当な人は誰もいないと考えています。私たちは、他の人に好かれる様に、生きているのではありません。私たちは、私たちの良心を満足させるのに足りる、徳を追い求めているのです。貴方の娘の肌の色については、その帯が疑惑を貴方に解いてみせるでしょう。その帯の上で、ここに居るペルシナ女王様が、貴方と交わった時に、アンドロメダ女神の絵を見てそれを想像しながらこの娘を妊娠した、と告白されているのです。もし、貴方が他の証明をお望みなのでしたら、原物をじっくりと見る他ないでしょう。絵にそっくりそのまま表されたアンドロメダ女神と、その娘の容姿とをです。」
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

エティオピア物語 第十巻 14-6

  Τον στραβοκοίταξε ο Σισιμίθρης και ≪ δεν ξέρω τί έχεις πάθει ≫, του είπε χαμογελώντας, ≪ και τόσο αταίριαστα πρός τον δικό σου χαρακτήρα με κατηγορείς πώς κάνω το συνήγορο, πράγμα που εγώ δεν θεωρώ κακό : για μένα, γνήσιος δικαστής είναι ο συνήγορος της δικαιοσύνης. Και γιατί τάχα δεν θα φανώ συνήγορος δικός σου μάλλον παρά της κόρης σου αναδεικνύοντάς σε, συν θεώ, πατέρα και προστατεύοντας αυτήν που έσωσα μωρό στα σπάργανα και τώρα έχει φτάσει στο άνθος της ηλικίας της;



συν θεώ : με τη βοήθεια του Θεού





 シシミシリスは、イダスピス王を咎める様に見ました。そして、微笑んで、こう言いました。「私は、貴方が何に苦しんでいるのか、分かりません。貴方の持つ特徴とあまりにも不一致なものですから、貴方は、私が弁護していると批難しているのですが、実際、私は間違っているとは思いません。私はと言えば、正式な裁判官で、正義を擁護する者なのです。今、花の盛りに達してるこの娘、この娘を、神々の御陰を持って、お襁褓を履いている時に命を救い、貴方をこの娘の父だと名指しした、この私を、この娘の弁護者ではなく、貴方の弁護者であるとは思えない、と言うのは何故なのでしょう?」  




posted by kyotakaba at 12:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

エティオピア物語 第十巻 14-5

  ≪ Υπέροχα τα λές, Σισμίθρη ≫, του είπε ο Υδάσπης, ≪ και μάλλον σαν ένθερμος συνήγορος μιλάς παρά σαν δικαστής. Πρόσεχε μόνο μήπως λύνοντας το ένα πρόβλημα ανακινείς άλλο φοβερό από το οποίο πολύ δύσκολα θα απαλλασσόταν η γυναίκα μου : πώς έγινε αυτό το αφύσικο, Αιθίοπες εμείς και οι δύο, να γεννήσουμε λευκ ο παιδί; ≫




 イダスピス王はシシミシリスにこう言いました。「シシミシリス、見事に言ってくれた。それも、裁判官としてでなく、熱心な弁護者として、話してくれた。ただ、一つの問題を解くことで、他の不安を掻き立てるのではないのだろうか、と言うことには留意してくれ。私の妻は、その不安から解消されることは、とても難しいだろう。私たち二人はエティオピア人だ、その二人が白い子供を儲けると言う、不自然なことが、どうすれば起こるのだ?」
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

エティオピア物語 第十巻 14-4

  ≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.


 シシミシリスはこう言いました。「私が見つけた時には、その幼女は白い肌でした。過ぎ去った月日は、今のこの娘の年齢と一致しています。この娘が捨てられてから今までの年月は、全部で十七年になります。けれども、彼女が幼女の時の眼差し、彼女の様々な表情、それに、驚く程の美しさ、それらのすべてが今の彼女のものに似ている様に、私には思われます。」  




συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、 
κλείσει は、空欄( ) を埋めよ、と言う設問の時の κλείνω の使い方なのだと思います。 
ώς τα τώρα の τα は代名詞だと思います。χρόνια 中性名詞複数 なのだと。τώρα は副詞。 
που είχε τότε は、το βλέμμα だけに掛かっている形容詞句なのだと思います。
το βλέμμα、τα χαρακτηριστικά、η ομορφιά の三つの実詞、主格が並列されて、 
それが合わさるので、動詞 φαίνονται が三人称複数形なのだと。 

posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

エティオピア物語 第十巻 14-3

  Κι επειδή πάλι φάνηκε να αδημονεί ο Υδάσπης, ≪ αυτά ≫, είπε η Χαρίκλεια, ≪ είναι τα σημάδια αναγνώρισης που προορίζονται για τη μητέρα μου・ για σένα είναι αυτό το δαχτυλίδι ≫・ και έδειξε την παντάρβη. Και ο Υδάσπης, αναγνωρίζοντας το δαχτυλίδι που είχε χαρίσει στην Περσίννα για τους αρραβώνες τους, ≪ καλό μου κορίτσι ≫, είπε στη Χαρίκλεια, ≪ τα γνωρίσματα είναι βέβαια δικά μου αλλά δεν μπορώ ακόμα να πιστέψω ότι εσύ που τα χρησιμοποιείς είσαι η κόρη μου και όχι κάποια άλλη που κάπως έτυχε να τα βρεί・ γιατί σύν τοίς άλλοις το χρώμα σου είναι κατάλευκο και δεν φαντάζει αιθιοπικό ≫.





συν τοις άλλοις : εκτός των άλλων, μαζί με όλα τ' άλλα, σε όλα τα άλλα πρόσθεσε ότι, σαν να μη φτάνει αυτό





 すると、イダスピス王が、再び困惑した様子をしたのです。すると、ハリクレアがこう言いました。「これが、誰だかを識別する印しです。これは、誰がわたしの母かを分かる為に使うのです。あなた様には、この指輪です。」 こう言って、パンダビルを見せました。イダスピス王は、その指輪が何であるかが分かりました。それは、自分たちの婚約の為にペルシナに贈ったものだったのです。そしてハリクレアにこう言いました。「お嬢さん、それらの印しの品々は、確かに、私のものだ。しかし、私は、お前が私の娘だ、と、まだ信じることは出来ない。お前はそれを利用しているのだが。お前は、偶々それを見つけた、まったくの他人ではない、とは信じられないのだ。それより何より、お前の肌は、純白だ。エティオピア人の肌には見えないのだ。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

エティオピア物語 第十巻 14-2

  Υπήρχαν όμως και κάποια άλλα γνωρίσματα εκτεθειμένα μαζί της, που εγώ τα έδωσα σ’ εκείνον που παρέλαβε την κόρη, έναν καθ’ όλα άψογο Έλληνα ≫. ≪ Κι αυτά επίσης σώζονται ≫, είπε η Χαρίκλεια κι έδειξε στη στιγμή τα περιδέραια. Ακόμα πιό πολύ ταράχτηκε η Περσίννα σαν τα είδε και, στην ερώτηση του Υδάσπη τί ήταν αυτά και άν μπορεί να του δώσει περισσότερες εξηγήσεις, το μόνο που αποκρίθηκε ήταν ότι τα αναγνωρίζει, αλλά, παρ’ όλ’ αυτά καλό θα ήταν να τα εξετάσει και στο σπίτι.





 「ですが、他にも、その娘と一緒に置き去りにされた印しの品物があったのです。私は、それを、娘を引き取った方に渡したのです。どの点でも、申し分のないギリシャ人でした。」 すると、その瞬間、ハリクレアは「それらも、ここに残ってます。」と言って、首飾りを見せたのです。それを見ると、ペルシナ女王は、更に、ひどく動揺したのです。それは何なのか、自分にもっと詳しい説明がでいるのか、と言う、イダスピス王の問い掛けに、ペルシナが答えたのは、ただ、見覚えがある、それでもやはり、自宅に持ち帰って調べるのが好いだろう、と言うことだけでした。     


posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

エティオピア物語 第十巻 14-1

  Τότε πήρε το λόγο ο Σισιμίθρης. ≪ Οι πρώτες ερωτήσεις σου ≫, είπε, ≪ έχουν την απάντησή τους : αυτός που βρήκε την κόρη έκθετη και την ανάθρεψε κρυφά και την οδήγησε στην Αίγυπτο όταν με έστειλες εκεί ως πρεσβευτή, είμαι εγώ και ξέρεις βέβαια ότι σε μας δεν επιτρέπεται το ψέμα. Αναγνωρίζω και την ταινία, που είναι, όπως βλέπεις, χαραγμένη με βασιλικά αιθιοπικά γράμματα κι εσυ το ξέρεις πιό καλά από τον καθέναν πώς γράφτηκαν από το χέρι της Περσίννας.





 すると、シシミシリスが言葉を引き取りました。そしてこう言いました。「王様の最初のご質問は、それぞれ解答があります。その捨て子の女の子を見つけたのは、そして、密かに育てたのは、この私です。そして、王様が私を大使としてエジプトに送った時に、この私が、その娘をエジプトに連れて行ったのです。それに、王様は、私たちには、嘘が許されていないことを、よくご存知です。私はその帯に見覚えがあります。王様もご覧になっています様に、その帯には、エティオピア王家の文字が刻まれています。そして、その文字はペルシナ女王様の手で書かれたものであることを、他の誰よりも、貴方様がご存知のことです。」
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

エティオピア物語 第十巻 13-5

  Αλλά και πώς αποδεικνύεται ότι αυτή εδώ είναι εκείνη; Ποιός μπορεί να βεβαιώσει ότι το έκθετο παιδί δεν πέθανε και ότι τα γνωρίσματα δεν έπεσαν στα χέρια κάποιου άλλου που τα οικειοποιήθηκε; Μήπως κάποιος δαίμονας μας παίζει άσχημα παιχνίδα και, φορώντας σαν προσωπείο τη μορφή αυτής της κόρης, διασκεδάζει με τον πόθο μας για τεκνοποιία και προσπαθεί να μας δώσει νόθο και υποβολιμαίο διάδοχο επισκιάζοντας με την ταινία την αλήθεια σαν με σύννεφο; ≫




 「けれども、ここに居るこの娘がその娘だと、どうやって証明するのだ? いったい、誰が、捨てられた子が死んでいない、と確かめることが出来るのだ? それに、この印しの品物が他人の手には落ちなかった、そして、不正に使われなかった、と確かめることが出来るのだ? あるいは、何かの悪魔が、酷い遊びで私たちを弄んでいるのではないのか? 仮面の様に、この娘の姿を被っているのではないか? そして、私たちが子供を切望している思いを、気晴しにしているのではないのか? その悪魔は、本当は雲の様なこの帯を使って、偽物の娘を、何所か他所から来た後継者を私たちに与えようとしようとしているのではないのか?」   



4月18日、訂正  
この独特の品物が他人の手には落ちなかった 
→ 
この印しの品物が他人の手には落ちなかった、
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

エティオピア物語 第十巻 13-4

  Τέλος, όταν διάβασε ο Υδάσπης για την εγκατάλειψη της Χαρίκλειας και για την αιτία της, ≪ το ήξερα ≫, είπε. ≪ ότι είχα αποχτήσει μιά κόρη・ τότε όμως είχα μάθει ― η ίδια η Περσίννα μου το είπε ― ότι είχε πεθάνει, ενώ τώρα μαθαίνω ότι την άφησαν έκθετη. Ποιός όμως τη βρήκε και την έσωσε και την ανάθρεψε και ποιός την έφερε στην Αίγυπτο όπου και αιχμαλωτίστηκε;





 とうとう、イダスピス王は、ハリクレアが捨てられたことについて、ハリクレアがそうなった理由についてを読んだのです。すると、こう言いました。「私はこのことを知っていた。私が一人娘を得ていたと言うことだ。けれども、私はこう教えられていた。ここに居るこのペルシナがこう言ったのだ。その娘は死んだのだと。今、私は、女王たちは娘を置き去りにしたのだ、と分かった。だが、誰がその娘を見つけたのだ? そして、誰がその娘を救ったのだ? 誰が育てたのだ? そして誰が、この娘をエジプトに連れて来たのだ? そこで、この娘は捕えられたのだけれど。」
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

エティオピア物語 第十巻 13-3

  Την πήρε λοιπόν ο Υδάσπης και, αφού παρακάλεσε τους Γυμνοσοφιστές να πλησιάσουν και να τη διαβάσουν μαζί του, άρχισε να διαβάζει κατάπληκτος・ άλλο τόσο κατάπληκτος ήταν και ο Σισιμίθρης・ το πρόσωπό του έδειχνε μύριες μεταπτώσεις ενώ το βλέμμα του πήγαινε συνεχώς από την ταινία στη Χαρίκλεια.





 そうして、イダスピス王は手紙を取ると、裸形の賢者たちに、側に来て、自分と一緒にその手紙を読む様に、頼んだのでした。そして、読み始めて、驚いたのです。一方、シシミシリスもとても驚いていていたのです。シシミシリスの顔は、急な変化を見せました。そしてまた、彼の視線は、ずっと、帯とハリクレアに向けられているのでした。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

エティオピア物語 第十巻 13-2

  Ο ίδιος ο Υδάσπης παρατήρησε την κατάπληξη και την αγωνία που την κατείχε και ≪ γυναίκα ≫, είπε, ≪ τί σου συμβαίνει; τί έπαθες μόλις σου έδειξαν αυτό το γράμμα; ≫ Κι εκείνη ≪ βασιλιά ≫, του απάντησε, ≪ αφέντη μου και άνδρα μου, άλλο τίποτε δεν μπορώ να σου πώ, παρά μόνο πάρε και διάβασε・ η ταινία αυτή θα σου φανερώσει τα πάντα ≫. Του την έδωσε και σώπασε σκυθρωπή.






 イダスピス王、本人は、女王の驚愕と女王の心を占めている煩悶に気付いたのです。そしてこう言ったのです。「妻よ、どうしたのだ? 彼等があの手紙を出して見せただけで、お前は何に苦しんでいるのだ?」 ペルシナ女王は王にこう答えました。「王様、ご主人様、私の夫。他に何もあなたに言うことは出来ません。それをお取りになってお読み下さい、と言うばかりです。その帯が、すべてをあなたに明らかにすることでしょう。」 そして、その帯を王に渡して、陰鬱な顔で、黙ったのです。 


追記、訂正: 
最後の σώπασε σκυθρωπή のところ、 
不機嫌になり、黙ったのです。 
→ 
陰鬱な顔で、黙ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

エティオピア物語 第十巻 13-1

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε από τη μέση της την ταινία που είχε εκτεθεί μαζί με κείνην, την ξεδίπλωσε και την παρουσίασε στην Περσίννα. Κι εκείνη, αμέσως μόλις την αντίκρισε, έμεινε άναυδη και, για ώρα πολλή, κοίταζε εμβρόντητη μιά την ταινία και μιά την κόρη. Έτρεμε όλη, η καρδιά της πήγαινε να σπάσει και την περίχυνε κρύος ιδρώτας : από τη μιά χαιρόταν που την ξανάβρισκε κι από την άλλη τα είχε χαμένα από το απίστευτο και το απροσδόκητο και φοβόταν τις υποψίες και τη δυσπιστία που θα έδειχνε ο Υδάσπης μετά την αποκάλυψη ή ακόμα και την οργή του και ίσως ίσως την τιμωρία.





τα έχω χαμένα : έχω σαστίσει





 そう言うと、ハリクレアは、お腹から、自分の帯を外したのです。帯は、ハリクレアと一緒に捨てられていたものなのです。それを拡げて、ペルシナ女王に差し出しました。ペルシナ女王はそれを向こうから眺めると、直ぐに、口がきけないままになったのです。そして、かなりの間、驚いた様子で、その帯とその娘を見詰めたのです。ペルシナは、全身が震えました。彼女の心臓は、割れてしまい、冷たい汗が彼女に降り掛かったのです。一方では、娘に再び会えたことを喜んでいたのです。他方では、信じられない、予期していなかったことに、戸惑っているのでした。そして、イダスピス王が、秘密が明かされた後に、見せるだろう疑惑と不信を恐れたのです。さらに、王の怒りとおそらくおそらくあるだろう罰を恐れたのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする