2018年03月24日

Έζησα την Αθήνα της Μπελ Επόκ

 『 Έζησα την Αθήνα της Μπελ Επόκ 』 ベル・エポックのアシナで暮らして 
Μίλτος Λιδωρίκης   ミルトス・リドリキス 

 ミルトス・リドリキスは、1871年生まれ1951年没の脚本家、作家。 
 20世紀初頭の拡大する頃のアテネの回想記、なのだと思う。 

.:BiblioNet : Έζησα την Αθήνα της Μπελ Επόκ / Λιδωρίκης, Μιλτιάδης Γ. , 1871-1951 

posted by kyotakaba at 11:18| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

46. Στον έλατο 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」4 





  Όλα τα δέντρα της γης έχουν ανώμαλο σχήμα. Μα το κυπαρίσσι στους κάμπους κι ο έλατος στο βουνό στέκουν ολόισια. Γίνονται κατάρτια στα καράβια. Εδώ στα βουνά ο έλατος περιφρονεί τον χειμώνα. Κρατάει χιόνι πολύ. Λυγίζει, που νομίζεις πως θα σπάσει, μα μένει πάντα ίσιος και θυμώνει τον άνεμο που τον μάχεται. Δεν καταδέχεται να φυτρώσει στα χαμηλά. Πρέπει ν' ανεβούμε ψηλά για να τον συναντήσουμε.
  Τα παιδιά κοιτάζοντας επάνω στο βουνό είδαν ολόκληρο δάσος από έλατα ίσια. Δεν ξέρουμε γιατί τούτος ο γεροέλατος ήρθε και ζει εδώ μοναχός του.  





 地上の樹々のどれもが不規則な形をしています。でも、平原の糸杉、山上の樅は、真直ぐに立っているのです。船のマストになるのです。ここ山では、樅は冬でも平気です。たくさんの雪に耐えるのです。みなさんが折れてしまうだろうと思うくらいに曲がるのです。でも、いつも真っ直ぐなままなのです。挑んでくる風に怒っているのです。低地に生えることを潔しとしないのです。私たちは、樅に出会おうと思えば、高地に登らなければならないのですよ。 
 子供たちは、山の上を見詰めていて森全部が一本の樅の樹であることに気が付いたのです。 
 この樅の老木がどうしてここに来たのか、どうして一本だけで生きているのか、私たちには分かりません。
posted by kyotakaba at 14:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

46. Στον έλατο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」 3 





  Πήγαν τότε κοντά κι έψαχναν από κάτω με τα μάτια τα πράσινα κλαριά τους. Μα οι καστανιές δεν ήταν κεντρωμένες κι είχαν άγριο καρπό που δεν τρώγεται. Όταν κίνησαν να φύγουν ο νους τους πήγε στο καλάθι του καστανά, που περνούσε από το σχολείο και φώναζε...  
  Τέλος έφτασαν στον έλατο.  
  Ποιος τους είχε πει πως ο έλατος μοιάζει με τον πολυέλαιο της εκκλησίας; Κοιτάζουν και βλέπουν αλήθεια στα καμαρωτά κλαδιά του κάτι σαν άσπρες λαμπάδες. Είναι ο καρπός του. Από κει μαζεύουν την ελατόπισσα.  





 子供たちは近くに行きました。そして、下から緑の枝を目で調べて回ったのです。でも、栗の樹は接ぎ木されたものではなかったのです。野生の実を付けていました。食べられないのです。そこを離れようとした時に、子供たちのこころは焼き栗売りの籠に行ってしまっていたのです。ほら、学校の前を通って叫んでいるあの焼き栗売りですよ。 
 そうしてとうとう、子供たちは、樅の樹に着きました。 
 子供たちに樅の樹は教会の枝付き燭台に似ていると言ったのは誰だったか知ら? 子供たちはじっと見ました。すると、本当に立派な枝に何か白い蝋燭の様なものが見えたのです。それは、樅の実でした。それから樅脂を集めるのです。  


posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

Γέμισε με γάτες η Κύπρος

 ト・ビーマの3月15日付けの記事の見出し: 
Γέμισε με γάτες η Κύπρος
Ο πληθυσμός των γάτων είναι υπερδιπλάσιος των Κυπρίων
 
Πέμπτη 15 Μαρτίου 2018

キプロスはねこでいっぱい 
キプロス人の二倍以上のねこの頭数  

Γέμισε με γάτες η Κύπρος - κοινωνία - Το Βήμα Online
posted by kyotakaba at 21:43| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

46. Στον έλατο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」 2  





  Πήραν το σακούλι τους, το παγούρι και το ραβδί τους και κίνησαν. Ήταν ανήφορος δύσκολος, με τη δύναμη όμως που πήραν ύστερα από το λουτρό, είχαν διάθεση για μεγάλα ταξίδια. Σε πλλά μέρη σταμάτησαν. Κυνήγησαν έντομα και γουστερίτσες, πέταξαν πέτρες στον κατήφορο και γνώρισαν φυτά που δεν τα είχαν δει ποτέ. Σε ένα μέρος στάθηκαν και καμάρωσαν πεντ-έξι ωραία δέντρα, που ήταν θεόρατα, με δυνατό κορμό.
  ≪ Είναι καστανιές! ≫ φώναξε ο Πάνος που τις γνώρισε.





 子供たちは自分たちの袋と水筒と杖を取り上げました、そして、出発しました。大変な坂でした。けれども、水浴で得た元気があるので、大旅行をしたい気持でいっぱいだったのです。たくさんの場所で、子供たちは止まりました。昆虫や小さなトカゲを追い掛けたり、坂の下の方へ石を投げたり、これまで一度も見たことのない植物を見知ったりしたのです。五、六本の綺麗な樹が取り澄まして立っている所がありました。立派な幹のとても大きな樹だったのですよ。 
 そこで、パノスは「栗の樹だ!」と叫んだのです。この樹を知っていたのです。  




3月26日訂正:  
子供たちは自分たちの袋と杖を取り上げました、 
→ 
子供たちは自分たちの袋と水筒と杖を取り上げました、
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

46. Στον έλατο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」1 





Στον έλατο




  Αφού έφαγαν, είπε ο Φάνης : ≪ Πάμε σε κείνο τον έλατο εκεί επάνω; ≫
  Σ' ένα μέρος στεκόταν ένας έλατος, καταμόναχος.
  ≪ Πάμε ≫, είπαν τα παιδιά.
  ≪ Και πότε θα γυρίσουμε στις καλύβες; ≫ ρώτησε ο Μαθιός.
  ≪ Θα έρθουμε πίσω αργά το απόγευμα ≫, λέει ο Κωστάκης. ≪ Θα πάρουμε το αλεύρι και θα γυρίσουμε το βράδυ ≫.
  ≪ Να πάρουμε και το σακούλι μας ≫, είπε ο Καλογιάνης. ≪ Μπορεί να πεινάσμουμε ≫.  





       樅の樹で  



 食事が終わると、ファニスがこう言ったのです。「みんなであの樅のところに行かない? あの上にある樅の樹のところに。」 
 一本の樅が立っている場所があったのです、まったく一本きりなのです。 
 「行こう。」、子供たちは言いました。 
 「それで、いつ小屋に帰るの?」とマシオスが聞きました。 
 コスタキスが「午後遅くにここに戻って来て、それで小麦粉を受け取れるだろうから、帰るのは夕方だろう。」と言いました。 
 カロヤニスが「袋を持って行こうよ、ぼくたち、お腹が空くかもしれないよ。」と言いました。 

posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

45. Ο μεθυσμένος μυλωνάς 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」3  





  Ο Μπαρμπακούκης προσπαθούσε να φορέσει το γιλέκο του και δεν μπορούσε. Το φορούσε ανάποδα. Προσπαθούσε να πει κι ένα τραγούδι και δεν μπορούσε. Το ξεχνούσε και φτερνιζόνταν. Ωστόσο και το ρούχο ήθελε να φορέσει και τραγούδι να το τελειώσει. Ξανάρχιζε...

Τούτη η γης που την πατούμε,

όλοι μέσα θε' να μπούμε.


  Πέντε φορές φτερνίστηκε, μα προχωρούσε. Ποτέ δεν χάνει το θάρρος του. Αφού κοίταξε τα σακιά, τις μυλόπετρες και τις κρησάρες, γύρισε και είπε σ' αυτά τα πράγματα : ≪ Αν ξαναπιώ δράμι, να με πείτε όλοι σας μεθυσμένο≫.  
  Όχι ένα, μα τετρακόσια δράμια θα πιεί... το απόγευμα, όταν πάει στο χάνι.  





 バルバコウキスさんは、自分のチョッキを着ようとしていましたが、出来ませんでした。裏返しに着ました。歌を一つ歌おうとしていましたが、出来ませんでした。忘れてしまって、くしゃみをしました。それでも、服を着たくて、おしまいまで歌を歌いたかったのです。また始めました… 

  われらがふむ、この土地は 
  みんながいずれなかにはいるのさ 

 五回ほどくしゃみをしました、でも、仕事は進めたのです。ちっとも自信を失わないのです。袋と碾き臼と篩を見ると、すぐに、振り返って子供たちに具合を言いました。「私がもう一ドラミ呑んだなら、私が酔っていると君らは言っていいよ。」 
 いいえ、一ドラミではないのです。四百ドラミを呑むことでしょう…、 午後になれば、呑みに飲み屋に行くのです。  


第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」、おわり。



粉挽き職人が歌おうとした歌: 
stixoi.info: Χορέψετε χορέψετε  

   



追記、訂正: 
歌の部分 
われらがふむ、この土地は 
みんながなかにはいれるだろう 
→ 
われらがふむ、この土地は 
みんながいずれなかにはいるのさ 
に訂正
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

Λέγοντας και ξαναλέγοντας

 『 Λέγοντας και ξαναλέγοντας 』。話すこと、もう一度話すこと 
『 Logicomix 』の Απόστολος Δοξιάδης アポストロス・ドキアディスの2017年出版の本。エリオットの『荒地』の受容史の様なもの? 

.:BiblioNet : Λέγοντας και ξαναλέγοντας / Δοξιάδης, Απόστολος Κ. 

公演の様子: 
posted by kyotakaba at 08:54| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

Ο Μέγας Ανατολικός, τόμος 1ος, Κεφάλαιο 6ο 2

 アンドレアス・エンブリコスの『 Ο Μεγάς Αντατολικός 』の第一巻、6章から、ウィキソースに引用されていたもう一つの部分:  





  Τι συμβαίνει, διηρωτάτο με σπαραγμόν η νεανίς, και δεν ημπορεί κανείς να απολαμβάνη πάντοτε τον έρωτα σαν μίαν ωραίαν οπώραν {…}, σαν ένα ωραίο τοπείον, σαν ένα ωραίο ξένοιστο πρωί, πασίχαρο, αυροφίλητο, γιομάτο ευφροσύνη, σαν ένα μυροβόλο περιβόλι, ή σαν μια καθαρή αμμουδιά, λουσμένη από γαλάζιο πέλαγος ευδαιμονίας; Μήπως δεν φταίει καθόλου, μα καθόλου ο έρως – εξηκολούθησε να σκέπτεται μα αιμάσσουσαν καρδίαν η Υβόννη. Μήπως φταίει ο τρόπος με τον οποίον αντιμετωπίζουν οι άνθρωποι τον έρωτα, τόσον εις το ατομικόν, όσον και εις το κοινωνικόν επίπεδον; Μήπως, αν δεν έμπαινε στη μέση το λεγόμενον ≪αίσθημα≫ και η λεγομένη ≪ηθική≫, θα ημπορούσε τότε μόνον να είναι ο έρως τέλειος και απλός και εύκολος, επ’ άπειρον πανήδονος και απολύτως παντοδύναμος – όλο χαρά (μόνο χαρά), όλο γλύκα (μόνο γλύκα), χωρίς απαγορεύσεις, στερήσεις, πικρίες, διάφορα ≪μούπες-σούπα≫ και άλλα αηδή και ακατανόητα, όπως η αποκλειστικότης, η εντός του γάμου αγνότης και όλη η σχετική με αυτόν απέραντη όσον και μάταια ηθικολογία και φιλολογία; Με τας τελευταίας σκέψεις, η Υβόννη έπαυσε να κλαίη. Της εφάνη ωσάν να είχε λάμψει αιφνιδίως εις το σκότος ένα φως λαμπρόν, μια δέσμη φωτεινή μεγάλου φάρου τηλαυγούς.



 若い娘が悲嘆の為に自身に疑いを抱く様になり、誰も、美味しい果物の様に、美しい風景、気持のよい清々しい朝の様に、嬉しさ、気持のよい微風、胸いっぱいの喜び、薫りの好い庭、あるいは、豊穣の蒼い海に洗われた清浄な砂浜の様に、恋をまったく得られない様になるとは、何が起こったのだ? もしかしたら、まるで間違っていないのかもしれない、恋は、と、イボニーは出血する心で考え続けた。もしかしたら、人間たちが、社会的な面と個人的な面を同等にして、恋に対して疑いを持って対処すると言う方法が間違っているのではないか? もしかしたら、「感情」と呼ばれているものと「倫理」と呼ばれているものの中央に入るのでなければ、恋それだけならば、恋は完璧で純粋で簡単なものの筈ではないだろうか? どんな範囲も越えてこの上なく美しく、完全に全能なのではないのだろうか? ― 全ての喜び ( 唯一の喜び )、全ての優雅さ( 唯一の優雅さ )であるもの、どんな禁忌も欠乏も苦しみも「言えば切りがない」差異も無く、また、独占するものの様に他からの嫌悪や無理解もない様なものではないだろうか? 無限へとその関係を延ばしていて、教訓的な説話や文学は無力なものではないだろうか? 最後に考えたことで、イボニーは泣くのを止めた。それは、眩しい光が突然に闇を照らしたかの様だった。遠くまで届く巨大な灯台の光束の様だった。  

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

45. Ο μεθυσμένος μυλωνάς 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」2  





  Ο μυλωνάς δεν απάντησε. Έχει πιει όσο χρειάζεται για να μην ακούει πολλά πράγματα. Μπορεί να τ' άκουσε, μα έλα που η γλώσσα του είναι μπερδεμένη! Κάπου- κάπου φτερνιζόταν κι ύστερα έλεγε ο ίδιος στον εαυτό του : ≪ Ίες ≫. Δηλαδή : ≪ Με τις υγείες ≫. Έπειτα όμως θυμήθηκε την ερώτηση που του είχαν κάνει κι απάντησε : ≪ Α... θα... το... ≫. Δηλαδή : ≪ Θα τ' αλέσουμε άμα αλεστεί ≫.  
  Καλά που ήρθε η γυναίκα του μυλωνά και πήρε τα σακιά. Ήταν πολύ προκομμένη. Αυτή βαστούσε τον μύλο. Μα έχει τέτοια ντροπή για το κακό του αντρός της, που σκύβει το κεφάλι εμπρός στους ξένους. Έριξε μια ματιά στον μεθυσμένο και μια στα παιδιά, σαν να τους έλεγε : ≪ Κοιτάξτε πως καταντάει ο άνθρωπος με το κρασί! ≫ Και τράβηξε μέσα στη δουλειά της.   





 粉挽き職人は答えませんでした。もうたくさん呑んでいたので、多くのことが聞いて分からなかったのです。聞くことは出来るのです、でも、ほら、彼の言葉は縺れていたのです! 時々、くしゃみして、それから、自分自身に言ったのです。「けし」。つまり、「ぼくのけんこうをしゅくして」なのです。けれども、それから、子供たちが自分にした質問を思い出したのです。そして答えました。「ア・、し・、こ・、」。つまり、「みんなで挽けば直ぐ挽けるだろう」ということです。 
 幸運にもその時、粉挽き職人の奥さんがやって来て、袋を持ち上げたのです。奥さんはとても働き者だったのです。水車小屋を支えていました。でも、知らない人たちの前で頭を下げている夫の醜態が恥ずかしかったのです。片方の視線を酔っぱらった夫に投げ、もう片方の視線を子供たちに投げたのでした。まるで子供たちこう言っているかの様でした。「人間がお酒でどんな風に零落れるか、よくご覧」。そして、奥さんは、自分の仕事ヘ向かいました。   


posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

45. Ο μεθυσμένος μυλωνάς 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」1 





Ο μεθυσμένος μυλωνάς




  Για τον μυλωνά του μύλου αυτού λένε πως ποτέ δεν είναι ξεμέθυστος. Μπαρμπακούκης είναι τ' όνομά του.
  ≪ Μπαρμπακούκη ≫, του είπε ο Κωστάκης, ≪ ήρθαμε να μας αλέσεις ένα φόρτωμα στάρι ≫.
  ≪ Τοθτττ... αλέθ... ≫, έκανε ο μυλωνάς. Ήθελε να πει μ' αυτό : ≪ Ξεφορτώστε να τ' αλέσουμε ≫.
  Πάλι πιωμένος είναι.
  Τα παιδιά έλυσαν το φόρτωμα και κατέβασαν τα δυο σακιά. Π Πάνος ρώτησε τον μυλωνά : ≪ Τι ώρα θα είναι αλεσμένο, για να ξέρουμε; ≫   





       酔っぱらった粉挽き職人  



 この水車小屋の粉挽き職人については、酔いが醒めているときが全然ないと言われているのです。その人の名前は、バルバコウキスです。 
 コスタキスが職人に言いました。「バルバコウキスさん、ぼくたち、ロバ一頭分の小麦をあなたに粉に挽いてもらおうと来たのです。」 
 職人は、「トシツツツ…、アレエシ…、」とか言いました。こう言いたかったのです。「それを卸しなさい、そうして、皆んなで粉に挽こう。」 
 やっぱり、酔っぱらっているのです。 
 子供たちは、荷をほどいて、二つの袋を下に卸しました。パノスが粉挽き職人にこう尋ねました。「挽いてしまうのにどれくらいの時間なのですか、ぼくらに分かりますか?」 
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

44. Το λουτρό 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」8  





  Σεντόνι βέβαια δεν είχαν μαζί τους. Πήγαν λοιπόν σε κείνον που ζεσταίνει τους φτωχούς και τους γυμνούς, στον ήλιο. Μα ενώ έμεναν στον ήλιο, σφούγγιζαν το δέρμα τους δυνατά με φύλλα από πλατάνι, από βελανιδιά κι από σκίνο. Έτσι στέγνωσαν και ντύθηκαν.
  Ο νους τους δεν έφευγε από το λουτρό. Δεν μπορούσαν να το ξεχάσουν. Αλάφρωσαν. Τους φαινόταν σαν να έγιναν κι αυτά φύλλο, νερό, αέρας. Τι καλά που έκαναν να τολμήσουν! Μα σε ποιον το χρωστούν; Στον Κοτσυφοπάνο.
  ≪ Ελάτε ≫, είπαν, ≪ ελάτε να τον σηκώσουμε ≫.
  Τον σήκωσαν ψηλά και του φώναξαν: ≪ Ζήτω! ≫
  Το κυπρί του μουλαριού που ακούστηκε παραπέρα, τους θύμισε πως είναι ώρα για τον μύλο.   





 もちろん、子供たちは、シーツなど持って来てないのです。それですから、何もない裸の彼らを太陽で暖めてくれるところに行ったのです。でも、太陽の当たっている間、子供たちは、プラタナスやクヌギそれにスキノスの葉っぱで強く身体を拭ったのです。そうして、乾かしてから服を着たのです。 
 子供たちの気持は、水浴から離れませんでした。忘れることができなかったのです。気が晴れたのです。自分たちが葉や水それに風になったように思えたのです。大胆になるってなんて素敵なんでしょう! でも、誰のお陰か知ら? クロウタドリですね。 
 子供たちは言います、「さあ、彼を上げよう。」 
 パノスを高く持ち上げて、子供たちは叫ぶのです。「ばんざあい!」 
 向こうでロバの大きな鈴が鳴っています。その音が、子供たちに水車小屋へ行く時間だと思い出させたのです。 




第四十四章「水浴」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

44. Το λουτρό 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」7  





  Το φαράγγι αντιλαλούσε τα γέλια τους και τις φωνές. Δυο κοτσύφια που είχαν τρομάξει στην αρχή, ξαναήρθαν εκεί και βρέχονταν. Τα πλατάνια έπλεκαν τους κλώνους τους από πάνω και έκαναν πράσινα τόξα. Το νερό ήταν καθαρό σαν διαμάντι. Έβγαινε από την καρδιά του βουνού.  
  Ρούμελη, κρύα Ρούμελη!  
  ≪ Και τώρα πώς θα στεγνώσουμε; ≫ ρωτά ο Κωστάκης, άμα βγήκαν από το νερό.   





 渓谷は子供たちの笑い声と叫び声を谺させていましたよ。初めは恐がっていたもう二羽のクロウタドリも、やっぱりやって来てびしょ濡れになりました。何本もあるプラタナスは、上の方で小枝を編んで、緑の丸天井を作っていました。水はダイアモンドの様に透明でした。水は、山の中心から出ているのです。 
 ルウメリ、冷たいルウメリ! 
 そして、水からあがって直ぐに、「それでだけど、どうすれば乾かせるの?」とコスタキスが尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

44. Το λουτρό 6  

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」6  





  Ο Κωστάκης έβαλε το πόδι του στο νερό, μα σταμάτησε φοβισμένος. Το βρήκε κρύο. Θέλησε να φύγει, μα ο Πάνος αρπάζοντάς τον από το χέρι τον τράβηξε μέσα και τον βούτηξε όλον. Ο Κωστάκης με την πρώτη βουτιά ξαφνιάστηκε. Του φάνηκε πως πούντιασε και χάθηκε! Αμέσως όμως κατάλαβε πως τον κρύωνε ο φόβος του, όχι το νερό. Στην αρχή ένιωσε ψύχρα, τώρα αισθάνεται δροσιά και ευτυχία. Πετούσε νερό στους άλλους.
  ≪ Ορίστε, τώρα μας πετάει νερό κι ο Κωστάκης! ≫ συλλογίστηκαν οι άλλοι τρεις. Γδύθηκαν κι αυτοί και έπεσαν μέσα.  





 コスタキスは水に片足を付けて見たのですけれど、でも、恐くて止まってしまったのです。冷たいと思ったのです。コスタキスは戻りたかったのです。でも、片手を乱暴につかまれて水の中に引っ張られたのです。そして、身体全部が水に浸かってしまいました。彼は、はじめての飛び込みで驚きました。風邪を引いて死んでしまう様に思えたのです! でも直ぐに、自分を冷たくしているのは、彼の恐怖だと分かったのです、水ではないと分かったのです。最初は寒さを覚えたのです、でも今は、涼しさと楽しさを感じているのです。他の子たちに水を掛け始めました。 
 「ごらんよ、今度は、コスタキスが僕たちに水を掛けてるよ!」 他の三人も考えました。裸になって水の中に飛び込みました。
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

44. Το λουτρό 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」5   





  ≪ Μη, μη! ≫ του φώναξαν. ≪ Θα κρυώσεις. Έβγα έξω! ≫
  Ο Πάνος έμπαινε παραμέσα. Χτυπούσε τα χέρια του στο νερό, έλουζε το κορμί του, βουτούσε και το πρόσωπό του. Γελούσε και τίναζε στάλες στον αέρα.
  ≪ Φοβάστε! Ου, φοβάστε! ≫ φώναζε και τους πετούσε νερό.
  Ο Κωστάκης άρχισε να βγάζει τα ρούχα του. Στάθηκε γυμνός στην όχθη.
  ≪ Θα πέσεις, Κωστάκη; Πέσε! Εμπρός, θάρρος! Αμ δεν θα πέσεις! ≫ του φώναξαν.





 「だめ、だめ!」と子供たちはパノスに叫びました。「冷えちゃうよ、水から出て!」 
 パノスはもっと中に入りました。両手で水を打って、胴を洗うのです、それに、顔を水に浸けるのです。笑って、滴を空中に跳ね飛ばすのです。 
 「こわいぞ! おお、こわいぞ!」とパノスは叫んで、皆んなに水を投げつけるのです。 
 コスタキスは、服を脱ぎ始めましたよ。裸になって、岸に立ったのです。 
 「コスタキス、飛ぶのか? 飛べ! 前へ、勇気だ! それとも、飛ばないの!」とパノスは、コスタキスに叫びました。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

44. Το λουτρό 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」4   





  Περήφανη κατέβαινε και βροντούσε τα νερά της. Τα πλατάνια στη μια και στην άλλη όχθη της χαίρονταν το νερό. Άλλα δέντρα έσκυβαν από τις πλαγιές να πιούν. Το ρέμα εκεί κοντά πλάταινε και σχημάτιζε μια δεξαμενή, που έβλεπες και το τελευταίο λιθαράκι μέσα. Αλλού είχε σκαλοπάτια από γυαλιστερά λιθάρια. Το νερό κατέβαινε τα σκαλοπάτια και σχημάτιζε άσπρους καταρράκτες.  
   Ώσπου να καλοκοιτάξουν τα παιδιά, είδαν τον Πάνο γδυτό να μπαίνει στο νερό.   





 堂々と落ちています、ルウメリの水は轟いているのです。ルウメリのこちらあちらの岸に幾本もあるプラタナスは水を喜んでいますよ。他の樹々は、水を飲む為に脇の所で曲がっているのです。流れはこの近くで幅を広げて、淵を作っているのです。その中に最後の小さな岩が見えるのです。他の場所では、きらきら光る石で出来た階段がありました。水はその階段を下りて来るのです。そして、何段かの真っ白な滝を作るのです。 
 子供たちがしっかりとその様子を見る前に、パノスが裸になって水の中に入るのに気がついたのです。
posted by kyotakaba at 14:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

44. Το λουτρό 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」3   





  Τι ωραία που αντιλαλεί το κυπρί του στα φαράγγια!  
  Είχαν ταξιδέψει κάπου μια ώρα.  
  ≪ Ακούτε, παιδιά; ≫, είπε ο Κωστάκης και στάθηκε. Στάθηκαν κι οι άλλοι και άκουγαν. Ερχόταν μια βοή.  
  ≪ Νερό! ≫ είπαν τα παιδιά.  
  Ο Κωστάκης στάθηκε πάλι, έβαλε το αυτί του και, καθώς άκουσε πολύ νερό, φώναξε χαρούμενος. ≪ Η Ρούμελη! ≫  
  Σαν ν' ακούστηκε τ' όνομα καλού φίλου που έρχεται, έτρεξαν τον κατήφορο για τη δουν μια ώρα πρωτύτερα.
  Ήταν η Ρούμελη.  





 なんて素敵な時間でしょう、渓谷に大鈴が谺しているのですよ! 
 子供たちは一時間くらいを旅したのです。 
 「みんな、聞こえる?」とコスタキスは言って立ち止まりました。他の子たちも立ち止まって、耳を傾けました。ざわざわと言う音が聞こえました。 
 「水!」、子供たちは言いました。 
 コスタキスは、また、立ち止まりました。耳を澄ますと、もっとたくさんの水が聞こえたのです、それと同時に、うれしそうに叫びました、「ルウメリだ!」。 
 まるで、大親友の名前が耳に届いて聞こえたかの様に、子供たち坂を走り出して、少しでも早く素晴らしい光景を見ようとしたのです。 
 ルウメリです。 
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

Δεν ενόει διατί αύτη μόνον γελοίους έρωτας ενέπνευσεν εν τώ βίω της

 アレクサンドロス・パパディオマンディスの『メタナスティス』の中のこの文章が、まったく分からない。 

Δεν ενόει διατί αύτη μόνον γελοίους έρωτας ενέπνευσεν εν τώ βίω της, ενώ η άλλη ήτο τόσον ευτυχής εις τα όμματά της. 

ενόει は、動詞、νοώ 。γίνεται νοητό, μπορεί κανείς να καταλάβει κτ.。
διατί は、γιατί と同じ。 
αύτη は代名詞の女性単数、主格か? 
μόνον は副詞なのだと思う。 
γελοίους は γελοίος の複数形対格なのか??? だとすれば何の動詞の対格なのか? 
έρωτας は男性名詞単数、「愛」、主格。なのか?? 何か違うのか? 
ενέπνευσεν は、εμπνέω の三人称単数アオリスト、主格は έρωτας だと思う。 
εν τώ は前置詞と冠詞で、「〜の中に」だと思う。 
βίω は、βίος の与格なのだと。 
όμματά は、μάτια 。 

と書いてふと思ったのは、γελοίους は動詞なのでは? ということ。形は変なのだけど、、、でも、έρωτας が対格でないし、、、 

αύτη は? カキアのことなのか? 何か他の名詞なのか? η άλλη は???   



追記: 
それで次の様に訳して見たのだけれど、  

カキアは理解出来なかった、マリナの命の中で生気を与えているのは僅かに恋だけだと言うこと、それだから、カキアの目にはマリナがとても幸せに見えると言うことが。
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

44. Το λουτρό 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」2   





  Το ψωμί των παιδιών το ετοίμαζαν με πληρωμή οι γυναίκες των λατόμων. Το σιτάρι όμως το πήγαιναν μόνα τους για να το αλέσουν στον μύλο. Έστειλαν και πήραν από τους λατόμους το μουλάρι. Το πρωί ξεκίνησε ο Πάνος, ο Καλογιάννης, ο Μαθιός, ο Κωστάκης κι ο Φάνης. Πέντε μυλωνάδες.  
  Όσο για τον δρόμο είχαν ρωτήσει από χτες και ξέρουν που είναι. Πήραν τα σημάδια καλά. Έπειτα δεν μπορεί να γελαστούν, αφού έχουν μαζί τους έναν πολύτιμο οδηγό, το μουλάρι. Αυτό πηγαίνει μόνο του στον μύλο. Καταλαβαίνει σαν άνθρωπος. Ξέρει τώρα για που κίνησαν τα παιδιά. Είναι το ζώο που πατάει στερεά στους γκρεμούς. Βλέπει τη νύχτα και θυμάται όλους τους δρόμους που πέρασε στο σκοτάδι.  





 子供たちのパンは、石切場の奥さんたちがいっぱいに用意してくれたのです。けれども、小麦は、挽いてもらいに自分たちで水車小屋に持って行きました。使いを出して、石切り職人たちから、ロバを一頭借りたのです。朝、パノス、カロヤニス、マシオス、コスタキス、それにファニスは出発したのです。五人の粉挽き職人です。 
 道のことは昨日聞いていたのですから、どこだかは分かっていました。目印しを上手に取ったのです。それに、思い違いをする筈はありません、だって、有能な道案内、ロバと一緒なのですから。ロバは、ひとりで水車小屋まで行くのです。人間の様に分かっているのです。そうです、子供たちがどこへ行くのか知っているのです。断崖をしっかりと歩く動物なのです。夜でも見えるし、暗闇の中を通っている道を全部覚えているのです。 
posted by kyotakaba at 16:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

Ο Μέγας Ανατολικός, τόμος 1ος, Κεφάλαιο 6ο

 アンドレアス・エンブリコスの『 Ο Μεγάς Αντατολικός 』の第一巻、6章から、ウィキソースに引用されていた部分:  



Ω, πόσον ωραία ήτο αυτή η εαρινή νυξ, πόσον λαμπροί ήσαν οι αστέρες, πόσον ακαταμέτρητον ήτο το ύψος του ουρανού! Οποία μεγαλοπρέπεια! Οποία μεγαλωσύνη! Τί ήτο αυτό το απροσμέτρητον; Ένα μεγάλο χάος, ή μία σοφή διάρθρωσις στοιχείων ασυλλήπτων από την διάνοιαν του ανθρώπου, έργον ενός εξουσιάζοντος και διευθύνοντος τα πάντα παντοδυνάμου νου; Ήσαν τα πάντα τυχαία, ή ωφείλοντο εις μίαν θέλησιν και μίαν λογικήν τελείως υπεράνθρωπον, εις μίαν ικανότητα ίλιγγον επιφέρουσαν, της οποίας τα έργα κατέληγαν εις μίαν θεσπέσιαν αρμονίαν; Μήπως οι απέραντοι κόσμοι που την απετέλουν ήσαν το έργον όχι του Θεού, που η εκκλησία θέλει να μας επιβάλη, αλλά ενός Θεού τελείως διαφορετικού, ενός Θεού αλήθεια παντοκράτορος, ενός Θεού αλήεια παντοδύναμου, που υπήρχε μέσα στα ίδια τα έργα του και σε όλα τα κτίσματά του, αποτελούντος ένα με αυτά, και υπάρχοντος παντού αλλ’ αοράτου, όπως είναι υπαρκτή μα αόρατος η ενέργεια, όπως είναι υπαρκτόν μα αόρατον το πνεύμα, όπως είναι είναι υπαρκτόν αλλά μη ορατόν εις τους πολλούς το Μέγα Φως το Άκτιστον, το Μέγα Φως το Άπιαστον, το εν μεγαλείω και δόξη καταυγάζον, το εις τους αιώνας άπιαστον, μα εκθαμβωτικά εις τους αιώνας των αιώνων ορατόν, μόνο εις όσους ευλογήθηκαν με την υψίστην Χάριν το Φως αυτό να ιδούν; Μήπως άπαντα ταύτα ήσαν ο Θεός, ο μόνος αληθινός – τουτέστιν μια παμμέγιστη, μια υπερτάτη δύναμις ή ενέργεια ≪λελογισμένη≫ και παντάνασσα, και επί της Γης και εν Υψίστοις; Αλήθεια, μήπως αυτά ήσαν ο Θεός, και όχι εκείνος ο ηθικολόγος τύραννος και τιμωρός κριτής – τουτέστιν ένας μεγάλος Άρχων φωτεινός, αυτόφωτος, τελείως άσχετος με τας εννοίας του Καλού και του Κακού; Μήπως εν τη ουσία των πραγμάτων δεν υπήρχε καμμία ηθική, ούτε ανάγκη ηθικής, για να διαρθρωθή και να υπάρξη ο Κόσμος;




 あの春の夜はなんて美しかったのだろう、一体どれだけの星が輝いていたのだろう、空の高さはまるで知れない程に高かった! なんて絢爛豪華だったろう! なんて大きさだったか! あの計り知れなさは何だったのだろう? 巨大な混沌、あるいは、人間の力では捉えられない明瞭な叡智だったのか、それとも、すべてを支配し管理する全知全能の精神の所産だったのか? すべてが偶然なのか、それとも、ある意志全く人智を越えたある理由に依っているのか、ある驚愕する様な力が引き起こしていることに依るのか、つまりは、結局は天上的調和に落着く誰かの作品なのか? もしかすると、調和を成している限りの無いこのいくつもの世界は、教会が私たちに押し付けたがっている神の作品ではないのだろうか。そうではなくて、まるで違う神の、本当に全知全能の神の、他でもない彼の手になる彼の作品の中、彼の建築物の中にいる神の作品なのだろうか? 何所にでも存在するのに目に見えないもので構成されているのだろうか? エネルギーが目に見えないのに存在している様に、息吹が目に見えないのに存在している様に、多くの人々には目に見えないのに、存在している巨大な光・アクティストの様に、巨大な光・アピアストの様に、その巨大さと荘厳さで眩く輝く光、だが驚くことに多くの人にも何世紀も可視であったのに、至高の恩恵に祝福された者だけがその光を見るのだろうか? あるいは、このすべてが神、唯一真の神なのだろうか、つまり、超巨大な至高の力あるいは「理性のある」エネルギー、全存在の女王、この世の至上の神の上に立つ、神なのだろうか? 本当に、それは神なのだろうか? 暴君的な倫理家でも誠実な判定者でもないのに、それは、明るい巨大なアルコンであり、善と悪と言う概念とはまるで無関係ではないのか? あるいは、世界が存在し構造化される為には、物質の本質に於いて、何の倫理も存在せず、倫理の必要もないのではないか? 



 
posted by kyotakaba at 14:04| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

44. Το λουτρό 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」1   





Το λουτρό



  Απ' όλα τα παιδιά ο Πάνος χαίρεται περισσότερο το νερό. Αυτός κάθεται στη βρύση αποκάτω με το κορμί γδυτό και λούζεται. Αν βρει καμιά στέρνα στον δρόμο, μπορεί να γδυθεί και να βουτήξει.
  Ο κυρ-Στέφανος τον έβγαλε Κοτσυφοπάνο.
  Ο κότσυφας δεν είναι το πουλί που τρελαίνεται για το νερό; Όταν ακούσει νερό να τρέχει, κελαηδάει μέσα στο κλουβί. Κι ο Πάνος αν ακούσει νερό, πηδάει και χαίρεται. Μόλις άκουσε πως θα πάνε στον μύλο ν' αλέσουν, τι χαρές έκανε!
  ≪ Εγώ ≫, είπε, ≪ δηλώνω για μυλωνάς, Εγώ ≫.
  Συλλογίζεται από τώρα να καθίσει γδυτός στη βροχή του μύλου, εκεί που τινάζονται οι στάλες. Άλλη μια φορά το είχε κάνει και δεν ξεχνάει αυτή τη δροσιά.   






     水浴  

 子供たちみんなのうちでパノスが一番に水を喜んでいました。彼は裸で泉の底に座って水浴びをしているのですよ。パノスは道で貯水槽を見つけたら、裸になって飛び込み潜ってしまいかねないのです。 
 ステファノスさんは、彼をクロウタドリと呼んだのです。 
 クロウタドリは、水を大好きな鳥ではないのではなかったか知ら? 水が流れているのを聞くと、鳥かごの中でさえずるのです。それで、パノスは、水の音を聞くと、飛び上がって喜ぶのです。水が、粉挽きをしに水車小屋に流れ込んでいる音を聞くと、なんて喜ぶのでしょう! 
 「ぼくはね、」、とパノスは言うのです。「粉挽き職人のつもり、ぼくはね。」 
 彼は、今、水車小屋の雨の中に裸で座っていることを思っているのです。水車小屋では、滴が飛び跳ねているのです。そんなことがあったのです。パノスはその時の涼しさを忘れていないのです。 
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

ギリシアの抒情詩人たち

 『ギリシアの抒情詩人たち  竪琴の音にあわせ』 
沓掛 良彦 
京都大学学術出版会   2018年2月刊  
京都大学学術出版会:ギリシアの抒情詩人たち
posted by kyotakaba at 10:15| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Νουρεντίν Μπόμπα

 『 Νουρεντίν Μπόμπα 』  
Στρατής Τσίρκας  
出版社: Κέρδος 2017年出版 

.:BiblioNet : Νουρεντίν Μπόμπα / Τσίρκας, Στρατής, 1911-1980  

 ストラティス・チルカスは、本名が Γιάννης Χατζηαντρέας ヤニス・ハジリスアンドレアス、1911年生まれで1980年に亡くなった人。 
 『 Νουρεντίν Μπόμπα 』は、イギリスが統治している1910年頃のエジプトの爆弾男ヌールッディーンを扱っているようなのだけど(?)、小説全体には、自然の描写が圧倒的なのだそう。
posted by kyotakaba at 10:10| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

43. Η κατάρα του πεύκου

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十三章「松の呪い」   





Η κατάρα του πεύκου



≪ Γιάνη, γιατί έκοψες τον πεύκο;
γιατί; γιατί; ≫
≪ Αγέρας θα' ναι ≫, λέει ο Γιάννης
και περπατεί.

Ανάβει η πέτρα, το λιβάδι
βγάνει φωτιά
Να 'βρισκε ο Γιάννης μια βρυσούλα,
μια ρεματιά!

Μες στο λιοπύρι, μες στον κάμπο
να ένα δεντρί...
Ξαπλώθη ο Γιάννης αποκάτου
δροσιά να βρει.

Το δέντρο παίρνει τα κλαδιά του
και περπατεί!
≪ Δε θ' ανασάνω ≫, λέει ο Γιάννης
≪ Γιατί; Γιατί; ≫

≪ Γιάννη, που κίνησες να φτάσεις; ≫
≪ Στα Δυο Χωριά ≫.
≪ Κι ακόμα βρίσκεσαι 'δω κάτου;
Πολύ μακριά! ≫

≪ Εγώ πηγαίνω, όλο πηγαίνω.
Τι έφταιξα 'γώ;
Σκιάζεται ο λόγγος και με φεύγει,
Γι' αυτό είμαι 'δώ.

Πότε ξεκίνησα; Είναι μέρες...
για δυο, για τρεις...
Ο νους μου σήμερα δεν ξέρω
τ' είναι βαρύς ≫.

≪ Να μια βρυσούλα, πιέ νεράκι,
να δροσιστείς ≫.
Σκύβει να πιέι νερό στη βρύση,
στερεύει ευθύς.

Οι μέρες πέρασαν κι οι μήνες
φεύγει ο καιρός.
Στον ίδιο τόπο είν' ο Γιάννης
κι ας τρέχει εμπρός...

Να το χινόπωρο, να οι μπόρες!
Μα πού κλαρί;
Χτυπιέται ορθός με το χαλάζι,
με τη βροχή.

≪ Γιάννη, γιατί έσφαξες το δέντρο
το σπλαχνικό,
που 'ριχνεν ίσκιο στο κοπάδι
και στο βοσκό;

Ο πεύκος μίλαε στον αέρα
-τ' ακούς τ' ακούς;-
και τραγουδούσε σα φλογέρα
στους μπιστικούς.

≪ Φρύγανο και κλαρί του πήρες,
και τις δροσιές,
και το ρετσίνι του ποτάμι
απ' τις πληγές.

Σακάτης ήτανε κι ολόρθος,
ως τη χρονιά
που τον εγκρέμισες για ξύλα,
Γιάννη φονιά! ≫

≪ Τη χάρη σου, ερημοκλησάκι,
την προσκυνώ.
Βόηθα να φτάσω κάποιαν ώρα
και να σταθώ...

Η μάνα μου θα περιμένει
κι έχω βοσκή... κι είχα και τρύγο...
Τι ώρα να 'ναι και τι εποχή;

Ξεκίνησα το καλοκαίρι
-να στοχαστείς-
κι ήρθε και μ' ήβρεν ο χειμώνας
μεσοστρατίς.

Πάλι Αλωνάρης και λιοπύρι!
Πότε ήρθε; Πώς;
Άγιε, σταμάτησε το λόγγο
που τρέχει εμπρός.

Άγιε το δρόμο δεν τον βγάνω
-με τι καρδιά;-
Θέλω να πέσω να πεθάνω,
εδώ κοντά ≫.

Πέφτει σα δέντρο απ' το πελέκι...
Βογκάει βαριά.
Μακριά του στάθηκε το δάσος,
πολύ μακριά.

Εκεί τριγύρω ούτε χορτάρι.
Φωνή καμιά.
Στ' αγκάθια πέθανε, στον κάμπο,
στην ερημιά.








      松の呪い 

「ヤニス、どうして、お前は松を切ったの? 
どうして? どうして?」 
ヤニスは言った、「お恵みになるのさ」、 
と、歩いて行った。 

石は燃え、草原は 
炎を出した、 
ほら、ヤニスは小さな泉を見つけた、 
それに谷川! 

灼熱の太陽の中、原っぱの中、 
ほら、一本の樹、、、 
ヤニスはその下に横たわり、 
涼もうと思った。 

その樹は、自分の枝を取り外し、 
それに、歩き出した! 
「僕は休めない」と、ヤニスは言った、 
「どうして? どうして?」 

「ヤニス、どこに行こうと出掛けたの?」 
「二つ村に。」 
「まだ、この下にいるの? 
ずっと遠くだよ!」 

「僕は歩いている、ずっと歩いている。 
何を間違ったのだろう、僕は? 
薮は影を作る、でも、僕を避けるんだ、 
だから、僕はここにいる。 

僕はいつ出発したんだろう? 何日も… 
二日、三日、… 
今日のぼくの頭は、
何の重刑かわからない。」 

「ほら、小さな泉だ、水を飲みなさい、 
喉をうるおすのです。」 
身を屈めて泉の水を飲もうとすると、 
直ぐに干上がった。 

何日も過ぎ、何か月も過ぎて、 
時間が去って行った。 
同じ所に、ヤニスはいる、 
さあ、前へ走れ、… 

さあ、秋だ、ほら、急に降り出す強い雨! 
でも、枝はどこに? 
雨と一緒に、 
霰が真っ直ぐ打ちつけられる。 

「ヤニス、慈悲深いあの樹を 
どうして斬り殺した、 
あの、羊飼いと羊の群れに 
影を投げ落していた樹を? 

松は風に話しかける、 
― 何が聞こえる、何が聞こえる? ― 
そして、懇意な友人たちに 
笛の様に歌い出した。  

「松の枯れ枝も、小枝も、取り去って、 
それに、露も、 
それに、傷口からは、
川程の松脂を取り去った。 

片端になっても、一年も、 
真っ直ぐ立ってた、 
あの松を、お前は切り倒した、 
ヤニス、殺し屋!」

「人里離れた小さな祠、あなたのお慈悲にすがります、 
お祈りします。 
助けてください、いつか着ける様に、 
立って…、 

僕の母は待っているだろう、 
牧場があるんだ…、葡萄の収穫があった・、 
ねえ、何時だろう、何の季節だろう? 

僕は夏に出発した、 
― よく考えてみて ―  
それから、冬が来て、僕を道の真ん中で 
見つけた。 

また七月、また暑い日! 
何時来たのか? どうやって? 
聖者よ、先へ逃げて行く 
薮を止めて下さい! 

聖者よ、僕は道に出られない 
― どんな気持? ― 
僕はもう死んでしまいたい、 
貴方の側で。」 

樹の様に、斧で切り倒され…、 
苦しげに呻いた。 
彼からずっと遠くに森はあった、 
とても遠くに。 

彼の周りには、草もない。 
何の声もしない。 
原っぱの茨の薮で、彼は死んだ、 
誰もいないところで。   



posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

Δεύτερα Κλειδιά - Ελεωνόρα Ζουγανέλη

Δεύτερα Κλειδιά - Ελεωνόρα Ζουγανέλη

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Βικιπαίδεια  

posted by kyotakaba at 22:29| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」4   




  Δίψα είχε, σταλιά δεν είχε να δροσιστεί. Και περνούσαν τα καλοκαίρια και τον έκαιγαν, κι οι χειμώνες και τον πάγωναν. Κι ο Γιάννης περπατούσε, κι ήταν πάντα στον ίδιο τόπο. Ώσπου σωριάστηκε.  
  Και του έβγαλαν ένα τραγούδι, που λέει όλη αυτή την ιστορία. Έχει και σκοπό. Μα όσο για τα λόγια, εγώ δεν τα ξέρω. Στα χαρτιά θα τα βρείτε, γιατί πέρασε στα χαρτιά αυτή η ιστορία.  
  Το τραγούδι του Γιάννη από το Πουρνάρι έτσι το λένε τα χαρτιά.  





 ヤニスは喉が渇きました、喉を潤すほんの小さな滴もなかったのです。いくつもの夏が過ぎて行きました、彼を焼いたのです。そして、いくつもの冬が過ぎて行きました、彼を凍えさせたのです。それでも、ヤニスは歩いていました、同じ所にいたのです。そしてとうとう、ばったりと倒れたのです。 
 そうして、彼を歌う歌が出来たのです。歌の中に、話しが全部歌われています。曲が付いたのです。歌詞のことは、わたしは知らないです。紙に歌詞が書いてあるのが、あなたたちにはわかるでしょう。お話しは紙の上で進んでいます。 
 だから、紙がプウルナリのヤニスの話しを語るのです。


  第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

Να Μεγαλωνουμε Μαζι

 子供の合唱団のCD: 
『 Να Μεγαλωνουμε Μαζι 』 一緒に大きくなろう 

Μικρή Πολιτεία – Παιδική Χορωδία Σπύρου Λάμπρου 

posted by kyotakaba at 11:10| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

Γιατί το Βυζάντιο

 『 Γιατί το Βυζάντιο 』:ビザンチン学者の Ελένη Γλύκατζη - Αρβελέρ エレニー・グリカチジー・アルベレル のエッセイ集。 

.:BiblioNet : Γιατί το Βυζάντιο / Γλύκατζη - Ahrweiler, Ελένη, 1926- 

b184520.jpg

 エレニー・グリカチジー・アルベレルは、1926年アテネ生まれの学者。 
Ελένη Γλύκατζη - Αρβελέρ - Βικιπαίδεια 

他にも、『 Σας μιλώ για το Βυζάντιο 』
.:BiblioNet : Σας μιλώ για το Βυζάντιο / Γλύκατζη - Ahrweiler, Ελένη, 1926- 

b194294.jpg
posted by kyotakaba at 17:53| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」3   





  Κίνησε να πάει στα Δυο Χωριά, να βρει τους μαστόρους να τους πει πως έχει ξύλο για πούλημα. Πέρασε ένα μερόνυχτο, δεν έφτασε. Πέρασαν τρεις μέρες, δεν έφτασε. Πέρασε ένας μήνας κι ήταν ακόμα στον δρόμο.  
  Ο πεύκος, λένε, την ώρα που έπεφτε τον καταράστηκε. Και σαν είχε την κατάρα του πεύκου, δεν μπορούσε ο Γιάννης να βγει ποτέ από τον κάμπο. Γιαί τα δέντρα, βλέποντάς τον, περπατούσαν κι έφευγαν. Κι ο λόγγος όλο τραβούσε μακριά. Κι ο Γιάννης όλο απόμενε στα ξερολίβαδα.  





 ヤニスは、二つ村に出発しました。職人たちに会って、自分は売り物の材木を持っていると言うつもりだったのです。一昼夜が過ぎました、でも、二つ村に着かなかったのですよ。三日が過ぎました、着かなかったのです。一ヶ月が過ぎました、ヤニスは、まだ、路に居たのです。 
 松は倒れる時にヤニスに呪いを掛けたのだ、と言われています。松の呪いで、ヤニスは原野から出られなかったのです。樹々が彼を見ると、歩き出して逃げて行ったからなのです。それに、薮は遠くに退いて行くのです。そうして、ヤニスは、ずっと、枯野に残されていたのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

撰集抄の播磨の国のある僧 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 村人は、それを本当にはしなかった。翌朝、夜明けに、東の空に不思議な雲が立った。村人が、僧の庵に行ってみると、僧は西に向いて合掌したまま死んでいた。 





  Οι χωριάτοι δεν πείστηκαν για τον λόγο του, νομίζοντας ότι δεν θα αληθεύει. Το επόμενο ξημέρωμα, στον ανατολικό ουρανό ένα μυστηριώδες σύννεφο υψώθηκε. Όταν οι χωριάτοι πήγαν στο καλύβι του, ο μοναχός είχε πεθάνει, βλέποντας στην δύση και κάνοντας κόμπο με χέρια του.  


おわり
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

撰集抄の播磨の国のある僧 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 僧は、只々、祈りを挙げていた。数ヶ月経った頃、僧は初めて村に現れて、「私は明朝死ぬ。皆様には大変親切にして頂いた。」と言った。 


  Ο μοναχός απορροφούσε να προσευχηθεί, μόνο προσευχύταν. Όταν δυο ή τρεις μηνές πέρασαν, ο μοναχός εμφανίστηκε στο χωρίο για πρωτή φορά. Και είπε : ≪ Θα πεθάνω το επόμενο πρωί, πολύ ευγενοκό εκ μέρους σας ≫.
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

撰集抄の播磨の国のある僧 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??



 「自分には深く愛し合った妻があったのだけれど、果無くなってしまった。もしや妻が獄に落ちて呵責を受けているのではないかと思うと、自分が心苦しくてならなくなった。それで、一心に祈りを上げて、弔うことにしたのだ。」  





  Έιχα την σύζυγος, ετσί αυτή κι εγώ αγαπιόμαστε σταθερά, αλλά αυτή είχε σβύσει. Υποθέτοντας ότι η σύζυγος μου έπεσε στην κόλαση και δεχόταν την μομφή, βάραινα και εαυτός μου. Λόγω του, αποφάσισα να προσεύχομαι και πενθήσει.

posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

Απίστευτη εικόνα στον ουρανό του Ρεθύμνου – Δείτε τι σχηματίστηκε!

 cretedoc.gr の1月12日付けの記事:  
https://cretedoc.gr/apistefti-ikona-ston-ourano-tou-rethymnou-dite-ti-schimatistike/

レティムノの空に信じられない光景、何が出て来たかを見て下さい! 

Τον… ιπτάμενο δίσκο με τα μάτια τους ≪είδαν≫ κάτοικοι στο Ρέθυμνο με όσα έβλεπαν να σχηματίζονται στον ουρανό στα ανατολικά της πόλης και στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι!


Ένα σπάνιο μετεωρολογικό φαινόμενο με πυκνά νέφη που εμφανίζονται σε μορφή στροβίλου εμφανίστηκε στον ουρανό του Ρεθύμνου. Η εικόνα του φαινομένου προσομοιάζει αρκετά με… ιπτάμενο δίσκο!


≪Αυτά τα νέφη σχηματίζονται σε μεγάλο υψόμετρο και κάθετα προς την κατεύθυνση του ανέμου. Η περιοχή έχει δώσει και στο παρελθόν τέτοια νέφη λόγω των νοτίων ανέμων που πνέουν ευνοούν τον σχηματισμό τους≫, αναφέρουν με σχόλιο τους οι ≪Μετεωκρήτες≫.


Το σπάνιο αυτό φαινόμενο, που δεν είναι πρωτοφανές στην περιοχή του Ρεθύμνου, απαθανάτισε με το φωτογραφικό του φακό ο Γιάννης Γκίκας και το δημοσίευσε η Ειρήνη Καλαϊτζάκη.
Οι πιλότοι ωστόσο αποφεύγουν αυτά τα σύννεφα λόγω των αναταράξεων που τα συνοδεύουν.
  



レティムノの住人たちは自分たちの目で空飛ぶ円盤を「見た」のです。住民たちは、それが町の東の空に形成されて行く様子を見続けたのです。  

独楽の形をした濃い雲の珍しい気象現象がレティムノの空に現れたのです。この事象の見た目は、とても…、空飛ぶ円盤に似ています。 

「この様な雲は、非常に高い所に風の向きに垂直に形成されるのです。この地域は、これまでにも、この様な雲が出ています。それは、南風が雲の生成を促す所為なのです。」と、「 Μετεωκρήτες 」はコメントで述べています。 

レティムノで初めて見られたわけではないけれど、この珍しい現象が、ヤニス・ギカスのレンズで写真として永遠に保存されました。そして、エイリニー・カライザキ−が公表しました。しかしながら、パイロットは、同時に乱気流が起こる為に、この様な雲を避けるのです。   


最初の段落の 「 με όσα 」と「 στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι! 」は分かりません。
「 με όσα 」は、関係代名詞に近い様なものかとも思いますが。 
「 στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι! 」は、まるで、、、 
στις は、前置詞+冠詞、冠詞 τις は、女性/複数の対格。 
φωτός は、中性名詞/単数 φως の属格。 
ενετικό は、形容詞 ενετικός の 単数/中性形。「ヴェネチアの」の意味。 

στις と φωτός が、性と格が一致していないし、 
この文章の中に、女性の複数の実詞が見当たらないし、、、
何故ここに「ヴェネチアの」と言う語が入るのか、、、 
「 στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι 」と言う慣用句があるのか?   


Ρέθυμνο - Βικιπαίδεια 

Meteokrites 

ouranos-rethymno-synnefa-fainomeno-periergo-1.jpg
posted by kyotakaba at 15:20| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」2   






  Ώσπου ήρθε μια χρονιά ο Γιάννης από το Πουρνάρι και τον πελέκησε με το τσεκούρι για ρετσίνι. Και την άλλη χρονιά πάλι τον πελέκησε. Κι άμα έβγαλε δυο χρόνια το ρετσίνι, ο Γιάννης άρχισε να μετρά τα κούτσουρα που θα είχε, αν τον έκοβε ολότελα. Την τρίτη χρονιά τον γκρέμισε. Και πήγε στη μάνα του και της είπε : ≪ Μάνα, καλόν χειμώνα θα περάσουμε. Τον μισό πεύκο θα τον κάψουμε εμείς στο τζάκι, τον άλλο μισό θα τον πουλήσουμε στα Δυο Χωριά ≫.  





 そこに、ある年、プウルナリのヤニスがやって来たのです。そして、松脂を採ろうとこの松を斧で切りつけたのです。次の年も、また切りつけました。二年もこの松は松脂を出したものですから、ヤニスは、この松を全部切り倒したら、幹には松脂が何れ程あるのだろうかと測り始めたのです。三年目に、ヤニスは、この松を切り倒したのです。そして、お母さんのところに行って、こう言ったのです。「母さん、僕たちは、良い冬が過ごせそうですよ。松の半分を切って暖炉に使いましょう。後の半分は、二つ村に売りましょう。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

撰集抄の播磨の国のある僧 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 





 村人の一人が、僧になった分けを聞くとこの様に語った。  





  Ένας χωριάτης τον ρωτήσε για την αιτιά που έγινε μονάχος, έτσι ο μονάχος διηγήθηκε ως εξής :
posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

撰集抄の播磨の国のある僧 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、播磨の国にいた僧の事。麓がそのまま海に面している山があった。その麓で渚である場所に、粗末な庵を建て、一人の僧が住み着いた。  





   Άκουσα την ιστορία για ένα μοναχό που ζούσε στην χώρα του Χάριμα. :  
  Υπήρχε ένα βουνό που οι πρόποδες του έβλεπαν στην θάλασσα κατευθείαν. Και στο αυτό χώρο που ήταν οι πρόποδες και εξάλλου η παραλία, έφτιαξε το φτωχό καλύβι, έτσι εγκαταστάθηκε ένας μοναχός.
posted by kyotakaba at 16:10| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

Γρα-Γρου

 『 Γρα-Γρου 』。2017年11月にイカロス社から出版された、グラフィック・ノヴェル。
作者は、Τάσος Ζαφειριάδης タソス・ザフィリアデシスと Γιάννης Παλαβός ヤニス・パラボス。 
作画は、Θανάσης Πέτρου サナシィス・ペトルウ。 
作曲は、Μιχάλης Σιγανίδης ミハリス・シガニディス。 ( 作曲って? ) 

.:BiblioNet : Γρα-Γρου / Ζαφειριάδης, Τάσος  


posted by kyotakaba at 18:10| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Γιώργης Παυλόπουλος 『 Ποιήματα 1943-2008 』

 詩人 Γιώργης Παυλόπουλος ヨルギス・パウロプウロスの詩集。 
表紙が印象的だったから。 
Κίχλη 社出版、2017年。 

.:BiblioNet : Ποιήματα 1943-2008 / Παυλόπουλος, Γιώργης, 1924-2008 

 ヨルギス・パウロプウロスは、イリア県ピルゴス出身、1924年生まれ2008年没の人。ギリシャ以外ではあまり知られていないけれど、国内では、セフィリス等に絶賛された詩人。   



b220207.jpg
posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

よみかた

 エティオピア物語が終わってしまったので、次は何を読んでみようかと思っている。『エペソス物語り』とか『レウキッペとクリトフォン』とか『ダフニスとクロエ』とかもあるけど。 
 エティオピア物語の現代語訳を出版している ΑΓΡΑ 社からは、古典シリーズがいろいろあるけれど、私が興味を持っているのは、Ιπποκρατής の『 Το γέλο και η τρέλα 』、それに、Μιχαήλ Ψελλός の『 Χρονογραφία 』。  
 ああ、そうだ、エウクレイデスの『 Στοιχεία 』とかも。
 それに、現代と言うか20世紀の小説、Ανδρέας Εμπειρίκος の『 Ο Μέγας Ανατολικός 』。 
 私に読めるものがあるか知ら、、、
posted by kyotakaba at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

Απόψε το πιο φωτεινό φεγγάρι του 2018

 in.gr の1月1日付けの記事から: 
http://news.in.gr/science-technology/article/?aid=1500186838  


Δύο φορές θα υπάρξει υπέρ-Σελήνη το 2018 και η πρώτη θα είναι απόψε, Πρωτοχρονιά, λίγο πριν τα χαράματα της Τρίτης, 2 Ιανουαρίου. Θα είναι το πιο μεγάλο και φωτεινό φεγγάρι όλου του 2018. Λίγο μετά, το βράδυ της Τετάρτης 3 Ιανουαρίου θα κορυφωθεί και η πρώτη βροχή διαττόντων του έτους, οι Τεταρτίδες, αλλά το δυνατό φεγγάρι σχεδόν θα τις ≪σβήσει≫.  



 2018年には、スーパームーンが二度起こるでしょう。一回目のスーパームーンは、今夜、元日の夜ですが、日付は1月2日、夜明けの少し前に、スーパームーンになる筈です。この時には、2018年を通して最大の、そして、最も明るい月になることでしょう。そのすぐ後、1月3日水曜日の夜には、流星群が最大になると思われます。しぶんぎざ流星群です。けれども、明るい月が、「消して」しまいそうです。
posted by kyotakaba at 20:49| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

エティオピア物語

 2009年4月21日から、読み始めた『エティオピア物語』が終わった。自分でも驚いた。最初は、最後まで読むつもりでもなかった様に思う。それに、読通せるとも思ってなかった、と。 
 紙のノートに書いて行く、と言う方法もあったのだけれど。それに、読み始めた頃は、紙のノートに書く方が文の構成を着実に読み取れると感じていたし、訂正や書き込みも自由に入れられるので、自身の思考/試行の跡も目に見えるし、日本語の場合、変換が煩わしくて思考が途切れることもあったし、ギリシャ語/日本語の切り替えもまどろこく感じていたしで、パソコンを使うのに抵抗もあったのだけれど。結局は、パソコンだけで、書き残していた。 
 それに、自分のパソコン内の書類だけではなくて、ブログにして、公開したのは、それ程の意図があったのでもなかったのだけれど。ただ、誰かが間違いを訂正してくれるのでは、と期待はしていたのだけれど。 
 まあでも、ブログ・サービスを利用していたお陰で、パソコンがクラッシュして自分のパソコン内のファイルを失った時も、ブログにあるファイルをコピーすれば良かったので助かった。 
 それより何より、公開していて人目を受けていると言う意識が、最後まで読通せさせたのかもしれないし。 

 最初は、叙述体だったのに、途中から会話体になってしまった。訳の内容は、間違いが多くあるだろうけれど、また読み返したら、自分でそれが分かるかどうかは分からない。最初の頃は、インターネット上にある英訳を参考にしていたのだけれど、いつの間にか、それがある事も忘れていた。 
 ほんの少しずつでも、読み続けて、最後まで読通せたのは、何より、物語りが面白かっただろうけれど。途中何度も、もうわからない!とヒステリーを起こして、それを書き付けたりもしたけど。不思議なもので、そう書くと、文が分かったりして、、、でも、そんな醜態をも人目を受けていたので、読通せたのかも??? 

 何処かで読んで下さっていた方には、深く感謝。ブログ・サービスを提供してくれているシーサー社にも感謝。

 で、少しは現代ギリシャ語を身に着けたかと言えば、大いに疑問、、、、それは、一つには、パソコンだけになった理由でもあるけど、電子辞書はとても便利で、変化している語をボタンを押すだけで検索出来るので、つい頼ってしまって、、、でも、やはりそれ以前の自分の能力と言うことなのだろうけど、、、
posted by kyotakaba at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

Εγώ, ο Σίμος Σιμεών

 『 Εγώ, ο Σίμος Σιμεών 』 ( 小説 ) 
Γιάννης Ξανθούλης  
出版社: Διόπτρα 2017年刊 

.:BiblioNet : Εγώ, ο Σίμος Σιμεών / Ξανθούλης, Γιάννης
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

エティオピア物語 第十巻 41-4

  Έτσι έφτασε στο τέλος του το σύγγραμμα των Αίθιοπικών ή των Περί Θεαγένην και Χαρίκλειαν・ το συνέγραψε ένας Φοίνικας Εμεσηνός, από το γένος του Ήλιου, ο γιός του Θεοδοσίου Ηλιόδωρος. ―


ΤΕΛΟΣ.






 さて、エティオピア人たちの、あるいは、テアゲニスとハリクレアについての物語りは、全巻の終りとなりました。この物語りは、太陽の一族、フェニキアのエメサの者、セオドシオスの息子、ヘリオドロスが著しました。

おわり  


追記: 訂正 
エメシノス は姓でなく、土地の名前、
この物語りは、太陽の一族、フェニキア人の、セオドシオスの息子、ヘリオドロス・エメシノスが著しました。
→ 
この物語りは、太陽の一族、フェニキアのエメサの者、セオドシオスの息子、ヘリオドロスが著しました。
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」1   





Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι



  ≪ Βλέπετε κει κάτω μακριά ≫, είπε η Αφρόδω, ≪ κάτι χωράφια που κιτρινίζουν; ≫  
  Εκεί ήταν ένας πεύκος, μα τι πεύκος! Έκρουμε στα ουράνια, που λέει ο λόγος. Ο ίσκιος που έριχνε μαύριζε σαν το χράμι που είναι από τράγιο μαλλί. Από κάτω μπορούσε να σταλίσει ένα κοπάδι. Πουλί πετούμενο δεν περνούσε από μακριά δίχως να 'ρθει ν' αγγίξει την κορυφή του. Οι σταλαματιές από το ρετσίνι του σαν κεχριμπάρια, το φύσημά του ποτάμι, η δροσιά του γιάτρευε λαβωμένο. Λένε πως μέσα στο κορμί του κοιμόταν μια νεράιδα. Έτσι λένε. Μεγαλύτερος πεύκος δεν φάνηκε πουθενά. Τον θυμούνται δα εκείνοι που γέρασαν. Κι ο παππούλης κάθισε στον ίσκιο του.     





      プウルナリのヤニスの話し 

 「あなたたち、ずっと下の黄色になった畑の様なところが分かる?」と、アフロドウは言いました。 
 そこに、一本の松がありました。でも、なんて松なのでしょう! 空に触れているのです、言葉通りそうなのです。その松が投げ掛ける影が、山羊の毛で出来た柔らかい布の様に、辺りを暗くしているのです。その下で、群れが一つ休むことが出来るくらいです。空飛ぶ鳥は、遠くから来てこの松の梢に止まらずに通り過ぎることはないのです。その松から出た松脂の滴は、まるで琥珀のようですし、まるで川から吹く風の様なのですけれど、その爽やかさが、傷ついた人を治すのです。幹の中には、ひとりの妖精が寝ていると言われているのです。それに。これより大きな松は何所にも見られません。歳を取った人たちはこの松を思い出すのです。一人のおじいさんがその陰に座っていました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」3  





  Τόσο την έχουν αδερφή, που σήμερα την έβαλαν σε ράψιμο.  
  ≪ Ράψε, Αφρόδω, τούτο το κουμπί ≫.  
  ≪ Ράψε μου τον αγκώνα που σκίστηκε ≫.  
  Όσο κι αν είχαν μάθει στην ερημιά να ράβονται μόνοι τους, ήθελαν το ράψιμο της Αφρόδως. Πάντα πιο καλά ράβουν οι γυναίκες.  
  Η Αφρόδω κάθισε και μπάλωσε δυο-τρεις. Αν μπορεί να μπαλωθούν οι δασοφύλακες. Ύστερα πήρε τη ρόκα κι άρχισε να γνέθει.  
  ≪ Τώρα θα μας πει κανένα παραμύθι! ≫ συλλογίστηκαν τα παιδιά.  
  Όχι δεν τους είπε παραμύθι. Τους είπε την ιστορία του Γιάννη από το Πουρνάρι. Μια ιστορία που την ξέρουν όλοι, μεγάλοι και μικροί.    





 それに、今日は、子供たちはアフロドウにお姉さんになって貰っているのですよ。今日は、裁縫をして貰っているのです。 
 「アフロドウ、このボタンを縫って下さい。」 
 「僕には、裂けた肘を縫って下さいな。」 
 この人里離れた場所で、自分たちの服を新調するとしても、子供たちは、アフロドウの縫ったものを欲しがったでしょうね。ここの女性たちは、いつも、とても上手に縫うのです。 
 アフロドウは座って、ふたつ、みっつを繕いました。もしかしたら、森林警備官たちも繕いをするかも知れませんね。それから、アフロドウは糸巻きを取り上げて、糸紡ぎを始めたのです。 
 「さあ、彼女は、きっと、何かお伽噺をしてくれるよ!」と、子供たちは思ったのです。 
 違いました、お伽噺をしてくれなかったのです。プウルナリのヤニスの話しをしたのです。大人も子供も、皆んなが知っているお話しなのです。   





第四十一章「アフロドウの歌」、おわり   

posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」2  





  Προχτές τραγούδησε στον Φάνη και στον Δημητράκη ένα τραγούδι που άρχιζε με τα λόγια : Απόψε νειρευόμουνα. Το είπε χαμηλοβλέποντας και κοιτάζοντας τη ρόκα.

Απόψε νειρευόμουνα
-μητέρα, μητερίτσα μου-
ψηλόν πύργον ανέβαινα,
σε περιβόλι έμπαινα
και δυο ποτάμια με νερό
-ξήγα, μητέρα μ', τ' όνειρο!...


  Να είχε δει και κείνη τέτοιο όνειρο; Ήταν κάτι λυπητερό σ' αυτό το τραγούδι. Μα όταν το τελείωσε, χαμογέλασε. Κι άμα η Αφρόδω χαμογελάσει, όλα είναι καλά.   





 一昨日、アフロドウは、ファニスとディミトラキスに、ある歌を歌って聞かせたのです。歌は、こんな言葉で始まるのですよ。「」 この言葉を、下の方を見ながら、糸巻きを見詰めながら、口に出したのです。 

きのうのよる、こんなゆめみたの、 
母さん、わたしのおかあさん、 
高い塔に登ったの、 
お庭に入ったの、 
二本の川にお水が流れていたの、 
どんな意味なの、お母さん、この夢は!

 でも、彼女はそんな夢を見たのか知ら? その歌には、何か哀しいところがあります。けれど、アフロドウは、歌い終わると笑ったのです。アフロドウが笑うと、みんながご機嫌になりますよ。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

チョイ住み

 NHK、BSプレミアムの番組『チョイ住み』、第14弾は、アテネ。 
12月2日午後10時放送。 
posted by kyotakaba at 18:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

エティオピア物語 第十巻 41-3

  Στεφανωμένοι λοιπόν με μίτρες λευκές οι δυό νέοι, ανέλαβαν αμέσως τα ιερά καθήκοντά τους και τέλεσαν με επισημότητα τη θυσία. Αμέσως ύστερα, υπό τον ήχο των αυλών και των συρίγγων και συνοδευόμενοι από το πλήθος που τους επευφημούσε χειροκροτώντας και χορεύοντας, κατευθύνθηκαν πρός τη Μερόη, ο Θεαγένης μαζί με τον Υδάσπη πάνω σε άρμα που το έσερναν άλογα ( ο Σισιμίθρης και ο Χαρικλής επέβαιναν σε άλλο ) και η Χαρίκλεια μαζί με την Περσίννα πάνω σε άρμα που το έσερναν βόδια λευκά・ σε λίγο η πομπή έφτασε στην πόλη, όπου και τελέστηκαν με κάθε επισημότητα οι ευτυχισμένοι γάμοι.





 そうして、純白のミトラを戴冠された若い二人は、直ぐに、自分たちの職務を果たしたのです。犠牲祭の儀式を行ったのです。その後は直ぐに、廷臣達の声、笛の音の下、二人に拍手で喝采を送り踊りながら付いて来る民衆たちと共に、メロイに向かったのです。テアゲニスはイダスピス王と一緒に、二輪戦車の上に居ました。戦車は馬が牽いているのです。( シシミシリスとハリクリスは別の物に乗っていました。 ) ハリクレアはペルシナ女王と一緒に、白い牛が牽く二輪戦車に乗っていました。間もなく、行列は都市に着きました。そこで、幸せな、そして厳粛な結婚の儀式が幾つも執り行われたのです。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

エティオピア物語 第十巻 41-2

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε τις δυό μίτρες, τη δική του και της Περσίννας, που ήταν τα σύμβολά της ιεροσύνης, και τις φόρεσε στον Θεαγένη και στη Χαρίκλεια・ ο Χαρικλής θυμήθηκε τότε το χρησμό των Δελφών και κατάλαβε ότι επαληθευόταν η παλιά προφητεία που έλεγε ότι οι δυό νέοι, μετά τη φυγή τους από τους Δελφούς,



θα φτάσουν στη σκοτενόχρωμη χώρα του Ήλιου
κι εκεί θα λάβουν το μέγα έπαθλο της αρετής τους,
στέμμα λευκό πάνω στους μαυρισμένους τους κροτάφους.






 こう言うと、イダスピス王は、二つのミトラ( 主教冠 ) を、一つは自分のもの一つはペルシナのものを、外したのです。それは、聖職の象徴なのでした。そして、そのミトラをテアゲニスとハリクレアに被せたのです。そうすると、ハリクリスは、デルフォスの神託を思い出したのです。そして、古い予言が実現したのだ、と理解したのです。予言では、二人の若者がデルフォスから立ち去った後、次の様になると言っていました。  

「二人は、日輪で黒くなった土地に辿り着くであろう 
その土地で、二人は、己らの徳に褒美を貰うだろう 
黒くなった顳顬に純白の王冠を戴くだろう 」
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

エティオピア物語 第十巻 41-1

  Στα λόγια του αυτά επευφήμησε ο στρατός και ξέσπασε σε χειροκρότημα σαν να τελούνταν ήδη οι γάμοι. Πλησίασε τότε ο Υδάσπης στους βωμούς και, λίγο πρίν κηρύξει την έναρξη της τελετής, ≪ Δέσποτα Ήλιε ≫, είπε, ≪ και Σελήνη δέσποινα, εφόσον ο Θεαγένης και η Χαπίκλεια κατά δικό σας θέλημα αναδείχτηκαν σύζυγοι, επιτρέπεται σ’ αυτούς και να ιερουργούν πρός τιμήν σας ≫.





 王のこの言葉に、軍隊は喝采をし、まるで既に結婚式が行われたかの様に、堰を切った様に拍手をしたのです。そうすると、イダスピス王は、祭壇に近づいて、直ぐに式典を開始すると公布したのです。こう言いました。「世界を治める太陽神よ、世界を治める月神よ、テアゲニスとハリクレアは、貴方達ご自身の意志の下、夫婦になりましたのですから、この二人に貴方達を祀る司祭をするのをお許し下さい。」   

posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする