2017年10月10日

エティオピア物語 第十巻 33-2

  ≪ Αυτά είναι ανοησίες ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όντως μελλοθάνατου λόγια. Η εσχάρα απέδειξε ότι η κόρη αυτή δεν έχει γνωρίσει γάμο ούτε έχει έλθει σε επαφή με άνδρα・ εκτός άν, άγνωστο πώς, έμαθες κάτι για τον Μερόηβο από δώ κι εκείνον θεωρείς άνδρα της・ αλλ’ αυτός δεν είναι ακόμα σύζυγος, μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει ≫. ≪ Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ και μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία ≫.




 イダスピス王はこう言いました。「お前の言うことは、まったく、死に際の馬鹿馬鹿しい戯言だ。格子は、この娘は結婚が何だか知ってもいないし、男と交渉したこともない、と証明したのだ。今此所で、メロイボスのことを何か知って、彼をハリクレアの夫だと考えたのだろう。それ以外には、知りようもない。けれどもだ、メロイボスは、まだ、夫ではないのだ。婚約者として、彼の名前を挙げただけだ。」 すると、テアゲニスはこう言いました。「決してそうはなりません。そう加えて下さい。それから、もし、私がハリクレアの気持を正しく読み取ったならば、貴方は、生贄に決められた男についての神託を信じなければなりません。」   


追記: 
πρόσθεσέ το κι αυτό の αυτό は、その次の文「μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία」をテアゲニスのイダスピス王への願いに加えると言うことか? 

Thomas Underdowne の翻訳をF. A. Wright と George Routledge が編集した英訳: 
‘This man is mad,’ Hydaspes cried, ‘and in truth giveth himself over to death. The fire declared that she was a maid unmarried who never had to do with a man: unless indeed you mean Meroebus here − I cannot tell how you should come by knowledge thereof − who is not yet her husband, although I have promised her to him.’ ‘You may add that he is not likely to be,’ said Theagenes, ‘if I know anything of Chariclea’s mind. And since I am a sacrifice it is only right to believe me when I prophecy.’ 
この英訳からだと、 
「μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει」に「Κι ούτε θα γίνει ποτέ」を加えるという文に思える。
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2 note

 第十巻 33-2 の分からないところ: 
Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 。
ここのディオ・テレイエス δυο τελείες の前後の文章の繋がり方。 
ディオ・テレイエスは、引用符の様な感じだと思っていたのだけれど、ここの文章ではそうでもない様。

Δύο τελείες ( : )
Οι δύο τελείες δηλώνουν ότι θ' ακολουθήσει παράθεμα από ξένο κείμενο, απόφθεγμα, παροιμία ή ευθύς λόγος. Χρησιμοποιείται ακόμη στις περιπτώσεις που αναλύομε ή ερμηνεύομε κάτι που έχομε καταγράψει, π.χ.: Σκεπτόμουν καθαρά τούτο: θα εκτελέσω όσο μπορώ καλύτερα το χρέος μου.
Η λέξη ύστερ' από τις δύο τελείες γράφεται με αρχικό γράμμα κεφαλαίο όταν οι δύο τελείες έχουν τη θέση τελείας. 

それから、ここの αυτό が何を指すのかが分からない。το だから、物ではなくて、ある事なのだと思うけれど。

そして、この文章の後の、άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ …、とどう繋がっていくのかも、分からない。
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2 d

≪ Αυτά είναι ανοησίες ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όντως μελλοθάνατου λόγια. Η εσχάρα απέδειξε ότι η κόρη αυτή δεν έχει γνωρίσει γάμο ούτε έχει έλθει σε επαφή με άνδρα・ εκτός άν, άγνωστο πώς, έμαθες κάτι για τον Μερόηβο από δώ κι εκείνον θεωρείς άνδρα της・ αλλ’ αυτός δεν είναι ακόμα σύζυγος, μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει ≫. ≪ Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ και μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία ≫.



Google翻訳: 
「これはナンセンスです」とHypapis氏は言います。「本当に致命的な言葉です。 グリッドは、この娘が結婚しておらず、男性にも連絡していないことを証明しています。あなたに知られていない限り、あなたはMeroeibosについて何かを学んできました。あなたは彼女の夫を考慮しています。 私は名前をつけた。 「それは決して起こらないだろう:それを加えて、私がHaricleiaの感情を正しく読めば、Theogeneを言った、むしろあなたは犠牲のための男のマナーを信じなければならない」


worldlingo 翻訳: 
「これらはfooleries」、言ったYdaspisを、「全くmellothanatoy理由である。 グリルは結婚がどちらも人と接触しなかったことをこの女の子が知らなかったと証明した・ 、私からのMeroiboのための何かを彼女の人を考慮するためにいかに学んだか、未知数それ見れば・ allはまだこれmnistiraだけが彼女彼を」名前を挙げた、配偶者ではない。 「それは決してならないし、: それは加え、私が私Charikleiasの感じを正しく読んだらこれは」、Theagenisを、「言った・ そしてむしろそれは犠牲のために」意図されている人のclairvoyancesを信じるべきである。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

エティオピア物語 第十巻 33-1

  Ταράχτηκε ο Υδάσπης από τα λόγια του που του ξανάφεραν στο νού την όμοια παράκληση της Χαρίκλειας, αλλά δεν θεώρησε τη στιγμή κατάλληλη για να εξιχνιάσει το μυστήριο. ≪ Ξένε ≫, του είπε μόνο, ≪ τα δυνατά σου επέτρεψα να ζητήσεις κι αυτά συγκατένευσα να σου δώσω・ παντρεμένη πρέπει να είναι η γυναίκα που θυσιάζει, όχι παρθένος・ ο νόμος έτσι ορίζει ≫. ≪ Αλλά κι αυτή έχει άνδρα ≫, του είπε ο Θεαγένης.





 テアゲニスのその言葉を聞いて、イダスピス王は狼狽しました。その言葉は、ハリクレアの似た様な懇願を思い出させたのです。けれども、王は、その時を、謎を解明するのに相応しいと時だとは思わなかったのです。ただこう言ったのです。「成る程、私はお前に頼み事をするのを許した、お前の願う物を与えることに私は同意した。よく聞きなさい。犠牲祭を行うのは既婚の女性でなければならないのだ。乙女ではないのだ。法はそう決めているのだ。」 すると、「けれど、彼女には夫がいる。」とテアゲニスは言ったのです。     



posted by kyotakaba at 17:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」2   





  Οι γριές εξήγησαν τις σφυριξιές εκείνες σαν γριές. Είπαν πως είναι από στοιχειά. Τα μεγαλύτερα στοιχειά, καθώς λένε οι γριές, είναι μέσα στον λόγγο.   Οι Πουρναρίτες, αν κι έχουν περπατήσει νύχτα πολλές φορές, πίστεψαν τις γυναίκες. Το ξαφνικό εκείνο, που το διηγήθηκαν οι φοβισμένοι δεντροκόποι, από στόμα σε στόμα μεγάλωσε. Και καθώς μέσα στο άγριο αυτό χωριό έμειναν οι άνθρωποι αγράμματοι, η ιστορία γύριζε μέρα και νύχτα. Κι όσο γύριζε τόσο πιο φιβερή γινόταν.    Στο τέλος μερικοί από τους χωριάτες πίστεψαν πως ο Χλωρός είχε στοιχειώσει.    





 老婆たちは、如何にも老婆らしく、その呼び笛の音を説明したのです。あれは幽霊の出す音だと言うのですよ。老婆たちが言うには、とっても大きな幽霊たちが薮の中にいるのですって。 
 プウルナリの人たちは、何度も夜に出歩いたことはあるのですが、女の人たちが言うことを信じたのです。恐怖に震えた伐採者たちが語った、突然起こったその音のことは、口から口へ伝わり、その度に大きくなっていったのです。こうした未開の村に文盲の人たちが住んでいるのですから、この話しは昼も夜も繰り返されるのです。そして、繰り返される度に、もっと恐ろしい出来事になるのです。 
 最後には、村人の何人かは、ハロロ村の住人全部が幽霊になってしまったと思い込んだのです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

エティオピア物語 第十巻 32-4

  Κι επειδή, όσο κι άν το θέλω, δεν μπορώ να σε σώσω από τα επικείμενα, θα εκπληρώσω οποιαδήποτε επιθυμία σου・ άν υπάρχει κάτι που μπορεί να σου δώσει ευχαρίστηση όσο είσαι ακόμα ζωντανός, ζήτησε μου το ≫. Λέγοντας αυτά και μην μπορώντας να κρύψει κάποιο δάκρυ, στεφάνωσε τον Θεαγένη με χρυσό στεφάνι στολισμένο με πολύτιμες πέτρες. Και ο Θεαγένης ≪ καλά λοιπόν, θα σου ζητήσω κάτι ≫ είπε, ≪ και δώσ’ το μου μιά και το υποσχέθηκες・ άν είναι απολύτως αδύνατο να αποφύγω τη θυσία, πρόσταξε να με σφάξει με το χέρι της η κόρη σου που μόλις ξαναβρήκες ≫.





 「その上に、私がそう望んだとしても、間近に差し迫ったことからお前を助けることは、私には出来ないのだ。それで、私は、お前の望むは何でも叶えてやろう。お前が生きている間に、お前を喜ばせる様な何かがあるのなら、私にそれを求めなさい。」 王はそう言いながらも、涙を隠すことは出来なかったのです。そして、テアゲニスに、高価な宝石で飾られた金の冠を被せました。すると、テアゲニスはこう言いました。「分かりました。貴方に一つのことを望みましょう。私にひとつの約束をして下さい。私が生贄になることを免れるのがどうしても出来ないのでしたら、今、貴方が再会されたばかりの貴方のご息女の手で私を屠る様に命じて下さい。」
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

エティオピア物語 第十巻 32-3

  Αναβόησε τότε το πλήθος ακόμα πιό δυνατά από πρίν κι ο ίδιος ο βασιλιάς δεν άντεξε να μη σηκωθεί από το θρόνο του και ≪ άχ ανάγκη ≫, είπε, ≪ τί άνδρα το έθιμο μου επιβάλλει να θυσιάσω! ≫ και συνάμα καλεί κοντά του τον Θεαγένη. ≪ Νέε μου ≫, του λέει, ≪ το έθιμο ορίζει να στεφανωθείς για τη θυσία・ δέξου όμως και τώρα τον στέφανο για την ένδοξη αυτή αλλ’ ανώφελη και εφήμερη νίκη σου.




 そうすると、群衆は、以前より増してもっと力強く叫んだのです。王自身も、我慢出来ずに席から立ち上がりました。そして、こう言いました。「ああ、困った。慣習が私に生贄になる様に押し付けたのは、何と言う人物だろう!」 それと同時に、テアゲニスを自分の近くに呼び寄せました。そして、彼にこう言いました。「若者よ、慣習では、お前は生贄になる為に冠を被ることに決まっている。けれども、今、お前の栄誉の冠を受け取りなさい。ただ、お前の勝利は一日限りで無意味なのだが。」     



αναβοώ : φωνάζω με δύναμη
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

エティオピア物語 第十巻 32-2

  μόλις και μετά βίας ζώνοντας με τα χέρια του τη χοντρή κοιλιά του Αιθίοπα, αρχίζει να τον σφυροκοπάει με τις φτέρνες του συνεχώς και μ’ όλη του τη δύναμη στα σφυρά και στους αστραγάλους ώσπου τον κάνει να χάσει την ισορροπία του και να γονατίσει・ ανεβαίνει τότε πάνω στα δυό του πόδια, σφηνώνει τα γόνατά του στους βουβώνες του, ξεριζώνει από το έδαφος τα χέρια πάνω στα οποία στηριζόταν ο Αιθίοπας για να μην ακουμπήσει καταγής το στέρνο του, του φέρνει τα μπράτσα πίσω από το κεφάλι του και, τραβώντας τα πρός τους ώμους και πρός τις κλείδες, τον αναγκάζει να ξαπλώσει με την κοιλιά καταγής.




 そうなるやいなや、両手をエティオピア人の太い腹に巻き付けて掴み、踵で続け様に激しく打ち始めたのです。両方の踝と足首に彼の力の全部を込めて打ったのです。そうして、エティオピア人に平衡感覚を失わせて跪かせたのです。そして、テアゲニスは、エティオピア人の両足に上がり、鼠蹊部に自分の膝を抉じ入れたのです。そして、エティオピア人が彼の胴が地面に着いてしまわない様に支えている両手を大地から打ち払ったのです。そして、腕を彼の頭の後ろに持って行ったのです。そうして、腕を、両肩の方に、鎖骨の方に引っ張ったのです。そして、エティオピア人に、地面に腹這いになる他ない様にしたのです。
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

エティオピア物語 第十巻 32-1

  Και ακριβώς τη στιγμή που ο Αιθίοπας, αποθρασυμένος από την ιδέα πώς είχε νικήσει, ορμούσε πάλι εναντίον του και είχε ήδη σηκώσει το χέρι έτοιμος να του καταφέρει το τρίτο χτύπημα, παραμερίζει ξαφνικά ο Θεαγένης σκυφτός αποφεύγοντας την επίθεση, πιάνει με το δεξιό του χέρι το αριστερό μπράτσο του αντιπάλου του και συνάμα το τραβάει πρός το έδαφος με την ίδια την ορμή του δικού του χτυπήματος που είχε καταφερθεί στο κενό・ αναδύεται ύστερα κάτω από τη μασχάλη του, σκαρφαλώνει πάνω στη ράχη του και,





 当にその瞬間、エティオピア人は、既に勝ったと言う思いで大胆になっていたので、もう一度、テアゲニスに飛び掛かったのです。もう手は挙げて、三撃目の攻撃が直ぐ出来る様にしていたのです。すると、突然に、テアゲニスは身を躱して、攻撃を避けたのです。そして、右手で相手の左腕を掴みました。それと同時に、まだ空中にあった攻撃の勢いを使って、相手を地面に向けて引っ張ったのです。すると、エティオピア人の腰から下は浮き上がり、背中より上に上がったのです。
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

エティオピア物語 第十巻 31-6

  Αμέσως λοιπόν, παρόλο που πολύ λίγο είχε κλονιστεί από το χτύπημα, προσποιήθηκε πόνο μεγαλύτερο από τον πραγματικό και άφησε εκτεθειμένο το άλλο μέρος του λαιμού του στα χτυπήματα του αντιπάλου. Κι όταν ο Αιθίοπας τον χτύπησε και πάλι, υποχώρησε ένα βήμα κάνοντας τάχα πώς ήταν έτοιμος να σωριαστεί καταγής.





 そうして、テアゲニスは、直ぐに、打撃からはほとんど衝撃は受けなかったのですが、実際よりもずっと大層に痛む様な振りをして、首の反対側を晒したままにしておいたのです。そして、エティオピア人がもう一度、彼を打ちつけると、一歩後ろに下がって、如何にも、地面にばったりと倒れそうにしたのです。
posted by kyotakaba at 11:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

エティオピア物語 第十巻 31-5

  Όσο για τον Θεαγένη, που από παιδί φοιτούσε στα γυμναστήρια και ήταν τέλεια εξασκημένος σε όλα τα τεχνάσματα της πάλης, ενός αγώνα που τελούνταν πρός τιμήν του Ερμή, είχε μάθει πώς έπρεπε να υποχωρεί στην αρχή δοκιμάζοντας τη δύναμη του ανταγωνιστή του και να μη ρίχνεται από την πρώτη στιγμή πάνω σ’ έναν αντίπαλο πελώριο σε όγκο και εξαγριωμένο σαν θηρίο, αλλά να καταπολεμά τη βάναυση σωματική ισχύ με γνώση και σοφία.





 一方のテアゲニスについてはです。彼は子供の時から身体訓練場に通っていました。レスリングの技術はその全部について、完璧に練習していたのです。ヘルメス神に捧げられる行われる試合についての技術は完璧に鍛錬を積んでいたのです。そうした彼は、戦いの最初では、退き下がらなければならないと言うことを学んでいたのです。そうして、自分の相手の力を試してみるのです。また、最初の瞬間に、獣のように獰猛に、体格の大きな相手に飛び掛かってはいけない、と言うことを学んでいたのです。そうではなく、知識と智慧を備えた身体的力で、無作法な相手を完全に打ち倒さなければならない、と学んでいたのです。  

posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」1   





Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά



  Την πρώτη βραδιά δεν ήρθε ο εχθρός. Ήρθε όμως τη δεύτερη.  
  Εκεί κάπου ακούστηκαν τρεις τσεκουριές. Εκείνος που χτυπούσε σταμάτησε λίγα λεπτά, για ν' αφουγκραστεί φαίνεται γύρω. Έπειτα ξανάδωσε άλλες τρεις. Τότε σφύριξαν έξαφνα στο σκοτάδι δεκαπέντε σφυρίχτρες. Πρώτα καθεμιά χωριστά, έπειτα κι οι δεκαπέντε μαζί, δυνατά, πολύ δυνατά. 
  Σ' αυτό το ξαφνικό οι δεντροκόποι τα έχασαν. Πού πήγαν, από πού, δεν κατάλαβε κανείς. Χάθηκαν. Στο δάσος ξανάγινε σιωπή.  
  Την άλλη μέρα βρέθηκε εκεί ένα τσεκούρι κι ένα σκοινί. Δεν θα 'ρθουν να το ζητήσουν. Οι Πουρναρίτες από κείνη την ώρα έχουν καταλάβει πως δεν μπορούν πια να γυμνώσουν τα δάσος. Καθώς έχουν μείνει άγριοι και αγράμματοι χωριάτες, ο φόβος τους τα μεγαλώνει όλα. Και πιστεύουν όλα όσα φοβούνται.    





     伐採者たちは上手くいかなかった

 最初の夜、敵は来ませんでした。けれども、二日目の夜に来たのです。 
 どこかで、斧が三度鳴ったのです。斧を打った者は、しばらく打つのを止めました。当たりの様子に聞き耳を立てる為なのです。その後、もう三度打ちました。すると、突然に、暗闇の中で、十五個の呼び笛が吹き鳴らされたのです。最初は、それぞれ別々に。その次には、十五個が一緒にです。強い音です、とっても強い音だったのです。 
 それで、伐採者たちは慌てたのです。伐採者たちはどこから来てどこへ行ったのか、誰にも分かりません。いなくなったのです。森には、再び、静かさが戻って来ました。 
 翌日、一振りの斧と一本の綱がありました。それを探しには来ないでしょう。プウルナリの人たちは、この時から、もう森を裸にすることは出来ないと分かったのです。村人たちは、野蛮で文字が読めないままだったのです、それで、彼らの恐怖は、呼び笛の音を何もかもまでに大きくしてしまったのです。怖いものは何でも信じてしまうのです。   
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 31-4

  Ο Αιθίοπας τον κοίταζε με περιπαιχτικό χαμόγελο και, με ειρωνικά νεύματα, έδειχνε την περιφρόνησή του πρός τον αντίπαλο. Ξαφνικά, ρίχνεται καταπάνω του και, με χέρι βαρύ σαν ρόπαλο, τον χτυπάει στον αυχένα με τόση δύναμη, ώστε το χτύπημα ακούστηκε ώς πέρα ενώ ο ίδιος στάθηκε καμαρωτός με το ίδιο πάντα βλακώδες χαμόγελο.




 エティオピア人は、馬鹿にした笑いを浮かべて、テアゲニスを見詰めました。そして、見下した様な目配せをして、相手に対して軽蔑を与えたのです。突然、テアゲニスに飛び掛かったのです。混紡の様な重い手で、うなじを打ちました。あまりに強かったので、打った音が、威張って立っている彼の向こうまで聞こえたのです。いつもと同じ愚かしい笑いを浮かべていました。
posted by kyotakaba at 08:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

Εκτεταμένες καταστροφές στη Σαμοθράκη από τη βραδυνή καταιγίδα

有名なニケ像が発見された、サモトラキ島で大雨が降って、被害が出ていると言うニュース。
 9月26日12時15分 ( 現地時間 ) 付け ΣΚΑΪ の記事から、 
http://www.skai.gr/news/greece/article/356127/ektetamenes-katastrofes-sti-samothraki-apo-ti-vraduni-kataigida/ 

Τη νύχτα, ο μετρητής του αντίστοιχου σταθμού πάνω στο νησί άγγιξε τα 313 χιλιοστά βροχής πριν σταματήσει να λειτουργεί, όπως μεταφέρει ο δήμαρχος του νησιού, Αθανάσιος Βίτσας, που εκτιμά ότι μέχρι το πρωί έπεσαν ακόμα 150 χιλιοστά βροχής, προκαλώντας πλημμύρες και κατολισθήσεις. Η υδροδότηση δεν έχει ακόμα αποκατασταθεί πλήρως. 

夜になって、島の雨量標準計測器は、正常な計測が止まる前に、313ミリに近づいていた。けれども、島の村長、アサナシス・ヴィツァスは、朝までに更に150ミリが降ったと言うことを重要視して、大雨が複数の氾濫や地滑りを起こしつつあると、発表している。水の供給は、まだ、完全に復旧していない。  


ο μετρητής του αντίστοιχου σταθμού は、雨量計測器なのだと思う。
αντίστοιχος は、同等のと言う形容詞だけど。
最後の Η υδροδότηση δεν έχει ακόμα αποκατασταθεί πλήρως. は文脈が分からないけど。 
水道が破損したと言うことなのか?  
posted by kyotakaba at 16:40| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 31-3

  Και συνάμα, παίρνει σκόνη και πασπαλίζει τους ώμους και τα χέρια του που ήταν ακόμα ιδρωμένα από τη βοηλασία, τινάζεται για να φύγει όση σκόνη δεν είχε κολλήσει, προτείνει τα χέρια, στηρίζεται γερά στα δυό του πόδια, σφίγγει τούς μύς κάτω από τα γόνατα, κυρτώνει τους ώμους και το πάνω μέρος της ράχης, γέρνει λίγο μπροστά το κεφάλι, τεντώνει όλους τούς μύς του σώματός του και στέκει ακίνητος, πανέτοιμος για τις λαβές της πάλης.





 と、同時に、両肩と手の埃を振り落としたのです。手は、雄牛を制したのでまだ汗で濡れていました。くっついてない埃を、全部振って落したのです。そして、両手を差し伸べて、両足に力強く押し当てました。そして、膝の下の筋肉を握りしめたのです。また、両肩を背中の上で盛り上げました。すると、少し頭の前に迫り出しました。テアゲニスの身体の筋肉は、全部、張り切って、不動なのです。レスリングの組み合いの用意はすっかり出来ているのです。    


βοηλασία : a driving of oxen, cattle-lifting
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

エティオピア物語 第十巻 31-2

  Και ο Υδάσπης ≪ τί θέλεις και ανακατεύεις το όνομα της Χαρίκλεια; Ό,τι όμως και να θέλεις ― αυτό εσύ το ξέρεις ― , πρέπει να παλέψεις με τα χέρια και όχι με ξίφος : το έθιμο δεν επιτρέπει να χυθεί αίμα πρίν έλθει η ώρα της θυσίας ≫. Τότε ο Θεαγένης, καταλαβαίνοντας ότι ο Υδάσπης φοβόταν μήπως τον δεί να σκοτώνεται πρίν από τη θυσία, ≪ καλά κάνεις ≫, του είπε, ≪ που θέλεις να με κρατήσεις ζωντανό για τους θεούς・ εκείνοι θα φροντίσουν για μένα ≫.





 すると、イダスピス王はこう言いました。「ハリクレアの名前を言葉に混ぜるなど、お前は、どうしたいんだ? お前が望んでいるのが何にしても、これはお前も分かっていることだが、お前は、素手で格闘しなければならない。剣を使ってではないのだ。慣習では、犠牲祭の前に血を流すことを許してはいないのだ。」 そうすると、テアゲニスは、イダスピス王は犠牲祭の前に自分が殺されるのを見てしまうのではないかと心配しているのだと分かったので、こう言ったのです。「大丈夫です。貴方は、生贄の為に私を生かしておきたいのですね。神々は、私のことを気遣ってくれるでしょう。」
posted by kyotakaba at 12:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

エティオピア物語 第十巻 31-1

  Κι όταν ο αθλητής έφτασε κοντά στο βάθρο των συνέδρων, στράφηκε ο Υδάσπης προς τον Θεαγένη και ≪ ξένε ≫, του είπε ελληνικά, ≪ μ’ αυτόν πρέπει να μετρηθείς・ ο δήμος το απαιτεί ≫. ≪ Άς γίνει το θέλημα του ≫ αποκρίθηκε ο Θεαγένης. ≪ Αλλά τί λογής θα είναι ο αγώνας; ≫ ≪ Πάλη ≫, είπε ο Υδάσηπς. Κι εκείνος, ≪ και γιατί να μην αγωνιστούμε ένοπλοι, με το ξίφος, ώστε, με τη νίκη ή με το θάνατό μου, να συγκινήσω τη Χαρίκλεια που ώς τώρα αντέχει να μένει σιωπηλή μπροστά σε όσα με απειλούν και, κατά τα φαινόμενα, έχει χάσει κάθε ελπίδα; ≫





 健児が評議員たちの席の近くに着くと、イダスピス王は、テアゲニスの方を向きました。そして、彼にギリシャ語でこう言ったのです。「外国の人。君はこの者と競わなければならない。大衆が要求しているのだ。」 テアゲニスはこう答えました。「大衆の望みを叶えましょう。けれども、どんな種類の競技なのですか?」 イダスピス王はレスリングだ。」と言いました。すると、テアゲニスはこう言ったのです。「私たちが、剣など武器を持っては戦わない理由は、私が勝つか死ぬかして、ハリクレアの心を揺さぶるからなのですか? ハリクレアはもうどんな希望も失っています。様々な出来事に脅かされて、貴方の前で、私の前でさえ、今も我慢して黙っているのですけれど。」  



απειλούν は、動詞、三人称単数現在。主格は、τα φαινόμενα だと思う。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 31-1 d

Κι όταν ο αθλητής έφτασε κοντά στο βάθρο των συνέδρων, στράφηκε ο Υδάσπης προς τον Θεαγένη και ≪ ξένε ≫, του είπε ελληνικά, ≪ μ’ αυτόν πρέπει να μετρηθείς・ ο δήμος το απαιτεί ≫. ≪ Άς γίνει το θέλημα του ≫ αποκρίθηκε ο Θεαγένης. ≪ Αλλά τί λογής θα είναι ο αγώνας; ≫ ≪ Πάλη ≫, είπε ο Υδάσηπς. Κι εκείνος, ≪ και γιατί να μην αγωνιστούμε ένοπλοι, με το ξίφος, ώστε, με τη νίκη ή με το θάνατό μου, να συγκινήσω τη Χαρίκλεια που ώς τώρα αντέχει να μένει σιωπηλή μπροστά σε όσα με απειλούν και, καντά τα φαινόμενα, έχει χάσει κάθε ελπίδα; ≫




Google翻訳: 
選手団が代表団の表彰台に近づくと、HypadisはTheageneに向かい、「滞在した」と彼はギリシャ語で「彼と一緒に測定しなければならず、自治体はそれを要求する」と述べた。 "彼はやってみましょう"と、Theageneは答えました。 "しかし、戦いは何ですか? ""レスリング、 "Waterspeakは言った。 そして、彼は "剣で武装して戦ってはどうでしょう。なぜなら、勝利や死によって、私はチャリクレアを扇動することができます。それは現在、私を脅かすものの前に静かなままであり、 どんな希望ですか? ≫
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

カヴァフィスの「 Απολείπειν ο θεός Aντώνιον 」

 カヴァフィスの詩「 Απολείπειν ο θεός Aντώνιον 」、アントニウスの不在。 

元にしたのは: 
Κ.Π. Καβάφης - Ποιήματα - 

Απολείπειν ο θεός Aντώνιον

Σαν έξαφνα, ώρα μεσάνυχτ’, ακουσθεί
αόρατος θίασος να περνά
με μουσικές εξαίσιες, με φωνές−
την τύχη σου που ενδίδει πια, τα έργα σου
που απέτυχαν, τα σχέδια της ζωής σου
που βγήκαν όλα πλάνες, μη ανωφέλετα θρηνήσεις.
Σαν έτοιμος από καιρό, σα θαρραλέος,
αποχαιρέτα την, την Aλεξάνδρεια που φεύγει.
Προ πάντων να μη γελασθείς, μην πεις πως ήταν
ένα όνειρο, πως απατήθηκεν η ακοή σου・
μάταιες ελπίδες τέτοιες μην καταδεχθείς.
Σαν έτοιμος από καιρό, σα θαρραλέος,
σαν που ταιριάζει σε που αξιώθηκες μια τέτοια πόλι,
πλησίασε σταθερά προς το παράθυρο,
κι άκουσε με συγκίνησιν, αλλ’ όχι
με των δειλών τα παρακάλια και παράπονα,
ως τελευταία απόλαυσι τους ήχους,
τα εξαίσια όργανα του μυστικού θιάσου,
κι αποχαιρέτα την, την Aλεξάνδρεια που χάνεις.  



真夜中に、突然、目に見えない 
一座が、玄妙な音楽、声と一緒に、役に立たない哀歌ではなく、 
もう傾いている君の運命、上手くいかなかった 
君の作品、全てが間違いだった 
君の人生の計画を持って来たのが、 
聞こえた。 
前から準備は出来ているのだから、決然と、 
別れを告げるんだ、離れて行くアレクサンドリアに。 
何よりもまず、騙されない様に、夢だったと、 
自分の聴覚は錯覚していたと、言わない様に。 
無為な希望を拾おうとしない様に。 
前から準備は出来ているのだから、決然と、 
それは、君が価値あると認めたこの都市に似付かわしいものだから、 
さあ、真っ直ぐ窓に近づいて行くんだ。 
感動して聞くんだ。 
それは、覚えさせる様な哀訴や不平ではない、 
その楽しい最後の音を聞くんだ、 
不思議な一座の素敵な楽器の音を聞くんだ、そして、 
君が去って行くアレクアンドリアに別れを言うんだ。  



posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

38. Δασοφύλακες, γρηγορείτε

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十八章「森林警備官たち、不寝番をするんだ」   





Δασοφύλακες, γρηγορείτε



  Φάνη, προσοχή. Σκοπός είσαι.  
  Μη φοβάσαι τη νύχτα, μη σε τρομάζουν οι ίσκιοι. Όποιος κάνει εκείνο που πρέπει, δεν έχει να φοβηθεί κανέναν.  
  Εσύ κι οι συμμαθητές σου απόψε φυλάτε το δάσος από τους εχθρούς του.  
  Η σφυρίχτρα σου να είναι έτοιμη.  
  Με τη βάρδια που φυλάτε, προστατεύετε τα δέντρα. Κι όλους τους ανθρώπους, όσους θα δροσιστούν απ' αυτά τα δέντρα, είτε τώρα είτε σε πενήντα κι εκατό και διακόσια χρόνια.  
  Όταν βρύσκονται γενναία παιδιά σαν εσάς, ένα δάσος γίνεται αιώνιο. Και οι άνθρωποι ζουν καλύτερα τη ζωή τους.







   森林警備官たち、不寝番をするんだ  

「  
 ファニス君、注意するんだ。君が歩哨だ。 
 夜を恐がってはいけない。影に怯えてはいけない。すべきことをする人は、誰にも怯えないものだ。 
 君と君の級友たちは、今夜、森を敵から守るんだ。 
 君の呼び笛はもう用意が出来ている。 
 見張り番をすることで、君たちは森を守るんだ。全ての人間は、今だけでなく、五十年、百年、二百年経っても、この樹に涼ませられるのだ。 
 君たちの様な勇敢な子供たちがいれば、森は永遠になる。人間は自分たちの生涯をより良く送れるのだ。 
  」  




森林警備官たち、不寝番をするんだ、おわり
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 30-8

  Μπροστά στην τόση επιμονή τους, συγκατένευσε ο Υδάσπης και ο Αιθίοπας οδηγήθηκε στο κέντρο της σύναξης κοιτάζοντας γύρω του βλοσυρά και υπεροπτικά και βαδίζοντας αργά αργά, με τα χέρια ανοιχτά να χτυπούν απειλητικά μιά το έναν και μιά τον άλλον αγκώνα του.




 大衆のあまりもの頑迷さを前にして、イダスピス王は同意したのです。そして、一人のエティオピア人が会衆の真ん中に連れて来られました。彼は、自分の周囲をきついそして睥睨する様な眼差しで見回したのです。そして、ゆっくりゆっくりと歩き回ったのです。両手を広げて、威嚇する様に、片方の肘、それからもう片方の肘と打ち鳴らして見せたのです。
posted by kyotakaba at 08:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

Τί αγαπάτε;

 「 Τί αγαπάτε; 」「 Τί αγαπάει; 」 

 αγαπώ と言う動詞は、「愛する」と言う語義だけれど、 
「 Τί αγαπάτε; 」「 Τί αγαπάει; 」と言う表現は、「何をしたいのですか?」「何をしたいのか?」と言う意味。
posted by kyotakaba at 12:19| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 30-7

  Κι ενώ ο Υδάσπης ετοιμαζόταν να απευθύνει το λόγο στον Θεαγένη, ο δήμος, που με την πρώτη ματιά είχε συμπαθήσει τον νέο και ακόμα περισσότερο τον είχε θαυμάσει για τη δύναμή του, κυρίως όμως είχε νιώσει ταπεινωμένος από τον αθλητή του Μεροήβου, ξέσπασε σε ομόθυμες κραυγές : ≪ αυτός να παραβγεί με τον άνθρωπο του Μεροήβου! ≫ φώναζαν συνεχώς, ≪ αυτος που έλαβε τον ελέφαντα να μετρηθεί με κείνον που συνέλαβε τον ταύρο! ≫




 イダスピス王はテアゲニスに言葉を掛け様としていたのですが、大衆が一斉に叫び声を挙げたのです。大衆は、一目でテアゲニスに好感を抱いたのです。大衆は、彼を健児のメロイボスよりも劣ると考えていたのですが、それよりももっと彼を称賛したのです。大衆はこう叫んでいました。「このひとをあのメロイボスと競わせよう!」と叫んでいました、そして、続けてこう叫んだのです。「象を捕まえた男と雄牛を捕まえた男の優劣を競わせよう。」
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

エティオピア物語 第十巻 30-6

  Προσέτρεξαν τότε οι υπηρέτες κατά διαταγή του βασιλιά・ άλλοι σήκωσαν τον Θεαγένη και τον οδήγησαν μπροστά στο θρόνο και άλλοι πέρασαν ένα σχοινί στα κέρατα του ταύρου, που με κατεβασμένο το κεφάλι, αφέθηκε να τον σύρουν, και τον έδεσαν και πάλι κοντά στους βωμούς, κι εκείνον και το άλογο που επίσης είχε πιαστεί.





 そうすると、召使たちが王の命令で急いで駆け出しました。ある者たちは、テアゲニスを起こして、王座の前に連れて行ったのです。ある者たちは、一本の綱を雄牛の角に着けたのです。雄牛は頭を下げていたので着けられました。雄牛は召使たちに引き摺られるままでした。そして、召使たちは雄牛を、再び、祭壇に結びつけたのです。祭壇には、馬も、既に、捕まえられていました。    
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

エティオピア物語 第十巻 30-5

  Ο Θεαγένης κάθισε πάνω του και συγκρατώντας τον μόνο με το αριστερό του χέρι, σήκωσε το δεξιό πρός τον ουρανό χαιρετίζοντας με χαμόγελο τον Υδάσπη και όλο τον άλλο κόσμο και καλώντας τους να μοιραστούν τη χαρά του ενώ ο μυκηθμός του ταύρου σαν σάλπιγγα τον ανακήρυσσε νικητή. Και αντηχούσε ο θόρυβος του πλήθους χωρίς να αρθρώνονται υμνητικά λόγια : εμβρόντητος ο κόσμος, μόνο με ξεφωνητά διαδήλωνε το θαυμασμό του, αναπέμποντας πρός τον ουρανό μιά παρατεταμένη και μονότονη βοή.





 テアゲニスは雄牛の上に腰を降ろし、左手だけで雄牛を抑えて、右手を空に向けて挙げて、微笑みながらイダスピス王とその他の大衆全員に挨拶を送ったのです。そして、人々に、自分の喜びを分ち追うようにと誘ったのです。その時、雄牛の鳴き声が喇叭の様に、テアゲニスに向けて勝利を宣言したのです。すると、大衆が発する大音響が響き渡りました。大衆は、賞賛の言葉を明瞭に発音することもなかったので、大音響になったのです。雷に打たれた様な大衆は、ただ、大きな叫び声で、テアゲニスに驚嘆したと言うことを示すばかりだったのです。そして、大衆は、空に向けて、長引く単調なウォーン言う唸りを奏上したのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

37. Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十七章「子供たちが森林警備官になる」2   





  ≪ Αυτό θα είναι μια καλή δουλειά ≫, είπε ο δασοφύλακας.  
  ≪ Και βάρδια θα φυλάξουμε ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Μη μας βλέπεις μικρούς. Είμαστε εικοσιέξι ≫.  
  Ο δασοφύλακας κοίταξε τα παιδιά με περιέργεια. Τα είδε ηλιοκαμένα. Φαίνονταν παιδιά με θάρρος. Ο Αντρέας έμοιαζε παιδί που ξέρει να οδηγεί.
  ≪ Ποιον έχετε μαζί σας εδώ; ≫ ρώτησε. ≪ Ποιος σας συντροφεύει; ≫  
  ≪ Κανένας ≫.  
  ≪ Μονάχοι σας είστε; ≫  
  ≪ Μονάχοι ≫.  
  ≪ Από πότε; ≫  
  ≪ Από μια βδομάδα ≫.  
  ≪ Παιδιά που μπορούν να μείνουν εδώ μόνα. μπορπούν να βοηθούν και τον δασοφύλακα. Ελάτε μαζί μου ≫.  
  Τους πήρε και τους πήγε σ' ένα μέρος με πυκνά δέντρα. Εκεί τους όρισε πώς θα φυλάξουν τη νύχτα και τι θα κάνουν, αν τύχει και ακούσουν τσεκούρι στα δέντρα.





 「良い勉強になるよ。」と森林警備官が言いました。 
 「僕たちはしっかり用心します。僕たちを幼い子供だと思わないで下さい。僕たちは26です。」とアンドレアスが言いました。 
 森林警備官は好奇心を持って子供たちを見詰めましたよ。子供たちは日に灼けているのが分かりました。勇気のある子供たちに思えました。アンドレアスは、人を指導する方法を知っている子供に見えたのです。 
 「ここには、誰と一緒にいるのかい? 誰が君たちと同行して来たのかい?」と尋ねました。 
 「誰も。」 
 「君たちだけでかい?」 
 「僕たちだけ。」 
 「何時から?」 
 「一週間前から。」 
 「自分たちだけで此処に住むことが出来る子供たちなんだね。それなら、森林警備官を手助けすることも出来るね。さあ、私と一緒に来なさい。」 
 森林警備官は、子供たちを連れて、樹が密集したところに行った。そこで、子供たちが夜に見張りをすると決めたのです。そして、万が一に樹に斧が入れられる音が聞こえたら、どうするかを指示したのです。 




第三十七章「子供たちが森林警備官になる」、おわり
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

エティオピア物語 第十巻 30-4

  Και ο ταύρος, μην μπορώντας πιά να τρέξει και εξουθενωμένος από τη σθεναρή πίεση του νέου, λυγίζει τα γόνατα, γέρνει πρός τα κάτω το κεφάλι και σωριάζεται ανάσκελα φαρδύς-πλατύς, με τα κέρατα ριζωμένα στο χώμα και τα σκέλη να σπαρταρούν μάταια αερονομώντας στο κενό και αδημονώντας για την ήττα.




 すると、雄牛は、もう走ることが出来なくて、その上、若者の強い圧力で疲れたので、膝を曲げて、頭を下に傾けて、大開で仰向けになってばたりと倒れ、角を地面に突き立てたのです。四本の足は、空中で空振りして虚しく震えていました。敗北したのかと気を揉んでいたのです。  



「 αερονομώντας 」と言う語は、よく分からない。αερο-νομώντας なのだろうけれど。
νωμώ
: διανέμω, μοιράζω なのか??? 
http://greek_greek.enacademic.com/110790/νωμώ
posted by kyotakaba at 12:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 7

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  


5 で抜けていた文: 
筆跡はとても美しかった。  
ο γραφικός χαρακτήρας του ήταν πολύ όμορφος.  


7 :
 眞譽は、帝の子供だった。七歳の時、母が亡くなると、仏門に入った。類い稀な深い知恵を持つ僧に成長していた。けれど、十八歳の時、どこへともなく、姿を消していたのだ。  





Ο Σήνγιο ήταν ο γιος του αυτοκράτορου. Όταν ήταν επτά ετών, έχασε την μητέρα και μπήκε στο μοναοτήρι. Αυτός έγινε ο καλόγερος με την άφθαστη και βαθιά φρόνηση. Αλλά, όταν έφτασε δεκαοκτώ ετών, εξαφνίστηκε και κανένας δεν ήξερε που αυτός βρέθηκε.   


posted by kyotakaba at 08:32| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

エティオピア物語 第十巻 30-3

  Και μόλις το ένιωσε να ασθμαίνει από τον όγκο που σήκωνε και να χαλαρώνει κάπως την ένταση των μυώνων του, τη στιγμή ακριβώς που περνούσε μπροστά στο θρόνο του Υδάσπη, ρίχνει το σώμα του πρός τα εμπρός, βάζει τα πόδια του μπροστά από τα σκέλη του ταύρου και χτυπώντας τον συνεχώς στις χηλές, ανακόπτει το βάδισμά του.





 そして、テアゲニスは、雄牛が出来た大きな瘤の為に喘いでいるのを感じました。そして、雄牛は筋肉が張るのを何とか和らげようとしているのも、感じたのです。それを感じると、直ぐに、テアゲニスは、自分の身体を前方へ投げ出したのです。雄牛の両後ろ足の前へ自分の両足を当てて、蹄のところを続けて打ったのです。雄牛の歩行を抑制したのです。それはちょうど、イダスピス王の席の前を通り過ぎた時でした。 

[ 瘤は、テアゲニス。 ]   


σήκωνε の主格は、όγκος 。
να ασθμαίνει 、να χαλαρώνει の主格は雄牛。
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 30-3-d

 エティオピア物語第十巻30−3、分からない。 

Και μόλις το ένιωσε να ασθμαίνει από τον όγκο που σήκωνε και να χαλαρώνει κάπως την ένταση των μυώνων του, τη στιγμή ακριβώς που περνούσε μπροστά στο θρόνο του Υδάσπη, ρίχνει το σώμα του πρός τα εμπρός, βάζει τα πόδια του μπροστά από τα σκέλη του ταύρου και χτυπώντας τον συνεχώς στις χηλές, ανακόπτει το βάδισμά του.  


που σήκωνε και να χαλαρώνει κάπως την ένταση των μυώνων του 
のところがまるで分からない。
σήκωνε の主格は何なのか? テアゲニスなのか、雄牛なのか? 
σήκωνε の意味は、「起こす」なのか?これは他動詞なのか? 自動詞なのか? 

Google翻訳 ; 
かつて彼が持ち上げたボリュームに驚かされ、何とか彼の筋肉の強さを緩和したように感じると、彼はHydaspipの王位の前を通り過ぎていて、彼の体を前方に落とし、足を牛の脚の前に置きます 彼はいつも足ひれで彼に当たって、彼の歩きを止めます。

World Lingo 翻訳 : 
そしてそれは感じた彼とすぐYdaspiの王位の前部を渡したところで上げた強度のmyononを彼のどうかして緩める容積、正確に時から前部に、それ投げる彼の体を喘ぎ、前部雄牛の足からの足を置き、chilesの彼を絶えず打って、badismaを彼の停止する。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 6

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 


「實」の文字を、「眞」の文字に訂正。  



と語って、悲しんだ。その人は青蓮院眞譽だと、私は思う。   



και πένθησε.
Λοιπόν, υποθέτω ότι ήταν Σήνγιο που ανήκα στο μοναστήρι του Σειρέν.
posted by kyotakaba at 08:51| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

エティオピア物語 第十巻 30-2

  αμέσως ύστερα, εκτοξεύεται στο λαιμό του ταύρου, στηρίζει το κεφάλι του ανάμεσα στα κέρατά του περιβάλλοντάς τα με τα μπράτσα του σαν με στεφάνι, δένει κόμπο τα δάχτυλά του πάνω στο μέτωπο του ταύρου και, με το υπόλοιπο σώμα του κρεμασμένο πλάι στον δεξιό ώμο του, αφήνεται να φέρεται μετέωρος με απότομες ανατινάξεις από τα άλματα του ζώου.





 そうして、直ぐに、テアゲニスは雄牛の首に勢いよく飛びつきました。自分の頭を雄牛の角の間に持たせました。両手は、冠の様に雄牛を取り巻いたのです。指を雄牛の額で結び合わせました。身体の他の部分は、雄牛の肩の右の脇にぶら下げて、雄牛が跳ねることで起こる突然の揺さぶりに、空中に漂うままにさせていたのです。
posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 


心からくらはし山の 世をわたり 問はんともせず 法の道をば 

この歌を訳そうと思うのですが、歌の意味もよく分からないので、次の様に作り替えて訳します: 

願いを持って、人の世界と野生の世界の境の橋を渡り、暗い森の中に住み着いた、
山奥で暮らしているけれど、自然の法を追求することはない。 





Κρατώντας την ελπίδα,
διέσχισα την γέφυρα που
χωρίζει τον κόσμο της ανθρωπότητας
από τον κόσμο της αγριότητας,
και εγκατέστησα στην σκοτεινή καρδιά του δάσος,
ύστερα ζούσα στο βάσπ βουνού, αλλά
δεν μελετώ το νόμος του φύσης.   


日本語をそのまま現代ギリシャ語読みにしたもの: 
Κοκολο-καρα / Κουραχασυ・γιαμα-νο / Γιο-ωο ωαταλι / Τοωανν・τομο-σεζου / Χου-νο-μητσι-ωο・βα.
posted by kyotakaba at 09:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

37. Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十七章「子供たちが森林警備官になる」1   





Τα παιδιά γίνονταν δασοφύλακες




  ≪ Από αύριο θα φέρω το φυλακείο μου εδώ πέρα ≫, είπε ο δασοφύλακας. ≪ Μου χρειάζεται όμως βοήθεια. Πρώτα μια καλύβα. Έπειτα πρέπει να μπορώ να ειδοποιήσω τους χωροφύλακες που είναι στο Μικρό Χωριό ή τον σταθμάρχη της Πέτρας, κάθως και τον δεύτερο δασοφύλακα, που είναι στους λοτόμους. Πρέπει ακόμα να έχω μια δεύτερη βάρδια, στην ανάγκη και τρίτη ≫.  
  Ο Αντρέας, όταν άκουσε αυτά, έβγαλε από την τσέπη του μια σφυρίχτρα. Ύστερα έκανε νόημα στ' άλλα παιδιά να βγάλουν τη σφυρίχτρα τους και να σφυρίξουν μονομιάς όλοι μόλις κουνήσει το χέρι.  
  Μια βροντερή σφυριξιά ακούστηκε από δέκα σφυρίχτρες. Μπορούσε ν' ακουστεί αρκετά μακριά.  
  ≪ Αν εμείς τα παιδιά χρειαζόμαστε ≫, είπε ο Αντρέας, ≪ είμαστε εδώ. Έχουμε τη σφυρίχτρα μας, το ραβδί μας και το σακούλι μας. Μπορούμε να πάμε στο Μικρό Χωριό και στην Πέτρα και στους λατόμους ≫.    





    子供たちが森林警備官になる   

 森林警備官はこう言ったのです。「明日からこちらに駐屯所を持って来よう。私には助けが必要だ。まずは小屋だ。それから、地方警察官たちに知らせることが出来る様にしないといけない。警察官たちは、ミクロ・ホリオかペトラの駐在所に居るのだ。同様に、伐採所に居る副森林警備官にもだ。それに、次更の見張りも必要だ、三更の見張りもどうしても要るだろう。」 
 それを聞くと、アンドレアスは、自分のポケットから呼び笛を取り出したのです。そうして、ほかの子たちに、それぞれ自分の呼び笛を出す様に、そして、手を動かすと直ぐに皆が一斉にそれを吹く様に、目配せしたのです。 
 十個の呼び笛から出た音は、まるで雷鳴の様に聞こえました。かなり遠くからでも聞こえたでしょう。 
 アンドレスはこう言いましたよ。「僕たち子供でも役に立つのなら、僕たちが、ここに居ますよ。自分たちの呼び笛を持っています。杖も袋も持ってます。ミクロ・ホリオにもペトラにも伐採所にも行くことが出来ますよ。」
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





そうして、山の中に入り、森の奥深くに座って、そこから動かなくなった。一年が経って、様子を見に行くと、僧の姿はなく、一枚の板に歌が書かれていた。 





Τότε, αυτός βάδισε μέσα στα βουνά, και κάθισε στην καρδιά του δάσους, και κατέληξε να ήταν ακίνητος. Ένας χρόνος πέρασε. Έτσι, πήγαμε να είδαμε την κατάσταση. Αλλά δεν υπήρχε η εμφάνηση του, και ένας στίχος έχε καταγροφτεί στον πίνακα.


posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





いつも物思いに沈んでいた。時々、念仏を唱え、屢々、泣いていた。猟をする者、漁をする者を見ると、ひどく苦しんで、「きっと、念仏する様に」と言っていた。  


Συνήθως συλλογιζόταν. Και κάπου-κάπου έψαλλε την προσευχή για τον Βουδά. Αρκετές φορές έκλαιγε. Όταν είδε τους κυνηγούς και τους ψαράδες, αγωνιούσε τρελά, και τους ψυνβούλεθσε να προσευχηθούν.   


posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 30-1

  Και λέγοντας αυτά ετοιμάστηκε να αποκαλύψει όλη την αλήθεια, αλλά και πάλι εμποδίστηκε : μιά μυριόστομη κραυγή σηκώθηκε από το πλήθος・ ο Θεαγένης είχε αφήσει το άλογο να τρέξει με όλη την ταχύτητά του και, ακριβώς τη στιγμή που το στέρνο του αλόγου έφτασε κοντά στο κεφάλι του ταύρου, αφίππευσε μ’ ένα πήδημα και το άφησε ελεύθερο・




 こう言いながら、ハリクレアは、すべての真実を明らかにしようとしていたのです。けれども、また、妨げられたのです。群衆から同時に叫び声が上がったのです。テアゲニスは、馬を全速力で走らせていたのですけれど、馬の胸が雄牛の側に近づいたその瞬間に、一飛びで馬から下りて、馬を自由にさせたのです。
posted by kyotakaba at 11:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

エティオピア物語 第十巻 29-5

  Δάκρυσε τότε η Χαρίκλεια και ≪ ανάμεσα στις άλλες ατυχίες μου ≫, είπε, ≪ είναι κι αυτή : τα συνετά μου λόγια μοιάζουν ασύνετα και, ενώ λέω τις συμφορές μου, οι άλλοι νομίζουν πώς δεν τις λέω・ είμαι λοιπόν αναγκασμένη να προχωρήσω σε καθαρή και απροκάλυπτη ομολογία ≫.




 すると、ハリクレアは涙を流してこう言ったのです。「わたしのこれまでの幾つもの不幸の中では、いつもこうでした。わたしの慎重な言葉は、まるで軽率に聞こえるのです。わたしは自分の大変な苦しみを話しているのに、他の人はわたしが苦悩を語ってはいないと思うのです。ですから、わたしは、どうしても、包み隠すものは何もない様に明瞭に告白をしなくてはならないのですね。」
posted by kyotakaba at 22:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





それほど前でないのだが、どこから来たとも知れない僧が住着いた。卑しいものではない様だったが、とても窶れていた。髪も髭も茫茫だった。ほとんど食べなかった。   





Πριν από όχι πολύ καιρό, ένας καλόγερος εγκατέστησε. Δεν μπορούσαμε να ξέρουμε ότι αυτός ήρθε από πού. Δεν φαινόταν ταπεινός, αλλά ήταν τόσο κάτισχνος. Και τα μαλλιά του και τα γένια του ήταν αχτένιστα. Έτρωγε πολύ λίγο.
posted by kyotakaba at 08:57| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

エティオピア物語 第十巻 29-4

  Και η Περσίννα, που δεν καταλάβαινε την πραγματική αιτιά αλλά οπωσδήποτε υποψιάστηκε κάτι ερωτικό, ≪ δεν είναι δυνατόν ≫, της είπε, ≪ να σωθεί・ αλλά ποιά σχέση έχεις εσύ μ’ αυτόν τον άνδρα και γιατί νοιάζεσαι τόσο γι’ αυτόν; Μη δειλιάζεις, πές το καθαρά στη μητέρα σου・ ακόμα κι άν είναι κάτι αξιόμεμπτο, κάτι που δεν αρμόζει σε μιά παρθένο, η καρδιά της μητέρας ξέρει να συγχωρεί και η γυναικεία φύση κατανοεί το γυναικείο σφάλμα και το συγκαλύπτει ≫.





 すると、ペルシナは、彼女は本当の理由は分からないのですが、いずれにせよ、何か恋が原因なのではと思ったので、ハリクレアにこう言ったのです。「わたしが助けると言うのは、出来ないことだわ。でも、あの人との間に、あなたはどんな関係を持っているの、どうして、そんなに、あの人のことを心配するの? 怖じ気づいたりしないで、すっかりお母さんに話して頂戴な。それが、たとえ、叱責される様なことでも、清純な乙女に相応しいことではない様なことでも、母親の心と言うものは、赦すことを知っているのだし、女性の持って産まれた心情は、女性の罪を了解して、しっかり隠すものなのですからね。」
posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一青蓮院眞譽 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「青蓮院眞譽」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、筑前の国に行った。そこの人が、「・・・」と語って、  


Πριν από πολύ χρόνια, πήγα στη χώρα του Τσίκουζεν. Ένα πρόσωπο που έμενε εκεί διηγήθηκε, ≪ ≫
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

36. Το πληγωμένο πεύκο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」3   





  Τα πληγωμένα πεύκα θα πεθάνουν σε λίγον καιρό. Θα πέσουν από τον πρώτο δυνατό αέρα ή θα ξεραθούν, γιατί δεν θα έχουν πια χυμό. Το τέλος τους το έχουν νιώσει, και όμως τραγουδούν, σαλεύουν και φυσούν όπως τα άλλα, τα γερά πεύκα. Με το κομμάτι κορμό που τους έμεινε πίνουν από τη γη όσον χυμό μπορούν ακόμα. Πρασινίζουν, έχουν ίσκιο. Έτσι σακατεμένα μπορούν και δροσίζουν τους ανθρώπους. Το φυσικό τους είναι να κάνουν το καλό, δεν αλλάζει.  
  Δέντρα, περήφανα δέντρα!   




 傷ついた松は、僅かの日数で死んでしまうでしょう。強い風が当たれば直ぐに倒れるでしょうし、あるいは、枯れてしまうでしょう。樹液がないのですから。自分たちの最後は、松も分かっているのです。けれども、他の元気な松と同じ様に、枝を揺らし、枝を鳴らし、歌うのです。松たちに残っている一部の幹を通して、地面から、松たちは、出来る限りの樹液を吸い上げているのです。緑の葉を着け、影を作るのです。障碍を持っても出来るのです。人間たちに涼しさを与えるのです。人に優しいと言うのが、松の性質なのです、それは変わらないのです。 
 松は、なんて堂々とした樹なのでしょう!     




第三十五章「傷ついた松」、おわり
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

エティオピア物語 第十巻 29-3

  Κι εγώ βέβαια συμπάσχω και λυπάμαι τα νιάτα του・ ευχή μου είναι να γλιτώσει και να διαφυλαχθεί σώος για τη θυσία ώστε να μη μείνει ολωσδιόλου ανεκλήρωτο το καθήκον μας πρός τους θεούς ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ αστεία ευχή ≫, είπε, ≪ να παρακαλάς να μην πεθάνει για να πεθάνει! Αντί γι’ αυτό, μητέρα μου σώσε τον άν μπορείς, καν’ το για χάρη μου ≫.





 「わたしはね、あの若者に同情していることは確かですよ、それに、あの若さを惜しいと思うわ。わたしの願いは、あの人が逃げ出せることです、それはつまり、生贄になる為には、無傷な身体を保つと言うことなのです。神々に対するわたしたちの義務が果たせないままにならないと言うことが、わたしの思うことなのです。」 すると、ハリクレアは言いました。「死ぬ為に、死なないなんて、馬鹿げた願いです! そうではなくて、お母様、もしお出来になるなら、あの人の命を救って下さい、わたしの為にそうして下さい。」
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

エティオピア物語 第十巻 29-2

  Αυτά ως πρός το πλήθος・ όσο για τη Χαρίκλεια, έτρεμε και καρδιοχτυπούσε στη θέα του σαν να παιζόταν η δική της ζωή : από τη μιά δεν καταλάβαινε καθόλου το σκοπό του κι από την άλλη την έτρωγε η αγωνία μην κάμει κανένα λάθος και χτυπήσει. Η ίδια η Περσίννα παρατήσε την ταραχή της και ≪ αγαπημένο μου παιδί ≫, της είπε, ≪ τί έχεις πάθει; Μοιάζεις σαν να κινδυνεύεις περισσότερο από τον ξένο.





 それは大衆についてのことです。一方、ハリクレアがどうしたかと言えば、こうなのです。ハリクレアは、テアゲニスが見えると、震え続け、胸がときめき続けていたのです。まるで、彼女自身が動物に乗っているかの様でした。一つには、テアゲニスの意図がまるで分からないから、また一つには、何かの間違いで彼が打たれるのではないかと言う不安が彼女を苛んでいたからなのです。また、ペルシナは、動揺から醒めました。そして、ハリクレアにこう言ったのです。「何より可愛いお前、何を苦しんでいるの? お前は、あの外国の人よりももっと危険に晒されている様に見えますよ。」   


posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

エティオピア物語 第十巻 29-1

  Κι όταν πιά κατάφερε τον ταύρο να εξοικειωθεί με τη θέα και με τους χειρισμούς του, άρχισε να τριποδίζει στο πλάι του・ τα δύο ζώα άγγιζαν τώρα το ένα το άλλο, η ανάσα και ο ιδρώτας του αλόγου ανακατεύονταν με του ταύρου και τόσο ισοταχής ήταν ο βηματισμός τους, ώστε όσοι στέκονταν σε απόσταση θαρρούσαν ότι έβλεπαν ένα ζώο με δύο κεφάλια και επευφημούσαν ενθουσιασμένοι τον Θεαγένη που είχε ζέψει το πιό πρωτόφαντο ζώο : έναν ιππόταυρο.





 遂に、雄牛をなんとか自分の視界に収めて操れる様になると、テアゲニスは、雄牛の側で並足になったのです。二頭の動物は、今や、片方が他方に触れ合っているのです。馬の息と汗は、牛のものと混ぜられました。二頭の走る速度は全く同じだったので、距離を置いて立っている人が二つの頭を持つ一頭の動物を見ていると思ってしまったのです。そして、その人たちは感動して、テアゲニスを喝采したのです。テアゲニスは見たこともない一頭の動物を服従させているのです。それは、馬牛と言う様なものです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

36. Το πληγωμένο πεύκο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」2   





   Μερικά πεύκα σχεδόν τα είχαν γδύσει. Δεν είχαν αφήσει στο κορμί παρά λίγη φλούδα. Φαίνονταν σαν το κρεμασμένο σφαχτό. Απ' αυτές τις πληγές έτρεχε άσπρο ρετσίνι. Το ρετσίνι ακολουθούσε την τσεκουριά και στάλαζε κάτω σε μια λακκούβα, που την είχαν ανοίξει προς τη ρίζα των πεύκων, επίτηδες γι' αυτό. Όλη αυτή η σφαγή ήταν για το ρετσίνι. Για λίγες δραχμές που θα έβαζαν οι Πουρναρίτες στο σελάχι τους, αν το πουλούσαν.  





 何本かの松は、ほとんど裸にされていました。幹には、皮はほとんど残されてなかったのです。その松は、吊り下げられた食肉の様に見えたのです。その傷からは、白い松脂が流れ出ていました。松脂は、斧を伝って、下の穴に滴っています。その穴は、彼らが、意図して、松の根の前に開けておいたのです。この殺戮は、すべて、松脂の為だったのです。プウルナリの人々は、この松脂を売ると、自分たちの帯にほんの僅かの数ドラクマを入れることになるのです。  

posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

エティオピア物語 第十巻 28-6

  Δεν είχαν περάσει ούτε λίγα λεπτά και ο Θεαγένης είχε φτάσει τον ταύρο και, για μικρό διάστημα, τον κατηύθυνε τριποδίζοντας πίσω του και κεντώντας τον συνάμα μαλακά για να τον ερεθίζει ώστε να τρέχει πιό γρήγορα・ και κάθε φορά που στρεφόταν για να ορμήσει πρός άλλη κατεύθυνση, εκείνος τον ακολουθούσε αποτρέποντας με προσοχή τις επιστροφές και τις επιθέσεις του.




 数分も掛かることなく、テアゲニスは、一頭の雄牛に追い付きました。僅かの間を置いて、雄牛の後ろで並足になって、向きを変えたのです。と同時に、もっと速く走る様に刺激する為に、優しく突ついたのです。雄牛が違う方向へ駆け出そうと向きを変える度に、テアゲニスは、注意して、雄牛が後退したり攻撃したりするのを防ぎながら、付いて行ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

エティオピア物語 第十巻 28-5

  Στην αρχή όλοι νόμισαν ότι ο Θεαγένης προσπαθούσε να δραπετεύσει και καθένας παρακινούσε τον διπλανό του να μην τον αφήσει να περάσει το φράγμα που σχημάτιζε η παράταξη των οπλιτών・ καθώς όμως προχωρούσε το εγχείρημα, κατάλαβαν ότι δεν είχε δειλιάσει ούτε προσπαθούσε να αποφύγει τη σφαγή.




 初め、誰もが、テアゲニスが逃走しようとしている、と思ったのです。それぞれの人が隣りに居る人に、テアゲニスに整列した兵士で作られた囲いを越えさせない様に、と言ったのです。けれども、成そうとしていることが進行するに従って、人々は、テアゲニスは臆してもいないし、生贄になることから逃れようとしているのでもない、と言うことが分かったのです。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

エティオピア物語 第十巻 28-4

  Εκείνη τη στιγμή ο Θεαγένης, είτε από το φυσικό του θάρρος κινημένος είτε και από κάποια θεόσταλτη ορμή, βλέποντας τους φρουρούς του σκορπισμένους λόγω της αναστάτωσης που επικρατούσε, ορθώνεται ξαφνικά ― προηγουμένως ήταν γονατιστός μπροστά στο βωμό περιμένοντας από στιγμή σε στιγμή τη σφαγή του ―, αρπάζει μιά σχίζα από αυτές που ήταν πάνω στο βωμό, πιάνει ένα από τα άλογα που δεν είχαν αποδράσει, πηδάει πάνω στη ράχη του, πιάνεται από τις τρίχες του αυχένα του και χρησιμοποιώντας για χαλινάρι τη χαίτη, για σπιρούνια τις φτέρνες του και για μαστίγιο τη σχίζα, ρίχνεται καλπάζοντας πίσω από τον δραπέτη ταύρο.




 その時、テアゲニスは、見張りたちが動揺して散り散りになるのを見たのです。動揺は突然に起こって見張りたちに取り憑いてしまいました。テアゲニスは、先程から祭壇の前に跪いて今か今かと自分が生贄になるのを待っていたのです。そうして、見張りたちの動揺を見ると、テアゲニスは、一つには、彼が本来持っている勇気に突き動かされ、また一つには、何か神に吹き込まれた激情から、祭壇の上に居た見張りたちから一本の木の破片を奪い取り、逃げ出していなかった馬たちの中の一頭を捕まえ、その背中に飛び乗のったのです。そして、馬のうなじの毛にしっかりと捕まると、たてがみを手綱に使い、自分の踵を拍車に使い、木の破片を鞭に使い、逃げる雄牛たちの後ろを全力で駈けさせて、突進したのです。


posted by kyotakaba at 14:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

36. Το πληγωμένο πεύκο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」1   





Το πληγωμένο πεύκο



  Το απόγευμα ήρθε ο δασοφύλακας.  
  Η πρώτη του δουλειά ήταν να κατεβεί στο μέρος που του έδειξε ο Μπαρμπακώστας. Εκεί τον ακολούθησαν τα παιδιά. Για πρώτη φορά είδαν πληγωμένα πεύκα. Μια τσεκουριά κατέβαινε από πάνω από τη μέση τους κι έφτανε ως τη ρίζα. Ήταν μια πληγή ανοιχτή, η μεγαλύτερη πληγή που μπορούσε να δει κανένας. Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.   





     
傷ついた松
   

 午後には、一人の森林警備官が来ました。 
 最初の仕事は、バルバコースタスが彼に教えた場所に降りて行くことでした。そこには、子供たちが警備官を連れて行ったのです。皆んなは、傷ついた松を見るのは初めてだったのです。斧の一振りが松の中程から根元まで振り下ろされていました。開いた傷口でした。誰も見たことが無いようなとても大きな傷だったのです。傷が閉じることは決してないでしょう。もしも閉じさせたいのなら、もう何振りかの斧を開いた傷に受けなければならないでしょう。    





 Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.  のところ、意味が分からない。 
ήθελε は、三人称単数。パラタティコス。主格は、πληγή か? 
κρατούσαν は三人称複数。主格はάλλες τσεκουριές か? 
この動詞の対格になっているのは、代名詞 την 。女性代名詞単数。これは、πληγή のことか? 
ανοιχτή、形容詞女性対格単数形。これは、πληγήを形容しているのか? 
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする