2018年11月10日

撰集抄の花林院永玄僧正 7-3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





鹿の斑模様の様に雪が残る富士の麓も歩こう、どこも忘れられない美しさがある、けれども、仏の美しさは、いつも、向こうなのだ。」





Ας διαβώ στους πρόποδες του Φούτζι, όπου έχουμε το παρατεταμένο χιόνι. Το χιόνι βρίσκεται διάστικτα, έτσι αυτοί πρόποδες μοιάζουν με το πιτσιλωτό πετσί του ελαφιού. Παντού μπορώ να βρώ μια ομορφιά, αλλά η ομορφιά του Βούδα στέκεται στην άλλη πλευρά πάντα.




「花林院永玄僧正」、おわり。
posted by kyotakaba at 16:21| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

5. Ο Σκέλεθρας 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





!!


Στο κοινό χωνευτήριο…

Ίσως και γι΄ αυτό πήγε βόλτα στο νεκροταφείο τη μέρα της ανακομιδής.


≪ Να λοιπόν που παίρνουν τα κόκαλα των δικών τους… ≫





!!


共同の壺に…

多分それだからだろう、骨氏は、改葬の日に共同墓地に散歩に行った。 

「さて、どこで骨を拾っているのだろうか…」




posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」3





  Ο δασάρχης κρατούσε ένα ωραίο κουτί με βυσσινί χρώμα. Από το κουτί έβγαλε ένα λαμπερό άσπρο μετάλλιο. ≪ Η τάξη σας ≫, είπε, ≪ πήρε το μετάλλιο της δασικής προστασίας. Το κράτος μ’ έστειλε εδώ να σας το δώσω. Αυτό θα το κρεμάσετε στο σχολείο και θα μείνει πάντα εκεί, για να δείχνει τι κατορθώνουν τα παιδιά όταν θέλουν. Σας αξίζει ≫.





 監督官は、一つの綺麗な箱を抱えていました、深紅色の箱です。その箱から、一つの輝く白いメダルを取り出しました。こう言いました。「君たちのクラスは、森林保護のメダルを取ったのですよ。国は、君たちにメダルを渡すようにここに私を派遣したのです。これは学校に掛けられて掲示されるでしょう。そして、いつもそこにあって、子供たちが望む時にはいつでも、皆さんが何を成し遂げたか教えるのです。君たちはメダルに値するのです。」   





posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」2





  ≪ Μα εδώ είναι πόλη! ≫ είπε ο δασάρχης.
  Τα παιδιά τον χαιρέτησαν και στάθηκαν μποροστά του.
  ≪ Ήρθα να σας ≫, τους είπε. ≪ Είχα περιέργεια να σας δω. Ποιος είναι ο αρχηγός σας; ≫
  Όλοι γύρισαν και κοίταξαν τον Αντρέα. Εκείνος δεν μιλούσε.





 「おや、ここは都市だね!」と監督官は言いました。 
 子供たちは、監督官に挨拶をして、前に立ちました。 
 監督官は子供たちにこう言いました。「君たちのところへやって来ました。私はね、君たちに会って見たかったのだよ。君たちのリーダーは誰だい?」 
 みんなは振り返って、アンドレアスを見つめました。アンドレアスは口を開きませんでした。 
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」1





Μια μικρή τελετή στο δάσος



  Είναι η πρώτη φορά σήμερα που ήρθε να δει τα παιδιά ο δασάρχης.
  Ο δασοφύλακας που τον ακολουθούσε, του κράτησε το άλογό του. Ο δασάρχης κατέβηκε και κοίταξε τις καλύβες.
  Την πρωινή αυτή ώρα τα παιδιά είχαν τις καθημερινές εργασίες. Ο μάγειρος φορούσε την ποδιά του και μαγείρευε. Άλλα κοίταζαν τη φωτιά. Άλλα σάρωναν το χώμα με μεγάλες σκούπες από φρύγανα. Σ’ ένα δέντρο αποκάτω ο Λάμπρος κι ο Δημητράκης ήταν σκυμμένοι στο βιβλίο. Ο Φουντούλης καθόταν και τους άκουγε. Ήταν τώρα καλά. Ο Μαθιός κι ο Γιώργος καθισμένοι μπάλωναν το ρούχο τους. Έλειπαν δέκα παιδιά που είχαν πάει για λουτρό στη Ρούμελη. Όλα τ’ άλλα δούλευαν στις καλύβες.






森の小さな儀式   


 今日は、森林監督官が子供達に会いに来る初めての時だったのです。 
 一人の森林警備官が監督官について来ました。監督官の馬を曳いていました。監督官は馬から降りて、小屋をしげしげと見ました。 
 朝の時間で、子供たちは、毎日の仕事をしていたのです。料理人は、自分の前掛けを身につけて、料理をしています。炎を見ている子もいます。地面を枯れ枝で作った大きな箒で掃いている子もいます。ある樹の下では、ラブロスとディミトラキスが本の上に屈みこんでいます。フォンドリスは座って、ラプロスとディミトラキスを聞いています。いい天気でした。マシオスとヨルゴスは、座って自分たちの服を繕っています。十人の子供たちはいませんでした、ルウメリに水浴びに行っていたのです。他の子たちは、みんな、小屋で働いていたのです。   


posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

撰集抄の花林院永玄僧正 7-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





木曾の懸橋も渡ろう、佐野の船橋も渡ろう、逢坂の関も越そう、鳴海潟も歩こう、 


Ας περάσω την γέφυρα από μαδέρι που αιωρείται από τον γκρεμό στο Κισο. Ας περάσω την πλωτή γέφυρα στο Σανο. Ας διασχίσω τον σταθμό διοδίων στο Ουζακα. Ας περπατήσω στην λιμνοθάλασσα Ναρουμη.



木曽の桟 - Wikipedia



posted by kyotakaba at 10:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

5. Ο Σκέλεθρας 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Δέκα χρόνια είχαν περάσει από την εποχή του συμβόλαιου. Ζούσε μονός με τον ανιψιό του, το Τιρίλλη.

≪ Ε ρε σκοτούρα που θα ’χουν σήμερα τόσοι άνθρωποι! ≫





[ Ειδοποιούνται όσοι επιθυμούν να κάνουν ανακομιδή των λειψάνων των νεκρών τους να σπεύσουν έως το τέλος της προθεσμίας. Μέτα τα οστά θα ρίχνονται σε κοινό χωνευτήριο. ]




≪ [ …το κρανιακόν οστούν… τα δύο κροταφικά… ] ≫



Τελευταία σκέφτοταν πολύ τα μελλούμενα ο Σκελεθράς.


Τον Θάνατο του, ας πούμε…



[ Επειδή ο μακαρίτης ο
Σκέλεθρας δεν έχει
κληρονόμους εκτός από το
Τιριλλή, το άτιμο το Τριλλή
ειδοποιείται να προσέλθει να
παραλάβει την περιουσία του.
Επίσης, επειδή τα κόκαλα
είναι πουλημένα και δεν θα
μπουν σε τάφο ή κοινό
χωνευτήριο, ειδοποιείται να
προσέλθει ο εκπρόσωπος του
Ινστιτούτοιυ. ]





 契約した時から十年が過ぎた。彼は独身で、甥のテイリリースと暮らしていた。 

「ほら見てごらん、これでは、多くの人に問題になるだろう。」 

[ 死者の遺体の骨を改葬しようと望んでいる皆さんに、期日の終わりまでには急いで改葬される様にお知らせします。期日後は、共同の壺に投棄される予定です。 ]  

「[ … 一つの頭蓋骨、… 二つのこめかみ…、 ]」   


到頭、骨氏は、これからの事をよく考えて見た。  

自分の死のことを。言わば…、 

[ それから、故骨氏は、ティリリース以外に相続人がいないので、当のティリリースには、骨氏の財産を受け取りに来るようにお知らせします。また、既に骨は売られているので、墓や共同の壺に入ることはありません。協会の代表者がいらしてください。 ]  



posted by kyotakaba at 14:54| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

58. Ο λύκος 14

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」14





  Τα χαράματα μπόρεσε ο λύκος να σταθεί μέσα στα έλατα. Ήταν κουρασμένος κι αγκομαχούσε. Ήταν πληγωμένος και νηστικός. Άλλα ονειρεύτηκε κι άλλα βρήκε. Ωστόσο, επειδή δεν πρέπει σε λύκο να παραπονιέται, έγλειψε τις πληγές του και τράβηξε να βρει καλύτερη τύχη.





 夜明けになって、狼は、樅の木立の中で立ち止まることが出来たのです。疲れていましたし、喘いでいました。傷を負っていましたし、空腹でした。夢に見たのだけれど。見つけたのだけれど。けれども、だからと言って、愚痴を言うのは、狼にはふさわしくないのです。狼は傷を舐めました。そして、もっといい機会を見つけようと進んで行ったのです。  





第五十八章「狼」、おわり。  



posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

58. Ο λύκος 13

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」13




  Και τόση ήταν η ταραχή, που τα παιδιά έχασαν τον ύπνο τους. Είχαν καταλάβει πως εκεί κοντά ήρθε το πιο μεγάλο αγρίμι που είναι στο δάσος. Τέσσερα-πέντε παιδιά βγήκαν κι άναψαν έξω από τις καλύβες μια μεγάλη φωτιά, με προσοχή να μην παταχτεί καμιά σπίθα στα δέντρα. Έχουν ακούσει πως ο λύκος φοβάτει τη φωτιά. Έπειτα όμως τους έφυγε κάθε φόβος με το αδιάκοπο γαύγισμα που άκουγαν. Αυτό έδειχνε πως υπάρχουν σκύλοι πιστοί και δυνατοί, που κυνηγούν τον εχθρό.





 この騒ぎは大変なものでしたから、子供たちは、寝ていられなくなりました。子供達には、もう、とても大きな獣が近づいて来て、森にいるということが分かっていたのです。四人か五人の子供が外に出ました。そして、小屋の外に、火の粉が樹に飛んで行かない様に注意しながら、大きな灯りを点けたのです。子供たちには、狼は火を怖がると聞いたことがあったのです。それに、聞こえてくる絶え間のない犬の吠える声で、それぞれの恐怖が子供たちから出て行ったのです。吠える声で、忠実で強い犬が何頭かいることが分かるのです。敵を追っているのです。   



posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

58. Ο λύκος 12

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」12





  Από τη στιγμή εκείνη οι σκύλοι τον κυνηγούν. Ο Πιστός έπεσε στον δρόμο. Οι άλλοι δυο τρέχουν κοντά στον λύκο. Τον ίδιο δεν τον βλέπουν, ακούν όμως το περπάτημά του ή νιώθουν τη μυρωδιά του. Τον πηγαίνουν από ράχη σε ράχη. Όλη εκείνη τη νύχτα τον κυνηγούν οι σκύλοι, οι τουφεκιές, οι φωνές των τσοπάνηδων.





 その瞬間から、犬たちは、狼を追い始めたのです。ピストスは道に倒れています。他の二頭は、狼の側を走っていました。二頭の犬は、狼そのものを見てはいないのです。けれども、狼の足取りを聞いているか、あるいは、匂いを感じ取っているのです。犬たちは、尾根から尾根へと狼を追って行きました。その夜の間中ずっと、犬たちと、銃声と、羊飼いたちの叫び声が、狼を追いかけたのです。 





posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

撰集抄の花林院永玄僧正 7-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 人里離れた所で、永玄は独り言を言った。
 「老蘇の森にあると言う、追って近づくと消えてしまう帚木の様に、仏は追っても追っても遠くにいる。六十を越した私だけれど、その仏の姿を追って国中を歩いて回ろう。





  Απομακρύνθηκε από το χωριό και στάθηκε στον ακατοίκητο χώρο. Έτσι μονολόγησε : ≪ Λέγεται ότι στο δάσος Ροσο βρίσκεται το δέντρο που λένε χαχακιγί. Το χαχακιγί έχει έχει ένα χαρακτηριστικί. Όταν ο άνθρωπος το πλησιάζει, αυτό θα εξαφανίσει. Ο Βούδας μοιάζει του. Εγώ έχω καταδιώξει τον Βούδα τόσο πολλοί χρόνοι, ακόμα αυτός βρίσκεται μακριά. Αν και εγώ είμαι πάνω από εξήντα ετών και γέρικος, ας πάω να ζήτησω τον ίχνο του Βούδα και θα περιέλθω σε όλη τη χώρα.



posted by kyotakaba at 11:49| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

5. Ο Σκέλεθρας 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Όλοι ήξεραν την ιστορία και τον φωνάζαν πια σκέλεθρα κι αυτός ήταν περήφανος.

≪ Καλημέρα, Κύριε Σκελεθρά! ≫
≪ Καλημέρα, Κύρ-ΓιαννήΙ! ≫



Κι όταν το έφερνε η ώρα, έκανε και πλάκα μ’ αυτή.

≪ Ρε, θα σου σπάσω τα παιδιά!!! ≫
≪ Πουλημένα είναι. Την ευρώπη θα ζημιώσεις! ≫




Δεν ήθελε μάλιστα να κάνει καμιά επιδιόρθωση στα πουλημένα κόκκαλα του. Γιατί να κάνει; Δικά του ήταν , έτσι, όταν αναγκάστηκε κάποτε να πάει στον οδοντογιατρό…

≪ Βγάλ’ το εντελώς! ≫



≪ Αμαρτία είναι, Κύριε Σκελεθρά, γερό δόντι… ≫




Και μόνο με τα πολλά, όταν κατάλαβε πόσο θα πονούσε, δέχτηκε να βουλώσει το δόντι του με χρυσό.





 誰もがこの話しを知っていた。それで、皆は彼のことを骨と呼んでいた。彼は、それを得意に思っていた。 

「お早うございます、骨さん。」 
「お早うございます、ヤニスさん。」 


大変な瞬間が来ると、彼はその話しで揶揄うのだった。
「やい、お前を殺してやろうか、この野郎!」 
「売約済みですよ。あんたはヨーロッパ人に損害を与えることになりますよ。」 

 彼は、売約済みの骨にどんな修繕も施したいとは思わなかった。どうしてそうしたのか? 彼のものだったからだ。ある時、歯科医のところへ行かなければならなくなった。 

「完全に取ってくれ。」 


「それはいけません、骨さん、とても強い歯で…」 


 たくさんの歯の中でその一つだけが、彼をどれだけ痛がらせるかを理解すると、彼は、金でその彼の歯を遮蔽することを受け入れた。





Κι όταν το έφερνε η ώρα, έκανε και πλάκα μ’ αυτή. ところはよく分かりません。 
όσα φέρνει η ώρα δεν τα φέρνει ο χρόνος 、と言う表現なのか??? 

όσα φέρνει η ώρα δεν τα φέρνει ο χρόνος - Βικιλεξικό


posted by kyotakaba at 15:19| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

58. Ο λύκος 11

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」11





  Ο λύκος δεν μπόρεσε να σταθεί σε τρεις εχθρούς ενωμένους. Είχε μια πληγή μεγάλη στον σβέρκο, είχε σκισμένο το δεξί πλευρό κι άλλες πληγές μικρότερες στο κεφάλι, στα πόδια και στην ουρά. Κι όμως κατόρθωσε να τους ξεφύγει. Σε μια στιγμή μάζεψε όλη του τη δύναμη και τινάχτηκε μακριά. Όρμησαν οι σκύλοι από κοντά, τον άρπαξε ο ένας, μα πάλι ο λύκος έμεινε μοναχός του και χάθηκε.





 狼は、三頭が一つになった敵には耐えられませんでした。首筋に大きな傷を負っていましたし、右の肋骨には罅を入れられて、他にも小さい傷が頭や足や尻尾にあったのです。けれども、狼は、三頭の牧羊犬たちから、うまく逃れることが出来たのです。一瞬、自分の力の全てを集めて、遠くに一飛びしたのです。犬たちは、近くから飛びかかりました。一頭が狼にむしゃぶりつきました。でも、狼だけが残ったのです。犬は死んだのです。   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

58. Ο λύκος 10

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」10





  Κι αλήθεια, ο ένας σκύλος, ο Πιστός, δεν θα μπορούσε να κρατήσει πολύ στη μάχη. Έφαγε μια φοβερή δαγκωματιά στην κοιλιά. Το αίμα έτρεχε, ο Πιστός δάγκωνε ακόμα, η δύναμή του όμως όσο πήγαινε και λιγόστευε. Μα να, ένας άλλος φοβερός μαντρόσκυλος, ο Κίτσος, έφτασε από κάτω για να βοηθήσει τους άλλους. Αυτός του ρίχτηκε με περισσότερη λύσσα. Τώρα ήταν ένας με τρεις. Πολέμησε και με τους τρεις. Δεν ξέχασε πως είναι λύκος. Μα ήταν πολύ δυνατοί. Είναι πιστοί. Μήνες, ολόκληρο χρόνο τον περιμένουν. Τόσες νύχτες γαύγισαν γι’ αυτόν.





 実際、一頭の犬、ピストスは、戦いにずっと耐えることは出来ませんでした。お腹に恐ろしい一噛みを喰らったのです。血が流れ出ました。ピストスもまだ噛み付いていました。けれども、彼の力はずいぶん抜けて行ってしまい、弱くなっているのでした。でも、ご覧なさい。もう一頭のすごい牧羊犬、キッツォスが下から他の犬を助けに遣って来たのです。とんでもなくいきり立って狼に飛びかかりました。到頭、一等対三頭になったのです。狼は三頭と戦いました。彼は、自分が狼であることを忘れなかったのです。でも、三頭はとても力があったのです。忠犬だったのです。何ヶ月も、まるまる一年も、牧羊犬たちは狼を待っていたのです。幾晩も狼に吠え立てていたのです。  



posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

58. Ο λύκος 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」9





  Τότε άρχισε τον πόλεμο και με τους δύο. Επάνω στον σβέρκο του ένιωσε σαν μαχαίρια τα δόντια των σκύλων. Μα κι αυτός, ξεφεύγοντας, χύθηκε να τους αρπάξει από το ίδιο μέρος. Κυλισμένοι κάτω, φαίνονται σκύλοι κι οι τρεις. Και πάλι φαίνονται λύκοι κι οι τρεις. Ο λύκος είχε να κάνει με δυο. Έπρεπε να σκοτώσει έναν από τους δυο, να μείνει με έναν, ύστερα να νικήσει κι αυτόν και να ορμήσει στα πρόβατα. Γιατί δεν έπαυε να τα συλλογίζεται μέσα στις δαγκωματιές.





 そうして、狼は、この二頭との戦いを始めたのです。自分の首筋に、刃物の様な犬の歯を感じました。でも、狼は、それから逃れて、同じ首筋にしっかり噛み付こうと飛びかかったのです。地面に転がり回る様子は、三頭の犬の様でした。また、一方では、三頭の狼の様でした。狼は、この二頭の犬と関係があるのです。二頭のうちの一頭を殺さなければなりませんでした、そしてもう一頭と残るのです。それから、その一頭を倒して、羊たちに襲いかかるのです。どうして、狼は、噛み合いの最中にも、羊のことを考えるのを止めなかったのでしょう。 


posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

撰集抄の花林院永玄僧正 6

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





この様な返事が来た。 「それは永玄と言う僧だと思う。豊富な学識を修め、深い智慧も身に着けていた。一方で、人と交わるのを嫌がり、一人黙想に耽り勝ちだった。余りに優秀なので貫主に推挙されたのだが、失踪してしまった。」 





  Τότε, η απάντηση στάλθηκε από τον ναό. Το γράμμα είπε ως εξής : ≪ Τον γνωρίζουμε. Αυτό μοναχός είναι ο Έϊγεν. ο Έϊγεν είχε μάθει τέλεια για την διαφορετικές επιστήμες. Και έχει την βαθιά σοφία. Αφ’ ετέρου, αυτός φαινόταν απρόθυμος να συναντήσει τους άνθρωπους. Και είχε την τάση να κάνει διαλογισμός μόνος του. Έτσι, ήταν τόσο εξαιρετικός ώστε όλοι επικρότησαν να εκλέξει ως ο πρώτος αββός. Αλλά χάθηκε ≫.



posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

5. Ο Σκέλεθρας 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ … θα μπορούσαμε να σας δώσουμε τώρα ίσαμεΙ… Χμμ… Όχτω με δέκα χιλιάδες φράγκα! ≫

Πήρε 10,000 φράγκα ≪ Αντί συμβολαίου εξασφαλίζοντας τον σκελετόν εις το ινστιτούτον μας… ≫


Με τα λεφτά αγόρασε ένα μαγαζί κι έγινε σαράφης… τοκογλύφος.


Κι επειδή από την εποχή της πείνας γνωρίζε καλά την αξιά των χρημάτων, έγινε ένας τέλειος παραδόπιστος.


≪ Οι κουτόφραγκοι! Δεν μ’ άφηναν να ψοφήσω από την πείνα και μετά να πάρουν με την ησυχία τους το σκελετό μου… ≫





「…、今、私たちが貴方にお支払い出来るのは、大体、…、んんん、一万と八フランです!」 

10,000フランを取りなさい、「私たちの協会に骨格を確かに渡す契約書を…」 

そのお金で一軒の店を買って、コイン売買商…、高利貸しになった。 

飢えていた時からお金の価値はよく知っていたので、この上ない拝金主義者になった。

「馬鹿なユーロッパ人達め。私を放ったままにして飢え死にさせたりはしなかった。飢え死にした後、黙って私の骨を取っていくようなことはしなかった。」 


posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

58. Ο λύκος 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」8





  Φώναξαν οι τσοπάνηδες, το κοπάδι αναταράχτηκε, σκύλοι γαύγιζαν μακριά, η ταραχή απλώθηκε από ράχη σε ράχη.
  ≪ Ξαδέρφια, έρχομαι από ξένον τόπο, είμαι πεινασμένος και δεν θα φύγω! ≫
  Αυτά θα έλεγε ο λύκος στους ξαδέρφους του τους σκύλους, αν ήξερε πως έπαιρναν από λόγια. Μα επειδή ξέρει πως δεν παίρνουν, ετοιμάστηκε. Όποιος μείνει ζωντανός.





 羊飼いたちは叫びました。群れは動揺しました。犬たちは遠吠えをしました。動揺が背中から背中へと広がっていきました。 
 「従兄弟たちよ、私は他所から来たのだ、私は空腹なのだ、立ち去りはしないぞ!」 
 犬たちがその言葉が分かると知っていたならば、狼は、従兄弟であるその犬たちにこう言ったのでしょう。でも、分からないことは知っていましたから、身構えたのです。まだ生きているのです。  



posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

58. Ο λύκος 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」7





  Αφού περπάτησε πενήτα χιλιόμετρα, έφτασε στα Τρίκορφα. Σταμάτησε ευχαριστημένος. Άκουσε τα κουδούνια από τα κοπάδια του Γεροθανάση. ≪ Μπράβο, Θύμιο ≫, είπε, γιατί τα γνώρισε τίνος είναι. Στην καλύτερη όμως στιγμή, τη στιγμή που ετοιμαζόταν να χιμήξει, ξαφνικά είδε δυο ξαδέρφους του μπροστά: Τον Μούργο και τον Πιστό. Οι δυο αυτοί μαντρόσκυλοι του Γεροθανάση πήδησαν επάνω του. Μια τουφεκιά ακούστηκε, δεύτερη, τρίτη.





 狼は五十キロ歩いて、トリコルファに着きました。満足気に立ち止まったのです。ゲロサナシスさんの羊の群れからの鐘の音に耳をすましました。「素敵だ、シミオス」と言いました。それが誰のものかを狼は聞き分けられたからです。それは何よりも素敵な瞬間でした、けれども、飛びかかろうとそしたその瞬間、突然に、自分の目の前に二頭の従兄弟を見たのです。ムウルゴスとピストスです。ゲロサナシスさんの牧羊犬の二頭は、狼の上に飛びかかったのです。一発の銃声が聞こえました。二発目、三発目。
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

58. Ο λύκος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」6





  Η πείνα του μεγάλωσε. Η δίψα του για αίμα ακόμα περισσότερο. Ακόνιζε τα δόντια του. Έκοβαν σαν το καλύτερο μαχαίρι. Ήταν έτοιμος. Μέσα στ’ άσπρα πρόβατα άρχισε να ονειρεύται τώρα κι ένα μαύρο στη μέση. Ένα με χαϊμαλί. Μπορεί να είναι το λάγιο αρνί. Έτσι, σε κάποιο πρόβατο χαϊδεμένο από τον τσέλιγκα ήθελε να πέσει.





 狼の飢えは大きくなりました。血にへの渇望はもっとひどくなりました。牙を研ぎました。最高のナイフのように切れるのです。用意は出来ていたのです。真っ白な羊の真ん中に真っ黒な一頭がいるのを夢見始めたのです。お守りの付いている羊です。きっと、黒毛の子羊に違いありません。つまり、羊飼いに可愛がられている羊に当たりたいと、狼は思っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

撰集抄の花林院永玄僧正 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 経信は、その女性も連れて来る様にと僧に言った。僧は、黙したまま頷いて退出した。そして、僧はそのまま居なくなってしまった。
 経信は、この僧が気掛かりで興福寺に手紙を書いて尋ねてみた。





  Ο Τουνενοβου πρότεινε σε αυτό μοναχό να την πάει εδώ. Ο μοναχός σιωπηλός έγνεψα και βγήκε. Τότε ο μοναχός έχασε χωρίς να γυρίσει μιά φορά. Ο Τουνενοβου ανησυχούσε για την ασφάλεια του. Και έγραψε στο ναό Κουχουκου να ρωτήσει για αυτό μοναχό.
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

Μυστικά και αποκαλύψεις

 ヤニス・リッツオスの娘の Έρη Ρίτσου エリ・リッツオスの小説。母方、ヤニスの妻の方の家系を描いた小説のよう。

.:BiblioNet : Μυστικά και αποκαλύψεις / Ρίτσου, Έρη


posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

5. Ο Σκέλεθρας 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 


1-51

Ο Παυλός έκλεισε τα παραθύρα και άναψε το μαγκάλι για να δώσει τέλος ≪ Στη ζωή του την αβίωτη ≫, όπως έγραψε σ’ ένα χαρτί.

Τον πρόλααβαν την τελευταία στιγμή.

≪ Ανέβαινα να του ζητήσω τα νοίκια που κάθυστερουσε και με χτύπησε η μυρωδιά από το κάρβουνο… ≫

≪ Κερατά! Τόσο καιρό που με βασάνισες τα νοίκια σου, δεν σου χτύπησε η μυρωδιά της πείνας μου… ≫



≪ Το ξέρετε ότι έχετε έναν σκέλετο θαύμα; ≫

≪ Είμαι αντεπιστέλλον μέλος ενός ευρωπαίκου ινστιτούτου. Άν διέθεσες μετά θάνατον τον σκελετό σου στην εταιρεία… ≫






 パウロスは、窓を全部閉めてお仕舞いにする為に火鉢に火を点けた。一枚の紙にこのように書いた。「生きていくのが辛い。」 

 人々は彼の最後の瞬間に間に合った。 

 「私は、滞納している家賃を貰おうと上がって行ったのです。と、木炭の匂いが私の鼻を打ったのですよ。」
 「ケラタス! こんな時に家賃で私を虐めるなんて、私の木炭の匂いは貴方の鼻を打ちはしない…、」  


 「貴方はご自分が世にも珍しい骨格を持っているのをご存知か?」 


 「私は、あるヨーロッパ研究所の会員です。死んだ後に、貴方の骨格を協会に遺贈されてくれたら、…」 
posted by kyotakaba at 14:04| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

58. Ο λύκος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」5





  Επάνω σε έναν ψηλό κλώνο κάθισε ακίνητη και μαζεύτηκε έτσι που να φαίνεται ένα με το κλαδί.
  Ο λύκος όλα αυτά τα καταλάβαινε. Ο αέρας του έφερνε τη μυρωδιά των αγριμιών που έφευγαν. Είδε και τα χνάρια μερικών και κούνησε το κεφάλι του.
  ≪ Έννοια σας ≫, είπε, ≪ και δεν βγήκα για σας. Πάω για καλό τραπέζι. Για έναν λύκο που βλέπει στον ύπνο του τρεις χιλιάδες πρόβατα, δεν αξίζετε τίποτα ≫. Και προχώρησε.





 イタチは、高い枝の上に座りうずくまったのです。すると、一本の枝に見えるのです。 
 狼は、それら全部が分かっていましたよ。風が狼に逃げていった野生動物たちの匂いを運んでくるのです。いくつかの足跡を見て頭を振りました。 
 こう言ったのです。「お前らは安心しろ。お前らの為に出て来たりはしないんだ。私は、素晴らしい食事の席に行くんだ。夢に三千匹の羊を見た狼には、何の価値もない。」 そして進んで行きました。 



posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

58. Ο λύκος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」4





  Μόνο η νυφίτσα δεν τρύπωσε ακόμα. Έτρεχε στα κλαριά μιας θεόρατης καστανιάς σαν να ρωτούσε : ≪ Τι είναι; Τι τρέχει; ≫ Δεν μπορεί η νυφίτσα να ζήσει αν δεν μάθει όλα τα νέα. Κοίταξε παντού με τις γυαλιστερλές χαντρίτσες των ματιών της, μα κανείς δεν βγήκε να της πει τίποτα. Και η πιο φλύαρη νυφίτσα είχε κρυφτεί. ≪ Για να κρυφτούν όλες οι γειτόνισσες ≫, συλλογίστηκε, ≪ θα πει πως κάτι σοβαρό τρέχει. Ας πάμε, μην έρθουν τίποτα σκάγια ≫.





 イタチだけは、まだ、穴に隠れてないのです。大きな栗の樹の小枝に走って行きました。まるで、「何なの? 何が起こるの?」と小枝に聞いているかの様でした。ニュースをなんでも知らないと、イタチは生きていけないのです。イタチは、ビー玉の様なピカピカ光る眼で上を見上げました。でも、誰も出て来ないのです、イタチに何にも教えてくれないのです。そして、一番おしゃべりのイタチももう隠れたのです。こう考えたのです。「近所のみんなが隠れたのだから、何か怖いことが起こるのに違いないと言うことだ。行こう、銃弾が一個でも来ない様に。」 


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

撰集抄の花林院永玄僧正 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 「私は、興福寺の花林院に住んで居ました。研鑽も積んで、仏教も深く学んでいました。ところが、ある女性と知り合ってしまいました。僧であるにも拘らず、その女性と愛し合ってしまったのです。隠していたのですが、人に知られることになりました。それで、二人で逃げ出したのです。」  





  ≪ Εγώ είχα μείνει στο μοναστήρι Καρίν που βρίσκεται μέσα στη μεγαλή κτήμα του ναού Κουχουκου. Σπούδαζα σκληρά και μελετούσε τον Βουδισμό βαθιά. Ωστόσο, γνωρίστηκε μια γυναίκα. Παρ’ όλο που είμαι μοναχός, εγώ και αυτή αγαπηθήκαμε. Εγώ το έκρυβα, αλλά έγινε γνωστό στον κόσμο. Έτσι, εμείς δυο φύγαμε. ≫



posted by kyotakaba at 14:45| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

58. Ο λύκος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」3




  ≪ Για να φεύγει η αλεπού ≫, είπε ο ασβός, ≪ κάποια μεγάλη δουλειά τρέχει ≫. Και μπήκε σε μια ξένη τρύπα που τη βρήκε άδεια.
  ≪ Για να φεύγει ο ασβός ≫, είπε το κουνάβι, ≪ δεν είμαστε καλά. Κάποιος καλός κυνηγός θα βγήκε εδώ κάτω. Ας καθίσω, να μην πάει το τομάρι μου στην αγορά ≫. Μπήκε μέσα στον κορμό ενός δέντρου εκατό χρόνων. Εκεί ήταν το πατρικό του. Εκεί μέσα η μάνα του τού είχε δώσει το καλό γουναρικό που φορούν αυτό και τ’ αδέρφια του.
  ≪ Δρόμο, δρόμο ≫, είπε ο σκαντζόχοιρος και χάθηκε. Από τον πολύ τον φόβο του δεν πρόφτασε ούτε να τιναχτεί. Μέσα στα αγκάθια του έσερνε πολλά φρύγανα.





 「キツネが逃げてしまうからには、」とアナグマは言いました、「何か大変な面倒ごとがやって来るんだな」。そうして、空なのを見つけた誰のだか知らない穴に入るのです。 
 「アナグマが逃げてしまうからには、」とイタチが言いました、「ぼくたちはよくないぞ。誰か腕の良い猟師がここに出てくるんだろう。じっとしていよう、ぼくの毛皮が市場に行かない様に」。そうして、百年を経たある樹の幹の中に入るのです。そこはイタチの我が家なのです。その中で、イタチのかあさんはこのイタチにいい毛皮を与えたのです。このイタチとその兄弟達は、この毛皮を身に纏っているのです。 
 「にげろう、にげろう」とハリネズミは言いました。そしていなくなりました。あまりに怖くて、身体を振るって埃を落とす時間もなかったのです。ハリネズミの棘の中に、たくさんの枯れ枝を引っ掛けていました。  


posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

58. Ο λύκος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」2





  Χτες το βράδυ είδε στον ύπνο του πως έπεσε μέσα σε τρεις χιλιάδες άσπρα πρόβατα. Από τότε δεν μπόρεσε να κοιμηθεί. Ξεκίνησε και πάει να τα βρει.
  Πέρασε βουνά και βουνά. Δάση από έλατα κι από πεύκα, από καστανιές κι από οξιές. Περπάτησε τα φαράγγια και τις ράχες. Τρακ, τρακ, τρακ! Το πάτημά του χτυπούσε δυνατά, σαν να ήταν πεταλωμένος. Τ’ αγρίμια, που το γνωρίζουν αυτό το περπάτημα, έτρεξαν στην τρύπα τους. Πρώτη η αλεπού, καθώς ήταν ξαπλωμένη σε μια πέτρα, έτρεξε και χώθηκε στον τρίτο διάδρομο της φωλιάς της.





 昨日の夜、狼は夢で、自分が三千の白い羊の中に落ちる様を見たのです。それから、眠ることが出来ないのです。出掛けて、その羊たちを見つけようとしたのです。 
 山をまた山を過ぎました。樅の森、松の森、栗の森、橅の森をすぎました。渓谷や尾根を歩きました。タラック、タラック、タラック! 狼の足音は力強いのです、まるで蹄鉄を打っている様なのです。野生動物たちは、その足音を知っていますから、自分たちの巣に駆け込むのです。どこかの岩で寝転んでいたキツネが、まず最初に走り出します。そして、巣の三番目の廊下に潜り込むのです。 


posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

58. Ο λύκος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」1





Ο λύκος



  Από κάποιο μακρινό βουνό ξεκίνησε ο λύκος.
  Όταν πείνασε πολύ συλλογίστηκε : ≪ Σ’ έναν λύκο σαν και μένα δεν πάει να κυνηγάει την αλεπού. Πόσο θα ζήσω ακόμα; Έναν χρόνο, δύο; Πρέπει να καθίσω τραπέζι σε μεγάλα τσελιγκάτα ≫.
  Να πούμε την αλήθεια, ο λύκος μας είναι λίγο ηλικιωμένος. Φέτος έκλεισε τα δεκατρία. Γέρασε. Άλλαξε το μαλλί του, μα τη γνώση του και την κεφαλή του δεν την άλλαξε. Πάντα στα καλά κοπάδια είναι ο νους του.





狼 

 どこか遠い山から、狼が出発したのです。 
 とてもお腹がすいて、こう考えたのです。「私のような狼には、狐を追うのは似合わない。私は後どれくらい生きるのだろうか? 一年か、二年か? 私は、広い遊牧地帯で食卓に付かなければならない。」 
 本当のことを言えばです、この私たちの狼は、少し年を取っているのです。今年、十三歳を超えるのです。老いたのです。毛は変わってしまいました。でも、知識、頭脳は、変わっていないのです。彼の思いは、いつも、良い羊の群れのことにあるのです。 



posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

撰集抄の花林院永玄僧正 3-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





夜も更けた頃、他に誰もいない部屋へ僧を連れて入り、人に聞かれない様に、「貴方は一体如何言うお方か?」と尋ねた。経信が静かにもう一度尋ねると、僧は泣きながら語り出した。  





Προχωρημένη νύχτα πιά, ο Τουνενοβού τον πήγε σε ένα δωμάτιο που ήταν άδειο και κανείς άλλος δεν παρευρισκόταν. Έτσι τον ρωτήσε κλεφτά: ≪ Ποιός είσαι αληθειά; ≫. Και, κατόπιν ξερωτήσε ήσυχα, ο μοναχός άρχισε να διηγήθηκε με πολά δάκρυα.



posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」8





  Ο Κωστάκης, σκυμμένος με ένα σφυρί, προσπαθούσε να καρφώσει το παπούτσι του με τις πέντε πρόκες του Σπύρου. Μόλις το κάρφωσε και το φόρεσε, κλαπ, άνοιξε κι έχασκε όπως πρώτα. Οι πρόκες του Σπύρου ήταν άχρηστες.
  Ο Κωστάκης ήταν πια με ένα πόδι! Τότε πέντε παιδιά, τέσσερα κι ο Γκέκας πέντε, πήραν το παπούτσι του Κωστάκη και τράβηξαν για το Μικρό Χωριό. Το βράδυ το έφεραν διορθωμένο. Μαζί με το παπούτσι έφεραν κι ένα νέο. Είπαν πως τα δόντια του μπαλωματή από τρία έγιναν δύο.





 コスタキスは、槌を一挺持って前屈みになり、スピロスの五本の鋲を使って、自分の靴を鋲で留めようと頑張ったのです。鋲で留めると、すぐに履いて見ました。クラップ、開いて、初めの様に、靴は大口を開けたのです。スピノスの鋲は、役に立たなかったのです。 
 コスタキスは、もう片足なのです! それから、五人の子供たちが、四人とそれから犬のゲカスで五人なのです、コスタキスの片方の靴を持ってミクロ・ホリオに向かったのです。夕方には、修繕されたのを持って帰ったのです。五人は、靴と一緒に、ニュースも持って来たのです。靴直し職人の歯は、三本から二本になったと言うのです。  




第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」、おわり。 



posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」7







  ≪ Και τι τα κάνει; ≫ ρωτάει ο Γιώργος.
  ≪ Τίποτα. Τι θες να τα κάνει; Μόνο έχει τη μανία να τα μαζεύει. Καμιά φορά προσπαθεί να τραβήξει και βαριά ρούχα ≫.
  Κι ο Σπύρος κάνει τη δουλειά της κίσσας. Απ’ όσα έχει μέσα στο κουτί, κανένα δεν του είναι χρήσιμο.





 「それでカササギは何をするのですか?」とヨルゴスは尋ねます。 
 「何も。君はカササギにそれらをどうして欲しいのかな? カササギは集めるのに熱中しているだけなんだよ。ある時など、重たい服をどうにか引きずって来ようとしていたよ。」 
 そうですね、スピロスも、カササギの仕事をしているのです。箱の中に入っているものはどれも、彼には役に立つものではないのです。 




posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」6





  ≪ Γι’ αυτό λοιπόν, Σπύρο, περπατάς όλο σκυμμένος, για να βρίσκεις αυτά; Πού είναι οι πρόκες; ≫
  Ο Σπύρος έδειξε πέντε πρόκες σκουριασμένες.
  ≪ Για να τις πάρεις ≫, είπε, ≪ θα μου δώσεις μια πένα της χήνας. ≫
  Ο κυρ-Στέφανος είπε ύστερα στα παιδιά : ≪ Ξέρετε την κίσσα; ≫
  ≪ Όχι ≫.
  ≪ Είναι ένα πουλί που μοιάζει με τον Σπύρο. Μαζεύει πράγματα που δεν του χρειάζονται. Ό,τι βρει : βελόνες, κουτιά, καρφιά, τενεκεδάκια, ακόμα και δεκάρες. Αυτά πάει και τα κρύβει σε μέρος πολύ μυστικό, καθώς στη σκεπή του σπιτιού, σε μια τρύπα όπου δεν πέφτει μάτι ανθρώπου ≫.





 「それで、スピロス、こんなのを見つけるために、ずっとかがんで歩いているの? 鋲はどこにあるの?」 
 スピロスは、五本の錆びた鋲を指さしました。 
 「ガチョウのペンをぼくにくれたら、それを持って行っていいよ。」 
 それからです、ステファノスさんは子供達にこう言ったのです。「君たちは、カササギを知っているかい?」 
 「いいえ。」 
 「スピロスと一緒で、ものを集める鳥なんだよ。自分には役に立たないものを集めるんだ。見つけたものは全部だよ。針、箱、釘、ちっちゃなブリキ缶、それに、十レプタ硬貨。それらを持って行ってね、どこか中のまるでわからないところに隠すんだ。家の屋根とか、人間の目が届かない穴とかにね。」 

posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」5





  Ήταν κι ένα κλειδί από κουτί σαρδέλας, ένα τενεκεδένιο σκέπασμα, μισό ψαλίδι, ένα σίδερο που δεν φαίνεται πια τι είναι και άλλες τέτοιες σκουριές.
  ≪ Σπύρο! ≫ του φώναξε ο Κωστάκης.
  Ο Σπύρος γύρισε ξαφνικά. Όταν τον είδε, του κακοφάνηκε.
  ≪ Έλα, το είδα το κουτί σου ≫, λέει ο Κωστάκης.
  ≪ Έλα τι είδες; ≫
  ≪ Είδα τα αρχαία που έχεις. Για να το δω κι από κοντά ≫.
  Ο Σπύρος είχε μείνει με το στόμα και με το κουτί ανοιχτό.





 それに、イワシの箱の釘が一本、ブリキの蓋、ハサミの片方、もう何だからわからない鉄くず、その他の屑のようなもの。 
 「スピロス!」とコスタキスは彼に呼びかけました。 
 スピロスはハッと振り返りました。コスタキスを見ると、スピロスは気分を悪くしたのです。 
 「ねえ、ぼく、君の箱を見ちゃった。」とコスタキスは言ったのです。 
 「ええ、何を見たの?」 
 「君の持ってる骨董品を見たよ。近くで見ていい。」 
 スピロスは口と箱を開けたままにしていたのです。   


posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

撰集抄の花林院永玄僧正 3-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 僧はとても窶れていた。けれども、只人には見えなかった。経信は僧を招き入れて、もて成した。 



  Ο μοναχός ήταν πολύ κάτισχνος. Αλλά δεν φάνηκε ότι ήταν στην μετριότητα. Ο Τιυνενοβου τον οδήγησε μέσα στο σπιτι του και συμπεριφέρθηκε.


16日、訂正:
μέσα を挿入
posted by kyotakaba at 15:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」4




  Ο Κωστάκης, καθώς είναι μ’ ένα παπούτσι, πλησιάζει στην πόρτα σιγά-σιγά, χωρίς ν’ ακουστεί. Βλέπει τον Σπύρο να σηκώνει το στρώμα και να βγάζει ένα παλιό κουτί από λουκούμια. Το άνοιξε και το έψαχνε. Κανένα παλιό και σκουριασμένο πράγμα δεν έλειπε από μέσα. Εκεί ήταν το παλιό καρφί, η παλιά βελόνα, η παλιά πρόκα, η στραβή σακοράφα κι χαλασμένη πένα, το ξερό καλαμάρι και το σπασμένο κουτάλι.

σακοράφα : Μεγάλη βελόνα για ράψιμο σάκων.
καλαμάρι : Μελανοδοχείο.
λουκούμι : Λουκούμι - Βικιπαίδεια





 コスタキスは、靴が片方だけだったのですけれど、音を立てずにゆっくりゆっくり戸に近づいたのです。そして、スピロスがマットレスを上げて古いルクーミの箱を出すのを見たのです。スピロスは、箱を開けて、中を探しますよ。古い錆びた色々なもので、なくなっていたものはなかった。中にあったのは、古い釘、古い鋲、曲がった大釘、つぶれた万年筆、干からびたインク壺、折れたスプーンなのです。


posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」3





  Ο Σπύρος δεν ήθελε να βλέπει κανείς άλλος το κουτί του. Τον Σπύρο τον ήξεραν όλοι πως είναι σφιχτοχέρης. Ο,τι έχει το κρύβει και μόνο αυτός το βλέπει. Λένε πως έχει ένα κουτί με διάφορα πράγματα μέσα. Αυτό το κουτί το βάζει σ’ ένα μέρος κρυφό στην καλύβα. Μόνο άμα λείπουν οι άλλοι το ανοίγει. Τι να ‘χει μέσα;

 スピロスは、他の誰にも自分の箱を見られたくなかったのです。誰もが、彼はけちだって知っているのです。彼が隠したものは何でも、それを見るのことが出来るのは彼だけなのです。彼は中に色々なものが入っている箱を一つ持っている、と言われているのです。その箱を小屋の中のある隠し場所に置いているのです。他の人が誰もいない時に、スピロスはその箱を開けるのです。彼は中に何を入れているのでしょう? 



posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」2





  Φωνάζουν τον Σπύρο μήπως έχει καμιά πρόκα. Ο Σπύρος πάντα κάτι έχει. Βελόνες, καρφιά, κάτι τέτοια τα μαζεύει.
  ≪ Σπύρο! Σπύρο! Έχεις καμιάσ πρόκα; ≫
  ≪ Μεγάλη; Μικρή; ≫ λέει ο Σπύρος. ≪ Για παπούτσι, για ξύλο, τι τη θέλεις; ≫
  ≪ Το ποπούτσι μου ξεκαρφώθηκε ≫.
  ≪ Τώρα να κοιτάξω ≫.
  ≪ Να ‘ρθω κι εγώ; ≫
  ≪ Όχι, να μην έρθεις ≫.





 子供たちは、いつも、なにか釘を持っていないかと、スピロスを呼んでいました。スピロスは、いつだって、なにかを持っているのです。針、鋲、そう言うものを集めているのです。 
 「スピロス、スピロス! なにか釘の様なのを持ってない?」 
 「大きいの、小さいの?」とスピロスは言いました。「靴の、木の、何に使いたいの?」 
 「ぼくの靴の釘が抜けっちゃたんだ。」 
 「みせて。」 
 「そっちに行こうか?」 
 「いいや、来ないで。」 


posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

撰集抄の花林院永玄僧正 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 夕暮れ時に、六十を過ぎた様な年頃の僧が現れた。顔立ちはとても端正で聡明そうであった。その僧が物乞をした。  





Κατά το σούρουπο ένας μοναχός παρουσιάστηκε. Φάνηκε ότι έχει περάσει την ηλικία των εξήντα. Η οψή του ήταν πολύ τακτική και φάνηκε έξυπνος. Αυτός μοναχός ζητιάνεψε.



posted by kyotakaba at 15:17| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」1





Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι



  Ο Κωστάκης μ’ ένα παπούτσι. Το άλλο το χάλασε χτες στον δρόμο που πήγαν για τον Φάνη. Ξεκαρώθηκε όλο από κάτω και χάσκει. Ο Κωστάκης σέρνει το παπούτσι του σαν να είναι κουτσός ή γέρος. Δεν μπορεί να κάνει πολλά βήματα. Το παπούτσι ανοίγει και κάνει: κλαπ, κλαπ!
  Σπουδαίο πράγμα το παπούτσι... Τι αξίζει ο μπαλωματής! Να περνούσε τώρα ένας... Ή να ερχόταν εκείνος ο μπαλωματής του Μικρού Χωριού, ο γέρας με τα τρία δόντια! Θα χτυπούσε πάλι με τις γροθιές του τον αέρα και θα έραβε.





 コスタキスは靴が片方だけなのです。もう片方は、きのう、ファニスのところへ行ったときの道で駄目にしたのです。下から釘が全部抜けて、大口を開けたのです。コスタキスは、自分の靴を引き摺っていたのですが、それはまるで、びっこになったのか、おじいさんになったかの様でした。何歩も歩けないのです。靴は開いて、こう鳴るのです、クラップ、クラップって。 
 靴は両方あって価値があるので…、靴職人はなんて大切なのでしょう! 今、職人が一人通ってくれたら…、ミクロ・ホリオ靴職人さん、あの三本歯のおじいさんが来てくれたらいいのに! そうしたら、空を打って、また、縫ってくれるだろうに。 


posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο

 第五十六章「病気になったフォンドゥリス」3 の中の、 
Ο κυρ-Στέφανος προχώρησε στην καλύβα κι έσκυψε επάνω στο παιδί. Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο. Ο Φουντούλης άνοιξε τα μάτια του και τον κοίταξε.  
の部分、 その中の、「 Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο 」を「片手と額が痛かったのです。」と訳したのだけれど。それでいいのかどうか分からない。 
 ここの部分、三つの文なのだけれど、一つ目の主格は、Ο κυρ-Στέφανος 、三つ目の文の主格はΟ Φουντούλης 。それで、二つ目の文は、主格は何だろうか? 
 文の進行からすれば、Ο κυρ-Στέφανοςなのかな、と思う。ステファノスさんがフォンドゥリスの手と額を取った。と言うことかと。でも、έπιασε の前に、Του 単数三人称代名詞の属格( 与格? )が来ているのは何故かと、気になる。
 Τον έπιασε από το χέρι και το μέτωπο. ならば、一般的な表現なのだけれど。 
 それで、Με έπιασε το κεφάλι μου. 頭が痛くなる。 と言う表現があって、でもそれは、対格を使っているのだけれど、 
 μου αρέσει ... と言う表現もあるので、属格でもいいのかな、と思ったので。 

 Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο.  英文法的にいえば、έπιασε 動詞/Του 間接目的語/το χέρι και το μέτωπο 直接目的語と言うことなのかな? でも、それでも、文の意味がよく分からないのだけれど、、、  


追記: 
Του έπιασε το χέρι για να μην πηδήξει. 彼が飛び出さないように、手を押さえた。と言う例文がオックスフォード辞書にあったので、
やはり、主格は、Ο κυρ-Στέφανος で、ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。と言うような意味なのだと。
posted by kyotakaba at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」4





  Ο κυρ-Στέφανος βγήκε έξω και κάλεσε τον Αντρέα με τον Φάνη και τον Δήμο.
  ≪ Φουντούλης ≫, είπε, ≪ είναι πολύ αγαθό παιδί και τον αγαπάμε όλοι, μα ξέρετε το ελάττωμά του. Είναι λαίμαργος. Από δω και πέρα να τον προσέχετε. Σήμερα κι αύριο θα πίνει μόνο ζεστό. Καμιά φασκομηλιά. Έχετε; ≫
  ≪ Ου! Μας άφησε ο Μπαρμπακώστας ένα σακί ≫.
  ≪ Δυο μέρες λοιπόν ο Φουντούλης θα πίνει φασκομηλιά ≫.
  Τι ατυχία! Σε λίγη ώρα η Αφρόδω έστειλε μια πίτα.





 ステファノスさんは外に出ました。そして、アンドレアスにファニス、それにディモスを
呼んだのです。 
 こう言いました。「フォンドゥリスは、とても天真爛漫な子供だね。私たち誰もがあの子が大好きだよね。でも、君たちはあの子の欠点を心得ておかないとね。あの子は、食いしん坊なんだ。これから、あの子に気をつけて世話をしなさい。今日と明日は、温かいものを飲むだけだろう。セージか何かあれば。君たち持っているかい?」 
 「ああ! バルバコースタスさんが一袋ぼくたちに置いて行ってくれたよ。」 
 「それでは、二日間は、フォンドゥリウスはセージを飲むのがいいだろう。」 
 なんて運が悪いのでしょう! それからすぐに、アフロドウがパイを一つ送って来たのです。  




第五十六章「病気になったフォンドゥリス」、おわり。   



posted by kyotakaba at 14:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」3





  Ο κυρ-Στέφανος προχώρησε στην καλύβα κι έσκυψε επάνω στο παιδί. Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο. Ο Φουντούλης άνοιξε τα μάτια του και τον κοίταξε.
  ≪ Τι αισθάνεσαι, Φουντούλη; ≫ ρώτησε ο κυρ-Στέφανος. ≪ Πονάς πουθενά ≫
  ≪ Όχι ≫
  ≪ Τίποτα κουλούρια μήπως έφαγες; ≫
  ≪ Δεν έχω ≫, είπε ο Φουντούλης.
  ≪ Τίποτ’ άλλο βαρύ; Τίποτα ελαφρό; ≫
  ≪ Όχι, ούτε ελαφρό ≫.
  ≪ Για πες μου ≫, σκύβει και του λέει κρυφά, ≪ μήπως έφαγες τίποτα αχλάδια άγρια; ≫
  ≪ Λίγα ≫, είπε ο Φουντούλης.
  ≪ Λίγα; Ως πόσα; ≫
  ≪ Όσα βρήκα στην αχλαδιά ≫.
  ≪ Πότε έγινε αυτό; ≫
  ≪ Προχτές ≫, είπε ο Φουντούλης. ≪ Και χτες ≫.





 ステファノスさんは小屋へ進みました。そして、フォンドゥリスの上に屈み込みました。ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。フォンドゥリス両目を開けて、ステファノスさんを見つめました。 
 ステファノスさんは尋ねました。「フォンドゥリス、どういう感じだい? どこか痛むかい。」
 「いいえ。」 
 「クルウリか何か食べたかな?」 
 「食べない。」と、フォンドゥリウスは言いました。 
 「何かほかに、こってりしたものは? あっさりしたものは?」 
 「いいえ。あっさりしたものも食べないよ。」 
 ステファノスさんは屈み込んでひそひそとフォンドゥリウスに言いました。「私にだけ話してごらん、もしかして、野生の梨を食べなかったかい?」 
 「ちょっと」、とフォンドゥリウスは言いました。 
 「ちょっとなの? 何個ぐらい?」 
 「梨の木にあっただけ。」 
 「何時のことかな?」 
 「おととい、それからきのう。」とフォンドゥリスは言いました。 




9月4日追記、訂正:
片手と額が痛かったのです。→ ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Δεύτερα Κλειδιά

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Δεύτερα Κλειδιά | Official Video Clip

posted by kyotakaba at 22:22| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

撰集抄の花林院永玄僧正 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 最近のことだ。宮廷の高官、源経信が田上と言う山里に住んでいた。 
 ある年の九月、月は下弦の頃だった。 





Ήταν πρόσφατο γεγονότα.
Ο Μιναμότο νο Τουνενοβου, αξιωματούχος της αυλή, έμενε στο ορεινό χωριό που ονομαζόταν Τανοκαμη.
Τον Σεπτέμβριο ενός έτους, το φεγγάρι ήταν τελευταίο τόταρτο που έφθινε.



posted by kyotakaba at 15:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

月相 ギリシャ語

 月相をギリシャ語で。 

Φάσεις της Σελήνης 月の各段階 

Νέα Σελήνη
New moon
新月

Αύξων Μηνίσκος
Waxing crescent
三日月

Πρώτο τέταρτο
First quarter
上弦の月

Αύξων Αμφίκυρτος
Waxing gibbous
凸の月

Πανσέληνος
Full moon
満月

Φθίνων Αμφίκυρτος
Waning gibbous
凹の月

Τελευταίο τέταρτο
Last quarter
下弦の月

Φθίνων Μηνίσκος
Waning crescent
逆三日月



ただこれは、天文用語なのか、日常語なのかはわからない。


η ημισέληνος は半月。 
posted by kyotakaba at 21:22| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」2





  ≪ Να πάμε να φέρουμε γιατρό ≫, λέει ο Δήμος.
  ≪ Πού να τον βρούμε; ≫ ρωτάει ο Αντρέας. ≪ Γιατρό δεν έχει στο Μικρό Χωριό ούτε στην Πέτρα ≫.
  ≪ Να πάμε σε κανένα άλλο χωριό. Να πάμε κάτω στην πόλη ≫.
  Τη στιγμή που τα έλεγαν αυτά, φάνηκε ο κυρ-Στέφανος. Μεγάλο θάρρος πήραν μόλις τον είδαν.
  ≪ Τι κάνετε, παιδιά; Τι κάνεις, Ανδρέα; ≫
≪ Ο Φουντούλης ≫, είπαν τα παδιά.
≪ Τί έκανε ο Φουντούλης; ≫
  ≪ Είναι άρρωστος ≫.





 「お医者を連れに行こうよ。」と、ディモスは言います。 
 「どこで見つけるんだい?」とアンドレアスは尋ねます。「お医者は、ミクロ・ホリオにはいないし、ペトラにもいないよ。」 
 「どこかの他の村に行こうよ。下の町に行こう。」 
 このことを話しているちょうどその時、ステファノスさんが現れたのです。ステファノスさんを見ると、すぐに、大きな勇気が湧いたのです。 
 「どうしたんだい、みんな、どうしたんだい、アンドレアス?」 
 子供たちは言いました、「フォンドゥリスが」 
 「フォンドゥリスがどうしたんだい?」 
 「病気なの。」  

posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」1





Ο Φουντούλης άρρωστος



  Την άλλη μέρα το πρωί ο Φουντούλης δεν μπόρεσε να σηκωθεί. Το χέρι του καίει και ο σφυγμός του χτυπάει δυνατά. Πρώτη φορά τους έτυχε αρρώστια εδώ ψηλά.
  Ο Αντρέας κάθισε στο κρεβάτι του μικρού συντρόφου του και τον κοιτάζει λυπημένος. Το παιδί θέλει να πετάξει τα σκεπάσματα. Βυθίζεται λίγο σε ύπνο, τινάζεται και γυρίζει από το άλλο πλευρό. Διψάει και θέλει νερό.





第五十六章「病気になったフォンドゥリス」1 



 翌日の朝、フォンドゥリウスは起き上がれませんでした。彼の手は熱があったのです。脈が強く打っていました。この高地で、子供達が病気に罹るのはこれが最初でした。 
 アンドレアスは、小さな仲間のベッドに座って、悲しそうにフォンドゥリウスを見つめていました。この子は、毛布を脱ぎ捨てたがっていました。眠りに少し沈むと、飛び上がり、反対側に向くのです。喉が渇いて水を欲しがりました。  

posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」5





  Όποιος πέρασε από τα Σάλωνα είδε τον Θύμιο σκυμμένο στο εργαστήρι του. Τίμησε την τέχνη του. Κανένας δεν τον πέρασε στη μαστοριά. Έχει πολλούς καλφάδες. Στέλνει κουδούνια στον Παρνασσό, στο Βελούχι, στον Όλυμπο. Ποιος βιολιτζής μπορεί να μετρηθεί με τον Μαστροθύμιο που κάνει και τραγουδούν οι ράχες;





 サロナを訪れた人は、作業所で屈みこんでいるシミオスを目に留めました。彼の技術を高く評価したのです。誰もその熟達度で彼を超えることはありませんでした。シミオスはたくさんの弟子を持っていました。そして、鐘をパルナッソスやベロウヒやオリンポスに送っていたのです。どのバイオリン奏者がシミオス名人と優劣を競えるでしょうか? 名人が歌えば、峰々も歌うのですから。 





第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする